記事ID137202のサムネイル画像

【高校野球対応版】野球のスパイク人気おすすめランキング10選

高校野球に必須なのがスパイクです。スパイクによってプレーの質が向上することもあり、自分に合ったスパイクを選ぶ必要があります。高校野球には細かい規定があるため、選ぶ際には注意しなけれないけません。今回はスパイクの選び方と人気の商品をランキング形式でご紹介します。

スパイク選びはプレーの質を変える

野球道具の中でも、グローブやバットに並んで必須なのがスパイクです。野球のスパイクは、重さや金具の形状、素材など様々な違いがあり、それぞれに特徴があります。自分に合ったスパイクを選ぶことで、プレーの質を上げることに繋がります。

 

野球において、攻撃の際にも守備の際にも使用するのがスパイクです。グラブ選びにこだわりを持っても、スパイク選びは適当になってはいないでしょうか。スパイク選びこそ、自分のパフォーマンスを上げるためにこだわりを持ちたいところです。

 

今回は、スパイク選びに大切なポイントと、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します。野球のスパイクにはどのような特徴があるのかを確認し、自分にあったスパイクを選ぶようにしましょう。今回は既定の厳しい高校野球にも対応しているスパイクを選んでご紹介していきます。

野球のスパイクの選び方

まずはスパイクを選ぶ際のポイントを詳しく解説していきます。野球のスパイクはプレーに大きな影響を与えます。しっかりと自分に合ったスパイクを選ぶようにしましょう。

高校野球の規則に則ったスパイクを選ぶ

高校野球には、スパイクにも厳しい規定があります。規定に則ったスパイクを選ばないと、実際の公式戦では使用ができませんので注意してください。今回ご紹介するスパイクに関しては、すべて規定を満たしたスパイクを選んでいます。

 

まずスパイクの色ですが、表面は黒一色のみが許可されています。底は黒をベースに、ゴールド系かシルバー系か、革底の場合は茶色も可。赤、青、緑など目立った色のスパイクは使用不可です。白いスパイクが高校野球で解禁になりますが、2020年からの予定なので、現状は黒一色のみです。

 

足首保護目的の、ハイカットやミドルカットのスパイクも使用可能です。その他細かい規定が気になる方は、高野連の公式サイトから規定を読んでみてください。基本的には色に気を付ければ問題ありません。

形状で選ぶ

ハイカットスパイク

まずはスパイクの形状で選びましょう。野球のスパイクには大きく分けて、ハイカット・ミドルカット・ローカットの三種類が挙げられます。まずは、ハイカットのスパイクについてご紹介していきます。

 

ハイカットのスパイクは、くるぶしの上までスパイクの履き口があるタイプのスパイクです。メリットとしては、足首を固定できるため、アキレス腱のケガや捻挫などのケガの予防になります。足首に不安のある方にはおすすめのスパイクです。

 

デメリットとしては、固定されてしまうため足首の可動域が狭くなります。また本体重量も重いことが多いです。ケガの予防には良いスパイクですが、最近では他のモデルと比べると選ばれることは少ないです。そのため、商品数自体もあまり多くはありません。

ミドルカットスパイク

ミドルカットのスパイクは、ハイカットのスパイクよりは履き口が低くなっているスパイクです。足首をしっかり支えながら、ハイカットのスパイクほど重量感や締め付けはありません。柔軟性もあり、使いやすいモデルです。

 

メリットとしては、足首をしっかり支えてくれるという点です。ハイカットのスパイクと似た特徴ですが、ハイカットほどの締め付けはなく、スパイク自体の柔軟性も優れていることが多いです。また走塁時などに砂が入りにくいというメリットもあります。

 

くるぶしが隠れるくらいの高さに履き口があり、普段使いの靴と変わらない形状であるため、人気の形状のスパイクです。特に高校野球においてはよく見られるスパイクになっています。デメリットも特にないため、おすすめできるスパイクです。

ローカットスパイク

ローカットのスパイクは、履き口がくるぶしの下あたりにある形状のスパイクです。「ノーマルカット」や「レギュラーカット」とも呼ばれます。その呼び名の通り、最も一般的で人気のあるスパイクになります。

 

ローカットスパイクのメリットとしては、まず本体が軽量であるという点が挙げられます。野球のスパイクは素材がしっかりしており、金具を使用しているため重くなる傾向にありますので、軽量のスパイクは人気があります。

 

また履き口が低く足首がしっかりと出ているため、動きに柔軟性が出ます。デメリットとしては、その低い履き口から砂や小石などが入りやすい点です。デメリットもありますがメリットも大きく、おすすめの形状のスパイクです。

アウトソールで選ぶ

革底のスパイク

野球のスパイクを選ぶ際には、アウトソールの素材にも気を遣いましょう。主に革底のスパイクと、合成樹脂のスパイクがあります。どちらにも特徴がありますので、まずは革底のスパイクの特徴からご紹介していきます。

 

革底のスパイクのメリットとしては、使うほど馴染みやすいという点が挙げられます。また地面の感覚を直に感じることができます。金具が取り換え式になっているスパイクが多く、金具を消耗しても取り換えて使用することが可能です。

 

デメリットとしては、合成樹脂と比較してクッション性がないため疲れやすいという点があります。また手入れにも手がかかり、耐久性も合成樹脂ほどはありません。一時期は革底が主流でしたが、最近は合成樹脂に人気が流れています。

樹脂底のスパイク

最近ではプロ野球選手の使用も増えるなど、人気となっているのが合成樹脂のスパイクです。樹脂底が軽くなり、スパイクの軽量化が可能になったという点と、合成樹脂底のスパイクはクッション性に優れ、ケガ予防にもなるという点で人気があります。

 

合成樹脂底のスパイクは、足への負担を軽減できます。結果として疲れにくくなり、足のケガの予防にもなります。耐久性にも優れ、比較的長く使用できます。また雨の日でも底が濡れて重くなることがありません。

 

足へのフィット感で言えば、革底の靴の方が優れています。しかしケガ予防やお手入れの簡単さなどから、合成樹脂のスパイクはおすすめです。特にケガの予防という点で、高校野球の激しい練習でも使用しやすいスパイクです。

野球のスパイクのおすすめランキング10選

第10位

ザナックス(XANAX)

BS-317CL

価格:8,791円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3本交互ベルト式の樹脂底で使い勝手抜群

高校野球で密かなブームを起こしているのが、ベルト式(マジックテープ式)のスパイクです。プレー中に取れることが少なく、簡単に自分の好みに調整ができる使い勝手の良さが人気があります。ザナックスのBS-317CLも、3本ベルトのスパイクです。

 

3本のベルトは左右交互になっており、しっかりとした装着感を得ることができます。アウトソールは合成樹脂で、足への疲労を軽減します。またベルト式で合成樹脂底なのでお手入れも簡単なスパイクです。

 

ローカットタイプのスパイクなので、可動性が高まりパフォーマンスを高めてくれます。元々革底を使用していたスパイクを進化させたもので、細部までこだわりを持って作られています。使い勝手も抜群で、おすすめのスパイクです。

メーカーザナックスアウトソール合成樹脂
サイズ25,5cm~29,0cm履き口ローカット
留め具マジックテープ金具埋め込み式
第9位

久保田スラッガー

アグレッシブL1-M D-521

価格:11,230円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

革底で足に馴染みやすい

ローカットスパイクで革底を採用しており、足に馴染みやすいのが久保田スラッガーの「アグレッシブL1-M」です。アウトソールは革底で、地面の感覚を直に感じることができます。走塁時に感覚を大切にしたい選手におすすめの野球スパイクです。

 

野球用品に細部までこだわりを持つことで知られる、久保田スラッガーのスパイクです。スパイクを履いた際の装着感や、フィット感に定評があります。手入れをしっかりとすることで、より足に馴染み使用するほど味のでるスパイクです。

 

ローカットタイプで、プレーの幅を広げます。革底なのでお手入れは大変ですが、その分自分だけのスパイクとして使うたびに馴染みます。走塁にこだわりを持つ選手に人気のスパイクです。

メーカー久保田スラッガーアウトソール革底
サイズ24,0cm~29,0cm履き口ローカット
留め具金具取り換え式
第8位

HI-GOLD(ハイゴールド)

PKS-500MS

価格:12,622円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

圧倒的な軽量感

スパイクの軽量化にこだわったのが、ハイゴールドのPKS-500MSです。メッシュ素材のスパイクで、これまでの野球のスパイクと比較するとかなりの軽量化を実現しました。軽いスパイクをお好みの選手におすすめのスパイクです。

 

3本クロスベルトを採用しており、使い勝手も抜群です。お好みの装着感をすぐに実現でき、ストレスを感じることなくプレーすることができます。合成樹脂のアウトソールで、足への負担も軽減しています。

 

靴底にこだわったスパイクで、前5本と後2本の固定歯を採用。野球選手に必要なバランスを考慮して設計されたスパイクです。ローカットモデルで軽量と、疾走感を得られる人気のスパイクです。

メーカーハイゴールドアウトソール樹脂底
サイズ25,5cm~29,0cm履き口ローカット
留め具マジックテープ金具埋め込み式
第7位

SSK

Proedge マキシライト VESF3007-9090

価格:9,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SSK最軽量モデルで納得のフィット感

野球用品メーカーとして人気のSSKのスパイクの中で、最軽量のスパイクがVESF3007です。ローカットモデルで、つま先もシャープな形状のスパイクです。装着した際のフィット感に定評があり、人気のスパイクです。

 

3本交互ベルトタイプです。快適な装着感をすぐに実現することができます。合成樹脂のアウトソールは軽量かつ頑丈。走りやすさの実現だけでなく、ケガの予防にも一役買っています。またスパイク本体自体の丈夫さもあります。

 

スパイク本体は、人口皮革で頑丈でありながら柔軟性のあるスパイクです。軽量でもあり、ベルト式で使い勝手も良いです。またお手入れも簡単なスパイクであり、プレーに集中したい選手におすすめのスパイクです。

メーカーエスエスケイアウトソール合成樹脂
サイズ25,0cm~30,0cm履き口ローカット
留め具マジックテープ金具埋め込み式
第6位

ゼット(Zett)

ネオステイタス BSR2866

価格:12,899円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

柔軟性と耐久性を両立

人気野球メーカーZETT史上最軽量のスパイクとして誕生したのが、「ネオステイタス BSR2866」です。軽量でありながら、使いやすい柔軟性としっかりとした耐久性を兼ね備えたおすすめのスパイクです。

 

アウトソールは合成樹脂製で、金具にはArkFive刃を使用。耐久性に優れたスパイクとなりました。厳選した柔軟素材で作られたスパイク本体は、抜群の使い勝手と可動性をほこり、アグレッシブな守備をする選手に人気があります。

 

ZETTは人気のメーカーで、他にも多くのスパイクを販売しています。その中でも、柔軟性に優れて軽量のBSR2866はおすすめのスパイクです。ZETTファンの選手であれば、まずはこのスパイクを使ってみてください。

メーカーZETTアウトソール合成樹脂
サイズ25,0cm~30,0cm履き口ミドルカット
留め具金具埋め込み式
第5位

UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)

UAダイナプレイII MID 20200101

価格:6,989円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安定感のある力強いプレーを可能に

くるぶしの上までしっかりガード。しっかりとした履き心地で暗転間のあるプレーを可能にしたアンダーアーマー製のスパイクです。足裏全体に力のかかるように計算された設計で、ここぞという場面での踏ん張りを可能にした人気のスパイクです。

 

アッパーサイドを強化し、力の分散を抑えました。ウレタン系の合成樹脂は柔軟性と耐久性に優れ、本体の寿命も伸ばしてくれます。また足首から砂や小石が入りにくいという特徴もあります。

 

足首全体を覆ったモデルで、ケガの予防にもなっています。また素材は伸縮性があり、柔軟性も兼ね備えたモデルです。特に足首にケガを負ったことのある選手には、このスパイクのようにしっかりと足首を覆ったモデルがおすすめです。

メーカーアンダーアーマーアウトソール合成底
サイズ24,5cm~30,0cm履き口ハイカット
留め具金具埋め込み式
第4位

DESCENTE

コウノエベルトスパイク2

価格:12,790円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

まるで素足のような装着感

フィット感と足の自由度が高く、パフォーマンスを高めてくれるのがデサントのコウノエベルトスパイク2です。野球以外でも様々な競技の選手から指示を集めるトレーナーの鴻江寿治さんが考案した全く新しいスパイクです。

 

サイド部分にベルトがあり、ベルトを引っ張ってマジックテープで留めることにより、装着感をアップ。足の甲をソール側から締め付け、抜群の装着感を実現しました。スパイクが足の一部と化し、素足のような装着感でスパイクを使用することができる人気のスパイクです。

 

プロ野球選手も使用しているスパイクです。走塁のスペシャリストたちが使用しており、実績も抜群。足の指でしっかりと地面を踏みしめる感覚を得ることができ、結果としてケガの予防にもつながります。抜群の使い心地で、おすすめのスパイクです。

メーカーデサントアウトソール
サイズ25,5cm~29,5cm履き口ローカット
留め具金具埋め込み式
第3位

ミズノ

ミズノプロ CQ 11GM160200

価格:15,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

まるで手に包まれているかのような優しい履き心地

大人気の野球メーカーのミズノで、特に注目を集めるミズノプロのスパイクです。現役プロ野球選手からも人気が高く、当然高校野球でも人気のメーカーです。その中でも、特におすすめのスパイクが11GM160200です。

 

こだわりを持ち選び抜かれたカンガルーレザーと、クラフトマン熟練の技が融合して作られたスパイクは履き心地抜群。柔らかくしなやかな履き心地が特徴です。足の形に馴染みやすく、使えば使うほど自分好みになるスパイクです。

 

ローカットモデルで合成底の、バランスの良いスパイクです。あらゆるポジションのプレーに対応でき、マルチなプレイヤーにおすすめです。本体はしっかりとした設計で頑丈。柔軟性もあり、思い通りのプレーを可能にするおすすめのスパイクです。

メーカーミズノアウトソール合成底
サイズ25,5cm~29,0cm履き口ローカット
留め具金具埋め込み式
第2位

ASICS

ネオリバイブ LT2

価格:6,399円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

足に優しい柔軟性

足に優しく、抜群の柔軟性をほこるのが、アシックスの「ネオリバイブ LT2」です。リーズナブルなスパイクですが、本体はしっかりとした設計がなされており、多くのプレイヤーから愛される人気のスパイクです。

 

軽量のアウトソールは、柔軟性に富んでおり滑らかに屈曲します。バランスの取れた前方の5本歯が、あらゆるプレーに安定性をもたらします。アウトソールはクッション性にも優れ、足の負担軽減とケガの予防を兼ね備えています。

 

本体は履き口が広く、足の幅が大きい選手におすすめです。スパイクはサイズだけでなく、幅もフィットしないとプレーの質に影響します。履き心地が良く、軽量で柔軟性もあるおすすめのスパイクです。

メーカーアシックスアウトソール合成樹脂
サイズ23,0cm~29,0cm履き口ローカット
留め具金具埋め込み式
第1位

ミズノ

グローバルエリート QS 11GM191100

価格:9,979円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スパイクに必要なものをすべて備えたモデル

大人気のミズノのグローバルエリートのおすすめのスパイクです。ローカットモデルで合成樹脂を使用。軽量で柔軟性もあり、人工皮革と合成繊維の頑丈な本体。スパイクとして必要な機能をしっかりと兼ね備えた人気のスパイクです。

 

軽量でローカットモデルなので、操作性が抜群です。装着感にも優れ、自分の足の感覚でしっかりと地面を蹴ることができます。あらゆる方向への動きに対応するために設計された金具が、プレーのバランスを整えます。

 

幅広い世代、あらゆるポジションの選手から愛されるグローバルエリートのスパイクです。自分の特徴がまだわからない方でも、このスパイクはおすすめ。基本性能が高く、使い勝手が抜群です。人気と実力を兼ね備えた、おすすめの野球スパイクです。

メーカーミズノアウトソール樹脂底
サイズ25,0cm~29,0sm履き口ローカット
留め具金具埋め込み式

野球のスパイクのおすすめ商品比較一覧

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5010871の画像

    ミズノ

  • 2
    アイテムID:5010869の画像

    ASICS

  • 3
    アイテムID:5010896の画像

    ミズノ

  • 4
    アイテムID:5010895の画像

    DESCENTE

  • 5
    アイテムID:5010892の画像

    UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)

  • 6
    アイテムID:5010889の画像

    ゼット(Zett)

  • 7
    アイテムID:5010888の画像

    SSK

  • 8
    アイテムID:5010886の画像

    HI-GOLD(ハイゴールド)

  • 9
    アイテムID:5010983の画像

    久保田スラッガー

  • 10
    アイテムID:5010866の画像

    ザナックス(XANAX)

  • 商品名
  • グローバルエリート QS 11GM191100
  • ネオリバイブ LT2
  • ミズノプロ CQ 11GM160200
  • コウノエベルトスパイク2
  • UAダイナプレイII MID 20200101
  • ネオステイタス BSR2866
  • Proedge マキシライト VESF3007-9090
  • PKS-500MS
  • アグレッシブL1-M D-521
  • BS-317CL
  • 特徴
  • スパイクに必要なものをすべて備えたモデル
  • 足に優しい柔軟性
  • まるで手に包まれているかのような優しい履き心地
  • まるで素足のような装着感
  • 安定感のある力強いプレーを可能に
  • 柔軟性と耐久性を両立
  • SSK最軽量モデルで納得のフィット感
  • 圧倒的な軽量感
  • 革底で足に馴染みやすい
  • 3本交互ベルト式の樹脂底で使い勝手抜群
  • 価格
  • 9979円(税込)
  • 6399円(税込)
  • 15000円(税込)
  • 12790円(税込)
  • 6989円(税込)
  • 12899円(税込)
  • 9999円(税込)
  • 12622円(税込)
  • 11230円(税込)
  • 8791円(税込)
  • メーカー
  • ミズノ
  • アシックス
  • ミズノ
  • デサント
  • アンダーアーマー
  • ZETT
  • エスエスケイ
  • ハイゴールド
  • 久保田スラッガー
  • ザナックス
  • アウトソール
  • 樹脂底
  • 合成樹脂
  • 合成底
  • 合成底
  • 合成樹脂
  • 合成樹脂
  • 樹脂底
  • 革底
  • 合成樹脂
  • サイズ
  • 25,0cm~29,0sm
  • 23,0cm~29,0cm
  • 25,5cm~29,0cm
  • 25,5cm~29,5cm
  • 24,5cm~30,0cm
  • 25,0cm~30,0cm
  • 25,0cm~30,0cm
  • 25,5cm~29,0cm
  • 24,0cm~29,0cm
  • 25,5cm~29,0cm
  • 履き口
  • ローカット
  • ローカット
  • ローカット
  • ローカット
  • ハイカット
  • ミドルカット
  • ローカット
  • ローカット
  • ローカット
  • ローカット
  • 留め具
  • マジックテープ
  • マジックテープ
  • マジックテープ
  • 金具
  • 埋め込み式
  • 埋め込み式
  • 埋め込み式
  • 埋め込み式
  • 埋め込み式
  • 埋め込み式
  • 埋め込み式
  • 埋め込み式
  • 取り換え式
  • 埋め込み式

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は野球のスパイクの選び方と、おすすめの商品をランキング形式でご紹介しました。スパイクは自分に合ったものを選ばないと、攻撃でも守備でもプレーに影響してしまいます。しっかりと自分に合ったスパイクを選び、プレーの質を向上させましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ