記事ID137536のサムネイル画像

ハイドロキノンクリームおすすめ人気ランキング15選【2020年最新版】

「ハイドロキノン」は、皮膚科の医療や美容現場で使われる美白成分です。通販やドラッグストアなどで、液体や軟膏などの形態で見かけますが一体どのような効果があるのでしょうか?今回は、市販のハイドロキノンクリームおすすめランキング15選と注意点・使用法をご紹介します。

ハイドロキノンクリームで効果的にシミケア

「これまで色々シミ対策の商品を試してみたけどなかなか効果を実感できなかった...」という方も多いのではないでしょうか?今回はそんな方におすすめの「ハイドロキノンクリーム」をご紹介します。

 

肌の漂白剤」などと評される「ハイドロキノン」。部分的なシミなどに効果が高く、シミを撃退できる優れた成分で、部分使いにはクリームとして扱われている場合が多いです。 シミの原因であるメラニン色素自体を減少してくれるので、すでにできてしまったシミにも効果があります。

 

シミに有効とされる成分は、ビタミンCやプラセンタエキスなどもありますが、ハイドロキノンが持つ美白効果はこれらの何十倍もあると言われています。 これは直接メラニン色素を還元してシミ自体を消していく効果によるものです。

 

シミのケアに効果がある一方で、副作用にも注意が必要な成分です。ハイドロキノンは酸化するとベンゾキノンという成分が発生しますが、これに刺激性があり赤みやかぶれを起こすことがあるので要注意。また紫外線ダメージを受けやすくなるので、UV対策を入念に行いましょう。



ハイドロキノンクリームの選び方

ハイドロキノンは、2001年の薬事法改正で、日本でも化粧品に配合することが可能になりました。各メーカーから、ハイドロキノンを含有した化粧品が開発されたことで、シミ消しなどの美白がセルフケアできるようなりました。

 

ただ、ハイドロキノンは美容効果が高い反面、肌質や使い方によっては肌トラブルを起こしてしまう可能性もありますので、安全に使うために選ぶ際のポイントをご紹介します。

濃度で選ぶ

ハイドロキノンクリームを購入する際には、濃度に注目することが大切です。濃度が高いものほど効果がある反面、肌への負担も高くなります。ですから単純に濃度が高いものを選べば良いというわけではありません。ハイドロキノンの濃度についてもしっかりチェックしていきましょう。

濃度が2%までのハイドロキノンクリーム

現在国内で、ハイドロキノンが配合されている化粧品の多くがこの1~2%の濃度の商品です。現在、厚生労働省が認めているハイドロキノンの配合量は2%以内ですので、安全性が高く比較的肌への刺激も少ないタイプです。顔全体からシミの集中ケアまで幅広く使用できます。

 
お肌が敏感肌の方やハイドロキノン化粧品が初めての方はこの範囲のものから試してみるのがおすすめです。

濃度が3%以上のハイドロキノンクリーム

日本で認められているハイドロキノンの濃度は2%までとされています。濃度が3%以上のハイドロキノンクリームは、基本的には病院での処方が必要となります。

 

国産の商品で2%を超えている製品もありますが、その多くは皮膚科監修のもとでつくられているドクターズコスメなので安心して使用することができます。部分的な攻めのシミ集中ケアに向いています。

 

ただ、海外のハイドロキノンクリームは濃度が高い製品もありますので注意が必要です。近年では個人輸入の業者が販売するハイドロキノンクリームを使用して、肌に深刻なトラブルが起きた事例もありますので、個人輸入業者からは購入しないことをおすすめします。

悩みのタイプに合わせて選ぶ

ハイドロキノンクリームはご自分の肌悩みのタイプに合ったものを選ぶのがおすすめです。より効果を実感するために、その点にも注目して選ぶようにしましょう。

できたシミにスポット使いするなら

紫外線の浴び過ぎによってできてしまったシミには、スポット使いが効果的です。スポット使いするなら美容液タイプのプラスアルファのスキンケアとして取り入れるのもおすすめです。

 

ただ、乾燥肌や敏感になっている肌に使用する場合には気をつけなければなりません。できてしまったシミにピンポイントで効果を出してくれるハイドロキノンは、濃度が高いほど効果が期待できますが、誤った使い方をするとお肌にダメージを与える危険性もあります。

 

絶対にしてはいけないのが、ハイドロキノンを塗ったまま紫外線にあたらないということ。濃度が高ければ高いほど紫外線の影響を大きく受けることになるので、日焼け止めなどで完全に紫外線をケアする必要があります。

顔全体の美白をするなら

顔全体の美白をしたい場合には、乳液のような使いやすいテクスチャに配合されているものもおすすめです。クリームなので、べたつきが気になる場合には軽めのテクスチャを選ぶと、ストレスなく美白ケアすることができます。

ハイドロキノンの種類で選ぶ

ハイドロキノンには、4つの種類に分かれています。種類ごとに特徴が違うため、選ぶ際にはその違いにも注目して購入するのがおすすめです。

純ハイドロキノン

純ハイドロキノン」は、皮膚科で処方されたり、一般的な化粧品などにも使われています。医学的にも実証があり、アルブチンやビタミンCよりも美白効効果に優れていると言われています。

肌の弱い方は、安定型ハイドロキノン

安定型ハイドロキノン」は、外的刺激に弱く、劣化しやすいハイドロキノンをBCDACという物質で包んで安定させたタイプのハイドロキノンです。肌への刺激が少なく、近年市販の化粧品に配合されることが多くなっています。

 

安定型ハイドロキノンは、純粋なハイドロキノンに他の美容成分が混ざった構成となっています。ハイドロキノンは、もともと肌に浸透しにくい性質を持っていますが、ハイドロキノンをカプセルに包みこむことで浸透率を高めており、安全性においても信頼できます

 

その反面、純ハイドロキノンが持つメラニン還元効果が低くなっているというデメリットがあります。すぐに効果が表れるものではなく、継続して使用することで効果が期待できるといえます。

ハイドロキノン誘導体

ハイドロキノン誘導体」とは、厚生労働省が認めた美白成分「アルブチン」に人工的にブドウ糖を転移させて作られた「αアルブチン」のことを言います。天然の「βアルブチン」と比較すると、約10倍もの美白効果があるとされています。

【副作用のリスクが高い】ハイドロキノンモノベンジルエーテル

主にに海外で用いられてきた「ハイドロキノンモノベンジルエーテル」。永久に本来の肌の色素を脱色してしまうほどの強い漂白作用力を持つ成分で、白斑(皮膚色素が脱色する現象)を起こす危険性があります。

 

副作用のリスクが高いため、現在我が国では化粧品に使用することが禁止されている成分ですが、「ハイドロキノン」と名前が似ていることでよく間違われているようです。

 

日本では化粧品への配合が禁止されていますが、海外の化粧品には配合されていることがあるため、注意が必要です。ハイドロキノン化粧品を海外から個人輸入して購入するのは、避けた方がよいでしょう。

シミのタイプを確認してから選ぶ

シミは種類がありますから、自分がどのタイプのシミに悩んでいるのかチェックしていきましょう。シミによっては皮膚科などの医療機関での治療を行った方が良いこともあるため、自分のシミがどの種類なのかを把握して対策することが大切です。

ハイドロキノンクリームで改善できるシミ

シミの改善に効果を発揮するハイドロキノンクリームですが、実は、改善できるシミの種類は「老人性色素斑」「肝斑」「そばかす」「炎症性色素沈着」の4つです。そして、皮膚の表面部分にできたシミに対してのみ効果が期待できると言われています。

 
一般的な「シミ」は「老人性色素斑」のことを指します。肌との境界線がくっきりしていおりり、日光が当たる場所に良く発生します。「肝斑」は頬骨あたりに左右対称にできるシミです。妊娠やピルの服用によっても発生しやすく、女性ホルモンが関係していると考えられています。
 
 
いわゆる「そばかす」は、両頬や鼻の周りに数mm程度の細かい斑点が散在するようにできるシミで、遺伝も原因の1つだと言われています。「炎症性色素沈着」は、何らかの炎症が皮膚に起きた後に色素沈着が起こってできるシミで、時間の経過で薄くなることが多いです。
 

ハイドロキノンクリームで期待できないシミ

肌の真皮層まで及んでいるシミは、ハイドロキノンクリームでは改善の期待が出来ないシミです。

 

加齢によってできやすい、「脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)」などのシミは、ハイドロキノンクリームでの効果は期待しにくく、色や形はさまざまで表面がさザラザラしており、放置しておくと大きくなってくるため、早めに皮膚科で治療を行うのがおすすめです。

 

 

プチプラを選ぶ

ハイドロキノンクリームは、高価な商品だと5000円を越えていることもあります。一方、プチプラ商品は1000円から2000円程度となっています。もちろん、含まれている成分や内容量が異なる場合があるので、簡単に比較はできません。

 

プチプラ商品のなかでも評価が高い商品が、濃厚本舗ホワイトクリームです。楽天ランキングで4冠を達成しており、純ハイドロキノンを2.0%含んでいます。口コミでも高評価で、効果を実感している方や、1本で3カ月ほど使用できるのでコスパの良さを評価している方もいました。

 

BIHAKUENハイドロキノンソープも、コスパが良く評価されています。ハイドロキノンの他に、ビタミンC誘導体やスクワランなどの美白成分をたっぷりと含んでいます。プチプラの製品をお求めの方は、2000円程度の商品を選ぶと良いでしょう。



ハイドロキノンクリームおすすめランキング

第15位

CR-lab (シーアール・ラボ)

ルシフェル HQクリーム

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安心の日本製!純ハイドロキノン5.5%配合

ルシフェル HQクリームには、純ハイドロキノンが5.5%と高濃度で配合されています。気になる箇所をピンポイントでケアできる商品です。酸化しやすいと言われているハイドロキノンですが、この商品はエアレス容器を採用している為、ハイドロキノンの鮮度をキープしてくれます。

 

1ヶ月から1ヶ月半を目安に使い切ることが推奨されていて、短期間でシミケアにしっかりと効果を出してくれると評判の商品です。ハイドロキノンのみならず、肌ストレスから皮膚を守るブドウ果実細胞エキスや、プラセンタ、ワセリンなどに含まれるアラントインなどが配合されていて、ダメージを受けた肌をしっかりと回復させてくれます。

濃度5.5%内容量15g
第14位

ノーブランド品

ユークロマ

価格:1,650円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイドロキノン4%配合!シミを着実に小さくする

ユークロマは、ハイドロキノンを4%配合したクリームです。チューブタイプになっていて、気になるシミをピンポイントでケアすることができます。これ単体で使ってももちろん効果はありますが、ユークロマを使用する前にレチノールクリームを塗ると、さらに効果を発揮してくれるようです。

 

使い始めは、ハイドロキノンの刺激により塗った部分に赤みが出るかもしれません。ですが、使い続けていくと次第にシミが薄くなっていきます。チューブを1本使い切る頃には、シミへの効果をしっかりと実感できると評判です。

濃度4%内容量20g
第13位

Nadinola

Discoloration Fade Cream Extra Strength

価格:1,500円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイドロキノン3%配合!ハワイで人気のハイドロキノンクリーム

この商品は紫外線の強い南国ハワイで人気の、ハイドロキノンクリームです。濃度は3%配合されていて、シミが消える・使用を始めて3日目でシミが薄くなったなど、効果を実感する声が多数見られる評判のクリームです。

 

内容量は64gとかなり大容量ですので、コストパフォーマンスが高い点でも高評価を得ています。夜寝る前に、気になるシミ部分に置くようにして利用すると効果が発揮されやすいようです。

濃度3%内容量64g
第12位

LANTELNO(ランテルノ)

ホワイトHQクリーム

価格:2,990円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

乾燥知らずの純ハイドロキノン5%

ランテルノの「White HQ Cream」は、皮膚科レベルの純ハイドロキノン5%が配合されたクリームです。気になるポイントにスポット使いするタイプです。

 

通常、純ハイドロキノンクリームは水ベースで作られていますが、このWhite HQ Creamは、グリセリンをベースとして作られているので乾燥に強いのが特徴です。また、12成分の中に美肌や保湿効果のある成分が豊富に含まれているので効果に期待ができます。

 

口コミでの評価も非常に高く、「シミが薄くなった」「シミが消えた」などの効果を実感する声が多いです。長年の頑固なくすみにお悩みの方や、ポイント使いに重点を置きたい方におすすめのハイドロキノンクリームです。

濃度純ハイドロキノン5%内容量10g

口コミを紹介

もともと美容皮膚科でフォトフェイシャルをやっていたけど、シミは完全に消えず。
ハイドロキノンが良いとは聞いていたのですが、これは美容皮膚科に置いてあったハイドロキノンクリームより配合量が多くて、試しに使ってみました。
結果、頬のシミが大分薄くなってきて、コンシーラーの厚塗りがなくなりました(笑)
その下の大きいシミはまだ時間がかかりそうですが、こちらも気持ち薄くなってきた気がします。

出典:https://www.amazon.co.jp

第11位

プラスキレイ

プラスナノHQ クリーム

価格:1,800円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ターゲットポイントでハイドロキノンが溶解するナノカプセル化

プラスナノHQ 」はハイドロキノン4%の高濃度のクリーム。シミが気になる部分だけを狙って塗るスポットタイプです。スキンケアの最後に、気になる部分にちょこんと伸ばすだけの、簡単5秒でできるシミケアです。

 

ハイドロキノンをナノカプセル化したことにより、 肌の奥深くターゲットポイントまで高濃度でのアプローチを実現しました。

 

さらに、このハイドロキノンのすぐれたところは、肌のキメやツヤを整える成分も同時に配合されている点です。さらに成分の酸化を防いで安定化するアスタキサンチンまで配合されているので、とことんこだわって作られています。

プチプラ価格ですので、ハイドロキノンクリーム初心者の方にもおすすめです。

濃度純ハイドロキノン4%内容量5g

口コミを追加

30年くらい前に出来たニキビ跡のシミが、だいぶ消えてきました。シミにポイントで乗せ、上からラップをして寝ています。使い初めに赤くなってしまったので二日休んでまた使用を開始しました。そのあとは付けた直後から少しかゆみがありますが、赤くはならずに徐々にシミが小さくなって行きました。他には日焼けによる5ミリくらいの楕円のシミが端からちょっとずつ消えてます。肝斑?だと自分では思っている目の周りの薄いシミも消えています。他のハイドロキノンの商品も試してたのですが、こんなに効果がでたのは初めてです

出典:https://www.amazon.co.jp

第10位

基礎化粧品研究所

ハイドロ クリーム SHQ-5

価格:1,980円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

肌への刺激の少ない安定型ハイドロキノンクリーム

濃度を選べるのが魅力の「KISOのハイドロキノンクリーム」。濃度2%は純ハイドロキノン、濃度5%と10%は安定型ハイドロキノンを使用しているので、今の肌質に合わせて使用することが可能です。

 

こちらは5%の安定型のハイドロキノンクリームです。酸化しやすいハイドロキノンを、特殊技術により安定化させ、肌への刺激も少なくしてクリームとして開発されています。気になるポイントに「ポイント使い」としてご使用するタイプです。

 

2%から10%まで段階別に生産されていますが、メーカーでは2%を試してみてから、だんだんと濃度をアップするようにとおすすめされています。はじめてハイドロキノンを使う方や、部分的なシミを消したい方におすすめです。

濃度安定型ハイドロキノン5%内容量10g

口コミを追加

使い始めてひと月くらいですが、効果は…………!!!!!!
まず、初日の夜に塗って寝たら次の朝、荒れたように赤いポツポツになってました。
少し痒みがある感じ。
夜のみ塗り続け、(塗ったところが紫外線に弱いと書いてあったので)朝は日焼け止めをしっかり塗っていました。
塗り始めて数日で、荒れたところが薄く皮がめくれてしまいました。痛みなどはありません。良いのか悪いのか、とりあえず夜に塗り朝は洗顔後に日焼け止めを塗る、そのうち薄く皮がむける……を繰り返してると、1番濃かったシミ(ファンデーションでは隠れないくらい)が半分程の濃さ(ファンデーションを塗ったらうっすらわかる程度)になってました。
目に見えて薄くなっててびっくりしました!

出典:https://www.amazon.co.jp

第9位

濃厚本舗

ハイドロキノンクリーム

価格:1,196円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ良し!純ハイドロキノン2%クリーム

純ハイドロキノン2%のクリームです。スポット使い専用タイプで、プッシュ式なので酸化しにくく使うことができます。顔以外の体の気になる部分にも使うことができます。香りや刺激がなく伸びの良いテクスチャが特徴。

 

「安くて容量も多く2週間くらいではっきり効果が現れはじめた」「続けて使っていると、シミが薄くなってきた」などと高評価の口コミも多数。

 

余計な添加物は極力避けたい方や、スポット使いに重点を置きたい方、お肌に優しくゆっくりとシミを消したい方におすすめです。

 

プチプラ価格で続けやすいところも嬉しいですね。

濃度純ハイドロキノン2%内容量30g

口コミを紹介

人の肌質はみな同じではないので絶対おすすめ!!とは言えないのですが
私は!シミが薄くなりました。
一か月半、朝と晩に固い米粒半分位の量をトントンとシミ部分に塗りました。
完全に消えないけど見た目40%くらい薄くなっています。
私はかなり色白なのでシミが目立ちどうしようかと検索していたらこの商品に
巡り合えました。安いので、まあダメ元でくらいの気持ちだったのでびっくりです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第8位

ドクターセレスキン

キノンクリーム

価格:12,960円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本初新型安定ハイドロキノン5%

キノンクリーム」はクリニックや美容皮膚科などへ商品開発されたものが、セルフケアで使えるアイテムとなりました。5%という高濃度なのに、独自の技術により安定化に成功したことで、長期間の保存も可能になったたっぷりタイプ大容量のクリームです。

 

高濃度なのに低刺激。ハイドロキノンを皮膚へゆっくりと浸透させます。テクスチャーはやや硬めのクリームです。

 

口コミでも「45gは思った以上に大容量で、顏以外にも惜しみなく使える」など人気のクリームです。ドクターズコスメに興味がある方や、顔以外の体の気になる部分にも使いたい方におすすめです。

濃度新型安定ハイドロキノン5%内容量45g

口コミを紹介

金額が高いけど結局、チューブの小さいのを細々買うか纏めてこれ買うかの違いになってきますが、効果はダントツです。
ちょっと引くくらい、皮がめくれて(メラニン)めくれた後はピンクの肌がこんにちはしてます。
めくれるって言ったけど、物理的なカサブタのようにめくれるわけでなく、メラニンが浮き出て茶色だけがめくれるから痛いとかはないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第7位

サンソリット

ホワイトHQクリーム

価格:6,690円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高配合なのに顔全体に使える多機能クリーム

医療機関レベルの、ハイドロキノン4%配合のサンソリット の「ホワイトHQクリーム」。最大の特徴は、高濃度配合なのに独自の特殊処方で顔全体にも使用できることです。ポイントケアも可能ですが、通常の美容クリームや乳液の代わりに顔全体に使用できます。

 

その他にも、16種類の美容成分も配合されているので、お肌に優しく安心して普段のスキンケア感覚で使用することができます。のびがよく、しっとりとした使い心地のクリームです。

 

特殊処方により、冷蔵保存なして使用できるので、通常のスキンケア商品と同じように扱うことができるクリームです。

濃度4%内容量30g

口コミを紹介

頬骨周りのかなり目立つしみがはっきり薄くなったと感じます。
来年の花粉症の時期にも使ってみようと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第6位

SHQ-1

肌真珠(ハダパール)5%

価格:2,962円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

W安定型ハイドロキノン、SHQ-1を5%配合

肌真珠はW安定型ハイドロキノンを5%配合したハイドロキノンクリームです。3%配合の商品も販売されています。独自開発されたW安定型ハイドロキノン、SHQ-1は刺激性と安全性が改善され、効果的な浸透を実現したハイドロキノンです。

 

届くまでのパッケージにもこだわっており、外からの影響を受けにくいアルミジップ袋に入って届けられるので、作りたての鮮度がキープされた状態で使うことができます。実際に、口コミを見ても、シミが薄くなったという声が多数見受けられる、評判の商品です。

濃度5%内容量5g
第5位

トレンディ

EXFOLE エクスフォーレ HD-5

価格:1,393円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カロットエキス配合!5%の交配合ハイドロキノンクリーム

エクスフォーレ HD-5」は、プチプラですが5%という高濃度なので、夜だけのスポット使いには効果的にシミ対策できます。ビタミンAが豊富に含まれるカロットエキスを配合しているので、ハイドロキノンとの相乗効果で、シミに対して効果的です。

 

特にニオイもなく、べたつかず使いやすいテクスチャのクリームです。整形外科で行われているレーザーによるシミ取り施術をした後に必ず渡されるのが、ハイドロキントレチノイン酸のクリームです。

 

気になるシミにピンポイントケアしたい方や、レーザー治療は敷居が高いのでハイドロキノンクリーム高配合の商品を探している方にもおすすめです。

濃度5%内容量5g

口コミを紹介

トレチノイン0.05と併用していますが、1週間程で小さなシミは殆ど消えました。
今まで使用していた海外製のものより効き目がありました。
容量は少ないですが、使い切るにはちょうど良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

アンドシーム

ホワイトラッシュHQクリーム

価格:2,640円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

モンドセレクション銀賞受賞!純ハイドロキノン5%配合

ホワイトラッシュHQクリームは、自宅で簡単に本格シミケアをするために開発された、ナイトケアクリームです。一旦外に出たクリームが中に戻らないバックレスチューブ仕様になっているので、ハイドロキノンの酸化を防いでくれます。ハイドロキノンのみならず、「腐らないリンゴ」と話題になったリンゴ幹細胞エキスも配合。肌を活性化させ、白い肌を蘇らせます。

 

使用方法ですが、夜寝る前にシミの気になる箇所にクリームを塗ります。しばらくすると、シミ部分の皮がめくれてきます。完全に皮が取れると、下から少し薄くなったシミが現れます。効果があった!という口コミも多数見られますので、本気でシミを消したいという方におすすめです。

濃度5%内容量10g
第3位

株式会社フロンティア

ブライトニングクリスタル

価格:4,860円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

美容皮膚科医監修のドクターズコスメ

セルピュアの「ブライトニングクリスタル」は、皮膚の専門家監修のもとで作られた純ハイドロキノン5%のクリームです。その他にも、アルブチンやビタミンC誘導体などの優れた美白成分が配合されているため、シミにしっかりアプローチしてくれます。

 

ポイント集中ケア用のクリームなので、できてしまったポイント悩みのシミにおすすめです。特殊な技術を用いて製造されているので、ハイドロキノン高配合ながらも、12か月以上の常温保管が可能に。

 

開封後は3ヶ月を目安にご使用するのがおすすめです。口コミでも。「シミやニキビ跡」に効果を実感したとの声が多数の人気の商品です。

濃度純ハイドロキノン5%内容量12g

口コミを紹介

自他共に認めるシミ顔でしたが、3ヶ月でだいぶシミが目立たなくなってきました。最近はコンシーラーをベタ塗りしなくてもだいぶ見られる顔かな?と思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

アンプルール

ラグジュアリーホワイト

価格:1,500円(税込)

割引サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シリーズ最高濃度の美容液でパッとした明るい肌へ!

夜寝る前に集中してケアをしたいという方には、

アンプルールの「ラグジュアリーホワイト」がおすすめです。

 

この商品は、独自のマイクロカプセル化された新安定型ハイドロキノンをシリーズ最高濃度で配合した夜用集中美容液。

化粧水の前につけるタイプで、トロッとした特殊なゲルがシミにピタッと密着します。

スポット使用タイプなので、顔全体の透明感アップやクリームとしての保湿効果はあまり期待できないですが、部分的なシミを集中ケアしたいという方にはおすすめです。

 

現在割引サイトにて、こちらの商品が通常価格6,500円→トライアル価格1,500円(税込)で購入可能です。

シミが気になって少しでも薄くしたいと思っている方はぜひお試しください。

 

>>割引サイトはこちら

濃度新型安定ハイドロキノン4%内容量11g

口コミを紹介

頬にある肝斑が消えると良いなと思い、使っています。心なしか少し薄くなってきた気がします。化粧水前に綿棒でつけています。ベタつかず、使いやすいと思います。もう少し使い続けて、変化していくのを観察してみようと思います。

出典:https://s.cosme.net

第1位

ビーグレン

ホワイトケア トライアルセット

価格:1,980円(税込)

割引サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

圧倒的な浸透力で早く効く!信頼度の高いクリーム

敏感肌でも安心して使用できるハイドロキノンクリームをお探しの方は

ビーグレンの「ホワイトケア トライアルセット」がおすすめです。

 

このトライアルセットに入っている「QuSome ホワイトクリーム 1.9」は、純ハイドロキノン1.9%のクリームです。薬学博士による開発研究を重ね、独自の処方でお肌に優しく、敏感肌やどんなお肌の方にもおすすめできるハイドロキノンクリームです。

医療技術を応用した浸透テクノロジーを採用し、ハイドロキノンを速やかに必要な場所まで届け、その場に留めてじっくり働きかけることに成功。早く効果を実感しやすいのがポイントです。

顔全体にも使用することができ、ムラなく透明感を感じることができます。今までシミに効果がなかった方や、安心してハンドロキノンクリームを使いたい方におすすめの人気のクリームです。

 

そんなQuSomeホワイトクリーム1.9はが現在、割引ページからトライアルセットを購入すると、71%オフの1980円(税込)でお試し可能です!

肌に合わない場合は365日返金対応をしているので安心ですね。是非一度試してみてください。

 

>>割引サイトはこちら

濃度純ハイドロキノン1.9%内容量15g

口コミを紹介

化粧水やクリームなどセット内容全部の使用感が好きです!!
化粧水とかクリームは肌が全然ベタつかないから、不快感が一切ないです!
しかも、無香料だから化粧品独特な変な匂いはしないから嬉しいし、敏感肌の私にとっては無添加とか色々成分をこだわってるから更に有難い!!
もちろんそのおかげで、肌が赤くなったりしちゃうことは無くなりました!
肌も真っ白になる訳ではないけど、使うたび透明感が出てきます!!
トライアルセットだから多少安く感じますが、1本単品は結構な金額するので少しずつ集めようかなって思います。

出典:https://www.cosme.net



ハイドロキノンクリームのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5025017の画像

    ビーグレン

  • 2
    アイテムID:5025417の画像

    アンプルール

  • 3
    アイテムID:5025047の画像

    株式会社フロンティア

  • 4
    アイテムID:5180816の画像

    アンドシーム

  • 5
    アイテムID:5025387の画像

    トレンディ

  • 6
    アイテムID:5180859の画像

    SHQ-1

  • 7
    アイテムID:5025393の画像

    サンソリット

  • 8
    アイテムID:5025106の画像

    ドクターセレスキン

  • 9
    アイテムID:5024918の画像

    濃厚本舗

  • 10
    アイテムID:5025051の画像

    基礎化粧品研究所

  • 11
    アイテムID:5025068の画像

    プラスキレイ

  • 12
    アイテムID:5025093の画像

    LANTELNO(ランテルノ)

  • 13
    アイテムID:5180837の画像

    Nadinola

  • 14
    アイテムID:5180829の画像

    ノーブランド品

  • 15
    アイテムID:5180834の画像

    CR-lab (シーアール・ラボ)

  • 商品名
  • ホワイトケア トライアルセット
  • ラグジュアリーホワイト
  • ブライトニングクリスタル
  • ホワイトラッシュHQクリーム
  • EXFOLE エクスフォーレ HD-5
  • 肌真珠(ハダパール)5%
  • ホワイトHQクリーム
  • キノンクリーム
  • ハイドロキノンクリーム
  • ハイドロ クリーム SHQ-5
  • プラスナノHQ クリーム
  • ホワイトHQクリーム
  • Discoloration Fade Cream Extra Strength
  • ユークロマ
  • ルシフェル HQクリーム
  • 特徴
  • 圧倒的な浸透力で早く効く!信頼度の高いクリーム
  • シリーズ最高濃度の美容液でパッとした明るい肌へ!
  • 美容皮膚科医監修のドクターズコスメ
  • モンドセレクション銀賞受賞!純ハイドロキノン5%配合
  • カロットエキス配合!5%の交配合ハイドロキノンクリーム
  • W安定型ハイドロキノン、SHQ-1を5%配合
  • 高配合なのに顔全体に使える多機能クリーム
  • 日本初新型安定ハイドロキノン5%
  • コスパ良し!純ハイドロキノン2%クリーム
  • 肌への刺激の少ない安定型ハイドロキノンクリーム
  • ターゲットポイントでハイドロキノンが溶解するナノカプセル化
  • 乾燥知らずの純ハイドロキノン5%
  • ハイドロキノン3%配合!ハワイで人気のハイドロキノンクリーム
  • ハイドロキノン4%配合!シミを着実に小さくする
  • 安心の日本製!純ハイドロキノン5.5%配合
  • 価格
  • 1980円(税込)
  • 1500円(税込)
  • 4860円(税込)
  • 2640円(税込)
  • 1393円(税込)
  • 2962円(税込)
  • 6690円(税込)
  • 12960円(税込)
  • 1196円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 1800円(税込)
  • 2990円(税込)
  • 1500円(税込)
  • 1650円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 濃度
  • 純ハイドロキノン1.9%
  • 新型安定ハイドロキノン4%
  • 純ハイドロキノン5%
  • 5%
  • 5%
  • 5%
  • 4%
  • 新型安定ハイドロキノン5%
  • 純ハイドロキノン2%
  • 安定型ハイドロキノン5%
  • 純ハイドロキノン4%
  • 純ハイドロキノン5%
  • 3%
  • 4%
  • 5.5%
  • 内容量
  • 15g
  • 11g
  • 12g
  • 10g
  • 5g
  • 5g
  • 30g
  • 45g
  • 30g
  • 10g
  • 5g
  • 10g
  • 64g
  • 20g
  • 15g

ハイドロキノンクリームの使い方

ハイドロキノンクリームの使う場合には、注意点や正しい使い方があります。重要なポイントを抑えて、シミのない綺麗な肌を目指しましょう。

 

ここでご紹介する使い方や注意点は、市販されている商品を使う場合のものです。皮膚科などで処方されている医薬品を使用中の方は、皮膚科医に相談してから購入しましょう。

ハイドロキノンクリームを使うときの注意点

ハイドロキノンクリームの使用後は、強い紫外線を避ける必要があります。強い紫外線を浴びると、逆にシミが濃くなってしまう場合があるので気をつけてください。日中、短時間でも外出する際は、SPF20以上の日焼け止めを使用してください。

ハイドロキノンクリームの使い方

ハイドロキノンクリームは1日2回、シミや小じわに塗布します。トレチノインクリームを併用している方は、同時に使用しましょう。まずは、洗顔です。低刺激の石鹸をしっかりと泡立てて、優しくなでるように洗顔してください。

 

洗い流す際も強くこすらず、シャワーをかけたりぬるま湯をパシャパシャと顔にかけるように洗い流しましょう。ハイドロキノンクリームを使用するタイミングは、洗顔してから20分程度待ってから使用しましょう。洗顔直後には、角質層が水分を含んでいるため、薬剤の浸透力が上がります。

 

化粧水や乳液は、浸透力が高まっているタイミングに使用しますが、ハイドロキノンクリームは、効きすぎて肌にダメージを与えてしまう可能性もあるため、20分ほど待ってから使用しましょう。朝の忙しい時間などで、20分も待てないという方は、化粧水・乳液でケアしたあとにハイドロキノンクリームを使用してください。

ハイドロキノンの使用は危険?

ハイドロキノンクリームの商品ページを見てみると、かぶれてしまったという人や赤みが出てきてしまったという口コミも稀に目にすることがあります。

確かに、ハイドロキノンは確かに安全とは言い切れない成分です。

ハイドロキノンは成分の作用として細胞毒性を持っていますので、非常に刺激の強い塗り薬です。

副作用について

ランキングでも紹介した通り、ハイドロキノンクリーム には1%から4%5%と濃度があります。

この濃度が高ければ高いほど漂白作用は高くなりますが、一方では副作用の出現頻度は高くなり、刺激が強く感じらる・赤みが出る・かぶれるなどの頻度が高くなることがあります。

 

また、「高ければ高い方が漂白作用は高くなる」と書きましたが、人の肌の状態は個々で異なるので、低い濃度が合う人や高い濃度でしか効果が出ない人と効果は人それぞれです。

塗ってても効果が見られないからといって、長期にわたりダラダラ使ってしまうと、「白斑」の出現リスクが高くなったり、効果がさらに出にくくなることもあります。

万が一、3ヶ月以上使用しても効果が感じられない場合には、使用を辞めてレーザー治療などの他の方法を考えることをおすすめします。

 

このようにハイドロキノンにはシミをやっつけてくれるだけに、様々な副作用があります。

ですから、市販商品を購入する際には使用方法をよく読み守ることが非常に大切です。

 

また、肌が弱い方は使用前のパッチテストをおすすめします。

腕などの目立たない部分に塗り、1日経過を見て、かぶれていないかを確かめてから使用すると良いでしょう。

万が一かぶれてしまった場合には、すぐに使用を中止し、皮膚科を受診するようにしましょう。

ハイドロキノンクリームでは効き目が感じられないという方へ

ハイドロキノンクリームで、顔全体の美白効果は感じられたけど肝心のシミが消えない、という方もいるかもしれません。その場合に、どんどん濃度を高くしていってしまうことは、副作用の恐れもあり、あまりおすすめしません。

ハイドロキノンは皮膚の浅いところにあるシミには効果を発揮しますが、 深い部分のシミには効果があまり発揮されないからです。

 

そんな方は、そんな方にはハイドロキノンと一緒にトレチノインというビタミンAの誘導体との併用が必要になってきます。このトレチノインは、表皮の深い層にあるメラニン色素を外に出してしまう働きを持っています。

現状では、トレチノインは医療機関でしか購入できません。

 

数ヶ月間、ハイドロキノンクリームを使ってみたけどシミが消えないという方は、がむしゃらに濃度をあげるのではなく、皮膚科でハイドロキノン軟膏とトレチノインゲルの外用薬を併用するような治療を受けることをおすすめします。



ハイドロキノンクリームを適切に使ってシミのない肌を手に入れよう

いかがでしたでしょうか?ハイドロキノンクリームは、「肌の漂白剤」「シミの消しゴム」とも比喩されるほど、素晴らしい作用があるアイテムです。ただ、使い方を間違えるとシミケアどころか重大な肌ダメージを起こす危険性もあるので、注意しながら使用していきましょう。ぜひご自分に合ったハイドロキノンクリームを見つけてくださいね。

 

また、リスクを減らし、より手軽に気楽にシミ対策がしたいという方におすすめの商品を以下の記事で紹介していますので是非チェックしてみてください。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ