記事ID137504のサムネイル画像

【2020年最新版】名作ゲーム信長の野望の人気おすすめランキング10選

歴史シミュレーションゲームの原点とも言える、信長の野望シリーズですが、歴史がとても長いシリーズのため、どの信長の野望が面白いのか、どれから始めたいいのかが難しい人も多いでしょう。そんな信長の野望をランキング形式で紹介していきます。

信長の野望の魅力

信長の野望シリーズは、1983年に株式会社光栄マイコンシステム(後に「光栄」→「コーエー」→現コーエーテクモゲームス)が発売した、日本の戦国時代をテーマとした歴史シミュレーションゲームのシリーズです。

 

日本でも特に人気のある武将の織田信長を主役にしたことや、戦術に内政、軍備の要素を取り入れた当時としては斬新なゲーム性などにより、日本のゲーム市場において「歴史シミュレーション」というゲームジャンルが確立されました。

 

シリーズの世界累計出荷数は2018年時点で1000万本を突破しており、基本的なことは変わらずとも、35年以上の歴史を誇りさまざまなハードで発売されてきたことで、新要素も満載な信長の野望シリーズをランキングにして紹介していきます。

信長の野望の選び方

信長の野望シリーズは、さまざまな作品が出ているため選ぶのも大変です。その中から自分にあった信長の野望の選び方を紹介していきます。

ハードで選ぶ

信長の野望シリーズは35年以上の歴史を誇っているだけあり、さまざまなハードで発売されています。皆さんの持っているハードでも発売されている可能性は高いです。

パソコン

信長の野望シリーズが初めて発売されたのは、1983年3月30日に発売された「信長の野望」で、パソコンで遊べるゲームとして発売されました。

 

信長の野望シリーズは、常にパソコン版が先行しそれを移植してコンシューマーゲーム版が作成されてきているので、いち早く信長の野望がやりたい人は、パソコン版で遊ぶことをおすすめします。

 

また、初期の移植では、パソコンよりもファミコンなどのハードの性能が低かったこともあり、同じタイトルであっても、一部武将や城が削減されていることが多かったので、しっかりと削減されていない初期のオリジナルがやりたい場合もパソコン版がおすすめです。

プレイステーション

過去のハードでも出ていた作品のリメイクも多く、ファミコンやスーパーファミコンに比べて容量が増えたことで、いろいろな部分で改良されているので、過去の作品をやってみたい人にはプレイステーション版の信長の野望がおすすめです。

 

2018年12月3日には、「プレイステーションクラシック」が発売されたので、昔プレイステーションでハマった信長の野望シリーズがある人は、まだハードを持っている人はもちろん、持ってない人はハードを買って懐かしいゲームをプレイしてみてください。

プレイステーション2

プレイステーション2が発売される前までの家庭用ゲーム機は、パソコンに比べると容量が少なく、信長の野望がパソコンから移植される時に削られてしまう部分などがありました。

 

しかしプレイステーション2は家庭用ゲーム機としては凄い容量を持つハードであったため、パソコンからの移植もスムーズにできるようになりました。パソコンと同じくらいのゲームがやりたいときはプレイステーション2や、それ以降のハードで遊んでみましょう。

ニンテンドー3DS

家だけではなく、持ち運んで信長の野望で遊びたいという人は、ニンテンドー3DSがおすすめです。

 

現在の携帯ゲームは、ハードの性能もとても高いのでしっかりとやり込める要素は多く、出先で少し時間が空いたときなどに、少しずつゲームを進めていくのも良いでしょう。

 

基本的に3DS版の信長の野望はDS版に新要素をプラスした作品なので、DS版が面白かったと言う人は、3DS版で遊んでみるのも良いのではないでしょうか。

プレイステーション4

現在、最高の性能を持つハードで信長の野望を遊んでみたい人や、やっぱりゲームやるなら最新のシリーズをやってみたい、という人はプレイステーション4の信長の野望で遊んでみてください。

 

凄く美しいグラフィックや、映画を見ているようなムービーなどで信長の野望の世界により入り込むことができるでしょう。

全国統一の国数や城数で選ぶ

信長の野望の中には、シンプルで少ない時間で遊べるものから、全国統一するのにとても時間がかかる作品まで、数多くあります。

 

時間がたくさんある人や、シミュレーションゲームのやり込み要素が好きな人は、たくさんの国や城を統一しないとクリアできないシリーズを、手軽に遊びたい人は少ない国や城を統一すればクリアできるシリーズを遊んでみるのも良いでしょう。

新しい要素で選ぶ

信長の野望シリーズは、シリーズが進むにつれて新しい要素が追加されていたり、逆にあまり人気がなかった要素が削られていたりします。

 

面白そうな要素があるシリーズを選んで遊んでみると、自分に合った信長の野望シリーズを見つけることができるでしょう。中にはほかの人からは不評で削られてしまった要素でも、自分には合っているという要素もあるかもしれません。

 

面白そうに思えるな、と思えるような要素が入った信長の野望を見つけることができたら、迷っている時間がもったいないので、是非遊んで確かめてみましょう。

スピンオフ作品を選ぶ

本編の信長の野望はもちろん面白いのですが、関連作品やスピンオフ作品にも面白いものが数多くあります。

 

織田信長と同じくらい人気の武将である豊臣秀吉(木下藤吉郎)のサクセスストーリーを追体験する「太閤立志伝」や、ポケモンとコラボした「ポケモン+ノブナガの野望」、信長の野望シリーズ30周年記念作品のネオロマンスゲーム「下天の華」などがあります。

 

信長の野望を遊びつくしてしまった人は、スピンオフ作品に手を出してみるとまた新しい楽しさを体験できるでしょうし、ちょっと違った信長の野望も体験してみたいという人は、是非スピンオフ作品で遊んでみてください。

 

信長の野望おすすめランキング10選

第10位

コーエー

信長の野望 リターンズ

価格:4,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ここから信長の野望が始まった

「信長の野望リターンズ」は、1999年1月22日に発売された「信長の野望シリーズ」の第1作目のリメイク作品です。ゲームの目的は大名家の当主となり、内政で勢力拡大を繰り返して他の勢力を合戦で討ち滅ぼし全17国を支配下に治め全国統一することです。

 

能力、災害イベント、敵国行動のランダム性により繰り返しプレイしても全く同じ展開にはならず長く楽しめる事などで、歴史上の人物として国盗り合戦を行う歴史シミュレーションゲームの確立され、誰でもスグに覚えられるシンプルな操作方法で人気となりました。

 

この信長の野望リターンズの変更点としては、ポリゴンで表現された大名の顔グラフィックが常に表示されていることや、音楽はオーケストラ演奏のCD-DAとMIDIから選択可能なこと、序盤のバランスも若干厳しめに設定されていることなどがあります。

発売日1999/1/22ハードPC、PS、SS
全国統一17か国新要素顔グラフィック
第9位

コーエー

信長の野望 天翔記

価格:5,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

緊張感ある作品

「信長の野望・天翔記」は、1994年12月に発売されました。PC-9801版が発売された後、さまざまなパソコン機種や家庭用ゲーム機などに移植されましたが、スーパーファミコン版は容量の関係で、内容が大幅に違います。

 

前作に比べて、城の数が214と非常に多くなり(スーパーファミコン版は120)、国取りの要素が前作の「覇王伝」以上に薄れた事で一つの国に複数の大名家が混在している状態が珍しくはなく、一般的には知名度の低い大名家が新たに多数登場しています。

 

本作は軍団制によって従来の戦国シミュレーションゲームにありがちだった中盤以降の中弛みや作業感を大幅に減らし、且つ油断しているとあっという間に勢力図が書き換わるという緊張感を盛り込むことに成功しているのが魅力です。

 

 

発売日1994/12ハードPC、SFC、SS、PS、PSPなど
全国統一214の城新要素軍団制
第8位

コーエーテクモゲームス

信長の野望2

価格:5,008円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気の作品のリメイク

「信長の野望2」は、「烈風伝withPK」をベースに開発された「信長の野望DS」のさらにアップグレード版です。全国にある64の本城を全て支配するか、32以上の本城を支配し征夷大将軍になった状態で他の全大名家と同盟を結ぶかでクリアとなります。

 

もともと「烈風伝withPK」は内政を売りにした作品だけあり、内政システムは高評価で、ゲーム全体の完成度も高かったため、グラフィックなどは変わったいたものの、それほど手を加えずにDS版は発売されていました。

 

そのDS版に、新たに「山崎合戦」「群雄集結」のシナリオの追加や、登場武将も100名追加され、システム面ではニンテンドー3DSの「すれちがい通信」に対応してプレイヤー同士でエディット作成した新武将や新家宝の交換が可能になっているのが3DS版です。

 

発売日2015/8/6ハード3DS
全国統一64の本城新要素すれ違い通信
第7位

コーエー

信長の野望 蒼天録

価格:755円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

下剋上

「信長の野望・蒼天録」は、2002年6月28日に発売されました。本作ではシリーズでは初めて、大名以外の身分でもプレイできるようになりました。主人公に選択できるのは大名と軍団長と城主の3種類です。

 

毛利元就のいう「謀多きは勝ち、少なきは負ける」を地で行く内容。謀略と根回しで、合戦が始まる前に勝利を決定付ける戦略好きプレイヤーにはたまらない作品になっています。乗っ取りや、評定で思い通りの結果を出す、影の支配者など遊び方も多彩です。

 

あらかじめ設定されたカスタマイズを遊ぶ「特撰カスタマイズ」が登場。一種のショートシナリオだが、上級者向けの「苦労三昧」はただでさえ難しいのに、全国統一に加え、全ての諸勢力を落とさなければクリアにならないなど上級者も楽しめます。

 

 

発売日2002/6/28ハードPC、PS2、PSP
全国統一150の城新要素軍団長と城主でプレイ
第6位

ポケモン

ポケモン+ノブナガの野望

価格:2,127円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポケモンとコラボ

「ポケモン+ノブナガの野望」は、2012年3月17日発売の人気ゲームである「ポケットモンスター」と「信長の野望」がコラボした作品で、株式会社ポケモンとコーエーテクモゲームスによって共同制作されています。

 

「ランセ地方」には17の国が存在し、ポケモンと心を通わせることができる「ブショー」達が覇権を争っています。主人公は、ハジメの国のブショーリーダーとして、ランセの滅亡を目論むといわれるノブナガを筆頭とするブショー達と、イクサを繰り広げていく。

 

ゲームは基本的にポケモン同士をマス目の上を動かして戦わせる「イクサ」がメインです。システムはシンプルで複雑な要素も無く、1戦あたりの所要時間も短いため、信長の野望のようなシミュレーションゲームに慣れていない人にも入りやすい作品です。

発売日2012/3/17ハードDS
全国統一17の城新要素ポケモン
第5位

コーエー

信長の野望 全国版

価格:5,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

対象地域が全国に

「信長の野望・全国版」は、1986年に10月に発売されました。前作のマップを踏襲した範囲が織田信長を中心とした近畿・中部の17国モードと、タイトル通りに、全国を舞台にした50国モードがあります。

 

全大名を選択できるようになり日本全国の様々な大名を主人公にプレイできるようになったことや、各大名の顔グラフィックが登場。台風や、飢饉、暗殺などイベントごとにアニメーション静止画も表示されるようになりました。

 

また、隠しイベントとして歴史イベントの「本能寺の変」が用意されており、これが好評だったためか、以降の作品にも歴史イベントは受け継がれています。基本的にシンプルな操作性であるため、初心者でも遊びやすい信長の野望です。

発売日1986/10ハードPC、FC、SFC、MD、PSなど
全国統一50か国新要素歴史イベント
第4位

コーエーテクモゲームス

信長の野望・創造with パワーアップキット

価格:10,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

30周年記念作品

「信長の野望・創造with PK」は、2013年12月12日に発売された「信長の野望シリーズ」の第14作で、同作品の30周年記念作品。シリーズで初めて、PC版と家庭用ゲーム機版(PlayStation 3版)が同時発売されたことでも話題となりました。

 

本作のテーマは「新時代の創造」で、武将個人よりも勢力をクローズアップしており、勢力を特徴付ける「創造性」や「主義」などの概念が導入され、自分なりの勢力、さらに言えば自分なりの新時代の創造を目指していく作品です。

 

もともとの「信長の野望・創造」は、新たな方向性を見出したものの、色々とボリュームが薄かったが、パワーアップキットはディレクターが「『創造2』として売ろうと思った」と発表するほど変更点が多いので、どちらかというと「withPK」の方がおすすめです。

発売日2013/12/12ハードPC、PS3、PS4、Switchなど
全国統一76の国新要素惣無事令
第3位

コーエー

国盗り頭脳バトル 信長の野望

価格:14,301円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ボードゲームの要素が強い

「国盗り頭脳バトル 信長の野望」は、2008年6月26日に発売された、同社の30周年記念作品の1つでもある。「信長の野望シリーズ」のタイトルを冠しているが、従来のシリーズよりもボードゲームの要素が強くなっています。

 

シリーズを重ねるごとに複雑化していった「信長の野望」のシステムを見直したような、シンプルなルールが特徴で、選択できる大名家は織田家、武田家、上杉家、毛利家、北条家、伊達家、長宗我部家、島津家の8家と従来のシリーズに比べ少なくなっている。

 

シンプルなルールながらも、兵種の3すくみや特定の武将が持つ「切札」など駆け引きの要素も強く、これまでの信長の野望シリーズとは一線を画すゲームとなっているが、食わず嫌いをせず遊んでみると、ハマる要素が多い隠れた名作です。

発売日2008/6/26ハードDS
全国統一-新要素頭脳バトル
第2位

ソースネクスト

信長の野望・革新

価格:2,678円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「信長の野望・革新」は、2005年6月22日に発売されました。本作は前作の「天下創世」の要素は引き継がず、完全にシステムを刷新した完全新作となる。また、副題もそれまでのシリーズでは見られなかった、単語一文字で表されている点も革新にふさわしい。

 

本作では完全にターン制を廃止し、全てがリアルタイムになっており、全ての国で内政、合戦、外交が同時に進行する。内政の最中に敵が侵攻してきたリ、合戦の最中に突如同盟の要請が行われる事もあるのが、本作最大の特徴です。

 

本作のシステムは全体的にシンプルにまとめられており、細かいパラメーターやシステムは極力省略されるか、明示化されているため、初心者でもわかりやすく、初めて信長の野望シリーズで遊ぶ人でも敷居は低めです。

発売日2005/6/22ハードPC、PS2、Wii
全国統一60か国新要素リアルタイム制
第1位

コーエー

信長の野望 武将風雲録

価格:2,510円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一つの完成形

「信長の野望・武将風雲録」は、1990年12月12日に発売されました。シリーズで初めてマウスに対応。本作では「文化と技術」がテーマとなっており、史実で織田信長が戦略的に利用していた茶の湯や鉄砲・鉄甲船に関する要素が強調されています。

 

大河ドラマのような曲にのせて大名を秀逸な文で紹介するシリーズ屈指の傑作オープニングはクオリティがとても高く、現在でも信長の野望の好きなオープニングにこのゲームを上げる人が多いです。

 

文化の概念により単なる合戦にとどまらず、戦国時代をさらにリアルに表現する事に成功している。システム自体も正統に進化を遂げており、国盗り時代の「信長の野望」はこの作品で一つの完成形にたどりついたとも言われています。

 

 

 

 

発売日1990/12/12ハードPC、FC、SFC、PSなど
全国統一48か国新要素篭城戦

信長の野望のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5024670の画像

    コーエー

  • 2
    アイテムID:5024524の画像

    ソースネクスト

  • 3
    アイテムID:5024493の画像

    コーエー

  • 4
    アイテムID:5024455の画像

    コーエーテクモゲームス

  • 5
    アイテムID:5024421の画像

    コーエー

  • 6
    アイテムID:5024391の画像

    ポケモン

  • 7
    アイテムID:5024683の画像

    コーエー

  • 8
    アイテムID:5024347の画像

    コーエーテクモゲームス

  • 9
    アイテムID:5024288の画像

    コーエー

  • 10
    アイテムID:5024225の画像

    コーエー

  • 商品名
  • 信長の野望 武将風雲録
  • 信長の野望・革新
  • 国盗り頭脳バトル 信長の野望
  • 信長の野望・創造with パワーアップキット
  • 信長の野望 全国版
  • ポケモン+ノブナガの野望
  • 信長の野望 蒼天録
  • 信長の野望2
  • 信長の野望 天翔記
  • 信長の野望 リターンズ
  • 特徴
  • 一つの完成形
  • ボードゲームの要素が強い
  • 30周年記念作品
  • 対象地域が全国に
  • ポケモンとコラボ
  • 下剋上
  • 人気の作品のリメイク
  • 緊張感ある作品
  • ここから信長の野望が始まった
  • 価格
  • 2510円(税込)
  • 2678円(税込)
  • 14301円(税込)
  • 10000円(税込)
  • 5800円(税込)
  • 2127円(税込)
  • 755円(税込)
  • 5008円(税込)
  • 5200円(税込)
  • 4000円(税込)
  • 発売日
  • 1990/12/12
  • 2005/6/22
  • 2008/6/26
  • 2013/12/12
  • 1986/10
  • 2012/3/17
  • 2002/6/28
  • 2015/8/6
  • 1994/12
  • 1999/1/22
  • ハード
  • PC、FC、SFC、PSなど
  • PC、PS2、Wii
  • DS
  • PC、PS3、PS4、Switchなど
  • PC、FC、SFC、MD、PSなど
  • DS
  • PC、PS2、PSP
  • 3DS
  • PC、SFC、SS、PS、PSPなど
  • PC、PS、SS
  • 全国統一
  • 48か国
  • 60か国
  • -
  • 76の国
  • 50か国
  • 17の城
  • 150の城
  • 64の本城
  • 214の城
  • 17か国
  • 新要素
  • 篭城戦
  • リアルタイム制
  • 頭脳バトル
  • 惣無事令
  • 歴史イベント
  • ポケモン
  • 軍団長と城主でプレイ
  • すれ違い通信
  • 軍団制
  • 顔グラフィック

スマホ版信長の野望はこちらから

シリーズ第15作目の『信長の野望・大志』は2017年にPS3/PS4/Nintendo Switchで同時発売され、2018年にはスマホ版がリリースされました。スマホユーザ向けに開発された本作はシステムが簡略化されています。そのためこれまでのゲームシステムに魅力を感じていた人には物足りなさを感じるかもしれません。

 

ただ、移動中や外出先でもプレイできるという利便性と、パッケージ版に比べて低価格であることからシリーズをはじめてプレイする方にはおすすめです。グラフィックもスマホゲームとは思えないほどクオリティが高く、プレイヤーならではの戦国時代を作り上げることができます。

大人気ゲーム信長の野望で歴史をつくる!

信長の野望の中から、人気の高い作品や面白い要素のある作品を中心に10作品をランキングにしてみましたが、気になる作品はありましたでしょうか?気になる作品があった人は是非、信長の野望で遊んでみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ