記事ID137529のサムネイル画像

【メーカー別に徹底比較】軟式グローブのおすすめ人気ランキング10選

野球をやっている方にとって、グローブは野球道具の中でも中心的な役割を担います。しっかりとした守備を行いたいのであれば、ある程度グローブにもこだわっていかなければなりません。今回は、軟式グローブにおいての選ぶ基準やおすすめを厳選しました。参考にしてください。

軽快で軽やかな守備を実現させてくれる相棒

軟式グローブは、少年野球から中学野球、大人になってからの草野球など幅広い場で活躍しています。特に、中学までの部活動においては軟式で使用することがほとんどなので、登場機会も多いといえます。

 

硬式グローブとは異なり、あまり硬くはなく皮も硬式グローブと比較して薄めです。デザインや作りに関しては、ほとんど同じです。プロ野球選手と同じモデルもたくさん販売されているので、自分の好きな選手のグローブを使用するのも嬉しいですね。

 

グローブは野球をする上で要なので、自分の守るポジションや手に馴染むものを使わなければいけません。実際に手にして触れてみたりボールをとってみることで感触がわかってくるので、様々なグローブをみて手を入れてみましょう。

軟式グローブの選び方

守備位置で選ぶ

あなたはどこを守っていますか?「○○用」と記載があるのは作りを、その守備位置で守りやすくしてあるからです。しっかりと見合ったグローブを選びましょう。

守備の要、キャッチャーミット

キャッチャーは全体を見渡す守備の要です。毎球ピッチャーから投げてくるボールを受けなけらばならず、確実にキャッチする必要があります。それでいて、盗塁時の2塁送球やバント処理など素早い持ち換えもしなければなりません。

 

つまり、力のある早い球を取り続けられる耐久性と、ポケットはあまり深くなく、且つボールがキャッチしなくてもスッとボールが入ってくるキャッチ性能を兼ね備えたグローブがキャッチャーミットには求められているのです。

 

キャッチャーミットを選ぶ際には、そういった部分に目を向けてみましょう。最初、硬いと思うようなグローブでも、キャッチャーミットの場合、受けるボールの数が多いので自然と柔らかくなってきます。

大飛球もしっかりとキャッチしてくれる外野手用グローブ

外野手用のグローブは、もっとも大きいサイズのグローブになります。ポケットも深めに設計されているものが多いです。指の入る部分も長くなっているので、上を超すような大飛球でも手が届く確率を上げてくれます

 

外野手のプレイを考えてみても、数センチ高さが足りず、上を越されてしまうケースが多々みられます。その「数センチ」をカバーしてくれるのが外野手用グローブが評価されるポイントなのです。

 

また、ゴロに関しても片手で捕球して素早く投げなければならず、内野手用と比べ深いポケットである必要があり、片手捕球でもボールを逃さないことも可能にしてくれるグローブを選びましょう。

コンマ何秒の世界をアシストする内野手用グローブ

内野手は、素早い持ち換えを行いキャッチして、スローイングまでを一連の動作でスムーズに行わなければなりません。野球のレベルが高くなればなるほど、動作がわずかに遅れるだけでアウトになりません。

 

それなので、ショート・セカンドは特にですが、基本的には浅めポケットがいいでしょう。そして手の感覚に近い小さめのグローブを選ぶとよりスピーディーな動きでもボールをキャッチしたまま動くことが可能になります

 

しかし、内野手用といっても、サード、ショート・セカンド、ファーストで作りが異なります。より細かく守備位置が決まっているのであれば、それらの各ポジション専用グローブを選びましょう。

メーカーで選ぶ

グローブメーカーは近年、新しいメーカーも出てきていますが、昔から愛されている老舗メーカーも存在します。それぞれ独自理念があるので確認しておきましょう。

グローブメーカーとして定番!老舗メーカーのミズノ

ミズノはスポーツ用品のメーカーです。スキーや、水泳、陸上用シューズなど幅広い分野で商品を開発・販売をしており、その実績も各スポーツの中で評判が非常に高いです。日本で生まれた会社です。

 

野球用品の中でも、ビヨンドマックスという軟式用のバットは、ゴムを芯の部分に取り付け飛距離が格段にアップしました。これまでの軟式用バットの常識を覆す製品となっています。ミズノは新しい製品開発にも余念がないのです。

 

その中で、ミズノの軟式グローブというと、グローブ販売シェアでトップクラスを誇り、様々な野球選手から愛用されています。スポーツ用品店に行けば必ずといっていいほど、どこにでもミズノ製品は置いてあります。

プロ野球選手にも愛用者が多い久保田スラッガー

久保田スラッガーも、日本発祥のメーカーです。プロ野球選手にも愛用者が多く、西武ライオンズの辻選手が使用していたことでも有名です。その辻選手を参考にして、シリーズ化して販売も行っています。

 

その他にも、元西武ライオンズの中島選手モデルや、阪神タイガースの鳥谷選手も愛用していたことで有名で、各選手のモデルグローブも販売されています。信頼のおけるグローブメーカーですね。

 

また、製品が開発されている場所は、プロ野球選手のものでも一般の方用でも同じ皮で、同じ様に作成しているので、その品質は本物です。1つ1つ手作りなので、それぞれに個性がありますので、型付けをお店で行ってもらうか自分でじっくり型を作りましょう。

海外メーカーで定着したローリングス

ローリングスは、アメリカ発祥のメーカーです。野球の本場、メジャーリーグの中でも使用している選手が多くいます。型自体もアメリカ仕様でフィット感のあるグローブであるのが特徴です。

 

アメリカ製であり大量生産されています。よく目にすることも多いかと思います。大型スポーツ用品店に行けば、必ずと言っていいほど置いてあることが多いです。MLBでは「ローリングス・ゴールドグローブ賞」で表彰するほどメジャーリーグとの結びつきが強いのです。

 

メジャー選手に憧れている方にはおすすめです。現役選手の300人以上と契約している実績もありますので、きっとお目当ての選手のグローブモデルと出会える確率が高いです。製品ラインナップも価格帯も豊富なので選ぶのにも非常に嬉しいですね。

利き腕で選ぶ

利き腕がどちらなのかによっても選ぶグローブが異なってきます。基本的な型は右投げ用も左投げ用も変わりません。しかしながら、キャッチャーミットで左投げ用は少なかったり、守るポジションにより、差が生じているのです。

 

ポジションがピッチャーなのか、内野手なのか、それとも外野手なのかで形も大きさも変わってきます。まずは、自分の利き腕がどっちなのかを考えましょう。サード、ショート、セカンドでは左利きで守るのはステップするのもワンステップ多くなります

 

左利きの選手が多いポジションは、ピッチャー、ファースト、外野手となります。どうしても投げる際に逆ステップをしなけらばならず、左利きは不利な点が多いです。自分の利き腕がどちらなのかはポジションを決める強い要因です。

軟式グローブのおすすめ人気ランキング10選

第10位

ハタケヤマ

キャッチャーミット 軟式 TH288VA

価格:19,008円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャッチャーミットと言えばこのメーカー

キャッチャーミットとして絶大な人気を誇るハタケヤマです。ソフトバンクの甲斐捕手も使用していることで、最近では有名です。ただ、昔から各野球選手からの信頼も厚く愛されてきました。

 

型は硬めで、まず柔らかくするのに時間がかかります。その分、耐久性は高く仕上がった後は、いい形を長年に渡りキープしてくれます。ハタケヤマ「THシリーズ」のキャッチャーミットは全体的に深めのポケットとなっています。

 

もし、ポケットが深めのキャッチャーミットをお探しであれば、このミットは欠かさずチェックしてみてもいいでしょう。人差し指部分に独自の革を採用したことでキャッチングの際にかかる人差し指への負担を軽減してくれるのも特徴です。

利き手右投げ用ポジションキャッチャーミット
タイプ大きめ、深めポケット
第9位

SSK(エスエスケイ)

軟式ミット 軟式スーパーソフト SF833

価格:9,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者がまず使ってほしいキャッチャーミット

SSKから販売されているファーストミットです。ファーストは、際どいぎりぎりの球もしっかりと捕球できなければなりません。そのためには、ガチガチに硬いミットでは捕球が難しく、柔軟に対応できるものが必要です。

 

このファーストミットは非常に柔らかく、スムーズな捕球ができファーストミット使い始めに適したグローブと言えるでしょう。まさに初心者にうってつけです。価格も手が届きやすい価格帯なのも嬉しいですね。

 

素材にはソフトスムースレザーを採用しており、この柔らかさを実現しています。スチームなどで型付けを行う方もいますが、グローブの劣化を早めることになります。柔らかいこちらのファーストミットなら型付けのみで十分実践で使用できます

利き手右投げ用ポジションファースト
タイプ柔らかい
第8位

久保田スラッガー

軟式グラブ KSN-25PS

価格:18,965円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヨコトジ仕上げで人気のモデル

内野手用のグローブでありますが、主にショート、セカンドでのプレイで活躍するグローブです。内野ポジションの中でも特に要であるショート、セカンドにおいて、十分な動きを演出できるように作られています

 

ポケットは俊敏なボールさばきができるように浅めに作られていて、ショート、セカンドが求める「捕球から送球までの動作」をスムーズに再現してくれます。まるで素手のようなグローブさばきが体感できるでしょう。

 

また、久保田スラッガーのグローブは息をしていると言われます。それは通常だとグローブにコーティングを行うのですが、久保田スラッガーグローブには行われていません。使えば使うほど味のあるグローブが完成し、手に良く馴染んでくるのです。

利き手右投げ用ポジションショート、セカンド用
タイプ小さめ、ポケット浅め
第7位

ZETT

軟式野球 ソフトステア BRGB35930

価格:8,640円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

M球ボールにも対応するオールラウンドモデル

オールラウンドモデルでどこでも使用可能なグローブです。素材もオール天然革を採用し、非常に柔らかいです。柔らかいグローブではありますが、長年使用していっても型崩れを起こしにくいのも特徴です。

 

手に馴染みやすく、初めてグローブを検討している時におすすめできます。右投げ用と左投げ用が販売されており、左投げ選手では外野手のポジションから、内野手全般のポジションと幅広く対応できるのがポイントです。

 

また、新しい規格のM球ボールにも対応しており、新しいモデルのグローブです。M球ボールは縫い目がしっかりとしており、ボールが指に掛かりやすいのと、A球と比べて弾まず重い印象があります。

利き手右投げ用(左投げ用も有)ポジションオールラウンド
タイプ大きめ、やや深め
第6位

アシックス

軟式グラブ 大谷選手使用イメージモデル ゴールドステージ BGRSH3-OS-SW2

価格:28,955円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アシックスから販売される大谷翔平モデルのグローブ

大谷翔平に憧れる野球選手は多いのではないでしょうか?そんな大谷翔平選手と同じタイプのグローブが販売されています。小指の辺りを広めに設計することで関節の動きを妨げないようになり開閉がよりスムーズになります。

 

また、親指部分と小指部分に軽量の芯を採用したことで、約45%の軽量化に成功しました。スピーディーなグローブさばきが実現します。アシックスのラベルが親指部分付近にきているのも通常グローブと異なり格好いいです。

 

ピッチャー用は網の部分からボールの握りが見えないように、しっかりと隠せる網となっており、ストレートなのか変化球なのかわからないようにしてくれます。ピッチャーはメンタル部分も重要な要素なので、大谷翔平モデルを使用して気持ちを高めましょう。

利き手右投げ用ポジションピッチャー
タイプ軽量
第5位

UNDER ARMOUR

軟式グローブ 1313814

価格:14,040円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロ野球選手にも人気のアンダーアーマーのグローブ

設立も浅い会社ながらもプロ野球選手にも愛用者が多く、人気があります。私達がよく目にするようになったのは、アンダーシャツではないでしょうか。ぴっちり密着するタイプのアンダーシャツとして、着用する人が増加しました。

 

夏場は速乾性が非常に高く、冬場は身体の熱を上手くコントロールしてくれて、2℃の気温下でもアンダーアーマーのコールドギアを着用すれば、運動ができると謳っていました。2000年代から野球用品として浸透してきたメーカーです。

 

エントリーモデルのこちらのグローブは革が柔らかく、手に馴染みやすいのでアンダーアーマーのグローブを使ってみたいと思っている人におすすめです。価格帯も手が出しやすいのでいいですね。

利き手右投げ用ポジション外野手
タイプやや大きめ、スタンダード
第4位

Wilson

軟式野球用 グローブ DUAL D1S 83 WTARBRD1S83

価格:19,014円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エラーを減らすグローブ

このウイルソンから販売されているグローブにはデュアルテクノロジーというものが採用されています。まだまだ、日本では浸透していませんが、メジャーリーガーで使用されているグローブではほとんどが採用されているのです。

 

ポイントとしては、見てすぐわかるのは、デュアルにはハミダシが2本あります。ハミダシが2本としたことでグローブに強度を付けることができるようになりました。簡単な言い方をすれば、骨が2本になったのと同じなのです。

 

また、通常取り出してみることはできませんが、内袋が自然とポケットに入るようにラウンドしているのです。そうすることで、強い打球がグローブの指付近に当たった時も打球に負けず捕球できるようになるのです。

利き手右投げ用ポジションピッチャー
タイプデュアル技術採用
第3位

Rawlings

軟式用 HOH® GOLD GR8FHG2AF

価格:21,492円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐久性が高い革を採用したグローブ

3色の革カラーを使用して作られた限定モデルのグローブです。耐久性がしっかりとしており、長期的に使用していって味が出てきます。草野球においてもピッチャー以外のポジションであれば使用可能です。

 

革はきめ細かく柔軟性があるHOHを使用し、厚くて丈夫です。HOHは生後3~6ヶ月の成牛革を使っています。このこだわり抜いた仕様のグローブであるため、非常に使用者からも人気が出ています。

 

メジャーリーグの選手にも多く愛用者がおり、ローリングスグローブの代名詞とも呼べるようなグレードとなります。価格帯も幅が広いので、しっかりとグローブの感触を確かめて選ぶようにしましょう。

利き手右投げ用ポジションキャッチャー
タイプ3色カラー、耐久性重視
第2位

ミズノ

グローバルエリート 1AJGR70700

価格:34,559円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

両投げ用のグローブ

ミズノから両方の手で投げられるグローブが販売されています。わざわざグローブを付け替えることがなく使用できるようになりました。実際にもメジャーリーガーの投手に両投げピッチャーが存在します。

 

ピッチャーとして、新たな才能を開花させる一途になってくれるグローブです。右でも左で投げてもストライクが入る、両方とも肩がいいといった可能性を秘めた方がいるのであれば、是非とも手に取って確かめて頂きたいグローブです。

 

グローバルエリートのグレードは、ミズノプロの下にあたります。素材の特徴として、柔らかく、軽い点にあります。デメリットとしてはへたりが速い点にあります。しかしながら、その扱いやすさから敢えてグローバルエリートを使用する選手もいます。

利き手両投げ用ポジションピッチャー
タイプ左右兼用ウエブ、ポケットが深め
第1位

ミズノ

ミズノプロ スピードドライブテクノロジー BSS 内野手用

価格:32,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スピーディーなプレイを可能にするミズノ最高峰グローブ

内野手が勝負したい時に、勝負できるグローブです。ボールを捕球し、送球までのスピードを如何に早くするのかがキーとなります。スピーディーな動作を実現するために開発されたグローブがこのスピードドライブテクノロジーなのです。

 

そのために余計な重量は削って軽量化が実現されています。軽く無駄のないプレイを行えるのもポイントです。重心についても内野手が捕球する態勢を徹底的に研究し、バランスの取りやすい重心となっています。

 

また、手に馴染む柔らかめの革でフィット感もいいです。長く使用して守備を上手くなりたい方、経験のあるベテランプレイヤーにもおすすめです。グローバルエリートと比較しても高価になりますが、それだけ支払う価値のあるグローブでしょう。

利き手右投げ用ポジション内野手用
タイプ持ち換え重視、ポケット浅め

軟式グローブのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5029440の画像

    ミズノ

  • 2
    アイテムID:5029439の画像

    ミズノ

  • 3
    アイテムID:5029438の画像

    Rawlings

  • 4
    アイテムID:5029437の画像

    Wilson

  • 5
    アイテムID:5029436の画像

    UNDER ARMOUR

  • 6
    アイテムID:5029435の画像

    アシックス

  • 7
    アイテムID:5029434の画像

    ZETT

  • 8
    アイテムID:5029433の画像

    久保田スラッガー

  • 9
    アイテムID:5029200の画像

    SSK(エスエスケイ)

  • 10
    アイテムID:5029195の画像

    ハタケヤマ

  • 商品名
  • ミズノプロ スピードドライブテクノロジー BSS 内野手用
  • グローバルエリート 1AJGR70700
  • 軟式用 HOH® GOLD GR8FHG2AF
  • 軟式野球用 グローブ DUAL D1S 83 WTARBRD1S83
  • 軟式グローブ 1313814
  • 軟式グラブ 大谷選手使用イメージモデル ゴールドステージ BGRSH3-OS-SW2
  • 軟式野球 ソフトステア BRGB35930
  • 軟式グラブ KSN-25PS
  • 軟式ミット 軟式スーパーソフト SF833
  • キャッチャーミット 軟式 TH288VA
  • 特徴
  • スピーディーなプレイを可能にするミズノ最高峰グローブ
  • 両投げ用のグローブ
  • 耐久性が高い革を採用したグローブ
  • エラーを減らすグローブ
  • プロ野球選手にも人気のアンダーアーマーのグローブ
  • アシックスから販売される大谷翔平モデルのグローブ
  • M球ボールにも対応するオールラウンドモデル
  • ヨコトジ仕上げで人気のモデル
  • 初心者がまず使ってほしいキャッチャーミット
  • キャッチャーミットと言えばこのメーカー
  • 価格
  • 32400円(税込)
  • 34559円(税込)
  • 21492円(税込)
  • 19014円(税込)
  • 14040円(税込)
  • 28955円(税込)
  • 8640円(税込)
  • 18965円(税込)
  • 9990円(税込)
  • 19008円(税込)
  • 利き手
  • 右投げ用
  • 両投げ用
  • 右投げ用
  • 右投げ用
  • 右投げ用
  • 右投げ用
  • 右投げ用(左投げ用も有)
  • 右投げ用
  • 右投げ用
  • 右投げ用
  • ポジション
  • 内野手用
  • ピッチャー
  • キャッチャー
  • ピッチャー
  • 外野手
  • ピッチャー
  • オールラウンド
  • ショート、セカンド用
  • ファースト
  • キャッチャーミット
  • タイプ
  • 持ち換え重視、ポケット浅め
  • 左右兼用ウエブ、ポケットが深め
  • 3色カラー、耐久性重視
  • デュアル技術採用
  • やや大きめ、スタンダード
  • 軽量
  • 大きめ、やや深め
  • 小さめ、ポケット浅め
  • 柔らかい
  • 大きめ、深めポケット

まとめ

軟式グローブといっても幅広く商品ラインナップがあります。どれを購入するか迷うこともあると思います。この記事を参考にして、自分のタイプ、ポジション、利き手などを考えて長く使用できるグローブと出会えればいいと思います。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ