記事ID137538のサムネイル画像

【自宅での筋トレに最適】おすすめのバーベル人気ランキング10選

自宅にいながらジムのような筋トレができるバーベルは、トレーニング機器の中では初心者でも扱いやすく人気です。でも、重さやメーカーなど種類も多くどれを選ぶべきか迷ってしまいますよね。ここでは、おすすめのバーベルの人気ランキングを選び方と共に紹介していきます。

ジムでも自宅でもバーベルは筋トレに欠かせない器具

バーベルは筋トレには欠かせない重要なトレーニング器具です。ベンチプレスやスクワットなどウエイトトレーニングをする際に役に立ちますし、自分の状態に合わせて重り(プレート)を変えていけるのも便利です。

 

ただ、一言でバーベルと言っても販売されている種類が多く、バーベルの種類やセット内容自分に合った重量でトレーニングができるかなど選ぶ際にはチェックしないといけないポイントがあります。

 

ここでは、自宅などでのトレーニングにバーベルを購入しようと考えている方に向け、おすすめのバーベルの人気ランキングと商品の選び方についてまとめています。実際に使った際のメリット、デメリット、トレーニングの種類や鍛えられる部位についてもまとめているのでぜひ参考にしてみてください。

バーベルの選び方

今回は、自宅でトレーニングを行うことを想定しバーベルの選び方を紹介していきます。実際に器具を設置することやどのくらい鍛えたいかなど、自分が使用するシーンに合ったものを購入できるようチェックしてください。

バーベルの種類で選ぶ

バーベルには大きく分けて3つの種類がありますが、一般的にはシャフトが真っ直ぐなタイプと湾曲しているタイプの2つが使われています。

一般的な使い方ができるストレートバー

ストレートバーはその名の通りシャフトが真っ直ぐになっているバーベルで、ジムにあるのもこのタイプが多く一般的です。フリーウエイトで使用されることが多いですが、ベンチプレスやスクワットなどトレーニングメニューのほとんどに用いることができるので利便性も高いです。

 

アームカールをする場合には、ストレートバーを用いることで上腕二頭筋に刺激を与えられます。腕の筋肉を付けたい時に適していますが、トレーニングの際に手首や前腕、腕関節に負担がかかってしまうので注意しないと痛みや怪我に繋がってしまいます。

 

そのためリスクはありますが、直接的に負荷をかけて鍛えたい、短期間で腕に筋肉を付けたいという方に向いています。トレーニングでの使用法としては、シャフトの特徴が活かせるベンチプレスやスクワットに用いるのがおすすめです。

通常のものより軽く使えるEZバー(Wバー)

シャフトが湾曲しているバーベルには「EZバー」と「Wバー」の2つがあります。バーベルがかったカーブ状になっていることで握った際に手のひらを完全な上向きにしないでよく、手首や前腕、腕関節がストレートバーよりも楽な状態で安全にウエイトができるのです。

 

しかし、この形状のバーは腕橈骨筋と上腕筋へ刺激が強く、上腕二頭筋への刺激が弱くなってしまいます。そのため、痛みや怪我のリスクが低くなる一方でストレートバーに比べると腕の筋肉への直接的な効果は劣ってしまうのです。

 

実際のトレーニングでもバーベルカールなど重量の軽いメニューで使用されているので、知っておかないと筋トレのやり方や目的に合わないということになってしまいます。

プレートの重量で選ぶ

バーベル選びではプレートの重量を考えることがとても大切です。その際、自分のレベルに見合ったものを見つけると効率のよい筋トレができるようになります。

初心者はケガに気をつけて軽い重量から

初めてバーベルを使用するなら、プレートは50kgから70kgのものを選ぶと良いでしょう。最低でも50kgと考えると負担になるように感じますが、バーベルを使ってトレーニングするのでしたらこの程度の重量でないと意味がなくなってしまいます。

 

もちろん、最初はバーベルでのトレーニングに適した筋力が身についてない場合もあるので、そんな時はプレートを付けずにシャフトだけでトレーニングするのもおすすめです。シャフトだけでも20kgはあるので、無理して怪我をするよりはとても効果が臨めます。

 

また、実際にプレートを付けた状態で持ち上げてみることで、正確な持ち方を確かめたり本当に鍛えたい部分に刺激があるかを感じることも大切です。重量を増やすのは後からでも可能なので、基本を覚えてバーベルに十分慣れてからレベルを上げていけば良いのです。

経験者はトレーニング方法を意識することも大切

ある程度バーベルでのトレーニングに慣れている方は、筋トレやダイエットなど目的に合わせてトレーニング方法を決めると良いでしょう。また、その際には自分の最大挙上重量からバーベルを上げ下げする回数を計算しておくと負荷のかかりすぎない鍛え方ができます。

 

ただ、この最大挙上重量はトレーニングの積み重ねで分かってくるものなので、例えば毎回10回前後上げ下げすることを反復するなど重量を上げていくこと以上に無理のないトレーニングを心掛けることが大切です。

 

バーベルの平均重量は60kgから70kgとされているので、上を目指すならその重量から慣れて増やしていきましょう。上級者になると100kg前後でトレーニングできるようになると言われているので、自分に合った上手なやり方を見つけるのがおすすめです。

シャフトの直径で選ぶ

バーベルのシャフトにはいくつか種類があるのですが、自宅でのトレーニングなど一般的に使われているのは直径28mmのサイズです。28mm前後の太さは手で持つのにちょうどよく、フィット感もあって落としてしまうことも防げるのでおすすめです。

 

直径50mmのシャフトも販売されているのですが、こちらはシャフトにしっかり重さがあるためトレーニング経験者でないと上手く使えないでしょう。また、重いプレートを付けたりトレーニングの強度を上げて本格的に取り組む方向けでもあるので初心者には向いていません。

 

重量で言うと、直径28mmサイズのシャフトは8kgから10kg程度、直径50mmサイズのシャフトは15kgから20kg程度となっています。50mmシャフトは主さがあり安定感もあるのですが、その分価格も高価なのでこの点でも初心者向けとは言えません。

使いやすさと安全性を考慮して選ぶ

バーベルだけではトレーニングするのも危なく不便なので、多くの人は自宅などで行う場合セット販売のものを購入することが多いでしょう。セットならバーベルを用いたベンチプレスにも便利なアイテムが付いてくるので、そちらも合わせてチェックしてみてください。

高さ調節のできるバーベルスタンド(バーベルラック)

バーベルスタンド(ラック)は高さの調節ができるかどうかに注目して選ぶようにしましょう。中には高さ調節ができない商品もあるのですが、トレーニングのレベル問わず自分で細かく調節できるものを購入する方が失敗もすくないです。

 

なぜなら、腕の長さは人によって違うため高さの調節ができないとバーベルまでの距離が広がってしまうからです。また、逆にバーベルまでの距離が近すぎるということもありますし、距離感は快適で満足感のあるトレーニングを行うためにもとても重要です。

 

セット販売で価格は安いけど高さ調節ができない商品などは、簡単に購入すると実際に使用してから違和感を感じることも多いので注意が必要です。

自宅でのトレーニングに欠かせないセーフティーバー

セーフティーバーはジムにはあることが普通なほど浸透しているもので、バーベルをベンチプレスに使用する時に置かれている補助アイテムです。自宅でトレーニングをする際にも便利で、一人でベンチプレスをしたいけど補助してくれる人がいなくて不安という悩みを解消してくれます。

 

ベンチプレス中に重さで苦しくなったり、バーベルの落下による大きな怪我を防げるので安全性のためにも持っておくことをおすすめします。セーフティーバーがあれば万が一バーベルが落下しても体に当たる前に受け止めてくれますし、バーベルを定位置に戻す途中で疲れてしまっても置いておくことができるのです。

 

セーフティーバーはバーベルとセットで販売されていることが多いので、初めて器具を購入するという方はぜひチェックしてみてください。また、セーフティーバーが付いてこない場合には単品で購入できるので覚えておきましょう。

 

セット商品から選ぶ

自宅用のバーベルは、シャフトとプレートがきちんとセットで販売されているかを確認してから購入するようにしましょう。特に、トレーニング初心者の方は注意する必要があります。

 

上級者の方ならシャフトとプレートを別売りで買って揃えることもできますが、最初は器具について詳しいということもないと思うので、余分な手間を減らすためにもセットを購入する方が良いです。

 

また、自分で組み立てられるかも考えて購入しましょう。設置の際に女性の方場合は重量を感じてしまうでしょうし、機能性により組み立て方も複雑になるなど想定以上に時間を取られるのです。当然、スペースに合ったサイズ感を把握しておくことも大切で、少し余裕を持たせると設置しやすいです。

スポーツメーカーの商品を選ぶ

バーベルなど男性向けトレーニング器具を販売している有名なメーカーに、スーパースポーツカンパニーと言う大阪府に本社を置く会社があります。この会社のブランド・アイロテックは、本格的なトレーニング向けの性能に価格の安さを追求したコスパの良さが人気を得ています。

 

取り扱っている商品の種類も多くバーべルはセットはもちろん単品でも販売していて、シャフトとプレートだけなら5千円程度から購入できます。セット品は自宅で簡単なトレーニングをするのに適しているので、気になった方は公式サイトやネット販売でチェックしてみてください。

 

バーベルのおすすめランキング

第10位

GronG(グロング)

アイアンバーベル

価格:9,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

片手でも筋トレできる使いやすさ

こちらのバーベルは30kgから60kgまでの3つの最大重量で商品を選ぶことができ、どれもグリップ部分の滑り止めやプレートのラバーリングなど、日々のトレーニングを安全に行える加工が施されています。

 

自宅で使うのにも便利なシャフトの大きさ、床を傷つけない形状なので簡単な筋トレやダイエットに使ってみたいという方にもおすすめです。

種類ストレートバー重量40kg
シャフト径28mm
第9位

Shanxi Regent Works Inc.

筋トレウエイトリフティング用バーベル

価格:5,769円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ジムで行うようなウエイトトレーニングができる

バーベルとしてもダンベルとしても使えるこちらの商品は、筋トレにもダイエットにも活用できるコスパの高さが魅力です。片手と両手どちらにも対応しているので使い勝手も良いですし、トレーニング中の怪我を防げる滑り止めゴムリング仕様になっているのも嬉しい特徴です。

 

ジムに通うのがめんどう、自宅でトレーニングをしたいという方に便利で、初めてのバーベルにもおすすめできるため人気があります。物がしっかりしているので安心感もあります。

種類ストレートバー重量20kg
シャフト径24mm
第8位

ワイルドフィット

バーベル 白ラバー

価格:36,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

落ち着いたデザインでインテリア性が高い

モノトーンで落ち着いたデザインが特徴のこちらのバーべルは、1.25kgから15kgまでの6種類16枚のプレートを自由に組み替えることで軽い筋トレから本格的なトレーニングまで幅広く行えます。

 

オシャレなデザインがインテリアとしても映えますし、カラフルなプレートの多い他のバーベルとの違いを演出できます。アイアンプレートにラバーリングを装着して使うため取り付けには注意も必要ですが、商品説明に詳しい説明も記載されているので安心です。

種類ストレートバー重量110kg
シャフト径28mm
第7位

PURE RISE(ピュアライズ)

バーベル シャフト・プレートセット

価格:22,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プレートを安全に装着できる仕様が嬉しい

こちらのバーベルセットはグリップ部分に滑りにくい凹凸加工が施されていることや、取り付け部分がネジ式になっているためプレートの装着が安全に行える特徴があります。また、プレートはシャフトに対し回し入れる設計になっているので途中で落ちることもありません。

 

交換も簡単にできるので、トレーニングのレベルに合わせてプレートの重量を自由に変えられます。プレートは5kgが2枚、10kgが2枚、20kgが2枚になっているので自宅での筋トレにも十分対応できます。

種類ストレートバー重量80kg
シャフト径28mm
第6位

IVANKO(イヴァンコ)

ラバーイージーグリッププレート

価格:21,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらのイージーグリッププレートは、ナチュラルバーのみを採用していることで滑りにくく安全に使うことのできる特徴があります。プレートも持ち上げやすく取り付けも簡単で、バー自体を軽くして重量を調節できるため初心者にも扱いやすく作られています。

 

また、安全性と使いやすさを追求しているだけでなく品質の高さに自信があるからこそできる安心の保証制度があるのも魅力です。もしプレートが破損してしまっても、保証による無償交換なども用意されています。

種類ストレートバー重量25kg
シャフト径28.5mm
第5位

MIRACLE

イージーフィットネスバーベル

価格:7,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

女性の筋トレやフィットネスに使いやすい

こちらのフィットネスバーベルは、総重量20kgの軽量さとウエイトトレーニングやフィットネスなど幅広いトレーニングに活用できる女性におすすめな商品です。普段の筋トレで体幹を意識したフィットネス効果が得られるので、ダイエットにも適しています。

 

デザインもカラフルで部屋に置いてもオシャレですし、シャフトの握りやすさや軽く持ち上げやすいこと、また価格以上に効果を実感できる点など、高い評価の理由も納得の性能になっています。

 

種類ストレートバー重量20kg
シャフト径28mm
第4位

MOJEER

バーベル ポリエチレン製

価格:6,699円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽い筋トレから始めたい方におすすめ

六角形構造で安定感に定評のあるこちらのバーべルは、通常ではダンベルとして使うことができジョイントシャフトを連結させればバーベルにも変形させられる便利品です。プレートの重量は個人の体力によって調整できるので初心者でも気軽に使えます。

 

安全性が重視された作りのため女性にもおすすめで、見た目もかっこよく質感にも優れているなどお部屋に置くのにぴったりです。外部の素材には耐久性の高いポリエチレンが使われているので床も傷つかないですし、ダンベル同士がぶつかった際の大きな音もしません。

種類ストレートバー重量10kg×2
シャフト径28mm
第3位

ファイティングロード Co., Ltd.

バーベル ブラックタイプ

価格:17,982円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ラバーのデザインがおしゃれで映える

こちらのバーベルはプレートの重量が1.5kgから10kgまでの5種類に分けられていて、シャフトの長さも180cmあるのでジムに置いているようなバーベルを再現することができます。

 

ただ、その分自宅用として使うには少し大きいので、簡単なトレーニングというよりは本格的なトレーニングをしたいという方に向いています。家庭に設置するためのスペースがあると使いやすいです。

種類ストレートバーベル重量70kg
シャフト径28mm
第2位

シミーズ合同会社

バーベルにもなるダンベル

価格:1,900円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単な長さ調節でバーベルとしても使える便利品

こちらは2018年に販売されたばかりの最新バーベルで、Amazonランキングで売り上げ1位を獲得した人気商品です。価格が安いため初めての方でもお試しで購入しやすいですし、長さや重量、使いやすさなど自宅での簡単なトレーニングにもぴったりです。

 

軽い重量から始められるので女性にも人気があり、本格的なトレーニングに備えるための体作りにも便利です。実際に使用している方のレビューも多く、とにかくバーベルを試してみたいという方におすすめできます。

種類ストレートバー重量10kg×2
シャフト径25mm
第1位

株式会社スーパースポーツカンパニー

ラバー バーベル

価格:26,460円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本格的なトレーニングに使えるセット商品

こちらのバーベルセットは、プレート部にラバーリングを施すことで床を傷つけず衝撃や音を防げるようになっています。また、10kgまでのプレートが14枚と本格的なトレーニング向けの重量があり、シャフトの長さも3種類から選べるなどトレーニングごとに使い分けることができます。

 

初めての自宅トレーニング用に購入するのもおすすめで、持ちやすさと操作性がしっかりしていると高く評価されています。将来的には100kg以上のプレートを使いたいという方も、これを使い少しづつ体を慣れさせてトレーニングすることで良い成果を上げられるでしょう。

種類ストレートバー重量70kg
シャフト径28mm

バーベルの商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5028320の画像

    株式会社スーパースポーツカンパニー

  • 2
    アイテムID:5028332の画像

    シミーズ合同会社

  • 3
    アイテムID:5028330の画像

    ファイティングロード Co., Ltd.

  • 4
    アイテムID:5028359の画像

    MOJEER

  • 5
    アイテムID:5028338の画像

    MIRACLE

  • 6
    アイテムID:5028344の画像

    IVANKO(イヴァンコ)

  • 7
    アイテムID:5028336の画像

    PURE RISE(ピュアライズ)

  • 8
    アイテムID:5028342の画像

    ワイルドフィット

  • 9
    アイテムID:5028361の画像

    Shanxi Regent Works Inc.

  • 10
    アイテムID:5028367の画像

    GronG(グロング)

  • 商品名
  • ラバー バーベル
  • バーベルにもなるダンベル
  • バーベル ブラックタイプ
  • バーベル ポリエチレン製
  • イージーフィットネスバーベル
  • ラバーイージーグリッププレート
  • バーベル シャフト・プレートセット
  • バーベル 白ラバー
  • 筋トレウエイトリフティング用バーベル
  • アイアンバーベル
  • 特徴
  • 本格的なトレーニングに使えるセット商品
  • 簡単な長さ調節でバーベルとしても使える便利品
  • ラバーのデザインがおしゃれで映える
  • 軽い筋トレから始めたい方におすすめ
  • 女性の筋トレやフィットネスに使いやすい
  • プレートを安全に装着できる仕様が嬉しい
  • 落ち着いたデザインでインテリア性が高い
  • ジムで行うようなウエイトトレーニングができる
  • 片手でも筋トレできる使いやすさ
  • 価格
  • 26460円(税込)
  • 1900円(税込)
  • 17982円(税込)
  • 6699円(税込)
  • 7780円(税込)
  • 21600円(税込)
  • 22800円(税込)
  • 36200円(税込)
  • 5769円(税込)
  • 9980円(税込)
  • 種類
  • ストレートバー
  • ストレートバー
  • ストレートバーベル
  • ストレートバー
  • ストレートバー
  • ストレートバー
  • ストレートバー
  • ストレートバー
  • ストレートバー
  • ストレートバー
  • 重量
  • 70kg
  • 10kg×2
  • 70kg
  • 10kg×2
  • 20kg
  • 25kg
  • 80kg
  • 110kg
  • 20kg
  • 40kg
  • シャフト径
  • 28mm
  • 25mm
  • 28mm
  • 28mm
  • 28mm
  • 28.5mm
  • 28mm
  • 28mm
  • 24mm
  • 28mm

まとめ

ここまでおすすめの人気バーベルについて紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。バーベルは単体でもセットでも、自宅で簡単にジムのようなトレーニングができる便利な商品です。これから買って試してみたいという方は、今回紹介した選び方と商品を参考に自分に合ったものを見つけてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ