記事ID137228のサムネイル画像

【普段使いできるタイプも】カメラリュックおすすめランキング10選

カメラを持って出かける機会が多い方におすすめの「カメラリュック」。機材が増えるとカメラ専用のリュックが欲しくなるものですよね。そこで今回は、普段使いが可能なおしゃれリュックからプロ仕様リュックまで、カメラ女子も男子も必見のおすすめカメラリュックをご紹介します。

カメラリュックを背負って撮影に出かけよう!

旅行などのイベントでカメラを持ち歩く際にあると便利なのが「カメラリュック」。カメラリュックの利点はやはり移動のしやすさです。両手がフリーになるので、思う存分に撮影に集中することができます。
 
 
各メーカーから様々なモデルが販売されていますが、基本的にカメラリュックは、大切な機材を守るためにカメラ収納部を保護素材で補強してあり、背負ったままアクティブに動くことができます。また、その保護素材部を外せば、普段使いができるモデルも多数あります。
 
 
このように、カメラリュックは、カメラ好きならぜひ1つは持っておきたい便利アイテムです。収納力やデザインなど、ニーズに合ったカメラリュックを選んでみましょう。きっとカメラを持って出かけるのも楽しくなりますよ。

 

カメラリュクの選び方

カメラリュクはただカメラを入れて運ぶだけのものではなく、カメラやレンズを保護し、写真撮影がスムーズに行えるようにサポートしてくれる大切なアイテムの一つです。これから紹介するポイントに着目して、あなたに合ったカメラリュックを選んでいきましょう。

機能性で選ぶ

カメラリュックを選ぶ上でまず注目したいのが機能性です。カメラリュックは、お手頃価格でコスパの良いモデルから、高性能のモデルまで様々ですので、自分が求める機能性を備えたモデルを選ぶようにしましょう。

収納する撮影機材の数から容量をチェック

どれくらいの機材を持ち運ぶかによって、必要なカメラリュックの容量が変わってきます。選ぶ際は、今持っている機材よりも少し余裕を持たせた容量のカメラリュックを購入しておくと、機材が増えた後も安心して利用することができます。

 

ただ、大き過ぎるカメラリュックはリュックそのものの重量もありますし、機動力も落ちてしまいます。また、カメラリュックは大きくなるほどごつくなり、スタイリッシュさも失われていく傾向にあります。

 

特にミラーレスの場合は小型なので、一眼レフユーザーと同じリュックでは大き過ぎる場合もあります。機材を増やす予定があればある程度余裕のあるサイズを選ぶのがおすすめですが、現状の手持ちのカメラや機材数に合わせて適切なサイズのリュックを選ぶようにしましょう。

カメラ以外も持ち運ぶなら「2気室タイプ」

カメラ以外にもたくさんの荷物を持ち運ぶ人におすすめなのが、「2気室タイプ」のリュックです。カメラと荷物を分けて入れることができるので、リュックの中で荷物がごちゃごちゃになることを防いでくれます。また、大切なカメラに傷が付くことも防ぐことができます。

カメラサイズに合わせて稼働させられる荷室

カメラリュックのタイプによっては、カメラ本体やレンズを一つ一つ包み込んで収納できるよう、荷室にクッションが付いた仕切りが取り付けられています。

 

この仕切りが可動式であれば、一眼レフでもミラーレスでもしっかりと固定することができ、カメラに傷がついてしまうのを防ぐことができます。カメラの所持数が多い方や、一眼レフとミラーレスを使い分ける方はこの機能があるタイプがおすすめです。

機材の取り出しやすさ・ポケットの数をチェック

カメラリュックを選ぶ際には、機材の取り出しやすさやポケットの数などの機能面にも注目するようにしましょう。機材を出し入れしやすいものは、レンズ交換も素早く行うことができます。開口部が広く開き、スムーズに機材を出し入れできるものがおすすめです。

 

また、収納ポケットの数や作りはメーカーによって違いがあります。カメラに凝ってくるとSDカードのケースやクリーニング機材などの細かい機材が増えていくので、特にポケットの数が多いと使い勝手が良いと感じるでしょう。

素材で選ぶ

カメラリュックをより機能的に・快適に使うには素材も重要です。どのような素材で作られているかにも注目して選ぶと良いでしょう。

リュック本体の素材

リュックは背中に背負っている分、不意の雨などに無頓着になりがちです。そんなとき頼りになるのは本体の素材。よほどハイスペックなプロ機を除き、デジタルカメラは基本的には水に弱いので、リュック本体の耐水性能も大切です。
 
 
撥水加工の生地を使っていたり、レインカバーが付属しているタイプなど突然の雨にも対応できるものなら水濡れも心配ないので安心できます。持ち運ぶ際は衝撃が加わる可能性が高くなりますので、十分なクッション性のあるカメラリュックを選ぶのがおすすめです。
 
 
 

背中に触れる部分とショルダーハーネス(肩ベルト部)の素材

背中に触れる部分とショルダーハーネスにどのような素材が使われているかによって、特に夏場の快適さが違ってきます。おすすめはショルダーハーネスがメッシュ素材で作られているタイプや、背中に触れる部分もメッシュやパッドなどで立体的に作られているタイプ。
 
 
通気性が確保されれば、炎天下に重いカメラが入ったリュックを背負っての移動が楽になるでしょう。また、ショルダーハーネスは幅広であるほど肩への負担が少なく、長時間でも楽に背負うことができます。

デザイン性や人気のブランドで選ぶ

カメラリョックを選ぶ際に機能性も重要ですが、やはり見た目も重要です。ブランド、色や大きさといったディテールも大切な選択肢です。どれほど使い心地が良くても、ずっと使い続けるものであり、ファッションの一部になるわけですから、見た目もおしゃれに決めましょう。

 

最近はレディース受けのよいかわいいデザインの物や、メンズ向けのかっこいいデザインのものまで様々なメーカーが販売するようになりました。その点にも注目して、人気のブランドから選んでみるのもおすすめです。ここではカメラリュックの人気ブランドをいくつかご紹介します。

 

ロープロ(Lowepro)

世界で認められたカメラバッグのトップブランドLowepro(ロープロ)」。1967年にコロラドで生まれたカメラバッグブランドです。カメラ製品以外にも、携帯電子機器や専用アクセサリーなどを手掛けています。

 

機能性と衝撃耐久性だけでなく、実用性やファッション性をも重視しているのが特徴です。機材をしっかり保護するアウトドア向けの商品から、手軽に使えるショルダーバッグまでさまざまな商品を発売しており、幅広い層から人気を得ています。

Manfrotto(マンフロット)

Manfrotto(マンフロット)」は、イタリア発のカメラアクセサリメーカーです。カメラ記者のマンフロット氏によって創られました。使われていた機材の使いにくさに不満を感じたマンフロット氏が、プロの使用に足りる製品を開発しました。

 

その製品に大手の販売店から注文が入り、カメラアクセサリメーカーを立ち上げたとのこと。どのアイテムもクオリティが高く、プロも愛用するメーカーです。イタリアらしい、クールでおしゃれなデザインがたくさんのユーザーを惹きつけています。

HAKUBA(ハクバ)

HAKUBA(ハクバ)」は創業50年を超える国内フォトアクセサリーの老舗です。カメラにまつわるアイテムをほとんどカバーしており、必要なアイテムをすぐに手に入れることができます。

 

商品の価格帯が比較的安く、気軽に購入しやすいのも魅力の1つ。長年つちかった経験と、国内メーカーならではの丁寧な仕事ぶりに、国内外問わず多くのファンがいる人気メーカーです。

VANGUARD(バンガード)

プロアマ問わず多くのカメラマンに愛用者を持つ「VANGUARD(バンガード)1986年にアメリカで創立されたフォトアクセサリメーカーです。

 

カメラバッグ以外にも、三脚や双眼鏡などの光学製品などの開発もしており、多くの愛用者がいます。どの製品も使い勝手の良さや機能性に定評がある人気のメーカーです。

Peak Design(ピークデザイン)

クールで機能的なカメラアクセサリを多数手がける「PeakDesign(ピークデザイン)」。専用のクリップをバッグのスリングなどに装着し、そのクリップに直接カメラを固定して運べるアイテム「Capture Camera Clip」が大人気となり一躍その名を世界にとどろかせました。

 

アウトドア中にスムーズなカメラワークをしたいと望むカメラユーザーから、強い支持を得ています。

カメラリュックおすすめランキング10選

第10位

エレコム

バックパック リュックサック

価格:3,890円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ抜群!スタイリッシュで普段使いにも

PC関連のアクセサリメーカーとして有名な日本のブランド「エレコム」ですが、カメラ向けに作ったバッグがお洒落に仕上がっています。そのカジュアルなルックスも人気ですが、バック自体が非常に軽いのでカメラ女子におすすめです。

 

低価格ながら、カメラを瞬時に取り出せる両側面サイドジッパーや、取り外し可能なディバイダー、リュックの素材には撥水処理されたナイロンを使用するなど、カメラリュックとしてのスペックも充分です。

 

また、普段使いのリュックとしても最適です。カメラインナーケースがあるので、他の荷物と一緒に入れても安心。PC収納ポケットもついているので通勤や通学にも適しています。コスパという点では、ピカイチのカメラリュックでしょう。

 

カラーグレー、ネイビー、ブラック素材表面:ポリエステル(撥水加工)、裏面:ポリエステル
サイズ幅24×奥行12.5×高さ30.5cm
第9位

K&F Concept

カメラリュック

価格:8,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

豊富なポケットで多機能な2気室構造リュック

大容量で多機能な「K&F Concept(ケーアンドエフ コンセプト)」のカメラリュックです。K&F Conceptは様々なカメラ周りのアクセサリーを扱っている中国のブランドで、高品質にかかわらず入手しやすい価格帯と洗練されたデザインには定評があります。

 

こちらは、上下で荷物を分けられる2気室構造で、背面とサイドからカメラや機材にアクセスできるほか、上部から荷物の出し入れも可能なタイプです。シーンに応じて素早くカメラが出せるように工夫がされています。レインカバーも付属しているので急な雨で問題ありません。

 

三脚用ホルダーも付いており、必要な機材を使いやすく、機能的に収納できる仕様になっているところもポイントです。買いやすい価格ながら、機能性も高く、コスパに優れた人気のカメラリュックです。

カラーブルー素材表地:900Dナイロン、 裏地:グレー210D+ビロード
サイズ44×27.5×17cm
第8位

バンガード

バッグパック HAVANAシリーズ

価格:11,466円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ディバイダー部分を外せば旅行用リュックにも

プロにも愛用者を多く持つ「VANGUARD(バンガード)」のカメラリュックです。プロに愛用者が多いといっても、こちらのモデルは、いかにもプロ仕様のごついデザインではなく、普段使いも自然にできるほどデザインがとてもおしゃれです。
 
 
カメラリュックとしては基本的に2気室使いで、下段のカメラコンパートメントには標準レンズを装着したままの一眼を1台+交換レンズ2本が収納可能です。外には三脚も取り付けられますし、レインカバーも付属しています。 15インチまでのノートPCも収納可能です。
 
 
日常での使用からトレッキングなどアウトドアでのアクティビティまで広くおすすめできるカメラリュックです。
カラーネイビー素材
サイズ30.5×48×24cm
第7位

ピークデザイン

エブリデイバックパック

価格:32,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デザイン性、機能性どれをとっても超一級

PeakDesignが自信を持って提供するのが、エブリデイバックパックです。最大の特徴はリュック本体の左右が大きく開閉する点。状況に合わせて自由に機材へのアクセスが可能で、ジッパー部には防水加工が施されているので雨が降っても安心です。

 

また、3Dなディバイダーの存在も注目です。自由自在に形状を変えるのでどんな機材にも見事にフィットします。デッドスペースを作ることなく効率的に機材を保護し収納することができます。

 

取り回しがしやすいように上部と左右の3か所に持ち手が付いているなど、まさに痒い所に手が届く機能が盛りだくさんです。価格は高めですが、カメラリュックに3万円以上出した甲斐を充分に感じさせてくれる、プレミアムなカメラリュックです。

カラーブラック素材
サイズH46 × W30 × D17cm
第6位

Endurance

カメラバッグ Ext(エクステンド)

価格:15,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロカメラマンが監修した収納力が優秀なカメラリュック

プロカメラマンの中原一雄氏が監修したカメラリュックです。初代Enduranceのデザインを残しつつ、大幅にコンパクト化されています。そのうえで収納力は十分に確保した、使い勝手の良いカメラリュックに仕上がっています。

 

リュック上部の長さを調節してマチが増えるようにできる「エキスパンドシステム」が機能的でおしゃれです。機材が少ないときはジッパーを閉じてスリムな見た目に、多くの機材を収納するときは拡張することでストレスなく撮影を楽しめることができます。

 

小型ながらボディ+70-200mmレンズを装着したまま横に収納できます。カメラ機材を収納する箇所は側面と正面からアクセス可能。カメラ機材収納スペースはを厚手のウレタンで機材を保護します。全面に撥水加工を施した生地を使用し、防水タイプのレインカバー付きです。

カラーカーキ、ネイビー、ブラック、ブラック迷彩柄、帆布オリーブグリーン素材メイン生地:8号帆布、 底面生地:ポリエステル 、内装生地:ナイロン
サイズ約28.5x17.5x43cm
第5位

ロープロ

カメラ リュック

価格:23,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

必要な機材をこれ1つで持ち運べる大容量カメラリュック

カメラ本体のほか、望遠レンズや三脚など撮影に必要なアイテムをこれ1つで持ち運べるLoweproのカメラリュックです。1気室タイプのリュックですが、仕切りがたくさんついているため、仕切りをうまく使う事で、2気室タイプとしての使い方も可能です。

 

サイド・背面・上部の3箇所からアクセスできるようになっており、必要な機材が素早く取り出せる構造が魅力です。正面の蓋裏にはノートパソコン、上部蓋裏にはメモリーカードと、必要なアイテムをほぼ収納することができます。

 

肩ベルトでは重いカメラの重量も、ウエストハーネスでしっかり固定するので移動中も安心です。ドリンクホルダなど、追加したい荷物に合わせて組み合わせることができる拡張モジュールも付属しています。

カラーブラック素材ナイロン,210Dナイロン,1680Dバリスティックナイロン,900Dポリエステル
サイズ 32.5×50×24.5cm
第4位

ニコン

Nikon カメラリュック 15.6L ブラック SCR

価格:11,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

完成度の高い国産カメラリュク

カメラメーカーのNikonが手掛けたカメラリュクです。A4ノートPCも三脚も収納可能なモデルです。クッション性の高い背面ショルダーハーネスや、身体にフィットするチェストベルト&ウエストベルトが付いており、安定してカメラ機材の持ち運びができます。

 

また、開口部が広くとても使いやすい設計です。バックの両端には三脚を設置できる仕様です。バックの中身は数種類のレンズとメインで使用するカメラ、控え用のカメラや小物類を入れられるポケットなど完成度の高いリュックです。

 

全面フルオープン仕様で機材のセッティングも容易です。口コミでも使い勝手を評価する声が多数。たっぷり入り保護機能にも優れた人気のカメラリュクです。

カラーブラック素材ポリエステル
サイズ約W31×H47×D20cm
第3位

Amazonベーシック(AmazonBasics)

ベーシック カメラリュック 一眼レフ用

価格:2,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Amazonの実力を感じさせるコスパ最強リュック

Amazonが自ら開発した小型一眼レフカメラ本体、レンズ3台、および追加の小さなアクセサリーを収納可能なカメラリュックです。耐久性に優れた黒のポリエステル、ナイロン外装素材を使用してるので、タフな環境にも使用可能です。

 

クッション構造のストラップを採用し、幅の広い肩ストラップは、重量を均等に分散して、持ち運びやすいデザインになっています。体への負担を軽減して快適に持ち運ぶことができます。

 

調節可能な仕切り板で収納をカスタマイズすることもできます。胸と腰につける安定ストラップがあるので、山登りやトレッキングを兼ねての撮影にはぴったりです。「造りがしっかりしており、低価格でコスパが良い」と口コミでも高評価の商品です。

 

カラーブラック素材ポリエステル/ナイロン
サイズ約29.2×18.3×39.6cm
第2位

マンフロット

カメラリュック Streetコレクション

価格:12,733円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一般的なリュックサックにもできる上下2室タイプ

タウンユースとしても十分にマッチするManfrottoのストリートカジュアルなデザインのリュックです。上段と下段を分けているファスナーを開けることで1室になり、カメラがないときには普通のリュックとして使用することもできます。サイズはSとLがあります。

 

防水性はありませんが、ナイロン部分には撥水加工されており、小雨程度なら問題ありません。本格的なカメラバックは、メンズ向けのデザインが多いですが、こちらのリュックはレディースでもおしゃれに使えるデザインです。重量も軽いため、疲れにくく女性にもおすすめです。

 

ショルダーストラップが厚手で体にフィットする仕様になっているので、重さを感じさせず疲れにくくなっています。背面もメッシュ素材になっているので通気性がよく、長時間背負っていても蒸れにくいのもポイントです。

カラーカーキ素材撥水素材
サイズ46x28x15cm
第1位

ロープロ

カメラリュック

価格:24,400円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

柔軟性が高く、セキュリティも配慮されたオールラウンダータイプ

Loweproのフリップサイドシリーズは、コンパクトかつ軽量な設計でありながらも、機材をしっかりと守ってくれる機能が満載のカメラリュックです。こちらは17Lサイズですが、その他にも8.5L、13L、25Lと計4タイプ揃っています。

 

最大の特徴はバッグの背面からカメラ機材を出し入れするスタイル。背後からバッグを開けられる心配が無く、盗難対策もバッチリです。背面アクセス機構は、バッグを地面に下ろして、汚すことなく、カメラ機材を取り出し、撮影の準備が出来ます。

 

中仕切りを自由に配置できるので、機材に合ったジャストなレイアウトが可能。フリップサイド400AWと500AWはオールウェザーAWカバー付きの全天候型。雨や雪などがバックパック内に侵入するのを防いでくれます。三脚の外付け機能も便利な機能です。

 

 

カラーブラック、グリーン素材ナイロン
サイズ W30.3×H46×D25.3cm

カメラリュックのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5011817の画像

    ロープロ

  • 2
    アイテムID:5011843の画像

    マンフロット

  • 3
    アイテムID:5012091の画像

    Amazonベーシック(AmazonBasics)

  • 4
    アイテムID:5012226の画像

    ニコン

  • 5
    アイテムID:5011870の画像

    ロープロ

  • 6
    アイテムID:5012261の画像

    Endurance

  • 7
    アイテムID:5012288の画像

    ピークデザイン

  • 8
    アイテムID:5012270の画像

    バンガード

  • 9
    アイテムID:5012391の画像

    K&F Concept

  • 10
    アイテムID:5011859の画像

    エレコム

  • 商品名
  • カメラリュック
  • カメラリュック Streetコレクション
  • ベーシック カメラリュック 一眼レフ用
  • Nikon カメラリュック 15.6L ブラック SCR
  • カメラ リュック
  • カメラバッグ Ext(エクステンド)
  • エブリデイバックパック
  • バッグパック HAVANAシリーズ
  • カメラリュック
  • バックパック リュックサック
  • 特徴
  • 柔軟性が高く、セキュリティも配慮されたオールラウンダータイプ
  • 一般的なリュックサックにもできる上下2室タイプ
  • Amazonの実力を感じさせるコスパ最強リュック
  • 完成度の高い国産カメラリュク
  • 必要な機材をこれ1つで持ち運べる大容量カメラリュック
  • プロカメラマンが監修した収納力が優秀なカメラリュック
  • デザイン性、機能性どれをとっても超一級
  • ディバイダー部分を外せば旅行用リュックにも
  • 豊富なポケットで多機能な2気室構造リュック
  • コスパ抜群!スタイリッシュで普段使いにも
  • 価格
  • 24400円(税込)
  • 12733円(税込)
  • 2800円(税込)
  • 11900円(税込)
  • 23980円(税込)
  • 15800円(税込)
  • 32400円(税込)
  • 11466円(税込)
  • 8600円(税込)
  • 3890円(税込)
  • カラー
  • ブラック、グリーン
  • カーキ
  • ブラック
  • ブラック
  • ブラック
  • カーキ、ネイビー、ブラック、ブラック迷彩柄、帆布オリーブグリーン
  • ブラック
  • ネイビー
  • ブルー
  • グレー、ネイビー、ブラック
  • 素材
  • ナイロン
  • 撥水素材
  • ポリエステル/ナイロン
  • ポリエステル
  • ナイロン,210Dナイロン,1680Dバリスティックナイロン,900Dポリエステル
  • メイン生地:8号帆布、 底面生地:ポリエステル 、内装生地:ナイロン
  • 表地:900Dナイロン、 裏地:グレー210D+ビロード
  • 表面:ポリエステル(撥水加工)、裏面:ポリエステル
  • サイズ
  • W30.3×H46×D25.3cm
  • 46x28x15cm
  • 約29.2×18.3×39.6cm
  • 約W31×H47×D20cm
  • 32.5×50×24.5cm
  • 約28.5x17.5x43cm
  • H46 × W30 × D17cm
  • 30.5×48×24cm
  • 44×27.5×17cm
  • 幅24×奥行12.5×高さ30.5cm

まとめ

おすすめのカメラリュックをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?カメラリュクは、カメラ専用に作られているので、レンズやカメラ本体の収納がスマートにできとても便利なアイテムです。ぜひ、収納力やデザインなど、ご自分に合ったカメラリュックを見つけてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ