記事ID137277のサムネイル画像

【2019年最新版】人気のキャリーカートおすすめランキング10選

大量の荷物や重たい荷物などを運ぶときに便利なキャリーカート。力のない女性やお年寄りでも楽に荷物が運べるので、一家に一台あるととても助かります。普段荷物を運ぶだけではなく、学校行事やレジャーなどでも大活躍しますよ。今回はおすすめのキャリーカートを紹介します。

重たいものが楽に運べるキャリーカート

キャリーカートとは重たい荷物や大量の荷物を楽に運ぶことができるものです。普段の生活のお手伝いをしてくれる非常に便利なもので、今では一家に一台あるのではないでしょうか。そんなキャリーカートは色々なシーンで使うことができます。


たとえば、体育祭などの学校行事やキャンプやバーベキューなどのレジャーシーン、また普段使いでは、買い物の荷物や重たい飲料水を運んだり、灯油や新聞などを運んだりと、色々な場面で大活躍してくれる優れものです。


キャリーカートは荷物を運ぶものなので、結構サイズが大きいですよね。だから使わないときは収納場所に困りそうですが、今はコンパクトに折りたためるものなどもあります。今回は人気のキャリーカートを10選紹介していきますので、是非参考にしてみて下さい。

キャリーカートの選び方

キャリーカートにも色々な種類があります。キャリーカートを使う場所や運びたいもので選んでいきましょう。また、キャリーカート本体の重さとサイズも重要ですよ。キャリーカートを選ぶポイントを紹介していくので、参考にしてみてくださいね。

タイプで選ぶ

キャリーカートにはワゴンタイプのものやカゴが付いたものなど、色々なタイプがあります。また、用途によって使いやすさも変わってきます。ここではそれぞれの特徴を紹介します。

ワゴンタイプ

ワゴンタイプのキャリーカートは、アウトドアワゴンとも呼ばれています。このキャリーカートは運動会やキャンプなどで見かける人も多いのではないでしょうか。頑丈なフレームと持ち手が付いていて、がっしりとしています。容量も大きく、四輪のタイヤで安全です。


大量の荷物を一度に運ぶことができるので、とても便利です。テーブル、椅子、クーラーボックス、テントなど、荷物をどんどんカートの中に入れられます。しかもタイヤが四輪で安定しているので、ガタガタ道でもスムーズに移動できます。


子連れで出かけるときも、ワゴンタイプのキャリーカートがあれば楽チンです。キャリーカートが荷物置きにもなるので、子どものおもちゃを置いておいたりもできます。注意点としては、このキャリーカートはサイズが大きいので、室内で使うのは難しいかもしれません。

兼用タイプ

兼用タイプとは、シンプルに荷台と持ち手だけのキャリーカートです。台車と言ったほうがわかりやすいかもしれません。シンプルな構造で、色々な場面で使うことができるので、汎用性が高いです。


釣りなんかにいくとよくこの手のキャリーカートを引いている人をよく見かけます。最近のものは折りたたみ式のものが多いので、収納場所にも困らず、車に積んでも場所を取らないので、持ち運びも便利になっています。


段ボールやクーラーボックスなどを積み重ねて、楽に運べますが、デメリットとしては、たくさんの荷物を積もうとすると、ベルトなどで固定しなければ荷物が落ちてしまうことがあります。それが面倒だと思う人もいるかもしれません。

バスケットタイプ

荷物を置く部分が買い物カートのようになっているのが、バスケットタイプのキャリーカートです。荷物を置く部分がカゴのように囲んであるので、荷物の落下防止になります。足でスタンドを踏めば、カートが浮くので、ちょっとした段差も楽にこえられます。


丈夫で頑丈に作られているものが多いので、重たい荷物も安心して運べます。雑誌や新聞などのゴミ出しや灯油、ガーデニングの肥料の運搬、野菜の収穫など使い道がたくさんありますよ。


また、このキャリーカートはハンドル部分が折りたためるものが多いので、収納も省スペースですみます。家具と家具の隙間などに収納できるので、かさばらず、場所を取りません。

ボックスタイプ

ボックスタイプのキャリーカートは、荷物を載せる部分が箱になっています。キャリーカートに箱が付いているもののことです。容量はボックスの大きさだけなので限られてしまいますが、ボックスに荷物を入れられるので、荷物が落下する心配がありません。


ボックスの中にポイポイ荷物を入れて運べるので、買い物のときはもちろん、おもちゃやスポーツ用品、ガーデニング用品などの持ち運びにも便利です。


外で使う場合は、ボックスの部分をイスやテーブルとして使うことができるので、お弁当や飲み物などを置いておくのに使えます。ちょっとした休憩の時にも便利に使えますよ。

ショッピングタイプ

ショッピングタイプのキャリーカートは名前の通り、買い物での重たい荷物を運べます。カート自体の重量は1~2キロぐらいで軽く、女性やお年寄りが押せる重さになっています。容量も10~20キロぐらいまでで、買い物では十分な容量となっています。


お米や牛乳、ペットボトル飲料など重たい荷物を運ぶときにとても便利です。しかもショッピングタイプのキャリーカートは保冷機能が付いているものもあるので、普段の買い物で使いやすい仕様になっています。


また、最近では買い物に行くと、レジ袋が有料になっていたりして、エコバック持参しなければなりません。エコバックをいくつも持っていくよりも、ショッピングタイプのキャリーカートを持っていくほうが容量もあり、持ち運びも楽になりますよ。

本体の重量とサイズで選ぶ

基本的にキャリーカートは重たい荷物を運ぶものなので、本体のサイズが大きく、重さもあります。ですので、あまりにも本体が重すぎるものだと、それに加えて重たい荷物を載せるので、押すときにかなりの力が必要になって苦労してしまうようなら意味がありません。


また、大きすぎるサイズだと、狭い場所は通れず、小回りはきかないので移動が大変です。それから、キャリーカートの収納場所も考えなければいけません。キャリーカートの種類によってはコンパクトに折りたためるものもあるので、確認しましょう。


キャリーカートを車に乗せて、移動先で使いたい場合も、重さやサイズなどは重要です。キャリーカートを購入する際は、使う場所や用途を考えて選ぶようにしましょう。

耐荷重量で選ぶ

キャリーカートは積載重量や耐荷重量が大きければ大きいほど、一度にたくさんの荷物を運ぶことができます。運ぶ荷物が多い場合は耐荷重量が大きいものを選びましょう。そうすれば、何度も荷物を運ばなくてすみます。


たとえば、10キロのお米を買って持ち運びたい場合は、20キロの容量があるショッピングタイプのキャリーカートを選ぶようにするといいですよ。お米の他に、野菜やお肉なども積みますよね。


ただ、積載重量や耐荷重量が大きいキャリーカートは、本体のサイズが大きくなったり、重量も重たくなるので、オーバースペックにならないように自分の使うシーンに合わせて選ぶように注意しましょう。

人気のキャリーカートおすすめランキング10選

第10位

Energy

折りたたみ式 キャリーカート

価格:2,480円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ガタガタ道も大きなタイヤで楽々

重い段ボールや荷物、楽器、灯油、新聞など、色々な使い方ができるキャリーカートです。折りたたみ式のキャリーカートなので、ぐっと力を入れて折りたたむと、スマートなサイズになります。車に積んでも邪魔にならず、収納場所にも困りません。


前輪タイヤは小型で、後輪のタイヤは4WD耐性の大きなタイヤになっているので、耐久性が良く安定しています。ガタガタした足場の悪い道も楽に移動できます。ゴムバンドが付属してあるので、荷物をしっかり固定できますよ。


このキャリーカートの荷台サイズは25x23.5センチです。ハンドルの高さを38/68/76.5センチの3段階に調節できるので使いやすいです。ショッピングだけではく、キャンプや釣り、海水浴などレジャーでも大活躍してくれるキャリーカートです。

使用時サイズ幅25x奥行33.5x高さ96cm収納時サイズ幅25x奥行44.5x高さ10cm
重量2kg耐荷重量50kg
第9位

アイリスプラザ(IRIS PLAZA)

台車 バスケット BKD-H001BK

価格:3,497円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バスケット付きで荷物がずれにくい

ゴミ出し、ガーデニング用品の運搬、灯油、飲み物などの重いものなど色々なシーンで活躍してくれるキャリーカートです。重たい荷物もこのキャリーカートがあれば、楽に運べます。値段の割にしっかりした作りで、楽に押せると、口コミでも好評のキャリーカートです。

 

キャリーカート自体も軽くいので、持ち運びも簡単です。このキャリーカートを折りたたむと、厚さが28センチになるので、収納にも困りません。コンパクトなサイズなので、車に乗せておいても大丈夫ですね。

 

タイヤは360度スムーズに動いてくれるので、移動がしやすいです。タイヤの音もあまりしません。足掛けも付いているので、段差も楽に移動できます。荷台に10センチの深さのバスケットが付いているので、荷物がずれにくいです。

使用時サイズ幅57x奥行40x高さ85cm収納時サイズ幅57x奥行70x高さ28cm
重量5.5kg耐荷重量60kg
第8位

Finether

キャリーカート 折りたたみ式

価格:4,099円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アルミ製で丈夫

旅行先や出張先、アウトドアなどいろんなシーンで使えるキャリーカートです。使わないときはスリムなサイズに折りたたむことができるので、収納場所にも困りません。使うときも簡単に広げることができます。

 

直径12センチのタイヤが付いているので、ちょっとした段差は楽にこえることができます。ガタガタ道でも安定感のある移動ができます。しっかり握れるハンドルは、幅があるので持ちやすいです。

 

ハンドルは三段階に高さ調節ができるので、大きな荷物にも対応できます。アルミ製の角フレームがしっかりしているので、荷物をがっちり支えます。荷物がずれ落ちないように、すべり止めが付いています。付属のバンドを使えばさらに荷物が固定できます。

使用時サイズ幅40x奥行38.5x高さ100cm収納時サイズ幅38.5x奥行5x高さ64cm
重量3.3kg耐荷重量50kg
第7位

オウルテック

折りたたみ式 キャリーカート

価格:3,240円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おしゃれなボックスタイプ

コロコロのキャスターが付いているので、楽に荷物を運べるボックスタイプのキャリーカートです。ボックスには蓋が付いているので、ボックスの中に荷物を入れて蓋をすれば、その上にクーラーボックスなどを置くこともできます。


ボックスは2リットルのペットボットルが12本収納できる容量になっています。ボックスに蓋を付ければ、イスやテーブルにすることができます。お弁当や飲み物などを置いたり、ちょったしたティータイムを楽しんだりできますよ。


キャリーカートはコンパクトサイズに折りたたむことができるので、収納場所に困らず、持ち運びも楽にできます。蓋も一緒に収納できるのでかさばりません。車に置いておけば、買い物先で重たいものを買っても、楽に運ぶことができますね。

使用時サイズ幅45x奥行37x高さ46cm収納時サイズ幅45x奥行8x高さ46cm
重量3kg耐荷重量30kg
第6位

FIELDOOR

ワイルドマルチキャリー

価格:8,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐荷重量ナンバーワン

耐荷重量が150キロとナンバーワンの大容量のアウトドアキャリーカートです。大きめの車輪は芝や草の上も砂浜も砂利道もスムーズに移動できます。ハンドルは収縮できるようになっています。


厚さ4ミリの底板で、重たい荷物をたくさん入れても頑丈になっています。重いたくさんの荷物を一度に運べるのですごく便利です。移動時の音もあまり気になりません。


幅が25センチのペシャンコに折りたたむことができるので、コンパクトに収納できます。自宅での収納場所にも困りません。また、車のトランクにもすっぽり入るので、どこにでも持っていけますよ。

使用時サイズ幅98x奥行62x高さ73~96cm収納時サイズ幅33.5x奥行62x高さ74~98.5cm
重量11kg耐荷重量150kg
第5位

クイックキャンプ

アウトドアワゴン QC-CW90

価格:9,780円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワンタッチで使える

耐荷重量100キロで、容量が120リットルの大型キャリーカートです。たくさんの荷物をいっぱい入れられます。フックの付いた固定ゴムも付いているので、荷物の落下防止になります。180日の製品保証が付いているので、万が一のことがあっても安心して購入できますよ。

 

直径21センチの大型のワイドホイールなので、足場の悪い道や砂利道、砂浜でもスムーズに移動することができます。タイヤのホイールの中心部分はラバーバンド仕様になっているので、キャリーカートが動く時の騒音を抑えてくれます。

 

縦にも横にもコンパクトに収納できます。しかも自立してくれるので、置き場所もスッキリ。収納はワンタッチで簡単にできます。布のカバーは取り外しできるので、敗れた時でも交換できます。汚れたら洗濯できるのもいいですね。

使用時サイズ幅107x奥行55x高さ90cm収納時サイズ幅23x奥行42x高さ77cm
重量11kg耐荷重量100kg
第4位

BUNDOK(バンドック)

キャリー カート Sサイズ BD-334K

価格:1,254円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ最強

シンプルなキャリーカートです。荷台のサイズは33.5x29センチになります。コンパクトに折りたためるので、置き場所にも収納場所にも困りません。車のトランクに入れておいても邪魔になりません。

 

キャンプや旅行時の荷物運びはもちろん、灯油の運搬や釣りの時におすすめです。汚れてもサッと丸洗いできるので、お手入れも簡単ですよ。低価格なのにしっかりしていて、使い勝手がいいのでで、コストパフォーマンスが良いです。

 

ゴムバンドが1つ付属しているので、荷物が落下しないように固定できます。また、別売りの専用ゴムバンドを追加して使えば、荷物の固定がさらに強化できますよ。

使用時サイズ幅33.5x奥行39x高さ88.5cm収納時サイズ幅30.5x奥行10x高さ51cm
重量約1.8kg耐荷重量30kg
第3位

Hacheey

キャリーカート 折りたたみ式

価格:3,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5秒で簡単折りたたみ

5秒で折りたたみできるキャリーカートです。軽量で折りたたむとコンパクトサイズになるので、持ち運びも便利です。収納場所にも困らないサイズなので、車の中に入れてもかさばりません。ハンドルの部分にボタンがあり、2段階の高さ調節ができ、高さ調節の収縮もできます。


前輪は大型のタイヤになっているので、砂利道などの安定しない道でも安定感があります。後輪は360度回転できるので、色々な方向に移動できます。また、静音設計になっているので、大きな音を立てずに荷物の持ち運びができます。


耐荷重量は100kgなので重たい荷物も安心して運ぶことができます。付属のゴムバンドを使えば、移動する時も荷物が落下する心配はありません。頑丈で丈夫なキャリーカートなので、壊れる心配もなく、楽に荷物を運ぶことができます。

使用時サイズ幅32x奥行46x高さ46cm収納時サイズ幅32x奥行46x高さ15cm
重量2.85kg耐荷重量100kg
第2位

ROYI

超コンパクトキャリーカート

価格:3,460円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リュックに入れて持ち運びできる

軽量でコンパクトに折りたためるキャリーカートです。旅行やアウトドアに活躍してくれますよ。収納できるナップサックも付属で付いているので、リュックやキャリーケースなどに入れて持ち運ぶこともできます。フック付きの固定ゴムロープも付いています。


タイヤの前輪が360度回転するので、移動がしやすく、小回りもきき、しっかり安定します。荷台サイズは30x31センチです。荷台はPP樹脂で分厚くできているので、丈夫で頑丈です。重い大きな荷物でも楽々運べます。


ハンドルのところにボタンがあり、ボタン操作で3段階の高さに調整できます。ハンドルの高さは50/74/100センチに変えられます。使う人の身長に合わせて変えられるのでいいですね。本体が軽量に作られているので、女性でも楽に持ち運べて、便利に使えます。

使用時サイズ幅30x奥行42x高さ100cm収納時サイズ幅10x奥行30x高さ48cm
重量約2kg耐荷重量55kg
第1位

コールマン(Coleman)

アウトドアワゴン 2000021989

価格:8,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アウトドアにおすすめ

重いたくさんの荷物を一度にたくさん運べるアウトドアワゴンタイプのキャリーカートです。荷台サイズは幅42x奥行82x高さ31センチになります。持ち手も収縮できます。大型のタイヤが4輪付いているので、舗装の悪い道でもスムーズに移動できます。

 

荷物を載せるワゴンの両サイドにDリングが付いているので、荷物の固定が出来ます。さらにストッパー付きのタイヤになっているので、危なくないです。また、キャリーカートはワンタッチで折り畳めてコンパクトなサイズになります。専用の収納カバーも付いていますよ。

 

キャンプ用品も重い撮影機材も、スポーツ用品もたくさん載せられて運べます。あまり重たくなく引けて、操作もしやすいです。付属の床板もしっかりしていて頑丈なので、安心して荷物を載せることができますよ。

使用時サイズ幅53x奥行106x高さ100cm収納時サイズ幅40x奥行18x高さ77cm
重量11kg耐荷重量100kg

キャリーカートおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5015775の画像

    コールマン(Coleman)

  • 2
    アイテムID:5015858の画像

    ROYI

  • 3
    アイテムID:5017131の画像

    Hacheey

  • 4
    アイテムID:5017183の画像

    BUNDOK(バンドック)

  • 5
    アイテムID:5017231の画像

    クイックキャンプ

  • 6
    アイテムID:5017325の画像

    FIELDOOR

  • 7
    アイテムID:5017349の画像

    オウルテック

  • 8
    アイテムID:5017372の画像

    Finether

  • 9
    アイテムID:5013513の画像

    アイリスプラザ(IRIS PLAZA)

  • 10
    アイテムID:5013564の画像

    Energy

  • 商品名
  • アウトドアワゴン 2000021989
  • 超コンパクトキャリーカート
  • キャリーカート 折りたたみ式
  • キャリー カート Sサイズ BD-334K
  • アウトドアワゴン QC-CW90
  • ワイルドマルチキャリー
  • 折りたたみ式 キャリーカート
  • キャリーカート 折りたたみ式
  • 台車 バスケット BKD-H001BK
  • 折りたたみ式 キャリーカート
  • 特徴
  • アウトドアにおすすめ
  • リュックに入れて持ち運びできる
  • 5秒で簡単折りたたみ
  • コスパ最強
  • ワンタッチで使える
  • 耐荷重量ナンバーワン
  • おしゃれなボックスタイプ
  • アルミ製で丈夫
  • バスケット付きで荷物がずれにくい
  • ガタガタ道も大きなタイヤで楽々
  • 価格
  • 8200円(税込)
  • 3460円(税込)
  • 3580円(税込)
  • 1254円(税込)
  • 9780円(税込)
  • 8300円(税込)
  • 3240円(税込)
  • 4099円(税込)
  • 3497円(税込)
  • 2480円(税込)
  • 使用時サイズ
  • 幅53x奥行106x高さ100cm
  • 幅30x奥行42x高さ100cm
  • 幅32x奥行46x高さ46cm
  • 幅33.5x奥行39x高さ88.5cm
  • 幅107x奥行55x高さ90cm
  • 幅98x奥行62x高さ73~96cm
  • 幅45x奥行37x高さ46cm
  • 幅40x奥行38.5x高さ100cm
  • 幅57x奥行40x高さ85cm
  • 幅25x奥行33.5x高さ96cm
  • 収納時サイズ
  • 幅40x奥行18x高さ77cm
  • 幅10x奥行30x高さ48cm
  • 幅32x奥行46x高さ15cm
  • 幅30.5x奥行10x高さ51cm
  • 幅23x奥行42x高さ77cm
  • 幅33.5x奥行62x高さ74~98.5cm
  • 幅45x奥行8x高さ46cm
  • 幅38.5x奥行5x高さ64cm
  • 幅57x奥行70x高さ28cm
  • 幅25x奥行44.5x高さ10cm
  • 重量
  • 11kg
  • 約2kg
  • 2.85kg
  • 約1.8kg
  • 11kg
  • 11kg
  • 3kg
  • 3.3kg
  • 5.5kg
  • 2kg
  • 耐荷重量
  • 100kg
  • 55kg
  • 100kg
  • 30kg
  • 100kg
  • 150kg
  • 30kg
  • 50kg
  • 60kg
  • 50kg

まとめ

今回は人気のキャリーカートをおすすめ順に10選紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。重たい荷物や大量の荷物を運ぶ時に便利なキャリーカート。一家に一台あればとても便利に使えますね。キャリーカートを使う用途を考えながら選ぶことをおすすめします。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ