記事ID137340のサムネイル画像

【2019年最新版】若者に大人気のゲーミングデスクランキング10選

ゲーミングデスクはゲームを遊ぶのに適しているデスクのことです。一般的なオフィスデスクよりもゲームを遊びやすくなるので、より快適にゲームを楽しめるようになります。ここではおすすめのゲーミングデスクを10選、ランキング形式で紹介していきます。

ゲーミングデスクとオフィスデスクの違い

ゲーミングデスクはゲームを頻繁に遊ぶ人からの要望から作られた、ゲーマ向けのデスクの総称になっています。近年は昇降式のデスクで高さを変えることができる、ゲーミングデスクも開発されていたりと、よりゲーマーが使いやすいように改良されてきています。

 

通常のオフィスデスクでもパソコンなどを置いて、ゲームを楽しむことはできますが、より快適にゲームを遊ぶためには、そのために作られたゲーミングデスクを使うようにするのがおすすめです。マウスやキーボードを最適な位置に置くことで快適にゲームを遊べるようになります。

 

今回はゲーミングデスクを選ぶときのポイントや、おすすめのゲーミングデスクをランキング形式で紹介していきますので、自分に合うゲーミングデスクを探すときの参考にしてみてください。

ゲーミングデスクの選び方

ゲーミングデスクの購入を検討しているのであれば、まず選び方を知ることが重要になります。選び方のポイントを紹介していきますので、チェックしてみてください。

まず耐久性や安定性などをチェック

ゲーミングデスクを選ぶときには耐久性や安定性が重要になります。しっかりとしたゲーミングデスクでないと、ゲームを遊ぶのに集中できなくなってしまいます。またデザインも重要な要素です。

耐久性と安定性

ゲーミングデスクを選ぶときに、まず確認しておきたいのが耐久性と安定性です。中にはパソコンの重さに耐えることができないのもありますし、安定感がなくてグラグラと動いてしまうゲーミングデスクも中にはあります。このようなのだとゲームをプレイするのに集中できません。

 

パソコンを置くことができても耐久性に不安があると、いつ壊れてしまうのか不安でゲームに集中できなくなってしまいます。なので、ゲームに集中するためには耐久性や安定性が十分にあるゲーミングデスクを選ぶようにするのがおすすめです。

デザイン

ゲーミングデスクを選ぶときにはデザインにも気をつける必要があります。ゲームを遊ぶだけなのでデザインは気にしなくても、ゲームを遊ぶことはできるのですが、組み合わせるパソコンや椅子などとのデザインの組み合わせが悪いと、どことなく格好悪い感じになってしまいます。

 

ゲームを遊ぶ人なら、ゲーミングデスクは毎日のように使うことになるので、デザインにも気をつけて、よりゲームをプレイするのに集中できる環境を作るようにするのがおすすめです。

サイズ

ゲーミングデスクを選ぶときにはサイズにも気をつける必要があります。デスクを選ぶときは部屋の大きさに合わせて選ぶ必要がありますが、ゲーミングデスクの場合は後からカスタムしていくと、まるで要塞のような見た目になることもあります。

 

なので、ゲーミングデスクは普通のデスクよりも、設置スペースに余裕を持っておくようにするのがおすすめです。設置した後にどうしたいかを想像したりしておくことで、失敗する可能性を減らすことができます。

タイプでの選び方

ゲーミングデスクにはいくつかのタイプが存在します。それぞれゲームを遊ぶときの体制が変わってくるので、ゲームを遊ぶときの体制に合うゲーミングデスクを選ぶようにしましょう。

スタンダードタイプ

現在のゲーミングデスクのトレンドとなっているのが、椅子に座ったときに最適な高さになるタイプになっています。快適にゲームを遊ぶために活用されいてる、ゲーミングチェアと言われているゲームを遊ぶために最適な椅子を使っている人の多くは、スタンダードタイプのゲーミングチェアを使っています。

 

デスク周りに組み合わせることがしやすいのも多くなっているので、デスクを自分好みにカスタマイズをすることもできます。

 

椅子に座ってゲームを遊びたいのなら、スタンダードタイプを選ぶのがおすすめです。高さを調節することができたり、デスク周りの収納箇所を変更しやすくなっています。自分に合うゲームをプレイする環境を構築しやすいタイプになっています。

ロータイプ

ロータイプは天板までの高さが50cm以内のがほとんどの、低いことが特徴のゲーミングデスクのタイプになっています。床に座ってプレイするような感じになるので、あぐらをかいてゲームをプレイしたり、正座をしながらゲームを楽しんだりすることも可能です。

 

高さがないことで空間が広く見えるのもロータイプの特徴になっています。窮屈な感じがしないので快適にゲームを楽しめます。

 

部屋にスペースがない場合にもロータイプのゲーミングチェアはおすすめです。ゲーミング座椅子などゲーム専用の座椅子と組み合わせることができるのもロータイプのゲーミングデスクになっています。

スタンディングタイプ

スタンディングタイプは立ったままゲームを楽しむことができるように作られているゲーミングデスクになっています。かなり個性的な作りになっていて、足元には披露を軽減することができたり、滑り止めの高価がある専用のマットを合わせて使うのが基本です。

 

座った状態と立った状態の両方に対応しているのもあるので、ゲームを遊ぶときの姿勢を変えることもできます。近年は立ったまま仕事をするオフィスも増えてきています。仕事をするときの効率が上がるとされている、現在注目を集めているスタイルになっています。

 

スタンディングタイプは同じ姿勢のままだと、疲れてしまうというような人にもおすすめです。ですが、立ったままゲームを遊ぶのが合わない人もいるので、立ったままゲームを遊ぶのが想像できないような人には向いていないタイプになっています。

遊ぶゲームのジャンルに合わせた選び方

ゲーミングデスクは遊ぶゲームによって、注意すべきポイントが異なります。遊ぶゲームの違いによる選ぶ方のポイントを紹介していきます。

FPSを遊ぶなら安定感を重視

FPSを遊ぶのであれば安定感があるゲーミングデスクを選ぶことが重要です。安定感があるとエイムの精度ど上げることができるので、より正確に敵を狙うことができるようになります。

 

安定感が高いゲーミングデスクには脚にパイプが取り付けられていたりと、補強パーツが付いているなどの工夫がされています。基本的には支えるパーツが多いほど安定感が向上します。

 

マウスやキーボードを操作するたびにモニターが揺れたりしたら、エイムの精度が落ちてしまったり、ゲーム自体にも集中できなくなってしまいます。FPSなど正確な操作を要求されるゲームを遊ぶのなら、安定感を重視してゲーミングデスクを選ぶようにしましょう。

ネットワークRPGを遊ぶなら高さが重要

MMORPGなど、一度に長時間遊ぶことになるゲームを遊ぶのであれば、ゲーミングデスクの高さが重要になります。同じ姿勢を続けると体が凝ってしまいます。なので、デスクを自分に合う高さに合わせることが重要になります。

 

自分の身長から適切な高さを計算できるサイトもありますし、昇降機能が付いているデスクであれば、後から自分好みの高さに調節することもできます。体が凝ると体調不良にもなりやすいので、高さに気をつけてゲーミングデスクを選ぶようにするのがおすすめです。

付随機能も重要

ゲーミングデスクを選ぶときには、デスクに付随している機能を確認しておくことも重要です。特にチェックしたい機能について、いくつか紹介していきます。

キーボードスライダー

キーボードスライダーはキーボードを置くためのスライド式天板のことです。使わないときはデスク下に収納をして、使うときだけ出して使うようになっています。収納すればスッキリはしますが、安定感には欠けてしまうので激しい操作を必要とするゲームには向いていません。

 

激しいキーボードの操作を要求されるゲームを遊ぶのであれば、1枚の天板だけで構成されているフラットタイプのゲーミングデスクを選ぶようにするのがおすすめです。このようなゲーミングデスクは強度が高くなっているので、激しい操作をしても安定しやすくなっています。

モニターアームの設置ができるか確認

モニターアームの設置をしないのなら関係ありませんが、モニターアームの設置を考えているのであれば、ゲーミングデスクの素材や形状に気をつける必要があります。天板が木製やガラス製の場合は強度が足らなくて、モニターが落下してしまう可能性も考えられます。

 

形状はVESA規格というパソコン周りのセッティングの基準規格に対応をしているのかが確認する必要があります。対応していないとモニターアームを設置できないという可能性が高くなってしまいます。

ゲーミングデスクの人気ランキング10選

第10位

ナカバヤシ(Nakabayashi)

オフィスデスク HEM-1275NM

価格:8,160円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安定してゲームを楽しめるオフィスデスク

HEM-1275NMはオフィスデスクなので、ゲーミングデスクではありません。ですが、8000円ほどで購入できて、奥行きが75cmと広いのが魅力的です。パソコンやモニターなどを置いてもグラつかずにゲームを楽しむことができます。

 

天板がMDF版になっているので割れやすいことや、表面が割れやすいことには注意する必要がありますが、安いのでコストパフォーマンスに優れているデスクです。等分布耐荷重の30kgを守れば問題なく使うことができます。

サイズ幅120×奥行き75×高さ72cmデスクタイプスタンダードタイプ
その他機能無し
第9位

山善(YAMAZEN)

コーナーパソコンデスク PND-1600

価格:13,873円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

L字デスクなのでコーナーで使いやすい

PND-1600はゲーミングデスクとして売り出されているわけではありませんが、ゲーミングデスクとして必要な要素を十分に持っているので、ゲーマーからの人気があります。耐久性や安定性が十分にありますし、コーナーで使いやすいL字デスクなので、部屋のスペースを無駄なく使えます。

 

天板にコンセントが2つありますし、ゲーミングチェアとの相性も抜群です。利用することができるスペースも広くなっているので、多くの物を乗せられるのもポイントです。

 

デスク下の収納スペースも広くなっていて、キーボードを収納することも可能です。デスクのサイズには気をつける必要がありますが、比較的安いデスクになっているので、多くの人におすすめできます。

サイズ幅160×奥行き160×高さ76cmデスクタイプスタンダードタイプ
その他機能2口コンセントが2つ
第8位

Bauhutte (バウヒュッテ)

エクステンションデスク BHC-1200H-BK

価格:22,490円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デスクの機能を拡張することができる

BHC-1200H-BKはエクステンションデスクになっていて、家にあるデスクと合体させたりすることで、デスクの機能を拡張することができる仕様になっています。机の下のデッドスペースも収納として活用することができます。

 

昇降機能もあったりとゲーミングデスクとして必要な機能は十分に備わっています。使っているデスクの奥行きを増やしたい人に特におすすめできるデスクです。シンプルなデザインになっているので、様々なデスクと組み合わせることができます。

サイズ幅120×奥行き25×高さ95cmデスクタイプエクステンションデスク
その他機能昇降機能
第7位

Storage

ゲーミングデスク

価格:14,800円(税込)

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

寝ながら使いやすいゲーミングデスク

このゲーミングデスクはロータイプになっていて、高さを40・45・50cmから調節することができます。なので、ゲームを遊びやすい高さに調節することができます。寝ながらゲームをプレイすることを想定して、斜めになっているキーボードトレイになっているのも魅力です。

 

デスクの下には収納スペースがあるので、出したままだと邪魔になってしまったり、どこかにいってしまいやすい、ヘッドホンやゲーム用のコントローラーなどを収納しておくことができます。和室で使いやすいおすすめのゲーミングデスクです。

サイズ幅100×奥行き51×高さ40cmデスクタイプロータイプ
その他機能昇降機能
第6位

ルームワークス

ゲーミングデスク GD-1000

価格:49,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安定感抜群のゲーミングデスク

GD-1000は少し変わったデザインをしているゲーミングデスクです。ガタつき防止するためのアジャスター付いていたりと、しっかりとした耐久性があるので、ゲームを遊ぶときの安定感は抜群です。

 

長時間のゲームプレイを想定した作りになっているので、オンラインゲームなど長い時間、遊ぶことになるゲームも遊びやすくなっています。ゲーミングデスクとしては価格が高くなっていますが、予算に余裕があるのならおすすめできます。

サイズ幅127×奥行き82×高さ82cmデスクタイプスタンダードタイプ
その他機能無し
第5位

Desk Riser

スタンディングデスク

価格:24,980円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ガス油圧式の昇降機能が付いているデスク

このスタンディングデスクは組み立てが不要で、ガス圧式式になっているので女性や力がない人でも上げ下げを簡単にすることができるのも魅力です。立って使うデスクになっているので、腰痛にもなりにくいのもメリットです。

 

天板が広くなっているので、2台のモニターも問題なく置くことができます。高級家具にも使われている素材が使われているので、耐久性も高くなっていて傷や汚れにも強くなっています。

サイズ81×52cmデスクタイプスタンディングタイプ
その他機能ガス油圧式の昇降機能
第4位

Bauhutte (バウヒュッテ)

昇降式L字デスク BHD-820H-BK

価格:18,965円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フルタワーのパソコンを収納できる

BHD-820H-BKはフルタワーのデスクトップパソコンを収納することができる、収納力が魅力的なゲーミングデスクです。天板はマウスを操作するための操作スペースとして使うこともできます。

 

特に収納に困っている人におすすめできるデスクです。キャスターが付いているので置きたいところに移動させやすいのも魅力です。デザインも格好良くて人気が高いゲーミングデスクになっています。

サイズ幅39×奥行き82×高さ57cmデスクタイプスタンダードタイプ
その他機能昇降機能
第3位

Loctek Visual Technology Corp.

電動式スタンディングデスク

価格:62,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電動昇降機能で簡単に高さを変えられる

電動昇降機能が付いているので、ゲームを遊びやすい高さに自動で調節をすることができるゲーミングデスクになっています。頻繁に利用する高さをメモリー機能を使って保存しておくこともできるので、ボタン1つを押すだけで設定した高さに自動調節することができます。

 

高さを変えることによりハイデスクとスタンディングデスクに使い分けることができます。ゲームを遊ぶときの姿勢を簡単に変えられるので、長時間ゲームを遊ぶときも疲れにくくなるゲーミングデスクになっています。

サイズ天板サイズ 140×70×2.5cmデスクタイプスタンディングタイプ
その他機能電動昇降機能
第2位

Bauhutte (バウヒュッテ)

PCデスク 昇降式 BHD-1200M

価格:26,576円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐久性と安定性の高さが魅力

BHD-1200Mは耐久性と安定性の高さが魅力的な、スタンダードタイプのゲーミングデスクです。シンプルなデザインになっているので、様々な環境に合わせやすいのも特徴です。

 

グラつかないように4つの安定化パーツが配置されているので、ゲームを遊んでいるときも安定感抜群です。なので、激しいゲームを遊ぶ人には特におすすめできるゲーミングデスクになっています。

 

しっかりとした作りのゲーミングデスクになっているので、カスタマイズもしやすくなっています。自分好みの環境を作りやすくなっているので、プレイスタイルに合わせやすいのも、BHD-1200Mの魅力になっています。

サイズ幅120×奥行き55×高さ59cmデスクタイプスタンダードタイプ
その他機能昇降機能
第1位

Bauhutte (バウヒュッテ)

ローデスク 昇降式 ゲーミングデスク BHD-1000L

価格:27,432円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

昇降機能が付いているローデスク

昇降機能はスタンディングタイプなどのゲーミングデスクでは付いているのが多いですが、ローデスクの場合は昇降機能は付いていないのがほとんどです。なので、最適な位置に置いてゲームを遊ぶのが難しいという問題点があります。

 

しかし、BHD-1000Lは昇降機能があるローデスクになっているので、多くの人に対応してくれるローデスクになっています。

 

ゲームを遊んでいてもグラつかないように、安定性が向上する工夫もされているので、特におすすめできるローデスクタイプのゲーミングデスクです。

サイズ幅100×奥行き60×高さ39cmデスクタイプロータイプ
その他機能昇降機能 モニターアーム設置可能

ゲーミングデスクのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5016783の画像

    Bauhutte (バウヒュッテ)

  • 2
    アイテムID:5016790の画像

    Bauhutte (バウヒュッテ)

  • 3
    アイテムID:5016815の画像

    Loctek Visual Technology Corp.

  • 4
    アイテムID:5016898の画像

    Bauhutte (バウヒュッテ)

  • 5
    アイテムID:5016844の画像

    Desk Riser

  • 6
    アイテムID:5016864の画像

    ルームワークス

  • 7
    アイテムID:5016965の画像

    Storage

  • 8
    アイテムID:5016891の画像

    Bauhutte (バウヒュッテ)

  • 9
    アイテムID:5016838の画像

    山善(YAMAZEN)

  • 10
    アイテムID:5017694の画像

    ナカバヤシ(Nakabayashi)

  • 商品名
  • ローデスク 昇降式 ゲーミングデスク BHD-1000L
  • PCデスク 昇降式 BHD-1200M
  • 電動式スタンディングデスク
  • 昇降式L字デスク BHD-820H-BK
  • スタンディングデスク
  • ゲーミングデスク GD-1000
  • ゲーミングデスク
  • エクステンションデスク BHC-1200H-BK
  • コーナーパソコンデスク PND-1600
  • オフィスデスク HEM-1275NM
  • 特徴
  • 昇降機能が付いているローデスク
  • 耐久性と安定性の高さが魅力
  • 電動昇降機能で簡単に高さを変えられる
  • フルタワーのパソコンを収納できる
  • ガス油圧式の昇降機能が付いているデスク
  • 安定感抜群のゲーミングデスク
  • 寝ながら使いやすいゲーミングデスク
  • デスクの機能を拡張することができる
  • L字デスクなのでコーナーで使いやすい
  • 安定してゲームを楽しめるオフィスデスク
  • 価格
  • 27432円(税込)
  • 26576円(税込)
  • 62800円(税込)
  • 18965円(税込)
  • 24980円(税込)
  • 49800円(税込)
  • 14800円(税込)
  • 22490円(税込)
  • 13873円(税込)
  • 8160円(税込)
  • サイズ
  • 幅100×奥行き60×高さ39cm
  • 幅120×奥行き55×高さ59cm
  • 天板サイズ 140×70×2.5cm
  • 幅39×奥行き82×高さ57cm
  • 81×52cm
  • 幅127×奥行き82×高さ82cm
  • 幅100×奥行き51×高さ40cm
  • 幅120×奥行き25×高さ95cm
  • 幅160×奥行き160×高さ76cm
  • 幅120×奥行き75×高さ72cm
  • デスクタイプ
  • ロータイプ
  • スタンダードタイプ
  • スタンディングタイプ
  • スタンダードタイプ
  • スタンディングタイプ
  • スタンダードタイプ
  • ロータイプ
  • エクステンションデスク
  • スタンダードタイプ
  • スタンダードタイプ
  • その他機能
  • 昇降機能 モニターアーム設置可能
  • 昇降機能
  • 電動昇降機能
  • 昇降機能
  • ガス油圧式の昇降機能
  • 無し
  • 昇降機能
  • 昇降機能
  • 2口コンセントが2つ
  • 無し

まとめ

ここまでゲーミングデスクのおすすめランキング10選を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。昔はゲーミングデスクというのは、ほとんどありませんでしたが、現在はeスポーツなどの普及により需要が高まっています。ゲームを遊ぶのにゲーミングデスクはとても重要です。自分に合うゲーミングデスクを見つけて、より快適にゲームを遊べるようにしてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ