記事ID137198のサムネイル画像

【2019年最新】オープン型ヘッドホンの人気おすすめランキング10選

オープン型ヘッドホンは、密閉型とくらべて、音漏れがするものの、高い音質をもっています。そのため自宅で音楽を楽しむときに最適です。今回はそんなオープン型ヘッドホンの選びかたのポイントをまとめ、人気のオープン型ヘッドホンをランキングでご紹介します。

高品質なサウンドを思う存分楽しめるオープン型ヘッドホン

ヘッドホンには「オープン型ヘッドホン」と「密閉型ヘッドホン」の2種類があります。密閉型のヘッドホンは遮音性が高く、対してオープン型ヘッドホンは遮音性を無視することで、サウンドの品質を向上させています。

 

オープン型ヘッドホンは、サウンドの空間表現や空気感に優れたヘッドホンです。そのぶん音漏れがあるため、自宅で音楽を楽しみたいというときに最適なヘッドホンです。

 

オープン型ヘッドホンを選ぶときには、音質・接続方式・フィット感・周辺機能などをチェックすることが大切です。そこで今回はオープン型ヘッドホンの選び方のポイントをまとめ、人気のオープン型ヘッドホンをランキング形式でご紹介します。

オープン型ヘッドホンの選び方

それではさっそくオープン型ヘッドホンの選び方のポイントをご紹介していきます。ヘッドホンの音質だけでなく、機器との接続方法や、フィット感、サイズや重量などしっかりとチェックしていきましょう。

音質をチェック

まずは一番重要なオープン型ヘッドホンの音質をチェックしていきましょう。オープン型ヘッドホンは、密閉型ヘッドホンとは違い、ハウジングと呼ばれるヘッドホンのカバー部分に、無数の穴が開けられていることで、外に振動が伝わります。

 

これによって、音がこもらず、また音割れしてしまいがちな高音域を自然に出すことができます。オープン型ヘッドホンの音質には、搭載されているドライバーユニットが大きく関係しています。

 

基本的にはサイズの大きなドライバーユニットを搭載しているほうが、よりダイナミックな音を楽しむことができます。こちらもしっかりとチェックしていきましょう。

接続方式をチェック

つづいて接続方式もチェックしていきましょう。オープン型ヘッドホンの接続方式には、有線タイプと無線タイプの2種類があります。接続方式によっても、音質が変化するので注意しましょう。

有線タイプ

有線タイプの接続方式は、機器とケーブルで接続します。有線のヘッドホンは、無線タイプとくらべて、安定性が高く、また音質も高い傾向があります。無線タイプのヘッドホンの場合には、スマホなどから送信された音源を一度変換し、受信しています。

 

無線タイプの場合には、この変換のさいに、音質の劣化がおこります。有線タイプのヘッドホンの場合には、この音声の劣化を抑えることができます。このため無線タイプよりも、有線タイプのヘッドホンの音質のほうが良くなります。

 

有線タイプのヘッドホンは、ケーブルが邪魔になってしまいがちという点に注意しましょう。ケーブルを抜き差しする手間があるので、使いづらさを感じることがあります。

無線タイプ

無線タイプのヘッドホンは、Bluetooth・赤外線・2.4GHz無線の3種類の接続方式があります。無線タイプのヘッドホンは、対応している、コーデックと呼ばれる音源の変換の形式によっても音質が変わってきます。

 

SBC・AAC・aptXなどがあり、右へいくほどより高音質なコーデックになります。無線タイプのヘッドホンは、有線タイプと比べると低価格のものは、音質の劣化が激しく、また音ズレなどの動作の安定性が低くなっています。

 

高価格帯のものでは、これらはほとんど感じられませんが、低価格帯の無線ヘッドホンを選ぶ場合には注意しましょう。無線タイプのヘッドホンは、ケーブルが必要ないため、使い勝手がよく、また持ち運びに適しています。

フィット感をチェック

ヘッドホンの耳あて部分のフィット感もチェックしていきましょう。ヘッドホンを長時間使用する場合には、ヘッドホンのフィット感は重要なポイントになってきます。またヘッドホンの装着度によって、音の聴こえ方も変わってきます。

オーバーイヤー型

ヘッドホンのイヤーマフ(耳あて)の形状には、「オーバーイヤー型」と「オンイヤー型」の2種類があります。オーバーイヤー型のイヤーマフは、耳全体を覆うことが特徴です。密閉感が強いため、安定性が高くなっています。

 

しかし、耳全体を覆う構造のため、大型になりやすく、その分重くなってしまうという欠点があります。このため長時間つけていると耳が痛くなりやすくなっています。またしっかりと耳に密着させるため、メガネをかけているかたには、あまり向きません。

 

メガネをかけている場合には、次のオンイヤー型のヘッドホンを選んでいきましょう。

オンイヤー型

オンイヤー型のヘッドホンは、耳にかるく乗せるタイプのヘッドホンです。オーバーイヤー型のヘッドホンと比べると、音の表現に制限があり、音質の面ではすこし劣ります。

 

しかしオンイヤー型のヘッドホンは、オーバーイヤー型とくらべて軽く・コンパクトなサイズのため、扱いやすい点が魅力です。長時間の使用でも耳を痛めづらく、またこちらはデザイン性の高いヘッドホンが多くなっています。

 

価格面でもオーバーイヤー型よりも安価なことが特徴で、オンイヤー型のヘッドホンは、コストパフォーマンスに優れた形状です。

サイズ・重量をチェック

ヘッドホンのサイズや重量などもチェックしていきましょう。サイズのあまり大きいヘッドホンは、バッグなどに入りきらないなど、携帯性が悪化します。携帯性を考えるなら、なるべく小さく、取り回しの良いヘッドホンをチェックしていきましょう。

 

また重量が重すぎると、長時間の使用のさいには、耳や首を痛めてしまうことにもなります。音質の良い高性能なヘッドホンは、重量が重くなってしまいがちなので、重量と音質の兼ね合いを考えながら、選んでいきましょう。

 

本体の重さの目安として、300g前後が良いとされています。サイズや重量は、ヘッドホンの使い勝手の良さを決める大切な部分です。こちらもしっかりとチェックしていきましょう。

周辺機能をチェック

さいごにヘッドホンに搭載されている周辺機能をチェックしていきましょう。バーチャルサラウンド(立体音響)機能に対応したヘッドホンは、より立体的な、まるでその場で聞いているような臨場感を感じることができる特殊なヘッドホンです。

 

映画やライブ音楽などを聴く場合に、より楽しむことができます。またノイズキャンセリング機能を搭載したヘッドホンは、周囲の騒音を消して、より音楽に集中して楽しむことができます。

 

ほかにも、絡みにくいように設計されたコードなどさまざまな便利な機能を搭載したヘッドホンがあります。こちらもしっかりとチェックしていきましょう。

オープン型ヘッドホンの人気ランキング10選

第10位

Audio Technica(オーディオテクニカ)

オープン型ヘッドホン ATH-EP700 BW

価格:4,430円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

楽器用モニターオープン型ヘッドホン

こちらはAudio Technica製、楽器用モニターオープン型ヘッドホンです。バランスの良い音質で、リーズナブルな価格のコストパフォーマンスに優れたヘッドホンです。コードは背面45°に配置されているため、楽器演奏中に邪魔になりません。

 

小型・軽量のため、長時間の使用でも耳を痛めづらい設計です。また折りたたむことができるため、持ち運びに便利になっています。扱いやすい高品質なモニターヘッドホンです。

 

こちらは楽器演奏中のモニター用に、オープン型ヘッドホンがほしいというかたにおすすめです。6.3mm・3.5mmの2本のケーブルが付属しています。接続する機器に合わせて、ご使用ください。

接続方式有線タイプイヤーマフオンイヤー型
バーチャルサラウンド非対応ノイズキャンセリング非対応
第9位

Audio Technica(オーディオテクニカ)

オープン型ヘッドホン ATH-AVA300

価格:3,369円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパのいいオープン型ヘッドホン

こちらはAudio Technica製、3000円程度でコスパの良いオープン型ヘッドホンです。40mmドライバーを搭載し、しっかりとした中低音で十分な音質をもっています。布製のイヤパッドは耳への負担を軽減し、長時間の使用でも耳を痛めづらい仕様です。

 

軽量で、つけ心地も良い設計です。シンプルな機能性で使いやすく、リーズナブルな価格で購入することができる、コストパフォーマンスの高いオープン型ヘッドホンです。

 

こちらは音質がほどほどに良く、長時間使用することができる、コストパフォーマンスの高いオープン型ヘッドホンがほしいというかたにおすすめです。

接続方式有線タイプイヤーマフオーバーイヤー型
バーチャルサラウンド非対応ノイズキャンセリング非対応
第8位

ゼンハイザー

オープン型ヘッドホン HD 598 SR

価格:14,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

長時間の使用でも快適な高音質ヘッドホン

こちらはゼンハイザー製、長時間の使用でも耳を痛めることのない高音質ヘッドホンです。低音域から高音域まで、しっかりとバランスよくまとめられたチューニングで、低音も厚みのあるしっかりとした音質です。

 

歪みが少なく、クリアな音質で聴き疲れしづらいサウンドになっています。人間工学に基づいたエルゴノミクス設計で、サウンドを効率的に耳に届けます。軽量かつ耐久性のある設計で、長時間の使用でも耳を痛めづらくなっています。

 

こちらは自宅で長い時間、ヘッドホンで音楽を楽しみたいというかたにおすすめのオープン型ヘッドホンです。

接続方式有線タイプイヤーマフオーバーイヤー型
バーチャルサラウンド非対応ノイズキャンセリング非対応
第7位

Audio Technica(オーディオテクニカ)

オープン型ヘッドホン ATH-AD500X

価格:8,329円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バランスのいい音質のオープン型ヘッドホン

こちらはAudio Technica製、低音域から高音域までフラットなバランスのいい音質のオープン型ヘッドホンです。53mmドライバーを搭載し、中高音を中心としてバランスのいいクリアな音質をもっています。

 

イヤーマフの密閉感が強く、安定性が高くなっていますが、長時間の使用では耳を痛めてしまう点に注意しましょう。OFC導体片出しコードを使用しているため、コードが絡まりにくく、快適に使用することができます。

 

価格も比較的リーズナブルで、性能と価格の釣り合いのとれた、コストパフォーマンスの良いモデルです。こちらはさまざまな音楽ジャンルで使用できる、使いやすい音質の、使い勝手のいいオープン型ヘッドホンです。

接続方式有線タイプイヤーマフオーバーイヤー型
バーチャルサラウンド非対応ノイズキャンセリング非対応
第6位

Audio Technica(オーディオテクニカ)

オープン型ヘッドホン ATH-AD900X

価格:18,129円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

厚みのあるサウンドのオープン型ヘッドホン

こちらはAudio Technica製、大口径ドライバーを使用した厚みのあるサウンドのオープン型ヘッドホンです。こちらは53mmドライバーを搭載し、オープン型ならではの空間表現と、厚みのある音質を持っています。

 

重量が軽く、またやわらかい素材のイヤパッドで、長時間の使用に適しています。臨場感たっぷりの音質を楽しむことができる、高品質なヘッドホンです。またこちらのモデルは、コードが長く、邪魔になってしまいがちな点に注意しましょう。

 

こちらは聴き疲れすることのない、臨場感のある重厚な音質のオープン型ヘッドホンがほしいというかたにおすすめです。音漏れはかなりあります。必ず自室など、音を出してもいい環境で使用しましょう。

接続方式有線タイプイヤーマフオーバーイヤー型
バーチャルサラウンド非対応ノイズキャンセリング非対応
第5位

ゼンハイザー

オープン型ヘッドホン HD 599

価格:21,698円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キレのある音質の高音質オープン型ヘッドホン

こちらはゼンハイザーの、低音域から高音域まで、キレのあるクリアな音質をもった高音質オープン型ヘッドホンです。歪みのすくないナチュラルなサウンドで、さまざまな音楽ジャンルに合う音質です。

 

臨場感を体感することができ、映画鑑賞などにも最適なヘッドホンです。またやわらかい皮素材が使用されており、つけ心地がよく、長時間の使用でも疲れにくくなっています。高級感のあるデザインで、デザイン性も高くなっています。

 

こちらは高品質な性能のオープン型ヘッドホンがほしいというかたにおすすめです。また6.3mm・3.5mmの2本のケーブルが付属しています。環境に合わせて、ご活用ください。

接続方式有線タイプイヤーマフオーバーイヤー型
バーチャルサラウンド非対応ノイズキャンセリング非対応
第4位

Shure Incorporated

オープン型ヘッドホン SRH1440

価格:27,478円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音質と快適性を両立したオープン型ヘッドホン

こちらはShure製、音質と快適性が両立した、高い性能をもったオープン型ヘッドホンです。40mmダイナミック型ネオジム磁石を採用したドライバーを搭載し、中高音域に強い音質をもっています。

 

中域に厚みがあり、本格的な音質です。またベロア素材イヤパッドは、やわらかく耳に無理なくフィットし、耳への負担をやわらげます。長時間の使用でも、快適に音楽を楽しむことができます。MMCX端子の交換可能なリケーブルを使用しています。

 

このため断線したケーブルを交換することが可能です。こちらは高い音質をもった、快適なオープン型ヘッドホンがほしいというかたにおすすめです。

接続方式有線タイプイヤーマフオーバーイヤー型
バーチャルサラウンド非対応ノイズキャンセリング非対応
第3位

ゼンハイザー

オープン型ヘッドホン RS 185

価格:34,300円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2.4GHz無線高品質オープン型ヘッドホン

こちらはゼンハイザーの、2.4GHz無線の高品質なオープン型ヘッドホンです。無線タイプのヘッドホンのため、ケーブルレスで快適に音楽を楽しむことができます。

 

またこちらはオーディオ用に開発された特殊なワイヤレス伝送技術を使用しており、非圧縮でデータをやり取りするので、無線ヘッドホンの欠点である、音声の劣化がありません。CDレベルの高音質な音声を楽しむことができます。

 

クッション性の高いベロア素材のイヤーパッドを採用しているため、長時間の使用でも耳を痛めません。こちらは非常に高い性能をもった、高音質な無線ヘッドホンです。無線タイプのヘッドホンがほしいというかたにおすすめです。

接続方式無線タイプ(2.4GHz)イヤーマフオーバーイヤー型
バーチャルサラウンド非対応ノイズキャンセリング非対応
第2位

Audio Technica(オーディオテクニカ)

オープン型ヘッドホン ATH-AD2000X

価格:47,169円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイレゾ対応高音質オープン型ヘッドホン

こちらはAudio Technica製、ハイレゾ音源に対応した高音質オープン型ヘッドホンです。53mmドライバーを搭載し、十分な音の広がりを感じることができる音質です。上位機種とくらべても遜色のない原音に忠実で、クセのない音質です。

 

どんな音楽ジャンルにも合う、使いやすい音質になっています。布製イヤパッドは、締め付けのが弱いですが、つけ心地がよくズレづらくなっています。長時間の使用でも問題なく使用することができます。

 

こちらは音楽を聴く用途だけでなく、映画鑑賞などでも満足できる性能をもっています。こちらはハイレゾ音源に対応した、性能の高いオープン型ヘッドホンがほしいというかたにおすすめです。

接続方式有線タイプイヤーマフオーバーイヤー型
バーチャルサラウンド非対応ノイズキャンセリング非対応
第1位

Shure Incorporated

オープン型ヘッドホン SRH1840

価格:53,788円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロフェッショナル仕様オープン型ヘッドホン

こちらはShure製、プロフェッショナル仕様のオープン型ヘッドホンです。こちらはケーブル着脱が可能のため、MMCX端子のケーブルであれば、交換することができます。ヘッドホン側の端子に形状の違いがあり、通常のMMCX端子は対応していない点に注意しましょう。

 

ケーブルを変更することで、断線したケーブルを交換したり、自分好みの音質に調節することができます。40mmダイナミック型ネオジム磁石を採用したドライバーで、高域に強く、忠実な音声再現が可能です。

 

音の広がりも十分に感じることができ、臨場感のある音質が楽しめます。こちらはケーブル交換が可能な、高い性能をもったオープン型ヘッドホンがほしいというかたにおすすめです。

接続方式有線タイプイヤーマフオーバーイヤー型
バーチャルサラウンド非対応ノイズキャンセリング非対応

オープン型ヘッドホンの商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5010722の画像

    Shure Incorporated

  • 2
    アイテムID:5010623の画像

    Audio Technica(オーディオテクニカ)

  • 3
    アイテムID:5010817の画像

    ゼンハイザー

  • 4
    アイテムID:5010807の画像

    Shure Incorporated

  • 5
    アイテムID:5010588の画像

    ゼンハイザー

  • 6
    アイテムID:5010707の画像

    Audio Technica(オーディオテクニカ)

  • 7
    アイテムID:5010524の画像

    Audio Technica(オーディオテクニカ)

  • 8
    アイテムID:5010504の画像

    ゼンハイザー

  • 9
    アイテムID:5010578の画像

    Audio Technica(オーディオテクニカ)

  • 10
    アイテムID:5010682の画像

    Audio Technica(オーディオテクニカ)

  • 商品名
  • オープン型ヘッドホン SRH1840
  • オープン型ヘッドホン ATH-AD2000X
  • オープン型ヘッドホン RS 185
  • オープン型ヘッドホン SRH1440
  • オープン型ヘッドホン HD 599
  • オープン型ヘッドホン ATH-AD900X
  • オープン型ヘッドホン ATH-AD500X
  • オープン型ヘッドホン HD 598 SR
  • オープン型ヘッドホン ATH-AVA300
  • オープン型ヘッドホン ATH-EP700 BW
  • 特徴
  • プロフェッショナル仕様オープン型ヘッドホン
  • ハイレゾ対応高音質オープン型ヘッドホン
  • 2.4GHz無線高品質オープン型ヘッドホン
  • 音質と快適性を両立したオープン型ヘッドホン
  • キレのある音質の高音質オープン型ヘッドホン
  • 厚みのあるサウンドのオープン型ヘッドホン
  • バランスのいい音質のオープン型ヘッドホン
  • 長時間の使用でも快適な高音質ヘッドホン
  • コスパのいいオープン型ヘッドホン
  • 楽器用モニターオープン型ヘッドホン
  • 価格
  • 53788円(税込)
  • 47169円(税込)
  • 34300円(税込)
  • 27478円(税込)
  • 21698円(税込)
  • 18129円(税込)
  • 8329円(税込)
  • 14980円(税込)
  • 3369円(税込)
  • 4430円(税込)
  • 接続方式
  • 有線タイプ
  • 有線タイプ
  • 無線タイプ(2.4GHz)
  • 有線タイプ
  • 有線タイプ
  • 有線タイプ
  • 有線タイプ
  • 有線タイプ
  • 有線タイプ
  • 有線タイプ
  • イヤーマフ
  • オーバーイヤー型
  • オーバーイヤー型
  • オーバーイヤー型
  • オーバーイヤー型
  • オーバーイヤー型
  • オーバーイヤー型
  • オーバーイヤー型
  • オーバーイヤー型
  • オーバーイヤー型
  • オンイヤー型
  • バーチャルサラウンド
  • 非対応
  • 非対応
  • 非対応
  • 非対応
  • 非対応
  • 非対応
  • 非対応
  • 非対応
  • 非対応
  • 非対応
  • ノイズキャンセリング
  • 非対応
  • 非対応
  • 非対応
  • 非対応
  • 非対応
  • 非対応
  • 非対応
  • 非対応
  • 非対応
  • 非対応

まとめ

オープン型ヘッドホンは、密閉型のヘッドホンと比べて、空間的な音の表現がしやすく、音質の面では高い性能を発揮します。自宅で音楽を楽しむときには、オープン型ヘッドホンを使用しましょう。自分好みの音質をもったオープン型ヘッドホンを見つけていきましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ