記事ID137212のサムネイル画像

【タープ】人数や形状で選ぶおすすめタープ人気ランキング10選

おすすめするタープは、天候に左右されやすい屋外でのBBQやキャンプで、強い日差しや急な雨から守れる機能が充実しているのがポイント。シーンにあわせたタープの選び方や、まざまな形状のタープの特長を解説しながら、おすすめタープを紹介していきます。

タープは天候から身を守ってくれる必須アイテム

これから夏に向けて、外でBBQやキャンプ、運動会などの機会が多くなります。屋外では天候に左右されがちですが、タープやシェードがあれば、強い日差しや突然の雨からも、しっかり守ってくれます。

 

タープには、形状やサイズがあり、キャンプ場でよく使われる、ヘキサタープレクタタープ、虫を寄せ付けないスクリーンタープ、手軽に設営できるワンタッチタープ(シェード)、車と接続して張ることができるカーサイドタープなど用途やシーンに応じて、さまざまです。

 

ここでは、数多くあるタープ種類を用途にあわせた使い方や、タープ生地の耐水圧や遮光性、難燃性の機能性についても解説しながら、あなたに合うタープ探しの参考になる、おすすめのタープを紹介します。

タープの選び方

タープの選び方は、人数や用途、性能など選ぶポイントはいくつかあります。ここでは、事例をあげながら、ケースにあった選び方とタープの生地の性能についても説明していきます。

人数で選ぶ

屋外で活動する際には、家族や友人など人数もいろいろと変わります。大は小を兼ねるとは言いますが、不必要に大きいタープを選ぶと、持ち運びに苦労したり、設置場所に困るケースもあるため、最も多く使うシーンを想定してタープを選びましょう。

大人数(10人前後)でつかえるタープ

2、3家族や、友人など10人前後の大人数で集まるイベントを催すことが多いなら、レクタタープがおすすめです。それは、タープが大きいため、その分しっかりと影を作ることができるからです。10人程度ならタープ下に十分収まることができます。

 

レクタタープは、屋根のような形状で6本のポールで設営します。強い日差しや雨からも、しっかりと守れるため満足度は高いでしょう。ただし、サイズが大きい分、ポールの本数も多く、ロープで張り、ペグで固定する必要もあるので、上級者向けとも言えます。

少人数(4~5人)でつかえるタープ

3、4人家族や少人数の仲間と屋外で楽しむなら、ヘキサタープがちょうど良いサイズです。ヘキサという名の通り、6角形の形のタープで、2本のメインポールで設営することができます。初心者でも一度覚えれば簡単に立てられますが、別途ペグやハンマーが必要です。

 

ヘキサタープは、内容物が少ないため、まだ持ち運びは楽ですが、タープ面積が小さいく、太陽の角度により日かげの部分が、思うようにタープ下に落ちない場合があるため、張り方には工夫が必要です。

ソロ(1人用)でつかうタープ

家族とキャンプへ行くより、1人で気兼ねなくキャンプができるソロキャンプの人気が高くなっています。その盛り上がりから、持ち運びが楽で、撤収も素早くできる1人用のタープが各メーカーから登場しています。

 

1人用タープのため、日かげになる面積は少なめですが、ポール1本で設営できる手軽さと撤収が素早くできるのが最大のメリットです。また、ソロキャンプでは、焚き火を楽しむ人も多く、そのため火の粉がタープに飛んでも安心なポリコットン製の生地のものが人気です。

用途で選ぶ

タープにもさまざまな種類があります。利用シーンにあわせて選ぶと、後悔しないでしょう。ここでは、想定されるタープの実用例をみながら解説していきます。

大きい日かげをつくりたい

夏場のキャンプ、BBQなどでは、屋外で日差しが気になる季節です。紫外線だけでなく熱中症になる危険性もあります。そんな強い日差しから守ってくれるのがタープですが、人数に対応した大きさと、使用されている生地の性能もチェックしましょう。

 

まず、タープ生地は色が濃いものを選びましょう。濃い色の方が日光を吸収するからです。また、UVカットや遮光性の高い特殊な加工のタープも数多く登場しています。日かげの面積を大きく確保したいなら、レクタタープや、スクリーンタープを選ぶといいでしょう。

虫が嫌い

夏場にキャンプに行くと、特に懸念されるのが「虫」の存在です。虫が苦手な子供や女性は、多いのではないでしょうか。蚊取り線香も屋外では、なかなか効果が発揮しづらいというのが実情かもしれません

 

そんな時に役立つのが、スクリーンタープです。このタープは、フレームが入った自立型で、テントのような外見です。メッシュにより、虫が入ってくるのを防ぎ、通気性も確保できるメリットがあります。

 

虫以外でも天候による影響を受けにくく、テントと連結ができるなどメリットも多い反面、設営には手間と時間がかかります。キャンプ場での使用が目的なら、購入も検討してもいいでしょう。

海水浴や運動会で使いたい

海水浴や運動会など、広いスペースが取れない場所で、設営も短時間で行わないといけない状況では、ワンタッチで開けるシェードが便利です。収納袋から出して広げるだけで、フワッと開いてくれる製品もあります。

 

簡単に設置でき、持ち運びは手軽なので非常に便利です。ただし、簡易型のシェードのため、強風には弱いというデメリットもあります。強風に備えて、地面にペグで打ちつけるか、重しで飛ばないようにすることで対応しましょう。

バーベキューで使いたい

バーベキューで使うなら、キャンプ場のように場所がある場合は、人数に合わせて開放感のあるスクエアタープで問題ありませんが、人がひしめき合う公園など、広い場所がとれない場合は、4本脚で自立する自立型タープ(シェード)が便利でしょう。

 

タープのようにロープで、テンションを掛けて張る必要がなく、設営もポールを組み立てるだけの簡単設営が可能です。ただし、背が高いため、太陽の角度によっては、影が出にくい場合は、サイドシートを取り付けることで対処ができます。

機能で選びたい

タープは一見、シンプルな構造なので、設置さえできれば、それで十分という方もいると思いますが、遮光性や耐水圧などタープの生地の加工や、厚みなどもしっかりチェックした上で、タープを購入すると後々後悔は少ないでしょう。

遮光性

タープの性能で最も気になるのが、太陽の強い日差しから守る「遮光性」でしょう。タープの生地が濃いカラーの方が、日光を吸収するので遮光性が高いといえます。

 

さらに、タープの生地に厚みがあるほど、遮光性は高くなります。厚みを表す数値として、ポリエステルは、D(デニール)、ナイロンはT(タフタ)の単位で記載されており、数値が大きくなる方が厚く、遮光性は高いといえるでしょう。

 

遮光性を重視するなら、コットンやポリコットンの糸が太いので、濃い影を作りやすい素材といえるでしょう。

耐水性

野外だと突然の豪雨に遭遇することもあります。雨漏りが心配になりますがそんな時は「耐水圧」の数値をチェックしましょう。耐水圧とは、タープの生地のに1cm四方に水を上を注いだ時、何mmの高さまでは、水が漏れないという数値です。

 

もちろん、この数値が高いほど耐水圧に優れているといえますが、耐水圧が高すぎると、通気性が悪くなるため、耐水圧は、およそ1500mm~2000mmが目安に選ぶと良いでしょう。

難燃性

屋外では、BBQや焚き火で火を使うことが多いですが、火の粉が飛んでタープの生地に穴が空くのではと、心配になった方もいると思います。その場合、難燃性の高いコットンやポリエステルの混紡素材「ポリコットン」を使ったタープを選ぶと安心です。

 

難燃性の素材は、あくまでも「燃えにくい素材」という意味で、不燃(燃えない)ことではありませんので、火を近づけすぎないよう使い方には気をつけましょう。

安いタープでも効果はアリ

初心者の方は、タープの必要性がわからず、つい購入を後回しにしがちなのがタープです。特に夏は、強い日差しを遮る役目として、熱中症や日焼けから守ってくれる重要な道具のひとつです。

 

安いタープでも機能性に優れ、1万円を余裕で切るリーズナブルなタープもたくさん登場しています。最初は無理をせず予算に応じたタープで十分です。使用感がわかることで、買い換えるときに参考になるでしょう。

タープおすすめ10選

第10位

小川キャンパル 

カーサイドタープ AL

価格:22,578円(税込)

amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クルマの居住性を活かせるタープ

おすすめランキング10位にランクインしたのは、小川キャンパルのカーサイドタープALです。キャンプなどでは、大きめのワンボックスカーで移動する人にとっては、車のルーフに接続して、リビングスペースとして有効活用することができます。

 

サイドだけでなく、跳ね上げたリアゲートに取り付けも可能です。アスファルトでペグが打ち込めない場合は、付属のアンカーバッグに重しとなる砂や水の入ったペットボトルを入れ固定することができます。車での移動が多い方にはおすすめのタープです。

サイズ幅250×奥行170×高さ220cm素材フライ:ポリエステル75d メッシュ:ポリエステル フレーム:6061アルミ合金
耐水圧1000mm加工テフロン加工/UVカット加工/シームシール加工
重量約2.5kg
第9位

コールマン(Coleman)

ILスクリーンIGシェード

価格:8,960円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持ち運びや設置もカンタンなシェード

おすすめランキング9位にランクインしたのは、コールマン スクリーンIGシェードです。海水浴やピクニック、運動会など、限られたスペースでもコンパクトで、組み立ても手軽にできる非常に使いやすいシェードです。

 

4面をフルオープンにでき、開放的で風通しを良くすることができます。逆に全面をフルクローズすることもできるため、シェード内で着替えをすることもできます。海水浴や運動会などでは、非常に便利です。家族でのお出かけにはおすすめのシェードです。

サイズ約210×180 ×120(h)cm素材シェードスキン:68Dポリエステルタフタ  フロアシート:ポリエチレン
耐水圧約1500mm加工UVPRO、PU防水
重量約3kg
第8位

スノーピーク(snow peak)

ライトタープ"ペンタ" シールド

価格:12,744円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソロキャンプにはちょうど良いサイズと性能

おすすめランキング8位にランクインしたのは、スノーピークのライトタープ"ペンタ" シールド です。最近人気のソロキャンプ向けに作られた形状が5角形の1人用のタープで、1本のポール、または、パドルやウォーキングポールなどで設置することができます。

 

生地には、スノーピーク独自のシールド加工が施されており、強い日光でも濃い影を落とすことで体感温度も低く感じることができます。テントとの連結も可能で、幅の広い使い方が可能です。ソロ向けキャンプには、おすすめのタープです。

サイズ約320×400cm素材75Dポリエステルタフタ、遮光ピグメントPUコーティング
耐水圧1800mm加工UVカット加工、テフロン撥水加工
重量790g
第7位

コールマン(Coleman)

インスタントバイザーシェード M

価格:7,630円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バーベキューに最適なカンタン設営

おすすめランキング7位にランクインしたのは、コールマンのインスタントバイザーシェードMです。このタープは、自立するシェードで、初心者にも簡単に設営することができます。特にBBQや庭での日かげを作るには最適のシェードです。

 

このシェードは背が高いため、日差しが斜めから差し込む場合もありますが、別売りのサイドシートを側面につけることで、対処ができます。また風で倒れる場合もあるので、ペグで地面にしっかり固定すると安心です。

サイズシェード:約270×270cm フレーム:約220×220×250(h)cm素材シェード:150Dポリエステルオックスフォード  フレーム:スチール
耐水圧加工UVPRO、PU防水、シームシール
重量13kg
第6位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

サンシェルター オルディナ ヘキサ タープ

価格:6,130円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパと特長的なカラーはファミリーキャンプに最適

おすすめランキング6位にランクインしたのは、キャプテンスタッグのサンシェルタータープです。このタープは、4~6人程度の家族でのキャンプや少人数のBBQなどでは、使いやすいサイズです。紫外線を95%カットするUV加工も施されており、強い日差しでも安心です。

 

また、ポールを増やせば、さまざまなバリエーションで張ることに挑戦できます。価格も1万円を余裕で切る価格で、コストパフォーマンスにも優れています。ヘキサタープに挑戦したい方には、おすすめです。

サイズ400×420cm素材ポリエステル70D
耐水圧1000mm加工紫外線95%のUV-PROTECTIONコーティング
重量3kg
第5位

tent-Mark DESIGNS

焚火 タープ TC ウィング

価格:26,784円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

焚き火を楽しみたいキャンパー向けタープ

おすすめランキング5位にランクインしたのは、テンマクデザインの焚火タープ TC ウィングです。このタープは、難燃性のシートを取り付ければ、このタープの下で焚き火ができるというのが特長です。

 

キャンプに頻繁にいく方は、雨で仕方なくタープ下で焚き火をせざる得ない経験があると思いますが、このタープなら、混紡素材のポリコットン」の生地でできており、さらに難燃シートを組み合わせることで、気兼ねなく焚き火をすることができます。

 

初めてタープを購入する初心者向けというよりは、中級者以上のキャンパーで、焚き火を楽しみたい人には、外せないのタープでしょう。

サイズ560×580cm素材本体生地:コットン混紡生地(ポリエステル65%コットン35%)
耐水圧加工撥水加工
重量3.3kg
第4位

コールマン(Coleman)

スクリーンキャノピージョイントタープ3

価格:23,620円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あらゆる天候に強いスクリーンタープ

おすすめランキング4位にランクインしたのは、コールマンキャノピージョイントタープ3です。このタイプは「スクリーンタープ」と言われ、自立型で4面すべて締め切ることができるタープです。

 

コールマンのテントと連結できるように設計されており、リビングスペースとしても使用できます。また、4面をフルオープンにすると開放感があり、メッシュで締め切ると虫の侵入を防ぎます。虫が苦手な子供や女性には有り難い構造です。

 

強い日差しや雨風にも強く、これからキャンプに挑戦したいが、虫が苦手という家族なら、迷わず購入してもいいでしょう。

サイズ約320×340×215(h)cm素材75Dポリエステルタフタ
耐水圧約1200mm加工UVPRO、PU防水
重量11.3kg
第3位

KERUN

ポータブル タープ

価格:9,597円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量で高機能のタープ生地は使いやすさ抜群

おすすめランキング3位にランクインしたのは、KERUN ポータブルタープです。このタープは、少人数向けの3~4人用です。重量も軽く驚きの440gで、収納袋に入れると約25cmほどになり、持ち運びには非常に便利です。

 

また、タープの利点でもある張り方のバリエーションを豊富に変えられ、上級キャンパーで、状況に応じて張り方を楽しみたい人にはピッタリのタープです。

 

耐水圧が3000mmを誇る高性能の生地が使用されています。ポールは付属していませんが、ペグとロープは付属で1万円を切る価格はコストパフォーマンスに優れており、ソロキャンプには最適です。

サイズ約350cm×300cm素材15D両面シリコンオイル生地
耐水圧3000mm加工UV加工
重量440g
第2位

ロゴス(LOGOS)

neos ドームFITレクタ

価格:14,432円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大人数で集まるならやっぱりレクタタープ

おすすめランキング2位にランクインしたのは、ロゴス neos ドームFITレクタです。10名は入れる大きさなので、大人数でのBBQやキャンプでは、非常に重宝するレクタタープです。

 

組み立てには、6本ポールとその大きさゆえ、慣れるまでは、1人での設営は厳しいかもしれませんが、しっかりと影が作れ、日差しが強くて安心感もあるレクタタープのメリットを感じることができます。

 

また、難燃性の生地を使用しているため、BBQや焚き火などで舞い散る火の粉で焦げる心配少なくてすみます。大きさや機能を考慮しても、コストパフォーマンスには優れており、屋外で大人数のBBQやキャンプをするならおすすめのタープです。

サイズ500×360×230cm素材難燃性ポリエステルタフタ
耐水圧2000mm 加工UVカット加工、テフロン撥水加工
重量9.8kg
第1位

スノーピーク(snow peak)

HDタープ"シールド" ヘキサ L

価格:51,624円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高品質&スタイリッシュなシルエットが魅力

おすすめランキング1位にランクインしたのは、スノーピーク R HDタープ "シールド"ヘキサ Pro です。シルエットはスノーピークらしい洗練されたシルエットが目を引くタープです。

 

スノーピーク独自の日差しを遮るシールド加工が施されています。そのため、タープ下の体感温度を低く感じることができます。また、耐水圧も3000mmと高性能で、テフロン撥水加工もされているため、雨には強い仕様になっています。

 

2本で立てるヘキサタープとしては、見た目のデザインや機能においては、最高レベルの品質といえるでしょう。値は張りますが品質が高く本格的なプロ仕様のタープがほしいと言う方にはおすすめです。

サイズ1120×690cm 素材210Dポリエステルオックス、遮光ピグメントPUコーティング
耐水圧3000mm加工UVカット加工、テフロン撥水加工
重量9.8kg

タープのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5013018の画像

    スノーピーク(snow peak)

  • 2
    アイテムID:5013012の画像

    ロゴス(LOGOS)

  • 3
    アイテムID:5013006の画像

    KERUN

  • 4
    アイテムID:5012999の画像

    コールマン(Coleman)

  • 5
    アイテムID:5012992の画像

    tent-Mark DESIGNS

  • 6
    アイテムID:5012980の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 7
    アイテムID:5012974の画像

    コールマン(Coleman)

  • 8
    アイテムID:5012915の画像

    スノーピーク(snow peak)

  • 9
    アイテムID:5012899の画像

    コールマン(Coleman)

  • 10
    アイテムID:5011455の画像

    小川キャンパル 

  • 商品名
  • HDタープ"シールド" ヘキサ L
  • neos ドームFITレクタ
  • ポータブル タープ
  • スクリーンキャノピージョイントタープ3
  • 焚火 タープ TC ウィング
  • サンシェルター オルディナ ヘキサ タープ
  • インスタントバイザーシェード M
  • ライトタープ"ペンタ" シールド
  • ILスクリーンIGシェード
  • カーサイドタープ AL
  • 特徴
  • 高品質&スタイリッシュなシルエットが魅力
  • 大人数で集まるならやっぱりレクタタープ
  • 軽量で高機能のタープ生地は使いやすさ抜群
  • あらゆる天候に強いスクリーンタープ
  • 焚き火を楽しみたいキャンパー向けタープ
  • コスパと特長的なカラーはファミリーキャンプに最適
  • バーベキューに最適なカンタン設営
  • ソロキャンプにはちょうど良いサイズと性能
  • 持ち運びや設置もカンタンなシェード
  • クルマの居住性を活かせるタープ
  • 価格
  • 51624円(税込)
  • 14432円(税込)
  • 9597円(税込)
  • 23620円(税込)
  • 26784円(税込)
  • 6130円(税込)
  • 7630円(税込)
  • 12744円(税込)
  • 8960円(税込)
  • 22578円(税込)
  • サイズ
  • 1120×690cm
  • 500×360×230cm
  • 約350cm×300cm
  • 約320×340×215(h)cm
  • 560×580cm
  • 400×420cm
  • シェード:約270×270cm フレーム:約220×220×250(h)cm
  • 約320×400cm
  • 約210×180 ×120(h)cm
  • 幅250×奥行170×高さ220cm
  • 素材
  • 210Dポリエステルオックス、遮光ピグメントPUコーティング
  • 難燃性ポリエステルタフタ
  • 15D両面シリコンオイル生地
  • 75Dポリエステルタフタ
  • 本体生地:コットン混紡生地(ポリエステル65%コットン35%)
  • ポリエステル70D
  • シェード:150Dポリエステルオックスフォード  フレーム:スチール
  • 75Dポリエステルタフタ、遮光ピグメントPUコーティング
  • シェードスキン:68Dポリエステルタフタ  フロアシート:ポリエチレン
  • フライ:ポリエステル75d メッシュ:ポリエステル フレーム:6061アルミ合金
  • 耐水圧
  • 3000mm
  • 2000mm
  • 3000mm
  • 約1200mm
  • 1000mm
  • 1800mm
  • 約1500mm
  • 1000mm
  • 加工
  • UVカット加工、テフロン撥水加工
  • UVカット加工、テフロン撥水加工
  • UV加工
  • UVPRO、PU防水
  • 撥水加工
  • 紫外線95%のUV-PROTECTIONコーティング
  • UVPRO、PU防水、シームシール
  • UVカット加工、テフロン撥水加工
  • UVPRO、PU防水
  • テフロン加工/UVカット加工/シームシール加工
  • 重量
  • 9.8kg
  • 9.8kg
  • 440g
  • 11.3kg
  • 3.3kg
  • 3kg
  • 13kg
  • 790g
  • 約3kg
  • 約2.5kg

まとめ

今回は、低価格から高機能なタイプまで色々なタープを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。屋外では天候の影響を受けやすいため、タープの形状や大きさ、性能などをいろいろと比較しながら、自分の用途や頻度に合ったタープを探してみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ