記事ID137440のサムネイル画像

【2019年徹底比較】人気の18カルディアのおすすめランキング10選

ダイワのリールの中でも人気シリーズである「カルディア」。従来の14カルディアからさらなる進化を遂げた18カルディアが話題になっています。今回は、そんな18カルディアの選び方やおすすめの人気商品をランキング形式でご紹介していきます。

インプレ記事でも話題の18カルディア

カルディアシリーズ」は、日本の釣り具メーカーであるダイワがリリースしているスピニングリールの中の人気のシリーズです。

前モデルの「14カルディア」や「17セオリー」からさらなる進化を遂げ、2018年に新しくリリースされた「18カルディア」が話題になっています。

今回は、人気の「18カルディア」の進化した機能や、他のモデルと比較しながら選び方、おすすめ商品をランキング形式でご紹介していきましょう。

18カルディアの選び方

18カルディアの選び方について新しい機能や、他のモデルと比較しながらご紹介します。

新機能をチェックして選ぼう

18カルディアに搭載された新しい機能がいくつかあります。それぞれの機能についてご紹介していきましょう。

「LT」というコンセプトで選ぶ

18カルディアは、リール全体の重量を軽量化されています。「LT」というのは、「軽い」という意味である「LIGHT」と、「丈夫」である「TOUGH」の頭文字から「LT」と付けられています。

さらにリール本体だけでなく、ハンドル部分やスプールなど各部品の重量も軽減されています。軽量ながらも丈夫で耐久性に優れた製品を生み出したいというコンセプトに基づいています。

ザイオンカーボン採用で選ぶ

18カルディアには、独自の「ザイオンカーボン」が使用されています。この「ザイオンカーボン」素材を採用することにより、軽量でありながらも強靭な耐久性を実現することが可能になっています。

ハンドルで選ぶ

18カルディアに採用されているハンドルのパーツもダイワならではの工夫が見られます。18カルディアのボディが軽量になっているのはもちろんでが、ハンドル部分にも軽量化を図る新しい工夫がされています。

18カルディアのには「アルミミシンカット」という新たな加工がほどこされたアルミ素材をハンドルの素材に採用しているため、従来に比べさらに軽さを実現しています。

ツインバスターⅡで選ぶ

18カルディアに搭載されている機能である「ツインバスター」によって従来のものに比べて大幅に糸よれを軽減することが可能になっています。

また、独自のベールの形状である「エアベール」を採用していますので、糸が絡みにくく、快適に使い続けることができます。

ドラグで選ぶ

18カルディアには、「ATD」と呼ばれる新開発のドラグが搭載されています。新開発のドラグを使用することにより、さらに糸が絡まりにくくなっているのが特徴です。

従来のモデルのように魚に気づかれないためにドラグを微調整する必要がなく、自動で対応することが可能になっています。

14カルディアと比較して選ぶ

14カルディアと比べた場合に相違点がいくつかあります。ご紹介しましょう。

スプールの形状をチェック

14カルディアと18カルディアを比較した場合、大きく変化しているのがスプールの形状であると言えます。18カルディアに採用されているスプールは、新開発された「肉薄アルミスプール」と言われるものです。

この新開発のスプールにより、太さや長さの異なるさまざまなラインに対応することができます。

ハンドルの違いをチェック

14カルディアのハンドルに比べて18カルディアに採用されているハンドルは、全体的にコンパクトなフォルムに変化しています。また、14カルディアに比べて軽やかな操作性に進化しています。

ドラグシステムにおいても大幅に進化しており、さらに使いやすさが向上しています。

デザインをチェック

シルバーのカラーでシンプルなデザインの14カルディアですが、18カルディアも同じく、スタイリッシュでシンプルなデザインが魅力です。

スプールのデザインが少し変更されており、黒いパーツが付属しているため、14カルディアよりもシャープな雰囲気のあるのが特徴です。使う方の年齢を問わず、誰でも使いやすいデザインが魅力です。

他の人気モデルと比較して選ぶ

シマノからリリースされているシリーズのうち、17セオリーとシマノのストラディックと比較してみましょう。

17セオリーと比較して選ぶ

17セオリーは、18カルディアと同じく、軽量化をコンセプトとされているシリーズのため、いくつか同じ部品が使われています。18カルディアと同様に「ATD」や「マグシールド」、「エアローター」などが搭載されており、軽量化を実現しています。

17セオリーの方が、18カルディアよりもリリースされた時期が早かったため、17セオリーを基にされている箇所が随所にあります。また、17セオリーのギアは、「マシンカットデジギア」を使用していますが、18カルディアのギアは、「タフデジギア」を採用しています。

さらに異なり、18カルディアのベアリング数よりも17セオリーのベアリング数が多く、回転の性能においては17セオリーが優れていると言えます。

15ストラディックと比較して選ぶ

ダイワではありませんが、シマノの代表的なルアー「15ストラディック」というもでると比較しましょう。シマノのは、他のモデルと比べて、シマノならではの巻き心地の良さに優れているのが特徴です。

18カルディアと比較した場合、15ストラディックのギアには「HAGANEギア」、「X-SHI」という独自のギアが採用されているため、巻き心地の良さは優れていると言えます。

サイズで選ぶ

18カルディアには、サイズによって7タイプがリリースされています。それぞれについてご紹介しましょう。

1000番サイズを選ぶ

18カルディアのサイズ中でもトラウトフィッシング用として多く使われる1000番サイズです。18カルディアシリーズでは、「パワーギア」と「シャロースプール」を搭載された「LT1000S-P」のみがリリースされています。

細いラインで時間をかけて巻き上げながら釣る方法に適したタイプと言えます。また、パワーアップしたドラグ力で、PEを使用する釣りでも対応することができます。

2000番サイズを選ぶ

18カルディアのサイズ中でもアジングなどの釣りに多く使われる2000番サイズです。巻きグセが付きがちなラインが使いやすいのが特徴です。

ゆっくりラインを巻き上げながら釣るメバリングなどには、ノーマルギア搭載の「LT2000S」が適しています、また、ロッドを使って動かすアジングなどの釣りには、エクストラギアが搭載された「LT2000S-XH」が適しています。

2500番サイズを選ぶ

18カルディアの中でも最も汎用性の高い2500番サイズです。「2500」と「2500S」の2タイプのスプールがあり、さらに「ノーマルギア」と「エクストラハイギア」との組み合わせにより4つの種類が展開されています。

シーバス釣りやバスフィッシングなどでも、幅広い汎用性があるのが魅力です。PE0.6号までを使用する場合は「LT2000」、PE0.8号以上を使用する場合には、「LT2500」を選ぶことをおすすめします。

3000番サイズを選ぶ

18カルディアの中でも3000番サイズのものは、2500番サイズのボディにとなるコンパクトボディと「エクストラハイギア」を合わせたモデルになっています。

200mのPE1号~1.2号を使用する時に最適のサイズです。ショアジギングやジギングなどの釣りにも適応することができます。

4000番サイズを選ぶ

18カルディアの中でも4000番サイズのものは話題のライトショアジギングにも対応することができるサイズです。軽量でラインの操作性に優れたバランスのとれたモデルです。

回転もスムーズですので、プラグ釣りなどにも最適です。またボディが大きめの「LT4000-CXH」を使用すれば、力の強い魚を引き上げる時にも対応することができます。

5000番サイズを選ぶ

18カルディアの中でも5000番サイズの大型のものは、磯釣りやオフショアなどでも適応できるサイズです。「LT5000D」の最後の「D」の文字は深溝であることを表しており、太いサイズのPEを使う釣りに適合しているという意味になります。

ただ、樹脂製のボディですのでパワーより軽量さを求める場合に適しています。

6000番サイズを選ぶ

18カルディアの中でも6000番サイズのものは、最も大きいサイズになります。最大サイズの「LT6000D」は、スプールやボディのサイズも最大であるため、重量も重ためになっています。

オフショアでのジギングやメタルジグを使用するショアジギングに最適のサイズです。

18カルディアの人気ランキング10選

第10位

ダイワ(DAIWA)

カルディア(2018) LT2500

価格:17,072円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幅広い汎用性で使いやすい

より軽量化を図るために開発された「AIR ROTOR(エアローター)」を採用しており、軽いながらも優れた強度があるのが特徴です。

回し初めの快適な軽い回し心地が魅力です。スプール前のツバ部分の独自の形状により、従来のものに比べて飛距離が約5%向上しています。

さらにバックラッシュが発生するのを抑制する「LongCast ABS」がとうさいされているため、ライントラブルのない快適な釣りを楽しむことができます。最も汎用性の高い2500番サイズですので、シーバス釣りやバスフィッシングなどに最適なおすすめのリールです。

スピニングリールサイズ2500自重190 g
最大ドラグ力10kg巻取り長さ75 cm
ギヤー比5.3
第9位

ダイワ(DAIWA)

カルディア(2018) LT2000S

価格:18,378円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小型の魚を釣るのに最適

糸を転がすことでローラーが回転しながら糸よれの発生を抑制する「ツイストバスターII」が採用されているのでライントラブルのない快適な釣りを楽しむことができます。磁力を持つ特殊なオイル「マグオイル」で油膜を作ります。

海水や異物の混入を防ぐ防水システム「MAGSEALED(マグシールド)」を採用していますので、なめらかな回し心地が持続します。比較的小型の魚を釣るのに最適な2000番のおすすめリールです。

また、内部が空洞になった仕組みの「AIR ROTOR(エアローター)」を搭載しているため、回り始めが軽く、軽量ながらも優れた強度があるのも魅力です。 

スピニングリールサイズ2000自重170 g
最大ドラグ力5 kg巻取り長さ68 cm
ギヤー比5.2
第8位

ダイワ(DAIWA)

カルディア(2018) LT6000D

価格:23,144円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

飛距離が大幅に向上

独自の「マグシールド」と「タフデジギア」を採用することにより、優れた耐久性があるのが特徴です。過酷な状況下で長期間使用しても耐久性に優れているため、長く使うことができます。軽量化を実現し、操作性も向上しているので使いやすいのが魅力です。

スプール部分に使われている素材は、特殊なアルミ素材を用いているので、従来のものに比べて薄く、薄肉の形状のスプールを採用しています。軽いので長時間にわたって釣りを続けても疲れにくく快適に楽しめます。

スプール前のツバ部分には特殊な形状の「LongCast ABS」を搭載しているため、従来のものに比べて飛距離が約5%向上しています。さらに、バックラッシュが発生する確率を軽減しているおすすめのリールです。

スピニングリールサイズ6000自重315g
最大ドラグ力12kg巻取り長さ92cm
ギヤー比5.1
第7位

ダイワ(DAIWA)

カルディア(2018) LT2500S

価格:17,360円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独自の形状のベールを採用

磁力を持つ独自の特殊なオイル「マグオイル」を採用し、油膜によって海水や異物の混入を防ぐ優れた防水システム「MAGSEALED(マグシールド)」を採用していますのでなめらかな巻き心地が持続します。

独自形状をしたベールによって、ラインローラーまで糸がスムーズに送り出される仕組みを採用しており、糸絡みなどのライントラブルを軽減し快適な釣りを楽しむことができます。

また、ベールの中心部分を中洞化した構造の「AIR BAIL (エアベール)」により、軽量化しながらも強度を大幅にアップされているのも魅力のおすすめのリールです。

スピニングリールサイズ2500自重185 g
最大ドラグ力5 kg巻取り長さ75 cm
ギヤー比5.3
第6位

ダイワ(DAIWA)

カルディア(2018) LT2500S-XH

価格:18,631円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独自のエアベールを採用し軽量化を実現

強い磁力を持つ特殊な独自のオイル「マグオイル」を使用しているため、油膜により異物や海水の混入を防ぐ「MAGSEALED(マグシールド)」機能が採用されていますので、なめらかな回転が持続します。

ローラーで転がすような糸を送り出すシステムにより、糸絡みなどのライントラブルを軽減します。ベール部分の中心部が空洞化されている「AIR BAIL (エアベール)」を採用しているため、さらに軽量化を実現しています。

また、ローラーの回転によって糸ヨレが発生しにくい「ツイストバスターII」を搭載しているため、糸が絡むことなく快適な釣りを続けることができます。シーバス釣りやバスフィッシングなどでも、幅広い汎用性があるおすすめのリールです。

スピニングリールサイズ2500自重185g
最大ドラグ力5kg巻取り長さ87cm
ギヤー比6.2
第5位

ダイワ(DAIWA)

カルディア(2018) LT5000D-CXH

価格:22,495円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量で軽い巻き心地が魅力

糸をころがすような形状になったローラーを回転させるため、糸ヨレの発生を抑制します。独自の「ツイストバスターII」を採用することにより、糸ヨレが劇的に解消されるため、ライントラブルのない快適な釣りを提供することができます。

また、独自開発の「薄肉アルミ製スプール」を採用し、軽くて長時間にわたって釣りを続けても疲れにくいのが魅力です。5000番サイズの大型のリールですので、磯釣りやオフショアなどの大型の魚を釣るのに適応できるサイズです。

また独自開発の中心部分が空洞になった「AIR ROTOR(エアローター)」を搭載し、より一層強度をアップさせながらも軽量で軽い巻き心地で快適に釣りを楽しむことができます。

スピニングリールサイズ5000自重240g
最大ドラグ力12 kg巻取り長さ105 cm
ギヤー比6.2
第4位

ダイワ(DAIWA)

カルディア(2018) LT2000S-XH

価格:17,449円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

長時間の釣りでも疲れにくい

独自開発の「マグシールド」を採用しており、「LT」のコンセプト通りの超軽量であるのが特徴です。初めての方から中級者の方まで幅広く使うことができるリールです。シンプルでスタイリッシュなデザインですので、他のパーツとの相性も良いのも魅力です。

ラインローラーまで糸が送り出される独自のベールの形状が採用されているため、糸絡みなどのトラブルも軽減されます。

また、ベール部分の中心部分が空洞になった「AIR BAIL (エアベール)」構造を採用し、重量を減らしながらも大幅に強度を向上させています。 軽くて長時間の釣りでも疲れにくいおすすめのリールです。

スピニングリールサイズ2000自重170g
最大ドラグ力5kg巻取り長さ81cm
ギヤー比6.2
第3位

ダイワ(DAIWA)

カルディア(2018) LT3000-CXH

価格:18,949円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独自の防水機能で異物の混入を防ぐ

強い磁気を放つ独自の特殊なオイル「マグオイル」を使用しているため、海水などの異物が混入するのを防ぐ機能「MAGSEALED(マグシールド)」を採用し、なめらかな回転を保てるので安心して使用することができます。

また、中の部分が空洞になった軽量ローター「AIR ROTOR(エアローター)」を使用しているため、より軽量化を実現しています。

独自のアーチ型の形状をしたローターを採用しているため、優れた強度がありながらも軽やかな回転が魅力のおすすめのリールです。

スピニングリールサイズ3000自重195g
最大ドラグ力10kg巻取り長さ93cm
ギヤー比6.2
第2位

ダイワ(DAIWA)

カルディア(2018) LT4000-CXH

価格:20,425円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バックラッシュの発生を抑制できる

ラインローラー部分にテーパーをかけた仕組みにより、糸を転がしながら糸よれを防ぐことができます。独自の機能「ツイストバスターII」が搭載されているため、糸よれの発生を防ぎ、快適な釣りを楽しむことができます。

スプールの前のツバ部分の形状を改良されているため、従来のモデルと比べて飛距離約5%の向上しました。さらに独自の「LongCast ABS」を搭載されていますので、バックラッシュの発生を抑制することも可能になっています。

スプールに使用されている素材は、高品質のアルミ素材を使用しており、「薄肉アルミスプール」という独自の形状の薄いスプールが搭載されています。

スピニングリールサイズ4000自重225g
最大ドラグ力12kg巻取り長さ99cm
ギヤー比6.2
第1位

ダイワ(DAIWA)

カルディア(2018) LT1000S-P

価格:16,623円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量で糸送りもスムーズ

小型リールの新基準である「LT」によりさらに軽量化を実現したモデルです。「マグシールド」や「タフデジギア」を採用することにより、優れた耐久性があるのが特徴です。

本体の重さ約170gと超軽量ですので、長時間にわたって投げ釣りを行っても腕に負担がかからず疲れにくいのも魅力です。独自のベール形状を採用し、スムーズに糸を送り出すことができるため、糸絡みなどのトラブルを軽減します。

また、ベール部分の内部が空洞になった「AIR BAIL (エアベール)」を採用しているため、軽量にもかかわらず優れた強度があるおすすめのリールです。

スピニングリールサイズ1000自重170g
最大ドラグ力5kg巻取り長さ60cm
ギヤー比4.8

18カルディアのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5022002の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 2
    アイテムID:5021999の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 3
    アイテムID:5021989の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 4
    アイテムID:5021977の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 5
    アイテムID:5021970の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 6
    アイテムID:5021959の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 7
    アイテムID:5021934の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 8
    アイテムID:5022520の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 9
    アイテムID:5021926の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 10
    アイテムID:5021924の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 商品名
  • カルディア(2018) LT1000S-P
  • カルディア(2018) LT4000-CXH
  • カルディア(2018) LT3000-CXH
  • カルディア(2018) LT2000S-XH
  • カルディア(2018) LT5000D-CXH
  • カルディア(2018) LT2500S-XH
  • カルディア(2018) LT2500S
  • カルディア(2018) LT6000D
  • カルディア(2018) LT2000S
  • カルディア(2018) LT2500
  • 特徴
  • 軽量で糸送りもスムーズ
  • バックラッシュの発生を抑制できる
  • 独自の防水機能で異物の混入を防ぐ
  • 長時間の釣りでも疲れにくい
  • 軽量で軽い巻き心地が魅力
  • 独自のエアベールを採用し軽量化を実現
  • 独自の形状のベールを採用
  • 飛距離が大幅に向上
  • 小型の魚を釣るのに最適
  • 幅広い汎用性で使いやすい
  • 価格
  • 16623円(税込)
  • 20425円(税込)
  • 18949円(税込)
  • 17449円(税込)
  • 22495円(税込)
  • 18631円(税込)
  • 17360円(税込)
  • 23144円(税込)
  • 18378円(税込)
  • 17072円(税込)
  • スピニングリールサイズ
  • 1000
  • 4000
  • 3000
  • 2000
  • 5000
  • 2500
  • 2500
  • 6000
  • 2000
  • 2500
  • 自重
  • 170g
  • 225g
  • 195g
  • 170g
  • 240g
  • 185g
  • 185 g
  • 315g
  • 170 g
  • 190 g
  • 最大ドラグ力
  • 5kg
  • 12kg
  • 10kg
  • 5kg
  • 12 kg
  • 5kg
  • 5 kg
  • 12kg
  • 5 kg
  • 10kg
  • 巻取り長さ
  • 60cm
  • 99cm
  • 93cm
  • 81cm
  • 105 cm
  • 87cm
  • 75 cm
  • 92cm
  • 68 cm
  • 75 cm
  • ギヤー比
  • 4.8
  • 6.2
  • 6.2
  • 6.2
  • 6.2
  • 6.2
  • 5.3
  • 5.1
  • 5.2
  • 5.3

まとめ

今回は、18カルディアの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。ぜひ参考にして18カルディアの購入をご検討してみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ