記事ID137214のサムネイル画像

【快適な走行】ビンディングシューズのおすすめ人気ランキング10選

ロードバイクやスポーツタイプの自転車で高速走行を実現するためにはビンディングシューズは必須のアイテムですね。この記事ではビンディングシューズのおすすめ商品をランキング形式で紹介していますので、ご興味のある方は最後までご覧頂くことをおすすめします。

ビンディングシューズで足元を固めよう

自転車は足でペダルをこいで進みますので、脚力の伝わりやすさは非常に重要です。本格的なロードバイクやクロスバイクで、ツーリングやレースによく出られる方なら猶更ですね。少しでも楽に、そして速く走行したいと考えるライダーにおすすめなのがビンディングシューズです。

 

ビンディングシューズとは足の力を車体にしっかりと伝えるように設計された自転車専用の靴で、サイクリングシューズとも言われます。クリートと呼ばれる留め具によってシューズとペダルを固定する仕組みになっており、踏み込んだパワーをダイレクトに車体へ伝えます。

 

シューズとペダルが一体化しているので、踏み込んだ後のペダルを引っ張り上げることも可能です。最初の頃は脱着に少し戸惑うかもしれませんが普通のシューズとは比較できないほど効率的な運転ができますので、長距離・高速走行を楽しみたい方はぜひ活用しましょう。

ビンディングシューズの選び方

自転車走行のキーとなる足の力を最大限に活かすため、自分に合ったビンディングシューズを選ぶことはとても重要です。ビンディングシューズの選定において大事なポイントを紹介します。

穴の数で選ぶ

ビンディングシューズとペダルを一体化させるにはクリート(留め具)が必要です。クリートはシューズ底面についており、固定するネジ穴の数はシューズにより異なります。

2穴タイプ

2穴タイプはSPDタイプとも呼ばれマウンテンバイク用のシューズがメインとなっています。ネジ穴の数としては最も少ないため後述する3穴タイプと比較してもクリートは小型になっています。ビンディングシューズではありますがウォーキングシューズとしても使えます。

 

ビンディングシューズ特有のクリート部分が小さい分、普通のシューズの感覚に近い初心者向けのタイプとも言えるでしょう。着脱が簡単で履きやすいことからカジュアル向けの2穴タイプも最近では多く販売されています。街乗りが多い方におすすめできるタイプですね。

 

ただしクリートは小さいですがシューズ全体の重量は重いものが多いです。またネジ穴が少ないためホールド力が弱く、走行中に外れる可能性も0ではありません。普段使いとのバランスが良い分、純粋な自転車走行時の性能は3穴以上のシューズには劣ります。

3穴タイプ

3穴タイプは「SPD-SL」と呼ばれるタイプで、クリートを固定するネジ穴が3つあるので固定力が強いのが特徴です。自転車の世界大会であるツールドフランスの選手のために開発されたもので、ロードバイクをはじめとするスピードを重視したライディングに使用されます。

 

SPD-SLは履いたまま歩くことを想定しておらずライディング専用として設計されています。そのため2穴タイプ(SPD)に比べてクリート部分は大きいですが、全体としては軽量です。SPD-SLはSPDと比較して100-200gほど軽めに作られていますので走行の妨げになりません。

 

ソール(靴底)が頑丈な構造になっていますのでペダルを思いきり踏み込むことができ、パワーがダイレクトに伝わります。ホールド力に優れるため高回転のペダリングを実現できます。ウォーキングには使えませんが、ツーリングやレースに出場される方におすすめです。

4-5穴タイプ

4本以上のビスで固定するビンディングシューズです。4穴タイプは「SPEEDPLAY」と呼ばれる規格にのみ対応しています。SPDやSPD-SLに比べてアイテム数は少ないですが非常に高い固定力を誇ります。中には2-3穴に流用できるタイプもあります。

 

SPEEDPLAYの場合はスペーサー(クリートに挟み込む板)を使わずに取り付け可能です。そのためペダルと足の一体感がさらに増し、踏み込んだ力が伝わりやすくなります。ビンディングシューズも軽量なので少しでも装備を軽くしたいという方におすすめです。

 

ちなみにSPEEDPLAYは歩行用のクリートカバーを装着すればウォーキングにも使えます。ビンディングシューズは穴の数が多いほど値段が高くなってきますので、2-3穴タイプを強化したい方は4-5穴に変換するスペーサーなどを試してみてはいかがでしょうか。

締め方の種類で選ぶ

スニーカーの靴紐のように、ほとんどのシューズには履いた後に足にフィットさせる機構が備えられています。ビンディングシューズの締め上げに使われる主な方式を3つ紹介します。

バンドタイプ

バンドタイプは独立した2-3本のベルトで締めるビンディングシューズです。着脱が簡単なベルクロ(マジックテープ)やラチェット式バックルを用いたモデルが多く、3つの調整タイプの中でも最もメジャーな締め方です。多くのメーカーのエントリーモデルに採用されています。

 

ベルクロタイプは脱着が簡単で手軽に調整が可能です。バンド数は2-3本のモデルが主流で、価格的にもお求めやすいですが長年使っているとテープ面の固定力が弱まってきます。バックルタイプは走行中の調整はし辛いものの、ホールド力が強くズレにくいのが特徴です。

 

使いやすい上に固定部分が分散されているので足の形に合わせたホールドが可能で、長時間の着用でも足への負荷が少ないのがバンドタイプのメリットと言えるでしょう。しかし足の形状次第では十分な固定感を得られないというデメリットもあります。

ダイヤルロックタイプ

長年主流であったバンドタイプに取って代わりつつあるのがこのダイヤルロック式のビンディングシューズです。スノボーのブーツのように、内蔵されたワイヤーをダイアルで締めることにより締め方を調整するタイプです。基本的に3穴タイプ(SPD-SL)に採用されています。

 

片手でダイアルを回すだけで操作できるので、走行中の微調整もできるのが大きなメリットですね。競技出場者もこのダイアルロックタイプを好む傾向があります。ワイヤーが不具合を起こすと修理するのは困難ですが、内蔵されているので元々故障や経年劣化には強いです。

 

しかしワイヤーは多くても2箇所までなので、部分的な調整が難しくバンドタイプほどのホールド感は得られません。ベルクロやバックルと併用されることも多いので、バンドタイプのメリットも取り入れたい方は複合的なビンディングシューズを選ぶのも良いでしょう。

シューレスタイプ

シューレスタイプは通常のウォーキングシューズやスニーカーのように靴紐で調整する方式です。そのためシューレス方式の殆どが、日常での歩行も兼ねた2穴タイプ(SPD)のビンディングシューズです。3穴タイプ(SPD-SL)での販売も最近は増えていますが、まだまだ少数派です。

 

締め上げが大雑把なバンドタイプやダイアルロックタイプに比べて、より細かな調整が可能でユーザーの足の形を選ばないのがメリットです。固定力を部分的に変えることができ、圧迫感も分散されるので長時間着用しても足へのストレスが少ない点が優れています。

 

デザインもスニーカーに近いため、運動靴の感覚で気軽に履いて出かけることができます。しかし靴紐を結んで固定するためライディング中の調整は出来ませんし、紐が長いとペダルに絡まって思わぬ大事故につながる可能性もあります。紐は短く纏めるようにしましょう。

メーカーで選ぶ

サイクリング関連のメーカーを揃えたり、人気ブランドのビンディングシューズを使いたい方もいらっしゃるでしょう。ビンディングシューズのメーカーとして有名なものを3つ紹介します。

Lintaman(リンタマン)

カナダ人の元プロサイクリストであるクリス・リンタマンが手掛けているブランドです。同氏が現役時代に支給されるシューズが足に合わなかった経験を活かして、「シューズに自分を合わせるのではなく、自分にシューズを合わせる」というコンセプトでシューズを開発しています。

 

一般的なシューズは横方向の調整のみですが、リンタマンのビンディングシューズは縦方向の調整システムも搭載しています。ケブラーワイヤーの掛け具合を調整することで、足の形やソックスの分厚さなどあらゆる形状パターンに1足で対応する柔軟性を備えています。

 

かつてのクリス・リンタマン氏のようにビンディングシューズが足に合わないという方におすすめです。リンタマンのシューズならその悩みを解決してくれるでしょう。これほどの機能を持ったシューズがお求めやすい価格(2ダイアルで2万円前後)で購入できるのも嬉しいですね。

Giro(ジロ)

ジロは自転車用のヘルメットで有名なアメリカのメーカーです。美しいプロダクツデザインがユーザーから人気で、そのスタイルはビンディングシューズにも活かされています。ビンディングシューズとしては少し珍しいシューレース式を多く採用しているのも特徴です。

 

特にシューレース式の3穴タイプのロードシューズはクラシカルなデザインも相まって業界でも注目を浴びているシリーズです。ハイスペックモデルになりますとソールに6.5mmのカーボンが使われているので、軽さ・剛性・力の伝導性に優れた設計となっています。

 

アッパー素材をモデルによって細かく使い分けていたり足裏のアーチ部分の交換用パーツを幅広く取り揃えているのも、ユーザー目線を第一に考えたジロならではのこだわりです。エントリーモデルのバンドタイプのラインナップも豊富ですが、他社製よりはやや高価です。

Fizik(フィジーク)

フィジークは自転車サドルをメインとしているイタリアのブランドです。ビンディングシューズの販売は2010年からスタートしていますので歴史は浅いですが、プロのレーサーからアマチュアのサイクリング愛好者まで多くのユーザーに親しまれています。

 

熟練の職人たちが作った高品質のモデルをお求めやすい価格(1ダイアル式:15,000-20,000円)で提供しているのも人気の要因となっています。細身で欧米向けのEURO-Fitと、日本人向けの幅が広いG-Fitの2種類のシリーズが展開されているのも魅力的ですね。

 

全体に通気孔を設けたデザインや、細かい調整が可能なダイアル「BOA IP1」システムなどフィジーク特有の機能性も高く評価されています。外観もシンプルでスタイリッシュなのでおすすめですが、表記サイズより実際はやや大きいとのレビューもありますので注意しましょう。

ビンディングシューズの人気ランキング10選

第10位

Santic

ビンディングシューズ

価格:6,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手頃なサイクリングシューズ

先進的でカラフルなバンドタイプのビンディングシューズです。フィット感と通気性を兼ね備えたアッパー素材を使っており快適な履き心地を長時間持続させます。SPDシステムに対応しておりロックの可動範囲も広いため様々なペダルに装着可能です。

 

ソール素材は軽くて耐久性に優れるため、長距離ラインディングの妨げにならず踏み込んだ力をダイレクトにペダルに伝えます。安価でコストパフォーマンスに優れたビンディングシューズです。

サイズ24.5-27.5cm重量725g
タイプSPDカラー展開4
第9位

SANTIC(QUANZHOU) SPORTS CO.LTD

ビンディングシューズ 2A

価格:9,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

効率的なペダリングをサポート

ダイアルタイプのSPD-SLビンディングシューズです。アッパー素材はフィット感と通気性を兼ね備えており長時間のライディングでも快適な履き心地を維持できます。ソールは軽さと剛性に優れた炭素繊維を採用しているので、力強いペダリングを実感できるでしょう。

 

中国のメーカーですが、アパレルはプロチームでも採用されるほど品質の高い製品を提供しています。比較的安価なので初心者のビンディングシューズとしてもおすすめです。

サイズ24.5-27.5cm重量-
タイプSPD-SLカラー展開3
第8位

Giro(ジロ)

Savix ロードシューズ

価格:16,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

快適性と汎用性を兼ね備えたモデル

真っ白なデザインが美しいこちらはアメリカの人気サイクルブランド「ジロ」のビンディングシューズです。締め上げ時に1mm単位での調整が可能なBoa L6ホイールと独立バンドを併用したシステムを搭載してます。

 

フィット性に富んでいますが、大きめのサイズのみの取り扱いとなっていますので注意しましょう。

サイズ27.0-29.0cm重量310g
タイプSPD-SL/SPDカラー展開1
第7位

シマノ(SHIMANO)

CT5 ビンディングシューズ

価格:6,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

歩行にも使える多機能モデル

ウォーキングシューズのようなフォルムのこちらは安心の日本メーカー「シマノ」のビンディングシューズです。シューレースを用いて調整するタイプのSPDモデルで、サイクリングだけでなくハイキングやトレイリングにも使用可能です。

 

用途が広いのでどこへでも気軽に履いて頂けますが、アスファルトに凹凸があるとクリートがぶつかり、衝撃音が気になる場合があります。

サイズ23.8-28.5cm重量347g
タイプSPDカラー展開4
第6位

シマノ(SHIMANO)

RC7 ロード・コンペティション

価格:20,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

豊富なサイズ展開と超軽量

自転車用品で非常に有名な国内メーカー「シマノ」のビンディングシューズです。メンズ・レディースに幅広く対応したサイズ展開と250gを切る軽さが人気のSPD-SLタイプです。無駄を削ぎ落したスタイリッシュなフォルムが美しいですね。

 

カラーも三色ありますので好きな色を選んで頂くことができます。3穴タイプですが、2穴には対応しておりませんのでご注意ください。

サイズ23.8-30.5cm重量245g
タイプSPD-SLカラー展開3
第5位

CHROME

TRUK PRO

価格:13,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

まるでオシャレなスニーカー

VANSのスケートシューズのようなこちらは、SPD(2穴)タイプのビンディングシューズです。スタイリッシュなデザインなので、アウトドアはもちろん街歩きのようなカジュアルなファッションにもマッチする万能なシューズです。

 

スニーカー感覚で気軽に履いていけますね。もちろんビンディングシューズとしても高性能で、カカトのホールド性も強くペダリング時のパワーのロスを抑えます。

サイズ25-29cm重量-
タイプSPDカラー展開2
第4位

Giro

Rumble VR Bike Shoes

価格:18,698円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

通気性に優れた合成メッシュ採用

ハイキングシューズのようなオシャレなこちらは人気のアメリカブランド「GIRO」のビンディングシューズです。シューレース式のSPD(2穴)タイプとなっており、普段の外出にも気軽に履いている使いやすいモデルです。

 

ビブラムソールを使っており歩行性能も優れています。街歩きと軽めのライディング両方に使える汎用性の高いビンディングシューズをお求めの方におすすめです。自転車を含めたアウトドア全般に使える万能シューズです。

サイズ26.5-28.5cm重量425g
タイプSPDカラー展開5
第3位

LINTAMAN(リンタマン)

ADJUST ROAD COMP

価格:21,384円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サイクルヨシダのオリジナルカラー

さわやかな水色が印象的なこちらは、各々のユーザーの足への適合をテーマとした「リンタマン」のビンディングシューズです。こちらは3穴・2穴のどちらにも対応しているタイプで、通常のラインナップにはないサイクルヨシダの別注オリジナルカラーとなっています。

 

履き心地はもちろん目立つカラーはデザイン性にも優れる上、薄暗い状況でのクルマからの視認性も高くなります。ビンディングシューズのサイズ感にしっくり来ていない方におすすめです。

サイズ25.3-27.3cm重量-
タイプSPD-SL/SPDカラー展開1
第2位

Fizik(フィジーク)

R4B UOMO BOA 41.5

価格:22,045円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イタリアの職人がプロデュース

自転車関連のグッズで有名なイタリアブランド「フィジーク」のビンディングシューズです。オールブラックのこちらはSPD-SLタイプの26.5cmサイズとなっております。ソールにはカーボン強化ナイロンを採用しており軽さと頑丈さを兼ね備えています。

 

アッパー素材にはマイクロテックスを用いており通気性とほどよいホールド感を実現しています。フィット性に優れておりレビューでも好評のビンディングシューズです。

サイズ26.5cm重量260g
タイプSPD-SLカラー展開1
第1位

LINTAMAN(リンタマン)

ADJUST ROAD PRO SPEEDPLAY

価格:29,646円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サイクリストの悩みを解決

ユーザーの足に合うシューズづくりをコンセプトとしている「リンタマン」のSPEEDPLAYビンディングシューズで、こちらはオールブラックモデルです。一般的なシューズにはない縦方向へのサイズ調整が可能な斬新なシステムを搭載しています。

 

ケブラーワイヤーを引っ掛けることにより、個人の足の形状や左右の筋肉量の違いに合わせた調整ができます。伸縮性と通気性に優れたメッシュ素材をつま先に採用し、快適な履き心地が長時間持続する設計になっています。

サイズ24.6-28.6cm重量256g
タイプSPD-PLAYカラー展開1

ビンディングシューズのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5011879の画像

    LINTAMAN(リンタマン)

  • 2
    アイテムID:5011923の画像

    Fizik(フィジーク)

  • 3
    アイテムID:5011945の画像

    LINTAMAN(リンタマン)

  • 4
    アイテムID:5011962の画像

    Giro

  • 5
    アイテムID:5011974の画像

    CHROME

  • 6
    アイテムID:5011992の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 7
    アイテムID:5012007の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 8
    アイテムID:5012022の画像

    Giro(ジロ)

  • 9
    アイテムID:5012034の画像

    SANTIC(QUANZHOU) SPORTS CO.LTD

  • 10
    アイテムID:5011863の画像

    Santic

  • 商品名
  • ADJUST ROAD PRO SPEEDPLAY
  • R4B UOMO BOA 41.5
  • ADJUST ROAD COMP
  • Rumble VR Bike Shoes
  • TRUK PRO
  • RC7 ロード・コンペティション
  • CT5 ビンディングシューズ
  • Savix ロードシューズ
  • ビンディングシューズ 2A
  • ビンディングシューズ
  • 特徴
  • サイクリストの悩みを解決
  • イタリアの職人がプロデュース
  • サイクルヨシダのオリジナルカラー
  • 通気性に優れた合成メッシュ採用
  • まるでオシャレなスニーカー
  • 豊富なサイズ展開と超軽量
  • 歩行にも使える多機能モデル
  • 快適性と汎用性を兼ね備えたモデル
  • 効率的なペダリングをサポート
  • お手頃なサイクリングシューズ
  • 価格
  • 29646円(税込)
  • 22045円(税込)
  • 21384円(税込)
  • 18698円(税込)
  • 13500円(税込)
  • 20000円(税込)
  • 6000円(税込)
  • 16800円(税込)
  • 9980円(税込)
  • 6880円(税込)
  • サイズ
  • 24.6-28.6cm
  • 26.5cm
  • 25.3-27.3cm
  • 26.5-28.5cm
  • 25-29cm
  • 23.8-30.5cm
  • 23.8-28.5cm
  • 27.0-29.0cm
  • 24.5-27.5cm
  • 24.5-27.5cm
  • 重量
  • 256g
  • 260g
  • -
  • 425g
  • -
  • 245g
  • 347g
  • 310g
  • -
  • 725g
  • タイプ
  • SPD-PLAY
  • SPD-SL
  • SPD-SL/SPD
  • SPD
  • SPD
  • SPD-SL
  • SPD
  • SPD-SL/SPD
  • SPD-SL
  • SPD
  • カラー展開
  • 1
  • 1
  • 1
  • 5
  • 2
  • 3
  • 4
  • 1
  • 3
  • 4

まとめ

いかがでしたでしょうか。ビンディングシューズに限らずシューズ全般に言えることですが、足のサイズに合ったモデルを選ぶことは非常に大事です。同じ製品を試し履きするのが理想ですが、ネットショップだとそうはいきませんのでサイズ・レビューは必ず確認しましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ