記事ID137413のサムネイル画像

【ギタリストは注目】人気のパワーサプライおすすめランキング10選

パワーサプライは、何種類ものペダルを使用するギタリストには必須のアイテムで、各メーカーから様々なモデルが販売されています。どのモデルが適しているのか、迷う方も多いのではないでしょうか。そこで今回、人気のパワーサプライをランキング形式でご紹介していきます。

人気のパワーサプライでギターをもっと楽しく

パワーサプライは、複数のエフェクターにパワー(電源)をサプライ(供給)する「電源供給装置」のことです。何種類ものペダルを使用するギタリストには必須とされている重要なアイテムで、様々な機械メーカーからいろんな種類が販売されています。

 

ライブやスタジオ練習をする際、他にもたくさん荷物があるため、少しでも荷物減らしたいと思いますよね。そんな時に重宝されるのが、パワーサプライです。

 

今回ご紹介するパワーサプライのおすすめランキングを参考にして、あなたにぴったりのパワーサプライを手に入れて、もっと気軽にギターを楽しんでみませんか。

パワーサプライの選び方

数あるメーカーから販売されているパワーサプライの中から適した商品を選ぶためには、いくつかのポイントがあります。あらかじめ、そのポイントを押さえておきましょう。

種類で選ぶ

パワーサプライには、大きく分けて3つの種類があります。それぞれにどのような特徴があるのか知っておきましょう。

通常型

「通常型」のパワーサプライは、1つのレギュレーター(電源の供給回路)を使用し、複数の端子からエフェクターに電源を提供するタイプです。通常型は多くのメーカーが出している、定番モデルのパワーサプライに多いです。

 

メリットは、多くのメーカーが通常型のパワーサプライを販売しているため、選択肢が多いことです。また、価格も手ごろな商品が多くなっています。

 

デメリットは、アナログ回路を使ったエフェクターと、デジタル回路を使ったエフェクターに、同時に電源を供給してエフェクターを使用した場合、「デジタルノイズ」というノイズが発生してしまいます。そのため、慎重に判断しなければなりません。

分岐型

「分岐型」のパワーサプライは、コンセントに挿したアダプターから供給された電源を、それぞれのエフェクターに分岐させて使うタイプのことです。分岐型のパワーサプライは、低価格なものが多いです。

 

メリットとして、通常型や独立型に比べて価格が安く入手しやすいこと、電源ケーブルを使ってアダプターから直接電源を分岐するため、コンパクトで持ち運びが楽であることが挙げられます。

 

しかしデメリットもあり、通常型と同じくデジタルノイズに弱いです。電源ケーブルが断線しやすかったり、本体の耐久力も脆い傾向もあります。

独立型

「独立型」のパワーサプライは、1つのエフェクターに電源を供給する1つの端子に対して、それぞれ独立したレギュレーターを搭載しているタイプです。独立型は、パワーサプライの中でも高額になる傾向があります。

 

メリットは、独立型のパワーサプライには通常型や分岐型のようにデジタルノイズが発生することがありません。これは1つのエフェクターに対し、1つのレギュレーターを搭載しているためです。

 

デメリットとして、独立型は、パワーサプライ本体が大きい商品が多いです。そして何より、価格が高く、購入するにあたり予算と相談しなければなりません。

エフェクタから選ぶ

あなたが現在使用しているエフェクタの種類からも、適切なパワーサプライを選び出すことができます。どの商品が適しているのか、エフェクタ別で確認していきましょう。

アナログエフェクター

すべてがアナログエフェクターの場合、エフェクター同士の干渉も少なく、消費電力も小さいため、基本的には何を使っても問題はありません。そこまでノイズが気になることもありません。

デジタルエフェクター

すべてがデジタルエフェクターの場合、デジタルエフェクター同士は干渉し合わないためノイズは少ないですが、消費電力が多い事が気になります。そのため、デジタルエフェクターをいくつもつなぐ場合は、独立型パワーサプライがおすすめです。

アナログとデジタル混在

この場合が一番厄介で、お互いのエフェクターが干渉し合い、大きなノイズがはいってしまいます。この場合、通常のパワーサプライなどを用いても改善されないことが多いです。

 

こんな時は、独立型のパワーサプライを使用しましょう。エフェクターがショートしても他のエフェクターには影響がないような豪華な作りになっています。

電流容量で選ぶ

パワーサプライには、「電流容量」というA(アンペア)やmA(ミリアンペア)で表記される数値があります。例えば、電流容量が「400mA」だった場合、接続するエフェクターの消費電流が合計で400mAを超えると、安定した電源供給をすることができなくなります

 

消費電流は各ペダルによって異なりますが、基本的にアナログペダルは消費電流が少なく、デジタルペダルは消費電流が多くなっています。自分が使いたいペダルの消費電流に合わせて、パワーサプライを選ぶ必要があります。

 

特に注意したいのは、パワーサプライの電流容量ギリギリまで接続すると、結果的に動作が不安定となってしまうことです。安定した電源供給のためにも、使用するペダルの合計消費電流が「電流容量の 3/4」に収まるようにしましょう。

出力数で選ぶ

まず、パワーサプライにいくつのDCアダプタを接続できるかを確認しましょう。エフェクターの数より出力数が少ないと、分岐のDCアダプタ等を別途用意しなくてはなりません。エフェクターの数にあった出力数を選択するようにしましょう。

 

また、スイッチャーの購入も検討している方は、スイッチャーに電源供給の機能を併せ持ったものも多いため、先に購入するスイッチャーを検討してからパワーサプライを選ぶことをおすすめします。

対応電圧で選ぶ

エフェクターには、「9V駆動」と「18V駆動」の物があります。一般的なエフェクターは9V駆動ですが、ペダルによっては18V駆動に対応しており、9V駆動よりもダイナミクスレンジが大きく、音圧のあるサウンドになります。

サイズで選ぶ

意外と見落としがちなのが、パワーサプライのサイズです。大きいサイズの商品だと、パワーサプライを置いたとき、エフェクターの置き場がなくなってしまった、ということが起こります。このようなことが無いよう、サイズチェックも大切です。

端子の極性で選ぶ

エフェクターの電源には、「センターマイナス」と「センタープラス」という2種類の「極性」があります。大半のエフェクターがセンターマイナスで動作しますが、ヴィンテージエフェクターなどにはセンタープラスで動作する物もあります。

 

センタープラスで動作するエフェクターは、「極性反転ケーブル」という変換ケーブルを用いれば、一般なセンターマイナスの電源アダプターで動かすことが可能です。

 

仮にセンターマイナスの電源を直接使っても壊れることはありませんが、エフェクター自体は動きません。

回路保護機能で選ぶ

ACアダプターをコンセントに繋いだままエフェクター電源の抜き挿しをしたところ、バチッと火花が散った、という経験をした方もいらっしゃるのではないでしょうか。回路保護機能の付いたパワーサプライなら、こういう場合でも安心です。

 

ACアダプターや大切なエフェクターを守るためにも、少々値は張りますが、パワーサプライはショートやオーバーロードに対する保護機能のついたものをふぉすすめします。

パワーサプライのおすすめ商品ランキング10選

第10位

マクソン

PS2 パワーサプライ

価格:8,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

国産エフェクターでおなじみ

パワー・サプライPS2は、エフェクタ専用の大容量電源分配システムで、ACアダプタAC2009、パワー・ディストリビュータPD2とDCコードから構成されています。

 

AC2009は、コンパクトながらこのクラス最大の9VDC/2000mAまでの電流を、7台までのエフェクタに供給できます。ペダル・ボードの電源分配システムを簡単に組み込むことができます。

 

オプションのPD2を追加し、13台までのエフェクタに供給もできます。 オート・ボルテージ・センシングで100VACから240VACのワールドワイドAC電源に対応し、各国の電気用品安全規格も取得していますので、海外ツアーにも安心してご使用いただけます。

種類分岐型電流容量2000mA
対応電圧9V出力数7
第9位

ammoon

パワーサプライ

価格:5,600円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安定した電流と完璧な音

8つの完全に絶縁された大電流DC 9V(各最大500mA)出力により、安定したノイズフリー性能を提供します。信号強度を失うことなく、同時に8個のDC 9Vギターエフェクトに電力を供給できます。

 

ペダルを接続するための8本のDCケーブルと1pcのYケーブル(電圧を18Vまで昇圧する)が付属し、9Vと18Vのギターエフェクトを同時に鳴らすことができます。8絶縁された短絡および過電流保護は、安定した動作状態を保証してくれます。

 

また、FCLC(フォールドバック電流制限回路)で、電力不足や過負荷に対して究極の保護を提供します。フルロードでも、完全に安定化された電源の静かで涼しい動作を楽しむことができます。

種類独立型電流容量4000mA
対応電圧9V、18V出力数8
第8位

VooDoo LAB

PEDAL POWER 2 PLUS

価格:21,196円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロ御用達

PEDAL POWER 2 PLUSは、9V動作のエフェクターに8系統電源供給が可能な電源ユニットです。各出力には8系統完全独立の電源フィルター、安定化電源回路を備え、安定したDC出力を得ることができます。

 

世界中のミュージシャンのペダルボードに本機があると言っても過言ではないベストセラー・パワーサプライです。音が格段に良くなり、ノイズがなくなると口コミでも評判で、プロ御用達の商品です。

種類独立型電流容量-
対応電圧9V、12V出力数8
第7位

Caline

パワーサプライ

価格:3,299円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超小型&超軽量

アルミ合金ケースの設計で、軽量&携帯に大変便利です。1入力ジャックおよび6出力ジャック付きの超小型電源で、2x9V100mAポート、9V300mAポート、9V500mAポートを装備しています。

 

6チャネルの独立出力によって、各チャネルはインシュランスと過電流自動保護功能付き、1つのチャネルが誤使用やアクシデントにより回路内から短絡(ショート)の場合、本体やエフェクターを保護し、他のチャネルも正しく動作できます。

 

また、パネルにブルーのLEDライトを搭載しているため、過電流発生した場合はLEDが点滅し、当チャネルの最大電流到達をお知らせ。短絡の場合は、LEDが消えます。

種類独立型電流容量-
対応電圧9V出力数6
第6位

One Control

Distro All In One Pack

価格:14,590円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

9Vセンターマイナスアダプター対応

エフェクターでは一般的な9Vセンターマイナスアダプターを使うことができ、さらに、放熱はほぼありません。SAGノブで12~18Vの電圧を自由に可変させるSAG DC OUTも備え持ち、他の追随を許しません。

 

大容量アダプタ対応のため(最大電流量2A。回路保護機能も搭載。)、DistroLINKで二台使っての最大17台のエフェクターへの電源供給も可能です。ノイズを極限まで抑えるために、アルミ削り出し筐体を採用しています。

種類分岐型電流容量2000mA
対応電圧9V、12V、18V出力数9
第5位

VITAL AUDIO

POWER CARRIER VA-08 MkII

価格:9,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フルアイソレートタイプ

1991年にギターシールドのブランドとして発足したVital Audio(ヴァイタルオーディオ)は、国産のオリジナルブランドとして四半世紀の歴史を誇ります。長年にわたりプロフェッショナルからアマチュアまで多くのギタリストやベーシストに愛用されています。

 

2016年7月から新たにエフェクトペダル用パワーサプライのシリーズとして投入されたPOWER CARRIERシリーズの第2弾モデルとして登場したVA-08は、3系統の電源出力をそれぞれアイソレートした仕様で、非常に使いやすいモデルでした。

 

お客様からの要望を取り入れ、今回は9V出力の系統もそれぞれアイソレートさせた、フルアイソレート仕様にリニューアルされています。余裕の電源容量と可変電圧仕様の2ポートにより、高電圧駆動タイプのペダルも余裕をもって使用することができます。

種類独立型電流容量2000mA
対応電圧9V、12V、18V出力数8
第4位

Noah'sark

パワーサプライ AC/DC-1

価格:10,497円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

画期的なパワーサプライ

Noah'sark EFFECTS AC/DC-1は、エフェクターボードの電源まわりに要求される様々な機能をひとつのユニットに収めた、画期的なパワーサプライです。

 

今まで楽器専用のフロアタイプAC電源タップというものは殆ど存在せず、家庭用やOA用のテーブルタップ等を利用せざるを得ませんでした。また、その際にも大きさがまちまちのアダプターにより、隣りのコンセントを塞いでしまったり、安定が悪かったりと不便でした。

 

本機AC/DC-1は、これらを解消すべく正にエフェクトボードのためのパワーサプライとして開発された商品です。

種類分岐型電流容量800W
対応電圧9V、12V出力数4
第3位

Andoer

VITOOS DC8

価格:4,299円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

嬉しい低ノイズ

アルミ合金ケースの設計で、低ノイズと安定した電圧を供給します。軽量電源で、任意の信号強度を失うことなく、6個の9V 300mAギター・エフェクト、2つの調整可能9V、12Vおよび18V1000mAのギター・エフェクトを同時に給電することができます。

 

特別なスタック設計がなされたAとBの電圧スイッチは、電源を保護するために意図せずに迅速な切り替えをしてくれます。フォールドバック電流制限回路は、安定した動作条件を確保するための電力不足や過負荷に対する究極の保護を提供します。

種類独立型電流容量2000mA
対応電圧9V、12V、18V出力数8
第2位

OTraki

DC-7

価格:2,799円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

7チャネル独立型

エフェクトペダルに最適な、7チャネル独立型パワーサプライが登場しました。7個の独立9-15V DC出力ジャック、独立動作設計で、各接続したデバイスにお互いに影響することはありません

 

9V出力に加えて12V出力と15V出力も兼ね備えており、10.5×4.2×2.8cmの手のひらに収まるサイズで持ち運びにも便利です。アルミ合金ケースの設計、低ノイズと安定した電圧を供給し、1入力ジャックおよび7出力ジャック付きの軽量電源です。

 

電源は自己保護モードに入り、短絡ギターエフェクトプラグを抜いた後、2秒で自動的に再起動する「過電流自動保護機能」も備わっています。

種類独立型電流容量1000mA
対応電圧9V、12V、15V出力数7
第1位

Donner

パワーサプライ

価格:3,599円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

機能性&コンパクト

Donner DP-2は、DP-1からアップグレードし、優れた素材で作られたパワーサプライです。元の上に改良し、出力電流を増加し、さらに多くのニーズに応じられる商品となりました。

 

二つの500mA 9V出力、500mA 12Vの出力、500mA 18Vの出力で、各出力に対応したLEDが本体に備えられており、使用している箇所のライトが点灯するため、パワーサプライの使用状況が一目で分かるようになっています。

 

ショートサーキットプロテクション機能を備えており、どこか一つの出力に問題が生じた場合でも、他の出力ラインは使用できるようになっています。また、150 x 50x 40mmの手のひらに収まるサイズで、持ち運びにも大変便利です。

種類独立型電流容量500mA
対応電圧9V、12V、18V出力数4

パワーサプライのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5020037の画像

    Donner

  • 2
    アイテムID:5020043の画像

    OTraki

  • 3
    アイテムID:5020053の画像

    Andoer

  • 4
    アイテムID:5020063の画像

    Noah'sark

  • 5
    アイテムID:5020069の画像

    VITAL AUDIO

  • 6
    アイテムID:5020082の画像

    One Control

  • 7
    アイテムID:5020083の画像

    Caline

  • 8
    アイテムID:5020087の画像

    VooDoo LAB

  • 9
    アイテムID:5020093の画像

    ammoon

  • 10
    アイテムID:5020108の画像

    マクソン

  • 商品名
  • パワーサプライ
  • DC-7
  • VITOOS DC8
  • パワーサプライ AC/DC-1
  • POWER CARRIER VA-08 MkII
  • Distro All In One Pack
  • パワーサプライ
  • PEDAL POWER 2 PLUS
  • パワーサプライ
  • PS2 パワーサプライ
  • 特徴
  • 機能性&コンパクト
  • 7チャネル独立型
  • 嬉しい低ノイズ
  • 画期的なパワーサプライ
  • フルアイソレートタイプ
  • 9Vセンターマイナスアダプター対応
  • 超小型&超軽量
  • プロ御用達
  • 安定した電流と完璧な音
  • 国産エフェクターでおなじみ
  • 価格
  • 3599円(税込)
  • 2799円(税込)
  • 4299円(税込)
  • 10497円(税込)
  • 9800円(税込)
  • 14590円(税込)
  • 3299円(税込)
  • 21196円(税込)
  • 5600円(税込)
  • 8980円(税込)
  • 種類
  • 独立型
  • 独立型
  • 独立型
  • 分岐型
  • 独立型
  • 分岐型
  • 独立型
  • 独立型
  • 独立型
  • 分岐型
  • 電流容量
  • 500mA
  • 1000mA
  • 2000mA
  • 800W
  • 2000mA
  • 2000mA
  • -
  • -
  • 4000mA
  • 2000mA
  • 対応電圧
  • 9V、12V、18V
  • 9V、12V、15V
  • 9V、12V、18V
  • 9V、12V
  • 9V、12V、18V
  • 9V、12V、18V
  • 9V
  • 9V、12V
  • 9V、18V
  • 9V
  • 出力数
  • 4
  • 7
  • 8
  • 4
  • 8
  • 9
  • 6
  • 8
  • 8
  • 7

まとめ

ここまで、おすすめのパワーサプライをランキング形式でご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。気になる商品は見つかりましたでしょうか。

 

ギターを演奏するのに、パワーサプライが必須というわけではありません。しかし、あると非常に便利で、より快適にギターの演奏をすることができるようになります。複数人でバンド活動をしている方は、特に演奏のスペースが限られるため、便利さに気が付くはずです。

 

ぜひ、あなたにぴったりのパワーサプライを見つけて1度試してみませんか。きっと、これまで以上に楽しく、快適にギターを演奏することができるはずです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ