【2021年最新】高校受験問題集の人気おすすめランキング15選

記事ID137403のサムネイル画像

高校受験で初めて「受験」を経験する人も多いことから、受験対策用の問題集の選び方に悩む受験生も多いことでしょう。そこで今回は、おすすめの高校受験用問題集を紹介します。選び方・受験の基本知識などもまとめていますので、これから高校受験に挑戦する方は必見ですよ!

高校受験の問題集は入試合格におすすめのアイテム

高校受験は、多くの中学生が経験する人生における一大イベントです。初めての受験に戸惑ってしまう学生も多いことから、基礎となる学習内容はしっかりと頭の中に入れる必要があります。

 

しかし高校受験で出題される科目・ジャンルは広いため、どこから手を付けていいのか、何をポイントに学べばいいのか分からない人もいます。中学2年生のうちから対策をすればたっぷり時間がありますが、自分に合わない問題集を使っていると、せっかくの時間もムダになる場合もあるのです。

 

そこで今回は、高校受験におすすめの問題集について、内容のボリューム・解説の分かりやすさなどの観点からランキングでご紹介します。各問題集には口コミもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

高校受験問題集の選び方

書店等では、科目やレベルに合わせて実に様々な高校受験用問題集が販売されています。ここでは、より自分に合った問題集を見つける際の選び方・ポイントをご紹介しましょう。

分かりやすいタイプで選ぶ

受験勉強はできるだけ、辞書を引いて調べたり誰かに聞いたりする手間をなくし、勉強のモチベーションを落とさないようにすることが大切です。そのため問題集は、分かりやすい解説が掲載されているものを選びましょう。

モチベーション維持を重視するなら「図解付き」

単調な文章のみの問題や解答解説では、目が疲れてしまって途中で飽きてしまい、勉強に対するモチベーションが低下することもあるのです。また、解説の内容が理解できないまま勉強を進めてしまい、後から復習した時に同じミスを繰り返す原因にもなりかねません。

 

図やイラスト等があることで、視界から入ったイメージを脳に受け取りやすく自分なりの解釈がスムーズにできます。文章よりも図解でとらえることで、頭の中にインプットされやすくなるのです。

 

一度間違えた箇所は、じっくり解説書を読むことで二度と間違えなくなるはずです。アニメチックなイラストがあれば、勉強ばかりでガチガチになりやすい脳を休めて楽しみながら学べます。

より理解度を深めるなら「解説のボリューム」をチェック

いくら高校受験問題集と言っても、問題文ばかりで簡素な解答だけでは飽きてしまうでしょう。間違っている所をしっかり確認して、どこがどう違っているのかを明確にしなければ何度でも間違ってしまうからです。

 

また、せっかくの解説も難しい言葉で表現されていると見る気も失せてしまいます。どんな人でも分かりやすく丁寧に説明していると、何が違っているのかをその場で把握できるため、より効率よく頭の中にインプットできますよ。

 

解説のボリュームに注目して選ぶことで、後から復習した時に同じような失敗をしにくくなることから、学習した成果を思う存分発揮することができます。問題数も大事ですが、どういった理由でその解答になるのかもしっかり説明できるように読みやすい解説が大事です。

最低限の本数で選ぶ

よりたくさん勉強できるように、何冊も問題集を購入する人がいますが、多すぎる問題集はモチベーションの低下を招いてしまい、かえって逆効果です。自分の勉強スタイルやスケジュールに合わせて、できるだけ最低限の冊数に絞るようにしましょう。

何冊もあると浮気をしてしまう

できるだけ多くの問題を解きたいと思うあまり、何冊も高校受験の問題集を購入する人がいます。初めの1冊目から分からない所が多いと、どうしても他の問題集で解こうとするのです。

 

ここで「別の問題集であれば解ける」と思って、問題集の浮気をしてしまう学生も少なくありません。また、2冊目の問題でもつまずいてしまえば、次の問題集・次の次の問題集と目移りした結果、最後まで学習内容が定着せずに本番へ挑むことになってしまいます。

 

そのため、始めた1冊は最後までしっかりと解く・分からない所は内容を確認するという2つのポイントを徹底することが大切です。何度か同じ問題を繰り返し解答し、最終的には分からない部分を復習することで、学習内容をしっかり頭にたたきこめるのです。

全教科が載っているタイプで選ぶ

国語・算数・英語・社会・理科と各学科ごとに問題集を購入すると、かなりのボリュームになってしまうため、受験勉強を始めたばかりの頃は特に、モチベーションを低下させてしまう場合もあります。

 

そこで、1冊に各教科がまとめて載っている問題集を選ぶと、冊数が少なくなっておすすめです。しかし、まとめた本は要点だけ絞られていることから、応用問題にチャレンジしたい学生にとっては物足りなく感じる時もあります。

 

そういった場合は、応用に特化した問題集の数を少しずつ増やすことで、より深い知識を得ることができます。一気にまとめて購入してしまうと、途中でやる気が失せてしまうこともあるため、最初は1冊に絞る方が良いでしょう。

今より上のレベルで選ぶ

高校受験の問題集は、今の自分のレベルで選んでしまいがちです。しかし、今よりもちょっと上のレベルの問題集を選びましょう。

志望校の合格ラインぎりぎりの恐れがあるから

高校受験の問題集と言うと今のレベルに合ったタイプを選びがちですが、実際は今よりもやや上のレベルで選ぶのが鉄則です。志望校の受験合格ラインぎりぎりのレベルの勉強をしていると、競争率によっては合格に一歩届かない場合もあります。

 

また、合格ラインぎりぎりの難易度の勉強で慣れてしまうと「落ちるかもしれない」という不安感が募り、本番で思うように実力が出せなくなる可能性もあるのです。できるだけ安全圏で受験に臨むことが、ゆとりを持って試験に向かうことができるでしょう。

 

まずは今自分のレベルを知って、それよりも上の勉強を目指してください。この範囲内で受かる可能性のある高校は広がるはずです。受験勉強では、自分のレベルが最も重要な要素を占めています。

自分の今のレベルを知る

今よりもちょっと上のレベルの問題集を探すと言っても、今のレベルが分からなければ意味がありません。自分が現在どれくらいであるかは、学校や塾で実施されたテストの結果を参考にすると良いでしょう。

 

例えば、模擬試験では結果に偏差値が表示されます。模擬試験を受けたことがなければ、定期テストの点数等を参考にしてみると、今の自分のレベルを確認することができます。

 

具体的には、定期テスト60点の場合は偏差値50、80点の場合は偏差値60、100点の場合は偏差値70を目安で偏差値が判定できます。これを参考にしながら、自分のレベルを確認してみましょう。

目標の偏差値を突破できる問題集を選ぶ

まだ受験したい志望校が決まっていない場合は、自分のレベル(偏差値)を知ってからちょっと上の偏差値である高校を目指してみても良いでしょう。勿論今のレベルに近い高校でも、行きたい目標や意欲があれば問題ありません。

 

各学校の偏差値は専門雑誌等に掲載されている為、日々チェックが必要です。そこから偏差値に見合った問題集を選ぶことで、より効率良く合格へ向けての勉強を進められます。

出題傾向で選ぶ

広い範囲から出題される高校受験問題は、手あたり次第勉強していたのでは時間がありません。各学校の毎年の出題傾向・合格ボーダーラインなどのデータを把握しておくことで、より効率よく受験対策ができます。

受験したい高校の出題傾向を知る

受験したい高校によっては、その学校独自の出題傾向があり把握しておくと合格への道が開けるでしょう。中でも国語科目は作文もあり、都道府県によって出題方式が異なってくるのです。

 

その為、受験したい高校の毎年の出題傾向を知ることで、ある程度の範囲が予測できるでしょう。勿論、絶対的ではありませんが、少なくとも確率的には出題される可能性は十分あります。

 

受験学校の過去問が乗った問題集であれば、何年か分のデータを確保できてそこからどんな問題が出やすいのかが把握しやすくなります。あくまでも統計データですが、事前に調べておいて損はありません。

過去問題が載っている問題集を選ぶ

高校入試の過去問題が載った問題集は、まさに出題傾向を知る統計データと言えるでしょう。過去何年か分が掲載されていることで、どんな問題が出やすいのかを把握することができます。

 

絶対的と言えないまでも、ある程度同じような問題が出る可能性があれば集中的に学んでおいて損はないでしょう。特に国語は古文・現代文・漢文等出題範囲が広いことからも、できるだけ的を絞った学習が必要です。

 

まずは自分が受験したい高校の過去問題に取り掛かり、出題されやすい質問をマスターしておきましょう。そして、そこから同系統の問題を広げて勉強していくのがポイントになります。

受験をした先輩の問題集を借りる

自分が受けたい高校を受験して合格した先輩がいれば、その時に勉強で使っていた問題集を借りてみましょう。自己採点をした際に赤ペンで補足コメントがされている場合もあり、参考になります。

 

独学ではなかなか気づかない点についての補足説明が書かれていると、もっと掘り下げて調べてみたくなるはずです。勉強したいという意欲につながり、より深い知識を得ることができます。

 

勿論あまり深く調べすぎると、受験範囲から脱線して余計な時間を取ってしまうこともあるため、簡潔な知識として頭の中にインプットして問題集を解いていきましょう。

受験する高校の偏差値で選ぶ

高校受験において、受験する高校選びの基準にも用いられるのが「偏差値」です。偏差値は受験する高校の難易度を表すともいわれているため、偏差値を知っておくことで、よりムダがなく、効率が良い学習スタイルを実現しやすくなります。

偏差値30~45の高校は「5教科がまとまった問題集」で基本を網羅

偏差値30~45の高校の場合、基礎レベルの問題をしっかり習得しておくことで、より高い正答率を実現できるようになります。そのため、高校受験における重要ポイント・頻出問題を効率よくおさえられる「5教科がまとまった問題集」がおすすめです。

 

様々な難易度の問題がまとめられた問題集は、急な問題レベルの変化でモチベーションを低下させてしまったり、必要以上の知識を覚えようとして上手く整理できなくなったりする場合もあります。

 

そのため、必要知識が広く浅くまとめられた問題集を使い、短時間で効率よく知識を習得していくと良いでしょう。

偏差値45~60の高校なら「教科別問題集」をプラス

偏差値45~60の高校を受験する場合、基礎的な知識を問う問題が中心なのは同じですが、応用問題にも対応できるようにしておくことが大切です。そのため「教科別問題集」で、自分の苦手分野・得意分野をしっかり鍛えておきましょう。

 

しかし、応用問題ばかりに気を取られていると、思わぬケアレスミスを招く可能性もあるため注意しましょう。基本問題7割・応用問題3割程度を目安に考えるとともに、得点源となる基本問題に慣れておくことが重要となります。

偏差値65~80の高校なら「応用問題集」で正答率アップ

一般的に「難関」と呼ばれる、偏差値65~80の高校を受験する場合は、偏差値60までの高校に比べて、圧倒的に応用問題の数が増える傾向にあります。

 

そのため、教科別問題集で基礎固めをするとともに「応用問題集」「上級問題集」と呼ばれる、ハイレベルな問題集を使って、難しい問題にも対応できる柔軟性を培っておくことが大切です。

受験する高校の種類で選ぶ

書店で購入できる高校受験用問題集では主に、私立高校・公立高校の2種類の受験スタイルに合わせたものが多い傾向にあります。高校の種類によって、問題集の内容や使い方が変化するため、受験したい高校の種類に合う問題集を選ぶことも大切です。

公立高校は「標準レベルの問題集」で基本知識をおさえる

公立高校の入試では、各都道府県から毎年同様の出題形式・傾向・レベルの問題が出題されます。私立高校に比べて応用問題の数が少なく、標準的な難易度の問題が中心となっているため、基礎問題集でしっかり基本知識をおさえておくのがおすすめです。

 

ハイレベルの高校のなかには、応用レベルの学校独自問題が出題される場合もあります。その場合には、標準レベルの問題集で基礎固めをした後、過去問・上級問題集で応用力を培っておきましょう。

私立高校は「過去問」で各学校の特色をとらえる

私立高校の入試は公立高校を受験する場合に比べて、学校ごとの特色が出やすい傾向にあります。そのため、出題される問題の形式・傾向などをしっかりおさえておく必要があります。

 

おすすめは、各私立高校で実際に出題された問題のみが掲載されている「過去問題集」に一通り目を通し、受験したい高校の出題傾向・問題のレベルを分析してから、各教科の問題集で具体的な勉強に取り掛かるという方法です。

 

各私立学校の過去問には、その年の合格ライン正答率などの受験データが掲載されているものが多い点も注目です。最初に過去問に触れておくことで、目指すべきゴールを再確認するとともに、今の自分に不足している知識を効率よく勉強できます。

高校受験問題集人気おすすめランキング15選

1位

旺文社

2021年受験用 全国高校入試問題正解 国語

47都道府県の高校入試問題を網羅

教育専門の出版社である旺文社が毎年発行している、過去問題集のロングセラー本です。2020年に行われた47都道府県の公立・国立・私立・高等専門学校の入試問題を収録しており、圧倒的な問題数解説・試験データを掲載していることから、毎年多くの受験生に愛用されています。

 

各問題に詳しい「解き方」がついているのはもちろん、都道府県別の私立高校ごとに「出題傾向と対策」もまとめられているため、最新のリアルな高校入試問題を一冊で分析・学習・対策できる点が最大の魅力です。

 

これから受験勉強をはじめる方はもちろん「もっと過去問で応用問題に慣れていきたい」という受験生にもおすすめの一冊です。

出版年月日 2020/6/23 ページ数 544ページ

口コミを紹介

2020年に行われた全国高校入試の問題がしっかりと書かれていて、都道府県ごとに出題傾向と対策や、入試問題研究など、しっかりと分析されていて良いと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

増進堂・受験研究社

中学 自由自在問題集 英語: 基礎から難関校突破まで自由自在の実力をつけるスーパー問題集

高校入試に必須の英語をレベル別に総仕上げ

基礎固めから難関校突破まで、自分の今の実力や目指す高校のレベルに合わせて、自由自在に活用できる、スモールステップ形式の英語用問題集です。入試における頻出問題のなかでも、さらに厳選を重ねた良問を集結している点が特徴といえます。

 

高校入試英語で必要な文法が、知識整理・実力テスト・発展問題3ステップで構成されており、基礎から応用まで一冊で網羅できます。各章末には「理解度診断テスト」が掲載されているため、学習内容の理解度を一目でチェックできる点も魅力です。

 

解答は別冊で、従来の問題集の解答に採用されるレイアウトにとらわれない、見やすくて分かりやすい解説スタイルを取り入れていることから、英語が苦手な方にもおすすめの問題集です。

出版年月日 2014/2/12 ページ数 176ページ

口コミを紹介

段階を踏んだ問題集で良いと思います、問題の数が少ない気もしますが何度か繰り返しやって頭に入れていくには丁度良いと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

旺文社

受験生の50%以下しか解けない 差がつく入試問題 数学 改訂版

応用問題を徹底カバーしたい受験生にぴったり

各都道府県教育委員会がは発表している「設問別正答率データ」をベースに、公立高校入試に挑戦した受験生のうち50%以下しか解けない難問のみを集めた、旺文社の応用問題集です。

 

かなり手ごわい問題が揃っているのはもちろん、各問題には設問別の正答率や解答する際の要点・詳細解説が掲載されているため、一冊で手軽に自分の実力をはかれる点が魅力です。難関校の受験を考えている受験生にはおすすめできます。

出版年月日 2016/11/2 ページ数 96ページ

口コミを紹介

公立高校が強い地方の、最難関高校受験者は解いてもいいかと思います。
過去の公立高校入試問題を使っているので、半数以上が解けないであろう大問題の対策に向いていると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

旺文社

高校入試 中学3年間の総復習 社会

中学3年間の社会をスピーディーに復習

暗記が重要な科目のなかでも、圧倒的なボリュームがあることから、多くの受験生を悩ませる「社会科」。本書では中学3年間の学習内容を、14日間という短期間で総仕上げできるように構成されている点が魅力的です。

 

高校入試で出題される社会科の知識を詰め込んだ「基礎問題」と、学習後の仕上げにぴったりな「基礎力確認テスト」の2ステップが用意されていることから、基礎知識をしっかり定着させられます。巻末には総復習テストも付属しているため、力試しとしても使える一冊です。

出版年月日 2014/11/25 ページ数 64ページ

口コミを紹介

社会が嫌いで中々覚えられず困っていて、試験本番までに復習しながら覚える為に購入しました。この一冊で3年間の復習が出切るので丁度いいです

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

学研プラス

「解き方」がわかる国語 文章読解

文章の読解力を高める問題集

高校入試の国語において、多くの受験生がケアレスミスしやすいのが「読解問題」です。本書は高校の先生ではなく、塾の先生が入試問題を論理的に解く方法を伝授しているため、よりスピーディーかつ正確に解答できるポイントが集結しています。

 

現代国語を担当する予備校・セミナー講師の著者による、ムダを排除した正しい解き方についての解説も注目です。

 

問題文をしっかり読み込んで解答するコツなど、国語以外の教科にも活用できるノウハウが詰まっています。これから受験勉強を始める方はもちろん、「読解問題は何となくで解いてしまう」という受験生にも、ぜひおすすめしたい一冊です。

出版年月日 2010/9/15 ページ数 87ページ

口コミを紹介

問題集として申し分なさそうです
小説文5題、随筆文2題、論説文5題とバランスもよく
なにより解答とその解説が凄く丁寧にかかれています

飽きのこないような対策も施されています
ところどころに漢字や語句の小問題がちりばめられていて
国語の原点である語彙力も高められそうです

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

Z会

中学版 速読英単語 高校入試突破のための必須1300語

単語の意味をしっかり頭にたたきこめる問題集

決められた時間内で問題を全部解いていくには、ある程度早い速度で単語を理解して解いていく必要があります。本書はストーリー性の高い英文が集結しているため、物語を読むように、頭の中でイメージしながら英単語を覚えることができます。

 

1つ1つの英単語の意味を、実際の英文と照らし合わせながら学習できる点が魅力です。スムーズに覚えられて定着もしやすいことから、受験当日もスラスラ問題を解いていけます。

 

およそ1300語の単語が掲載されており、単語の意味もその都度チェックできるため、熟語や会話もしっかりと学習できます。苦手な英語もどんどん頭の中に吸収していくことができるのです。

出版年月日 2011/4/1 ページ数 274ページ

口コミを紹介

最初に英文を読む人、単語をみてから英文を読む人、日本語訳から読む人、音読やリスニング重視の人と使い方は色々で、それだけ色々な使い方ができる単語帳なんだなと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

文英堂

塾で教える高校入試 数学 塾技100 新装版

関数・図形に特化した人気の問題集

学習塾のZ会の講師が、塾ならでは裏技的勉強法をまとめた数学問題集です。高校の数学入試全体の6割を占めるとされている関数・図形分野に重点を置いた解説がされている点が魅力です。

 

1冊を着実にマスターすることで、無理することなく狙いたい高校の入試レベルの学力が身に付きます。問題集とプラスして著者が公開しているサイトもあり、並行してチェックしていくとより一層学力を高めてくれるでしょう。

 

「塾講師が公開! わかる中学数学」というサイトにて、無料補充問題を公開している為、ぜひ一度参考にしてみてください。数学の関数・図形が苦手で特に中心的に勉強したい人におすすめの問題集です。

出版年月日 2016/7/8 ページ数 224ページ

口コミを紹介

高校入試レベルのちょっとひねった、差のつく問題を、パターン別に網羅してある。解説がとても丁寧で、解説を読んでも解らない事が基本ない。他の問題集で詰まった時、解法事典的にも使える。よく考えられた労作だと思う。学校で配られるレベルの問題集を終わらせたら、手元にあると便利な本。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

文英堂

実力メキメキ合格ノート 中学歴史 改訂版

ただ書き写すだけで合格への道が望める問題集

「受験」と聞くと、国語・英語・数学と言った3大教科に重点を置きがちですが、高校によっては歴史も重要な得点源になります。暗記することが多い科目ですので、なかなか覚えが悪いと嘆いている方もいるでしょう。

 

本書は2つの冊子で構成されている点が特徴です。テキストを見ながらノートに書き写すスタイルを採用している合格ノートで知識を入れ、整理ノートに書き写すことで、重要語句を頭の中で簡単に整理できます。

 

解説がたっぷり入った「講義テキスト」は、高校入試のプロフェッショナルである塾講師達が作成しており、日常学習から高校入試まで、様々なシーンでの勉強をカバーできる点も魅力です。歴史に苦手意識を持つ方に、ぜひおすすめしたい問題集といえます。

出版年月日 2016/7/12 ページ数 192ページ

口コミを紹介

社会が苦手で、特に歴史が苦手な娘に購入。
暗記しながら三回解きまくった結果、夏休み明けの模試や期末試験の社会の点数が劇的に上がりました。その結果、偏差値もかなり上がり、何より本人も自信がつき、社会が嫌いだとか、苦手だとか言わなくなりました。
この本には感謝です!

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

旺文社

高校入試 入試問題で覚える 一問一答 社会

よく出題されるグラフ・人物を中心とした問題集

高校入試に出やすい問題を集中的に暗記できるように構成された、社会科専門の問題集です。過去問を分析して作成された問題が集結しており、一問一答形式で効率的に覚えられるるため、飽きることが無く最後までしっかり学べるでしょう。

 

社会は暗記が重要であり、なかなか覚えられない人にとってはまさに画期的な問題集なのです。赤セルシートも付いていることから、解答を隠して何度も復習できる点が魅力といえます。

 

冊子の後編には、グラフ・人物などといった、頻出問題の傾向がしっかり載っていることで最後の最後まで暗記枠が広がります。社会科の暗記が苦手な人にはぴったりの問題集と言えるでしょう。

出版年月日 2014/10/24 ページ数 160ページ

口コミを紹介

公立高校の出題からの抜粋を使って構成した赤シート式の基礎〜中等度の暗記帳です。基本的な所を落とさない様に満遍なく覚える用途ですが、妥当な内容でしょう。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

学研プラス

寝る前5分暗記ブック 中3高校入試

寝る前5分で暗記できる習慣化問題集

勉強する問題集が1科目1冊だとお金もかかりますし、量も増えて飽きてしまうかもしれません。本書では、英語・数学・国語・理科・社会の5科目を1冊にまとめて暗記できるように構成されており、スキマ時間を利用して手軽に勉強できる点が魅力です。

 

寝る前にちょっと勉強するのにも適しており、習慣化させることで毎日少しずつでも頭の中に入ってきます。優しい文章で分かりやすく、要点を付いていることで着実に学力が身に付くのです。

 

勉強時間がなかなか取れない時にはもちろん、長時間勉強をしていると飽きてしまうといった方にもぴったりの問題集です。

出版年月日 2013/9/11 ページ数 190ページ

口コミを紹介

要点がまとまっていて
分かりやすかった。
とくに社会の語呂合わせが
分かりやすかった。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

アルク

改訂版 キクタン【中学英単語】高校入試レベル (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)

英単語を効率的に暗記できる問題集

CDが付いていることで、目でテキストを見ながら視覚と聴覚で英単語を覚えることができる問題集です。1日に学習する英単語は16個とスモールステップであり、8週間もすると896語もの単語を学習できる構成になっています。

 

中1から中3までレベル別に載っている為、自分に合ったレベルから始められる点がポイントです。CDはただ単に英単語を発音するだけでなく、BGMとして心地よい音楽が流れていて飽きることがありません。

 

基本となるスタイルはあるものの、その人その人にとって生活リズムは異なりなかなか持続できないのが現実です。学習量を調整できることで、無理のない自分に合ったスタイルで勉強が可能な点も魅力的でしょう。

出版年月日 2015/11/27 ページ数 275ページ

口コミを紹介

中学英語でも分からない単語が多いなかで、シンプルに練習できたのは、この「キクタン 中学英単語」でした。全く単語を忘れていたのに、少しずつ、英語の初心に戻れます。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

文英堂

実力メキメキ合格ノート 中学地理 改訂版

ノートに書いてしっかり身に付く問題集

知識が定着しやすいように構成された、書き込み式の地理問題集です。講義テキストと整理ノートが、セットになっているため、ノートや資料集などを用意しなくても、スムーズに学習できます。

 

地理が得意な場合は応用問題の前のおさらい用、苦手な場合も基礎知識の定着用といったように、学習者のレベルに合わせて使える点も魅力です。自分で書くことで、しっかり頭の中に入れることができるでしょう。

 

テキストは穴埋め式になっており、適宜問題を解いていくことで知識をしっかり定着させられます。又、高校入試に限らず普段の学習内容も網羅していることで、中学全体の地理の総仕上げにも使えますよ。

出版年月日 2016/8/11 ページ数 208ページ

口コミを紹介

地理が苦手なので購入。要点がまとまっているので全体を把握しながら憶えることができます。知識の関連もつけやすく、勉強しやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

SBクリエイティブ

進学塾プロ講師が教える高校入試 数学 瞬解60

入試のプロが教える問題集

進学塾の講師による、学校では教えてくれない数学の解き方のコツをまとめた、究極の高校入試向け問題集です。公立高校のみならず、私立や難関国立高校まで幅広く対応している点が魅力といえます。

 

解き方をマスターすることで、教科問わずに全てにおいての勉強の仕方等が変わってきます。毎日数十分~1時間程度で知識が身に付く構成になっているため、スモールステップスタイルで学習を進めたい学生にぴったりです。

 

志望高校合格へ向けて、特に数学が苦手な人はぜひ読んでもらいたい問題集の1つといえます。高校入試の裏側・リアルを知るプロフェッショナルが伝授するからこそ、より効率的な高校入試合格の学習ができます。

出版年月日 2018/8/2 ページ数 192ページ

口コミを紹介

冒頭に「パーフェクト要点整理」として中学3年間の数学の要点がまとめてある。これなどは、受験直前の時間のないときの見直しに非常にやくに立つと思う。瞬解の理解のために、先生と生徒の問答や解説が懇切丁寧である。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

KADOKAWA

高校入試 世界一わかりやすい中学英単語

英単語ごとに解説コメントが付いている問題集

英語は苦手意識が付いてしまうと、どんどん周りから遅れを取ってしまってますます手が付かなくなります。参考書や問題集を見ても分からないことだらけでは意味がありません。

 

世界一わかりやすい英単語の問題集として人気が高く、英語に苦手意識が強い方に積極的に読んでほしい1冊といえます。まずは初歩の段階から、徐々に高校受験レベルを目指したい方にもおすすめです。

 

単語の1語1語に解説コメントが付いており、しっかり脳内にインプットできるように設計されている特徴を持っています。ただ単に暗記だけでは飽きてしまう覚え方も、文章を読むことから自然と単語の意味やスペルを習得しているのです。

出版年月日 2016/3/10 ページ数 255ページ

口コミを紹介

"have"や"take"といった多義でいろいろな熟語に使われる動詞が丁寧に解説されています。このあたりの単語を他の単語と同列にしないで別立てにしているあたりはさすがです。その他の文法基本事項や、時間・季節・動物・都市名などの単語も最後に見やすくまとめられています。

出典:https://www.amazon.co.jp

15位

旺文社

高校入試 とってもすっきり古文漢文 新装版

古文が苦手な人にも!3ステップの学習でキソのキソから分かりやすく!

旺文社で高い人気を集める「とってもシリーズ」から登場した、古文・漢文用問題集です。動詞・形容詞・助動詞に加えて古典の世界感をわかりやすく解説。中学生にとっては難しい古典も楽しく学べるため、つまずくことなく次のステップへ進めます。

 

「基礎編」「文法編」「読解編」「漢文編」に分かれており、最後にテストが付いています。読解でつまずきがちな動作主の把握から重要単語の暗記まで幅広く古文をカバー。古典が苦手な生徒でも一から学ぶことができます。

出版年月日 2014/8/24 ページ数 79ページ

口コミを紹介

古文が苦手で焦っている人はとりあえずこれを買えばいい。段階式学習で内容が忘れないようになっているし、何より別冊解答の丁寧さに脱帽。問題として出された話の押さえるべきポイントなどが明記されていたりする。買うべき!

出典:https://www.amazon.co.jp

高校受験問題集おすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5461156の画像

    旺文社

  • 2
    アイテムID:5461159の画像

    増進堂・受験研究社

  • 3
    アイテムID:5461162の画像

    旺文社

  • 4
    アイテムID:5461165の画像

    旺文社

  • 5
    アイテムID:5461168の画像

    学研プラス

  • 6
    アイテムID:5461171の画像

    Z会

  • 7
    アイテムID:5461174の画像

    文英堂

  • 8
    アイテムID:5461177の画像

    文英堂

  • 9
    アイテムID:5461180の画像

    旺文社

  • 10
    アイテムID:5461183の画像

    学研プラス

  • 11
    アイテムID:5461186の画像

    アルク

  • 12
    アイテムID:5461189の画像

    文英堂

  • 13
    アイテムID:5461192の画像

    SBクリエイティブ

  • 14
    アイテムID:5461195の画像

    KADOKAWA

  • 15
    アイテムID:5461198の画像

    旺文社

  • 商品名
  • 2021年受験用 全国高校入試問題正解 国語
  • 中学 自由自在問題集 英語: 基礎から難関校突破まで自由自在の実力をつけるスーパー問題集
  • 受験生の50%以下しか解けない 差がつく入試問題 数学 改訂版
  • 高校入試 中学3年間の総復習 社会
  • 「解き方」がわかる国語 文章読解
  • 中学版 速読英単語 高校入試突破のための必須1300語
  • 塾で教える高校入試 数学 塾技100 新装版
  • 実力メキメキ合格ノート 中学歴史 改訂版
  • 高校入試 入試問題で覚える 一問一答 社会
  • 寝る前5分暗記ブック 中3高校入試
  • 改訂版 キクタン【中学英単語】高校入試レベル (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)
  • 実力メキメキ合格ノート 中学地理 改訂版
  • 進学塾プロ講師が教える高校入試 数学 瞬解60
  • 高校入試 世界一わかりやすい中学英単語
  • 高校入試 とってもすっきり古文漢文 新装版
  • 特徴
  • 47都道府県の高校入試問題を網羅
  • 高校入試に必須の英語をレベル別に総仕上げ
  • 応用問題を徹底カバーしたい受験生にぴったり
  • 中学3年間の社会をスピーディーに復習
  • 文章の読解力を高める問題集
  • 単語の意味をしっかり頭にたたきこめる問題集
  • 関数・図形に特化した人気の問題集
  • ただ書き写すだけで合格への道が望める問題集
  • よく出題されるグラフ・人物を中心とした問題集
  • 寝る前5分で暗記できる習慣化問題集
  • 英単語を効率的に暗記できる問題集
  • ノートに書いてしっかり身に付く問題集
  • 入試のプロが教える問題集
  • 英単語ごとに解説コメントが付いている問題集
  • 古文が苦手な人にも!3ステップの学習でキソのキソから分かりやすく!
  • 価格
  • 2530円(税込)
  • 1650円(税込)
  • 880円(税込)
  • 1162円(税込)
  • 1210円(税込)
  • 2422円(税込)
  • 1464円(税込)
  • 495円(税込)
  • 770円(税込)
  • 1034円(税込)
  • 1320円(税込)
  • 1210円(税込)
  • 1738円(税込)
  • 655円(税込)
  • 990円(税込)
  • 出版年月日
  • 2020/6/23
  • 2014/2/12
  • 2016/11/2
  • 2014/11/25
  • 2010/9/15
  • 2011/4/1
  • 2016/7/8
  • 2016/7/12
  • 2014/10/24
  • 2013/9/11
  • 2015/11/27
  • 2016/8/11
  • 2018/8/2
  • 2016/3/10
  • 2014/8/24
  • ページ数
  • 544ページ
  • 176ページ
  • 96ページ
  • 64ページ
  • 87ページ
  • 274ページ
  • 224ページ
  • 192ページ
  • 160ページ
  • 190ページ
  • 275ページ
  • 208ページ
  • 192ページ
  • 255ページ
  • 79ページ

高校受験にあたって知っておくべき知識とは?

高校受験を突破するためには勉強だけでなく、入試そのものに関する知識・仕組みを理解しておくことも大切です。ここでは、高校受験に挑戦するにあたって、知っておくべき知識をご紹介します。

私立受験は入試のスタイルによって難易度が変化する

私立高校を受験する際には、より自分が合格しやすい入試スタイルを選択することも大切です。私立高校受験では、公立高校と同じように当日の入学試験で合否が決まる「一般入試」に加え、専願(単願)推薦入試・併願推薦入試などが存在しています。

 

「専願推薦入試」は、合格した際には他校を受験することなく、合格した高校に必ず入学することを条件に願書を提出する入試スタイルであり、合否判定の際に優遇され、合格できる可能性が高くなる傾向にあります。

 

「併願推薦入試」は受験する私立高校に加え、その他の高校にも願書を提出できる入試スタイルです。専願に比べると、一般入試と同様に合格難易度は高くなりますが、先に私立高校に合格できれば、その後公立高校を受験する際のプレッシャーを軽減できます。

「内申点」は日頃の積み重ねが評価される

高校入試の合否を決めるのは、当日の入学試験だけではありません。特に在籍している中学校が高校へ提出する「内申点」は、日頃の学校生活の全てが評価されるため、より高い評価を得ておくことで、受験時のアドバンテージになります。

 

内申点は、受験生の成績・授業態度・課題の提出状況などをまとめた「調査書」に記載されている各教科の評定(通知表における1~5で書かれる成績)を使って計算されるのが一般的です。内申点の算出方法は、入試スタイルや各高校によって異なる場合があります。

 

また、受験時の参考にされる成績の範囲は地域ごとに違っている点も注意しましょう。都道府県によっては3年の時の成績だけでなく、1・2年生の頃の成績も使われることもあります。

高校入試の基本スケジュールは?

高校受験をスタートするにあたって、最も大切なのは基本スケジュールをしっかり把握しておくことです。一般的に、毎年6月頃から学校説明会が開催されるため、1・2年生のうちに様々な学校の説明会に参加し、自分が受験したい高校を決めておくことをおすすめします。

 

中学3年生の9月頃になると、三者面談で志望校についての話し合いが行われ、1月には願書を提出します。願書の提出期間は高校によって違っており、期日までに提出できないと受験が不可能になるため注意が必要です。

 

1月下旬~2月上旬には、私立・公立高校の推薦入試がスタートするため、それまでにしっかり入試対策をしておくことが大切です。私立高校の一般入試は2月の中旬頃に、公立高校の一般入試は2月下旬~3月にそれぞれ実施されます。

その他受験に必要な参考書もあわせてチェック

その他受験に必要な参考書は下記の記事で紹介しています。選び方や使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

自分に合った高校受験用問題集で合格を勝ち取ろう

ここまで「高校受験問題集の選び方・高校受験問題集おすすめ11選」を紹介しましたがいかがでしたでしょうか。初めての受験で不安に感じている人も多いですが、志望校に応じた問題集を選んでしっかりマスターすれば合格への道は広がります。ぜひ自分のレベル・志望校に対応した問題集を探してみてはいかがでしょうか。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月13日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【大学受験・ビジネスに】おすすめの英単語帳人気ランキング15選

【大学受験・ビジネスに】おすすめの英単語帳人気ランキング15選

参考書・専門書
【2021年11月最新版】成城石井の人気おすすめランキング75選

【2021年11月最新版】成城石井の人気おすすめランキング75選

その他食品
英文法の問題集人気おすすめランキング20選【大学受験や社会人にも】

英文法の問題集人気おすすめランキング20選【大学受験や社会人にも】

参考書・専門書
【最新版】共通テスト対策に欠かせない!おすすめのセンター問題集ランキング13選

【最新版】共通テスト対策に欠かせない!おすすめのセンター問題集ランキング13選

参考書・専門書
ファンタジー小説の人気おすすめランキング50選【日本や海外の作品も】

ファンタジー小説の人気おすすめランキング50選【日本や海外の作品も】

参考書・専門書
イラスト本の人気おすすめランキング16選【初心者用も紹介】

イラスト本の人気おすすめランキング16選【初心者用も紹介】

本・CD・DVD