記事ID137270のサムネイル画像

【2019年最新版】人気デジタルカメラのおすすめランキング10選

本格的な写真撮影をしたい、高い性能のカメラに挑戦してみたいという時に気になるのがデジタルカメラ。けれどもデジタルカメラにはたくさんの種類があって、なかなか1歩が踏み出せない人も多いはず。今回はデジタルカメラの選び方をランキング形式も交えながらご紹介します。

スマホのカメラじゃ物足りない人へ

いつも持ち歩けて、撮りたい時にさっと起動できる便利なスマホのカメラ。けれども写真撮影の楽しさを知るほど、「もう少しこんな機能があれば」と思う瞬間はたくさんあるはず。写真撮影が充実すれば、旅行やイベントがもっと楽しくなるのではと考えている人もいるでしょう。

 

デジタルカメラにはスマホのカメラとの区別化を図り、写真のきれいさ・カメラ自体の性能が大幅に優れた機器がたくさんあります。自分で選んだ特別な1台は、「こんな風に写真を撮ってみたい」という気持ちを大きく満たしてくれることでしょう。

 

写真が充実すればするほど、毎日の家族との暮らし・イベントや、旅行先で出会って積み重ねた思い出を楽しく振り返ることもできます。もしも今「写真が好き」と思っているのならば、ぜひデジタルカメラを手に写真を撮ってみることをおすすめします。

デジタルカメラの選び方

いざデジタルカメラを選ぶ時、何となく選んでしまっては「自分の撮りたい写真」が撮れずがっかりしてしまうことも。自分に合ったデジタルカメラの選び方をご紹介します。

デジタルカメラの種類で選ぶ

デジタルカメラは大きく分けて「コンパクトデジタルカメラ」「ミラーレス一眼カメラ」「一眼レフカメラ」の3つに分かれます。自分にはどれが合うのかを考えてみましょう。

コンパクトデジタルカメラ

通称「コンデジ」と呼ばれる、持ち運びを考える場合は圧倒的に便利なデジタルカメラ。カメラ自体が非常に手に収まりやすい大きさであることが多いため、手の小さい女性や子どもでも持ち歩きやすいためおすすめです。

 

また、レンズ交換を必要とせず安価な商品も多いことから、複雑な操作性を求めたくない人にとっても最初の1機目として選びやすいデジタルカメラ。小さいながらも1つのカメラでマクロ(近接)撮影と望遠撮影のどちらにも対応できます。

 

複数のレンズを交換する必要がないのも荷物が少なくて済むので、ちょっとしたお出かけにはぴったり。夜間などの暗い所や、背景ボケのある味のある写真が撮りにくいのはデメリットですが、スマホカメラから卒業する第1歩にしやすいためおすすめです。

一眼レフカメラ

デジタルカメラで高画質の写真を撮りたい時には一眼レフカメラが最上機になります。重くて大きく、やや操作性が複雑になりがちなのがデメリットではありますが、画質の良さ・動く被写体へのピント調節・撮影時のカスタマイズ性は言うことなしで抜群です。

 

また、ファインダーをのぞいた状態で撮影ができるため、両手と顔でデジタルカメラを固定でき、撮影する写真が手ぶれしにくいというメリットがあるのも大きなポイント。対応するレンズも豊富で、撮りたいシーンに合わせてレンズを交換できる利点もあります。

 

ボディとレンズすべて合わせると高価になることが多い一眼レフカメラ。ですが、ペットや子どもなどの動きが早い被写体をメインにしたい、暗所にも強いデジタルカメラが欲しい、とにかく画質にこだわりたいという人にはぜひおすすめです。

ミラーレス一眼カメラ

一眼レフカメラだと重くて大変だけど、コンパクトデジタルカメラ以上の写真を撮りたいという欲張りな人におすすめなのがミラーレス一眼カメラ。一眼レフカメラにはある光学ファインダーに光を集める「鏡(レフ)」がないのが特徴で、液晶モニターで撮影する被写体を確認します。

 

一眼レフカメラに比べデザイン性が高いものが多く、女性でも持ち歩きやすいサイズ感であることから、本格的な写真撮影の入門機として選ぶ人が多いデジタルカメラです。女性目線で作られた機器の特徴として、遊び心のある撮影が簡単なアートフィルター機能を充実させているものも。

 

一眼レフカメラほどではないものの、レンズ交換も複数種類でできるため、状況に合わせた撮影も可能。慣れるとより機能が充実した一眼レフカメラが欲しくなる人も多いですが、最初から複雑な性能に悩まされずワンランク上の撮影を楽しみたいという人にはおすすめです。

画質の良さで選ぶ

「きれいな写真が撮りたい」と思ったら、デジタルカメラを選ぶ時に注目すべき性能を示す基本の用語を知っておきましょう。

デジタルカメラの心臓部「イメージセンサー」

イメージセンサーとは撮像素子と呼ばれる半導体のことで、レンズから入ってきた情報を画像データに変換してくれる部分。このイメージセンサーが大きいほど、たくさんの情報を取り込んで画質の良い写真として撮ることができるため、デジタルカメラ選びでは重要視する所です。

 

センサーサイズはスマホよりもコンデジ、コンデジよりもミラーレス一眼や一眼レフカメラといったようにサイズがどんどん大きくなっていきます。最も大きいものを「フルサイズ」と呼び、それより下を「APS-C」「4/3型(マイクロフォーサーズ)」「1型」「1/2.3型」となります。

 

一般的なスマホカメラや安価なコンデジでは1/2.3型が標準的で、センサーサイズが大きくなるほどカメラは大きく重くなっていきます。画素数が大きくてもセンサーサイズが小さいと良い画質は得られません。求める画質とカメラの持ち運びやすさのバランスを取って選びましょう。

レンズの明るさを示す「F値」

F値とはレンズの「絞り」部分のことで、入ってくる光の量を調節してくれています。数値が小さいほど光をたくさん取り込むように絞りは開き、大きくなるほど絞りが絞られて取り込む光が少なくなります。そのため絞りの数値が小さく調整できるものを明るいレンズとして分類します。

 

また、絞りの数値を大きくするとピントが合って見える部分が広くなり、小さくするといわゆる「ボケ」が効いた独特の写真を撮ることができます。レンズ交換ができるデジタルカメラであれば、F値の小さいレンズに交換すればよりボケの効いた写真を楽しめます。

 

ところが、コンパクトデジタルカメラやスマホカメラのように、レンズ交換ができないカメラではF値の調節にも限界があります。開放F値と表記される最も絞りが開いた状態の最小数値に注目して、写真の質を高める高性能レンズを選ぶことをおすすめします。

便利な機能性で選ぶ

せっかくデジタルカメラを選ぶなら、画質の良さにプラスして機能にも注目してみましょう。写真撮影を便利に楽しくする機能がデジタルカメラにはたくさんそろっているのでおすすめです。

遠方の被写体も思いのまま「ズーム」機能

スマホのカメラだとどうしても遠くから被写体に合わせようとするにはズームに限界があり、大きく写すことが難しいことがほとんどです。デジタルカメラのズームには電子ズームと光学ズームがありますが、今回注目すべきは光学ズーム

 

画質を維持しながらピント合わせのためにレンズを動かしてくれるズーム機能のことです。スマホカメラのような電子ズームの場合は、画像の中央を引き伸ばして被写体をアップにするので画質が劣化してしまいます。子どもの運動会やレジャー撮影なら10~20倍もあれば十分。

 

スポーツ観戦などさらに遠方を撮るなら30~40倍、バードウォッチングや野生動物の撮影なら60倍程度を見ておきましょう。コンパクトデジタルカメラの良い所は、レンズ交換ができない分軽量なボディのまま高倍率ズームを備えたモデルを安価な価格帯でもそろえている所です。

手持ち撮影にも対応する「手ぶれ補正」機能

シャッターを押す時に力が加わりデジタルカメラがぶれることによって、仕上がった写真が鮮明に写らず残念な出来になることもしばしば。高倍率ズームや暗所で撮影する時にはより写真がぶれやすくなるため、撮影をサポートしてくれる手ぶれ補正が強力なものをおすすめします。

 

手ぶれ補正の中で重要すべきなのは光学式手ぶれ補正。搭載された振動ジャイロがぶれを検知して補正レンズやイメージセンサーを動かして調節することで、前後左右のぶれを補正してくれます。これらは「レンズシフト方式」「イメージセンサーシフト方式」などと呼ばれています。

 

最近では前後左右に加えて、水平・垂直・回転方向にも対応する5軸補正のものも。手ぶれ補正の強さは「シャッター速度5段分補正」などと表現されることが多いため、仕様を確認する時にはこちらの項目表示にも注目してみましょう。

動く被写体を取るなら重視「AF」と「連写速度」

AFとは「オートフォーカス」を指し、自動で被写体にピントを合わせてくれる機能のこと。ペット・子ども・スポーツ選手の撮影など、動きのあるものを撮ろうと思ったらこの機能が優秀である必要があります

 

コンパクトデジタルカメラに搭載されていることが多いのは「コントラストAF」ですが、一眼レフカメラに搭載される「位相差AF」に比べると速度は遅くなりがち。最近ではコントラストAFと像面位相差AFを組み合わせたAF方式を搭載したミラーレス一眼カメラもあります。

 

同時に、動く被写体を捉えるには連写速度の優れた機能を持つモデルを使うことも必要。1秒に何コマ程度の撮影速度があるかどうかを確認しつつ、動きのあるものを撮りたい時にはこれらの機能の優秀さを比較して選ぶことをおすすめします。

写真をもっと撮りやすくする機能にも注目

自分が撮りたいと思う被写体が想像できたら、デジタルカメラに付属する機能を思う存分活用することで撮影をより楽しむことができます。

自撮りに便利な「バリアングル」機能

スマホカメラの優れている所は、気軽に自撮りがしやすい所ですよね。その機能をデジタルカメラでも再現するには、レンズを自分の方に向けたまま、画面だけを回転させてどんなふうに写っているのかを確認しながら撮ることができる「バリアングル機能」に注目しましょう。

 

画質の良さと自撮りのしやすさどちらも欲しい時には魅力的な機能です。また、ローアングル・ハイアングルを撮影する時にも、画面が動くとどんなふうに被写体が収まっているかを確認しやすいため、面白い構図の写真撮影を楽しむこともできます。

 

「バリアングル」「チルト」式と、画面の回転角度は機種によって様々なので、自分が求める角度まで動くかどうか、操作性を確かめてから購入することをおすすめします。

スマホ連携やデータ移行がしやすい「Wi-Fi」「Bluetooth」搭載

Wi-FiやBluetooth搭載モデルを選ぶことで、専用アプリのダウンロード後にスマホに簡単に写真を送れたり、デジタルカメラを遠方においてスマホでシャッターを押したりといった遠隔操作を行うこともできます。パソコンを介さなくてもデータのやり取りがしやすいのは大きな魅力。

 

中でも撮った写真をすぐにSNSにアップしたい、スマホで画像を確認したいという時には外出先でも操作しやすいため便利です。最近のデジタルカメラでは搭載していることが多い機能ではありますが、念のため確認しておくことをおすすめします。

 

写真の編集などを行う時にはパソコンが圧倒的に有利になるので、あくまでもサポート間隔としてとどめておきましょう。

デジタルカメラの人気ランキング10選

第10位

オリンパス

ミラーレス一眼 PEN E-PL9 レンズキット

価格:53,537円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

女子が持ち歩きたいカメラの定番

オリンパスのPENシリーズは、何と言ってもそのボディデザインの良さと写真加工がしやすいアートフィルターの充実度から、おしゃれな撮影を楽しみたいという女性に人気のミラーレス一眼カメラ。

 

デジタルカメラ初心者でもわかりやすいように、アドバンストフォトモード(AP)で撮影テクニックをサポートしてくれます。静音撮影モードでは、シャッター音が出せない発表会やレストランでも撮影を楽しめるのは大きな魅力。液晶が下開きになるので自撮りも楽々です。

 

レンズのラインナップも比較的充実していて、望遠からマクロ(近接)、広角撮影用までそろっています。最初はダブルズームキットから始めるのもおすすめ。初めてデジタルカメラを楽しんでみたい、スマホカメラより良い画質を気軽に得たいという時には良い1台です。

タイプミラーレス一眼カメライメージセンサー4/3型マイクロフォーサーズ
開放F値レンズによるズーム倍率レンズによる
手ぶれ補正イメージセンサーシフト式/3.5段AFハイスピードイメージャAF
連写速度約8.6コマ/秒連携Wi-Fi/Bluetooth
第9位

ソニー(SONY)

DSC-WX500

価格:37,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安価で手を出しやすいコンパクトデジタルカメラ

比較的安いけれど性能がある程度そろっているデジタルカメラが欲しいなと思った時に検討してみたい1台がこちら。センサーサイズや解放F値は優れているというほどではありませんが、光学30倍ズーム対応のポケットに入れやすいコンパクトなサイズが魅力。

 

暗いシーンにも対応した一定の撮影しやすさと、ミラーレス一眼カメラや一眼レフカメラに比べ圧倒的に操作しやすい操作性も初心者には快適な部分です。

 

光学式手ぶれ補正も搭載しているため、撮影時のぶれ対策もばっちり。ピクチャーエフェクト機能で手軽にアート写真の作成もできます。一眼レフカメラのような黒中心のカラーではなく、レッド・ホワイト・ブラックの3色からデザインを選べるのもポイントです。

タイプコンパクトデジタルカメライメージセンサー1/2.3型
開放F値F3.5(W)-6.4(T)ズーム倍率光学30倍ズーム
手ぶれ補正光学式AFコントラストAF
連写速度約10コマ/秒連携Wi-Fi
第8位

ニコン

COOLPIX P1000

価格:95,832円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

驚異のズーム倍率を誇るコンパクトデジタルカメラ

コンデジとはやや名ばかりの重さと大きさですが、このデジタルカメラのすごさは驚異の光学ズーム125倍。かなりの遠方にあるものでさえ姿を写し出すことができるため、発売当初から話題になった高級コンパクトデジタルカメラです。

 

センサーサーズは大きくはないものの、日常のスナップから野鳥・自然撮影まで幅広く使えるのが良い所。バリアングル液晶なので撮影時に様々な角度での画像確認に活用できます。電子ビューファインダーも使えるため、屋外で液晶モニターが見にくい時にも便利。

 

そのサイズ感には驚きですが、一眼レフカメラの超望遠レンズにチャレンジすることを思えば、手にしやすいおもしろいカメラだと言えそうです。

タイプコンパクトデジタルカメライメージセンサー1/2.3型
開放F値F2.8-8ズーム倍率光学125倍ズーム
手ぶれ補正レンズシフト方式/5段AFコントラストAF
連写速度7コマ/秒連携Wi-Fi/Bluetooth
第7位

キヤノン

PowerShot G7 X MarkII

価格:57,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1インチセンサー搭載のコンパクトデジタルカメラ

コンパクトデジタルカメラでは画質に不満を抱えがちですが、こちらは通常のコンデジに比べてセンサーサイズが1インチと大きいのが特徴。画質の良さもその分段違いです。

 

コンパクトデジタルカメラの中では格安機とは言えませんが、スマホカメラから卒業したいならこれくらいの画質は求めたい所。また、手ぶれ補正効果も4段分、レンズの明るさを示す解放F値も1.8と、写真撮影をするにあたっての機能性も十分です。

 

タッチパネルを採用しているので、スマホ操作のような感覚でAF位置を決めることも可能。上側180°、下側45°に画面が可動するチルト式のため、ハイアングル・ローアングルどちらも撮影しやすいコンパクトデジタルカメラです。

タイプコンパクトデジタルカメライメージセンサー1.0型
開放F値F1.8(W)-F2.8(T)ズーム倍率光学4.2倍ズーム
手ぶれ補正レンズシフト式/4段AFコントラストAF
連写速度約8コマ/秒連携Wi-Fi
第6位

キヤノン

PowerShot G1 X Mark III

価格:93,370円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンデジでは驚きのセンサーサイズ

画質が良いコンパクトデジタルカメラが欲しい時に、イメージセンサーは通常1.0型を搭載していれば良い方です。ところが、このモデルではAPS-Cという一眼レフカメラでも搭載するようなセンサーサイズを持ちながら、カメラ自体は軽量・小型とまさにコンデジサイズ。

 

また、コンパクトデジタルカメラでありがちな簡素なデザインではなく、風格のある見た目も特徴的。風景写真やポートレート写真を撮りやすいデジタルカメラです。サイズのコンパクトさを妥協せず画質の良い写真が撮りたいという人にはぜひおすすめです。

タイプコンパクトデジタルカメライメージセンサーAPS-C
開放F値F2.8(W)-F5.6(T)ズーム倍率光学3倍ズーム
手ぶれ補正光学式+電子式/4段AF位相差(デュアルピクセルCMOS)AF
連写速度最高9コマ/秒連携Wi-Fi/Bluetooth
第5位

ソニー(SONY)

Cyber-shot DSC-RX100M6

価格:119,190円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

優れたAF性能搭載で動く被写体も撮りやすいコンデジ

ソニー独自の「ファストハイブリッドAF」という位相差AFとコントラストAFを組み合わせた、高速AFを備えたコンパクトデジタルカメラです。

 

動きの速い被写体に合わせるにはコンパクトデジタルカメラでは難しいことが多いですが、こちらは通常のコンデジに比べ瞬時のピント合わせを実現しています。最高24コマ/秒の高速連写も可能なため、コンデジの中では動きのある被写体に強い商品と言えるでしょう。

 

画質の良さはやはりミラーレス一眼カメラや一眼レフカメラに分がありますが、持ち運びやすいサイズ感と、普通にきれいな写真が撮れる性能を兼ね備えた高級コンパクトデジタルカメラを求める人にはおすすめです。

タイプコンパクトデジタルカメライメージセンサー1.0型
開放F値F2.8(W)-4.5(T)ズーム倍率光学8倍ズーム
手ぶれ補正光学式/最大4段AFファストハイブリッドAF
連写速度最高24コマ/秒連携Wi-Fi
第4位

オリンパス

OM-D E-M10 MarkIII ダブルズームキット

価格:65,810円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高性能なミラーレス一眼の決定版

オリンパスのミラーレス一眼カメラと言えばこのシリーズが有名です。強力な5軸手ぶれ補正をボディに搭載したことで、夜間の撮影や望遠レンズを使用した撮影でも撮りやすいと高評価を得ています。

 

液晶モニターでの撮影だけでなく、電子ビューファインダー見たままの撮影ができるのも良い所。細かい設定なしで手軽に撮影できるオート撮影モードから、シーンやプロが使うテクニックまで簡単に使える撮影メニューを搭載しています。

 

オリンパス独自の遊び心あるアートフィルターもPENシリーズと同様に使用可能なのもおすすすめポイント。被写体へのフォーカスも速く、瞬時に撮影を楽しめるため、動きのあるものを撮影したい時にもデジタルカメラです。

タイプミラーレス一眼カメライメージセンサー4/3型マイクロフォーサーズ
開放F値レンズによるズーム倍率レンズによる
手ぶれ補正イメージセンサーシフト式/5段AFハイスピードイメージャAF
連写速度最速8.6コマ/秒連携Wi-Fi
第3位

ソニー(SONY)

ミラーレス一眼 α7 III

価格:224,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フルサイズのセンサーを搭載した上級ミラーレス一眼カメラ

デジタルカメラにはまってありがちなのが、入門機から徐々に上級機へ買い替えるパターン。トータルすると金額もかさんでいくことから、これからカメラを本格的に始めるという人なら、最初から上級機を選んでおくことをおすすめします。

 

ソニーは他メーカーよりも速くフルサイズのイメージセンサーを搭載したミラーレス一眼カメラを展開してきたメーカー。その画質は驚くべきスペックで、上級フルサイズ一眼レフカメラが重いことに比べたら650gという軽量さです。

 

ミラーレス一眼カメラでネックになりがちなバッテリー性能も評判が良く、長持ちします。画質の良さ・動く被写体へのフォーカススピード・連写速度など性能の良さは入門機に比べ数段ランクが上になるのが大きな魅力です。

タイプミラーレス一眼カメライメージセンサーフルサイズ
開放F値レンズによるズーム倍率レンズによる
手ぶれ補正イメージセンサーシフト式/5段AFファストハイブリッドAF
連写速度最高約10コマ/秒連携Wi-Fi
第2位

ニコン

D5600 ダブルズームキット

価格:64,676円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一眼レフカメラの中でも軽量級

「一眼レフカメラに挑戦したいけれどためらっている」という人に多いのが、デジタルカメラ自体の重量です。ところが、このD5600はペットボトル約1本分の重さで、手で持った時のサイズ感もコンパクトなため、女性・男性関わらず扱いやすい入門機と言えます。

 

AF性能も優れ、動くものを撮影する時にも従来のコンパクトデジタルカメラなどに比べるとやはり段違い。画質の良さも言わずもがなです。タッチシャッターやバリアングル機能も搭載され、様々な撮影シーンで大活躍します。

 

「SnapBridge」というアプリを使ってのスマホやタブレットとの連携も容易。リモート撮影やクラウドへの保存も楽ちんです。撮影時のメニューも直感的にわかりやすい、初心者から中級者まで楽しめるモデルです。

タイプ一眼レフカメライメージセンサーAPS-C
開放F値レンズによるズーム倍率レンズによる
手ぶれ補正ボディ内には搭載なしAF位相差AF
連写速度最高5コマ/秒連携Wi-Fi/Bluetooth
第1位

キヤノン

EOS Kiss X10 ダブルズームキット

価格:108,842円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一眼レフカメラの初心者入門機として有名な「EOS Kiss」シリーズ。その中でも最新のモデルがX10です。操作性は抜群で、シンプルなメニュー画面が使いやすいと好評なのがこのシリーズの特徴です。ビジュアルガイドが初心者でも撮影をサポートしてくれます。

 

サイズも世界最軽量を記録し、小型サイズ化を図りました。バリアングル機能搭載で、液晶画面だけを確認しながら撮影するライブビューモードも使用可能。最新の映像エンジンと大きいイメージセンサーの搭載で、きれいな画質で思い出を残すことができます。

 

また、子どもがいるパパ・ママ向けカメラとしても人気です。瞳を追従するAF機能が動きのある子どもの一瞬を記録するのにもぴったり。型落ち機のX9もまだまだ人気があるため、検討の価値があるシリーズラインナップです。

タイプ一眼レフカメライメージセンサーAPS-C
開放F値レンズによるズーム倍率レンズによる
手ぶれ補正ボディ内には搭載なしAF位相差AF
連写速度最高5コマ/秒連携Wi-Fi/Bluetooth

デジタルカメラのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5016501の画像

    キヤノン

  • 2
    アイテムID:5016472の画像

    ニコン

  • 3
    アイテムID:5016600の画像

    ソニー(SONY)

  • 4
    アイテムID:5016534の画像

    オリンパス

  • 5
    アイテムID:5016598の画像

    ソニー(SONY)

  • 6
    アイテムID:5016572の画像

    キヤノン

  • 7
    アイテムID:5016198の画像

    キヤノン

  • 8
    アイテムID:5016388の画像

    ニコン

  • 9
    アイテムID:5016593の画像

    ソニー(SONY)

  • 10
    アイテムID:5016093の画像

    オリンパス

  • 商品名
  • EOS Kiss X10 ダブルズームキット
  • D5600 ダブルズームキット
  • ミラーレス一眼 α7 III
  • OM-D E-M10 MarkIII ダブルズームキット
  • Cyber-shot DSC-RX100M6
  • PowerShot G1 X Mark III
  • PowerShot G7 X MarkII
  • COOLPIX P1000
  • DSC-WX500
  • ミラーレス一眼 PEN E-PL9 レンズキット
  • 特徴
  • 一眼レフカメラの中でも軽量級
  • フルサイズのセンサーを搭載した上級ミラーレス一眼カメラ
  • 高性能なミラーレス一眼の決定版
  • 優れたAF性能搭載で動く被写体も撮りやすいコンデジ
  • コンデジでは驚きのセンサーサイズ
  • 1インチセンサー搭載のコンパクトデジタルカメラ
  • 驚異のズーム倍率を誇るコンパクトデジタルカメラ
  • 安価で手を出しやすいコンパクトデジタルカメラ
  • 女子が持ち歩きたいカメラの定番
  • 価格
  • 108842円(税込)
  • 64676円(税込)
  • 224800円(税込)
  • 65810円(税込)
  • 119190円(税込)
  • 93370円(税込)
  • 57500円(税込)
  • 95832円(税込)
  • 37300円(税込)
  • 53537円(税込)
  • タイプ
  • 一眼レフカメラ
  • 一眼レフカメラ
  • ミラーレス一眼カメラ
  • ミラーレス一眼カメラ
  • コンパクトデジタルカメラ
  • コンパクトデジタルカメラ
  • コンパクトデジタルカメラ
  • コンパクトデジタルカメラ
  • コンパクトデジタルカメラ
  • ミラーレス一眼カメラ
  • イメージセンサー
  • APS-C
  • APS-C
  • フルサイズ
  • 4/3型マイクロフォーサーズ
  • 1.0型
  • APS-C
  • 1.0型
  • 1/2.3型
  • 1/2.3型
  • 4/3型マイクロフォーサーズ
  • 開放F値
  • レンズによる
  • レンズによる
  • レンズによる
  • レンズによる
  • F2.8(W)-4.5(T)
  • F2.8(W)-F5.6(T)
  • F1.8(W)-F2.8(T)
  • F2.8-8
  • F3.5(W)-6.4(T)
  • レンズによる
  • ズーム倍率
  • レンズによる
  • レンズによる
  • レンズによる
  • レンズによる
  • 光学8倍ズーム
  • 光学3倍ズーム
  • 光学4.2倍ズーム
  • 光学125倍ズーム
  • 光学30倍ズーム
  • レンズによる
  • 手ぶれ補正
  • ボディ内には搭載なし
  • ボディ内には搭載なし
  • イメージセンサーシフト式/5段
  • イメージセンサーシフト式/5段
  • 光学式/最大4段
  • 光学式+電子式/4段
  • レンズシフト式/4段
  • レンズシフト方式/5段
  • 光学式
  • イメージセンサーシフト式/3.5段
  • AF
  • 位相差AF
  • 位相差AF
  • ファストハイブリッドAF
  • ハイスピードイメージャAF
  • ファストハイブリッドAF
  • 位相差(デュアルピクセルCMOS)AF
  • コントラストAF
  • コントラストAF
  • コントラストAF
  • ハイスピードイメージャAF
  • 連写速度
  • 最高5コマ/秒
  • 最高5コマ/秒
  • 最高約10コマ/秒
  • 最速8.6コマ/秒
  • 最高24コマ/秒
  • 最高9コマ/秒
  • 約8コマ/秒
  • 7コマ/秒
  • 約10コマ/秒
  • 約8.6コマ/秒
  • 連携
  • Wi-Fi/Bluetooth
  • Wi-Fi/Bluetooth
  • Wi-Fi
  • Wi-Fi
  • Wi-Fi
  • Wi-Fi/Bluetooth
  • Wi-Fi
  • Wi-Fi/Bluetooth
  • Wi-Fi
  • Wi-Fi/Bluetooth

まとめ

ここまでデジタルカメラのおすすめランキング10選を紹介してきましたがいかがでしょうか。価格やタイプによって、撮れる画質・得意な被写体は大きく変わってきます。まずは入門機から初めて上級機に移るも良し、複雑さよりも簡単さを優先するも良し。デジタルカメラにはスマホカメラにはない魅力がたくさん詰まっているため、きれいに楽しい写真を撮りたい時にはぜひおすすめです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ