記事ID137436のサムネイル画像

【人気モデルのアルテグラも】シマノのリールおすすめランキング10選

釣り具のトップブランドで知られるシマノ。日本だけでなく、海外でも人気の高いシマノのリールの魅力とは何なのでしょう。今回は人気のシマノのリールについて選び方やおすすめアイテムをランキング形式でご紹介していきます。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

海外でも高い人気を誇るシマノのリール

日本のメーカーであるシマノは、釣り具トップメーカーとして知られていますが、実は自転車用部品のシェアは世界でトップシェアを誇るメーカーです。金属加工で有名な大阪府堺市に本社を置き、元々、鉄工所として設立された会社です。

自転車部品の一つである「ギア」を独自の高い技術を用いて開発製造し、海外進出を遂げています。シマノ独自の優れた金属加工技術は、世界的にもトップクラスと言えます。リールにおいても、高度な技術が搭載された高性能のリールは世界中で高く評価されています。

今回は、そんなシマノのリールの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介していきます。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

シマノのリールの選び方

シマノのリールを選ぶ時にチェックしておきたいポイントについてご紹介していきましょう。

大きさで選ぶ

シマノのリールは、大きさによって表記されている数字(番手)が異なり、「○○番」と呼ばれています。番手についてご紹介していきましょう。

500~2000番のルアーを選ぶ

シマノのリールの中で番手が500~2000番のものは、メバルを釣る(メバリング)時やトラウトの釣りなど、比較的小型の魚を釣る際に最適な大きさです。番手が小さいリールほど、コンパクトで軽量になります。

2500~3000番のルアーを選ぶ

シマノのリールの中で番手が2500~3000番のものは、バス釣りや餌釣りなど比較的中型の魚を釣るのに適しています。

3500~4000番のルアーを選ぶ

シマノのリールの中で番手が3500~4000番のものは、ソルトウォーターなどでのルアーフィッシングに用いられることが多く、比較的大型の魚を釣るのに適しています。

5000番以上を選ぶ

シマノのリールの中で番手が5000番以上のものは、特に大物を狙う時などに多く使用されています。番手が大きくなればなるほど大きく重量もあります。

スプールの違いで選ぶ

シマノのリールには、スプールの種類によって分類されています。ご紹介します。

ノーマルのスプールを選ぶ

シマノのリールの中でノーマルのスプールは、最も一般的に使用されているスプールです。ディープスプールや深溝スプールとも呼ばれることもあります。リールに番手の部分に特に記載されていないタイプは、このノーマルのスプールになります。

溝部分が深いのが特徴で、長さや太さが異なるさまざまなライン(糸)に対応することができます。中でもフロロカーボン製やナイロン製のラインに最適です。また、細いラインに使用する場合は、下巻きをしておく必要があります。

シャロースプールを選ぶ

シマノのリールの中でノーマルのシャロースプールは、その名の通り溝が浅い形状になっているのが特徴です。浅溝スプールとも呼ばれており、細いラインを使用する場合に適しています。

特にPE製のラインを使用するルアーフィッシングには最適のタイプになります。番手の部分の表記は「○○S」というように番号の後ろに「S」が付いているものがこのシャロースプールになります。

ハンドルの違いで選ぶ

シマノのリールには、ハンドルの種類によっていくつかに分類されています。ご紹介します。

シングルハンドルを選ぶ

シマノのリールの中でシングルハンドルと言われるものがあります。シングルハンドルのリールは、最も一般的なハンドルになります。シングルハンドルのノブ部分の形には、I型とT型があります。

シングルハンドルのルアーは、他のハンドルのタイプのルアーと比較すると軽量であるのが特徴です。ただ、軽量である分、ノブ部分側に重心が偏る傾向にあるため、ハンドルを停止した際に勝手に回転してしまいやすいので注意が必要です。

ダブルハンドルを選ぶ

シマノのリールの中でダブルハンドルと呼ばれる種類のものがあります。ダブルハンドルのリールは、二つのハンドルがあるのが特徴です。「○○DH」というように番手の数字の後ろに「DH」と付いているものになります。

ルアー釣りや深釣り、エギングなどに適しています。ダブルハンドルのルアーは、シングルのものと比較すると重心が偏りにくくバランスに優れているので、巻き取りもスムーズに行うことができます。

また、シングルのように勝手にハンドルが回転してしまうこともなく安心です。ただ、シングルハンドルよりも重量があり、価格帯も高めですのでチェックしておきましょう。

パワーハンドルを選ぶ

シマノのリールの中でパワーハンドルと呼ばれる種類のものがあります。パワーハンドルのリールは、ノブ部分が大きく丸い形をしているのが特徴です。握りやすい形状をしているため、力を入れてやすくしっかりと巻き上げることができます。

特にショアジギングやカゴ釣りなど、力の強い大型の魚を引き上げる際に適しているタイプになります。

ギア比で選ぶ

シマノのリールには、ギア比の違いによって分類されています。ご紹介します。

ハイギアのものを選ぶ

シマノのリールの中でもギア比がハイギアのものがあります。ハイギアのリールは、通常のギア比のルアーと比較した場合、ハンドルが1回転した時に糸を巻く量が多くなっているのが特徴です。

番手の数字の表記部分に「○○HG」というように、「HG」や「XG」が付いているものがこのハイギアタイプになります。ショアジキングなどのように素早く糸を巻き上げたい場合や、ルアーを素早く動かす時に適しています。

ただ、通常のギア比のルアーと比較した場合、ギア比の数値が高いほど重く、ハンドルを回す力も多く必要になり負担がかかりやすいので、注意が必要です。

パワーギアを選ぶ

シマノのリールの中でもギア比がパワーギアのタイプのものがあります。ローギアとも呼ばれています。パワーギアのリールは、通常のギア比のルアーと比較した場合、ハンドルが1回転した時に糸を巻く量が少ないのが特徴です。

番手の数字の表記部分に「○○PG」というように、「PG」が付いているものがこのパワーギアタイプになります。巻き取る糸の長さが少ないため、ハンドル1回転あたりの糸の長さを長くするために大型のリールが多く見られます。

メバリングのようにゆっくりとルアーを動かしながら釣る時などに適しています。さらにパワーギアのものは、巻き上げるパワーが強いため、ジギングなどの大型の魚を狙う際にも多く用いられています。

機能で選ぶ

シマノのリールには、さまざまな機能が付いているものがあります。ご紹介しましょう。

ドラグ付きのものを選ぶ

シマノのリールの中にはドラグが付いているタイプのものがあります。ドラグというのは、糸に一定の力がかかって引っ張られた場合にスプールが回転し、糸が自動的に出ていくシステムのことを言います。

ドラグ付きのリールを使えば、力の強い魚がかかった場合にも、糸が切れてしまうのを防げます。上部にあるドラグノブを回して調整でき、右に回せば強くなり、左に回せば緩めることが可能です。また、左に回し続ければ、ドラグノブとスプール部分を取り外せます。

ストッパーレバー付きのものを選ぶ

ストッパーレバーが付いているタイプのシマノのリールがあります。本体側にある小さなレバーのことをストッパーレバーと言います。このレバーを回転させることで、逆にハンドルを回すことができるように切替えることができます。

竿を投げる時やもう少し糸を出したい時にストッパーレバーを使います。また、深釣りをする際にハンドル部分を逆方向に回して仕掛けをゆっくりと落とす時などにも使用します。

一つのリールで複数の種類の釣りをする場合には、ストッパーレバーが付いたタイプのリールがおすすめです。

投げ釣り専用のものを選ぶ

シマノのリールの中には投げ釣り専用のものがあります。投げ釣り専用のリールは、大きなスプールで、投げた時に糸が出やすい形状になっているのが特徴です。ハンドル1回転につき糸を巻き取る量が多く、遠くまで投げた糸を少ない回転数で糸を巻き取ることができます。

また、投げ釣り専用のリールの中にはドラグが付いていないタイプのものがあります。力の弱い比較的小型の魚であれば、ドラグが付いていないタイプの方が糸で指をきってしまう危険もなく安心です。

さらにドラグ付きのものでもロックの切替えが素早くできるタイプのものもありますのでチェックしてみましょう。

ラインを巻ける長さで選ぶ

シマノのリールには、ラインを巻くことができる長さの違いによっていくつかあります。ご紹介しましょう。

150m巻けるものを選ぶ

シマノのリールの中で150mの糸を巻き取ることができるものは、最も一般的なものと言えます。最も汎用性が高いタイプですので、初めてシマノのリールを購入する方であれば、150mのラインを巻くことができるものを基準に選ぶことをおすすめします。

100m巻けるものを選ぶ

シマノのリールの中で100m前後の糸を巻き取ることができるものがあります。50mを超える距離に投げることが無いのであれば、100m前後の糸を巻くことができるもので十分適応することができます。

無駄に長く巻けるタイプを使用しても問題ない場合は、100mの糸を巻けるものであればその分、軽量になるのでおすすめです。

200m以上巻けるものを選ぶ

シマノのリールの中で200m以上の糸を巻き取ることができるタイプのものがあります。釣り場の水深が20m以上あるところで使用する時には、200m以上の糸を巻くことができるものが適しています。

また、大きな魚がかかることが予想される場合にも200m以上の糸が巻けるタイプのものを使う必要があります。

シマノのリールの人気ランキング10選

第10位

シマノ(SHIMANO)

17 ソアレ CI4+ 500S

価格:23,561円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ラインの繊細な動きもわかりやすい

シマノのリールの中でも最も番手の低いタイプのリールです。メバリングやアジングなどのような小型の魚を釣る時に適しています。 超軽量の140gですので、僅かなラインの動きも分かりやすく、繊細に操作することができます。

軽量で耐久性に優れたシマノ独自のカーボン素材の「CI4+」を使用していますので、これまでにない軽量な使用感が魅力です。軽量で独自に新設計されたハンドルを使用しているため、長時間にわたる釣りでも腕に負担がかかりにくく疲れにくいおすすめのリールです。

比較的小型の魚を釣るという方にはおすすめのリールです。

自重140g最大巻上長(ハンドル1回転あたり)69cm
最大ドラグ力3kgナイロン糸巻量2.5号100m
第9位

シマノ(SHIMANO)

17 コンプレックスCI4+ 2500S F6

価格:23,528円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バスフィッシングをされる方におすすめ

シマノのリールの中でも軽量なタイプで、長い時間にわたって投げ続けても負担が少ないので疲れにくいのが特徴です。特にバス釣りにはおすすめの最適なルアーです。

また、随所にカーボン素材が使用されているため、繊細なラインの動きも手元に伝わりやすいのも魅力です。

自重185g最大巻上長(ハンドル1回転あたり)73cm
最大ドラグ力4kgナイロン糸巻量5号130m
第8位

シマノ(SHIMANO)

17 セドナ C3000

価格:4,284円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幅広い汎用性で初心者の方にも安心

シマノのリールの中でも特にコストパフォーマンスに優れたタイプのリールです。上位モデルと比べて採用している素材や強度は劣りますが、構造自体はほぼ同等ですので十分な機能性があります。

高機能でリーズナブルですので特に初心者の方にはおすすめのリールです。また、最も一般的なタイプで適応できる釣りの種類の範囲も広いため、初めてシマノのリールを購入する方にもおすすめです。

自重250g最大巻上長(ハンドル1回転あたり)73cm
最大ドラグ力9kgナイロン糸巻量3号150m
第7位

シマノ(SHIMANO)

16 ナスキー 2500

価格:8,554円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高い機能性がありながらもリーズナブル

独自に開発された「X-SHIP」機能を採用していますので、効率よく巻き取ることができます。また、「HAGANEギア」が搭載されているため、強度が高く優れた耐久性が魅力です。

上位モデルと同等の機能性がありながらもリーズナブルな価格帯であるのもおすすめのポイントです。コストパフォーマンスに優れたリールをお探しの方には特におすすめのリールです。

自重250g最大巻上長(ハンドル1回転あたり)73cm
最大ドラグ力9kgナイロン糸巻量2.5号150m
第6位

シマノ(SHIMANO)

18 エクスセンス CI4+ C3000MHG

価格:25,650円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ロングキャストを続けても疲れにくい

シマノのリールの中でもシーバスフィッシングをする方には特におすすめのリールです。カーボン素材を使用しているため、軽量なのが特徴です。

軽量ですので長い時間にわたって長い距離に投げ続けても腕に負担がかからず、疲れにくいのが魅力です。ルアーフィッシングをすることが多い方にはおすすめのルアーです。

自重195g最大巻上長(ハンドル1回転あたり)88cm
最大ドラグ力9kgナイロン糸巻量2.5号110m
第5位

シマノ(SHIMANO)

18 ステラ 3000MHG

価格:62,155円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

巻き取りのスムーズ感はマキタならでは

シマノのリールの中でも最上位モデルのリールです。優れた防水性があるのが特徴です。シマノ独自の優れた技術を採用しているので、巻き取る時のスムーズさが魅力です。

また、専用のケースが付属されているため、保存や持ち運びにも便利でおすすめです。ルアーフィッシングをされる方には特におすすめのルアーです。

自重225g最大巻上長(ハンドル1回転あたり)86cm
最大ドラグ力9kgナイロン糸巻量2.5号110m
第4位

シマノ(SHIMANO)

17 サステイン 4000XG

価格:24,928円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

抜群のコストパフォーマンスが魅力

シマノのリールの中でもミドルクラスのシリーズのリールです。軽量で強度が高くバランスが取れているのが特徴です。上位のモデルと同程度の機能がありながらもリーズナブルなのが魅力です。

コストパフォーマンスに優れたシーバス釣りやルアーフィッシングなどにも使いやすいおすすめのルアーです。

自重285g最大巻上長(ハンドル1回転あたり)99cm
最大ドラグ力11kgナイロン糸巻量4号150m
第3位

シマノ(SHIMANO)

18 ストラディック SW 5000XG

価格:21,559円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大型を狙うのであればこちらがおすすめ

シマノのリールの中でも特に大型の魚を釣るのに特に適したリールです。ハンドル1回転につき1mの長さの糸を巻き上げることができるため、投げ入れた糸の長さを計算しやすいもの魅力です。

船に乗ってキャスティングする時や、マダイやヒラマサを釣るのにもおすすめのルアーです。ローラークラッチやラインローラー部分に防水性に優れた「Xプロテクト」を使用しています。さらに、硬く強い「HAGANEギア」を搭載しているため、高い耐久性が魅力です。

強い力がかかっても軽い力でリールをコントロールできる独自の機能「X-SHIP」を採用しています。また、「カーボンクロスウォッシャ」や「CI4+ハンドルノブ」を採用しているため操作性が高く、優れた耐久性のあるおすすめのルアーです。

自重310g最大巻上長(ハンドル1回転あたり)103cm
最大ドラグ力11kgナイロン糸巻量5号150m
第2位

シマノ(SHIMANO)

17 サハラ 4000XG

価格:6,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高機能ギアのエクストラハイギアを搭載

シマノのルアーの中でも海でルアーフィッシングをする時におすすめのルアーです。リーズナブルな価格でありながらも、独自に開発された高機能なギア「XG(エクストラハイギア)」を採用しているコストパフォーマンスに優れているのが魅力です。

エクストラハイギアを試してみたいという方や初心者の方にもおすすめのリールです。

自重295g最大巻上長(ハンドル1回転あたり)99cm
最大ドラグ力11kgナイロン糸巻量4号150m
第1位

シマノ(SHIMANO)

アリビオ 2500 3号120m 糸付

価格:3,091円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

糸巻き済みなのですぐに使える

シマノのリールの中でも初めから糸巻きが施されているタイプのルアーです。糸巻き済みですので、すぐに使うことができるのが魅力です。広い汎用性がありますので、初めてシマノのリールを購入する初心者の方にもおすすめです。

独自に開発された優れた技術「AR-Cスプール」を採用しているのでライントラブルを防ぎます。

自重260g最大巻上長(ハンドル1回転あたり)73cm
最大ドラグ力3kgナイロン糸巻量3号120m

シマノのリールおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5020889の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 2
    アイテムID:5020888の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 3
    アイテムID:5020883の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 4
    アイテムID:5020879の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 5
    アイテムID:5020875の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 6
    アイテムID:5020874の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 7
    アイテムID:5020872の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 8
    アイテムID:5020869の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 9
    アイテムID:5020866の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 10
    アイテムID:5020858の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 商品名
  • アリビオ 2500 3号120m 糸付
  • 17 サハラ 4000XG
  • 18 ストラディック SW 5000XG
  • 17 サステイン 4000XG
  • 18 ステラ 3000MHG
  • 18 エクスセンス CI4+ C3000MHG
  • 16 ナスキー 2500
  • 17 セドナ C3000
  • 17 コンプレックスCI4+ 2500S F6
  • 17 ソアレ CI4+ 500S
  • 特徴
  • 糸巻き済みなのですぐに使える
  • 高機能ギアのエクストラハイギアを搭載
  • 大型を狙うのであればこちらがおすすめ
  • 抜群のコストパフォーマンスが魅力
  • 巻き取りのスムーズ感はマキタならでは
  • ロングキャストを続けても疲れにくい
  • 高い機能性がありながらもリーズナブル
  • 幅広い汎用性で初心者の方にも安心
  • バスフィッシングをされる方におすすめ
  • ラインの繊細な動きもわかりやすい
  • 価格
  • 3091円(税込)
  • 6400円(税込)
  • 21559円(税込)
  • 24928円(税込)
  • 62155円(税込)
  • 25650円(税込)
  • 8554円(税込)
  • 4284円(税込)
  • 23528円(税込)
  • 23561円(税込)
  • 自重
  • 260g
  • 295g
  • 310g
  • 285g
  • 225g
  • 195g
  • 250g
  • 250g
  • 185g
  • 140g
  • 最大巻上長(ハンドル1回転あたり)
  • 73cm
  • 99cm
  • 103cm
  • 99cm
  • 86cm
  • 88cm
  • 73cm
  • 73cm
  • 73cm
  • 69cm
  • 最大ドラグ力
  • 3kg
  • 11kg
  • 11kg
  • 11kg
  • 9kg
  • 9kg
  • 9kg
  • 9kg
  • 4kg
  • 3kg
  • ナイロン糸巻量
  • 3号120m
  • 4号150m
  • 5号150m
  • 4号150m
  • 2.5号110m
  • 2.5号110m
  • 2.5号150m
  • 3号150m
  • 5号130m
  • 2.5号100m

まとめ

日本のみならず、世界中で人気の高いシマノのリール。今回は、そんな人気のシマノのリールの選び方やおすすめ商品をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。今回ご紹介したことを参考に、ぜひシマノのリールの購入をご検討してみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ