記事ID137530のサムネイル画像

【走りが変わる】ミニバンタイヤのおすすめ人気ランキング10選

室内は広々で快適な空間を車の移動中にも私達に提供してるミニバン。その分重量は増加してふらつきが強くなったりデメリット面も生じてきます。それを解決してくれるのがミニバンタイヤ専用タイヤです。あなたのミニバン車のイメージを変えてくれるミニバンタイヤを紹介します。

タイヤが変われば性能も燃費も大きく変化してくれる

タイヤは車の脚として大きく役立ってくれます。どんな悪路でも、舗装された道でもタイヤがしっかりしていなければ不安定ですし、快適なドライブは実現しません。つまり、乗っている車に合ったタイヤを選ばなければならないのです。

 

どこに行っても、快適性を求めるならタイヤ選びが重要です。ミニバンは広い室内空間を作ることができます。しかしその反面で車重が重くなる上に、受けるエネルギーも大きく、不安定感を感じることが多くなります。

 

コーナー走行時や加速とブレーキを使う場合にはタイヤに対する負担は大きくなります。そのため負担を軽減させる仕組みがしっかりしている専用タイヤを選ぶようにしましょう。これからそれらの商品を紹介していきます。

ミニバンタイヤの選び方

車体の重さから考える

タイヤは燃費にも関わってきますし、ロードノイズが入らないミニバンタイヤもあります。自分が求めているタイヤを選んでいくコツを確認していきましょう。

重量のあるミニバンにこそ偏摩耗に対応するタイヤを選ぶ

基本的に重量の重いミニバンは左右への動きに弱いです。車輌自体への負担もタイヤへの負担も大きくなります。室内を快適な環境にするため、背高で重心を重くしています。座席位置も高くなっており、より不安になりがちです。

 

そのため、ミニバンが履くタイヤは外肩の摩耗が強くなっている状態になります。局所に負担がかかるということは、それだけで事故の原因やトラブルの元となりかねません。負担を少しでも軽くしてくれるタイヤを選びたいですよね。

 

外肩への負担だけでなくて、重量の重いためにふらつきやすいのもミニバンのデメリットになります。セダンから乗り換えた方は特にこのふらつき感を実感するでしょう。デメリット部分を改善することが重要です。

サイド部分のしっかりしたタイヤを選ぶ

ミニバンは横に傾きやすくなってしまいます。スピードがかなり出たままでコーナーを勢いよく曲がっていったりすると、その衝撃をもろに受けることになるでしょう。横転なんてことはよっぽどのスピードを出していないとないですが危険は伴います。

 

高速道路や強風が吹く日などでは、断然ミニバンタイヤで走行した方が走行時のストレスを感じず運転できます。それにはサイドウォールの「固さ」が関係してきます。タイヤの側面部分ですね。

 

横に傾きやすいのは車高が高く設定されているからです。そのため引っ張られるような形になってしまうのですね。これをロール現象と呼びます。固くタイヤのサイド面が作られているだと、横へのふらつきを抑制してくれて走行が安定します。

静音性の高さで選ぶ

旅行に出掛けて疲れて眠ってしまったりした時や、高速道路を走行中には静音性能が大きく関わってきます。静音性能にも注目してタイヤ選びしてみましょう。

ロードノイズを拾わないピッチ採用のタイヤ

走行音が耳障りと思って気にし始めると、すごく気になることってありませんか?ロードノイズと呼ばれる現象が生じている可能性があります。このノイズはタイヤが受けた振動をトランクやフロアへ伝達したことで発生します。

 

タイヤに静音性能を求めるのならば、「ロードノイズ」を低減させることが1つ重要になってきます。ノイズにも高・中・低周波の各ノイズがあります。ロードノイズの他にもパターンノイズというタイプも存在します。

 

高周波が共鳴する音を抑えてくれる溝内に消音器を取り付けたタイプのタイヤや、溝の配置や縁部分の形状、デザインなどを複数の箇所で工夫を凝らしたことで静音性能を向上させたタイヤなど様々なものが登場しています。

ノイズを吸収するタイヤ

走行時に生じるノイズを、積極的に軽減させるにはタイヤにも、静粛な空間を作れるタイヤを選ばなければなりません。それには、タイヤノイズの原因となる2種類のノイズタイプを理解しておかなければなりません。

 

タイヤから生じるノイズにもロードノイズとパターンノイズの2種類が存在します。パターンノイズはタイヤ接地時に生じる縦溝及び横溝を空気が流れる際に発生します。このノイズはスピードに左右されずらく、ヒューヒューと表現するような音です。

 

一方で、ロードノイズは「ドー」や「ガー」と表現されるような音です。低周波、中周波と呼ばれる音です。地面をたたく音にあたります。これらの2種類のタイプの音の出方の特性を理解して静粛対策を行っていかなければなりません。

メーカーで選ぶ

タイヤも販売を多数のメーカーから販売されています。ただし、販売しているのは全て日本の国内メーカーです。どういった特性があるのか見ていきましょう。

ブリヂストン

ブリヂストンはタイヤメーカー売り上げが世界で1位という驚異的な実績を長年継続しています。タイヤ以外にも「自転車」、「スポーツ用品」、「BSAM多角化」なども手掛け、開発及び生産する場所も世界26ヵ国にも及ぶ日本が代表する企業です。

 

ブリヂストンは、タイヤ販売メーカーとして長年に渡って様々なユーザーから愛用されています。豊富な経験と知識により、細かい部分にまで手を施されています。「快適性は足元から」という思いを見事に実現してくれます。

 

タイヤに求められていることは、車の重さを支える力、衝撃を軽減させるクッションの役割、方向の転換や維持が役割を求められていると言われています。そういった点をしっかりとサポートしてくれます。

ミシュラン

ミシュランは外国のメーカーで本社はフランスになります。2005年までは世界シェア第1位となっていたメーカーでもあります。その技術は自動車用タイヤの根幹を支えていると言われています

 

ミシュランといえば、ガイドブックの三ツ星レストランなど人気のお店を紹介しているレッドガイドブックを連想させる方も多い方もいるかもしれませんが、まさにそのガイドブックを出しているのがミシュランなのです。

 

ラジアルタイヤを初めて登場させたメーカーとしても有名です。このタイヤは、ステアリングを高さと耐摩耗性の向上という2つの性能に優れたタイヤです。つまり、走行性能を向上させた上で、タイヤが受ける摩擦に対しても向上を図っているのです。

ヨコハマタイヤ

ヨコハマタイヤは日本三大メーカー(ブリヂストン・ダンロップ)の1つに数えられるタイヤメーカーです。スポーツモデルのタイヤにも手掛けています。アドバン・ネオバはスポーツカーが走るサーキットなどで使用されているのをよく見ます。

 

また、国内メーカーの中でも早い段階で「低燃費」のタイヤに取り組んだことでも有名です。このシリーズはDNAシリーズと呼ばれヨコハマタイヤの主力製品になっています。ここから低燃費に火がついたとも言われています。

 

コストパフォーマンスもよく、ダンロップと並び、低価格ながらも良質なタイヤを数多く販売しています。コストパフォーマンスの良いタイヤをお探しなら、ヨコハマタイヤにも目を通しておいた方がいいでしょう。

燃費性能をアップさせるタイヤを選ぶ

燃費性能もタイヤ1つで大きく変化します。タイヤの溝の構造などが原因となっていることもあります。もちろんタイヤの空気圧を高めにすることで補える部分もありますが、完全ではありません。

 

重いミニバンタイヤは燃費を落とす要因になっています。そのために如何にして転がり抵抗を軽減させるかが重要です。転がり抵抗は走行時の圧力と車重によってタイヤが潰されることによって起こるのです。

 

つまり、空気が抜けかけたタイヤは自転車はこぐのが非常に大変なのと同じで転がり抵抗が働いているのです。この部分を解決するために各メーカーは変形を軽減させる構造のタイヤを製造しているのです。

ミニバンタイヤのおすすめ人気ランキング10選

第10位

TOYO

TRANPATH MPZ 195/60R16 89H

価格:7,207円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

特性に合わせた走りを提供してくれるタイヤ

ミニバンが求める走りを快適にしてくれるタイヤです。安定感のある走行を可能にしてくれます。ふらつき感を感じさせることもなく、しっかりとした走りをミニバンで実現してくれるタイヤです。

 

非対称の3本溝タイヤパターンやスーパーハイターンアップ構造で高速走行中に追い越したりする際のふらつきをしっかりと抑制してくれます。タイヤの接地面積を大きくしたり工夫がなされています。

 

スーパーハイリターンアップ構造とは、プライコードの巻き上げを高くすることにより剛性能を向上させたものです。また、燃費性能をアップさせる低燃費トレッドコンバウンドグリップと摩耗チェーンが付いていたりとハイスペックなミニバンタイヤです。

耐摩耗性能低燃費性能
静粛性乗り心地
第9位

BRIDGESTONE

低燃費タイヤ Playz PX-RV 195/65R15 91H

価格:11,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

燃費性能を考えたタイヤ

低燃費タイヤとは、日本自動車タイヤ協会の定めたグレーディングシステムで安全性及び低燃費の両方が一定以上の値に達したタイヤをさします。これらは厳しい基準をクリアして低燃費タイヤを名乗れるということなのです。

 

詳細についてですが、グレーディングシステムの転がり抵抗が「AAA」、「AA」、「A」のいずれか、またウエットグリップ性能も「a」「b」「c」「d」を超える数値となってきます。この両方をクリアするのはなかなか難しいのです。

 

ちなみに転がり抵抗とは走行中にタイヤが受けてしまうエネルギーをさします。これに転がり抵抗係数の式に組み込んで計算するのです。抵抗係数はタイヤの荷重に対しての転がり抵抗のことです。ブリヂストンの強みといえる分野です。

耐摩耗性能低燃費性能
静粛性乗り心地
第8位

横浜タイヤ

BluEarth RV-02 195/65R15 91H

価格:7,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

重量のあるミニバンにも安心して履けるタイヤ

基本的なミニバンに対しての性能を持っていて、一定基準をクリアした上でウエット性能に力が注がれたモデルのタイヤです。ミニバンは他車種と比較して重い車です。制動距離がどうしても長くなりがちです。

 

そういったミニバンのデメリットを改善してくれるのに一役買ってくれます。雨天時の制動距離を短縮してくれます。それだけのウエット性能が高められているのです。抜群のウエット性能が車の急ブレーキにも対応してくれます。

 

このタイヤの素材には、ナノブレンドゴムが採用されたいます。素材の特徴として、低燃費性能を高めてくれて、ウエット性能も向上させてくれます。また、パターンノイズ抑制に強いのも特徴です。

耐摩耗性能低燃費性能
静粛性乗り心地
第7位

MICHELIN

プライマシー3

価格:11,551円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

上質な運転ができるようになる

アクティブコンフォートを取り入れたミシュランのタイヤです。音はノイズが入らなく、とても静かです。ミシュランというと固いイメージを持っている方もいるかもしれませんが、程よい固さで、固すぎるということはありません

 

価格帯は他のものと比べると高価になっていますが、それに見合った上質さがこのタイヤにはあります。このミシュランのタイヤは、どんなシチュエーションでも快適な運転を楽しめるでしょう

 

素材は、フルシリカコンパウンドを採用しており、分子間の摩擦抵抗は少ない特性があり、転がり抵抗が少なくなっているタイヤです。これのおかげでエコ性能も向上し、1つだけ特化したモデルではないのが伺えます。上質なタイヤです。

耐摩耗性能低燃費性能
静粛性乗り心地
第6位

横浜タイヤ

BluEarth RV-02 195/65R15 91H

価格:7,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ミニバン、特にHVと最適なタイヤ

RV-02は非常に接地面がフラットにできており、実質接地面が大きく成り立っています。最初は思うようなハンドルさばきができない感覚になるかもしれませんが、徐々に慣れてくるでしょう。それほど設置感が強いのです。

 

また、サイド面も他のタイヤと比べ固く、重量と高さのあるRV車を意識しての作りでしょう。走行距離が200キロメートルを超えても、高速安定性、静粛性、ふらつき、集中豪雨での排水性と標準タイヤを大きく超えています。

 

燃費性能に関しては、若干悪くなるということもありますが、気にするほどのことでもないというレベルでしょうか。走る曲がる止まるという基本性能を向上させてくれるミニバンタイヤの新定番です。

耐摩耗性能低燃費性能中~低
静粛性乗り心地
第5位

BRIDGESTONE

ECOPIA NH100RV 195/65R15

価格:10,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

燃費性能に優れたシリーズ

燃費性能が高くて評判のエコピアからミニバンタイプが登場しています。安全性能をもうワンランクアップさせています。転がり抵抗や摩耗寿命比較でも性能向上値が非常に高いのが特徴です。

 

ウエット性能とライフ性能、低燃費性能が高いレベルまで達することができています。「剛性コントロールシート」、「エコ効きもちゴム」、耐摩耗最適化形状などが絶妙に調和しているおかげです

 

タイヤの側面部が損傷を受けづらく、ミニバン専用の設計なので、大人数で乗って出かける際にでもふらつきにくいようブロック倒れ込み抑制効果と耐偏摩耗性のアップを図っています。これで大人数でも安心ですね。

耐摩耗性能低燃費性能
静粛性乗り心地
第4位

DUNLOP

ENASAVE RV504 205/60R16

価格:9,220円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

静かに走行できるタイヤ

静粛性は高く快適な走行が実現します。転がり抵抗も少なくて、値段も安く手を出しやすいです。ノアなどのミニバンにも最適です。長期間運転を続けても、問題なく乗り続けられると評判です。

 

このタイヤの特徴は、剛性分布を最適な形にした新パターンで作られており、耐摩耗性能の向上に成功しています。ミニバンが求めるニーズに応えてくれるタイヤに仕上がっています。経済的にも安心な耐摩耗・耐偏摩耗性能があります

 

また、偏摩耗やふらつきをしっかりと抑えてくれて、ミニバンタイヤとしては適したタイヤと言えます。更に4D NANO DESIGNを取り入れた新配合であるので発熱を抑え抵抗を軽減してくれます

耐摩耗性能低燃費性能
静粛性乗り心地
第3位

GOODYEAR

EAGLE RV-F 175/60R16 82H

価格:7,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アメリカ製のタイヤメーカー

元々はモータースポーツ界で名をはせたタイヤメーカーです。アメリカ製のタイヤメーカーでミシュランやブリヂストンと並ぶ大手企業です。アジアでは住友ゴムに製造・販売を提携していましたが、解消されグッドイヤーが日本グットイヤーを傘下としています。

 

そのシェア率と人気はかなりのものです。それを支えるのは耐久性及び燃費性能が非常に良いというところにあります。アメリカでは、超ロングな距離を走る現状があります。そのため、すぐにダメになってしまってはいけなかったという背景が関わっています。

 

年間走行距離が10000キロメートルを超える運転をする方にはメリットの多いタイヤと言えるでしょう。また、計算された溝構造のおかげでノイズの低減にもつながっています。静粛性も期待できるでしょう。

耐摩耗性能低燃費性能
静粛性中~高乗り心地
第2位

BRIDGESTONE

REGNO GRVII 195/65R15 091H

価格:11,400円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

まるで車内がリビングのような空間に

このタイヤの大きな特徴は静粛性にあります。音楽や会話といったものが穏やかにしっかりと聴こえるのです。ミニバンの車内は快適な空間へと変貌を遂げます。快適な運転と室内空間をあなたに届けてくれます。

 

このサイレントテクノロジーは評判も上々です。舗装道路によっても載っている方の感覚でも異なりますが、舗装されていないガタガタの道以外は問題なく静かなフロア空間を作ることが可能です。

 

また、ハンドルへの応答もスムーズなので、乗心地もとてもいいです。他社とは比較できない程気に入っているユーザーもおり、乗り心地+静音性+エコタイヤの三拍子揃ったミニバンタイヤです。

耐摩耗性能中~高低燃費性能
静粛性乗り心地
第1位

TOYO

TRANPATH ML 205/60R16

価格:11,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ミニバンタイヤで大人気。ふらつきをしっかり抑えてくれる

ミニバンタイヤの中でも非常に人気のあるトーヨータイヤのトランパスです。トランパスはミニバン専用のタイヤとして販売されています。最初の販売から24年を経過するベストセラーです。

 

スーパーハイターンアップ構造は通常のタイヤより高い位置まで引き上げることでしなやかさと横剛性を高めることに成功しています。その他にも数々の技術力がトランパスを支えています。

 

レーンチェンジの車体のユラユラかんも抑えてくれ、コンパウンドには超低燃費ポリマーを採用して転がり抵抗を低減してくれます。耐摩耗性能も高くトータルバランスとして非常に良いタイヤに仕上がっています。

耐摩耗性能低燃費性能
静粛性乗り心地

ミニバンタイヤのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5031753の画像

    TOYO

  • 2
    アイテムID:5031749の画像

    BRIDGESTONE

  • 3
    アイテムID:5031739の画像

    GOODYEAR

  • 4
    アイテムID:5031727の画像

    DUNLOP

  • 5
    アイテムID:5031709の画像

    BRIDGESTONE

  • 6
    アイテムID:5031683の画像

    横浜タイヤ

  • 7
    アイテムID:5031666の画像

    MICHELIN

  • 8
    アイテムID:5031579の画像

    横浜タイヤ

  • 9
    アイテムID:5031455の画像

    BRIDGESTONE

  • 10
    アイテムID:5031447の画像

    TOYO

  • 商品名
  • TRANPATH ML 205/60R16
  • REGNO GRVII 195/65R15 091H
  • EAGLE RV-F 175/60R16 82H
  • ENASAVE RV504 205/60R16
  • ECOPIA NH100RV 195/65R15
  • BluEarth RV-02 195/65R15 91H
  • プライマシー3
  • BluEarth RV-02 195/65R15 91H
  • 低燃費タイヤ Playz PX-RV 195/65R15 91H
  • TRANPATH MPZ 195/60R16 89H
  • 特徴
  • ミニバンタイヤで大人気。ふらつきをしっかり抑えてくれる
  • まるで車内がリビングのような空間に
  • アメリカ製のタイヤメーカー
  • 静かに走行できるタイヤ
  • 燃費性能に優れたシリーズ
  • ミニバン、特にHVと最適なタイヤ
  • 上質な運転ができるようになる
  • 重量のあるミニバンにも安心して履けるタイヤ
  • 燃費性能を考えたタイヤ
  • 特性に合わせた走りを提供してくれるタイヤ
  • 価格
  • 11600円(税込)
  • 11400円(税込)
  • 7600円(税込)
  • 9220円(税込)
  • 10300円(税込)
  • 7700円(税込)
  • 11551円(税込)
  • 7700円(税込)
  • 11800円(税込)
  • 7207円(税込)
  • 耐摩耗性能
  • 中~高
  • 低燃費性能
  • 中~低
  • 静粛性
  • 中~高
  • 乗り心地

まとめ

ミニバンタイヤは多くの種類が販売されており、人によって自分の求めるタイプがきっと異なるでしょう。ですので、特性を理解してどこに重点を置くのかしっかりと考えてミニバンタイヤ選びをするといいでしょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ