記事ID137218のサムネイル画像

【くつろぎ空間】ニトリソファーのおすすめ人気ランキング10選

ソファーはおしゃれにくつろげる家具として人気ですが、価格が高めなのがネックの一つ。そこを解決してくれるリーズナブルなソファーが、CMでもおなじみのニトリソファーです。ここではそんなニトリソファーについて、上手な選び方やおすすめ商品を紹介して行きます。

リーズナブルで高品質なニトリソファー

「お、ねだん以上」のCMが有名な通り、ニトリの家具はリーズナブルなことで有名です。それはソファーにも当然言えることで、上質な素材と造りにこだわりながら、他メーカーよりも2割以上安価なプライスを実現しています。

 

ニトリソファーのもう一つの特徴は、そのシンプルなデザインです。高級家具は何かとデザインに凝りがちですが、ニトリソファーはリーズナブルなことが功を奏してか、どんなインテリアにもマッチするすっきりした見た目を手に入れています。

 

加えて、ニトリソファーはバリエーションが豊富なことも魅力です。家族の人数や用途によって最適なものが見つけられます。ソファーカバーなどのサブアイテムも充実しているので、購入後にカスタマイズもできますから、まさに万人におすすめのアイテムと言えます。

ニトリソファーの選び方

ニトリソファーはその種類が多い分、何の準備も無しに購入しようとすると色々と目移りしてしまいます。迷った挙句、微妙な買い物をしてしまった、なんていうことにも。そうならないために、ここで上手な選び方を学んでおきましょう。

タイプで選ぶ

ソファーと一口に言っても、そのタイプは様々です。用途に合わせて最適なタイプのソファーを見つけましょう。

ポピュラーなスタンダードタイプ

一般的なソファーのイメージを形作っているのは、このタイプのものでしょう。クセの無いデザインのものが多く、親しみを持ちやすいので、フローリングの室内であればどんなインテリアにもフィットしてくれます。

 

横長のデザインのものが多く、そのほとんどは2~3が座れるものとなっています。長椅子の形状なので、ベッドの代わりにして寝転がることも可能です。実際に寝床として購入する方も多いとか。

 

このタイプは最もポピュラーなソファーゆえに、価格が控えめなことが多いのも美点です。奇をてらわないソファーが欲しい方はもちろん、くつろげる家具をリーズナブルに購入したい方にもおすすめのタイプです。

大人数でくつろげるL字型

コーナーソファーとも呼ばれるこのタイプのソファーは、4人以上の大人数が座ることを前提として作られています。大型なので比較的広い部屋に置いてあげると良いでしょう。価格は少し高めですが、様々なシーンで活躍してくれるタイプです。

 

大人数用のソファーなので、リビングに置くのに向いているのはもちろんですが、応接間にも十分にフィットしてくれます。L字ソファーが一脚あれば、急な来客にも困ることはありません。

 

家族の人数が多い方や、来客が頻繁にある方におすすめのタイプです。また、L字ソファーは大型であるとともに豪華な仕様のものが多いことも特徴の一つですので、室内をラグジュアリーに仕上げたい方にもおすすめのソファーと言えます。

畳感覚のローソファー

ローソファーはフロアソファーとも呼ばれる、床に直接置くタイプの脚が無いソファーです。椅子よりも床に座る方が好きだという方からの支持が厚く、持ち運びしやすくレイアウトが簡単なところも特徴です。

 

ローソファーは丈が低いため圧迫感が少なく、場所も取りません。なので、部屋が狭く感じられてしまうことが無く、実際にも部屋を広く使うことができます。コンパクトな部屋にも、無理なく置けるソファーなのです。

 

着座位置が床に近いと言っても、座布団と違ってしっかりとした背もたれがあるので、くつろげることに変わりはありません。ですので、畳感覚でソファーを使いたい方にはもちろん、ソファーが欲しいけれどスペースの確保が難しいという方にもおすすめのタイプです。

極上のリラックス体験を提供するリクライニングソファー

リクライニングソファーは、背もたれ部分を傾ける(リクライニング)ことができるタイプのソファーです。マッサージチェアのように座ることができ、そのリラックス効果は数あるソファーのタイプの中でも随一です。

 

フットレスが付いているタイプや背もたれや座面の奥ゆきに余裕のあるタイプ、中には電動でリクライニングしてくれるタイプもあったりと、まさに至れり尽くせりのソファーと言えます。基本的に1人用のものが多く、それなりに重量があり、価格も比較的高めです。

 

最高のくつろぎを得たい方には、ぜひおすすめしたいタイプのソファーです。また、1人用が多いという点を逆手にとって、狭いスペースに自分専用の椅子として設置するために購入するのも良いでしょう。

一粒で二度おいしいソファーベッド

スタンダードタイプのソファーにも寝転がることはできますが、常にベッドと兼用で使いたいなら、選ぶべきはこのソファーベッドです。本体が幾つかに分解できるものも多く、アレンジを楽しめるのもソファーベッドの良いところ。

 

最初からベッドとして使えるように設計されているため、寝心地は他のタイプのソファーよりも格段に上。加えて一つで二つの機能を持っていますから、居住スペースが限られている場合、重宝すること請け合いです。

 

ベッドと兼用したい方やスペース効率を上げたい方だけでなく、不意のお泊り会などに備えて臨時ベッドを用意しておきたいという方にもおすすめのタイプです。もちろん、普通のソファーとして不満なく使える造りをしていますから、ベッド機能はおまけと考えても◎。

足を伸ばせるカウチ

カウチというのは足を伸ばせる椅子のことです。2人がけ以上のソファーでは基本的に足が伸ばせますので、カウチタイプというソファーは実際にはありません。ですが、上で紹介したソファーベッドや、変形して平らになるソファーは、カウチと呼ばれることもあります。

 

特に床に直接置けるローソファーの中にはカウチを名乗るものが多く、実際にローソファーを足を伸ばして寝転がる用途で使う方も多く見受けられます。付属のキット(追加の小さな椅子など)を用いて、「カウチにできる」と表記している商品もあります。

 

足を伸ばしてくつろぎたい方は、ソファーを選ぶ際にカウチという言葉に注意してみると良いでしょう。また、あって損をする機能ではないので、付加価値的なものとしてカウチを狙うのもアリです。

張地の素材で選ぶ

ソファーの表面を覆う生地のことを張地と言います。この張地がどんな素材でできているかによって、ソファーの性格が決まると言っても過言ではありません。

タフでリッチな本革

車のシートやバッグの素材としても、高級なことで有名な本革。この本革は、ソファーの張地としても非常にポピュラーな存在です。価格は高めですが、それに見合ったメリットが沢山あります。

 

見た目の高級感はもちろんのこと、本革は耐久性と通気性に優れ、一年を通して快適に使うことができる張地です。適度なほこり取りやクリームでの手入れは必須ですが、丈夫なため長く維持することが可能。物によっては、本革のソファーは一生ものです。

 

やや高価で維持にも少々手間がかかりますが、それを上回る魅力が本革のソファーにはあります。高級感のある家具を大事に使って行きたい方にぜひおすすめしたい張地です。使い込むごとにツヤが出て、味わい深い手触りと外観になって行くのを楽しんでください。

本革の質感を手ごろに味わえる合成皮革

合成皮革はPUレザーとも呼ばれ、本革に近い質感を安価に楽しめることで人気のある素材です。靴や財布などにも広く使われており、ソファーにも頻繁に採用されています。なじみ深いという方も多いのではないでしょうか。

 

人口素材ゆえに汚れや水に強く、お手入れが簡単なことが合成皮革の張地のメリットです。また、染色しやすいためカラーバリエーションも豊富ですから、インテリアに合わせてぴったりの色を探すことができます。比較的安価なのも、見逃せない美点です。

 

経年劣化しやすいので耐久性は本革と比べて低めですが、日常使用に問題のあるレベルではありません。ですので、リーズナブルにソファーを用意したい方や、メンテナンスの手間を省いてソファーを使いたい方に、合成皮革はおすすめの張地でしょう。

温もりと扱いやすさが売りの布

布素材はファブリックとも呼ばれ、触り心地が自然で温もりを感じられることが大きな特徴です。布を使ったソファーは軽量なことが多く、運びやすいのも大きなメリット。摩擦に比較的強いので、ジーンズなどの固い生地の服で座るのにも気を遣う必要がありません。

 

摩擦に強い反面、水濡れや汚れには弱いので、ラフな扱いにはあまり向いていません。ですが最近のソファーはカバーを外して洗濯できたり、分解して掃除することができるものもあったりするので、布の張地のデメリットはほぼ解消されてきています。

 

自然な肌触りをソファーに求める方におすすめのタイプです。また、このタイプは合成皮革タイプ以上にカラーバリエーションが多いのも特徴で、部屋を彩る家具としては最高の選択肢の一つでしょう。

サイズで選ぶ

ソファーは大きな家具ですから、選ぶ際には住居スペースに搬入できるサイズかどうかを確かめる必要があります。特に集合住宅の場合、入口の大きさを調整できないことが多いですから、注意が必要です。

 

玄関や廊下の幅を見て、そこを通れる程度の大きさのソファーを見つけてください。また、マンションやアパートに運び込む場合には、エレベーターや階段で運べるサイズかどうかも確認する必要があります。

 

サイズを確認したら、導線を確保することも重要です。運搬時にできるだけ余裕のある経路を辿って行くことで、ソファーに傷をつけてしまうことを防ぐためです。ソファーは家具の中でも上級な存在のため、購入前の準備がとても大切なのです。

内部構造で選ぶ

ソファーの座り心地を決めるのは、その内部構造です(構造上、ローソファーにはありませんが)。中でも、高級なソファーに採用されることの多い「ポケットコイルスプリング」は、座り心地と耐久性を兼ね備えているので、予算に合うなら狙うと良いでしょう。

 

「S字スプリング」は「ポケットコイルスプリング」に比べて若干耐久性は落ちますが、硬めな座り心地は安定感抜群です。沈み込むタイプのソファーでは腰が痛くなってしまう方や、落ち着きのある座り心地を求める方におすすめです。

 

スプリングではなくシートをソファーの内部に張ることで、重量を分散する「ウェービング」というタイプもあります。ソファーが大幅に軽量化できる他、ネックだった耐久性も現在ではかなり改善されてきており、価格もこなれていておすすめです。

 

ニトリソファーのおすすめランキング10選

第10位

ニトリ

キッド

価格:7,452円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルな多機能ソファー

この商品はローソファーに分類されますが、背部は6段階、腰部は14段階もリクライニングできるので、リクライニングソファーとすることもできます。また、座面を広げることで、足を伸ばしてくつろげるカウチと呼ばれる形態にも変身できる優れもの。

 

椅子としての利用はもちろんのこと、完全に平らにすることができますから、昼寝用のマットレスとして使うこともできます。そうした意味では、ソファーベッドにも分類できてしまうソファーです。

 

とにかく使い道が多く、それでいて1万円を切る価格ですから、ローソファーを探していて布の張地でも構わないという方にであれば、ぜひおすすめしたい商品です。畳めば簡単に収納できるので、来客用の布団として購入しても良いでしょう。

 

 

幅×奥行き×高さ106×73×57.5cm重量8.12kg
着席可能人数2人タイプローソファー
張地内部構造スプリングやシートは無し
第9位

ニトリ

キャッツ3

価格:24,900円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトな2人がけソファー

こちらは2人がけとしては非常にコンパクトな設計の、どんな大きさの部屋にもマッチしやすいソファーです。全体的に丸みを帯びたデザインを採用しているので、室内の温もりを表現するインテリアグッズとしても映えます。

 

座面はふっくらとしており、S字スプリングの効果もあって座り心地は穏やか。また、脚が付いているので掃除がしやすいこともこのソファーのメリットです。座面下空間は12cmも空いており、ロボットクリナーも入っていけます。

 

柔らかな座り心地をソファーに求める方や、小さめな部屋にソファーを置きたい方、掃除のしやすさを重視してソファーを選びたい方におすすめです。ひじ掛けが丸くて柔らかいため、ここを枕にすることで、小柄な方ならソファーベッドとしても使えます。

幅×奥行き×高さ143×83×81cm重量16.6kg
着席可能人数2人タイプスタンダード
張地内部構造S字スプリング
第8位

ニトリ

ローエン2

価格:34,900円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

上級スタンダードをお手頃に

上でご紹介した「キャッツ」の上級版と言えるのが、こちらの商品です。キャッツの良いところはそのままに、コンパクトさを最大限残しながら、座面を広く取ることで快適性をさらにアップさせています。

 

こちらのソファーは、比較的低価格帯にありながらポケットコイルスプリングを採用している点が特徴です。張地を布とすることでコストを抑え、座り心地と耐久性を両立した高級家具の造りを導入することに成功しています。

 

よりハイクラスなソファーの座り心地をリーズナブルに味わいたい方に、おすすめの一脚です。柔らかいクッションが付属していますから、ポケットコイルスプリングの座り心地が万が一好みに合わない場合でも、安心して普段使いできます。

幅×奥行き×高さ140×78×78cm重量30kg
着席可能人数2人タイプスタンダード
張地内部構造ポケットコイルスプリング
第7位

ニトリ

NリバティーF

価格:21,492円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルな見た目からは想像できない万能選手

質素な椅子に見えますが、これもれっきとしたソファーです。分類としてはソファーベッドになりますが、付属のオットマン(写真の小さな椅子)を使うことで、背もたれを使いながら足を伸ばせるカウチにも変身させることができます。

 

背もたれが4段階で傾き調整できる簡易リクライニング機能に加え、脚を取り外すことができるのでローソファーとしても使うことが可能です。加えて非常に小型ですから、どんな部屋にも置くことができます。

 

シンプルな見た目でありながら、ベッド・カウチ・ローファー・リクライニングと、四通りの使い方ができるソファーです。おまけに、ポケットコイルスプリング採用ソファーとしては安価。便利な椅子が一脚欲しい方には、ぜひおすすめしたいソファーです。

幅×奥行き×高さ71×98×71cm重量26kg
着席可能人数2人タイプソファーベッド
張地内部構造ポケットコイルスプリング
第6位

ニトリ

Nポケット

価格:81,900円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゆったり使える人気モデル

大型のソファーらしいソファーです。大人数で使えるL字型で、比較的広い部屋に置くのに向いているタイプと言えるでしょう。もちろんこの大きさですから、カウチやベッドとして使うことも十分可能です。

 

二つに分解することにより、2人がけ・3人がけのソファーとして分けて使うことができるのがこのソファーの特徴です。カバーを外して洗濯できるので、清潔にしておくことも簡単。スペースさえ許せば、非常に有能なソファーと言えるでしょう。

 

価格は少し高めですが、使い勝手と掃除のしやすさを考慮すればむしろバーゲンプライスです。リビングにも応接間にも合いますから、ソファーを置くのに十分な大きさの部屋を持っている方に、ぜひおすすめしたい一脚です。

幅×奥行き×高さ185×216×75cm重量50kg
着席可能人数4~5人タイプL字型
張地内部構造ポケットコイルスプリング
第5位

ニトリ

Nステイツ

価格:149,000円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本格高級ソファーを20万円以下で

本革仕様の大型ソファーは、通常なら最低でも20万円前後のプライスが付けられるところなのですが、こちらの商品はなんとギリギリ15万円を割る価格で提供されています。ですが、キャメルカラーが採用されていますから、高級感は抜群です。

 

座り心地も手触りもニトリソファーの中では最高峰ですが、長所はそれだけではありません。本体が重量級なことと、床に密着する素材を底面に採用した結果、ソファーの下にほこりが入りづらく、掃除が非常に楽なのです。

 

少し高価ですが、素材が本革なため長く使うことができ、結果的にコスパが非常に高いソファーであると言えます。良いものを手に入れて大事に扱っていきたいと考える方におすすめの一脚です。

幅×奥行き×高さ230×192×86cm重量87kg
着席可能人数4~5人タイプL字型
張地本革(一部合成皮革)内部構造ポケットコイルスプリング
第4位

ニトリ

オース

価格:30,755円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

引き出し付きの便利なソファー

ソファーベッドに分類されていますが、一見スタンダードタイプに見えるのがこちらの商品です。背もたれを前に倒すことにより、クッションに厚みのある寝心地の良いベッドに早変わりします。

 

このソファーの最大の特徴は、座面の下にある引き出し機能です。スペースに余裕のないワンルームなどでは、椅子・ベッド・収納と三通りの役割を果たせるこのソファーが役に立つことは間違いありません。

 

張地は合成皮革ですが、メーカー独自素材の採用により、耐久性は本革とほとんど変わりません。小さな部屋にソファーを置きたい方はもちろん、タンスと兼用でソファーを使いたい方にもおすすめの商品です。

幅×奥行き×高さ190×82×73cm重量40kg
着席可能人数3人タイプソファーベッド
張地合成皮革内部構造ポケットコイルスプリング
第3位

ニトリ

NSクリーン ピュール

価格:54,900円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電動リクライニングタイプとしては破格のソファー

高級ソファーの代名詞、リクライニングソファーの中でも、さらに高級な電動リクライニング機能付きの商品です。が、1人がけであることを考慮しても、5万円程度と非常にリーズナブルな価格で提供されています。

 

張地に使われる耐久性を高めた合成皮革は、6Hの鉛筆の芯で引っかいても傷がつきにくいという丈夫さを誇ります。また、その表面には汚れを落としやすいコーティングが施されているというのですから、ますますお買い得です。

 

リクライニング機能のスイッチは目立たないところに隠れており、インテリアの雰囲気を損なうことはありません。ですので、リクライニングソファーを探している方にはおすすめです。2つセットなら10万円を切る価格ですから、そちらも検討してみると良いでしょう。

幅×奥行き×高さ94×95×94cm重量43kg
着席可能人数1人タイプリクライニング
張地合成皮革内部構造ポケットコイルスプリング
第2位

ニトリ

ビリーバー3

価格:117,720円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本革リクライニングもニトリならリーズナブル

こちらは、電動リクライニング機能を本革ソファーに搭載した、非常に贅沢な商品です。ですが、価格は10万円を少し上回る程度で済んでいます。さすがにニトリの商品だと言えるでしょう。リーズナブルですが、安っぽさはどこにもありません。

 

画像のように、座面を前に倒すとその部分をテーブルとして使うことができます。足元のオットマンを下げれば、もちろん普通のソファーとしても使用可能。また、リクライニングの際に座面がスライドするため、壁から10cmの距離を取れれば設置できることも美点です。

 

大人数でソファーを使うことを想定しない場合、こちらの商品は非常に魅力的な選択肢になります。重たいので木の床に置く際にはカーペットなどを敷いてやる必要がありますが、それが気にならない方にはおすすめです。お店で試しに座ってみるのも良いでしょう。

幅×奥行き×高さ202×96×97cm重量91.4kg
着席可能人数3人タイプリクライニング
張地本革内部構造ポケットコイルスプリング
第1位

ニトリ

タキノウ3

価格:29,900円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

その名の通り、多機能なお買い得ソファー

普通にソファーとして使える他、ベッドにもなる・カウチにもなる・収納スペースもあっておまけにコンパクトと、その名の通り非常に多機能な商品です。加えて張地が布なため、3万円以下という驚きの価格も実現できています。

 

とにかく欲張りなソファーです。付属のスツールは独立して使用できるため、来客時にはテーブルを挟んで話をするべく二つのソファーに分けることも可能。おまけにリクライニングまでできるとなれば、できないことの方が少ないと言っても過言ではありません。

 

用途や条件をあまり考えずに選べる商品なので、ソファーを初めて購入するという方にはぜひおすすめしたい一脚と言えます。また、便利な椅子が欲しい方や、室内のスペースを有効活用したい方にもおすすめのソファーです。

幅×奥行き×高さ194×101×77cm重量63kg
着席可能人数4~5人タイプスタンダード
張地内部構造S型スプリング

ニトリソファーのおすすめ商品比較表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5015110の画像

    ニトリ

  • 2
    アイテムID:5015092の画像

    ニトリ

  • 3
    アイテムID:5015078の画像

    ニトリ

  • 4
    アイテムID:5015057の画像

    ニトリ

  • 5
    アイテムID:5015018の画像

    ニトリ

  • 6
    アイテムID:5014961の画像

    ニトリ

  • 7
    アイテムID:5014894の画像

    ニトリ

  • 8
    アイテムID:5014857の画像

    ニトリ

  • 9
    アイテムID:5014847の画像

    ニトリ

  • 10
    アイテムID:5014818の画像

    ニトリ

  • 商品名
  • タキノウ3
  • ビリーバー3
  • NSクリーン ピュール
  • オース
  • Nステイツ
  • Nポケット
  • NリバティーF
  • ローエン2
  • キャッツ3
  • キッド
  • 特徴
  • その名の通り、多機能なお買い得ソファー
  • 本革リクライニングもニトリならリーズナブル
  • 電動リクライニングタイプとしては破格のソファー
  • 引き出し付きの便利なソファー
  • 本格高級ソファーを20万円以下で
  • ゆったり使える人気モデル
  • シンプルな見た目からは想像できない万能選手
  • 上級スタンダードをお手頃に
  • コンパクトな2人がけソファー
  • リーズナブルな多機能ソファー
  • 価格
  • 29900円(税込)
  • 117720円(税込)
  • 54900円(税込)
  • 30755円(税込)
  • 149000円(税込)
  • 81900円(税込)
  • 21492円(税込)
  • 34900円(税込)
  • 24900円(税込)
  • 7452円(税込)
  • 幅×奥行き×高さ
  • 194×101×77cm
  • 202×96×97cm
  • 94×95×94cm
  • 190×82×73cm
  • 230×192×86cm
  • 185×216×75cm
  • 71×98×71cm
  • 140×78×78cm
  • 143×83×81cm
  • 106×73×57.5cm
  • 重量
  • 63kg
  • 91.4kg
  • 43kg
  • 40kg
  • 87kg
  • 50kg
  • 26kg
  • 30kg
  • 16.6kg
  • 8.12kg
  • 着席可能人数
  • 4~5人
  • 3人
  • 1人
  • 3人
  • 4~5人
  • 4~5人
  • 2人
  • 2人
  • 2人
  • 2人
  • タイプ
  • スタンダード
  • リクライニング
  • リクライニング
  • ソファーベッド
  • L字型
  • L字型
  • ソファーベッド
  • スタンダード
  • スタンダード
  • ローソファー
  • 張地
  • 本革
  • 合成皮革
  • 合成皮革
  • 本革(一部合成皮革)
  • 内部構造
  • S型スプリング
  • ポケットコイルスプリング
  • ポケットコイルスプリング
  • ポケットコイルスプリング
  • ポケットコイルスプリング
  • ポケットコイルスプリング
  • ポケットコイルスプリング
  • ポケットコイルスプリング
  • S字スプリング
  • スプリングやシートは無し

まとめ

いかがでしたか。ニトリソファーの特徴は、品質の良さと低価格を両立しているところです。その種類は様々ですが、購入前に考えをまとめておけば迷う心配もありません。ぜひしっかりと準備をして、自分だけの一脚を見つけてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ