記事ID137521のサムネイル画像

【2019年最新版】ドライブレコーダーのおすすめ人気ランキング10選

事故の証拠を残すことができるドライブレコーダー。最近は、駐車監視機能が標準搭載のケースも増えました。目の届かないところで起きるトラブルを防ぎたい人にはおすすめです。今回は、駐車監視機能が搭載されているドライブレコーダーのおすすめ商品を選び方と一緒に紹介します。

トラブルを避けるためにも慎重に選びたい

自動車に乗るからには事故や何らかのトラブルに巻き込まれる可能性はゼロではありません。だからこそ、自分のできる範囲で事故やトラブルの未然予防対策をしておく必要があります。

 

その第一歩としておすすめなのが、ドライブレコーダーです。様々な種類がありますが選んでおきたいのが駐車監視機能が付いたドライブレコーダーです。駐車監視機能が付いていれば、自動車を運転している間の映像を記録してくれるのはもちろん車を駐車している時も何かしらの方法で監視してくれます。

 

自宅の車庫やガレージに駐車している人はもちろん駐車場を契約して駐車している人も、防犯の面で安心することができます。それを考えると、駐車監視機能が標準搭載されているドライブレコーダーは魅力的だと言えるでしょう。

駐車監視機能付きドライブレコーダーの選び方

駐車監視機能が付いているドライブレコーダーは、種類も多く魅力的な商品がたくさんあります。そのため、各メーカーも特徴的なデザインや機能をプラスして他と差別化しています。どんなポイントに気を付けながら選べばいいのか見ていきましょう。

一体型と分離型の2つのタイプから選ぶ

駐車監視機能付きのドライブレコーダーには、モニター一体型とモニター分離型の2つがあります。ドライブレコーダーを設置した時の見た目はもちろん、使いやすさも違ってきます。どちらが自分にぴったりなのかチェックしましょう。

モニターとカメラがセットの一体型

モニターとカメラがセットの一体型は、駐車監視機能付きドライブレコーダーでは主流です。設置が簡単なのはもちろん、シガーソケットに差し込めば使うことができるので面倒な配線も必要ありません。何より値段も手頃でお財布に優しいです。

 

ただ、一体型はフロントガラスの面積をとってしまうので視界が狭くなりやすいという注意点があります。年々、コンパクトなサイズにはなってきていますがこの部分は購入する前に事前に頭に入れておきたい点でもあります。

カメラが別の場所に設置できる分離型

モニターとカメラが別々の分離型は、商品数は一体型と比べると少ないですがそれなりに人気です。本体は車のダッシュボードに置くため、熱が原因のトラブルも一体型に比べると起きにくいです。

 

分離型の駐車監視機能付きドライブレコーダーは、カメラを設置する場所を自分で決めることができるのも嬉しいポイントです。ドライブレコーダーを設置しているか分かりにくいので駐車監視機能を活用したい人にはおすすめです。

映像がどれだけはっきり記録できるか

駐車監視機能付きドライブレコーダーを選ぶ上で大切なのが、映像のクオリティの高さです。映像がはっきり記録できるドライブレコーダーを選べば、駐車する時間が長い夜も安心することができます。

カメラの画素数や最大解像度はどれくらいか

駐車機能付きドライブレコーダーで記録された映像のクオリティが高ければ高いほど、事故が起きた時や駐車している時に起きたトラブルへの対処もしやすくなります

 

機能の充実さばかりに注意が向いてしまい、なかなかカメラの画素数や最大解像度をチェックせずに商品を選んでしまうケースも少なくありません。気になる商品のカメラのスペックは細かく比較してどれを選ぶか決めるようにしましょう。

どんなロケーションでもくっきり映るか

駐車監視機能付きドライブレコーダーを設置して走行したり駐車したりするとなれば、あらゆるロケーションでもくっきり映像を記録できるスペックの商品を選びたいものです。

 

トンネルの中での走行や夜間の駐車、逆光の中での走行や日差しが当たる向きで駐車した時などあらゆるロケーションでも映像がしっかり記録されないと駐車監視機能付きドライブレコーダーを付けてよかったとはなりにくいです。

画角はどれくらい広いかで選ぶ

駐車監視機能付きドライブレコーダーを選ぶ時に忘れないでおきたいのが、画角の広さで選ぶことです。画角とは写真や映像が映る幅のことをいい、画角が広いほど映る範囲は広くなります

 

事故が起きた瞬間や駐車時にトラブルが起きた瞬間を記録するのが目的の駐車監視機能付きドライブレコーダーは、画角が広いものを選ぶのがおすすめです。中でも、108度以上の画角のものを選べば証拠映像をより正確に分かりやすく記録することができます。

駐車監視はどんな方法で行われるか

駐車監視機能付きドライブレコーダーの駐車監視は、どんな方法で行われるかも知っておきましょう。仕組みを知っておけば、安心して駐車した自動車から離れることもできますね。

衝撃や振動を検知したら監視する

衝撃や振動を検知したら監視を開始するタイプは、嫌がらせやイタズラに合った時の証拠映像として提出することができる優れものです。

 

例えば、自動車を短時間駐車している間に自動車の窓ガラスを割られたり自動車を揺さぶったりした時も犯人が全く誰か分からないということもありません。これまで被害に遭ったことがある人あるいは、これから防犯対策を強化したい人はこの方法の仕組みを知っておきましょう。

電源がオフになってから自動で監視する

中にはドライブレコーダーの電源がオフになってから、自動で駐車監視機能がスタートするものもあります。電源がオフになってから決まった時間録画できるものや、長時間録画が可能なものなど商品によって異なります。

 

自動車に乗る機会が少ない人は、駐車監視機能メインで使いたいとなると長時間録画ができる商品を選ぶようにするのがおすすめです。

役立つ機能は付いているか

駐車監視機能付きドライブレコーダーを選ぶ時は、その他の機能も見ておきましょう。メインでは使わない機能でも、この機能が付いていて助かったという日が来る可能性も十分あります。

GPS機能が搭載されているか

GPS機能が駐車監視機能付きドライブレコーダーに搭載されているかは、チェックしておきたいポイントです。慣れていない場所で事故が起きた時や駐車中にトラブルがあった時、正確な場所は正確に覚えておくことは難しいものです。

 

そんな時に役立つのがGPS機能です。GPS機能があれば、記録された映像と照らし合わせながら事故やトラブルを確認することができます。ただ、カーナビ他を自動車に付けている場合は電波の干渉が起きてしまう可能性もあります。

ファイルを自動ロックする機能

駐車監視機能付きドライブレコーダーによっては、Gセンサー搭載でファイルを自動ロックするものもあります。この機能は、映像として事故が起きた時やトラブルが起きた時の証拠を残したデータが上書きされたり消失してしまったりするのを防止してくれます

 

そのため、駐車監視機能付きドライブレコーダーを付けていたのに肝心のデータが手元に残っていなかったということもありません。

安全運転ができるサポート機能

安全運転ができるようにサポートしてくれる機能を搭載した駐車監視機能付きドライブレコーダーも中にはあります。サポート内容は、車線からはみ出しそうになった時や前方の車が接近してきた時などにセンサーが反応しドライバーに知らせてくれるというものです。

 

この機能は、搭載している商品の方が少ないです。プラスであったらいいなと思う人はチェックしてみるといいでしょう。

駐車監視機能付きドライブレコーダーのおすすめ人気ランキング10選

第10位

ナガオカ

MOVIO MDVR104FHD

価格:4,180円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超軽量な無難なデザインが魅力

最大4時間録画可能なこちらの駐車監視機能付きドライブレコーダーは、超軽量でシンプルなデザインが人気を呼んでいます。

 

モニター自体は小さいですが、映像自体はSDカードをパソコンに差し込めばしっかり確認できるので問題ありません。駐車監視機能は振動や衝撃に対して反応するので、さまざまな機能を求めずに最低限の使い心地を求めたい人にはぴったりでしょう。

タイプ一体型画素数-
最大解像度1080P、720P画角 広角170°度
GPS-駐車監視タイプ常時録画モード
その他機能Gセンサー機能・上書き録画重量-
第9位

JVC

GC-DR1 ドライブレコーダー

価格:12,499円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ダブルカードスロットでデータを手軽にコピー

データを細かく管理したい人におすすめなのが、こちらの駐車監視機能付きドライブレコーダーです。ダブルスロット搭載なので、駐車中のデータもきちんとコピーして保管することができます

 

初めてドライブレコーダーを使う人にはこちらの商品はおすすめです。画面のサイズも2.7インチと大きめなので、戸惑うことなく活用できるでしょう。

タイプ一体型画素数340万画素
最大解像度1920×1080画角水平約:121°/垂直約:59°/対角約:141°
GPS駐車監視タイプ常時録画モード・イベント録画モード・駐車録画
その他機能安全運転サポート機能・LED信号機対応重量104g
第8位

パナソニック

ドライブレコーダー CA-DR02SD

価格:19,882円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ナビの画面で確認できるから安心

駐車監視機能付きドライブレコーダーのこちらの商品は、何か駐車中に振動や衝撃を感知したらナビの画面で知らせてくれる仕組みです。そのため、自動車から安心して離れることができます。

 

また、こちらの商品はナビと連携して使用することができるので対応のナビを持っている場合はこちらを購入すると駐車監視機能は特に心配する必要もないでしょう。

タイプ一体型画素数200万画素
最大解像度1920×1080画角水平115°/垂直65
GPS-駐車監視タイプ常時録画モード・手動録画・振動や衝撃を感知したらナビでお知らせ
その他機能ノイズ対策・LED信号機対応重量499g
第7位

ケンウッド

ドライブレコーダー DRV-340

価格:11,733円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトさが特徴的!

一体型でコンパクトな駐車監視機能付きドライブレコーダーは、こちらがおすすめです。画素数も207万画素なので、綺麗な映像を録画することも可能です。

 

駐車監視機能に関しては、電源を切ってから約25分程度録画することもバッテリーが内蔵されているので可能です。ちなみに、衝撃や振動を感知すれば10秒程度動画を録画することもできるので安全性も高いです。

タイプ一体型画素数207万画素
最大解像度1920×1080画角水平100°/垂直52°/対角111°
GPS駐車監視タイプ電源を切って25分程度録画可能・衝撃や振動を感知すれば10秒程度録画可能
その他機能LED信号機対応重量63.5g
第6位

パイオニア

前後2カメラ ドライブレコーダー VREC-DS500DC

価格:26,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本体は小さくて運転の邪魔にならないから◎

分離型の駐車監視機能付きドライブレコーダーといったら、こちらがおすすめです。本体は3インチなので運転席とフロントガラスの距離が近くても邪魔にならないサイズです。また、セットになっているカメラは車の好きな位置に設置できます。

 

ちなみにカメラは防水・防塵タイプなので丈夫なため長期的に使用したい人にはおすすめです。駐車してから振動を感知した場合は、前後合計30秒の映像を自動録画し保存するので防犯面も安心できます。

タイプ分離型画素数200万画素
最大解像度1920x1080画角広角120度
GPS駐車監視タイプ常時録画・手動録画・振動を検知後の前10秒後20秒を自動録画して保存・手動録画
その他機能ノイズ対策・LED信号機対応 重量998g
第5位

ケンウッド

前後撮影対応 2カメラドライブレコーダー DRV-MR740

価格:24,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

前方後方どちらも録画できるから安全性も高い

前方と後方のどちらも同時録画できるこちらのドライブレコーダーは、最近多いあおり運転でのトラブルの瞬間もきちんと録画してくれます。駐車監視機能を使用する場合は、車載電源ケーブルCA-DR150(別売り)を購入しましょう。

 

こちらの駐車監視機能は、自動起動設定も付いているので使い勝手もいいです。例えば、5分間自動車が動かず振動を感知しない場合は駐車とみなし駐車監視が始まります。また、衝撃や動体を検知した場合は検知前と検知後それぞれ5秒間を録画し保存することができます。

 

タイプ一体型(リアカメラ付き)画素数200万画素
最大解像度1920×1080画角水平約100°/垂直約52°/対角約111°
GPS駐車監視タイプ常時録画・手動録画・衝撃やレンズ範囲内を最大24時間監視可能・衝撃感知で前後5秒ずつ計10秒を録画保存
その他機能安全運転サポート機能・ノイズ対策・LED信号機対応重量104g
第4位

apeman

ドライブレコーダー 1080P Full HD

価格:3,598円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

基本的な機能×高画質を求めるならこれ!

ドライブレコーダーには駐車監視機能はもちろん、基本的な機能がついているものを求めるならこちらの商品がおすすめです。デザインもスタイリッシュで、録画中はスクリーンセーバーが起動し録画画面は見えなくなるので安全運転をしやすくなります

 

駐車監視機能は、緊急事態ロック機能があり万一の事故時も大切な録画データを保護してくれるので安心です。また、衝撃を感知すれば電源が自動的に入って30秒動画を録画する仕組みになっているのでおすすめです。

タイプ一体型画素数1200万画素
最大解像度1920×1080P画角広角170度
GPS-駐車監視タイプ衝撃を感知したら30秒録画
その他機能緊急事態ロック・スーパー暗視機能重量299g
第3位

コムテック

前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR-015

価格:21,470円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ノイズ対策がされていて駐車監視機能の解除もできる

GPS搭載のこちらの駐車監視機能付きドライブレコーダーは、ノイズ対策がきちんとされているので購入してからすぐノイズのトラブルで悩まされることもありません。

 

別売りの駐車監視・直接配線コードを購入すれば、駐車監視機能も使用可能です。この商品で便利なのが、都合に合わせて一時的に駐車監視機能を解除することができることです。風が強いところや立体駐車場などの振動が強いところでは一時的に解除も可能です。

 

事故やトラブル後の衝撃で新たに映像を録画しないようにする緊急録画停止機能もあるので、レッカー車で運ばれている途中の映像など不必要な録画を抑えることができます。衝撃感度も11段階に調整できるので便利です。

タイプ一体型(リアカメラ付き)画素数200万画素
最大解像度1920x1080画角フロントカメラ:水平115° 垂直58°(対角145°)、リアカメラ:水平112° 垂直84°(対角140°)
GPS-駐車監視タイプ衝撃を感知したら前後録画や常時録画・駐車監視モードパス機能・ワンタイム駐車監視モード
その他機能緊急録画停止機能・安全運転サポート機能重量33g
第2位

VANTRUE JAPAN

24時間監視 ドライブレコーダー T2

価格:14,990円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マイクロ波で24時間監視できるドライブレコーダー

駐車監視機能に特に力を入れているドライブレコーダーでおすすめなのがこちらです。マイクロ波を使用していて、24時間動体や衝撃を高いレベルで検知してくれます。また、不審者が近づくと警告灯が付き相手を威嚇してくれます。

 

車線が多い道路を走行しても、多彩レンズを搭載しているので綺麗な映像を録画することができます。暗い夜道や逆光といったロケーションでも心配ありません。また、熱への対策も十分されていて高温だと70度以上になれば自動的に電源が切れるようになっています。

 

別売りにはなりますが、GPS機能もプラスできる商品も販売されています。

 

タイプ一体型画素数-
最大解像度1920×1080P画角広角160度
GPS別売駐車監視タイプ常時録画・マイクロ波で検知したものを自動録画・警告灯で不審者に威嚇
その他機能暗視機能重量499g
第1位

Anero

ドライブレコーダー WDR (ブラック)

価格:5,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カメラ2台付きでコスパ良し!

コストパフォーマンスもある程度気にしたいけど、駐車監視機能などの防犯面は手薄になりたくないという人におすすめなのがこちらのドライブレコーダーです。前後カメラが付いていてリアカメラはバッグモニターにもなります

 

カメラのサイズもコンパクトなので、フロントの視覚が狭くなる心配もありません。フロントカメラの広角は、ドライブレコーダーとしては十分な170度なので事故やトラブルなどが起きた時もバッチリ証拠映像として活躍することができるでしょう。

 

Gセンサー機能搭載なので衝撃や振動が起きると自動録画してくれるため、駐車監視機能面でも安心です。また、暗い場所に行くと自動的に映像を明るくしてくれるスーパー暗視機能や衝撃検知して自動的にファイルをロックする機能など機能面がとにかく充実しています。

タイプ一体型(リアカメラ付き)画素数1800万画素
最大解像度1920*1080P/640X480P画角広角170度
GPS駐車監視タイプ衝撃を感知したら自動で録画・動体検知
その他機能LED信号対応重量-

駐車監視機能付きドライブレコーダーの商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5032456の画像

    Anero

  • 2
    アイテムID:5032536の画像

    VANTRUE JAPAN

  • 3
    アイテムID:5032648の画像

    コムテック

  • 4
    アイテムID:5032658の画像

    apeman

  • 5
    アイテムID:5032910の画像

    ケンウッド

  • 6
    アイテムID:5032974の画像

    パイオニア

  • 7
    アイテムID:5033001の画像

    ケンウッド

  • 8
    アイテムID:5033019の画像

    パナソニック

  • 9
    アイテムID:5033022の画像

    JVC

  • 10
    アイテムID:5033034の画像

    ナガオカ

  • 商品名
  • ドライブレコーダー WDR (ブラック)
  • 24時間監視 ドライブレコーダー T2
  • 前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR-015
  • ドライブレコーダー 1080P Full HD
  • 前後撮影対応 2カメラドライブレコーダー DRV-MR740
  • 前後2カメラ ドライブレコーダー VREC-DS500DC
  • ドライブレコーダー DRV-340
  • ドライブレコーダー CA-DR02SD
  • GC-DR1 ドライブレコーダー
  • MOVIO MDVR104FHD
  • 特徴
  • カメラ2台付きでコスパ良し!
  • マイクロ波で24時間監視できるドライブレコーダー
  • ノイズ対策がされていて駐車監視機能の解除もできる
  • 基本的な機能×高画質を求めるならこれ!
  • 前方後方どちらも録画できるから安全性も高い
  • 本体は小さくて運転の邪魔にならないから◎
  • コンパクトさが特徴的!
  • ナビの画面で確認できるから安心
  • ダブルカードスロットでデータを手軽にコピー
  • 超軽量な無難なデザインが魅力
  • 価格
  • 5980円(税込)
  • 14990円(税込)
  • 21470円(税込)
  • 3598円(税込)
  • 24500円(税込)
  • 26990円(税込)
  • 11733円(税込)
  • 19882円(税込)
  • 12499円(税込)
  • 4180円(税込)
  • タイプ
  • 一体型(リアカメラ付き)
  • 一体型
  • 一体型(リアカメラ付き)
  • 一体型
  • 一体型(リアカメラ付き)
  • 分離型
  • 一体型
  • 一体型
  • 一体型
  • 一体型
  • 画素数
  • 1800万画素
  • -
  • 200万画素
  • 1200万画素
  • 200万画素
  • 200万画素
  • 207万画素
  • 200万画素
  • 340万画素
  • -
  • 最大解像度
  • 1920*1080P/640X480P
  • 1920×1080P
  • 1920x1080
  • 1920×1080P
  • 1920×1080
  • 1920x1080
  • 1920×1080
  • 1920×1080
  • 1920×1080
  • 1080P、720P
  • 画角
  • 広角170度
  • 広角160度
  • フロントカメラ:水平115° 垂直58°(対角145°)、リアカメラ:水平112° 垂直84°(対角140°)
  • 広角170度
  • 水平約100°/垂直約52°/対角約111°
  • 広角120度
  • 水平100°/垂直52°/対角111°
  • 水平115°/垂直65
  • 水平約:121°/垂直約:59°/対角約:141°
  • 広角170°度
  • GPS
  • 別売
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 駐車監視タイプ
  • 衝撃を感知したら自動で録画・動体検知
  • 常時録画・マイクロ波で検知したものを自動録画・警告灯で不審者に威嚇
  • 衝撃を感知したら前後録画や常時録画・駐車監視モードパス機能・ワンタイム駐車監視モード
  • 衝撃を感知したら30秒録画
  • 常時録画・手動録画・衝撃やレンズ範囲内を最大24時間監視可能・衝撃感知で前後5秒ずつ計10秒を録画保存
  • 常時録画・手動録画・振動を検知後の前10秒後20秒を自動録画して保存・手動録画
  • 電源を切って25分程度録画可能・衝撃や振動を感知すれば10秒程度録画可能
  • 常時録画モード・手動録画・振動や衝撃を感知したらナビでお知らせ
  • 常時録画モード・イベント録画モード・駐車録画
  • 常時録画モード
  • その他機能
  • LED信号対応
  • 暗視機能
  • 緊急録画停止機能・安全運転サポート機能
  • 緊急事態ロック・スーパー暗視機能
  • 安全運転サポート機能・ノイズ対策・LED信号機対応
  • ノイズ対策・LED信号機対応
  • LED信号機対応
  • ノイズ対策・LED信号機対応
  • 安全運転サポート機能・LED信号機対応
  • Gセンサー機能・上書き録画
  • 重量
  • -
  • 499g
  • 33g
  • 299g
  • 104g
  • 998g
  • 63.5g
  • 499g
  • 104g
  • -

まとめ

今回は、駐車監視機能が付いているドライブレコーダーの選び方と人気商品をランキング形式で紹介しました。ドライブレコーダーに自分自身が何を求めているかによって、魅力的に思う部分は違います。走行中にしても、駐車している時にしても何かあった時に心強い味方になってくれるドライブレコーダーは慎重に選ぶようにしましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ