記事ID137430のサムネイル画像

【最高音質】人気のハイレゾ音源プレイヤーおすすめランキング10選

ハイレゾ音源を聴く方法はたくさんあります。その中でも手軽に聴くことができるのは、ハイレゾ音源に対応しているプレイヤーを使用して聴くことです。今回は、ハイレゾ音源プレイヤーを性能やメーカー、価格をもとにランキング形式で紹介します。

ハイレゾ音源は最高の音質です

最近では、スマホで対応している機種も増えてきましたが、ハイレゾ音源を気軽に楽しむには、プレイヤーがおすすめです。イヤホンがセットになっているハイレゾ音源に対応しているプレイヤーを購入すれば、あとは好きな曲をダウンロードするだけです。

 

ハイレゾの特徴としては、高解像度な音を再生することができることにあります。CDよりも多くの情報を得て音楽を再生することになります。音も細かさやリアルな質感を表現することもできます。映像でいうDVDとBlu-rayくらいの違いがあります。

 

音の最高峰のハイレゾ音源ですが、今ではリーズナブルに対応しているプレイヤーを購入することができるようになりました。そこで、今回は、ハイレゾ音源に対応しているプレイヤーを性能やメーカー、価格をもとにランキング形式で紹介します。

ハイレゾ音源プレイヤーの選び方

ハイレゾ音源のプレイヤーの選び方は、性能や価格、メーカーから選ぶと多くの種類があります。リーズナブルなものから機能が豊富なものもあり、今回は、性能やメーカーを紹介します。

性能で選ぶ

音楽を保存しておく容量から、ハイレゾ音源を聴くことができるイヤホンが付属しているかどうかなど、購入する際に気をつけて欲しいことは多くあります。せっかく購入するのであれば、ベストなハイレゾ音源対応プレイヤーを購入しましょう。

容量

ハイレゾ音源の曲は、CDよりも情報が多いので、普通の曲よりもデータの容量が大きいです。データは4から6倍も大きくなります。せっかくハイレゾ対応のプレイヤーを購入しても数曲しか入っていないと音楽プレイヤーとしての役割が果たせません。

 

もちろん、ハイレゾ音源以外の音楽を入れておくこともできるのですが、せっかくならハイレゾ音源を多く保存したいです。ほとんどの種類が16GB程しか本体でデータを保存をすることが出来ません。

 

中にはMicroSDカードを使用して256GBまで拡張することができるものもあります。たくさん曲を保存したいのであれば、本体の容量の確認はもちろんの事、データを拡張することができるものもおすすめです。

画面の大きさ

画面の大きさが大きい方が、操作がしやすいです。曲を探していても画面が小さいとすぐに聴きたい曲を探すこともできません。ほとんどの種類が本体の半分くらいが液晶画面となっていますが、8割以上が画面のものもあります。

 

昔ながらの本体に音量のボリュームがある音楽プレイヤーもありますが、操作のしやすさや画面の見やすさを考えて購入するようにしましょう。ハイレゾ音源に対応しているプレイヤーの中には動画を観ることができる機種もあります。

 

音楽以外にも楽しみたいのであれば、大きい画面で動画も一緒に楽しむのがおすすめです。

イヤホン

ハイレゾ音源のデータがあっても、再生する機種とハイレゾ音源を奏でる高性能のイヤホンやヘッドフォン、スピーカーが必要になってきます。ハイレゾ音源に対応しているプレイヤーを購入する際には、セットになっているものもおすすめです。

 

まだイヤホンを持っていないのであれば、改めてイヤホンやヘッドフォン等を購入しなくてはなりません。そうならない為にも、音楽を聴く道具がないのであれば、セットでイヤホンも付いているものを選びましょう。

 

せっかくハイレゾ音源の音楽を聴くのであれば、万全の環境で聴いてください。

メーカーで選ぶ

今回は、ハイレゾ音源対応プレイヤーを販売している日本のメーカーでおすすめなところを紹介します。それぞれに特徴がありますので、お気に入りのメーカーから購入するのも良いでしょう。

SONY

SONYは歴史のある音楽プレイヤーのウォークマンでハイレゾ音源を楽しむことが出来ます。音楽プレイヤーといえばウォークマンですが、SONYのハイレゾ音源を再生することができるシステムにはSONY独自の性能があります。

 

その音がハイレゾでなくても、しっかりと表現することが出来ます。CDやMP3を自動でアップスケーリングすることによりハイレゾ相当の音を楽しむことができるおすすめの機能もあります。

 

今の流行りは、ワイヤレスのイヤホンやヘッドフォンですが、SONYの音楽プレイヤーはワイヤレスでも良い音を実現することが出来ます。「LDAC」の機能でワイヤレスが途切れることなくハイレゾ音源の音を実現します。

ONKYO

ONKYOは1946年に創業をして、2010年に設立したオーディオ製品を製造している大阪のメーカーです。独自でハイレゾ音楽配信サイトを持っているので、好きな音楽をダウンロードをすることが出来ます。

 

AVレシーバーからダウンロードする音楽配信サイトまでONKYOで揃えたいのであれば、ONKYOがおすすめです。音楽サイトから音楽をダウンロードした音楽は、ONKYOで再生されるのにベストになるように考えられています。

 

日本のメーカーが製造した商品が欲しい場合にも、おすすめのメーカーとなっています。

パイオニア

パイオニアは、ONKYOと同じグループに属していますが、異なる商品として開発しています。スピーカーやヘッドフォンに、補聴器まで開発しているので音に関しては、こだわりのあるメーカーとなっています。

 

オーディオプレイヤーも、時代の最先端を切り開いてきたパイオニアの技術が音に込められた製作者の意図に忠実に再現をすることが出来ます。CDを超えた、高音質なサウンドを楽しむことが出来ます。

 

手軽にハイレゾ音源を楽しむのにも、おすすめなのがパイオニアのハイレゾプレイヤーです。

価格で選ぶ

性能で選ぶなら、2万円を境に変わってきます。とりあえずハイレゾ音源の音楽を聞いてみたいのであれば、1万円以下のものも多くあります。それぞれの価格帯でどういった商品があるのかを紹介します。

2万円未満

ハイレゾ対応の音楽プレイヤーは、2万円を出すとほとんどの種類を購入することが出来ます。国産のメーカーのものであれば、SONYのウォークマンも購入出来ます。2万円程度だと、上位機種を購入することは出来ないので注意してください。

 

ハイレゾ初心者であれば、1万円以上の音楽プレイヤーを購入するのも考えてしまいます。限られた予算の中でも購入できるものとして、1万円以下でもハイレゾ音源を体感することが出来ます。リーズナブルにハイレゾ音源を体感したいのであれば、イヤホン付きがおすすめです。

 

まずは、ハイレゾ音源を経験してみたい人にも手頃な価格で購入することが出来るようになったのも、これからの音楽の発展に貢献できることでしょう。

2万円以上

2万円以上の予算があるのであれば、ミドル機以上のものを購入することが出来ます。ミドル機のものはメーカーが独自で開発したアンプを搭載している場合が多く、それぞれの特徴を感じることのできるモデルが多くあります。

 

ハイレゾ音源の音楽だけでなく、CDのデータを保存した曲もしっかりと高品質な音に表現してくれる機能があるのも嬉しいポイントです。音楽を身近に楽しみたいのであれば、ミドル機以上のハイレゾ音源対応のプレイヤーの購入をおすすめします。

 

価格の高い機種にはそれなりの理由があり、ハイエンドモデルになるほど音の良さに感動することでしょう。

人気のハイレゾ音源プレイヤーおすすめランキング10選

第10位

ZERO START

mp3プレーヤー NS-MP3-A58

価格:3,599円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

誰でも音楽を楽しむことができるハイレゾプレイヤーです

多彩な機能が詰まったハイレゾプレイヤーです。FMラジオを聴くこと以外にも、歩数計や録音、動画を観ることも出来る万能なプレイヤーとなっています。これが1台あるだけで、ほとんどのことをすることが出来るので、ハイレゾ音源を聴きたい以外にもおすすめです。

 

マイクロSDカードを使用すると、64GBまで容量を拡張することが出来ます。ブルートゥース機能も搭載しているので、対応しているイヤホンやヘッドフォンを使用するのもおすすめです。コードが邪魔になることなく使用することが出来ます。

 

音量ボタンが独立していて、片手でも簡単に操作をすることが出来るので、画面を見なくてもバッグに入れたまま操作をすることが出来るのもポイントです。

機能FMラジオ容量8GB
画面サイズ1.8インチ使用時間46時間
第9位

コウォンジャパン

ハイレゾプレーヤー PLENUE D PD-32G-SB

価格:22,009円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルなデザインで操作もやりやすいプレイヤーです

シンプルなデザインで、見た目で選ぶ方には嬉しい賞も受賞しています。ビジュアルグランプリ2018と2019で受賞をしているデザインにも注目のハイレゾプレイヤーとなっています。シンプルなので、操作もしやすくなっています。

 

microSDカードで128GBまで拡張することも出来切るので、安心して多くの曲を入れることが出来ます。音質も、高品質な24bit/192kHzStereoDACを搭載しているので、聴いた瞬間その違いを感じることができることでしょう。

 

手のひらサイズで、持ち運ぶのも便利なので、小さいプレイヤーを探している人にもおすすめです。

 

機能手のひらサイズ容量32GB
画面サイズ2.8インチ使用時間51時間
第8位

AGPTEK

デジタルオーディオプレーヤー

価格:12,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独立ボリュームボタンが使用しやすいプレイヤーです

最高クラスのDAC、TI PCM 5102を搭載しているので、リーズナブルな価格からは想像の出来ない高音質な音楽で音楽を楽しむことが出来ます。受信機として使用することも出来るので、アンプとしても使用することがおすすめです。

 

Bluetoothスピーカーに接続してからスマホと接続することにより、アンプとしても使用することで、今ある曲も高音質で楽しむことが出来ます。アプリをダウンロードすることでスマホで操作をすることが出来るのもおすすめです。

 

音量のボタンも独立していて、アルミのボディも魅力的です。見た目も機能にもこだわりたい人にもおすすめのハイレゾプレイヤーです。

機能Bluetooth搭載容量0GB
画面サイズ2インチ使用時間25時間
第7位

HIDIZS

MP3プレーヤー

価格:10,399円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本オーディオ協会のHi-Res認証を取得しています

AKM社のDACとMAXIMアンプを搭載しているので、超高解像度を実現しているハイレゾプレイヤーです。日本オーディオ協会のHi-Res認証を取得しているので、音質に関しては間違いないものとなっています。1万円台で購入できる中でも特におすすめです。

 

嬉しい機能として、USB接続をすることができるので、USBケーブルでパソコンやスマホに接続すると、アンプとしても使用することが出来ます。気軽に聴いていた音楽を一味違った高品質なものにしたいのであればおすすめです。

 

Bluetoothも搭載しているので、イヤホンやヘッドフォンをコードレスで使用することも出来ます。

機能USB接続可能容量0GB
画面サイズ2インチ使用時間10時間
第6位

wiwoo

MP3プレーヤー MP3-H5

価格:3,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルにハイレゾを楽しみたいのであればこちらがおすすめです

イヤホンがセットになっているので、すぐに使用することができるハイレゾプレイヤーです。それなのに5,000円以下なのも魅力です。価格が安いのに機能は豊富にあり、AUX端子に対応しているのも外部と接続することが出来るのでおすすめです。

 

ドライブに使用すると、Bluetoothで接続することもAUXで接続することも出来るので、高音質で好きな音楽が聴くことができるのでおすすめです。いつもと違ったドライブになること間違いないです。

 

ドライブ以外にも、アームバンドも付属するので、運動をする時のお供にすることも出来ます。様々な使い方に合った使用をすることができるので、おすすめです。メーカー保証も1年間付いているので何かあった時にも安心して使用することが出来ます。

機能録音機能容量16GB
画面サイズ1.8インチ使用時間25時間
第5位

パイオニア(Pioneer)

デジタルオーディオプレーヤー XDP20W

価格:26,525円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大きな画面で操作のやりやすいハイレゾ対応プレイヤーです

片手で使えるコンパクトなボディからは想像することが出来ないくらいの高性能なハイレゾプレイヤーです。おすすめの機能は、アップサンプリング機能です。ラジオもCDもハイレゾのような高音質で音楽を楽しむことが出来るので、いろんな曲を聴いてみたくなります。

 

ESS社製のDAC ES9018C2MとアンプのSABRE 9601Kを2基ずつ搭載することにより、クリアで高音質な広がりのあるサウンドを実現することに成功した、贅沢なモデルとなっています。さらに低音は5段階で調整することが可能です。

 

カラーも3色から選ぶことが出来るので、見た目も性能にもこだわりない人におすすめです。画面が大きくて、直感的に操作することの出来ます。

機能アップサンプリング機能容量16GB
画面サイズ2.4インチ使用時間15時間
第4位

dodocool

ハイレゾ プレイヤー

価格:5,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ラジオを聴くこともできる優れたハイレゾ対応プレイヤーです

最大30時間使用することが出来るので、外出する時にしようしても1日持つことが出来るハイレゾプレイヤーです。micoSDカードを使用すれば256GB拡張することが出来ます。内蔵されている容量だけでも2,000曲保存できますが、それ以上に保存をすることが可能です。

 

ハイレゾ音源は、CD音源の最大で6倍以上も情報量のある音源なので、限りなく生で聴いているようなサウンドを体感することが出来ます。音楽を聴く以外にも、ボイスレコーダーが付いていたり、FMラジオを聴くことが出来るのも嬉しい機能です。

 

本体の素材もアルミとなっていて、高級感のある作りとなっているので、おすすめです。

機能ボイスレコーダー容量8GB
画面サイズ2インチ使用時間30時間
第3位

ソニー(SONY)

ウォークマン ZXシリーズ NW-ZX300

価格:60,566円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ウォークマン最高傑作です

ハイレゾ対応のウォークマンの最高傑作と言っての良いほどの性能となっています。最高の音を出すためには、素材にもこだわりがあります。アルミシャーシを採用して、音響効果と高剛性を両立しました。

 

圧縮された音源に対してもアップスケーリング機能によってハイレゾ相当にパワーアップするのに、どの音楽を聴いていても高音質で聴くことが出来ます。DSDネイティブ再生とWAV再生に対応しているのもポイントです。このZXシリーズから採用されています。

 

SONYの本気のハイレゾ音源を聴きたいのであれば、おすすめのハイレゾプレイヤーとなっています。

機能フルデジタルアンプ搭載容量64GB
画面サイズ3.1インチ使用時間30時間
第2位

オンキヨー(Onkyo)

デジタルオーディオプレイヤー DP-CMX1

価格:54,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ONKYOのこだわりが詰まったハイレゾ対応プレイヤーです

このハイレゾプレイヤーは、スマホとしても使用することが出来るようにAndroidOSを搭載したものとなっています。ハイレゾ音源の音楽を聴く以外にも、動画も写真も保存可能な大容量の128GBも内蔵しているハイレゾプレイヤーです。

 

プレイヤーとしてもONKYOもこだわりがあり、フルバランス回路設計に加え、最高水準のDACとアンプを搭載しています。ONKYOが長年にわたり培われた、オーディオ技術が注がれています。スマホを音で選ぶのもいいのではないかと思わせるハイレゾプレイヤーです。

 

パソコンを使用しなくてもそのまま音楽をダウンロードすることが可能なのもおすすめです。

機能AndroidOS搭載容量128GB
画面サイズ5インチ使用時間22時間
第1位

ソニー(SONY)

ウォークマン Aシリーズ NW-A55

価格:20,301円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ウォークマンといったらSONYです

音楽を持ち運ぶと言ったらSONYのウォークマンです。そのウォークマンからハイレゾ音源のプレイヤーとして登場した商品は、まだハイレゾ音源を経験したことがない人にも、経験をしたことがある人にもおすすめです。

 

性能もしっかりとしていて、高音域再生におけるノイズ除去性能を高めたフルデジタルアンプS-Master HXを搭載しています。圧縮された音源もハイレゾ相当にアップスケーリングすることが出来るので、どんな音楽でも初めて聴くようなクリアな音になります。

 

SONYが好きな人にも、音楽が好きな人にもおすすめできるハイレゾプレイヤーです。

機能NFC搭載容量16Gb
画面サイズ3.1インチ使用時間46時間

ハイレゾ音源プレイヤーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5020573の画像

    ソニー(SONY)

  • 2
    アイテムID:5020572の画像

    オンキヨー(Onkyo)

  • 3
    アイテムID:5020570の画像

    ソニー(SONY)

  • 4
    アイテムID:5020569の画像

    dodocool

  • 5
    アイテムID:5020568の画像

    パイオニア(Pioneer)

  • 6
    アイテムID:5020567の画像

    wiwoo

  • 7
    アイテムID:5020566の画像

    HIDIZS

  • 8
    アイテムID:5020565の画像

    AGPTEK

  • 9
    アイテムID:5020564の画像

    コウォンジャパン

  • 10
    アイテムID:5020563の画像

    ZERO START

  • 商品名
  • ウォークマン Aシリーズ NW-A55
  • デジタルオーディオプレイヤー DP-CMX1
  • ウォークマン ZXシリーズ NW-ZX300
  • ハイレゾ プレイヤー
  • デジタルオーディオプレーヤー XDP20W
  • MP3プレーヤー MP3-H5
  • MP3プレーヤー
  • デジタルオーディオプレーヤー
  • ハイレゾプレーヤー PLENUE D PD-32G-SB
  • mp3プレーヤー NS-MP3-A58
  • 特徴
  • ウォークマンといったらSONYです
  • ONKYOのこだわりが詰まったハイレゾ対応プレイヤーです
  • ウォークマン最高傑作です
  • ラジオを聴くこともできる優れたハイレゾ対応プレイヤーです
  • 大きな画面で操作のやりやすいハイレゾ対応プレイヤーです
  • リーズナブルにハイレゾを楽しみたいのであればこちらがおすすめです
  • 日本オーディオ協会のHi-Res認証を取得しています
  • 独立ボリュームボタンが使用しやすいプレイヤーです
  • シンプルなデザインで操作もやりやすいプレイヤーです
  • 誰でも音楽を楽しむことができるハイレゾプレイヤーです
  • 価格
  • 20301円(税込)
  • 54500円(税込)
  • 60566円(税込)
  • 5999円(税込)
  • 26525円(税込)
  • 3999円(税込)
  • 10399円(税込)
  • 12999円(税込)
  • 22009円(税込)
  • 3599円(税込)
  • 機能
  • NFC搭載
  • AndroidOS搭載
  • フルデジタルアンプ搭載
  • ボイスレコーダー
  • アップサンプリング機能
  • 録音機能
  • USB接続可能
  • Bluetooth搭載
  • 手のひらサイズ
  • FMラジオ
  • 容量
  • 16Gb
  • 128GB
  • 64GB
  • 8GB
  • 16GB
  • 16GB
  • 0GB
  • 0GB
  • 32GB
  • 8GB
  • 画面サイズ
  • 3.1インチ
  • 5インチ
  • 3.1インチ
  • 2インチ
  • 2.4インチ
  • 1.8インチ
  • 2インチ
  • 2インチ
  • 2.8インチ
  • 1.8インチ
  • 使用時間
  • 46時間
  • 22時間
  • 30時間
  • 30時間
  • 15時間
  • 25時間
  • 10時間
  • 25時間
  • 51時間
  • 46時間

まとめ

ハイレゾ音源を1度聴くともう他の音を聴くことが出来ないくらい素晴らしい音です。最近では少しずつ対応しているスマホもありますが、ハイレゾ音源に対応しているプレイヤーは手頃な価格なのも魅力です。ハイレゾ音源でこれからの音楽を最高の音質でお楽しみください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ