記事ID137373のサムネイル画像

【メンテナンスに】フロアジョッキのおすすめ人気商品ランキング10選

車のメンテナンスに欠かせないフロアジョッキですが、使用されたことは、ありますか。実はとても便利なアイテムなので、この機会に車の整備が必要になった時のことを考えて、用意しておきましょう。そこで今回は、おすすめのフロアジョッキをご紹介します。

フロアジョッキを活用し、もっと手軽に作業を行いましょう。

フロアジャッキとは、車両のタイヤ交換や、整備などを行う際に、かなり便利なアイテムとなります。車の整備などの仕事をされている方にとっては、とても馴染みのあるアイテムだと思います。これは、レバーを上下させることで、楽に車両を持ち上げることができる道具です。

一般的には、あまり使わないアイテムでもありますが、業者に頼むと、ちょっとしたことでも、予算を超えてしまうことがありますよね。その際には、このアイテムがあるだけで、ちょっとのことであれば、自分でも直すことができる場合もあるので、用意しておきましょう。

そこで今回は、おすすめのフロアジョッキを、ご紹介します。これから初めて使用される方のためにも、選び方のコツや、おすすめの商品をランキング形式にてご紹介していくので、是非参考にしながら、選んでみてはいかがでしょうか。

フロアジョッキの選び方

スペックで選ぶ

スペックは合わないと使うことができないため、最も重要な部分になります。そのため、必ず見落とすことなく、ご自身の車に合うものを、選ぶようにしましょう。

耐荷重で選ぶ

耐荷重は、フロアジャッキを選ぶ際にも、最もポイントとなる部分なので、しっかりと確認しておく必要があります。というのも、フロアジャッキにも持ち上げられる車両には、限度があります。多くは1〜2t程度の車両に対応する商品が、多く販売されています。

 

ただし、大型車両ともなると、それ以上の重量があることが多いですよね。基本的に、車の重さは一般的な軽トラックで、約700~800kg程度になります。農業トラクターの場合は、小型で1t程度、大型だと2t程度以上にもなってしまう、場合があります。

 

そうなってくると、3t以上に対応するものを、選ぶ必要があります。軽自動車などでは一般的に販売されているものでも、問題ありません。ただし、それよりも大型の車にも使用する場合なども考えて、ご自分の車の重量と照らし合わせながら、選ぶことが重要です。

最高位・最低位の高さで選ぶ

フロアジャッキを選ぶポイントとして、まず最高位・最低位の高さがあります。これは、ジャッキの高さのことをさします。最低位が低ければ、車高の低い車や農機を簡単に持ち上げることができます。

 

一方最高位が高ければ、車両の下も広々とするため、効率よく作業することができます。というのも、フロアジャッキは車の下の隙間へと差し込み、ジャッキにて持ち上げるようにして、使用します。

 

そのため、この隙間へと入れることができなければ、車両の整備を行うことすらもできなくなります。なので、より高ければ高いほど、作業の効率も向上するので、必ずチャックしながら、選ぶようにしましょう。より便利に活用するためにも、しっかりと把握しておく必要があります。

便利アイテムを選ぶ

フロアジャッキ以外に必要なアイテムがあるので、しっかりと時前に用意し、安全に作業できるようにしておきましょう。また、手軽さを求める場合は、シザーズジャッキがおすすめです。

スタンド・タイヤ止めを選ぶ

整備などのメンテナンスを行う際は、フロアジャッキ以外にも、スタンドとタイヤ止めが必要になるので、用意しておきましょう。スタンドは、ジャッキアップする際に、地面と車の間に挟んで支えるために、必要になります。ジャッキで車を持ち上げただけでは、安定性に欠けます。

 

そのため、このアイテムを使って、さらに安定性を高めましょう。ただ、このスタンドを装着する位置は、車種によって位置が異なります。なので、しっかりと、車の取扱説明書を確認しておきましょう。

 

また、タイヤ止めも、安全性のために必要になります。少しの間だからと使用を怠ってしまうと、作業中に車が動く場合があります。実際に、下敷きになったという事故もあるので、必ず用意しておきましょう。

シザーズジャッキを選ぶ

シザーズジャッキとは、フロアジャッキと似たようなものとして、販売されているアイテムの一つです。フロアジャッキは、初心者の方でも比較的扱いやすいメリットがありますが、どうしても仕事で整備などを行っている方であれば、物足りなさを感じますよね。

 

その場合は、シザーズジャッキを使うと良いでしょう。このアイテムは、フロアジャッキよりも耐久性に優れ、より手軽に車体を持ち上げることができます。なので、より簡単に作業を行いたい方や、耐久性に優れたものをお探しの場合は、このシザーズジャッキを選びましょう。

 

ただし、頑丈な分だけ本体が重いものが多く、軽いものでも10㎏程度あるので、注意しましょう。自宅のガレージなどに保管しておく分には問題ありませんが、携帯には向いていません。

メーカーで選ぶ

安心して使うためには、メーカーにもこだわりたいですよね。以下の2つのメーカーは、多くの支持を得ているので、安心して使用できます。

メルテックを選ぶ

メルテックとは、カー用品を主に扱い、数々の人気商品を販売しています。車関係に詳しい方は、愛用されている方も、多いのではないでしょうか。フロアジャッキも、たくさんの商品を販売しているので、是非このメーカーのものを、使ってみましょう。

 

メルテックは、昭和37年2月14日に設立し、各県に拠点を置いています。所属団体も多いなど、多くの会社からも支持を得ています。お客様のことを第一に考え、社員満足・顧客満足・社会満足を主軸に、商品を提供しています。

 

信頼性もあり、アフターサービスも充実しているので、安心してお買い求めいただけます。さらに、環境にも考えて製造を行うなど、前向きな取り組みを行っているメーカーでもあるので、安心感も高くおすすめです。

大橋産業を選ぶ

大橋産業とは、昭和32年12月3日に設立し、大阪に本社を置いているメーカーになります。主に車用品を取り扱い、メンテナンス機器から、サイクル用品まで、幅広いラインナップを揃えています。

 

品質に優れた商品が多く、ユーザーの皆さんに、満足してもらえるように、信頼性の高い製品作りを目指しているといったコンセプトを持っています。そのため、性能も良く、しっかりと機能を果たしてくれる商品も多いので、おすすめのメーカーとなっています。

 

かなり重たい重量にも耐えることができる商品もあるので、色々な車種にお使いいだけます。ただし、現在販売されているフロアジャッキは1種類のみなので、選択肢は広くありません。

用途で選ぶ

用途もしっかりと考えたり、把握しながら選ぶことで、より使い勝手も良くなりますよ。

タイプで選ぶ

フロアジャッキには、油圧式タイプのものが、多く販売されています。この油圧式とは、力の伝達を油圧を介することで、重たいものを楽に持ち上げることができるタイプになります。

 

ネジを回転させて持ち上げる、車載パンタグラフに対し、レバーを上下するだけで、手軽に持ち上げることが可能です。そのため、作業を効率良く行えるので、とてもおすすめです。さらに、バランスに優れたているので、左右2輪を同時に持ち上げることができます。

 

なので、安全に下回りの点検や部品交換を行えたりと、色々なメリットを受けることができます。ただし、オイルが漏れてしまうと、ジャッキとしての機能を果たさなくなることもあるので、場合によっては、新しいものを買い替えるようにしましょう。

サイズ・価格で選ぶ

商品によって、あまり大きさの違いはないので、サイズはそれほど気にする必要はありません。ただし、初めて購入する場合は、必ず収納スペースを確保しておきましょう。

 

特に小さいお子さんやペットがいる場合は、しっかりと収納をしてかないと、誤って怪我をしてしまう恐れがあります。なので、触らない安全な場所に保管をしておく必要があります。また、価格も気になりますよね。

 

あまり安すぎると、作りが甘く、危険になることがあります。フロアジャッキは、車の整備に使用するものなので、必ず安全に使えることが前提になります。なので、お値段で決めずに、しっかりと安全に使え、機能性を果たせるものを選ぶようにしましょう。

フロアジョッキのおすすめランキング10選

第10位

超原ツール

フロアジャッキ K402 ブルー

価格:7,610円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

かなり使い勝手に優れ、快適に使用できます。

軽・小型乗用車に対応し、手軽にタイヤ交換やメンテナンスが、行えます。キャスターが付いているため、移動するのにも大変便利です。使い勝手にもこだわって作られ、快適に活用していただけます。

 

また、このフロアジャッキは、女性でも簡単ジャキアップでき、おすすめとなっています。面倒なジャッキアップが、簡単に行えるので、作業もはかどります。さらに、サッと持ち出せるので、常備していると重宝します。

 

急なパンクにもすぐに対応できるので、かなり役立ちますよ。誰でも簡単に操作が行え、ハンドルを上下に動かすだけなので、慣れていなくても安心です。軽い力で操作することが可能です。

サイズ-重さ-
タイプ油圧式高位幅135~385mm
耐荷重2t
第9位

DIGICAM

オールアルミニウムフロアジャッキ DJ-AL-1.5T シルバー

価格:32,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトに収納でき、邪魔になりません。

メンテナンスがしやすく、オールアルミニウムにこだわって、作られています。軽量ながら、高強度を兼ね揃えている素材を採用し、高効率デュアルポンプを搭載しているので、軽い操作感を実現しています。

 

また、ジャッキのサドルとハンドルには、ボディ保護パッドを付属しているので、安全性にも配慮されています。車をジャッキアップ時の思わぬ損傷から、しっかりと守ります。

 

安全性もあり、買って損はないといった、ロコミが挙がっていました。ハンドルは、コンパクトに持ち運びできる分割式となっているので、車載用に最適でおすすめです。

サイズ57.3×25.3×13.7cm重さ13kg
タイプ油圧式高位幅-
耐荷重1.5t
第8位

エマーソン

ローダウンガレージジャッキ T83508 ブラック

価格:22,772円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

色々な車種に対応し、いつでもサッと活用できます。

ダブルピストンなので、約12回で最高位までジャッキアップが、可能となっています。また、支持台はラバーコーティング仕様になっているため、大切な愛車を傷つけません。よって、安心して、快適にご使用いただけます。

 

このフロアジャッキは、幅広でどっしりとした安定感を持っています。 軽自動車・大型車・SUV・ミニバン・4WDなど、幅広い車種に使用でき、常備していると、かなり役立ちますよ。

 

安定して使用できるので、とても助かったといった、ロコミが挙がっていました。女性やご年配の方でも楽々使え、いざという時のために、車のトランクに標準装備しておくことを、おすすめします。 

サイズ400x200x820mm重さ44kg
タイプ油圧式高位幅98~535mm
耐荷重3.25t
第7位

WEIMALL

低床フロアジャッキ SJW300E ブルー

価格:12,310円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クッション性も備わっているので、車を傷つけません。

幅広い車種に対応し、デュアルポンプ採用により、スムーズな動作が可能となっています。キャスターと、ハンドル付きだからなので、手軽に扱えるうえに、少ない力で車体がぐんぐん持ち上がり、作業も素早く済ませれます。

 

さらに、標準よりサドルが低いローダウンジャッキ仕様になっているので、軽自動車・コンパクトカーなどの、車体の低い車にも対応します。使い勝手に優れていて、便利でおすすめのフロアジョッキです。

 

高く上げることができ、色々な車種に使えるといった、ロコミが挙がっていました。一度のストロークで、より高くジャッキアップします。さらに、車両と接触するハンドル部分に、保護スポンジを使用しているため、大事な車に傷をつけません。

 

サイズ690×268×230mm重さ-
タイプ油圧式高位幅75~500mm
耐荷重3t
第6位

メルテック

フロアージャッキ F-85 イエロー

価格:5,892円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

作業をスムーズに行えるように、サポートします。

ミニバン、ワンボックス車に最適で、簡単にタイヤなどを交換できます。イエローカラーで目立つので、見つけやすく、サッと取り出して使用できます。

 

また、油圧式なので、スムーズにジャッキアップが可能です。タイヤ交換・オイル交換・サスペンション・ショック交換など、色々な作業にお使いいただけます。

 

色々な作業に役立ち、目立つので収納しても見つけやすいといった、ロコミが挙がっていました。手こずってしまう作業も、これがあれば安心です。

サイズ558×168×188mm重さ11.6kg
タイプ油圧式高位幅133~410mm
耐荷重2.25t
第5位

エマーソン

フロアジャッキ EM-501 レッド

価格:2,976円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

難しい審査にもクリアし、最高品質のものをお届けします。

国内で販売実績のある、老舗メーカーのニューレイトン社が提供し、信頼あるブランドから、販売されているので、安心して使用できます。品質も高く、機能性にも優れています。

 

また、SG規格に適合したもののみをお届けするので、安心してお買い求めいただけます。メーカー保証が、1年付いているため、何かあった際でも、すぐにアフターサービスを受けれます。

 

何十年も愛用しているといった、ロコミが挙がっていました。別売りされている、サイド掛けジャッキアダプターにも、対応しています。

サイズ188x155x430mm重さ8.7kg
タイプ油圧式高位幅130~330mm
耐荷重2t
第4位

エマーソン

フロアジャッキ EM514 ブラック

価格:9,309円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

信頼あるメーカーから、信頼できる商品が販売されています。

信頼おけるメーカーから販売され、国内でも人気の商品と、なっております。さらに、主にタイヤを交換する際に、必要となる商品を中心にラインナップしているので、品質も高くなっています。

 

このフロアジャッキは、 SG規格に適合しているので、かなり安心してお使いいただけます。

 

コスパにも優れ、1台あるとかなり便利といった、ロコミが挙がっていました。安全性が高い商品であり、信頼性の高い第三者認証により、安心して使用できるようになっています。

サイズ188x172x590mm重さ14.8kg
タイプ油圧式高位幅135~435mm
耐荷重3t
第3位

メルテック

フロアージャッキ F-90 ブラック

価格:6,840円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

かなり重い車種にも耐えて、安定感も抜群です。

一家に一台、これだけあれば、作業がはかどります。色々な車両に使用でき、力がない女性でも、楽に使えるフロアジャッキに仕上げています。

 

SUV・4WD車などの、車高の高い車で、通常のジャッキでは対応できない車種でも、これなら安心して使用できます。

 

車種に左右されず使えるのが良いといった、ロコミが挙がっていました。約3tまで対応し、ジャッキアップ時の安定感も抜群です。

サイズ75×22×21.5cm重さ19.3kg
タイプ油圧式高位幅148~530mm
耐荷重3t
第2位

大橋産業

フロアジャッキ 1336 レッド

価格:4,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安心安全を第一に考えた、商品となっています。

安心安全のフロアジャッキで、しっかりと重さに耐えれます。軽・普通乗用車から、ミニバンのタイヤ交換や、メンテナンスに最適です。

 

さらに、別売のジャッキアップ用アダプターを取り付けて、お使いいただくことも可能です。

 

楽に作業が行え、素晴らしいアイテムといった、ロコミが挙がっていました。収納スペースもあまり取らないので、快適に使用できます。

サイズ515×195×167mm重さ9kg
タイプ油圧式高位幅135~385mm
耐荷重2t
第1位

メルテック

ローダウンフロアジャッキ F-70 シルバー

価格:4,938円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ガイド付きで、初めての方にもお使いいただけます。

最低値約80mmで、純正仕様のローダウン車のジャッキアップに適しています。油圧の力で、スムーズに上げることが可能です。

 

この商品は、サイドから上げる時の、アタッチメントが付いています。最大耐荷重2tもあるので、かなり重たい車体も持ち上げれます。

 

ジャッキといったらこの商品で間違いなしといった、ロコミが挙がっていました。ガイドの手順に従って作業を行えば、誰でも簡単にタイヤ交換が可能です。

サイズ530×140×214mm重さ11kg
タイプ油圧式高位幅80~330mm
耐荷重2t

フロアジョッキのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5018017の画像

    メルテック

  • 2
    アイテムID:5018021の画像

    大橋産業

  • 3
    アイテムID:5018027の画像

    メルテック

  • 4
    アイテムID:5018032の画像

    エマーソン

  • 5
    アイテムID:5018044の画像

    エマーソン

  • 6
    アイテムID:5018046の画像

    メルテック

  • 7
    アイテムID:5018049の画像

    WEIMALL

  • 8
    アイテムID:5018063の画像

    エマーソン

  • 9
    アイテムID:5018055の画像

    DIGICAM

  • 10
    アイテムID:5018061の画像

    超原ツール

  • 商品名
  • ローダウンフロアジャッキ F-70 シルバー
  • フロアジャッキ 1336 レッド
  • フロアージャッキ F-90 ブラック
  • フロアジャッキ EM514 ブラック
  • フロアジャッキ EM-501 レッド
  • フロアージャッキ F-85 イエロー
  • 低床フロアジャッキ SJW300E ブルー
  • ローダウンガレージジャッキ T83508 ブラック
  • オールアルミニウムフロアジャッキ DJ-AL-1.5T シルバー
  • フロアジャッキ K402 ブルー
  • 特徴
  • ガイド付きで、初めての方にもお使いいただけます。
  • 安心安全を第一に考えた、商品となっています。
  • かなり重い車種にも耐えて、安定感も抜群です。
  • 信頼あるメーカーから、信頼できる商品が販売されています。
  • 難しい審査にもクリアし、最高品質のものをお届けします。
  • 作業をスムーズに行えるように、サポートします。
  • クッション性も備わっているので、車を傷つけません。
  • 色々な車種に対応し、いつでもサッと活用できます。
  • コンパクトに収納でき、邪魔になりません。
  • かなり使い勝手に優れ、快適に使用できます。
  • 価格
  • 4938円(税込)
  • 4500円(税込)
  • 6840円(税込)
  • 9309円(税込)
  • 2976円(税込)
  • 5892円(税込)
  • 12310円(税込)
  • 22772円(税込)
  • 32400円(税込)
  • 7610円(税込)
  • サイズ
  • 530×140×214mm
  • 515×195×167mm
  • 75×22×21.5cm
  • 188x172x590mm
  • 188x155x430mm
  • 558×168×188mm
  • 690×268×230mm
  • 400x200x820mm
  • 57.3×25.3×13.7cm
  • -
  • 重さ
  • 11kg
  • 9kg
  • 19.3kg
  • 14.8kg
  • 8.7kg
  • 11.6kg
  • -
  • 44kg
  • 13kg
  • -
  • タイプ
  • 油圧式
  • 油圧式
  • 油圧式
  • 油圧式
  • 油圧式
  • 油圧式
  • 油圧式
  • 油圧式
  • 油圧式
  • 油圧式
  • 高位幅
  • 80~330mm
  • 135~385mm
  • 148~530mm
  • 135~435mm
  • 130~330mm
  • 133~410mm
  • 75~500mm
  • 98~535mm
  • -
  • 135~385mm
  • 耐荷重
  • 2t
  • 2t
  • 3t
  • 3t
  • 2t
  • 2.25t
  • 3t
  • 3.25t
  • 1.5t
  • 2t

まとめ

今回は、おすすめのフロアジョッキを、ご紹介しました。ご説明を読んでいただけたら分かると思いますが、かなり便利な商品なので、1つ常備しておくと、良いと思います。比較的簡単に使えるものも多いので、万が一に備えて、買い揃えておきましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ