記事ID137336のサムネイル画像

【キャンパー必見】人気のキャンプテーブルおすすめランキング10選

キャンプやピクニック、バーベキューなど、アウトドア活動にはさまざまなツールが必要になります。そのなかでも、食事や家族で団欒するスペースを作るキャンプテーブルはこだわって選びたいですよね。当記事ではキャンプテーブルの選び方のポイントとおすすめ商品を特集致します。

アウトドアを快適にするキャンプテーブル

真夏のシーズン、特に夏休みなどの長期休暇には家族みんな揃ってキャンプに行く方も多いのではないでしょうか。そんな大人数でのアウトドアに活躍するのがキャンプテーブルでしょう。アウトドアは他にも重要になるツールはありますが、家族と団欒するスペースになるキャンプテーブルも重要です。

近年では、デザインだけでなく機能性に優れたキャンプテーブルが開発・販売されており、多種多様なモデルが見られます。しかし、これから行うアウトドア活動に適したキャンプテーブルを、たくさんあるモデルの中から選ぶのはなかなか難しいことです。

当記事では、キャンプテーブルの種類や特徴を解説しながら、選び方のポイントとおすすめのモデルをまとめています。どのキャンプテーブルを選べばいいのかわからないといった方や、これからアウトドア活動に挑戦する初心者の方など、ぜひ参考にしてみてください。

キャンプテーブルの選び方

こちらでは近年販売されているキャンプテーブルの大まかな種類の解説と、種類ごとの特徴、メリットやデメリットなどをまとめています。キャンプテーブル購入の際には、こちらの各項目を参考にしていただくことで、自分にマッチしたモデルに会う可能性はグッと高まります。

快適なアウトドア活動にするために、どんなキャンプテーブルがあるのか、一緒に確認していきましょう。

キャンプテーブルの高さで選ぶ

キャンプテーブル選びの際は、まずテーブルの高さが気になるところ。用途やご家族によって適している高さが違ってくる項目になります。高さによってどんなメリット・デメリットがあるのか確認してみましょう。

ハイスタイルは作業に適しているモデル

天板が高いハイスタイルのキャンプテーブルは、調理などの作業に適しているモデルになります。その高さを生かして立ったまま作業もできますし、テーブルにあった椅子を用意することで座って作業することもできます。人数分の椅子を用意すれば食事スペースとしても機能します。

ある意味オールマイティに使えるタイプなので、アウトドアをよくされる方は一つ位は所持しておいても良いかもしれません。また、ハイスタイルのキャンプテーブルは機能性に優れたモデルも多く、高さ調節ができる万能なモデルも存在しています。

欠点としては、小さなお子さんが居られる場合は、かえって使いにくいケースも考えられます。大人数のご家族の場合、椅子とセットで使うにしても今度は椅子の持ち歩きが課題になってくるので、その場合は高さ調節なモデルの購入など工夫したいところですね。

ロースタイルを選ぶ

ロースタイルのキャンプテーブルは、逆に高さが低いタイプになります。足を延ばしてゆったりと過ごすのに適しているモデルと言えるでしょう。また、小さなお子さんが大勢いるご家庭の方にとっても使いやすいキャンプテーブルです。

高さが低いので、地面と近い位置で吸われるのがポイント。より近く自然を感じられ、たき火との距離も近くなるので、アウトドア感が高まるのが特徴のモデルと言えるでしょう。また、ロースタイルのモデルは携帯に優れているモデルが多いのも嬉しいポイントです。

注意点としては、ハイスタイルのキャンプテーブルと比べると作業には不向きな事が挙げられます。携帯性や足を延ばせる点等を考慮すると、ソロキャンプ時での利用や、テントなどくつろげるスペースとしての利用に適しているモデルと言えるでしょう。

折りたたみ時のコンパクトさで選ぶ

アウトドアとしての利用の際は、やはり携帯性を意識したモデル選びもしたい所です。車などに収まらないなど、携帯時に不便が生じると、折角購入したキャンプテーブルも台無しになってしまいます。

こちらの項目は、キャンプテーブルのコンパクトさに大きくかかわる項目になります。よく吟味して選ぶようにしたいですね。

オールラウンダーなフォールディングタイプ

フォールディングタイプのキャンプテーブルは、携帯性と安定性が両立したオールラウンダーなモデルになります。このタイプはテーブルを二つ折りにできるのが特徴で、足が中に収納できるモデルや、足が着脱式のモデルなどそれぞれ違いはありますが、共通して扱いやすいのがメリットです。

組み立てが簡単で初心者にも扱いやすいのも嬉しいポイント。またこのタイプはテーブルが大きめで設計されているモデルが多いので、組み立てた際安定感があるのもメリットです。初心者の方はこちらのタイプを選んでおけば色んな用途に使えるのでおすすめです。

折りたたみ時の持ち運びを意識して、テーブルのサイドに持ち手がついているモデル等もあります。より携帯性に優れたモデルをお探しの際は、そういった点も注目して選ぶと間違いがないでしょう。

コンパクトに折りたためるロールタイプ

ロールタイプはフォールディングタイプよりも携帯性に優れているのが第一のポイントです。テーブルは丸めて筒状のような形にして保存、足は取り外して折りたたむといった手法が取られており、よりコンパクトに持ち運べます。付属のケースに入れることで嵩張らず持ち運べるのも良いですね。

デメリットとしては、テーブルが板と板を繋ぎ合わせたいわゆるスノコ状のモデルが多い為、板の間に汚れなどが付着する恐れがあります。また、テーブルは組み立てた足に載せて固定するタイプになるので、フォールディングタイプに比べると安定性に劣ります

安定性に劣るので、作業や調理、ご家族との食事スペースとしては少々不向きなモデルにはなりますが、携帯性に優れているのでソロキャンプ時やちょっとした用途に使うといったシーンでの活用に適しているモデルと言えるでしょう。

キャンプテーブルの材質で選ぶ

キャンプテーブルにはさまざまな素材で作られているモデルがあります。できている素材によって使い勝手や頑丈さなどが大きく変わってくる項目になるため、キャンプテーブル選びの際は材質にも注目して選んでみましょう。

ステンレス製を選ぶ

ステンレスは「stain less steel」の略で、要するに錆びにくい金属という意味です。この素材で構成されているキャンプテーブルは雨風にさらされても錆びにくく、高い耐久性を誇るのがポイントです。 ステンレスは熱伝導率が低いのもポイントです。

直射日光などにさらされる環境でも熱くなりにくく、たき火の近くにも設置可、調理した鍋なども直接置けるので、さまざまな用途で万能に使えるモデルが多いです。 ステンレスは酸化被膜に覆われているため、汚れが付着しても落としやすい性質も有ります。

ステンレスは前述したとおり頑丈で、とても寿命が長い素材です。錆びにくいのもあいまって、メンテナンスが簡単なのもポイント。長く使えるキャンプテーブルをお探しの際は「ステンレス製」がキーワードになるでしょう。

アルミ製を選ぶ

ステンレスと似た素材としてよく挙げられるアルミ。アルミで構成されたキャンプテーブルは何より軽量なのがポイントです。素材の特徴として、アルミはステンレスの約三分の一程度の質量しかありません。軽量なので持ち運びやすく、携帯性にとても優れています。

ステンレスと同じく、酸化被膜に覆われているのも特徴です。汚れが付着しても簡単に洗い落とせるため、メンテナンスは簡単です。また、耐熱性に優れた素材でもあるので、たき火やコンロなど、熱が発生するものを近くに置いても変形しづらい特徴があります。

逆にステンレスに比べると、アルミは外部からの衝撃で傷が付きやすく、また熱伝導率が高いという特徴もあります。用途によっては火傷などに繋がる恐れもあるので、特にバーベキューなど火を扱うシーンでは注意して扱うようにしましょう。

木製を選ぶ

木製で作られたキャンプテーブルは、性能と言うよりかはどちらかというと雰囲気が楽しめる素材になります。木製で作られた家具は、自然豊かな場所に設置することで風景に馴染み。よりよいアウトドア体験ができるというメリットがあります。

また、木製特有のメリットとして、使用していくたびに経年劣化による独特の風味が出てくるという点も挙げられます。長く使えば使うほど、他にはない雰囲気を放つキャンプテーブルになるでしょう。

注意点としては、木製なので火を扱うシーンには向いていない事と、質量が重めになることが挙げられます。木製のキャンプテーブルを選ぶ際は、特に重量がどの程度あるモデルなのか、要チェックですね。

布製を選ぶ

布製のキャンプテーブルはなによりコンパクトさが売りです。質量が非常に軽く、折りたたみができるモデルが多いので、携帯性は抜群です。少しでも荷物を軽量・コンパクトにしたい方は、布製のモデルを選ぶと良いでしょう。

注意点としては、布製のテーブルなため、安定性に劣ります。飲み物などを置くとこぼしやすいといったデメリットもあるため、ドリンクホルダー付きのモデルを選ぶなど、工夫が必要になるでしょう。

また、ステンレスやアルミなどと違い、耐久性にも難がある素材になってくるので、注意して扱うようにしましょう。

キャンプテーブルのおすすめランキング10選

第10位

Zoarlan

アウトドアテーブル

価格:1,880円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソロキャンプのお供に

持ち運びに適したロースタイルのキャンプテーブルになります。非常にコンパクトに設計されているほか、材質がアルミなので重量も430gとかなり軽いスペックになっています。リュックなどにも簡単に入れられるので、ソロキャンプをされる方に特におすすめのモデルです。

アルミ製なので軽さだけでなく耐水・耐熱性に優れており、汚してしまった時も簡単に汚れを落とせる便利仕様です。何かあった時のサブキャンプテーブルとして所持しておくこともおすすめです。価格もリーズナブルなので手ごろなのも良いですね。

サイズ(展開時)幅35×奥行25×高さ11cmサイズ(収納時)幅35×奥行13×高さ2.5cm
重量0.43kg種類フォールディング
材質アルミ
第9位

スノーピーク(snow peak)

エントリーIGT CK-080

価格:18,144円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

木目がおしゃれなロースタイルキャンプテーブル

テーブル部分が木製でナチュラルな雰囲気が特徴のキャンプテーブルです。スノーピークと言えば、テントや調理器具などを始めとするアウトドア製品の会社です。そのなかでもこちらのキャンプテーブルは、比較的リーズナブルな価格がしているのがポイントです。

側面にはガスボンベが取り付けられるレールがついており、火を扱う際に便利な設計になっています。また、マルチファクションテーブルなどと繋げることも可能です。必要に応じてテーブルを繋げて大きくできるので、メインとしてだけでなくサブ運用としても使える優れものです。

欠点としては、木製部分が多いためか、6.5kgと重めであること。女性が持ち歩く場合は大変という声もあるので、そこはある程度覚悟したうえで購入された方が良いでしょう。

サイズ(展開時)幅86.5×奥行44.0×高さ40.0cmサイズ(収納時)幅83.2×奥行44.0×高さ5.0cm
重量6.5kg種類フォールディング
材質木、アルミ
第8位

DOD(ディーオーディー)

テキーラテーブル TB4-535

価格:10,508円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カスタマイズ性に優れたキャンプテーブル

「テキーラが似合う」という独特なフレーズがコンセプトのDOD制作の「テキーラテーブル」です。こちらのキャンプテーブルは非常に広いカスタマイズ性があるのが特徴です。別途対応している木材の導入が必要ですが、用途や参加人数に応じて拡張できる利便性を誇ります。

その他の特徴として、焚火の上で使えるほどの高い耐火性を誇ります。それを活かして囲炉裏型のようにテーブルをカスタマイズして使用することも可能です。ご家族で団欒したり、バーベキューなどをするときにあると画期的なキャンプテーブルですね。

サイズ(展開時)幅115.0×奥行49.2×高さ41.0cmサイズ(収納時)-
重量8.2kg種類ロール
材質スチール、木
第7位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

トレッカー ジュラルミンロールテーブル UC-518

価格:3,681円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ジュラルミン使用により、頑丈かつ軽量なモデル

ジュラルミンとは、アルミに銅やマグネシウムなどを配合することで、耐久性に難があったアルミがより強固になったアルミ合金の一種です。数あるアルミ合金の中でも、ジュラルミンは特に強度が優れていることが特徴です。

アルミ製特有の0.9kgという軽量さはそのままに、ジュラルミンによって高い頑丈性が備わっているのがこのキャンプテーブルの特徴ともいえるでしょう。ロールタイプなので持ち運びもらくらくなのが嬉しいポイント。軽さも相まってソロキャンプ時にも大活躍なモデルです。

サイズ(展開時)幅39.5×奥行35.0×高さ31.5cmサイズ(収納時)幅13.5×奥行6.0×高さ44.0cm
重量0.9kg種類ロール
材質アルミ、アルマイト
第6位

DesertFox

アウトドア折りたたみテーブル

価格:3,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高さ調節可能なキャンプテーブル

高さが三段階に調節できるのが特徴のキャンプテーブルです。設置する箇所や用途、使用するご家族などにあわせて高さを変更できるので、さまざまなシーンで使える万能なモデルです。

シンプルでわかりやすいフォールディングタイプなので、折りたたみも展開も楽々です。テーブルには持ち手部分がついているので持ち運びのことも考えられた設計がされています。価格的にも4000円前後とリーズナブルなモデルなので、コスパの良いモデルを探している方にもおすすめです。

サイズ(展開時)幅120×奥行60×高さ55/62/70cmサイズ(収納時)幅60×奥行6.5×高さ60cm
重量4.5kg種類フォールディング
材質アルミ
第5位

Linkax

アウトドアテーブル

価格:1,680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパに優れたロールタイプのキャンプテーブル

こちらは価格が非常にリーズナブルなロールタイプのキャンプテーブルになります。2000円弱という価格の低さながら、キャンプテーブルとしての機能は備えており、コストをなるべく抑えたい方にはおすすめのモデルです。

アルミニウム製なので、モデル全体の重量は軽め、ロールタイプなのも相まって携帯性は抜群です。組み立て方式は少々複雑にはなりますが、手軽に持ち運べて使うシーンも選びにくいキャンプテーブルです。

サイズ(展開時)幅35.0×奥行39.5cm×高さ32.0cmサイズ(収納時)幅6×奥行13×高さ44cm
重量0.9kg種類ロール
材質アルミ
第4位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

ロールテーブル M-3713

価格:1,350円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャプテンスタッグのコスパに優れたモデル

メタリックな外見が特徴のキャプテンスタッグ制作のキャンプテーブルです。1500円以下という非常にリーズナブルな価格ながら、携帯性に優れた使いやすいモデルです。

アルミ製で作られているため、汚れや熱、水に強く、重量も0.7kgと非常に軽量です。ロール式のため、テーブルの安定性は少し不安がありますが、携帯性は重量の軽さも相まって抜群です。

ソロキャンパーの方や、サブのキャンプテーブルとして使いやすい商品と言えるでしょう。

サイズ(展開時)幅40×奥行29×高さ12cmサイズ(収納時)幅6×奥行40×高さ7cm
重量0.7kg種類ロール
材質アルミ、鉄
第3位

KingCamp

アウトドアテーブル KC3953

価格:11,380円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

竹で作られたぬくもりのあるキャンプテーブル

木製ではなく、竹で作られているのが特徴のキャンプテーブルです。竹は柔軟性に優れているだけでなく、強固な素材でもあります。触り心地の良さだけでなく、頑丈性にも優れた素材です。防水可能もされているので、突然の雨やドリンクをこぼした際にも安心な設計になっています。

高さが二段階に調節可能なので、より幅広いシーンで使えるのもポイントです。収納時はテーブル部分が四つ折りにできるのでコンパクトな携帯も可能にしています。車に載せる際もスペースを取りづらく、総じて扱いやすいモデルですね。

サイズ(展開時)幅100×奥行65×高さ42/65cmサイズ(収納時)幅100×奥行11×高さ18cm
重量6.8kg種類ロール
材質竹、アルミ
第2位

Moon Lence

キャンプテーブル

価格:4,399円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐久・安定性に優れているロールタイプ

こちらのキャンプテーブルは、ロールタイプにも関わらず高い安定性を誇ることで人気のモデルになります。高い頑丈性を誇るアルミ合金、ジュラルミンで作られているだけでなく、フット部分が筋交い設計になっているため、ぐらつきが少なく高い安定感が特徴です。

重量も1.6kgと軽量でかつロールタイプなので、携帯性は大変優れているモデルです。そして高い安定性と頑丈性を誇ります。持ち運びができてかつ、ぐらつきの少なく安定感があるキャンプテーブルを探している方には一押しのモデルです。

サイズ(展開時)幅56×奥行40×高さ36cmサイズ(収納時)幅45×奥行12cm
重量1.6kg種類ロール
材質アルミ
第1位

ソト(SOTO)

ポップアップソロテーブル ST-630

価格:5,120円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソロキャンパー必見のコンパクトキャンプテーブル

非常にコンパクトなフォールディングタイプのキャンプテーブルです。かなりコンパクトなモデルになるので、大家族の方など、大人数用としてはあまり適していませんが、ソロキャンプ用やサブテーブル用としては大変優れているモデルになります。

何より組み立てや収納が非常に簡単。テーブル部分を開いてから収納されているフット部分を出すだけで設置できるので、必要な時にすぐ設置できる優れものです。重量も395gと非常に軽いのも嬉しいポイントですね。

サイズ(展開時)幅29.7×奥行21.0×高さ7.8cmサイズ(収納時)幅29.7×奥行11.0×高さ1.9cm
重量0.395kg種類フォールディング
材質アルミ、ステンレス

キャンプテーブルのおすすめ商品比較表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5018128の画像

    ソト(SOTO)

  • 2
    アイテムID:5018127の画像

    Moon Lence

  • 3
    アイテムID:5018126の画像

    KingCamp

  • 4
    アイテムID:5018125の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 5
    アイテムID:5018124の画像

    Linkax

  • 6
    アイテムID:5018123の画像

    DesertFox

  • 7
    アイテムID:5018122の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 8
    アイテムID:5018121の画像

    DOD(ディーオーディー)

  • 9
    アイテムID:5018120の画像

    スノーピーク(snow peak)

  • 10
    アイテムID:5016771の画像

    Zoarlan

  • 商品名
  • ポップアップソロテーブル ST-630
  • キャンプテーブル
  • アウトドアテーブル KC3953
  • ロールテーブル M-3713
  • アウトドアテーブル
  • アウトドア折りたたみテーブル
  • トレッカー ジュラルミンロールテーブル UC-518
  • テキーラテーブル TB4-535
  • エントリーIGT CK-080
  • アウトドアテーブル
  • 特徴
  • ソロキャンパー必見のコンパクトキャンプテーブル
  • 耐久・安定性に優れているロールタイプ
  • 竹で作られたぬくもりのあるキャンプテーブル
  • キャプテンスタッグのコスパに優れたモデル
  • コスパに優れたロールタイプのキャンプテーブル
  • 高さ調節可能なキャンプテーブル
  • ジュラルミン使用により、頑丈かつ軽量なモデル
  • カスタマイズ性に優れたキャンプテーブル
  • 木目がおしゃれなロースタイルキャンプテーブル
  • ソロキャンプのお供に
  • 価格
  • 5120円(税込)
  • 4399円(税込)
  • 11380円(税込)
  • 1350円(税込)
  • 1680円(税込)
  • 3999円(税込)
  • 3681円(税込)
  • 10508円(税込)
  • 18144円(税込)
  • 1880円(税込)
  • サイズ(展開時)
  • 幅29.7×奥行21.0×高さ7.8cm
  • 幅56×奥行40×高さ36cm
  • 幅100×奥行65×高さ42/65cm
  • 幅40×奥行29×高さ12cm
  • 幅35.0×奥行39.5cm×高さ32.0cm
  • 幅120×奥行60×高さ55/62/70cm
  • 幅39.5×奥行35.0×高さ31.5cm
  • 幅115.0×奥行49.2×高さ41.0cm
  • 幅86.5×奥行44.0×高さ40.0cm
  • 幅35×奥行25×高さ11cm
  • サイズ(収納時)
  • 幅29.7×奥行11.0×高さ1.9cm
  • 幅45×奥行12cm
  • 幅100×奥行11×高さ18cm
  • 幅6×奥行40×高さ7cm
  • 幅6×奥行13×高さ44cm
  • 幅60×奥行6.5×高さ60cm
  • 幅13.5×奥行6.0×高さ44.0cm
  • -
  • 幅83.2×奥行44.0×高さ5.0cm
  • 幅35×奥行13×高さ2.5cm
  • 重量
  • 0.395kg
  • 1.6kg
  • 6.8kg
  • 0.7kg
  • 0.9kg
  • 4.5kg
  • 0.9kg
  • 8.2kg
  • 6.5kg
  • 0.43kg
  • 種類
  • フォールディング
  • ロール
  • ロール
  • ロール
  • ロール
  • フォールディング
  • ロール
  • ロール
  • フォールディング
  • フォールディング
  • 材質
  • アルミ、ステンレス
  • アルミ
  • 竹、アルミ
  • アルミ、鉄
  • アルミ
  • アルミ
  • アルミ、アルマイト
  • スチール、木
  • 木、アルミ
  • アルミ

まとめ

今回は、キャンプやバーベキューなどのアウトドア活動に欠かせないキャンプテーブルを特集致しました。調理や食事などを快適にするためには、やはりご家庭に合わせたキャンプテーブルが必要です。よりよりアウトドア活動にするために、自分にマッチしたキャンプテーブルを選んでみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ