記事ID137535のサムネイル画像

【手軽にランニング】ルームランナーのおすすめ人気ランキング10選

健康な毎日を送るために適度な運動は欠かせませんね。ルームランナーはお部屋の中でランニングができる夢のようなアイテムです。この記事ではルームランナーのおすすめ商品をランキング形式で紹介していますので、ぜひ最後までご覧頂くことをおすすめします。

ルームランナーで計画的にエクササイズ

身体を健康に保つのに定期的なランニングは効果的です。適度に汗をかいて代謝を促すことが出来ますし体形を維持することもできます。また運動することにより脳の働きが活性化するので良いアイデアが浮かぶ場合もあります。仕事で行き詰ったときの気分転換にも良いでしょう。

 

スポーツにしっかり取り組む時間がない方でもランニングだけは続けたいものですね。しかしただ走るだけと言ってもランニング用の服装に着替えるのが億劫と思う方もいらっしゃるでしょう。そんな方におすすめなのが室内でランニングができる「ルームランナー」です。

 

ルームランナーはランニングマシン・ジョギングマシン・トレッドミルとも呼ばれ、低速のものはウォーキングマシンとも言います。季節・天候・気温・時間帯に影響されず好きなときに有酸素運動ができる優れものです。ただし近隣住民への配慮は怠らないようにしましょう。

ルームランナーの選び方

自分に合ったルームランナーを選ぶには様々な要素を考慮する必要があります。ルームランナーを選ぶ際の判断基準となる項目を以下にいくつか挙げていきましょう。

機能性で選ぶ

ルームランナーは通常のランニングでは体験できない様々な便利機能を備えています。ルームランナーならではのメリットを最大限に活かすために確認すべきポイントを解説します。

傾斜設定をチェック

傾斜の角度を自由に変更できるのは通常のランニングにはないルームランナーならではの機能です。傾斜レベルは1(1%)や5(5%)といったように1以上の整数で表されることが多く、1%上げると速度を0.3km/h増加させたのと同程度の負荷が掛かると言われています。

 

そのため適切な負荷をかけるためには速度と傾斜は反比例するように設定しましょう。傾斜レベル1-5の場合はトップクラスのスピード、6-8なら少し苦しく感じる中程度のスピードが望ましいです。9-11であればジョギング、12以上ならウォーキング程度にするのがベストです。

 

身体能力は個人差がありますので上記の例はあくまで目安と考えて、自分に合ったレベルでトレーニングを楽しみましょう。なお上り坂・平地・下り坂のランニングはそれぞれ使う筋肉が異なります。筋肉が偏らないようそれぞれの傾斜を上手く織り交ぜる必要があります。

スピード設定をチェック

走る速さの設定は通常のランニングでも可能ですが、同じコースのタイムを計るなどの工夫をしなければなりません。走っている最中に速度を変えるのは強い意志が必要ですが、ルームランナーは速度を設定して半ば強制的に負荷を掛けられるので効果的なトレーニングが可能です。

 

また脂肪燃焼効果の高い「インターバルトレーニング」を取り入れやすいのもルームランナーならではのメリットですね。高速と低速のランニングを織り交ぜることで持久力も鍛えることができます。ルームランナーを選ぶ際にはインターバル機能が搭載されているものを推奨します。

 

またルームランナーは最高速度が機種ごとに設定されており、本格的なトレーニングか軽い運動程度のジョギングのどちらを想定してるかによって変わってきます。15km/h程度のハイペースなモデルを選ぶ際には足がもつれないようベルト幅が広めのタイプをおすすめします。

連続走行時間をチェック

ルームランナーはコンセントに繋いでいれば延々使用できるという訳ではありません。ルームランナーが一度も停止することなく稼働し続ける時間(連続使用時間)は決められています。この連続使用時間はルームランナーに内蔵されているモーターの性能によって変わってきます。

 

ルームランナーの連続使用時間は殆どのモデルが30分・45分・60分・99分のいずれかに設定されています。連続使用時間が長いほどトレーニングを楽しめますし、マシンの耐久性も高くなっています。ルームランナーを選ぶ際にはなるべく連続使用時間が長いものをおすすめします。

 

目安として60分以上の運転が可能なモデルであれば実用性は高いと言えますが、最低でも一般家庭で問題なく使用できる30分以上のルームランナーを選びたいところです。トレーニングに慣れてきて持久力が上がることを考えると連続使用時間は長い方が良いですね。

大きさで選ぶ

自分の身体を乗せるマシンですので体格に合ったサイズの製品を選ぶことが大切です。また室内に設置するものなので、出来ればあまりスペースをとらない方が良いですね。

ベルトサイズをチェック

ルームランナーを選ぶ際に重要なポイントとしてベルトのサイズが挙げられます。ある程度の走るスペースを確保できていると余裕を持ったランニングが出来ます。ベルトの幅に関してはランニングなら40cm、ウォーキングなら35cmほどあれば十分と言われています。

 

体格の良い方の場合はもう少し広くとる必要があるでしょう。もちろんトレーニングのし易さを考えると広いに越したことはありませんが、一般家庭の室内で使用するものですから設置場所の問題もあります。自分の体形と部屋のスペースを勘案して選びましょう。

 

ベルトの縦の長さは歩幅プラス10cmが最低ラインです。本格的なランニングを行う場合に必要な歩幅は「身長*0.65」の数式で計算することが出来ます。これに10cmを足したものがトレーニングに必要なベルトの縦の長さですので、ルームランナーを選ぶ際の参考にしましょう。

収納性をチェック

トレーニングジムで使用する場合と違って家庭用のルームランナーでは省スペース性も求められます。ルームランナーはそれなりに場所を取る健康器具ですので、自宅でトレーニング専用のスペースを確保できない方はなるべくコンパクトなルームランナーをおすすめします。

 

使わないときは物置きや押入れなどに収納しておきたいという方は折りたたみ式のルームランナーを推奨します。折りたたみ式ルームランナーのほとんどはベルト台とハンドル部分を畳める構造になっています。片付ける際に場所を取らないのでおすすめです。

 

また製品によってはキャスターが付いているタイプもあるので、室内でも少し気分を変えて違う場所でランニングをしたいというときに便利です。ルームランナーを頻繁に移動させる方や、特に重量のある大型のルームランナーの場合はキャスター付きのタイプをおすすめします。

使いやすさで選ぶ

ルームランナーは音や振動が大きい健康器具ですので、近隣住民とのトラブルになる可能性があります。長期間に渡って快適に使うために重視すべき項目を挙げていきます。

静音性・耐震性をチェック

一戸建てにお住いの方でも話し声や階段を下りる音などは意外と隣り近所に聞こえるものです。マンションやアパートでは騒音が原因のトラブルも多いため、激しい運動は避けた方が良いでしょう。集合住宅でルームランナーを使おうと考えている方は特に注意が必要です。

 

一階に住まわれている方ならそれほど問題ないですが、2階以上となれば下の階の方に騒音や振動など迷惑を掛けてしまう可能性があります。集合住宅でルームランナーを使いたい方は駆動音が静かなタイプを選び、走り方やトレーニングの時間帯も細心の注意を払いましょう。

 

また音だけでなく振動の問題もあります。部屋全体が小刻みに揺れていると非常にストレスを感じます。さらにランニングで足を地につけた際の衝撃が響き、さらなる騒音を発生させることもあります。集合住宅の2階以上に住まわれている方はトラブルにならないよう気を付けましょう。

価格をチェック

ルームランナーは製品数が多く、一般的な健康器具として広く普及しています。日本製の高価なものから海外製の安価なものまで豊富なラインナップが揃っているのはユーザーからすれば有難い事ですね。しかしあまりにも低価格な商品を選ぶのは避けた方が無難です。

 

ルームランナーは走っている人間の全体重が継続的に掛かるものですから、マシンへの負荷は相当なものです。低価格なルームランナーは粗悪な部品が使われていたり、必要な基準を満たしていないなどの理由で品質や耐久性が著しく低い場合があります。

 

ひどいものだと2-3回使っただけで故障するといったこともあります。商品が壊れてしまうだけならまだ良いですが足に大怪我を負う最悪のケースも考えられます。自分の身体を預ける健康器具ですので最低でも3万円以上、できれば5万円以上のルームランナーを選びましょう。

メーカーで選ぶ

ルームランナーは様々なメーカーから販売されていますがトラブルを防ぐためにも信頼できるブランド製品を購入することをおすすめします。フィットネスマシンで有名な2社を紹介します。

ALINCO(アルインコ)

アルインコは大阪市中央区に本社を置く金属製品メーカーです。1938年に創業してから事業を拡大し、現在ではフィットネスマシンを始め建築用足場・仮設機材、介護用品にアマチュア無線機など幅広い製品を扱っています。商品はホームセンターなどの販売店経由で流通しています。

 

そんなアルインコのルームランナーはデザイン性に優れているのが特徴です。スタイリッシュなフォルムをしているので、お部屋のインテリアにこだわる方でも違和感なく設置することが出来ます。組立が不要なので機械が苦手な方でも届いてすぐに使うことが出来ます。

 

折りたたみ式の製品も数多く販売しているので収納場所に困らないのも嬉しいですね。マシンの性能としては連続使用時間が比較的長めになっているのがポイントです。従来のランニングを続けてこられた方や長距離走が得意な方におすすめのメーカーです。

JOHNSON(ジョンソン)

ジョンソンヘルステックグループは台湾に本社を置くフィットネスマシンメーカーです。世界各国に29社の子会社を保有し、販売エリアは100か国以上に上るグローバルカンパニーです。人々の健康を担う健康産業に特化することをグループ哲学の一つとしています。

 

ジョンソンのルームランナーはトレーニングジムでも採用されている本格仕様になっており、様々な先端技術が集約されています。トレーニングの成績をパソコンやスマホに転送することで情報管理が可能で、最終的な目標に達するまでの各段階のステップを確認することが出来ます。

 

耐振動性が高いのも特徴で、ユーザーの体重に合わせた衝撃吸収が可能となっています。そのため騒音も軽減できるので、近隣住民へ配慮しながらトレーニングを続けたい方に向いています。ご自宅でトレーニングジム並みのフィットネスを体験したい方におすすめのメーカーです。

ルームランナーの人気ランキング10選

第10位

YouTen

BARWING 高機能ルームランナー

価格:65,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

膝を痛めにくい走りをサポート

特殊なラバーで着地の衝撃を和らげ、50cmを超えるベルト幅によりゆったりとランニングが出来るルームランナーです。20種のプログラムと0.3-16km/hまで細かく調整できるスピードにより、家族みんなで共有できるおすすめの一台です。

走行面積122*56cm重量50kg
最高時速16km最高角度-
第9位

Jiayaofu

ルームランナー

価格:34,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパに優れたトレッドミル

ゆったりとした走行面と最高時速16km/hというスペックを備えながらも3万円台という低価格を実現しているコストパフォーマンスに優れたルームランナーです。頑丈なファインスチールフレームを採用しておりマシンの耐久性も抜群です。

走行面積113*41.5cm重量46kg
最高時速16km最高角度-
第8位

アルインコ(Alinco)

ルームランナー EXJ2115

価格:36,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

届いたその日からトレーニング

余裕を持ったベルトサイズながら折りたたみ構造で省スペース性にも優れたルームランナーです。ジョギング時に掛かるヒザや足首への負担を和らげるクッションラバーが付いているので、無駄なストレスを軽減しながらトレーニングを楽しめます。

 

傾斜は3段階ですが手動での調整となりますのでご注意ください。

走行面積110*34.5cm重量34kg
最高時速10km最高角度3度
第7位

アルインコ(Alinco)

プログラムランニングマシン

価格:39,135円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幅広い年代の方に対応

しっかりトレーニングしたい方や軽めの運動から始めたい方などそれぞれのユーザーに合わせた12種類のプログラムを搭載しており、音声ガイダンスでサポートしながら幅広い年齢層の方に安心して使っていたただけるルームランナーです。

 

速度は10km/hまで調整可能ですが、傾斜は5度固定なので注意しましょう。

走行面積110*40cm重量42kg
最高時速10km最高角度5度
第6位

アルインコ(Alinco)

ウォーキングマシン AFW3014

価格:46,015円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使いやすいシンプルウォーカー

ウォーキングからジョギングをメインとした最高時速6kmまでのウォーキングマシンです。2種類のプログラムを搭載しており、フィットネスに不慣れな方でも問題なく使えるシンプルな構成になっています。音声ガイド付きなのでビギナーの方でも安心ですね。

 

無理のない範囲で健康づくりやシェイプアップが出来るおすすめの健康器具です。

走行面積100*34.5cm重量34kg
最高時速6km最高角度2度
第5位

アルインコ(Alinco)

ウォーキングマシン AFW3914

価格:47,239円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ロングハンドルと低床設計

見やすい液晶パネルとタブレットスロットがついており、楽しみながらトレーニングができるルームランナーです。両サイドに大きなハンドルが付いており、音声案内も可能なので初心者の方や体力に自信のない方でも安心してエクササイズに取り組めます。

 

組立不要で届いたらすぐに使用でき、折りたたみ設計なのも嬉しいですね。清潔感のあるホワイトカラーも人気の理由となっています。

走行面積100*34.5cm重量32.5kg
最高時速6km最高角度0度
第4位

アルインコ(Alinco)

スタイルジョグ AFR1518

価格:79,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

床高9cmのコンパクトモデル

走行面が低いので乗り降りがスムーズに行え、踏み外したときの衝撃を抑えることが出来ます。パネルは確認したい項目が一目でわかるデザインになっており、タブレットトレーも設けられているため音楽や動画を楽しみながらランニングが可能です。

 

ウォーキングからジョギング、ランニングと様々な速度に合わせたトレーニングが出来ます。重量も42kgとルームランナーとしては軽量なので扱いやすいですが、傾斜が1度に固定されている点は注意しましょう。

走行面積120*45cm重量42kg
最高時速12km最高角度1度
第3位

株式会社スーパースポーツカンパニー

JOHNSON Tempo T82

価格:99,360円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

余裕を持ったエクササイズ

従来モデル(Citta T82)よりベルトサイズが12cm長くなり広々とランニングが行えるようになりました。IdealZoneクッションシステムにより騒音と振動を低減すると同時に、足腰への負担も和らげてくれますのでトレーニングを快適に続けることが出来ます。

 

本体は油圧式の折りたたみ構造になっており、使わないときに収納できるのも良いですね。キャスターも2箇所付いていますので少し動かしたいときでも簡単に移動させることが出来ます。

走行面積135*41.5cm重量76kg
最高時速15km最高角度10度
第2位

YouTen

BARWING ルームランナー

価格:135,728円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高性能かつスタイリッシュなデザイン

ベルトサイズ1400*510mmという業務用ルームランナーに匹敵するほどのゆったりとした走行スペースを備えているのが特徴です。最高時速は20km/hで傾斜は15度まで調整可能と家庭用トレッドミルとしては十分すぎるスペックを備えています。

 

速度と傾斜が自動で変化するプログラムはカスタマイズできますので、自分に合ったメニューで無理なくランニングを続けることが出来ます。高出力の大型モーターを内蔵しており、パワフルながら運転音が静かなのも魅力的ですね。

走行面積140*51cm重量77kg
最高時速20km最高角度15度
第1位

リーボック(Reebok)

JET100 トレッドミル

価格:123,997円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最高クラスの2馬力モーター搭載

スポーツ用品メーカーとして有名な「リーボック」の家庭用ルームランナーです。ラバーとエアークッションの組み合わせで優れた衝撃吸収性と防音性を備えています。スピード・傾斜ともに十分なスペックを備えており手元スイッチで簡単操作が可能です。

 

24種類のプログラムを備えており、個人の目標や身体能力に合わせたトレーニングを実現できます。大型ではありますが折りたたみ機構を備えており、ガス圧でアシストするため開閉も容易に行えます。

走行面積130*43cm重量76kg
最高時速16km最高角度12度

ルームランナーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5025609の画像

    リーボック(Reebok)

  • 2
    アイテムID:5025631の画像

    YouTen

  • 3
    アイテムID:5025642の画像

    株式会社スーパースポーツカンパニー

  • 4
    アイテムID:5025717の画像

    アルインコ(Alinco)

  • 5
    アイテムID:5025736の画像

    アルインコ(Alinco)

  • 6
    アイテムID:5025773の画像

    アルインコ(Alinco)

  • 7
    アイテムID:5025801の画像

    アルインコ(Alinco)

  • 8
    アイテムID:5025816の画像

    アルインコ(Alinco)

  • 9
    アイテムID:5025829の画像

    Jiayaofu

  • 10
    アイテムID:5025838の画像

    YouTen

  • 商品名
  • JET100 トレッドミル
  • BARWING ルームランナー
  • JOHNSON Tempo T82
  • スタイルジョグ AFR1518
  • ウォーキングマシン AFW3914
  • ウォーキングマシン AFW3014
  • プログラムランニングマシン
  • ルームランナー EXJ2115
  • ルームランナー
  • BARWING 高機能ルームランナー
  • 特徴
  • 最高クラスの2馬力モーター搭載
  • 高性能かつスタイリッシュなデザイン
  • 余裕を持ったエクササイズ
  • 床高9cmのコンパクトモデル
  • ロングハンドルと低床設計
  • 使いやすいシンプルウォーカー
  • 幅広い年代の方に対応
  • 届いたその日からトレーニング
  • コスパに優れたトレッドミル
  • 膝を痛めにくい走りをサポート
  • 価格
  • 123997円(税込)
  • 135728円(税込)
  • 99360円(税込)
  • 79990円(税込)
  • 47239円(税込)
  • 46015円(税込)
  • 39135円(税込)
  • 36980円(税込)
  • 34900円(税込)
  • 65700円(税込)
  • 走行面積
  • 130*43cm
  • 140*51cm
  • 135*41.5cm
  • 120*45cm
  • 100*34.5cm
  • 100*34.5cm
  • 110*40cm
  • 110*34.5cm
  • 113*41.5cm
  • 122*56cm
  • 重量
  • 76kg
  • 77kg
  • 76kg
  • 42kg
  • 32.5kg
  • 34kg
  • 42kg
  • 34kg
  • 46kg
  • 50kg
  • 最高時速
  • 16km
  • 20km
  • 15km
  • 12km
  • 6km
  • 6km
  • 10km
  • 10km
  • 16km
  • 16km
  • 最高角度
  • 12度
  • 15度
  • 10度
  • 1度
  • 0度
  • 2度
  • 5度
  • 3度
  • -
  • -

まとめ

自分の部屋をトレーニングジムにできるルームランナーは素晴らしい健康器具ですね。ついつい頑張りたくなりますが、オーバーワークはケガのもとになりますので張り切りすぎないよう注意する必要があります。自分の身体能力や目的に合わせて適切なトレーニングを行いましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ