記事ID137372のサムネイル画像

【2019年最新版】動画撮影にも人気の一眼レフのランキング10選

現在の一眼レフカメラは写真を撮るだけではなく、綺麗に動画を撮ることができるのも多くなっています。ビデオカメラよりも綺麗に動画を撮れます。ここではおすすめの動画を撮るのに向いている一眼レフカメラを10選、ランキング形式で紹介していきます。

一眼レフは綺麗な動画を撮れる

動画を撮影するためには昔はビデオカメラで行うのが基本でしたが、近年はデジタルカメラやスマートフォンでも動画を高画質で撮れるようになっています。特に一眼レフカメラであれば本体に大型センターが搭載されていることが多くなっていて、感度にも優れているので色鮮やかに動画を撮ることができます。

 

ビデオカメラと比較をすると連続での録画時間が制限されているなどのデメリットはあります。しかし機種にもよりますが画質は一眼レフカメラの方が良いことが多くなっています。綺麗な動画を撮りたいなら高性能の一眼レフカメラで撮るのがおすすめです。

 

今回は一眼レフカメラの機能や特徴についてや、動画を撮るのに向いている一眼レフカメラをランキング形式で紹介していくので、一眼レフを選ぶときの参考にしてみてください。

動画撮影に向いている一眼レフの選び方

動画撮影に向いている一眼レフを選ぶためには、まず選び方を知る必要があります。一眼レフの機能や特徴を理解することにより、自分に合う一眼レフカメラを選びやすくなります。

まずイメージセンサーとフレームレートを確認

一眼レフカメラで動画撮影をしたいのであれば、イメージセンサーとフレームレートを確認することが重要です。繊細な動画を撮ることができるのかに関わる重要な要素になっています。

イメージセンサーのサイズ

イメージセンサーはカメラのレンズから入ってきた、光を電気信号へと変換するパーツのことです。カメラの画質に関わる重要なパーツになっています。センサーサイズが大きければ大きいほど、光の情報を多く取り込むことができます。

 

イメージセンサーが大きいとダイナミックレンジも広がるので、暗所で撮影をしたときもノイズが少なくなります。

 

一般的な一眼レフカメラのセンサーサイズは2種類で「フルサイズ」と「APS-C」になっています。大きくて高画質なのはフルサイズになっていますが、ハイエンドモデルに採用されていることが多いので、価格が高いことが多くなっています。カメラに慣れていない人は価格帯の幅が広いAPS-Cの一眼レフカメラを選ぶのがおすすめです。

フレームレート

フレームレートは1秒間に撮影できる静止画の枚数のことです。動画は多くの静止画を連続して表示することにより、まるで動いているかのように見せています。なので、フレームレートはなめらかに動画を撮影できるのかに大きく関わってきます。

 

フレームレートの単位は「fps」です。1秒間に表示することができるコマ数のことになっていて、例えば60fpsだと一秒間に60枚の静止画を撮ることができるということになります。

 

スローモーションの動画を撮りたいのであれば、120fps以上のハイスピード撮影をすることができるカメラを選ぶようにするのがおすすめです。1000fps以上のハイフレームレートのカメラであれば、スーパースローモーションの撮影も行えます。どのような動画を撮りたいかでフレームレートを選ぶようにしましょう。

4K以上が現在のトレンド

一言レフカメラでの動画撮影はフルハイビジョン以上の高画質で動画を撮れる、4K以上の高画質で撮影できるのが現在のトレンドになっています。一眼レフカメラの大型センサーを活かした動画を撮ることができます。

 

特にフルサイズの一眼レフカメラで動画を撮りたいと考えているのであれば、レンズの性能を活かせる4K以上に対応しているカメラを選ぶようにするのがおすすめです。このようなカメラを選ぶときの注意点としては、データの容量や処理速度の問題により、記録するメディアの速度にも気をつける必要があります。

 

注意点としては4K以上に対応している一眼レフカメラの全てが、高画質というわけではありません。高価な機種と低価格の機種では性能の違いにより、画質が大きく変わってくるので、4K以上に対応している一眼レフカメラを選ぶだけではなく、高性能の機種を選ぶことが重要になります。

各種機能のことを知ることも重要

一眼レフカメラで動画を撮影するのであれば、基本的なスペックの他にも撮影するのに便利な機能が付いているのかを確認することも重要です。特に重要な機能について紹介していきます。

手ブレ補正機能

動画を撮影するのに向いている一眼レフカメラを選ぶときには、手ブレ補正機能があるのかも重要な要素になっています。手持ちで動画撮影をするのであれば手ブレ補正機能はほぼ必須ですが、カメラによっては手ブレ補正機能がないこともあるので、しっかりと確認しておく必要があります。

 

手ブレ補正機能はカメラ本体に内蔵されている「ボディ内手ブレ補正」と、レンズの中に組み込まれている「レンズ内手ブレ補正」の2種類があります。

 

ボディ内手ブレ補正は縦軸と横軸の手ぶれ補正に加えて、回転ブレも補正することができる、「5軸手ブレ補正」が付いているカメラも増えてきています。レンズ内手ぶれ補正は上下左右の手ブレを補正できて、補正する様子をファインダーを覗いたまま確認することができるので、安心して撮影を行えます。

可動式の液晶モニターなのかも重要

動画を撮影するのに適している一眼レフカメラを選ぶときには、液晶モニターが可動式なのかどうかを確認することも重要です。可動式の液晶モニターの一眼レフカメラは液晶画面の角度を変更することができるので、アングルを被写体に合わせることがしやすくなります。

 

可動式のモニターは「チルト式」と「バリアングル式」に2種類が存在します。チルト式はモニターが上下に動かせるタイプになっていて、手軽にモニターの角度を変えることができます。ですが、左右に動かすことができないという欠点があります。

 

バリアングル式の場合は角度を自由に変えられて、上下だけではなく左右に動かることもできます。ハイアングルやローアングルにも対応していて、モニターを回転させることにより自撮りをすることもできます。バリアングル式の欠点はモニターを開かなければいけないので、チルト液晶と比較するとやや面倒なことです。

マイクやヘッドホン端子

一眼レフカメラは写真や動画を撮るために使うので、マイクやヘッドホン端子は必須というわけではありません。なので、端子がなくても撮影は行なえますが、マイクを付けて音を撮りたいのであればマイク端子が付いているのかが重要になります。

 

またエントリーモデルの一眼レフカメラだと、音声を認識するために必要なヘッドホン端子が付いていません。端子が付いている機種はハイエンド機が多くなっているので、どうしても値段は高くなってきます。音を確認したりマイクで音を撮りたいのなら各種端子が付いているかをしっかりとチェックする必要があります。

動画撮影に向いている一眼レフの人気ランキング10選

第10位

キヤノン

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkIV ボディー EOS5DMK4

価格:249,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手軽に動画を撮れる一眼レフ

フルサイズ一眼レフですが、本体の重量は890gなので動画の撮影をするときに片手でも持ちやすいカメラになっています。動画の撮影や4K動画と60fpsのフルHDの他に120fpsでのHD撮影を行うこともできます。

 

動画のファイル形式はMOVとMP4から選択することができるので、用途に併せて使い分けることができます。ピントをスムーズに合わせやすいのも魅力です。値段は高めですが手軽に動画を撮りやすい一眼レフカメラになっています。

イメージセンサーフルサイズ解像度4K
手ぶれ補正無し有効画素数約3040万画素
重量354gサイズ15.07×7.59×11.64cm
第9位

ペンタックス

デジタル一眼レフ K-70

価格:56,110円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ペンタックスのエントリーモデル

K-70はペンタックスの一眼レフのエントリーモデルです。一眼レフカメラは手ぶれ補正機能が付いていないのも多いですが、K-70は手ぶれ補正が付いているのも魅力です。

 

重量はエントリーモデルとしては重い628gですが、バリアングル液晶でWi-Fiにも対応していたりと機能面が充実しています。手ぶれ補正が付いている一眼レフカメラを安く購入したい人におすすめです。

イメージセンサーAPS-C解像度フルHD
手ぶれ補正有り有効画素数2424万画素
重量628gサイズ7.4×12.55×9.3cm
第8位

キヤノン

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9 EF-S18-55 IS STM レンズキット(ブラック) KISSX9BK1855F4ISSTML

価格:63,799円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ抜群のエントリーモデル

キヤノンの一眼レフカメラのエントリーモデルになっています。一眼レフでは安めですがバリアングル液晶になっていてマイク端子も付いています。重量が406gと一眼レフとしては軽いのも魅力的です。

 

エントリーモデルの中でに比較をするとコストパフォーマンスに優れています。レンズや予備バッテリーなどを併せても10万円以内で抑えることもできます。入門用の一眼レフカメラとして特におすすめできます。

イメージセンサーAPS-C解像度フルHD
手ぶれ補正無し有効画素数約2420万画素
重量406gサイズ12.24×6.98×9.26cm
第7位

ニコン

デジタル一眼レフカメラ D7500

価格:89,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ抜群で高性能な一眼レフ

D7500は上位モデルに劣らないスペックを持っていながらも、本体の重量は720gと軽くて薄型なので、動画を撮影するときも扱いやすい一眼レフカメラになっています。30fpsの4K動画を撮影することができて、記録する形式はMOVの他にMP4にも対応しています。

 

フルHDの動画を撮影するときにはアクティブD-ライティング機能により、白とびなどを軽減することができます。それにより明暗の差が激しいシチューエーションや環境でも撮影しやすくなっています。強力な電子手ぶれ補正機能が搭載されているのも魅力的です。

 

ステレオマイクが内蔵されていて、動画を撮影したままでも20段階からマイクの感度を調整することができます。比較的安くてもスペックが高いので、コストパフォーマンス抜群でおすすめの一眼レフカメラです。

イメージセンサーAPS-C解像度4K
手ぶれ補正有り有効画素数2088万画素
重量0.64kgサイズ7.25×13.55×10.4cm
第6位

パナソニック(Panasonic)

ミラーレス一眼カメラ ルミックス DC-GH5

価格:179,480円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4Kを60fpsで撮れる

DC-GH5は動画を撮影するのに向いているミラーレス一眼レフカメラになっていて、4K画質で60fpsの撮影を行うことができます。それによりYouTubeに投稿するための動画を撮るのに愛用している人も多いカメラになっています。

 

FHD画質での撮影であれば最大180fpsにまで対応しているので、激しい動きをするスポーツなどもブレないで撮影を行うことができます。

 

手ぶれ補正に優れているので、映画を撮影するのにも使えるカメラです。ステレオマイクが内蔵されていて雑音を抑えてくれる。高性能な一眼レフカメラになっています。

イメージセンサーAPS-C解像度4K
手ぶれ補正有り有効画素数2033万画素
重量0.65kgサイズ13.85×8.74×9.81cm
第5位

ニコン

Nikon デジタル一眼レフカメラ D500 ボディ

価格:158,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オートフォーカスに優れた一眼レフ

D500はマルチCAM 20Kオートフォーカスセンサーモジュールを搭載していることにより、ピント合わせを高精度が行えるのが魅力です。

 

4K動画を30fpsで撮影できますし、フルHDであれば60fpsで撮影することができます。画像処理エンジンEXPEED 5が搭載されていることにより、ISO感度は最大で51200です。シャッタースピードや絞りを固定すれば、光が少なくてもノイズを抑えての撮影を行うことができます。

 

またオートフォーカス機能に優れているので、飛んでいる鳥を適当に撮っても綺麗に撮ることができます。他にも多くの機能が搭載されている便利な一眼レフカメラです。

イメージセンサーAPS-C解像度4KUHD
手ぶれ補正有り有効画素数2088万画素
重量0.76kgサイズ14.7×8.1×11.5cm
第4位

ニコン

デジタル一眼レフカメラ D850

価格:312,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フルフレームで4KUHD動画を撮れる

D850はフルフレームで4KUHD動画を撮れるのが魅力です。広角レンズなどを使っても画角をそのままで撮ることができるのも特徴になっています。暗所でもノイズが少なく綺麗に動画を撮影することができます。

 

フルHDでの撮影であれば4倍スローでの撮影も行えるので、映画のシーンのような撮影も手軽に行うことができます。電子手ぶれ補正は上下・左右の他に回転にも対応しています。

 

ステレオマイクが内蔵されていて、感度を20段階で調整をすることもできます。ピーキング機能により撮影する人が意図したピントに合わせやすいのも魅力的な一眼レフカメラです。

イメージセンサーフルサイズ解像度4KUHD
手ぶれ補正無し有効画素数4575万画素
重量0.92kgサイズ14.6×7.85×12.4cm
第3位

キヤノン

デジタル一眼レフカメラ EOS 6D Mark II

価格:139,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者でも使いやすい

数多くあるキヤノンのEOSシリーズの中で比較をすると、初心者でも扱いやすい一眼レフカメラになっています。本体の重量は765gと軽めでコンパクトなサイズになっています。バリアングル液晶モニターでローアングルからハイアングルまでの撮影をしやすくなっています。

 

時間の変化を楽しむことができる4Kタイムラプス動画に対応しているので、上空の雲が流れていく様子などを綺麗な動画で楽しむような使い方もできます。フルHDの撮影は60fpsで行えるので、なめらかに動く動画を撮ることができます。

 

動画の撮影をするときに便利な雑音をカットするための機能や、音割れを抑える機能も搭載されているので、雑音が気になる場所でも撮りやすい一眼レフカメラです。

イメージセンサーフルサイズ解像度4K
手ぶれ補正有り有効画素数約2620万画素
重量0.69kgサイズ14.4×7.48×11.05cm
第2位

ニコン

デジタル一眼レフカメラ D5600

価格:57,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音も綺麗に残せる

D5600はスマートフォンとアプリで接続することにより、簡単に写真の共有をしたりリモコン操作を行うことができます。60fpsのフルHDでの撮影に対応しているので、動きが速い被写体も綺麗に撮ることができます。

 

動画を撮影するときのISO感度が100~25600と広くなっているので、暗所でも綺麗に撮影することができます。またタイムラプス動画撮影機能も搭載されています。

 

ステレオマイクが内蔵されているので、音も綺麗に撮ることができます。映像と合わせて残しておきたい音もしっかりと記録することができる、おすすめの一眼レフカメラです。

イメージセンサーAPS-C解像度フルHD
手ぶれ補正有り有効画素数2416万画素
重量415gサイズ7×12.4×9.7cm
第1位

キヤノン

デジタル一眼レフカメラ EOS-1D X Mark II

価格:499,260円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キヤノンのフラッグシップモデル

この一眼レフカメラはキヤノンのフラッグシップモデルになっていて、4K動画を最高59.94fpsで撮ることができます。フルサイズ一眼レフなので重いのがネックですが、グリップが細めになっているので小さい手の人でも撮影はしやすくなっています。

 

フルHDの動画を撮ったときのファイル形式はMOVとMP4から選択することができます。綺麗に動画を撮れるのはMOVになっていますが、動画を共有したりするのであればMP4を選ぶと便利です。用途に併せて使い分けるようにするのがおすすめです。

 

ピントをスムーズに合わられるカメラになっているので、調整がシビアな4K動画も手軽に撮りやすくなっています。値段は高いですがその価値はある、おすすめの一眼レフカメラです。

イメージセンサーフルサイズ解像度4K
手ぶれ補正無し有効画素数2020万画素
重量354gサイズ15.8×8.26×16.76cm

動画撮影に向いている一眼レフのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5018091の画像

    キヤノン

  • 2
    アイテムID:5018136の画像

    ニコン

  • 3
    アイテムID:5018100の画像

    キヤノン

  • 4
    アイテムID:5018131の画像

    ニコン

  • 5
    アイテムID:5018137の画像

    ニコン

  • 6
    アイテムID:5018129の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 7
    アイテムID:5018139の画像

    ニコン

  • 8
    アイテムID:5018106の画像

    キヤノン

  • 9
    アイテムID:5018115の画像

    ペンタックス

  • 10
    アイテムID:5018099の画像

    キヤノン

  • 商品名
  • デジタル一眼レフカメラ EOS-1D X Mark II
  • デジタル一眼レフカメラ D5600
  • デジタル一眼レフカメラ EOS 6D Mark II
  • デジタル一眼レフカメラ D850
  • Nikon デジタル一眼レフカメラ D500 ボディ
  • ミラーレス一眼カメラ ルミックス DC-GH5
  • デジタル一眼レフカメラ D7500
  • Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9 EF-S18-55 IS STM レンズキット(ブラック) KISSX9BK1855F4ISSTML
  • デジタル一眼レフ K-70
  • Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkIV ボディー EOS5DMK4
  • 特徴
  • キヤノンのフラッグシップモデル
  • 音も綺麗に残せる
  • 初心者でも使いやすい
  • フルフレームで4KUHD動画を撮れる
  • オートフォーカスに優れた一眼レフ
  • 4Kを60fpsで撮れる
  • コスパ抜群で高性能な一眼レフ
  • コスパ抜群のエントリーモデル
  • ペンタックスのエントリーモデル
  • 手軽に動画を撮れる一眼レフ
  • 価格
  • 499260円(税込)
  • 57800円(税込)
  • 139800円(税込)
  • 312000円(税込)
  • 158780円(税込)
  • 179480円(税込)
  • 89800円(税込)
  • 63799円(税込)
  • 56110円(税込)
  • 249800円(税込)
  • イメージセンサー
  • フルサイズ
  • APS-C
  • フルサイズ
  • フルサイズ
  • APS-C
  • APS-C
  • APS-C
  • APS-C
  • APS-C
  • フルサイズ
  • 解像度
  • 4K
  • フルHD
  • 4K
  • 4KUHD
  • 4KUHD
  • 4K
  • 4K
  • フルHD
  • フルHD
  • 4K
  • 手ぶれ補正
  • 無し
  • 有り
  • 有り
  • 無し
  • 有り
  • 有り
  • 有り
  • 無し
  • 有り
  • 無し
  • 有効画素数
  • 2020万画素
  • 2416万画素
  • 約2620万画素
  • 4575万画素
  • 2088万画素
  • 2033万画素
  • 2088万画素
  • 約2420万画素
  • 2424万画素
  • 約3040万画素
  • 重量
  • 354g
  • 415g
  • 0.69kg
  • 0.92kg
  • 0.76kg
  • 0.65kg
  • 0.64kg
  • 406g
  • 628g
  • 354g
  • サイズ
  • 15.8×8.26×16.76cm
  • 7×12.4×9.7cm
  • 14.4×7.48×11.05cm
  • 14.6×7.85×12.4cm
  • 14.7×8.1×11.5cm
  • 13.85×8.74×9.81cm
  • 7.25×13.55×10.4cm
  • 12.24×6.98×9.26cm
  • 7.4×12.55×9.3cm
  • 15.07×7.59×11.64cm

まとめ

ここまで動画を撮るのに向いている、おすすめの一眼レフカメラを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。様々な一眼レフカメラが出ているので、一概にこれがおすすめということはできません。なので、スペックや重さや値段などを考慮して選ぶようにするのがおすすめです。動画を撮るのに向いている一眼レフカメラを選ぶときの参考になれば幸いです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ