記事ID137250のサムネイル画像

【2019年最新版】キャンプでも大活躍のタープ人気ランキング10選

キャンプなどのアウトドアシーンで大活躍するタープ。タープを使えば、日光を遮り、テントの外を快適な空間にすることができます。今回は、アウトドアで人気のタープの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ぜひ参考にして購入を検討してみてはいかがでしょうか。

テントの外にも快適な空間を

キャンプの時に大活躍するアイテムのタープ。タープは、テントに延長して設営することで、テントから出た時にも雨や日差しを遮ることができます。調理をする空間やテーブルを置いて食事をするための空間を自由に手早くつくることができます。

タープにはさまざまな形状のものや、いくつかのタイプに分類されますが、基本的に手早く設営しやすいのが特徴です。今回は、キャンプなどのアウトドアシーンに大活躍する人気のタープの選び方やおすすめアイテムをランキング形式でご紹介していきます。

ぜひタープを選ぶ時の参考にして自分にピッタリのタープの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

タープの選び方

タープを選ぶ時にはどのようなポイントをチェックすべきなのでしょうか。選び方についてご紹介します。

タープの種類で選ぶ

タープにはいくつかの種類があります。それぞれについてご紹介します。

ヘキサタープを選ぶ

タープの種類の中でも「ヘキサタープ」と呼ばれているタイプのタープがあります。ヘキサとは、ヘキサゴン(六角形)という意味があります。1枚布を拡げて2本のポールで固定する形状をしています。ヘキサタープは、壁面部分がないので、解放感があるのが特徴です。

特に夏場の使用に最適です。軽量でコンパクトに収納することができるのも魅力です。傾斜をつけて設営したり、ポールを短くしたり自由に使うことができます。好みのポールの角度や張り方次第でさまざまな使い方ができるおすすめのタープです。

ただ、壁面部分が無いため、強い雨が降っている時や冬場には適していません。基本的に2本のポールで設営するタイプで大型のものではないため、大人数のキャンプではなく少人数のキャンプなどに適しているタイプとなります。

レクタタープを選ぶ

タープの種類の中でも「レクタタープ」と呼ばれるものがあります。レクタタープの名前は、レクタングル(長方形)から由来しており、別名スクエアタープとも呼ばれることもあります。ヘキサタープと同じく壁面部分が無いので、解放感があります。

また、ヘキサタープよりも大型のものが多く、より高さのある広い空間ができるのが特徴です。大人数でのキャンプなどにも対応できるのでおすすめです。基本的には6本のポールを使って設営する仕組みになっているため、高さのある設営ができるのが魅力です。

ただ、ポールの本数が増える分、重さも増えるので持ち運ぶ際には注意が必要です。またヘキサタープと同じく壁面部分が無いので、冬の寒い日や雨が強く降る日にはおすすめできません。

スクリーンタープを選ぶ

タープの種類の中でも「スクリーンタープ」と呼ばれているタイプのタープがあります。スクリーンタープは、テント型の形状をしており、レクタタープやヘキサタープと異なり壁面があるのが特徴です。底の部分が無いため、テントの外で食事をしたりする時に便利です。

壁面部分にあたるサイドシートは開閉可能になっており、寒い時期に使用する場合はシートを閉めて使用することで冷たい風を防ぐことができます。また、夏場に使用する場合にはメッシュになったサイドシートを閉めれば、涼しくて虫を寄せ付けないで快適に過ごせます。

また、同じメーカーのタープであれば連結できるものもありますのでチェックしてみましょう。ただ、レクタタープやヘキサタープと比べて設営するのに時間がかかるため、余裕をもって設営するようにしましょう。

ワンタッチタープを選ぶ

タープの種類の中でも「ワンタッチタープ」と呼ばれるタイプのタープがあります。ワンタッチタープは、その名の通りワンタッチで手早く設営できる折り畳み式のタープです。時間をかけずに手早くサッと設営できるのが特徴です。

地面に打ち付けて固定するのではなく、ワンタッチで自立する仕組みになっているため、慣れた方だけでなく初心者の方でも簡単に設営することが可能です。

また、同じメーカーのものや別売りのサイドシートを利用すれば、強い雨や風が吹く日でも安心して使用することができるおすすめのタープです。キャンプだけでなく、屋外でバーベキューをする時やさまざまなアウトドアシーンにも活躍する便利でおすすめのタープです。

メーカーで選ぶ

タープは色々なアウトドアメーカーで展開されています。主なメーカーについてご紹介します。

Coleman(コールマン)で選ぶ

さまざまなアウトドア商品を展開するメーカーであるコールマンのタープは、種類が豊富なのが特徴です。初心者向けの手軽なものからプロ仕様のシリーズまで豊富にラインナップされています。

ユーザーの要望に応える多彩さがあるのも魅力です。コールマンのアイテムは、優れた耐久性を持つ素材を使用しており、さらに初心者でも簡単に設置できるのもおすすめのポイントです。優れた品質のタープがラインナップされているおすすめのメーカーです。

snow peak(スノーピーク)で選ぶ

スノーピークは、日本の総合アウトドアブランドです。日本特有の高温多湿の気候に対応する商品が多く展開されているのが特徴です。スノーピークのタープは、日本の気候に最適な生地を使用し優れた縫製技術を採用した高品質なのが魅力です。

さらにロープやポールにも耐久性に優れた素材を使用しえいるため、丈夫なのもおすすめのポイントです。初心者向けのものからプロ仕様のものまで多彩なニーズに対応できる豊富なラインナップが揃っているおすすめのメーカーです。

LOGOS(ロゴス)で選ぶ

設立30年以上の総合アウトドアブランドであるロゴス。ロゴスのタープは、珍しい柄物のタープが展開されていることで話題のブランドです。

数多く展開されているタープの中でも「プレミアムシリーズ」のものは、従来のものと比べると耐水圧3000mmという耐水性があるため、強い雨が降る日でも安心して使用できるのが魅力です。

サイズや形状、デザインなど豊富なラインナップがあるのもおすすめのポイントです。

CAMPAL JAPAN(キャンパルジャパン)で選ぶ

設立100周年を機に「小川キャンパル」から2015年に社名を変更した日本のアウトドアブランド「キャンパル ジャパン」。「ogawa」の名はそのままに100年の歴史あるブランドならではの高品質なタープを展開され続けています。

キャンパルジャパンの製品は日本国内で生産されており、日本の気候に適応するさまざまな高品質なアウトドアアイテムがラインナップされているおすすめのメーカーです。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)で選ぶ

1976年に新潟県三条市で生まれた日本の総合アウトドアブラントの「キャプテンスタッグ」。アウトドア用の調理器具を中心に多彩なアウトドア用品を展開しています。キャプテンスタッグのタープは、高い品質を備えながらもリーズナブルなのが特徴です。

さまざまな種類のタープを豊富に取り揃えており、多くのユーザーから支持され続けているおすすめの日本のアウトドアメーカーです。

Campers Collection(キャンパーズコレクション)で選ぶ

キャンパーズコレクションは、さまざまなキャンプ用品を扱う総合アウトドアブランドです。名前の「キャンパーズコレクション」とは、ユーザーであるキャンパーがセレクトしたものと言う意味に由来しています。

キャンパーズコレクションのタープは、品質に優れた商品でありながらもリーズナブルな価格帯なのが特徴です。コストパフォーマンスに優れた高品質なタープをお探しの方には特におすすめのメーカーです。

大きさで選ぶ

タープにはさまざまなサイズのものがあります。どのようなサイズを選ぶべきかご紹介します。

小さいサイズのものを選ぶ

1~2名用の少人数で使用するという場合には、ヘキサタープのような小型のタープが適しています。少人数用であってもサイズが小さすぎると、日よけや雨除けとして不十分です。

少人数で使用する場合でもサイズが400センチ×400センチくらいのサイズのものを選んでおくと、しっかりと機能することができるので安心でおすすめです。

大きいサイズのものを選ぶ

3名以上の人数で使用する場合には、レクタタープのように大きめのサイズのタープを選ぶことをおすすめします。サイズとしては、450センチ×450センチくらいのタープがおすすめです。

さらに5名以上で使用する場合には、それより大きいサイズの550センチ×550センチくらいのタープであれば、窮屈でなくゆったりと快適な空間をつくることができるのでおすすめです。

重さや耐水性で選ぶ

タープの重さや耐水性について選ぶ際のポイントをご紹介します。

重さで選ぶ

タープを選ぶ際にチェックしておきたい大切なポイントの一つに重さがあります。キャンプの荷物は嵩張る物が多く、全体の重量も重たくなりがちです。タープは、できるだけ軽量なものを選ぶことをおすすめします。

具体的には5キロくらいのものが理想と言えます。タープの中でもシンプルな構造でポールの数も少ないヘキサタープは最も軽量ですので持ち運びやすく収納にも便利でおすすめです。

ただ、軽くても小さ過ぎては十分に機能しないので、使いたい大きさなども考慮した上で選ぶことをおすすめします。

耐水性で選ぶ

タープに使われている素材の耐水性は「mm」という単位で記載されています。この数値で耐水性があるかを判断します。具体的には1000mmから1500mmと記載されているものを選ぶことをおすすめします。

いくら耐水性が高いからと数値が大き過ぎるものを選んでしまうとその分通気性が悪くなり、価格も高額になりますので注意が必要です。

数値が低くても撥水加工やシームテープ加工が施されているものであれば、耐水性も高く価格も抑えることができるので、チェックしてから選ぶことをおすすめします。

第10位

スノーピーク(snow peak)

ランドステーション L TP-821IV

価格:98,447円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自由に形が変えられる次世代型タープ

スノーピークのランドステーションは、自分の好みに合わせて自由に形を変えて使うことができる画期的な次世代型タープです。折り紙を折るように自在に変形することが可能なので、多彩なパターンでどんな空間も演出します。

明るめのベージュカラーがお洒落なのもおすすめのポイントです。スタイリッシュなグランピングキャンプから大人数のファミリーキャンプなどシーンを問わず対応することができ、大活躍のおすすめのタープです。

重量8.9kg使用時サイズ885×510cm
収納時サイズ76×28×33cm耐水圧1800mm
第9位

スノーピーク(snow peak)

タープ/R TP-862

価格:36,504円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

これぞタープの定番スタイリッシュなデザインも人気

これぞ定番のタープというイメージのスノーピークのヘキサタープです。ヘキサタープは、ポールが2本ですので簡単に設営することができ、軽量なのが魅力です。シンプルな構造ながらも機能性に優れ、風に吹き飛ばされることなく、強い日差しをしっかり防ぎます。

キャンプだけでなく、さまざまなアウトドアシーンで快適な空間を作ることができます。スタイリッシュなデザインも人気のポイントです。初めてタープを購入するという方にもおすすめのタープです。

重量3.6kg使用時サイズ1220×770cm
収納時サイズ80×17×22cm耐水圧3,000mm
第8位

スノーピーク(snow peak)

タープ カヤード TP-400

価格:41,904円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メッシュカヤードで夏の暑い時期でも快適

スノーピークのタープカヤードは、カヤード部分がメッシュ素材になっているのが特徴です。夏の暑い時期にも通気性が良く、快適に使用することができます。4面あるカヤード部分は全て巻き上げが可能ですので、レイアウトの向きを気にせず設営ができます。

シールド加工が施されたインナールーフは強い日差しを遮るので、さらに涼しく快適に過ごせます。サイドのシートを巻き上げて、2つ連結することができるので、用途に合わせて使うことができます。

また、耐水圧が3000mmの高い耐水性があり、強い雨の日にも安心のおすすめのタープです。

重量5.2kg使用時サイズ680×490×210cm
収納時サイズ23×27×76cm耐水圧3,000mm
第7位

スノーピーク(snow peak)

タープ ヘキサ LセットTP-851S

価格:28,944円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

優れた撥水性が魅力

スノーピークのアメニティタープは、UVカット加工やテフロン撥水加工が施され優れた撥水効果があるのが特徴です。タープ初心者の方にも設営が簡単でしかもスタイリッシュで高い品質が魅力です。

撥水性に優れた丈夫な生地を採用しているので風の吹く日も飛ばされる心配もなく、強い雨が降る日でも安心して使用することができます。高品質なタープをお探しの方には特におすすめのタープです。

重量7kg使用時サイズ570×500×280cm
収納時サイズ80×17×22cm耐水圧1,800mm
第6位

ogawa(オガワ)

レクタDX 3334

価格:28,000円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小川ならではの高品質で丈夫な素材を使用

OgawaのフィールドタープヘキサDXは、丈夫で高品質な素材を使用し、機能性が高いのが特徴です。ヘキサタープですので設営も簡単で快適な空間を手早くつくり出すことができます。

遮光性に優れた素材を使用しているため強い日差しが照り付ける日にもしっかりと日光を遮ることができます。耐久性も高いので、良いもの長く使い続けたいという方には特におすすめのタープです。

重量11.0kg使用時サイズ420×350×250cm
収納時サイズ72×19×19cm耐水圧1,500mm
第5位

コールマン(Coleman)

ヘキサライト2

価格:10,195円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトに折れる極太ポールが頼もしい

コールマンの「ヘキサライト丹」は、直径2.5センチの極太ポールが使用され抜群の強度があるのが特徴です。ポールには6か所の節があるのでコンパクトに収納できるのもおすすめのポイントです。

荷物をできるだけコンパクトにしたい登山キャンプやツーリングキャンプなどのソロキャンプに最適のおすすめタープです。

重量4.3kg使用時サイズ420×420×220cm
収納時サイズ17㎝×43cm耐水圧1200mm
第4位

コールマン(Coleman)

パーティーシェード/300

価格:26,155円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メッシュシートで虫を気にすることなく快適

コールマンのスクリーンタープは、4つの壁面部分がメッシュ構造になっているのが特徴です。メッシュ素材ですので通気性に優れ、4名での使用でも広々と解放感がある空間をつくることができます。

ジョイントフラップが付いているので簡単にテントと連結して使用することができ、初心者でも手早く簡単に設営できるのも魅力です。夏場の夜間のキャンプでも虫を気にすることなく食事をゆっくりと楽しむことができるのもおすすめのポイントです。

重量11.3kg使用時サイズ320×340×215cm
収納時サイズø23×82cm耐水圧1,200mm
第3位

キャンパーズコレクション

スクリーンハウス300 PSH-300

価格:9,990円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

通気性が良いので夏のキャンプにピッタリ

キャンパーズコレクションのスクリーンハウスは、テント型をしたタープになります。4つの壁面はメッシュ構造になっているので、通気性に優れ、解放感があるのが特徴です。

300センチ×300センチのサイズですので4~5名くらいで使用してもゆとりのある広さも魅力です。生地にはUVコーティング加工が施されているため、強い日差しの日でも安心です。

メッシュ構造ですので、夏の夜間のキャンプでも涼しく、食事の時も虫を気にすることなく快適に過ごすことができるおすすめのタープです。

重量6.0kg使用時サイズ300×300×205cm
収納時サイズ61× 18×18cm耐水圧1000mm
第2位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

ヘキサタープM-3167

価格:6,130円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高い紫外線カット率で強い日差しでも安心

キャプテンスタッグのヘキサタープです。とにかく設営が簡単なのが特徴です。4名から6名くらいの使用に対応するやや大きめのサイズです。ウィング部分にあるループとグロメットの使い方次第で多様な設営ができるのもおすすめのポイントです。

また、UVカット率95%以上の生地を使用しているため強い紫外線をしっかりと防ぐことができるのも魅力です。

重量3kg使用時サイズ400×420×220cm
収納時サイズ70×14×14cm耐水圧1000mm
第1位

コンポジット

ワンタッチタープ

価格:9,780円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

とにかく組み立てが簡単

FIELDOORのワンタッチタープは、とにかく設営がしやすいのが特徴です。大人2人でゆっくりと持ち上げれば自動的にワンタッチで時間をかけず組み立てることができます。

また、タープの生地にはUVカットコーティング加工が施されているため、強い日差しの日にもしっかりと紫外線をカットできるので安心です。

さらに耐水圧が2000mm以上の高い耐水性があるため、強い雨が降る日でも濡れる心配がないのもおすすめのポイントです。

重量11kg使用時サイズ200×200×157cm
収納時サイズ22cm×22cm×114cm耐水圧2000mm

タープのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5017052の画像

    コンポジット

  • 2
    アイテムID:5017040の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 3
    アイテムID:5017029の画像

    キャンパーズコレクション

  • 4
    アイテムID:5017026の画像

    コールマン(Coleman)

  • 5
    アイテムID:5017017の画像

    コールマン(Coleman)

  • 6
    アイテムID:5016993の画像

    ogawa(オガワ)

  • 7
    アイテムID:5016980の画像

    スノーピーク(snow peak)

  • 8
    アイテムID:5016963の画像

    スノーピーク(snow peak)

  • 9
    アイテムID:5016946の画像

    スノーピーク(snow peak)

  • 10
    アイテムID:5016934の画像

    スノーピーク(snow peak)

  • 商品名
  • ワンタッチタープ
  • ヘキサタープM-3167
  • スクリーンハウス300 PSH-300
  • パーティーシェード/300
  • ヘキサライト2
  • レクタDX 3334
  • タープ ヘキサ LセットTP-851S
  • タープ カヤード TP-400
  • タープ/R TP-862
  • ランドステーション L TP-821IV
  • 特徴
  • とにかく組み立てが簡単
  • 高い紫外線カット率で強い日差しでも安心
  • 通気性が良いので夏のキャンプにピッタリ
  • メッシュシートで虫を気にすることなく快適
  • コンパクトに折れる極太ポールが頼もしい
  • 小川ならではの高品質で丈夫な素材を使用
  • 優れた撥水性が魅力
  • メッシュカヤードで夏の暑い時期でも快適
  • これぞタープの定番スタイリッシュなデザインも人気
  • 自由に形が変えられる次世代型タープ
  • 価格
  • 9780円(税込)
  • 6130円(税込)
  • 9990円(税込)
  • 26155円(税込)
  • 10195円(税込)
  • 28000円(税込)
  • 28944円(税込)
  • 41904円(税込)
  • 36504円(税込)
  • 98447円(税込)
  • 重量
  • 11kg
  • 3kg
  • 6.0kg
  • 11.3kg
  • 4.3kg
  • 11.0kg
  • 7kg
  • 5.2kg
  • 3.6kg
  • 8.9kg
  • 使用時サイズ
  • 200×200×157cm
  • 400×420×220cm
  • 300×300×205cm
  • 320×340×215cm
  • 420×420×220cm
  • 420×350×250cm
  • 570×500×280cm
  • 680×490×210cm
  • 1220×770cm
  • 885×510cm
  • 収納時サイズ
  • 22cm×22cm×114cm
  • 70×14×14cm
  • 61× 18×18cm
  • ø23×82cm
  • 17㎝×43cm
  • 72×19×19cm
  • 80×17×22cm
  • 23×27×76cm
  • 80×17×22cm
  • 76×28×33cm
  • 耐水圧
  • 2000mm
  • 1000mm
  • 1000mm
  • 1,200mm
  • 1200mm
  • 1,500mm
  • 1,800mm
  • 3,000mm
  • 3,000mm
  • 1800mm

まとめ

今回はキャンプの必需品タープについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。自分にピッタリのタープを選んで快適なキャンプを楽しみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ