記事ID137560のサムネイル画像

【便利で効率的】ランニング用心拍計のおすすめ人気ランキング10選

今注目を集める心拍トレーニングが手軽にできるランニング用心拍計が人気です。最適なトレーニングが可能なので、効率的な脂肪燃焼や筋力アップができますよ。そこで、ランニング用心拍計のおすすめの選び方と人気ランキングを紹介します。

ランニング用心拍計は超優秀トレーナー

プロのアスリートたちのなかで、科学的なトレーニング法を取り入れていない人はいないでしょう。プロに限らず、ランニングをする際に心拍数を計測することの重要性は徐々に一般的になりつつあります。

 

とはいえ、従来のような胸部に装着する大掛かりな心拍ベルトは面倒なうえ、圧迫感があるなど付け心地は決して良いものとはいえませんでした。そこで、おすすめしたいのがリストバンドタイプや腕時計タイプのランニング用心拍計です。

 

心拍数だけでなくGPSを利用した距離の計算、消費カロリー、血圧計など、多機能なランニング用心拍計が登場してきました。一昔前ならマンツーマンのコーチやマネージャーがいないと不可能なことが手軽に実現可能なのです。

ランニング用心拍計の選び方

ランニング用心拍計でニーズが高い項目は、まず、野外での使用に適していることです。そして、ランニングのモチベーションを高めてくれる付加機能も欠かせません。たとえば、距離を記録してくれたりすると、1カ月の達成感を高めてくれるので、おすすめです。

 

そして、装着感と心拍計としての精度など、基本機能も吟味したいところです。ランニングウェアと同じく、身に付ける物にこだわりたい人は多いことでしょう。ここでは、そんなランニング用心拍計を選ぶ際のポイントを紹介します。

機能で選ぶ

現在の心拍計は驚くほど多機能です。しかし、ここではランニング用としての機能に絞って解説していきます。

防水

熱心なランナーなら、雨の日も風の日もトレーニングをしないと落ち着かない、といった人はいます。そこまで熱心でなくても、急な雨ぐらいで故障しては嫌ですよね。ランニング用心拍計の場合、防水仕様は気圧防水で表記されるのが一般的です。

 

3気圧は汗や水滴程度を防いでくれる生活防水レベル、5気圧は水仕事ができるレベルといわれています。つまり、野外でかなりの雨にあたっても問題のない防水仕様です。5気圧の10気圧などでは水没に耐えられるほどで、水泳にも使われているほどです。

 

どのレベルを求めるかは人それぞれです。人によってはランニング自体でなく、施設のシャワーを使う時に外したくない、といったこともあるかもしれません。ただし、基本的には防水機能がしっかりしているほど大きく、重くなる傾向はあります。

GPS機能

GPS機能が搭載されたランニング用心拍計は、どれぐらいの距離を走ったのか、いまどこにいるのか、などがわかります。アプリなどと連携して、ある期間のトータルのランニング距離などを合計してくれる機能などもあります。

 

また、機種によっては、現在の走行スピードもわかるため、シビアに自分を追い込みたい本格的なトレーニングなどにも利用できますし、時間や距離を区切って緩急をつけるトレーニングなどにも応用可能です。

 

GPS機能付きのランニング用心拍数を購入する際には、駆動時間もあわせてチェックすることをおすすめします。電波を受信してリアルタイムで情報を更新するGPS機能はバッテリーの減りが早く、用途によっては充電頻度が多く使いにくいこともあるからです。

Bluetooth

Bluetoothは無線通信の一種で、スマホやタブレット、ノートパソコンの多くが対応しています。そのため、Bluetooth機能があれば、ランニング用心拍計に記録した情報を手軽に他の機器に転送することができるのです。

 

また、BluetoothとGPS、そしてスマホを連携させることで、現在どの位置を走っているかをスマホのマップ画面でチェックするなどを可能にしているランニング用心拍計もあります。

 

スマホの着信履歴やメッセージをランニング用心拍計で見られるのが手軽で便利、という人もいます。多機能に使いたいなら、Bluetooth搭載ありきでランニング用心拍計を絞り込んでいった方が時短となるかもしれません。

アプリとの連携

トレーニングアプリというジャンルがあります。たとえば、 Strava TrainingPeaks MapMyFitnessといったスマホで人気のアプリなどです。こうしたメジャーなアプリとの連携機能を持つランニングアプリがまずおすすめです。

 

また、Fitbitの製品などでは、そのランニング用心拍計での利用に特化しています。食事や水分摂取量の記録、体格指数(BMI)や体重記録まで管理できるので、もはや心拍計というジャンルで区切ることは不可能なほどです。

 

アプリの幅は広いので、まず、自分がどのようなことを管理したいのか、画面で見たいのかなどをリストアップしてから探すのがおすすめです。

心拍センサーの精度で選ぶ

ランニング用心拍計の主なセンサーのタイプは「赤外線式」「光学式」「心電図式」の3つです。それぞれ特徴やメリットやデメリットがあるので紹介します。

赤外線式

赤外線を用いて心拍数を感知するタイプです。心拍数をチェックしたい時にボタンや画面などをタッチする、いわゆる「タッチ式」といわれる心拍計で多く用いられているタイプです。

 

この場合、心拍数を常にモニターしているわけではないので、ボタンなどを押したタイミングではすでに心拍数が落ち着いてしまっていたり、心拍数の推移を記録しておくことなどができません。

 

しかし、価格が非常にリーズナブルなので、必要なときに手軽に心拍数がわかれば十分、と言った人におすすすめのセンサー方式のランニング用心拍計といえます。

光学式

光学式のセンサーは、手首の血管に光を当てることで心拍数を測定する方法です。現在、この光学式が従来の心電図式に変わって主流になってきており、幅広い人におすすめできるセンサー方式です。

 

ランニング用心拍計を装着した腕をあまりに激しく振ったり、血流が少ない場合にはエラーとなったり誤差が大きくなる場合がありますが、ランニングという比較的穏やかで、血流も十分なことが多い場合には、ほとんど問題はないでしょう。

 

腕につけるランニング心拍計以外に胸にバンドをつけるのが面倒、不快、という人にもおすすめです。

心電式

心電式は心臓の動きを電気的な信号として捉える心電図と同じ方式で、最も高い精度があります。装着が面倒であったり、付け心地が悪くランが楽しめないといったデメリットはありますが、正確性を重視する場合には心電式のランニング用心拍計がおすすめです。

 

アスリート的な視点でいえば、トレーニングが心拍数ベースなら心電式がおすすめといわれ、補助的に心拍数をトレーニングに役立てたいなら光電式で十分といわれています。

タイプで選ぶ

ランニング用心拍計のほぼすべては手首に付けるタイプですが、さらに細かくわけるとリストバンドタイプと腕時計タイプの2つがあります。

リストバンド

リストバンドタイプは、おおまかにいえばフィット感や軽量であることを重視しているタイプです。バンドの素材にこだわっていて、快適に装着ができたり、ずれにくいなどのメリットがあります。

 

また、スポーティでおしゃれなデザインが多いのもリストバンドタイプの特徴といえるでしょう。一方、軽量にするために、視認性が今一つな場合があることと、腕時計タイプに比べて多機能に使えない、時計と兼用にできないなどがデメリットといえます。

腕時計

腕時計タイプは、ランニング時にはランニング心拍計として、その他のときには腕時計として利用したい人におすすめのタイプです。腕時計タイプの場合、ストップウォッチなども付いており、また多機能であることも多いといえます。

 

もちろんリストバンドタイプと腕時計タイプの中間的な製品や、両方を兼ね備えたようなハイグレードなタイプもあります。

 

しかし、リストバンドタイプと腕時計タイプの特徴を軸に製品を絞り込んでいけば、自分にぴったりのランニング心拍計が見つけやすくなるでしょう。

 

 

メーカーで選ぶ

初めてランニング用心拍計を選ぶ人にとっては「知らないメーカーばかり」と感じることも多いのではないでしょうか。そこで、ランニング用心拍計のジャンルで定評のあるおすすめメーカーを2社紹介します。

GPS機能が得意なガーミン

ガーミンはGPS搭載機器を得意としているアメリカのメーカーで、ランニング用心拍計のジャンルでも人気が高いです。

 

40gを切るような超軽量のForeAthlete 35Jは、耐久性も兼ね備えており、一般的なランナーなら十分すぎる機能を持っています。また「Garmin Connect」というサイトに登録しておけば、ランニングの統計データが集計されます。

 

これらのデータはランニング用心拍計ではなく、オンライン上に記録されているため、さまざまな機器から閲覧などが可能です。自分のトレーニング成果を公表できるのも楽しいところです。

エプソン

エプソンはビギナーのランナーから大会に出場するようなレベルのランナーまで、幅広いニーズに対応した豊富なラインナップが特徴のメーカーです。

 

本格派のランナーならば「J-300」シリーズのランニング用心拍計がおすすめです。あらかじめペースを設定して置き、リアルタイムで現状との比較を見れます。

 

さらに、読書用のタブレット(キンドルホワイトペーパーなど)で用いられている液晶ディスプレイなので、日差しの強い野外での視認性も抜群です。幅広いランナーにはランニングに必要な基本機能が充実した「J-50」シリーズがおすすめです。

ランニング用心拍計のおすすめランキング10選

第1位

GARMIN(ガーミン)

ForeAthlete 235J

価格:27,154円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

決定版的ランニング用心拍計

第1位はやはりGARMIN。ForeAthlete 235Jは人気も高く、ランニング用心拍計の決定版、といった口コミも多いモデルです。

 

心拍ゾーンで算出された運動強度を表示するだけでなく、事前に登録されたユーザー情報からトレーニング継続時間、EPOC値(運動後の過剰酸素消費量)を予測、より正確な運動強度でランニングが行えます。

 

さらに、普段から身に付けていれば、平常時の心拍数もモニタリングも加味されるため、さらに精度が上がります。軽量でフィット感もよく、口コミでの満足度が非常に高いため、買って間違いなしのおすすめのランニング用心拍計です。

GPS防水5気圧
Bluetoothセンサー光学式
第2位

EPSON(エプソン)

WristableGPS J-50K

価格:23,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

心拍トレーニングがこれ1台でできる

EPSONのWristableGPS J-50Kは、今アスリートたちからも注目を集めている心拍トレーニングがこれ1台でできるようにつくられたランニング用心拍計です。

 

まず、おすすめなのは「筋力アップ」「脂肪燃焼」など、ランニングの目的を設定しておけること。目的に応じて最適な心拍トレーニングを管理してくれます。心肺能力の向上結果が見れる項目があり、モチベーションが高められるでしょう。

 

多彩なライト機能もあるので、夜間にランニングしてい人にもおすすめです。

GPS防水5気圧
Bluetoothセンサー光学式
第3位

GARMIN(ガーミン)

ForeAthlete 35J

価格:20,006円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スマホとの連携機能が充実

ForeAthlete 35Jは、基本機能に加えスマホとの連携機能が充実しているモデルです。トレーニングデータの自動同期や、着信やメッセージを受信したことを知らせるなどの機能があります。

 

週間運動量などのライフログ機能も随時更新されていくので、これならば、どんなズボラな人も詳細な記録が作れます。

 

仲間がどこをランしているかもわかるため、ライバル心が刺激されるかも。マラソン大会などで家族の位置を把握しておきたいなどにも役立ちそうです。

GPS防水5気圧
Bluetoothセンサー光学式
第4位

GARMIN(ガーミン)

vivosmartJ HR+

価格:11,675円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

GARMINの人気リストバンドタイプ

ランニング用心拍計のジャンルで特に人気の高いメーカーのひとつがGARMINです。いろいろなタイプを発売していますが、これはリストバンドタイプであり31.0 gと驚くほどのスリムななかに、必要な基本機能を搭載していることで人気があります。

 

心拍数、距離、カロリー、ステップ数といった一連の情報を記録しておけ、Garmin Connect Mobileと同期させれば、さらに詳しく分類できます。「フィットネスチャレンジ」などの参加型コンテンツもあるのでモチベーションアップになりますよ。

 

もともと非常に人気の高いシリーズでしたが、GPS搭載でさらに使いやすくなりました。幅広い人におすすめできるバランスのよいランニング用心拍計です。

 

 

GPS防水5気圧
Bluetoothセンサー光学式
第5位

スント(SUUNTO)

SPARTAN TRAINER WRIST HR

価格:26,369円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゴージャスかつ軽量

スントのSPARTAN TRAINER WRIST HRは、見た目の良さと軽量でフィット感の良さを追求した製品です。写真でみると重そうに思えるかもしれませんが、66gと軽量につくられています。

 

また、ゴールドのスティールベゼルは見た目も華やかなので、たとえばおしゃれなフィットネスジムなどでの着用にもぴったりですよね。

 

また、上の写真に表示してあるような多彩なグラフ表示もおすすめのポイント。直観的に視認できるのでランニング時にストレスにならないのです。

GPS防水5気圧
Bluetoothセンサー光学式
第6位

EZON

ランニングウォッチ

価格:2,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

心拍計としてシンプルに使いたい人におすすめ

EZONのランニングウォッチは、シンプルに心拍計として使いたい人におすすめのランニング用心拍計です。心拍センサーは心電式なので、精度の高い計測が可能です。価格がリーズナブルな点もおすすめできます。

 

最大心拍と安静時心拍を登録しておけば、トレーニング状態をゾーンで表示してくれるので、オーバーワークの防止などに活用可能です。

GPS防水IP67
Bluetoothセンサー心電式
第7位

Viovy

スマートウォッチ

価格:6,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

山道ランナーにも最適

Viovyはアウトドアに適したタフネスと、コンパス、温度計、気圧計が搭載されているところがユニークなランニング心拍計です。天候が変わりやすい山道などをランニングする人にぴったりといえるでしょう。

 

多種スポーツモードを搭載しており、そのなかのひとつ「ランニング」を選べば、運動パターンを加味して、より正確な消費カロリーなどの活動量を記録することが可能。

 

また、ストップウォッチとしての使いやすさも高く、アマゾンのストップウォッチジャンルでベストセラーとなっている製品でもあります。

GPS防水IP65
Bluetoothセンサー光学式
第8位

POLAR(ポラール)

RS300X

価格:52,806円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

運動強度をチェックできる

POLAR(ポラール)のRS300Xは、心電式の心拍センサーを搭載しており、精度の高い計測が可能です。「SPORT ZONE」というモードを使えば、リアルタイムで運動強度をチェックできるので、最適な不可を掛けたいアスリートなどにもおすすめのランニング用心拍計です。

 

1Kmごとのラップタイムも教えてくれるため、まるで陸上部のマネージャが側にいるかのようにペースを守れます。モチベーションアップにも一役買ってくれるでしょう。

GPS防水5気圧
Bluetoothセンサー心電式
第9位

Konnison-09

スマートウォッチ

価格:6,197円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

女子に人気のスマートウォッチ

Konnison-09はおしゃれなピンクが可愛らしく、女性に人気のスマートウォッチです。フィット感がよく、快適なシリカゲルストラップ素材で実用性も高いです。

 

防水はIP67レベルなので、シャワーや大雨での使用は避けたいところですが、普通のランニングならば全く問題ありません。スリムながら縦長の画面に配置された心拍数、血圧などはデザイン性が高く、視認性もよいといえます。

GPS防水IP67
Bluetoothセンサー光学式
第10位

yamatech

スマートウォッチ

価格:3,985円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランニング心拍計を試してみたい人におすすめ

yamatechのスマートウォッチはリーズナブルな値段でランニング心拍計を使ってみたい人におすすめの製品です。光学式のセンサーを搭載し、運動距離と時間、消費カロリーも併せて記録できます。

 

GPSこそありませんが、水中での使用も可能なIP68レベルであり、Bluetoothによってスマホとの連携も可能。通話やLINEを通知してくれるため、ランニング以外の日常でもスマートウォッチとして利用している人も多いようです。

GPS防水IP68
Bluetoothセンサー光学式

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5026504の画像

    GARMIN(ガーミン)

  • 2
    アイテムID:5026479の画像

    EPSON(エプソン)

  • 3
    アイテムID:5026447の画像

    GARMIN(ガーミン)

  • 4
    アイテムID:5026567の画像

    GARMIN(ガーミン)

  • 5
    アイテムID:5026579の画像

    スント(SUUNTO)

  • 6
    アイテムID:5026548の画像

    EZON

  • 7
    アイテムID:5026536の画像

    Viovy

  • 8
    アイテムID:5026527の画像

    POLAR(ポラール)

  • 9
    アイテムID:5026557の画像

    Konnison-09

  • 10
    アイテムID:5026511の画像

    yamatech

  • 商品名
  • ForeAthlete 235J
  • WristableGPS J-50K
  • ForeAthlete 35J
  • vivosmartJ HR+
  • SPARTAN TRAINER WRIST HR
  • ランニングウォッチ
  • スマートウォッチ
  • RS300X
  • スマートウォッチ
  • スマートウォッチ
  • 特徴
  • 決定版的ランニング用心拍計
  • 心拍トレーニングがこれ1台でできる
  • スマホとの連携機能が充実
  • GARMINの人気リストバンドタイプ
  • ゴージャスかつ軽量
  • 心拍計としてシンプルに使いたい人におすすめ
  • 山道ランナーにも最適
  • 運動強度をチェックできる
  • 女子に人気のスマートウォッチ
  • ランニング心拍計を試してみたい人におすすめ
  • 価格
  • 27154円(税込)
  • 23400円(税込)
  • 20006円(税込)
  • 11675円(税込)
  • 26369円(税込)
  • 2880円(税込)
  • 6980円(税込)
  • 52806円(税込)
  • 6197円(税込)
  • 3985円(税込)
  • GPS
  • 防水
  • 5気圧
  • 5気圧
  • 5気圧
  • 5気圧
  • 5気圧
  • IP67
  • IP65
  • 5気圧
  • IP67
  • IP68
  • Bluetooth
  • センサー
  • 光学式
  • 光学式
  • 光学式
  • 光学式
  • 光学式
  • 心電式
  • 光学式
  • 心電式
  • 光学式
  • 光学式

まとめ

軽め、きつめ、などという曖昧な基準ではなく、心拍数でトレーニングを正確にサポートしてくれるランニング用心拍計はランナーの強い味方です。最適なトレーニングを重ねていれば効率的なダイエットや大会で自己ベスト更新、なども達成できるはずです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ