【症状を緩和】かゆみ止め用塗り薬の選び方

記事ID137230のサムネイル画像

かゆみは、突然起きることもあり、長く続くこともあります。また、かゆみが酷い場合だと、なかなか眠れなかったり、ストレスを感じてしまうことがありますよね。そんな時のために、おすすめのかゆみ止め用塗り薬をご紹介します。このアイテムで、手軽に症状を緩和させましょう。

かゆみ止め用塗り薬を使って、かゆみを抑えましょう。

人間は、あらゆる皮膚トラブルを起こすことがあります。特にかゆみは、かなりストレスになることもありますよね。サッとかゆみが引く場合は特に問題ありませんが、なかなか治らないことも多いですよね。そんな時には、かゆみ止め用塗り薬を活用しましょう。 かゆみの症状を緩和する成分が配合されていたり、かゆみの元を抑えてくれる成分など、症状を抑えてくれる役割を果たすので、一度使ってみてください。手軽に市販で購入できるものも、多くあるので、自分に合ったものを探して、症状を和らげましょう。 そこで今回は、おすすめのかゆみ止め用塗り薬をご紹介します。どういった成分が効果的なのか、分からない方も多いと思います。この記事では、役に立つことを色々ご紹介していくので、参考にしてみましょう。このアイテムを使って、快適に過ごせると良いですね。

かゆみ止め用塗り薬の選び方

成分で選ぶ

かゆみに有効的な成分は、これ以外にも色々あるので、チェックしてみましょう。

ステロイドを選ぶ

ステロイドとは、炎症を鎮めたり、アレルギー反応を抑える効果があるとされています。よって、かゆみ以外にも、赤み・化膿・腫れに効き、抗炎症作用のあるタイプになります。アトピー性皮膚炎以外にも、様々な病気に使われているので、一度使ってみては、いかがでしょうか。

 

ただし、このステロイドは、副作用などが起きやすく、中には合わない方もいるので注意しましょう。というのも、使いすぎてしまうと、皮膚が薄くなったりすることがあるので、継続的に長期使用するものではありません。

 

本来は、医師の指導が必須になるので、指示された部位以外に、かゆいからと違う部分に勝手に塗ってはいけません。ただ、効果を少し抑えたものは、市販でも購入することが可能です。なので、心配な場合は、かかりつけの病院へ行き、一度診察してもらうことをおすすめします。

ステロイドとは、副腎(両方の腎臓の上端にあります)から作られる副腎皮質ホルモンの1つです。ステロイドホルモンを薬として使用すると、体の中の炎症を抑えたり、体の免疫力を抑制したりする作用があり、さまざまな疾患の治療に使われています。副作用も多いため、注意が必要な薬です。

出典:http://www.twmu.ac.jp

尿素を選ぶ

尿素は、乾燥からくるかゆみに、効果的とされている成分となります。尿素は硬くなった皮膚を柔らかくする、角質溶解作用という効果があります。また、乾燥してごわついた皮膚を、柔らかくして、元の状態に戻す役割を果たしてくれます。

 

なので、乾燥肌を守るクリームなどにも使われているなど、色々なアイテムに含まれているので、安心して使用できます。ただし、尿素が入っていても、ただ皮膚を柔らかくするだけなので、それほどかゆみに対して効果はありません。

 

なので、抗ヒスタミン剤などが配合されたものを選ぶことで、皮膚の水分の保持も元に戻してくれるので、かゆみにも効果を発揮してくれます。そのため、購入する際は、尿素と抗ヒスタミン剤などが、一緒に入っているかを確認してからにしましょう。

【抗ヒスタミン剤】
神経伝達物質ヒスタミンの働きを抑えることでアレルギー反応を抑え蕁麻疹、花粉症、喘息などによる皮膚の腫れや痒み、鼻づまり、咳などの症状を改善する薬

出典:https://medical.nikkeibp.co.jp

かゆみの原因・場所で選ぶ

かゆみの原因や場所によって、適切なものが異なるので、まずは原因になっていることを、把握する必要があります。

アトピーで選ぶ

アトピーとは、かゆみのある湿疹が、全身の様々なところにできる皮膚疾患の一つになります。症状の特徴として、赤み・じゅくじゅくしている・皮が剥ける・長引くとごわごわ硬くなるなど、色々な症状があります。

 

また、おでこ・目の周り・口周りなど、人によって症状が見られる箇所は、それぞれ異なります。アトピーは基本的に、症状がある程度緩和されても、すぐに治るわけではありません。良くなったり、悪くなったりを繰り返し、長引くので、ストレスを感じている方も多いでしょう。

 

アトピーは、肌の皮脂分泌量が少なく、角質層の水分保持力が弱まっている状態なので、とにかく保湿をする必要があります。第一に保湿成分などを確認し、もしかゆみや炎症がひどい場合には、ステロイドが配合された商品を使用して炎症を鎮めましょう。

蕁麻疹で選ぶ

蕁麻疹とは、皮膚の一部が突然に赤く盛り上が、しばらくすると跡かたなく消えてしまう病気のことをいいます。大抵はかゆみを伴うことが多いですが、チクチクとした、焼けるような感じを伴う場合もあるといわれています。

 

もし蕁麻疹の原因が分かっている場合は、蕁麻疹の原因を取り除くことが、一番効果的とされています。蕁麻疹は、アレルギーの一種でもあり、ダニ・カビ・生活環境など、あらゆることが原因となり、引き起こる病気なので、何が原因になっているかを、調べておくと良いと思います。

 

原因が分かり、生活環境などを変えているのに、かゆみが収まらない場合は、かゆみ止め用塗り薬を使ってみましょう。ステロイドや抗ヒスタミン剤が入っているものであれば、高い効果を得られるでしょう。

ダニで選ぶ

皆さんは普段、お布団やカーペットなどを、定期的にお手入れしていますか。ダニは特に、湿気の多い場所を好むので、梅雨時期や蒸し暑い日は、繁殖しやすいので注意しましょう。ダニに噛まれてしまうと、非常に強いかゆみが起こり、腫れや赤みの症状を引き起こします。

 

蚊などの虫とは違い、一度噛まれてしまうと、数日間はかゆみが続き、長いと一ヵ月以上も症状に、悩まされることもあります。かゆみ止め用塗り薬を購入する場合は、抗ヒスタミンや、ステロイドが配合されているものがおすすめです。

 

ただし、薬で症状を緩和させても、原因源になっているものをきちんと処理しないと、また症状を引き起こしてしまいます。なので、一度布団などを洗濯したり、換気を行うようにしましょう。場合によって、ダニ防止アイテムなども活用すると、より効果的です。

デリケートゾーンで選ぶ

特に女性の方に多いお悩みとして、デリケートゾーンのかゆみが挙げられます。デリケートゾーンのかゆみの原因には、大きく分けてかぶれ・感染症の2つがあります。かぶれは、下着や、デリケートゾーンの蒸れ、ナプキンとの接触などで、引き起こっています。

 

感染症は、細菌・ウイルスなどの病原体に感染することで、かゆみなどが引き起こるといわれています。特にデリケートゾーンは、腕や脚などに比べて、粘膜に近く、下着などで常に覆われているので、通気性が非常に悪く、余計症状が起こりやすくなっています。

 

なので、デリケートゾーン専用のかゆみ止めを使って、症状を和らげましょう。通常のものでは、作用がきつかったり、刺激になってしまうことがあるので、きちんと専用のものを購入する必要があります。

用途で選ぶ

効果が高すぎると、刺激性になることがあるので、使用部位を守るようにしましょう。また、使用シーンによって、使いやすいテクスチャーのものを選ぶのもポイントです。

効果で選ぶ

かゆみだからといって、どの薬でも良いということではないので、注意しましょう。原因がはっきりしている場合は、それに合ったものを選び、使ってみると良いと思います。

 

ただ、原因が分からない場合は、かかりつけの病院で、一度診てもらいましょう。というのも、原因が分からないと、症状に合ったものが見つからず、塗り薬が効かない場合があります。また、商品によって効果が効きすぎて、反対に症状を悪化させてしまうことがあります。

 

なので、安全に使うためにも、ひどい状態でなければワセリンなどの無害なものを使い、使用部分を必ず守るようにしましょう。

テクスチャーで選ぶ

かゆみ止め用塗り薬には、軟膏タイプ・クリームタイプ・ローションタイプなど、色々なテクスチャーがあります。塗った後のサラッとした方が良いのか、べたつきが合っても良いのかなど、時前に考えておきましょう。

 

軟膏タイプは、一番効果があるとされていますが、べたつきが気になることがあります。かきむしりを防止するために、絆創膏などで覆う場合はそれほど問題はありません。

 

ただ、そのままだと、洋服などに付いてしまうことがあるので、使用シーンによって、適切なものを選ぶと使い勝手も良いですよ。

価格で選ぶ

商品によってお値段は様々ですが、それほど差はないので、症状に特化したものを選ぶと良いと思います。ただし、あまり安すぎるものは、満足いく効果を得られてないことがあります。

 

そうなってしまうと、また新しいものを購入する必要が出てくるので、必ずロコミなども参考にしましょう。コストを抑えたい方は、症状を早く治すためにも、あらかじめ少し高めのものを購入していた方が、かえってコストを削減することができる場合もありますよ。

まとめ

今回は、おすすめのかゆみ止め用塗り薬をご紹介しましたが、お目当ての商品は、見つかりましたでしょうか。色々な商品がありますが、商品によって効果には、当たり外れがあります。なので、必ずロコミなども参考にしてみて、効果があるものを使うようにしましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年11月20日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【これでケアばっちり】人気洗顔フォームのおすすめランキング10選

【これでケアばっちり】人気洗顔フォームのおすすめランキング10選

スキンケア・基礎化粧品
【プロ監修】シミ取りのおすすめ人気ランキング14戦【口コミで話題!】

【プロ監修】シミ取りのおすすめ人気ランキング14戦【口コミで話題!】

スキンケア・基礎化粧品
泡洗顔料おすすめ人気ランキング10選【泡洗顔で美肌になろう】

泡洗顔料おすすめ人気ランキング10選【泡洗顔で美肌になろう】

スキンケア・基礎化粧品
クレンジングバームおすすめランキング15選【よく落ちて肌に優しい】

クレンジングバームおすすめランキング15選【よく落ちて肌に優しい】

スキンケア・基礎化粧品
【美白を目指す】美白クリームのおすすめ人気商品ランキング10選

【美白を目指す】美白クリームのおすすめ人気商品ランキング10選

スキンケア・基礎化粧品
【最強の毛穴対策】ホットクレンジングのおすすめ人気ランキング12選

【最強の毛穴対策】ホットクレンジングのおすすめ人気ランキング12選

スキンケア・基礎化粧品