記事ID137481のサムネイル画像

【2019年最新版】メンズにおすすめの日焼け止め人気ランキング10選

男性は普段お化粧などをしないものの、スキンケアは欠かせません。メンズスキンケアで大事になってくるのが日焼け止め選びです。近年では、さまざまな日焼け止めが販売されていますが、メンズに適した日焼け止めはどんなものがあるのでしょうか。

メンズ用とレディース用の違い

日焼けを気にするのは、何も女性だけではありません。紫外線による日焼けは、しわやくすみ、たるみの原因になるといわれており、男性であっても紫外線対策は必須です。しかし、いざ日焼け止めを選ぼうと思い立っても、メンズ用とレディース用どう違うのか気になる方も多いでしょう。

男性用と女性用の日焼け止めの違いは、大まかにいうと使い心地が違います。男性は女性に比べ、皮脂の分泌が多いです。そのため、メンズの日焼け止めはべた付かないようサラっとした商品や清涼感のあるモデルなどが多くみられます。

男性が女性用の日焼け止めを使うのは基本的には問題ありませんが、女性用の日焼け止めは化粧をすること前提で設計されていることが多く、洗い落とすのにクレンジングなどが必要になる可能性があります。なので基本的に男性の方はメンズ用を使われた方がストレスなく使えるでしょう。

メンズの日焼け止めの選び方

こちらでは、メンズ用の日焼け止めの選び方についてまとめております。近年ではメンズ用の日焼け止めもたくさん見られます。その中から何の知識も無く、自分にあった日焼け止めを選ぶのはなかなか難しいことです。

日焼け止め選びには、それぞれ注力するポイントがどういう意味なのか、また自分の生活環境を見直してどういった商品が適しているのかあらかじめ把握しておくほうが、よりマッチした商品に出合いやすくなります。

日焼け止めにはどんな特徴があるのか、またどんな商品があるのか見ていきましょう。

SPFとPA値をチェックする

日焼け止め選びで、まず注目したいのはSPFとPA。日焼け止めのパッケージなどに表記されていることが多いSPFとPAですが、それぞれどんな意味なのかあまりご存知ではない方も多いのではないでしょうか。

こちらではSPFとPAそれぞれの意味や特徴、選び方などをまとめていますので、参考にしてみてくださいね。

SPFはUVBカットの持続時間を表している

日焼け止めに表記されているSPFは、紫外線B波とも呼ばれる「UVB」を防ぐ時間の長さを表しています。UVBは主に日焼けやシミなどの原因になると考えられています。全紫外線のうち、5%ほどと微量ではなりますが、肌に与えるダメージは強く、多量に浴びると火傷のように赤く炎症するのが特徴です。

SPFは「SPF数字」で表記されており、数字が大きいほどカットする時間が長いことを表しています。人によって時間は前後しますが、SPF1で20分程度UVBをカットするという意味になります。SPF20の日焼け止めならおおよそ400分間UVBから守ってくれるという意味になります。

しかし、SPFは高ければ高い程、肌への負担が大きくなります。なのでやみくもにSPFが高い日焼け止めを選ぶのは現金です。例としては、通勤や通学などの普段使いはSPF25程度の商品を、スポーツなどで日にあたる時間が長い方はSPF40以上の商品を選ぶことをおすすめします。

PAはUVAカットの強さを表している

PAは、紫外線A波とも呼ばれる「UVA」を防ぐ強さを表しています。UVAはUVBほどの強さはないものの、紫外線全体の95%がUVAなので、照射量が非常に多く、対策は必須になります。UVAは肌に対して光老化を進行させ、しわやシミ、たるみなどを引き起こす原因になります。

PAは「PA+」といった表記で表され、+が多いほどPAをカットする力が強いという意味になります。SPFと同じく、PAが強くなるに比例して肌への負担が大きくなります。なので生活環境や用途に応じて、適したPAの日焼け止めを選ぶのが大切です。

具体例としては、通勤や通学などあまり日に当たることがない普段使い用としてはPA++程度あれば充分でしょう。スポーツや海水浴など、日に当たる時間が長いときはPA++++以上の日焼け止めを選ぶことをおすすめします。

日焼け止めの形状で選ぶ

日焼け止めには、乳液型やローション型、スプレーなど、さまざまな種類があることも特徴です。種類によって、使い心地が大きく変わってくるので、どんなものがあるのか把握しておくことが大切になります。

日焼け止めでよく見るタイプとしては、やはり肌に塗布するタイプの商品です。具体的には、ジェルや乳液、ローションタイプなどが挙げられます。ジェルや乳液は、伸ばしやすい商品が多く、ローションはさっぱりとした使用感が特徴です。

スプレータイプは直接吹きかけることで塗布できるので便利です。塗りなおしの時にもササっと短時間で済ませられるのは嬉しいポイントです。しかし、その分塗りムラができやすいので、スプレーした後は直接手で馴染ませるといった工夫をすると良いでしょう。

サッと落とせるタイプの日焼け止めを選ぶ

紫外線は季節を問わず対策が必要です。外出をする際はそのたびに塗り、帰宅時には落とすといったサイクルになるので、少しでも手間を削減するためにも簡単に落とせる日焼け止めを選びたいものです。

日焼け止めを落とさずそのままにしてしまうことは、肌にとって大きなダメージを与えかねません。しっかり洗い落とせてない場合も同じなので、あらかじめどんな方法で落とせるのか確認して日焼け止めを選びたいですね。

専用のクレンジング剤が必要なものから、普通の洗顔などで落とせるものまでさまざまな日焼け止めがあります。注意して日焼け止めを選んでみてくださいね。

水に触れるのならウォータープルーフの日焼け止めを

海水浴やスポーツなど、水や汗の影響が考えられるケースでは、SPFやPAの強さ以外にもウォータープルーフタイプかどうかも確認しておきたいところです。ウォータープルーフは耐水性が強いことを表しており、汗や水などに触れても流されにくい特性があります。

日焼け止めは汗や水などで流されてしまうと、その時点で効果は発揮できません。そのたびに塗りなおしが必要になるのですが、海水浴やスポーツなどでは、水の影響を受けやすく、ウォータープルーフタイプでないと対応しきれないでしょう。

注意点として、ウォータープルーフタイプは水に強いため、普通の洗顔などでは落ちない日焼け止めも多数見られます。専用のクレンジング剤でないと落とせないことも考えられるため、購入時はあらかじめ確認しておくようにしましょう。

メンズの日焼け止めおすすめランキング10選

第10位

花王

ニベアメン UVプロテクター

価格:498円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパに優れたスポーツマン仕様の日焼け止め

暑い真夏でのスポーツや海水浴などの使用に適した花王の「ニベアメン UVプロテクター」です。SPF50+、PA++++と紫外線に対してかなり強固なスペックなのが特徴です。価格もお手軽なので、スポーツ用に適していてコストが安い日焼け止めをお探しのかたはおすすめです。

ウォータープルーフ設計ではないものの、汗に対して高い耐性を持っているのもポイントです。スポーツなどで汗をかいてしまっても日焼け止めが流されにくくなっており、長時間キープできます。炎天下のスポーツでも使えるスポーツマン仕様といえるでしょう。

注意点としては、前述したとおりSPF・PAともに高い日焼け止めになるので、普段使いなどには向いておりません。なので、普段使い用は別途で用意しておき、こちらはスポーツ用として運用するといった活用法が考えられますね。

SPF50PA++++
タイプ-内容量40ml
ウォータープルーフ-
第9位

クワトロボタニコ (QUATTRO BOTANICO)

日焼け止め ボタニカル

価格:2,430円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

天然成分にこだわったボタニカル処方の日焼け止め

SPF50+PA++++
タイプジェル内容量50g
ウォータープルーフ対応

漆黒のカラーリングが特徴の「クワトロボタニコ」の日焼け止めです。男性向けの日焼け止めではありますが、天然由来の成分にこだわったボタニカル処方により、塗っても肌にダメージを与えにくい優しい日焼け止めになっています。

SPF50+、PA++++と、炎天下の海やスポーツなどでの使用に適しています。また、ウォータープルーフに対応しているので、海水や汗に触れても流されにくく、塗りなおしの手間が省けるのも嬉しいポイントです。

顔・体問わず使える兼用タイプなので、これ一本で全身をカバーできる点にも注目です。べたつきにくく軽い塗り心地なジェル仕様、日焼け止めの香りもベルガモットとローズマリーで構成されており、使用感の良さも考えられたおすすめの日焼け止めです。

第8位

ZIGEN(ジゲン)

UVクリームジェル

価格:3,240円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

肌に優しい紫外線反射材が使われた日焼け止め

肌への刺激が強いとされる紫外線吸収剤の使用を徹底的に避けているのがZIGENの日焼け止め「UVクリームジェル」です。紫外線吸収剤の代わりに、紫外線反射剤を使うことで、肌への負担を軽減しつつ、しっかり紫外線をカットすることがコンセプトの日焼け止めです。

紫外線吸収剤は、外部からの紫外線をカットする際に、肌の内部と化学反応を起こす性質があります。その際に湿疹などのアレルギーの原因になると言われています。紫外線反射剤を使用することで、肌への刺激を避けアレルギー反応を抑えるといった効果があります。

SPF21、PA++と、適度に紫外線をカットしてくれる日焼け止めになっています。普段使いとして扱いやすいおすすめの日焼け止めですよ。


SPF21PA++
タイプクリーム内容量50g
ウォータープルーフ-
第7位

マンダム

ギャツビー パーフェクトUV ローション

価格:466円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メントール配合のスーッとした塗り心地

マンダムの「ギャツビー パーフェクトUV ローション」は商品名通り、ローションタイプの日焼け止めになります。メントールが配合されているので、塗っているとスーッとした冷たさが感じられ、塗り心地が良いのが特徴の日焼け止めです。

SPF、PAともに高めの日焼け止めなので、海水浴や炎天下でのお出かけ、部活動などのお供に最適の商品です。商品本体もコンパクトに設計されており携帯性は抜群。サラっとした使用感も相まって扱いやすい日焼け止めといえるでしょう。

注意点としては、使用前によく本体を振って中の日焼け止めを循環させる必要がある事。本体内部に金属級が入っており、カタカタと音が鳴るので場所によっては気になってしまうことも。汗や水にも強く、皮脂を抑えられるという声もあるので、手軽さながらおすすめの日焼け止めですよ。

SPF50+PA++++
タイプローション内容量30ml
ウォータープルーフ-
第6位

花王

ニベアフォーメン UVプロテクター

価格:5,280円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

皮脂のテカリを抑える男の日焼け止め

花王の日焼け止め「ニベアフォーメン UVプロテクター」は、紫外線をしっかりガードするだけでなく、皮脂のテカリを抑制してくれる効果があると人気の商品です。男性は皮脂の分泌がどうしても多くなってしまうので、皮脂のテカリを抑えるのはとても嬉しいポイントですね。 乳液タイプなので、塗り伸ばしやすいのもポイント。汗や水にも強い性質を持っており、塗りなおしの手間が省けるメリットもあります。SPF50+、PA+++と炎天下の紫外線もカットしてくれるので、スポーツマンにおすすめの日焼け止めですよ。

注意点としては、汗や水に強いため仕方がないことですが、普通の洗顔では落ちにくかったという声も見かけられます。場合によってはクレンジング剤の使用が必要になることも考えられるので、あらかじめ注意しておきましょう。

SPF50+PA+++
タイプ乳液内容量30ml
ウォータープルーフ-
第5位

大塚製薬

UL・OS 日やけ止め25

価格:790円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

保湿成分配合のウル・オスの日焼け止め

メンズ向けの各種スキンケア製品を生み出している「ウル・オス」の日焼け止めになります。肌から紫外線を守るだけでなく、肌に潤いを与え保湿するといった、肌への健康面に配慮されている点が特徴の日焼け止めです。

保湿成分であるアデノシンリン酸が配合されており、紫外線をガードするだけでなく、乾燥肌にも優しい仕上がりになっている点が特徴です。独自に調合された9種の天然香料を使用することで、日焼け止めによくある独特なニオイを消し、使用感の良さを引き出しています。

べたつきにくく、またサッと洗い落とせる設計、そしてSPF25・PA++とそこそこの強さなので、普段使いにはかなり扱いやすい日焼け止めです。価格的にもお手頃なので、スポーツ用とは別に普段使い用を探している方なんかにも一押しの日焼け止めですよ。

SPF25PA++
タイプ-内容量25ml
ウォータープルーフ-
第4位

花王

ニベアサン UVミルキィジェル

価格:660円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一本で全身対応。水にも強いスポーツマン設計

花王の日焼け止め「ニベアサン UVミルキィジェル」は、全身対応かつ、高い耐水性を誇るウォータープルーフ仕様が特徴の日焼け止めです。80gとそこそこの容量でありながら低価格なので、かなりコストパフォーマンスの良い商品でもあります。

80分間の耐水実験を実施しているのが特徴で、その耐水性脳は折り紙付きです。全身対応なのも相まって、この日焼け止め1本で、炎天下の紫外線対策もばっちりこなせますよ。汗や水にも強く、泳いでも大丈夫な耐水性なので、スポーツマンにもピッタリの日焼け止めです。

注意点としては、やはり洗い落としにくさが挙げられます。普通の洗顔では落ちづらく、化粧落としやクレンジングなどが必要になるケースもあります。また、使用後乾燥してしまったという声もあるので、乾燥肌の方はあらかじめ注意しておきましょう。

SPF50+PA++++
タイプジェル内容量80g
ウォータープルーフ対応
第3位

MENS NULL

BBクリーム

価格:1,680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

青髭やクマなど、さまざまな症状への効果が期待できる新感覚メンズ日焼け止め

BBクリームと言えば、女性用のイメージが強いですが、「MENS NULL」のBBクリームはメンズ向けに作られており、男性特有の悩みが解決できるような画期的なBBクリームになります。もちろん日焼け止めとしての効果もあり、あらゆる場面での活用が期待できる商品です。

塗った時にわかりにくい自然な色合いなのが特徴で、寝不足などのクマやなかなか治しにくいのに目立つ青髭といった症状をうまい具合に隠してくれるメリットがあります。肌への影響をさらに優しくするため、7種のオーガニックエキスが配合されているのもポイントです。

日焼け止めとしての効果は、SPF30・PA++と普段使いに適している商品です。また、肌への負担を抑えるため、紫外線吸収剤不使用のノンケミカル設計。水や汗にも強く、一度塗れば長時間そのままで大丈夫なので、あらゆる用途で使いやすい万能なアイテムです。

SPF30PA++
タイプクリーム内容量20g
ウォータープルーフ-
第2位

MENS NULL

日焼け止め

価格:2,000円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

とことん強い耐水性。スポーツマンやクライマー、激しい運動をする方に

汗や水で流れないことを徹底的に追求したのが「MENS NULL」の日焼け止めです。あらゆる工夫を施すことにより、他の日焼け止めとは一味も二味も違う耐水性を誇ります。ただ強固にするだけでなく、肌へのやさしさにもこだわりが見られるので、お子様や敏感肌の方にもおすすめの日焼け止めです。

一般的な日焼け止めの場合、汗や水と混ざってしまうと界面活性剤により乳化してしまう性質があります。ひとたび乳化してしまうと肌から流れ落ちてしまいます。しかし、MENS NULLの日焼け止めは三層乳化法という技術により、汗や水に触れても乳化せず、高い耐水性を実現させています。

SPF50+、PA++++と高い紫外線カットと前述した高いウォータープルーフ設計にもかかわらず、洗い落とす際にはクレンジングなどは不要で、普通の石鹸で落ちる親切設計になっているのも嬉しいポイント。スポーツマンやクライマーの方など、激しい運動をする方には一押しの日焼け止めですよ。

SPF50+PA++++
タイプジェル内容量40g
ウォータープルーフ対応
第1位

花王

ビオレUV アクアリッチ ウォータリエッセンス

価格:1,040円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

違和感のない付け心地抜群の日焼け止め

花王の日焼け止め「ビオレUV アクアリッチ ウォータリエッセンス」は、まるで水のような付け心地で、塗っていて違和感がない軽い感触が特徴の日焼け止めです。ミクロUVカットカプセルにより、肌の隅々にまで塗り伸ばせて、塗りムラができにくい設計なのもポイントです。

高いSPF、PAを誇り、ウォータープルーフ設計なので、スポーツマンに適している日焼け止めです。洗い落とす際はクレンジングなどは不要で、普通の洗顔で充分洗い落とせる手軽さも備えています。85gと大容量なので、たっぷりと使えるのも嬉しいですね。

SPF50+PA++++
タイプ-内容量85g
ウォータープルーフ-

メンズの日焼け止めおすすめ商品比較表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5023734の画像

    花王

  • 2
    アイテムID:5023742の画像

    MENS NULL

  • 3
    アイテムID:5023740の画像

    MENS NULL

  • 4
    アイテムID:5023738の画像

    花王

  • 5
    アイテムID:5023736の画像

    大塚製薬

  • 6
    アイテムID:5023745の画像

    花王

  • 7
    アイテムID:5023733の画像

    マンダム

  • 8
    アイテムID:5023732の画像

    ZIGEN(ジゲン)

  • 9
    アイテムID:5023730の画像

    クワトロボタニコ (QUATTRO BOTANICO)

  • 10
    アイテムID:5023729の画像

    花王

  • 商品名
  • ビオレUV アクアリッチ ウォータリエッセンス
  • 日焼け止め
  • BBクリーム
  • ニベアサン UVミルキィジェル
  • UL・OS 日やけ止め25
  • ニベアフォーメン UVプロテクター
  • ギャツビー パーフェクトUV ローション
  • UVクリームジェル
  • 日焼け止め ボタニカル
  • ニベアメン UVプロテクター
  • 特徴
  • 違和感のない付け心地抜群の日焼け止め
  • とことん強い耐水性。スポーツマンやクライマー、激しい運動をする方に
  • 青髭やクマなど、さまざまな症状への効果が期待できる新感覚メンズ日焼け止め
  • 一本で全身対応。水にも強いスポーツマン設計
  • 保湿成分配合のウル・オスの日焼け止め
  • 皮脂のテカリを抑える男の日焼け止め
  • メントール配合のスーッとした塗り心地
  • 肌に優しい紫外線反射材が使われた日焼け止め
  • 天然成分にこだわったボタニカル処方の日焼け止め
  • コスパに優れたスポーツマン仕様の日焼け止め
  • 価格
  • 1040円(税込)
  • 2000円(税込)
  • 1680円(税込)
  • 660円(税込)
  • 790円(税込)
  • 5280円(税込)
  • 466円(税込)
  • 3240円(税込)
  • 2430円(税込)
  • 498円(税込)
  • SPF
  • 50+
  • 50+
  • 30
  • 50+
  • 25
  • 50+
  • 50+
  • 21
  • 50+
  • 50
  • PA
  • ++++
  • ++++
  • ++
  • ++++
  • ++
  • +++
  • ++++
  • ++
  • ++++
  • ++++
  • タイプ
  • -
  • ジェル
  • クリーム
  • ジェル
  • -
  • 乳液
  • ローション
  • クリーム
  • ジェル
  • -
  • 内容量
  • 85g
  • 40g
  • 20g
  • 80g
  • 25ml
  • 30ml
  • 30ml
  • 50g
  • 50g
  • 40ml
  • ウォータープルーフ
  • -
  • 対応
  • -
  • 対応
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 対応
  • -

まとめ

紫外線対策は、性別を問わず必要になります。対策を怠ると、将来しわやくすみ、たるみといった美容的被害だけでなく、重度になると皮膚がんなどのリスクもあると考えられています。今は健康だからと怠らず、現在の健康な肌を保つためにも、日焼け止めはぜひこだわって選んでみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ