記事ID137164のサムネイル画像

【サーフもちょい釣りも】人気の投げ竿のおすすめランキング10選

釣り業界では、万能竿とも呼ばれている投げ竿。投げ竿の特徴を把握していれば、ある程度状況を選ばずに使えるオールマイティーさを誇ります。今回は、そんな投げ竿について、どんなモデルがあるのか、おすすめ商品といっしょにご紹介いたします。

投げ竿と磯竿の違い

釣り竿というのは大まかに分けると、「投げ竿」「磯竿」の二つに分けられます。磯竿は、基本的に投げて遠くに飛ばす用途で作られておらず、浅瀬や岩場などにいる魚を釣るのに適している釣り竿です。捕れる魚も海面近くにいる種類に限られます

今回ご紹介する「投げ竿」は、竿につけた錘をより遠くまで投げることに適した釣り竿です。だいたい100m以上、うまい人は180m以上も遠投できるのだそうです。遠投することで、錘が深い所にまで届きます。海底近い魚を狙える点が特徴です。

投げ竿は、カレイやアナゴ、マダイといった人気の魚が狙えるので、需要が高いです。また、磯竿を投げ竿として使うのは竿が折れる可能性があるため難しいですが、投げ竿を磯竿として代用はある程度できると万能です。ベテランも初心者の方にも人気の釣り竿なのです。

投げ竿の選び方のポイント

万能な投げ竿と言っても、どれでも良いというわけにはいきません。釣りたい場所や環境、捕りたい魚、対応している錘の重さなど、重視しなければいけない点はいくつもあります。また、投げ竿は高価格だからといって万能ではなく、一部の性能に特化したモデルがあります。

ただ闇雲に高性能っぽい投げ竿を選んでしまうと、ご自身にあわないモデルを選んでしまいかねません。そうすると満足に釣りを楽しめないでしょう。また、無理に自分に合わない投げ竿を使い続けると、釣り竿の破損やケガなどのトラブルが起こるリスクもあり得ます。

なので、投げ竿を選ぶときは、どのような性能をもっていて、どんな環境に適しているのかなど、しっかり吟味して選ぶようにしたいものです。こちらでは、投げ竿を選ぶ際に重視したいポイントをまとめますので、ぜひ参考にしてみてください。

投げ竿の長さで選ぶ

投げ竿の違いとしては、まず竿の長さが挙げられます。釣りをする場所や環境などによって、適している長さが違ってきます。ご自身にあった長さの投げ竿を使用することで、より効率的な釣りが可能となり、釣りの成果も大きく変わってくるでしょう。

本格志向なら4m前後の投げ竿を選ぶ

本格的な釣りを楽しみたい方は、4m程度の投げ竿を選ばれるのがおすすめです。サーフ(砂丘)などから遠投して釣りを行うのに向いた長さであり、またほかの環境においてもある程度対応できるのが4m前後の投げ竿になります。

4m前後の投げ竿では、3.8~4.2m程度のモデルが多くみられますが、よりオールマイティに使うのであれば、4mのモデルを選ぶのがおすすめです。少しでも軽くて持ち運びの点を意識したいのであれば3.8m、より遠くへ遠投したい場合は4.2mのモデルを選ぶといったこともありでしょう。

しかし、人によってはその竿の長さを活かせず、かえって遠くに飛ばせなくなるケースがあります。特に力が弱いお子さんや女性の方には不向きになるケースが多いです。ご家族やご自身の力量に応じて選ぶ必要があるでしょう。

ちょっとした釣りなら2m程度の投げ竿を選ぶ

堤防や海釣り公園など、手軽に釣りを楽しみたいエンジョイ志向な方は、2m~3m程度の長さを選ばれるのをおすすめします。投げ竿は長さが短いモデル程コンパクトになるので、持ち歩きや取り回しに優れています

長さが短い分、投げるのに力をあまり必要としないので長時間釣りをしていても疲れにくいといったメリットもあります。ご家族やカップルなど、気軽に釣りが楽しむのに適している長さと言えるでしょう。

総じて扱いやすいので、お子さんや釣り初心者の方にもおすすめできる長さです。しかし、その短さから本格的な遠投には向いていないと言わざるを得ません。最初は2m程度の投げ竿に慣れていき、上達していったら4m程度のモデルに変えるといった方法も考えられるでしょう。

対応している号数を確認

投げ竿にはそれぞれ対応している号数が記載されています。号数とは端的に表すと「錘の重さ」であり、投げ竿に記載している号数によって対応している錘の重さが違ってきます。対応している号数によって、適している環境や向いている人が変わってくるので、充分吟味して選びたいですね。

号数の注意点として、記載されているものだけが対応しているのではなく、記載されている数値の前後まで使えます。例えば、20号と記載された投げ竿の場合、15号から25号までの錘を使えます。間違えないように注意しましょう。

より遠くへ投げたいなら重い錘が使えるモデルを

より遠くへ遠投したい方は重い錘が使える投げ竿を選ぶことをおすすめします。重い錘であればあるほど遠くへ投げやすいので、本格的な遠投が出来るメリットがあります。しかし、重くなるほど遠投にコツが必要になるので、上手に遠投するのに時間が掛かるケースも。

また、重い錘は潮の流れが速い場所でも対応できるといったメリットもあります。遠投する以外の用途でも、環境によっては重い錘を選んだ方が快適に釣りができるケースも充分考えられるでしょう。

手軽さ重視なら軽い錘を

あまり豪快な遠投はせず、ちょい投げで釣りを楽しみたいエンジョイ志向のかたは軽めの錘を選ばれるのが良いでしょう。錘が軽い程持ち運びも楽ですし、錘を投げるのにも力があまり必要になりません。お子さんや初心者の方でも使いやすいです。

デメリットとして、本格的な遠投に向いていません。また、潮の流れが速い場所の場合、仕掛けが流されてしまうといったトラブルが起こることも考えられます。ご自身の力量や釣りを行う環境を考えて選びたいですね。

投げ竿の素材もチェック

投げ竿に使われている素材は、大きく分けて二種類にわけられます。それぞれにメリットデメリットがあるので、用途に適している素材を選びたいですね。

反発力のあるカーボン製を選ぶ

素材がカーボンで構成されている投げ竿は、反発力があるのが特徴です。遠投した際によくしなるので、より遠くに投げやすいのがメリットです。本格的な遠投をしたい方にはおすすめしたい素材です。

しかし、反発力がある分少々壊れやすいといったデメリットも存在しています。扱いも難しい傾向があり、総じて上級者向けな素材ともいえるでしょう。カーボン製の投げ竿は価格が高めなモデルが多いので、扱いには充分注意したいところです。

耐久性に優れたグラス製を選ぶ

グラス製の投げ竿は、カーボン製のモデルよりも粘りがあり、曲げても折れにくいメリットがあります。また、グラス製の投げ竿は食い込みがよく、魚に違和感を与えづらいといったメリットもあります。コスト的にも安いモデルが多いのもポイントですね。

しかし、カーボン製のような反発力はありません。より遠くへ遠投したい場合には向いていないでしょう。本格的な遠投をしたいかたはカーボン製を選び、コスパに優れ頑丈さを求めるのであればグラス製を選ぶといった選び方が考えられます。

振出か並継ぎか

投げ竿には、振出タイプと並継ぎタイプが存在しています。それぞれにメリットデメリットがあるので、ご自身の好みや用途に応じて選ばれると良いでしょう。

振出タイプが優れているのは、取り回しの良さ・携帯性の良さが挙げられます。持ち運びがしやすく、手軽に釣りが楽しめるのがこのタイプの特徴と言えるでしょう。大物を複数釣りあげた際にも持ち運びに困りにくいのも嬉しいポイントですね。

並継ぎタイプは、携帯性などでは劣りますが、より遠投することに向いており、総じて性能が高いモデルが揃うことが特徴です。砂丘などでより本格的な遠投が必要となる環境では並継ぎの投げ竿が向いているでしょう。

遠投したいならガイドロック付きを選ぶ

釣り竿の糸が通るリング状の部位を「ガイド」と呼ぶのですが、これが釣りをしているときに回ってしまい、ガイドがずれる事があります。遠投時にそれが起きると飛距離がおちたり、最悪投げ竿の糸が破損するといったケースも考えられます。

なので、思いっきり遠投するものとして投げ竿を選ぶのであれば、遠投時にもガイドが回らないガイドロック付きのモデルを選ばれるといいでしょう。そうすることで遠投の飛距離が落ちず、投げ竿の破損の心配もなくなります。

逆に、遠投用ではなく、ちょっとした釣りに使う分にはガイドロック付きのモデルは必要ありません。

投げ竿のおすすめ商品ランキング10選

第10位

WCKJT

釣り竿 リールセット

価格:3,699円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

携帯性とコスパに優れた投げ竿

釣りバッグとリール付きの投げ竿セットです。3.6~6.3mと幅広い長さをカバーしており、かつ伸縮機能がついているので、携帯性も抜群のモデルです。価格としても4000弱とかなり抑えられているモデルです。

反面、頑丈性に難があるという声もあり、特にガイド部分が外れやすいという意見はよく見かけます。ガイド部分は遠投時に特に付加が掛かりやすいので、本格的な釣りをされている方は注意が必要です。

しかし、カーボン製で反発力があり、リールやカバンがついてコスパには優れているので、初めて釣りに挑戦される方が、初心者用として購入する商品としてはおすすめできるモデルです。

長さ3.6、4.5、5.4、6.3m素材カーボン
振出/並継振出自重200~400g
第9位

シマノ(SHIMANO)

シマノ 275HXTS

価格:8,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ちょっとした釣りに適したコンパクト投げ竿

2.75mと短めで扱いやすいシマノ製の投げ竿です。振出式なのも相まって、携帯性に優れています。手軽に持ち運んで釣りを楽しめるので、ご家族連れなどにもおすすめです。お子さんや初心者の方でも扱いやすいモデルです。

持ち手部分にはキャスコングリップが搭載されており、より細かな遠投が可能です。4.0m程度の投げ竿程ではないですが、そこそこの距離まで投げられるので、コンパクトながら本格的な釣りを楽しめます。

長さ2.75m素材-
振出/並継振出自重170g
第8位

WCKJT

フィッシングロッド

価格:2,299円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

海釣りに適したコンパクト投げ竿

仕舞寸法が80cm程度とコンパクトさが特徴の投げ竿です。3.6m~6,3mとさまざまな長さのモデルがあるので、釣り場所にあったものを選べるのも良いですね。価格も2000ちょっととかなりお得な値段です。

海釣り用としてもサビキ用としても扱いやすいオールラウンダーなモデルです。しかし、サイズとしてはコンパクトにできる物の、重量が重いという声が挙がっているので、その点は注意が必要です。 コスパがよくさまざまな用途に使える投げ竿なので、初心者の方にもおすすめなモデルです。

長さ3.6、4.5、5.4、6.3m素材カーボン
振出/並継振出自重180~380g
第7位

シマノ(SHIMANO)

ホリデースピン 425EXT

価格:8,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパに優れた遠投入門モデル

本格的な遠投釣りを始めたい方におすすめの投げ竿が、シマノの「ホリデースピン」シリーズ。カーボン製でよくしなり、持ち手部分のキャスコングリップ、軽い重量を目指した設計など、本格仕様ながら扱いやすい投げ竿です。

豪快な遠投釣りをされる方でも、まだそこまで釣りの経験がない方でも使いやすい投げ竿です。サーフや防波堤、波止などさまざまな環境での釣りに適している万能なモデルです。

長さ4.25m素材-
振出/並継振出自重415g
第6位

SANLIKE

フィッシングロッド

価格:2,089円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

さまざまな釣り場で活躍するコンパクト投げ竿

2000円前後とコストの低さでありながら、携帯性に優れ、あらゆる釣りに適しているオールラウンダーな投げ竿です。振出式で、仕舞うと40cm程度にまでなるのでどこにでも持ち運べるので、場所を選ばず活躍できることでしょう。

本格的な遠投用投げ竿ほど特化した性能ではないものの、カーボン製で高い反発性、汗を吸収し握りやすいEVA製グリップで投げ釣り入門として使いやすいモデルです。色んな用途に使えるので、予備として備えておくモデルとしてもおすすめです。

注意点としては、竿の一部がカーボンではなくガラス繊維でできている為か、竿が固めという声も挙がっています。ガイド数が少なく、リードが絡むことがあったという意見もあるので購入の際は注意しておきましょう。

長さ1.8、2.1、2.4、2.7、3.0m素材カーボン(90%)
振出/並継振出自重147~260g
第5位

PiDiEn

カーボンロッド

価格:1,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

携帯に適した小型投げ竿

釣りを初めてするお子さんや初心者の方におすすめのカーボン製投げ竿です。収納すると約40cm程度まで短くなるので、携帯性に大変優れており、手軽に持ち運べるのは嬉しいポイント。

構成されている素材に、カーボンの反発力とグラスの頑丈さを兼ね備えた新しい素材「Sグラス」と呼ばれる素材が使われているのが特徴です。投げやすく頑丈なオールラウンダーな性能を誇ります。

長さが2.1mか2.4mなので、本格的な遠投用投げ竿としては心許無いですが、手頃に釣りが楽しめる入門商品として初心者の方におすすめのモデルです。

長さ2.1、2.4m素材Sグラス
振出/並継振出自重176g
第4位

ダイワ(DAIWA)

T20-360・K

価格:6,460円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽めの質量で遠投しやすい投げ竿

大手投げ竿メーカーダイワの「T20-360・K」は、長さのわりに軽い設計で作られているのが特徴です。遠投し続けても疲れにくいのがポイント。グリップやガイドもしっかり設計されていて、頑丈性にも期待できるモデルです。

軽い設計なので、魚が掛かった際の当たりがわかりやすいのもメリットです。魚が掛かった瞬間すぐに引き上げられるので、釣りの効率が更にあがることでしょう。大物の魚でも問題なく釣りあげられる機能性の高い投げ竿です。

価格も7000円弱とそこそこの価格で購入できるので、持ち歩きができてスペックのいいモデルを探している方にはおすすめの投げ竿です。

長さ3.6m素材カーボン(27%)
振出/並継振出自重330g
第3位

シマノ(SHIMANO)

ネッサ CI4+ S1008MMH

価格:29,048円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サーフ専用に適した投げ竿

シマノ社開発の「ネッサ CI4+」は、より遠投するのに適した性能を誇る投げ竿です。サーフでは遠投できる投げ竿が求められるので、サーフ専用の投げ竿として大変好評を得ているモデルになります。

三本の並継を採用しており、振出式よりも遠くへ遠投できます。また、かなり軽めの設計で長時間釣りをしていても疲れにくく、快適という声がネットで多数挙がっています。

硬めの竿なので、錘は重めの物の方が良く飛びやすいという意見も有ります。なのでより遠くへ遠投したい方は、錘も意識された方が良いでしょう。

長さ3.25m素材-
振出/並継並継自重176g
第2位

シマノ(SHIMANO)

サーフゲイザー 405BX

価格:21,762円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

より鋭い遠投を可能にする強靭な投げ竿

こちらの投げ竿も「サーフゲイザー」の名の通り、サーフでの遠投に適した投げ竿になります。4.05mと使いやすい長さで、かつ並継型を採用しているため、スペックとしてはかなり優れているモデルです。

曲がりの正確さをより竿に伝える「ハイパワーX」と呼ばれる構造により、遠投がさらに強靭で鋭いものとなります。特殊なラバーグリップになっており、操作のしやすさも抜群の投げ竿です。 435gと重めのモデルでかつ振出型ではないので、持ち歩きの際は注意が必要です。

長さ4.05m素材カーボン(99.6%)
振出/並継並継自重435g
第1位

ダイワ(DAIWA)

プライムサーフ T27-405・W

価格:9,739円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コストパフォーマンスの良い万能投げ竿

ダイワ社開発「プライムサーフ」は、価格が1万円程度ながらも整った性能を誇り、サーフや堤防、船釣りなどさまざまな用途で使える万能な投げ竿です。

振出式なので持ち歩きに便利であり、収納時は112cmほどになります。また、遠投時も安定感のあるキャスティングで、より遠くまで飛ばせると好評を得ています。投げ釣初心者の方にもベテランの方にもおすすめのモデルです。

並継型ほどではないですが、かなり安定して遠投できるのでサーフ用としても優れている投げ竿です。総じてコストパフォーマンスに優れた一押しのモデルといえるでしょう。

長さ4.05m素材カーボン(92%)
振出/並継振出自重390g

投げ竿のおすすめ商品比較表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5009636の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 2
    アイテムID:5010035の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 3
    アイテムID:5009708の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 4
    アイテムID:5009632の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 5
    アイテムID:5009631の画像

    PiDiEn

  • 6
    アイテムID:5009626の画像

    SANLIKE

  • 7
    アイテムID:5009624の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 8
    アイテムID:5009623の画像

    WCKJT

  • 9
    アイテムID:5009621の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 10
    アイテムID:5009620の画像

    WCKJT

  • 商品名
  • プライムサーフ T27-405・W
  • サーフゲイザー 405BX
  • ネッサ CI4+ S1008MMH
  • T20-360・K
  • カーボンロッド
  • フィッシングロッド
  • ホリデースピン 425EXT
  • フィッシングロッド
  • シマノ 275HXTS
  • 釣り竿 リールセット
  • 特徴
  • コストパフォーマンスの良い万能投げ竿
  • より鋭い遠投を可能にする強靭な投げ竿
  • サーフ専用に適した投げ竿
  • 軽めの質量で遠投しやすい投げ竿
  • 携帯に適した小型投げ竿
  • さまざまな釣り場で活躍するコンパクト投げ竿
  • コスパに優れた遠投入門モデル
  • 海釣りに適したコンパクト投げ竿
  • ちょっとした釣りに適したコンパクト投げ竿
  • 携帯性とコスパに優れた投げ竿
  • 価格
  • 9739円(税込)
  • 21762円(税込)
  • 29048円(税込)
  • 6460円(税込)
  • 1999円(税込)
  • 2089円(税込)
  • 8080円(税込)
  • 2299円(税込)
  • 8000円(税込)
  • 3699円(税込)
  • 長さ
  • 4.05m
  • 4.05m
  • 3.25m
  • 3.6m
  • 2.1、2.4m
  • 1.8、2.1、2.4、2.7、3.0m
  • 4.25m
  • 3.6、4.5、5.4、6.3m
  • 2.75m
  • 3.6、4.5、5.4、6.3m
  • 素材
  • カーボン(92%)
  • カーボン(99.6%)
  • -
  • カーボン(27%)
  • Sグラス
  • カーボン(90%)
  • -
  • カーボン
  • -
  • カーボン
  • 振出/並継
  • 振出
  • 並継
  • 並継
  • 振出
  • 振出
  • 振出
  • 振出
  • 振出
  • 振出
  • 振出
  • 自重
  • 390g
  • 435g
  • 176g
  • 330g
  • 176g
  • 147~260g
  • 415g
  • 180~380g
  • 170g
  • 200~400g

まとめ

今回は釣りには欠かせない投げ竿を特集いたしました。サーフに特化したモデルから、持ち歩きしやすい万能なモデルまで、さまざまな投げ竿がありましたね。ご自身にあった投げ竿を選んで、楽しい釣り人ライフを送っていきましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ