記事ID137466のサムネイル画像

【キャンプに最適】ダッチオーブンのおすすめ人気ランキング10選

ダッチオーブンは、ベテランキャンパーが御用達で使われたり、様々な料理シーンでも使えることから人気を博している料理用鍋です。最近では、ダッチオーブンで試せるレシピ集もよく見かけるようになりました。そんなダッチオーブンの良さをランキング付けして紹介します。

キャンプには欠かせないダッチオーブンで多彩なアウトドア料理を作ろう

ローストチキンやローストビーフ、パエリア、ピザ、それに燻製などと幅広い料理に使える万能鍋。それがダッチオーブンです。普段、家で作らない料理をアウトドアシーンで作れる魅力がありますよね。

 

また、ダッチオーブンは手入れが大変だと言われてきましたが、使用前にシーズニングを必要としないタイプまで販売されているので、これまでのイメージを払拭してくれるようになってきています。

 

有名な定番メーカーのダッチオーブンからコストパフォーマンス重視、お手入れ簡単、自宅使いも可能などそれぞれのダッチオーブンが、どういう特性をしているか紹介をしていきますので参考にしてみてください。

ダッチオーブンの選び方

メーカーで選ぶ

ダッチオーブンには長年に渡り愛されてきているダッチオーブンメーカーが存在します。各メーカーでどこにこだわりがあるのか、愛される理由がそれぞれにちゃんとあるのです。確認していきましょう。

SOTO(ソト)

1978年設立のアウトドア用品ブランドです。元は新富士バーナー株式会社が手掛けており、その品質の良さには定評があり、数多くのキャンパーが使用しています。手入れが簡単で錆びにくく長期間使えると人気があります。

 

鋳鉄製のものだと錆がすぐ発生するので料理が残ってしまった時、そのままダッチオーブンで保管が難しくなります。しかし、ステンレス製のものだと錆を防止してくれるためそういった心配がなくなります。

 

また、白米を美味しく食べられる点でもメリットがあります。他の素材だと、植物性油の塗り込みを炊いた後しておかなければならなかったり、油分をしっかり洗い流したと思っても染み込み、白米が油臭くなったりするのです。

UNIFLAME(ユニフレーム)

UNIFLAMEもダッチオーブンも非常に人気があります。その理由には素材の良さがあります。UNIFLAMEのダッチオーブンは1枚の鉄板を鍋状にプレスした「黒革鉄板」を採用しているのです。

 

ダッチオーブンの製鋼工程というと「鋳鉄製」であり溶かした鋳物の素材を型へ流し込み作ります。製造工程が大きく異なるのですね。黒革鉄板と名がついていますが、この黒革とは鉄を高温で加熱する中で表面が酸化変質を発生する酸化皮膜のことを指します。

 

黒革鉄板のメリットとしては、酸化皮膜の保護があるため、洗剤などを使用しても問題なく、使用後も片づけが簡単な点がまず1つ挙げられます。また、皮膜のおかげで赤錆が発生しにくいのです。ケアが楽なのがいいですね。

LODGE(ロッジ)

キャンプでは遊ぶことがもちろん重要ですが、それと同じくらい食べることも大切です。澄んだ空気の中で食べる料理は絶品ですし、高級料理店で食べる料理とは異なり、他のものでは代えられない体験ができます。

 

LODGE(ロッジ)も老舗ダッチオーブンメーカーとして100年以上の歴史があります。それだけの間愛されるのには、使っていくごとに味のある「ブラックボックス」と呼ばれる黒い膜を形成するためです。

 

鋳鉄のダッチオーブンは、他にもキャプテンスタッグやコールマンなど名の知れたメーカーが販売を行っていますが、黒光り、木目も細かく美しいフォルムはこのダッチオーブンが持つ魅力的です。

サイズで選ぶ

サイズで使用人数が大きく変わっていきます。あなたがよく使うシーンで考えてサイズ選びしてみましょう。4人家族で使用を考えているのなら、サイズの小さい10インチの選択がおすすめです。

 

10インチくらいの大きさだと使い勝手も良くて重さも感じさせず、持ち運びにも便利です。女性の方や量をそんなに求めない方であれば10インチを選んでも問題なく使用できます。家のキッチンコンロで使うのも考慮すると、このサイズが適しています。

 

12インチになってくると、鳥が1羽まるまる余裕で入る大きさとなります。ローストチキンを作りたい方は12インチ以上がいいでしょう。6人以上で量も多くと考えているのであれば14インチ以上にしましょう。

素材で選ぶ

素材選びはダッチオーブンを長く使用していく中で非常に重要です。あなたがダッチオーブンを活用していく時にどういうシチュエーションを想定しているのか明確にしておくことが大切になってきます。

手入れが楽なステンレス製

ステンレス製のダッチオーブンは耐熱性及び耐蝕性に優れています。洗剤を使って洗うこともできて手入れがしやすいといったメリットがあります。他の素材の鋳鉄製や黒革鉄板製、カーボン製などに比べ軽いので持ち運びにも便利です。

 

また、表面に油膜を形成させておく「シーズニング」が鋳物タイプには欠かせないのですが、そういった手間はないので普段使用する調理器具と同様の扱いが行えるのも長所と言えるでしょう。

 

価格に関しては高めのものが多いですが、使う前も使った後も手間がかからず使い勝手が非常に良いので人気があります。白米を炊いたりするのにも美味しく炊き上げられるので、飯盒炊爨したい方にもおすすめです。

王道の鋳鉄製

黒光りして、使い込んでいくごとに油がコーティングの役割がなされて、まるでテフロン加工されているように焦げつかない。それが鋳鉄製です。黒光りは「ブラックポット」とも呼ばれてキャンパーから愛されています。

 

鋳鉄製は、その分ケアが重要です。素材からしても水分、塩分が錆を増幅させるため使用後にはメンテナンス作業を必ず行わなければなりません。その手間が負担にならなければいいのですが、その点はデメリットと言えるでしょう。

 

洗剤、金たわしを使うと黒い皮膜が剥がれてしまうので、使えず重曹にササラ、亀の子だわしなどで洗うようにしましょう。また、錆には滅法弱いため残った料理を一晩置いておくと料理をダメにしてしまうので注意が必要です。

密封性のある黒革鉄板製

黒革鉄板製は、鋳鉄製の良さとステンレス製の良さを組み合わせたダッチオーブンと言えるでしょう。なぜなら、洗剤で洗うことができて、キャンプ場で使用した後の後片付けも他の食器類と同じように洗えます。

 

それに加えて、鋳鉄製のように黒光りするブラックポットの色合いも出せており、鍋と蓋の接合部を加工しているため鋳鉄製よりも密閉性能は高いのです。熱がしっかりと入り込み、より美味しく料理を食べることができます。

 

初心者でも扱いやすく、熱したダッチオーブンに急に冷たい水をかけるとダッチオーブンが割れてしまうといった(ヒートショック)現象も発生しません。鋳鉄製よりもタフなのもメリットですね。

鍋底の脚の有無

ダッチオーブンには鍋底があるものとないものがあります。どちらも、メリット・デメリットがあるので、あなたが想定するシチュエーションに合わせて選択していくようにしましょう。

直置きなら脚付き選ぼう

脚付きのダッチオーブンはキャンパーにとっては憧れるポイントであるかもしれません。焚き火での料理で使用する時に非常に安定するからです。炭火焼きもできますし、キャンプの雰囲気をより一層楽しむことができます。

 

デメリットとしては、キャンプでの使用のみとなってしまうことにあります。もちろん、それ以外のシーンでも使えることは使えるのですが、脚が邪魔になってしまいがちです。家庭でもキャンプでも使用と考えているのであれば、あまりおすすめできません。

 

炭火で脚の間からも過熱が行えてアウトドアシーンでは大いに貢献してくれるのが脚付きダッチオーブンの魅力です。また、鍋の上に炭をのせやすいタイプもあるので、キャンプでしっかりと満遍なく熱を与えたいのであれば、脚付きを選択しましょう。

脚がないと様々な熱源に対応

家庭での使用にも適しており、様々な用途で活躍しやすいのは鍋底に脚がないフラットなタイプです。ガスコンロのみの対応のものやIH対応のものまで様々なタイプがここから枝分かれされていきます

 

素材はカーボン製、黒皮鉄板製など、どのようなタイプにでも販売されており、そういった面でも脚無しのダッチオーブンの方がお気に入りに出会える可能性は高いでしょう。用途に縛られないのが魅力の1つです。

 

初めてダッチオーブンにチャレンジ使用と考えている方には、脚付きであると直置きができてキャンプの醍醐味ではありますが、用途が限られており使用シーンも僅かでしかないので、色々と使ってみたい方は、まずこちらを選ぶ方が間違いないです。

ダッチオーブンのおすすめ人気ランキング10選

第10位

CAPTAIN STAG

バーベキュー用 鍋 ダッチオーブン

価格:2,145円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コストパフォーマンスは最大のメリット

鋳鉄製のキャプテンスタッグのダッチオーブンです。各メーカーが販売している中でも、5000円を切って購入することも可能で、それでいて性能も問題なく使えますので、コストパフォーマンスはかなり高いです。

 

しっかりとシーズニングを行ってから、使用すれば何ら問題なく使えます。料理もこのダッチオーブンを使って調理すれば食材が持つ本来の味をしっかりと出せます。だからこそ、キャンプで食す料理は普段家で食べる以上に美味しく感じるのではないでしょうか。

 

もちろん、自宅での使用でも全然使えます。豚をローストしたり、じゃがいもの蒸し焼きにも活用できますね。造りはしっかりとしており、気軽に使えて価格も手ごろと初心者には打って付けのアイテムです。

サイズ外径20.5×12㎝脚の有無
重量2.7kg素材鋳鉄製
第9位

Coleman

ダッチオーブン10インチ

価格:9,390円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人数が少ないキャンプにおすすめ

アウトドアでは絶大な人気を誇るコールマンからダッチオーブンが販売されています。調理がしやすく少人数向けのダッチオーブンは、脚の無いタイプで家庭での利用も可能なので非常に便利です。

 

大型のダッチオーブンを持っている方でも、サブのダッチオーブンとしてあると何かと便利ですよ。揚げ物や煮込みハンバーグなど調理の幅を広げてくれます。ファミリーキャンプだけでなく、1人キャンパーにも雰囲気を味わさせてくれます

 

このダッチオーブンは、鋳鉄製ではありますがシーズニングが不要なのです。メンテナンス作業がないというのもメリットです。また、専用のバッグも準備されており、持ち運ぶさいに便利です。

サイズ直径25×13㎝、内径23.5×11㎝脚の有無
重量6kg素材鋳鉄、他
第8位

CAPTAIN STAG

ココット ダッチオーブン

価格:1,275円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソロキャンプにでも持ち出せるダッチオーブン

非常にコンパクトなダッチオーブンです。容量もわずか800ml程度です。サブとしても活用できそうです。量は少ないけれど、時間をかけてダッチオーブンで調理したい料理がある時にあると便利です。

 

ソロキャンプをやられている方でダッチオーブンで料理をしたいと思っているのであれば、、まさに打ってつけのアイテムです。簡単な料理しかできないソロキャンプ料理に色を添えられますよ。

 

キャンプシーンだけでなく、家庭での使用でも十二分に堪能できますよ。IH対応でガスコンロではないキッチンでも使用可能なのも嬉しいですね。一人暮らしの方で手の凝った料理を作りたいと思っているのなら、興味を持ってみてくださいね。

サイズ19×14.5×9㎝(幅・奥行・高さ)脚の有無
重量1.5kg素材鋳鉄、ステンレス
第8位

CAPTAIN STAG

ココット ダッチオーブン

価格:1,275円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソロキャンプにでも持ち出せるダッチオーブン

非常にコンパクトなダッチオーブンです。容量もわずか800ml程度です。サブとしても活用できそうです。量は少ないけれど、時間をかけてダッチオーブンで調理したい料理がある時にあると便利です。

 

ソロキャンプをやられている方でダッチオーブンで料理をしたいと思っているのであれば、、まさに打ってつけのアイテムです。簡単な料理しかできないソロキャンプ料理に色を添えられますよ。

 

キャンプシーンだけでなく、家庭での使用でも十二分に堪能できますよ。IH対応でガスコンロではないキッチンでも使用可能なのも嬉しいですね。一人暮らしの方で手の凝った料理を作りたいと思っているのなら、興味を持ってみてくださいね。

サイズ19×14.5×9㎝(幅・奥行・高さ)脚の有無
重量1.5kg素材鋳鉄、ステンレス
第7位

UNIFLAME

ダッチオーブン 12インチ & ステンレスリフター & ダッチトート12インチ 3点セット

価格:20,100円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

少人数で、すぐにダッチオーブンが始められる

セット販売されているUNIFLAMEのダッチオーブン12インチです。黒皮鉄板を採用したダッチオーブンで、熱伝導率が非常によくムラのない熱が行き届いた調理が行えます。付属のトートバッグに入れて持ち出せます。

 

UNIFLAMが考案したダッチオーブンレシピも付属書として付いてくるので、それを参考にして調理してみるのもいいかもしれません。蒸し・焼き・スモークと難しそうなレシピもわかりやすく掲載されています。大きい鶏やカニでも調理できるサイズです。

 

黒皮鉄板製なので、洗剤などを使ってゴシゴシ洗えるのは嬉しいですね。防錆性能もしっかりと備わっており、赤さびは発生しにくいです。もちろん、完全にさびを防いでくれるものではないので使用後に錆止め防止油は注入しましょう。

サイズ30.5×13㎝脚の有無
重量8.8kg素材黒皮鉄板
第6位

LODGE

キャンプオーヴン 10D

価格:14,094円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

炭火も焚き木も両方いける本格派

脚のあるタイプで本格的に直置きしてダッチオーブンを楽しめます。炭でも焚き木でも両方に対応することができます。植物性の油を吹きかけて、高温オーブンで焼く工程を取り入れています。

 

使用前にお湯でさっと流して洗うのみで、すぐに使い始められるのもメリットです。シーズニングの必要が全くないので、手間暇がかかりません。蓋にも炭を安定して置くことができる設計なので、しっかりと熱を伝えることができます。

 

直置きなので安定性が重要視されるポイントですが、3本の脚でしっかりと立つことができて安心して使用することができます。ガスバーナーがない場所でのキャンプでも対応できるのも長所です。

サイズ25×11㎝(直径・深さ)脚の有無
重量7.1kg素材
第5位

snow peak

和鉄ダッチオーブン26 CS-520

価格:27,864円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アウトドア代表ブランドの高級ダッチオーブン

有名なアウトドアブランド、スノーピークからのご紹介です。燕三条の職人さん達が手掛けた高品質なスノーピーク製のダッチオーブンです。3つのパーツから構成されており、ポット・スキレット・リッドをそれぞれ付け替えることが可能です。

 

それにより天井と食材の距離を変えられたり、容量を増減させることが可能なのです。様々な料理によって仕様を変更することで料理をされに美味しくすることができるようになるのです。

 

また、ヒートショックに弱いのが、鋳鉄製品なのですが、和鉄ダッチオーブンには特殊な鋳鉄が使われており、ヒートショックや衝撃にも強いのも魅力です。長年に渡り大切に使っていきたいですね。

サイズ31.6×26.8×5.6㎝脚の有無
重量7.6kg素材ダクタイル鋳鉄
第4位

SOTO

ステンレスダッチオーブン(10インチ) ST-910

価格:20,117円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ステンレス製のダッチオーブン

ダッチオーブンの定番は鋳鉄製ですよね。それをその当時覆したのがSOTO社が開発し販売したステンレスダッチオーブンなのです。これまでのダッチオーブンは錆を抑えるために手入れをしっかりとしなければなりませんでした。

 

そんな、手入れをする工程を一気に取り払ってくれたのがステンレス製ダッチオーブンでした。片付けする時も、洗剤を使用して構わないので気にする必要もありません。デメリットとしては初期費用が他のダッチオーブンよりかかる点です。

 

それでいて、保温性・蓄熱性にも優れており、蒸し料理や煮物などにも向いています。残りものが出たときにでも、そのまま保存しておいても全く問題ないのも嬉しいですね。IH対応でもあり、アウトドアシーンだけでなく家庭での使用も可能です。

サイズ35×28×16㎝(幅・奥行・高さ)脚の有無
重量5.2kg素材ステンレス
第3位

LOGOS

SL ダッチオーブン

価格:6,861円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

鋳鉄製ながらもシーズニングの必要なしのダッチオーブン

鋳鉄製ではシーズニングの必要があると伝えてきましたが、こちらも鋳鉄でありながら不要としたダッチオーブンです。シーズニングレス加工のおかげです。アウトドアに持ち運びしやすいトートバッグ付きの商品です。

 

脚は無いタイプなので、どんな熱源にも対応してくれます。価格も低価格での提供をしてくれるので、サイズ違いで購入するというのもいいかもしれません。サイズは8インチ、12インチが他にあります。

 

また、IH対応で非常に使い勝手がいいのも魅力です。家庭内の調理器具としても活躍してくれます。週末にダッチオーブンを使用して手料理をふるまうなんていうのも1つです。ジュージューと焼ける音も、香りも楽しめるアイテムです。

サイズ2.6×13.5㎝脚の有無
重量5.5kg素材鋳鉄、ポリエステル
第2位

CAPTAIN STAG

ダッチオーブン ビギナーセット 容量4L

価格:6,441円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ビギナーにうってつけのダッチオーブン

色々と購入するのも億劫になって、なかなかダッチオーブンを購入できない方にはおすすめのものがあります。それが、ダッチオーブンビギナーセットです。欲しいアイテムが一括して盛り込まれています。

 

それでいて、価格も7000円を切る価格で販売されており、コストパフォーマンスはかなり高いです。但し、シーズニングは必要なタイプなので基礎からしっかりとダッチオーブンを学びたいならおすすめできます。

 

オーブンスタンドやリッドリフタースタンドも最初から付いており、初心者に優しい内容です。もちろん煮る・焼く・蒸すなどの調理を行えます。また、蓋を利用して焼き料理もできて、燻製などもできるので、お買い得な商品です。

サイズ26×12.8㎝脚の有無
重量7kg素材鋳鉄
第1位

LODGE

キッチンダッチオーブン

価格:7,790円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使い勝手の良さに惚れ惚れするダッチオーブン

植物性の油を吹き付けて仕上げたことで、長年使用してきたかのような出来映えとなっています。通常のダッチオーブンとは異なり、蓋の裏側に無数の突起が備え付けられ、蒸気が均等に作っている料理へ注がれる仕組みなのです。

 

それにより、水を入れなくてもみずみずしく、旨みが凝縮された素材本来の甘味を実感することができるようになります。LODGEのダッチオーブンも定評があるメーカーなので、その良さを実感できることでしょう。

 

家庭での使用も考えられていて、家でキャンプをしているような雰囲気になります。様々な料理にチャレンジしてみたくなります。大きさは10インチで友人や家族と一緒に使うのにベストなサイズですのでホームパーティーでも活躍してくれそうです。

サイズ26×10㎝(内径・深さ)脚の有無
重量6.1kg素材

ダッチオーブンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5024723の画像

    LODGE

  • 2
    アイテムID:5024715の画像

    CAPTAIN STAG

  • 3
    アイテムID:5024088の画像

    LOGOS

  • 4
    アイテムID:5024074の画像

    SOTO

  • 5
    アイテムID:5024054の画像

    snow peak

  • 6
    アイテムID:5024046の画像

    LODGE

  • 7
    アイテムID:5024028の画像

    UNIFLAME

  • 8
    アイテムID:5024003の画像

    CAPTAIN STAG

  • 9
    アイテムID:5023504の画像

    Coleman

  • 10
    アイテムID:5023501の画像

    CAPTAIN STAG

  • 商品名
  • キッチンダッチオーブン
  • ダッチオーブン ビギナーセット 容量4L
  • SL ダッチオーブン
  • ステンレスダッチオーブン(10インチ) ST-910
  • 和鉄ダッチオーブン26 CS-520
  • キャンプオーヴン 10D
  • ダッチオーブン 12インチ & ステンレスリフター & ダッチトート12インチ 3点セット
  • ココット ダッチオーブン
  • ダッチオーブン10インチ
  • バーベキュー用 鍋 ダッチオーブン
  • 特徴
  • 使い勝手の良さに惚れ惚れするダッチオーブン
  • ビギナーにうってつけのダッチオーブン
  • 鋳鉄製ながらもシーズニングの必要なしのダッチオーブン
  • ステンレス製のダッチオーブン
  • アウトドア代表ブランドの高級ダッチオーブン
  • 炭火も焚き木も両方いける本格派
  • 少人数で、すぐにダッチオーブンが始められる
  • ソロキャンプにでも持ち出せるダッチオーブン
  • 人数が少ないキャンプにおすすめ
  • コストパフォーマンスは最大のメリット
  • 価格
  • 7790円(税込)
  • 6441円(税込)
  • 6861円(税込)
  • 20117円(税込)
  • 27864円(税込)
  • 14094円(税込)
  • 20100円(税込)
  • 1275円(税込)
  • 9390円(税込)
  • 2145円(税込)
  • サイズ
  • 26×10㎝(内径・深さ)
  • 26×12.8㎝
  • 2.6×13.5㎝
  • 35×28×16㎝(幅・奥行・高さ)
  • 31.6×26.8×5.6㎝
  • 25×11㎝(直径・深さ)
  • 30.5×13㎝
  • 19×14.5×9㎝(幅・奥行・高さ)
  • 直径25×13㎝、内径23.5×11㎝
  • 外径20.5×12㎝
  • 脚の有無
  • 重量
  • 6.1kg
  • 7kg
  • 5.5kg
  • 5.2kg
  • 7.6kg
  • 7.1kg
  • 8.8kg
  • 1.5kg
  • 6kg
  • 2.7kg
  • 素材
  • 鋳鉄
  • 鋳鉄、ポリエステル
  • ステンレス
  • ダクタイル鋳鉄
  • 黒皮鉄板
  • 鋳鉄、ステンレス
  • 鋳鉄、他
  • 鋳鉄製

まとめ

ダッチオーブンは種類が豊富にあります。素材やサイズなど選ぶ基準は、人それぞれ異なりますが、自分に合ったものは必ず見つかります。アウトドアだけでなく生活の中に取り入れられるものもあるので、色々と探してみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ