記事ID137456のサムネイル画像

【メーカーから徹底比較】登山用ザックのおすすめ人気ランキング10選

大容量の登山用ザックはアウトドアにはもちろん通勤通学や街歩き用のファッションとしても使える便利なアイテムですね。この記事では登山用ザックのおすすめ商品をランキング形式で紹介していますので、ご興味のある方はぜひ最後までご覧頂くことをおすすめします。

登山用ザックでハイキングからクライミングまで

最近は若い世代の間でも登山やトレイリングが趣味としてメジャーになっていますね。街中でも登山風のファッションの方をよく見かけたり、アパレルショップでもアウトドアスタイルのアイテムの取り扱いが増えてきました。そんなアウトドアシーンで活躍するのが登山用ザックです。

 

登山用ザックはその名の通り登山での使用を目的として作られているため通常のリュックとは違い様々な工夫がなされています。ザックの入り口は雨や異物の侵入を防ぐためにカバーを上から覆いかぶせるようになっています。見た目も格好良いですがちゃんとした理由があるのですね。

 

トップリッドと呼ばれるそのカバーの上部には、シュラフなどを纏めるためのストラップを通すタグが付いています。さらにボディにはバンジーコードという紐が絡められておりジャケットや小物などを一時的に挟むことが出来ます。他にも登山用ザックには色々な機能が付いています。

登山用ザックの選び方

登山用ザックはたくさんの種類があるため何を選べば良いか分からない方も多いのではないでしょうか。選び方の基準となる例を以下にいくつか挙げていきましょう。

サイズで選ぶ

登山用ザックを購入するにあたってまず考えるのはどれくらいの大きさのザックにするかということですね。自分の体格や用途に応じて最適なサイズを決めましょう。

容量をチェック

登山用ザックを選ぶ際にはまず大体の大きさを決めなければなりません。登山用ザックの大きさは容量で表記され、10Lの小型サイズから90Lの超大型サイズまで様々です。軽めの登山なら小さな容量のもので十分ですし、山中で連泊するのであれば大型の容量が必要です。

 

日帰りのハイキングやトレイリングであれば10-20L、それより荷物が増える登山なら25-30Lが目安です。山小屋で一泊予定の登山なら30-40L、テント泊なら45-60Lくらいの容量が必要です。さらに縦走するなら60-90Lが望ましく、これくらいのサイズなら長期の海外旅行でも使えます。

 

登山初心者の方や普段使いとして購入する方は汎用性の高い30Lくらいのモデルをおすすめします。日帰りの登山や旅行でも大きすぎず、山小屋で一泊する程度の荷物なら充分入ります。具体的な用途が決まっている方は上記の容量を参考にして頂ければと思います。

バックレングスをチェック

登山用ザックは身体とのフィット感が大切です。しっかりと身体に合わせるためにもバックレングスを確認しましょう。バックレングスとは背中の長さのことで計測する場所は決まっています。服を選ぶときに背中で合わせることがありますが、それと似たようなものですね。

 

背中の長さは人それぞれですので、自分に合ったバックレングスを選べるようメーカーがサイズ(S/M/Lなど)を表記しています。しかし全ての登山用ザックにバックレングスが記載されているわけではないので、分からないときは実際に背負ってサイズ感を確かめましょう。

 

バックレングスが小さすぎるとザックの位置が高くなり、ウェストベルトのポジションも上がってきます。逆に大きいとザックもウェストベルトも下に来てしまいます。ウェストベルトが腰の位置に来るのがジャストサイズなので、それも併せて参考にすると良いでしょう。

重さをチェック

登山用ザックは通常のリュックに比べて容量は大きめですが、荷物が多すぎると身動きが取れなくなってしまいます。険しい山道を背負って歩く登山用ザックは軽い方が良いですね。しかしザックの軽量性を求めるなら容量も小さく生地も薄いものに限定されます。

 

軽くてなおかつ機能性も高い登山用ザックをお求めの方には「ウルトラライト(UL)」のモデルをおすすめします。ULは荷物を軽くしてザックの総重量を減らすという登山スタイルです。ザックが軽くなれば疲れやケガも軽減されるので、快適で安全なアウトドアを楽しめます。

 

UL系ザックは通常の登山用ザックの同容量と比較して、およそ半分程度の重量になるように作られています。生地が薄く機能も削られていますがハーネスやベルトなどもしっかり搭載されています。パッキングがやや難しいですが軽さを求める方は検討してみてはいかがでしょうか。

機能性で選ぶ

登山用ザックは単に荷物を背中に背負うためだけのものではなく、ハイキングやクライミングにおいて役に立つ機能を備えています。ここでは特に注目すべきポイントを解説します。

サポート性をチェック

登山ではアスファルトのように足場が安定していないため踏ん張りが効かないシーンも多々あります。歩くたびにザックが揺れ動いてしまうとバランスが悪くなり疲労やケガのもとになりますので、登山用ザックは身体に密着して快適な歩行をサポートする機能が搭載されています。

 

その一つがウェストベルトです。ウェストベルトが付いているとザックを腰でも支えることができるので両肩に集中していた負荷を分散させることが可能です。ナイロンテープ製やパッドタイプなど様々ですが容量の小さいモデルは付いていないこともあるので注意しましょう。

 

またショルダーハーネスの仕様もチェックしましょう。ショルダーハーネスとはザックを背負った際に肩にあたる部分のことを言います。適度な硬さであり肩への感触が柔らかいものがベストです。ジャストフィットさせた状態で負荷のかかる部分がないかも確認しましょう。

収納性をチェック

登山用ザックにどれだけの荷物が入るかは上記の容量で大体の目安が分かりますが、細かい収納スペースがあると便利ですね。ウェストベルトにポケットが付いているタイプはデジカメや地図など頻繁に使う小物類を手元で出し入れできるのでおすすめです。

 

また本体のサイドにポケットが搭載されているモデルは、登山に欠かせないドリンクを入れておけるので何かと重宝します。ドリンクをザックの本体に入れてしまうと取り出すのが面倒になり水分補給が疎かになってしまうので、ここはぜひチェックしておきたいポイントですね。

 

大型の登山用ザックの場合は本体内部が2気室になっていると荷物の出し入れがし易いです。2気室とはザック内の上下で収納スペースが区切られており、入り口もそれぞれ分かれている構造です。内部へのアクセスが容易なため大型モデルでは2気室タイプをおすすめします。

素材をチェック

普段使いのリュックサックを購入する際にはあまり気にすることはないですが、険しい山の中を背負って歩く登山用ザックの生地にはある程度の剛性が求められます。耐久性のない材質ですと木の枝などに引っ掛かったときに意外と簡単に破れてしまいます。

 

また天候の影響も受けますので、雨風にも対応できるよう防水仕様であるかもチェックしましょう。基本的に生地は丈夫であるほど重いため、頑丈さと軽さのどちらを取るかは難しいところです。トレッキング・アルパイン用のザックは軽い上に強度も比較的高いのでおすすめです。

 

登山用ザックの素材はシーズンや山の環境によっても異なります。通常の登山用ザックの多くは春~秋の縦走用です。背中部分がメッシュになっており水分が抜けるので汗冷えを防げます。雪山登山用ザックは細身の形状が多く、氷が当たっても大丈夫なように強い生地で出来ています。

メーカーで選ぶ

登山用ザックは様々なメーカーから販売されているので、まずは好きなブランドに絞るというのも良い選び方ですね。数あるメーカーの中でも有名なものを3社紹介します。

mont-bell(モンベル)

モンベルは大阪市西区に本社を置くアウトドア用品の総合メーカーで、国内でも知らない方はいないと言われるほど有名なブランドです。登山用ザックに限らずあらゆるアウトドアグッズを手掛けています。1975年に現会長である辰野勇氏が西区立売堀にて創業したのが始まりです。

 

日本のメーカーと言うこともあり、登山用ザックも日本人の体形に合わせたものが多く人気があります。5Lから120Lまで幅広いサイズのモデルを取り扱っていますので自分に合ったザックを見つけやすいのが特徴です。収納スペースも多く取られておりパッキングがし易くなっています。

 

ジャンルも日帰りハイキング・厳冬期クライミング・トレイルランニングなど様々なシチュエーションに対応しています。サイズ感や背負い心地が良く、価格も手ごろなのでコストパフォーマンスに優れた登山用ザックをお探しの方に推奨できるメーカーです。

OSPREY(オスプレー)

オスプレーはアメリカ・コロラド州に本拠を構えるバックパックのメーカーです。バックパックのブランドとして、アメリカではグレゴリーと同等以上の人気を誇るメーカーです。1974年にMike Pfotenhauer氏とDiane Wren氏の両名によって設立されています。

 

オスプレーの登山用ザックはアルミフレームとメッシュを使ったサスペンションシステムが搭載されているのが特徴です。また軽量性に優れており、同じ容量の他社製品と比較しても軽い傾向にあります。さらにバックレングスを調整できるので個人の体格に合わせやすくなっています。

 

ザックを背負ったままトレッキングポールを収納できるアタッチメントが付いていたり、女性の体格に合わせたウェストベルトやショルダーハーネスを用いたモデルなど幅広いユーザーが快適に使えるような製品をリリースしています。価格はやや高めですがおすすめのメーカーです。

MILLET(ミレー)

ミレーはフランスのアウトドア用品メーカーで、主にバックパックや寝袋を開発販売しています。1921年にマルク・ミレー夫妻によりサン・フォンにて設立され、現在はラフマ社の傘下に入っています。フランス発のヒマラヤ登山隊に装備を提供したメーカーということで有名です。

 

登山に対する情熱とハイレベルなバックパックの開発技術を持つメーカーで、耐久性の高い登山用ザックを展開しています。丈夫な上に軽量で、通気性も備えたハイスペックなモデルが多いこともあり世界中の本格登山家から厚く信頼されているブランドです。

 

日帰りのハイキングやトレイリングに最適な20Lサイズのモデルから、山岳ガイドのプロも認める50Lオーバーのバックパックまで幅広いサイズを取り揃えています。登山用ザックメーカーとして昔から知られていますが、最近ではタウンユース兼用のアイテムもリリースしています。

登山用ザックの人気ランキング10選

第10位

マウンテントップ(Mountaintop)

アウトドアバックパック

価格:4,790円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使いやすいマルチポケット

40Lの本体容量に加えて3つのポケットと1つのドリンクホルダーを備えた収納性抜群の登山用ザックです。価格の割に生地・裁縫もしっかりしており、少々雑に扱っても破損しない頑丈さも持っています。

 

登山はもちろんバックパッキングにもおすすめできる実用的な製品です。大きめの登山用ザックを試してみたい方はぜひ検討してはいかがでしょうか。

外寸51*35*16cm重量0.94kg
サイズ40L素材ポリエステル
第9位

OSPREY(オスプレー)

ウルトラライトスタッフパック 18L

価格:4,104円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超軽量のアウトドアザック

丸みを帯びた可愛らしいデザインのこちらはアメリカの人気ブランド「オスプレー」のザックです。ウルトラライト(UL)という軽装スタイルに基づいた軽くて丈夫な生地で作られています。

 

軽めのハイキングのメインバッグや本格的な登山のサブバッグとしておすすめです。

外寸42*22*19cm重量0.09kg
サイズ18L素材40Dシルナイロン
第8位

Gleuon Lees

ハイキングナイロンバッグ

価格:4,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手頃な大型軽量ザック

全体的にスリムな形状のこちらは2気室タイプの登山用ザックです。内部がセパレートになっていますので、衣類や食料品などを完全に分けて収納することが出来ます。また荷物を詰め込んでも横に広がらず、スタイリッシュなデザインを維持できます。

 

容量が大きい割に本体重量が軽いのも嬉しいですね。価格も非常にお求めやすいので、大型登山用ザックをお試しで使ってみたい方におすすめです。

外寸58*29*19cm重量0.68kg
サイズ55L素材ナイロン
第7位

PHOENIX IKKI

登山ザック 75L

価格:5,190円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパに優れた大容量2気室

縦長のフォルムですがメインコンバートメントは2気室になっており、上下それそれで独立した収納スペースを持ちます。そのため大量の荷物を持ち運びつつも出し入れがし易いのが特徴です。その他アウトドアに必要なベーシックな機能は概ね揃っています。

 

75Lの容量を備えていながら5000円前後で購入できる費用対効果に優れたアイテムです。2気室タイプの登山用ザックをお試しで使ってみたい方におすすめです。

外寸80*32*22cm重量1.65kg
サイズ75L素材オックスフォード
第6位

瀋陽賽伯坦株式会社

サイバトロン 3Pタクティカル

価格:7,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防水軽量の3in1ザック

ミリタリーテイストなデザインが魅力的なこちらはサイドバッグが二つ付属した登山用ザックです。人間工学に基づいた設計のショルダーハーネスにより、しっかりとした密着感と快適な背負い心地を実現しています。低温でも断裂しない丈夫な素材を使用しています。

 

サイドバッグ込みで1万円を切る価格はお買い得ですね。メイン収納も十分あり、フィット感もしっくりくるとレビューでも満足度の高い製品です。

外寸48*27*27cm重量1,68kg
サイズ37L素材900Dナイロン
第5位

GREGORY

オーバーヘッドデイ BLACK

価格:14,983円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

動きやすく丈夫な中小型サイズ

日本でもおなじみの米国ブランド「グレゴリー」の小型バックパックです。シンプルな構造のため使いやすく、頑丈に作られているので過酷な環境でも安定したパフォーマンスを発揮することが出来ます。

 

ただし容量は少なめでウェストベルトが付いていないので、連泊するような本格的なクライミングには不向きです。その点を除けば汎用性の高いバックパックです。背負い心地やデザインも満足しているとレビューでも好評のアイテムです。

外寸45*28*15cm重量0.27kg
サイズ22L素材420Dナイロン
第4位

THE NORTH FACE

マーティンウィング 10

価格:12,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日帰り登山に最適なコンパクトサイス

アウトドア用品で有名な「ノースフェイス」のトレイルランニングバックです。優れたフィット感で知られるマーティンウィングシリーズの10Lモデルで、ショルダーハーネスを高い位置で固定することでさらに動きやすくなっています。

 

入り口はサイドに付いているので荷物を取り出しやすく、ウェストベルトも付いているので身体との一体感がさらに高まったアクティブバックパックです。ただし容量が小さめなので長丁場の登山には不向きです。

外寸39*19*10cm重量0.43kg
サイズ10L素材70Dナイロン
第3位

Millet

バックパック クンブ 45

価格:18,897円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

探究者のための多用途ザック

高性能な登山用ザックで有名なフランスのバックパックメーカー「ミレー」の中型ザックです。登山だけでなくトラベルからフィールドワークまであらゆるアウトドアシーンに対応するモデルです。入口がワイドジップオープン式のため出し入れしやすいのが嬉しいですね。

 

背面がしっかりと密着し、ウェスト部分のクッションもあるので快適に動き回れるとレビューでも好評のモデルです。さらにレインカバーも付属しており、価格とのバランスに優れたおすすめのバックパックです。

外寸64*26*17cm重量1.49kg
サイズ50L素材ナイロン
第2位

Osprey

アトモスAG 65

価格:29,060円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

快適な背負い心地と通気性

アメリカで根強い人気を誇るバックパックメーカー「オスプレー」の大型モデルです。3D構造のサスペンションが優れたフィット感を実現しています。ショルダーやウェストにまで至る広範囲のメッシュ生地が通気性を確保し、長時間移動のストレスを軽減してくれます。

 

テント泊を伴う2-3日の登山や、バックパッキングに対応できるサイズをお求めの方におすすめです。

外寸87*39*41cm重量2.11kg
サイズ65L素材ナイロンドビー
第1位

mont-bell(モンベル)

スーパーエクスペディションパック90

価格:83,398円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

有名国産ブランドの大型モデル

誰もが知る日本のアウトドアブランド「モンベル」の90L登山用ザックです。同クラスのザックに比べて高さを抑えた設計になっており、大きさを感じさせない背負い心地とバランス感を実現しています。フロントパネルがU字型に開くのも良いですね。

 

生地や作りがしっかりしており大型バックにも関わらず、非常に軽量に仕上がっています。価格は少々お高いですが今後何年も登山を続けていくのであれば、決して悪い選択肢では無いでしょう。

外寸86*41*26cm重量2.06kg
サイズ90L素材330デニール

登山用ザックのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5022331の画像

    mont-bell(モンベル)

  • 2
    アイテムID:5022333の画像

    Osprey

  • 3
    アイテムID:5022360の画像

    Millet

  • 4
    アイテムID:5022392の画像

    THE NORTH FACE

  • 5
    アイテムID:5022418の画像

    GREGORY

  • 6
    アイテムID:5022446の画像

    瀋陽賽伯坦株式会社

  • 7
    アイテムID:5022457の画像

    PHOENIX IKKI

  • 8
    アイテムID:5022487の画像

    Gleuon Lees

  • 9
    アイテムID:5022500の画像

    OSPREY(オスプレー)

  • 10
    アイテムID:5022521の画像

    マウンテントップ(Mountaintop)

  • 商品名
  • スーパーエクスペディションパック90
  • アトモスAG 65
  • バックパック クンブ 45
  • マーティンウィング 10
  • オーバーヘッドデイ BLACK
  • サイバトロン 3Pタクティカル
  • 登山ザック 75L
  • ハイキングナイロンバッグ
  • ウルトラライトスタッフパック 18L
  • アウトドアバックパック
  • 特徴
  • 有名国産ブランドの大型モデル
  • 快適な背負い心地と通気性
  • 探究者のための多用途ザック
  • 日帰り登山に最適なコンパクトサイス
  • 動きやすく丈夫な中小型サイズ
  • 防水軽量の3in1ザック
  • コスパに優れた大容量2気室
  • お手頃な大型軽量ザック
  • 超軽量のアウトドアザック
  • 使いやすいマルチポケット
  • 価格
  • 83398円(税込)
  • 29060円(税込)
  • 18897円(税込)
  • 12000円(税込)
  • 14983円(税込)
  • 7999円(税込)
  • 5190円(税込)
  • 4999円(税込)
  • 4104円(税込)
  • 4790円(税込)
  • 外寸
  • 86*41*26cm
  • 87*39*41cm
  • 64*26*17cm
  • 39*19*10cm
  • 45*28*15cm
  • 48*27*27cm
  • 80*32*22cm
  • 58*29*19cm
  • 42*22*19cm
  • 51*35*16cm
  • 重量
  • 2.06kg
  • 2.11kg
  • 1.49kg
  • 0.43kg
  • 0.27kg
  • 1,68kg
  • 1.65kg
  • 0.68kg
  • 0.09kg
  • 0.94kg
  • サイズ
  • 90L
  • 65L
  • 50L
  • 10L
  • 22L
  • 37L
  • 75L
  • 55L
  • 18L
  • 40L
  • 素材
  • 330デニール
  • ナイロンドビー
  • ナイロン
  • 70Dナイロン
  • 420Dナイロン
  • 900Dナイロン
  • オックスフォード
  • ナイロン
  • 40Dシルナイロン
  • ポリエステル

まとめ

登山用ザックは過酷な環境でも問題なく使えるように、通常のバックパックと比べて機能性や動きやすさを重視した設計になっています。しかし自分の身体に合っていないと折角の高いパフォーマンスを発揮できませんので、できれば購入前に実物を背負ってみることをおすすめします。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ