記事ID137533のサムネイル画像

【2019年版】メンズスキーウェアの人気おすすめランキング10選

冬の醍醐味と言えるスキーですが、スキーウェアは必要不可欠になってきます。防寒はもちろんビジュアル面も非常に大事になってくるでしょう。ゲレンデや雪山を颯爽と降っていく自分の姿を想像した時どんなスキーウェアならしっくりくるのかを考えてみましょう。

スキーウェアで快適なスキーを

スキーには欠かせない存在であるスキーウェアですが、スキー用のウェアというだけあってスキーをするための環境を整えてくれます。また様々なスキーグッズと組み合わせることでさらなる快適さを実現することができます。

 

また多種多様なスキーウェアが登場している中、みなさんが想像しているであろうスキーウェアである大きめのダボっとしたタイプのものであったり、現在ではスポーティーかつスタイリッシュなタイプも出てきています。

 

自分の体型や好みに合ったものを選んで、楽しいそして快適なスキーライフを送りましょう。

メンズスキーウェアの選び方

スキーウェアの選び方としては様々な機能を考えなければなりません。もちろん寒い場所でするスポーツですから、それだけ身を削ってしまうこともあります。そんな影響を少しでも軽減し、快適に楽しめる環境を作らなければなりません。

性能で選ぶ

性能の部分は手を抜いてはいけません。自分の体に関わってくることなのでしっかり考えて購入を検討しましょう。いくつかポイントを紹介していきます。

保温性

何と言っても最大の敵は寒さです。寒さで縮こまってしまって楽しむことができず、結果風邪をひいてしまったなんて最悪ですよね。保温性が最も重要と言ってもいいかもしれません。暖かいというだけで一気にモチベーションが変わってくるものです。

 

しかし、保温性は数値として表すことが難しく、体感で感じるしか判別の方法がありません。それでも判断材料として使えるのが、中に使われる素材になってきます。羽毛などが使われていると保温性が高いのではないかと考えていいでしょう。

 

しかし、気をつけなければならないのが、羽毛は保温性に優れる反面温度の調整に劣ります。冬の極寒の中で時はいいかもしれませんが、」ある程度暖かいと暑すぎるなんてこともあり得ますので、その点注意してください。

透湿性

透水性は生地1平方メートルあたり24時間でどの程度の水分を外に出すことができるかつまり、汗を生地にどの程度透過させることができるかという基準です。どうしてもウェア内に熱を溜め込んでしまうので汗がこもってしまいます。

 

その結果ウェア内湿度が高くなり、不快感が高まってしまいます。快適にスキーを楽しむ上で重要な性能となってくるでしょう。そこで数値として透湿性を見ていくと透湿性の理想は24000gが必要となってきます。あくまでも理想なので20000gあれば十分でしょう。

 

汗まみれになる程激しいスポーツではありませんが、逆に少しの群がきになる人もいるはずです。そういった人は透湿性の高いウェアをおすすめします。

防水性

雪は溶けてしまうと水になります。その水は体内やウェア内の熱を奪ってしまいます。つまり、防水、耐水性はスキーウェアにとって非常に大事な性能となってきます。水がいかにウェア内に侵入してこないかが重要になってくるでしょう。

 

防水性のうは耐水圧性(耐水性)として数値化されます。これは1平方センチメートルあたりどの程度の水圧がかかっても水が浸透してこないかを示す数値です。この数値の理想は高ければ高いほどいいですが、最低10000mm以上のものを選びましょう。

 

この数値は徐々に減っていくと考えましょう。つまり、耐水性も永遠に効果を最大限発揮する訳ではないということです。しっかりと管理してなるべく長く使えるよに工夫しましょう。

種類で選ぶ

スキーウェアもどの層をターゲットにしているかで種類が変わってきます。デモ・基礎スキー向け、バックカントリー向けそしてレーシング向けと3つに分かれます。それぞれについて紹介していきます。

デモ・基礎スキー向け

いわゆるスキースーツといわれるもので、シルエットの美しさが重視されています。全体的にスタイリッシュでタイトな作りのものが多いです。デザイン重視ですが、値段が上がっていくと性能も充実してビジュアル性能ともに良くなってきます。

バックカントリー向け

デモ・基礎スキー向けのものよりも機能面で優れています。防水性、透湿性が高く快適なスキーができる上に、重量も軽く扱いやすいのが特徴です。しかし、保温性は低いため温度調節はアンダーウェアなどを通して補わなければなりません。

レーシング向け

レーシングということで身体の動きやすさを最も重視したスキーウェアとなっています。昨日もさることながら、保温性やストレッチングに長けており、ゆったりと切ることができます。しかし、値段が高く初心者の人には手が出しづらいものとなっています。

サイズで選ぶ

当たり前のことですが、自分のサイズに合わせたものを選ばなければ、それだけ動きづらいですし最悪の場合は怪我につながってしまいます。取り返しのつかないことになる前にしっかり自分の体を理解してから購入を検討しましょう。

 

サイズを選ぶ際のポイントとしては、少し大きめのものを選ぶという点にあります。転ぶことが多いスキーは少し大きめのものを着ておくことで、自分の体を守ってくれる役割を最大限に発揮してくれます。

 

衝撃などをダイレクトに受けてしまうぴったりサイズに比べてゆとりがあると、それだけ体に優しいということになります。自分の怪我を防ぐためです。しっかり考えてサイズを選びましょう。

メーカーで選ぶ

結局のところ、メーカーで選ぶ方が一番楽な方法ではないかと考えます。信頼されているそしてシェア率の高いメーカーをいくつか紹介していきます。

デサント

デサントです。デサントの特徴としては色使いに長けているという点にあります。そのため見栄えも良く、誰にでも好まれるウェアが多いです。色にこだわりたい人や探している色がないという人はデサントから探してみるのもおすすめです。

フェニックス

名前からしてかっこいいフェニックス。デザイン性が高く、競技シーン向けのウェアが多いことが特徴です。そのため玄人向きのメーカーと言えるでしょう。もちろんデザイン性の高さから一目惚れで買ってしまうなんてこともあるでしょう。

 

性能面でもしっかりとしているのでなんの問題もありません。ただし価格が高いものが多いことを考慮に入れておくべきでしょう。

ゴールドウィン

ゴールドウィンは機能性に優れたスキーウェアが多い印象です。軽量で保温性が高いものが多く、快適にスキーをしたいのであればゴールドウィンから選ぶと良いでしょう。きっと機能性抜群のウェアが待っているはずです。

ミズノ

ミズノは、肌触りがよく柔らかい生地のスキーウェアを多く輩出しています。着心地のいいウェアを求めているのであればミズノがおすすめです。また日本の企業らしくポケットの多さなど細かな配慮に富んでいるところも魅了でしょう。

メンズスキーウェアのおすすめランキング10選

第10位

ONYONE[オンヨネ]

メンズスキーウェア

価格:12,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コストバランスのとれたスキーウェア

耐水性は10000mmと平均的で、撥水加工も施された平均的な性能と言っていいでしょう。サイド、胸など全体的に収納ポケットを豊富に備えており利便性が高いと言えるでしょう。また細かな部分の調整なども行うことができます。

 

袖口のアジェスターやウエストの幅の調整を行うことができるのである程度のずれは調整できることがわかります。コストと性能のバランスが取れた扱いやすいスキーウェアということができるでしょう。

素材耐水性10000mm
透湿性特徴多機能ポケット
第9位

BLAN

スキーウェア デニム

価格:11,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

利便性も兼ね備えたスキーウェア

7パターンから選べるシンプルデザインを誇り、無地が揃ったワンピース型のウェアです。またデニム生地の物もあり、よりスキーシーンをおしゃれに彩ってくれます。デザインからスキーを楽しむことができるデザイン性に優れたウェアです。

 

ウインターシーンに欠かせない機能も充実しており、耐水性、透湿性、撥水性に優れた透湿防水素材を生地に組み込んでいるためレインウェア並みの性能を持っています。性能面でも安心できるウェアと言えるでしょう。

 

収納場所も多くグローブやちょっとした軽食も入れることができます。多機能多用途なポケットの存在がこのウェアの利便性を高めてくれています。スキーで使うのであれば、細めで選ぶことをお勧めします。

素材耐水性20000mm
透湿性2000g特徴デニム生地
第8位

ON・YO・NE

メンズ スキーウェア 上下セット

価格:14,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

細部までこだわったスキーウェア

雨や水を弾く耐水性10000mmの撥水加工が施されています。脱着フードでフードの取り外しができます。左袖口や左の内側など収納スペースを持っています。また袖口自体もマジックテープで収納することができるので、邪魔な場合はしまうことができます。

 

パンツの方はウエストアジャスタによってウエストの細かな調整をすることができます。パンツのサイドジップを開閉することでサイズの調整をすることができます。足口のスパッツで雪が足元に入ってくることを防ぎます。

 

グローブを履いたままでも開け閉めのしやすい引き手付きポケットもついており、簡単にグローブの取り出しができるので、ストレスフリーさを実現してくれます。細かなところまで配慮した設計になっています。

素材ポリエステル耐水性10000mm
透湿性特徴撥水加工
第7位

BLAN

スキーウェア

価格:11,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コストパフォーマンスに優れたスキーウェア

2018〜19年の新作モデルで上下2点セットのスキーウェアです。細部にまでこだわった機能性を誇り、ストレスフリーです。また透湿防水素材の採用により耐水性、透湿性、撥水性に優れています。最低限の機能を持っており安心です。

 

またシンプルでありながらもサイケデリックなデザインで一味違ったウェアを着ることができます。目立つデザインは、ゲレンデでも友人などからも見つけてもらいやすいというメリットもあります。

 

値段以上に秀でた性能を持っており、コストパフォーマンスも非常に高いと言えるでしょう。しかし、襟の部分の首や顎とのスレ具合が気になってしまうという問題点があるのでネックウォーマーをつけるなどしてカバーをすることがいいでしょう。

素材透湿防水素材耐水性20000mm
透湿性2000g特徴サイケデリックなデザイン
第6位

BLAN

スキーウェア 上下セット

価格:12,960円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ストレスフリーな設計

機能性に秀でたウェアであり、ストレッチ素材で伸縮する生地は着心地の良さを実現してくれます。さらに、耐水性、透湿性、撥水性にも優れたストレスフリーをとことん追求したスキーウェアと言えるでしょう。

 

2018年にリニューアルされたモデルで高いコストパフォーマンスを実現してくれています。またセットアップで売り出されており、上下ともにシンプルなデザインで柄が付いているものが苦手な人でもきやすい無地も用意されています。

 

耐水性によって水が内部に侵入することを防ぐので防寒対策としても十分ですし、密閉されたウェア内の環境も耐湿性の高さがゆえにすっきりした状況を保ってくれます。快適なスキーを実現してくれること間違いなしのウェアと言えるでしょう。

素材耐水性15000mm
透湿性2000g特徴撥水加工
第5位

デサント

メンズ スキーウェア 上下セット

価格:26,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

暖かさを追求したモデル

光を吸収して熱へと変換して保温性を高めてくれるHEATNAVI機能を搭載しており、防寒対策もしっかりと取られています。パンツはウエストの許容範囲は広く、サスペンダーの取り付け位置も調整可能です。自分の体型にあったカスタムができるのも魅力です。

 

バスケースやICチップポケットなど様々な用途に応じた使い方ができるポケットも採用しており、袖口や裾裏などにスノーゲーターがあるため雪がウェア内に入ってくる心配もありません。ヘルメットを被ったままフードを被れるフーデッドも採用しています。

 

カラーもイエローということでゲレンデでも目立つ色ですので、友人とのスキーの際にもすぐに合流することができるでしょう。また見た目もシンプルで非常にかわいいデザインとなっています女性ウケも間違いなくいいでしょう。

素材ポリエステル耐水性10000mm
透湿性4000g特徴HEATNAVI
第4位

MIZUNO(ミズノ)

スキーウェア

価格:25,593円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高級感漂うデザイン

極寒でも暖かさを保っていられるほどの保温性を有し、ジャケット自体も軽く機能性に優れていることがわかります。さらに、薄いのでゴアゴアした着心地は一切なくスムーズなスキーを楽しむことができます。

 

機能面では裾裏のスノーゲーターやウエストアジャストベルトなどストレスフリーでなおかつ自分の体形にあったスタイルに調整することができます。スポーティーなデザインはスキーのモチベションを上げてくれます。

 

まるで自分がプロの選手になったような気分にさせてくれるスポーティーかつ高級感の漂うスタイルです。プロになった気分でスキーを楽しむのはいかがでしょうか。

素材ポリエステル耐水性10000mm
透湿性特徴ブレスサーモPLUS
第3位

BLAN

スキーウェア 上下セット

価格:12,960円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

上下合わせて多様な機能搭載

2018〜19年の新作モデルのスキーウェアです。耐水性、透湿性、撥水性にも優れており、プリント部分の耐水性は10000mm、無地部分は20000mmとなっています。デザインと機能を両立したモデルで、保温性も快適で高パフォーマンスを発揮してくれます。

 

ジャケットの機能としてはZIPによる顎の擦れ防止やコードでフード周りの調整、サイドポケットそして手首カフや止水ジップなど様々な機能を取り揃えています。ジャケットだけでも十分な機能性を誇っていると言えます。

 

パンツの機能としてはベルクロによるウエストの調整やサイドポケットお尻の部分にシームテープを採用し濡れにくくなっています。また足元から雪の侵入を防ぐレッグパウダーガードも搭載しているので快適にスキーができます。

素材透湿防水素材耐水性20000mm
透湿性2000g特徴止水ジップ
第2位

phenix(フェニックス)

メンズ スキー ウェア上下セット

価格:23,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多機能かつ高性能なスキーウェア

ムレや結露からくる不快感を軽減してくれる透湿性も兼ね備え衣服環境を快適に保つことに優れたドライバリアーを持っています。また防風性もあり、風も通さない強固なスキーウェアになっています。

 

多機能繊維サンダーロンを使用し、保温を目的に改良した発熱素材を生かしたダイジェナイトサーモを採用しています。着用時に、体温を逃すことなく光や電波を吸収して発熱する二重効果を発揮しています。

 

静電気防止や消臭効果も擁しており、冬に悩まされる問題にとことん対策を施した多機能で高性能なスキーウェアとなっています。注意点としては金属アレルギーの人は着用できないという点です。

素材ポリエステル等耐水性10000mm以上
透湿性特徴肌面ドライ機能
第1位

VAXPOT(バックスポット)

スキーウェア 上下セット メンズ

価格:9,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

破格の値段設定

耐水性、透湿性にも優れ、さらに撥水加工も施されており安心設計となっています。ウェアの内側は綿で覆われており暖かさを持続してくれ、寒い冬には嬉しい保温性能も非常に高いと言えるでしょう。

 

値段もスキーウェアの相場を考えると破格の値段となっており、機能面に不安を覚える人もいるでしょうが、最低限の機能は備わっています。機能面を重視する人にはおすすめとは言えませんが、最低限の機能そして値段の安さを重視する人にはおすすめです。

 

デザインとしてはシンプルですが、高級感があるとは言えません。価格を抑えることに特化したウェアということです。初めてスキーウェアを購入する人が最初に着るものとしては最もベストな選択となるのではないでしょうか。

素材ポリエステル耐水性5000mm
透湿性3000g特徴撥水加工

メンズスキーウェアのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5025414の画像

    VAXPOT(バックスポット)

  • 2
    アイテムID:5025637の画像

    phenix(フェニックス)

  • 3
    アイテムID:5025498の画像

    BLAN

  • 4
    アイテムID:5025727の画像

    MIZUNO(ミズノ)

  • 5
    アイテムID:5025841の画像

    デサント

  • 6
    アイテムID:5025401の画像

    BLAN

  • 7
    アイテムID:5025555の画像

    BLAN

  • 8
    アイテムID:5025615の画像

    ON・YO・NE

  • 9
    アイテムID:5025463の画像

    BLAN

  • 10
    アイテムID:5025855の画像

    ONYONE[オンヨネ]

  • 商品名
  • スキーウェア 上下セット メンズ
  • メンズ スキー ウェア上下セット
  • スキーウェア 上下セット
  • スキーウェア
  • メンズ スキーウェア 上下セット
  • スキーウェア 上下セット
  • スキーウェア
  • メンズ スキーウェア 上下セット
  • スキーウェア デニム
  • メンズスキーウェア
  • 特徴
  • 破格の値段設定
  • 多機能かつ高性能なスキーウェア
  • 上下合わせて多様な機能搭載
  • 高級感漂うデザイン
  • 暖かさを追求したモデル
  • ストレスフリーな設計
  • コストパフォーマンスに優れたスキーウェア
  • 細部までこだわったスキーウェア
  • 利便性も兼ね備えたスキーウェア
  • コストバランスのとれたスキーウェア
  • 価格
  • 9999円(税込)
  • 23800円(税込)
  • 12960円(税込)
  • 25593円(税込)
  • 26990円(税込)
  • 12960円(税込)
  • 11800円(税込)
  • 14800円(税込)
  • 11800円(税込)
  • 12800円(税込)
  • 素材
  • ポリエステル
  • ポリエステル等
  • 透湿防水素材
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • 透湿防水素材
  • ポリエステル
  • 耐水性
  • 5000mm
  • 10000mm以上
  • 20000mm
  • 10000mm
  • 10000mm
  • 15000mm
  • 20000mm
  • 10000mm
  • 20000mm
  • 10000mm
  • 透湿性
  • 3000g
  • 2000g
  • 4000g
  • 2000g
  • 2000g
  • 2000g
  • 特徴
  • 撥水加工
  • 肌面ドライ機能
  • 止水ジップ
  • ブレスサーモPLUS
  • HEATNAVI
  • 撥水加工
  • サイケデリックなデザイン
  • 撥水加工
  • デニム生地
  • 多機能ポケット

まとめ

スキーには欠かせないスキーウェア。スキーウェアだけでも数多くのものが存在します。そのどれもメリットデメリットを持っており、自分にあったものを見つけて使っていくことが最もベストと言えるでしょう。

 

今回はランキング形式でおすすめを紹介しましたが、あくまでも参考程度に使ってもらって、最終的には自分に合ったものを見つける手助けとなれれば幸いです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ