記事ID137157のサムネイル画像

【2019年】初心者から上級者までおすすめのヨガマットランキング10選

ヨガマットは数多くの種類が販売されています。ヨガを始めるにあたって必ず必要になるマットになります。サイズや厚さなどいろいろな種類があって初心者には意外と選ぶのは難しいものです。ここではヨガマットのおすすめの選び方や、おすすめのヨガマットを紹介します。

ヨガの種類は700種類以上

ヨガは単なるストレッチの一種だと思っている人も多いかもしれませんが、ヨガは「ポーズ」と「呼吸法」と「瞑想」の3つの要素を調和させて心身のバランスを整える手段であり、ヨガは様々な種類や流派で現在はその数700種類以上とも言われています。

 

そんな種類が豊富になったヨガのジャンルのほとんどでヨガマットは使用されている為、ヨガの種類に合わせてヨガマットも様々な種類が作られています。自分が実践しようと思っているヨガに合わせてヨガマットを選ぶことでより効果を得ることができるでしょう。

 

ここからは、ヨガマットを選ぶポイントや、おすすめのヨガマットランキングを紹介していきますので、ぜひ参考にして下さい。

ヨガマットの選び方

自分の実践したいヨガの種類でヨガマットを選ぶ際に重視するポイントは大きく異なってくるでしょう。ここからはヨガマットを選ぶ際のポイントについて紹介していきます。

ヨガの種類によって選ぶ

ヨガの種類はたくさんありますが、大きく2つにわけると「静的なヨガ」と「動的なヨガ」の2種類に分けられます。自分が実践するヨガが静的なのか動的なのかで選ぶヨガマットを絞り込みましょう。

静的なヨガ

ポーズを長くとって瞑想や呼吸をゆっくり行う静的なヨガ、「マタニティーヨガ」や「ハタヨガ」などが代表的なものになります。ゆっくりとした動作と長い呼吸で行うので初心者でも入門しやすくおすすめです。

 

静的なヨガを実践しようとしている方には、ヨガマットはクッション性を重視するのがポイントになってきます。4.5㎜~8㎜程度の厚さを選ぶとよいでしょう。静的ヨガでも座位や仰向けのポーズが長い場合は6㎜以上あるといいです。

 

分厚いと、痛みが緩和されますし、床の冷たさも感じにくく快適にヨガを行うことができます。また持ち運びのしやすさを考えて軽量なEVA素材のヨガマットを選ぶとどこにでも持ち運びがしやすくなります。

動的なヨガ

ホットヨガやアシュタンガヨガ、アイアンガーヨガといった同じポーズを保つことなく頻繁に動き変える動的なヨガを実践しようと考えている場合、ヨガマットのグリップ力を重視して選ぶといいでしょう。

 

汗をかいても滑りにくいTPE素材のヨガマットがおすすめですが、汗がボタボタ落ちるほど出るという人は麻などのヨガマットも汗を吸い込みグリップ力も高いのでおすすめです。一般的にはTPE素材のもので十分。

 

座位の多いヨガを実践している場合は5㎜~7㎜程度の厚みを持ったヨガマットの方が痛みを緩和してくれて助かりますが、立位の多い動的ヨガの場合は厚みがありすぎると足元がふわふわしてバランスがとりにくくなるため、3㎜~5㎜程度のヨガマットを選ぶのがおすすめです。

静的なヨガも動的なヨガのどちらもしたい

自宅でヨガを始めようという方や、そもそもヨガの種類がよくわからないといった方なども多いですよね。今後、自分が静的なヨガか動的なヨガかわからない場合、もしくはどちらもやってみたい方もいるでしょう。

 

そういったオールマイティーにヨガを楽しむ人へおすすめなのが5㎜~6㎜のヨガマット、素材はどんなものでも構いませんが、瞑想よりはストレッチ寄りなヨガがしたい場合はグリップのしっかりしたヨガマットを選ぶことで様々なジャンルに挑戦できます。

 

いろいろな場所へ持ち運んでヨガを楽しみたいという初心者さんや、今後レッスンなどを習いにいきたいという方には、持ち運びを考えて4㎜程度の厚さを選ぶのも賢い選び方といえるでしょう。

ヨガマットの形状で選ぶ(厚さ・サイズ・素材)

ヨガマットには色々な、サイズや重さ・厚さがあります。ここでは、サイズや重さ・厚さなどを選ぶことで自分に合ったものを絞り込んでいきましょう。

ヨガマットの厚さで選ぶ

ヨガマットの厚さには薄いもので1㎜、分厚いものでは12㎜以上のヨガマットも存在しています。厚さの選び方の基準として、持ち運びが多いのか自宅などで使うのかによっても変化してきます。

 

外出先へ持ち歩きが多いという人は3㎜、自宅での使用がメインの人は6㎜。立位の多いヨガをしている人は3㎜前後、座位の多いヨガをしている人は6㎜前後のヨガマットを選ぶことが一般的だとされいています。

 

しかし注意したいのが、あくまで一般的な目安であり初心者の人が3㎜のヨガマットを使用した場合、大半の人が痛みが強く後悔してしまうでしょう。そのため初心者の人には6㎜の厚さのヨガマットを選ぶのがおすすめです。

 

金銭的な余裕があれば3㎜のヨガマットを2枚購入することで自宅では重ねて6㎜に出掛けるときは1枚だけ持っていき3㎜にという使い方ができるため、初心者にとって最も賢い暑さの選び方と言えるでしょう。

ヨガマットのサイズで選ぶ

サイズ選びの基準となるのは大きく分けて2つのポイントがあります。1つは体格に合わせて適切なサイズのヨガマットかどうか、もう1つはマットケースに入れて持ち運べるサイズのヨガマットかどうかになります。

 

1つ目の体格に合わせたヨガマットの選び方ですが、これは一般的に身長よりもちょっと大きい程度のサイズを選ぶのがおすすめとされています。ヨガマットの主流とされているのは170㎝前後のサイズであり、大柄な人は180㎝程度のヨガマットも選択肢にはいってくるでしょう。

 

2つ目のケースに合わせたサイズの選び方ですが、ここで重要になってくるのは幅になります。幅が合わなければマットケースに入らず入れることが不可能になってします。ヨガマットとケースを同時に買う場合はしっかりと確認して選ぶようにしましょう。

ヨガマットの素材で選ぶ

ヨガマットに使われる素材として有名なのは7種類ほどありますが、初心者におすすめされるヨガマットの素材といえば「PCV・EVA・TPE」の3種類です。最も価格が安いのはPVC素材の、軽量で水洗い可能なEVA素材、高級素材である天然ゴムに近い性質をもったTPEがあります。

 

一般的に初心者におすすめと言われているのは安価なPVC素材のヨガマットとなりますが、安い以外に取り柄もほんとんどない素材です。ヨガを続けるかどうかわからないけどとりあえずスタートしてみたい方におすすめになります。

 

EVAは水に強く、軽いのが特徴でヨガマットに向いている優れた素材になります。軽いため持ち運びしたい人にはおすすめの素材となります。TPEは天然ゴムに近い素材になります。高いグリップ力とクッション性が特徴になります。ただ熱に弱いため夏の車などでは注意が必要です。

ヨガマットの予算で決める

ヨガマットの値段というのは基本的に「素材」によって変化します。最も安いPVC素材なら1000円以下で買えるヨガマットもありますが、最も優れているヨガマットだと言われる天然ゴム素材の場合は10000円を超えるものもあります。

 

初心者がヨガマットを選ぶときにどれくらいの予算を立てるのが無難なのか、その目安となるのがTPE素材のヨガマットも選択肢に入れることができる5000円~6000円というあたりになります。

 

安ければいい、いつまで続けれるかわからないという人は予算を下げてもいいでしょう。最近では安くてマット厚もある商品もたくさんあります。本当に自分にあったヨガマットを選ぶといいでしょう。

ブランドで選ぶ

ヨガマットにも低価格なノンブランド品から、高価だけど品質のよいブランド品まで様々なヨガマットがあります。そこで気になるのがどこのブランドが初心者にはおすすめなのか。ということです。

 

やはり金銭的な余裕がある場合は初心者でも高級ブランドのヨガマットを選ぶのがおすすめになります。高級ブランドのヨガマットだから初心者には使いこなせないということはありませんし、むしろ安いノンブランドのヨガマットのほうがグリップ力が低く滑りやすいため初心者には使いこなせないということもあります。

 

比較的安価なブランドは、スリア・ナイキ・ヨガワークスあたりですが、下のランキングを見て自分にあったブランドを探してみるのもよいでしょう。

おすすめのヨガマットランキング10選

第10位

RealStone(リアルストーン)

6mm RSG004 ミッドナイト

価格:2,138円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヨガウェアとロゴマークを合わせておしゃれに

横61㎝×縦173㎝×厚み6㎜のPVC素材で作られたヨガマットになります。女性から人気の高いヨガウェアのブランドであるリアルストーン、ヨガマットの性能としては特別目立った点のないPVC素材で作られた6㎜厚のマットです。

 

ヨガのウェアとヨガマットのロゴマークを合わせておしゃれにヨガを楽しみたいという人にはぴったりのヨガマットになります。

サイズ60㎝×173㎝×6㎜重量1.5㎏
素材PVC
第9位

スリア(suria)

HDエコマットプラス

価格:5,724円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高いグリップ力が魅力

サイズは61㎝×183㎝×4㎜のTPE素材で作られたヨガマットになります。PCV素材にはない天然ゴムのような高いグリップ力が魅力となっている商品です。使用しているヨガ上級者からも支持されているヨガマット。

 

値段が5000円台と少し高額にはなりますが、グリップ力の高さと耐久性の高さを考えれば納得のヨガマットになります。カラーもスリアらしいナチュラルなカラーがラインナップされています。

 

また接着剤を一切使用しない製法を採用しているため、嫌なにおいも大幅に軽減されており使用開始時から快適に使用することができます。

サイズ61㎝×183㎝×4㎜重量0.9㎏
素材TPE
第8位

PURE RISE(ピュアライズ)

折りたたみヨガマット

価格:1,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

折り畳んでカバンに収納

横61㎝×173㎝×4㎜のPVC素材で作られたヨガマットになります。トラベルサイズの4㎜と薄めですがなんといっても魅力は折り畳んでカバンなどに収納しやすく800gという超軽量サイズであるということです。

 

折り目は25㎝刻みの正方形になっており、ヨガをする際には体がまっすぐなっているかの平行線として活用できるのも人気のポイントになっています。片付けも持ち運びも簡単にできて、ポーズの平行も確認できるいいとこどりのヨガマットになります。

サイズ61㎝×173㎝×4㎜重量800g
素材PVC
第7位

スマイル(SMILE)

ぷにぷにフィットネスマット

価格:1,915円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サイズは60㎝×180㎝×10㎜のNBR素材で作られたヨガマットです。重量800gと軽く今までにない弾力感が人気の秘密になっています。180㎝と長めなのも大柄な人にはもってこいとなっています。

 

お手入れは、拭い洗い、浸け洗い、中性洗剤OKとなっており清潔に長期の利用が可能なのもうれしいところ。大きいのに軽量で持ち運びに便利なキャリーストラップがついています。

サイズ60㎝×180㎝×10㎜重量800g
素材NBR
第6位

ヨガワークス

ティア

価格:3,736円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エンボス加工で手に貼りつかない

サイズ61㎝×173㎝×6㎜のPCV素材で作られたヨガマットになります。PCV素材ですがカーボンオフセット商品なので環境には配慮されています。エンボス加工になっておりヨガマットのピタっと手に貼りつく感覚が苦手という方にはぴったりの商品になっています。

 

ヨガグッズのブランドとしても定番といっていいヨガワークス、同様のPVC素材で作られたヨガマットの中では少し高めにはなりますが、ヨガワークスの製品なら安心だという有名ブランドの強みから人気の高い商品になっています。

 

重量は1.3㎏と6㎜厚のヨガマットとしては平均的な重さになっていますが、少し動きのある動作にもズレることなく動作を行うことができます

サイズ61㎝×173㎝×6㎜重量1.3㎏
素材PCV
第5位

イージーエス(EGS)

超軽量 EG-3059

価格:599円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超軽量のヨガマット

サイズは61㎝×173㎝×6㎜のPVC素材でつくられたヨガマットになります。超軽量と名の付く通り安価なPCV素材で173㎝という一般サイズで6㎜という十分な厚みを持ちながらも重量はたったの600g。

 

ヨガスタジオなどでレッスンを受ける予定や、普段からよく持ち歩くことの多い人にはぴったりのヨガマットになっています。専用ケースも全面がメッシュで作られており持ち運びの際にも重量が増えることがありません。

 

非常に安いヨガマットでありながらも、6㎜のしっかりした厚さと超軽量という特徴で人気がありヨガ上級者の中にも持ち運び用として使用している人が非常に多いヨガマットになります。

サイズ60㎝×173㎝×6㎜重量600g
素材PVC
第4位

PURE RISE(ピュアライズ)

バッグ付き 厚さ10mm (パープル)

価格:1,790円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

10㎜の厚さが幅広く使える

サイズは61㎝×173㎝×10㎜のPVC素材で作られたヨガマットになります。ヨガだけでなくピラティスや筋力トレーニング、自宅でのエクササイズなど幅広く使うことのできる10㎜厚となっています。

 

カラーバリエーションも豊富なため、ヨガマットは見た目もお気に入りのカラーでやりたいと考える人や、ウェアと色を合わせたいというオシャレにヨガを楽しみたい人からも人気の高いヨガマットになっています。

 

PVC素材の難点であるにおいも軽減されており、10㎜厚でありながらも1.8㎏と持ち運びもできます。専用のバッグもついており厚みと持ち運び両方したいという方にもおすすめのヨガマットになっています。

サイズ61㎝×173㎝×10㎜重量1.8㎏
素材PCV
第3位

DABADA(ダバダ)

厚さ10mm 収納ケース付 (オレンジ)

価格:1,598円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

厚みと軽さの両立

サイズは61㎝×183㎝×10㎜のNBR素材で作られたヨガマットになります。格安ヨガマットの定番であるPCV素材の欠点を補うNBR素材を使用していながらも1500円台前後で手にはいるコスパの非常に高いヨガマットになります。

 

ヨガ以外でのピラティスや筋力トレーニング、自宅でのエクササイズにも使用できる10㎜厚でありながら断熱構造となっており床からの体の冷えを気にすることなくヨガに集中できるのが魅力のひとつです。

 

180㎝とサイズも長く10㎜厚でありながらも重量が800gという異常な軽さも魅力のひとつ。収納ケースもついており持ち運び能力は抜群でしょう。

サイズ61㎝×183㎝×10㎜重量800g
素材NBR
第2位

Soomloom

YOGA MAT

価格:1,790円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

10㎜のニトリゴムを使用

通常のヨガマットとは異なり、10㎜のNBRを使用しているためクッション性が非常に高く体への負担が軽減さる構造になっています。また断熱素材から床が冷たくても冷えにくく安心してヨガに集中できます。

 

10㎜厚なのでヨガ以外にも、ピラティスや筋力トレーニング、自宅でのエクササイズにも安心して使用可能。サイズも61㎝×183㎝×10㎜と大きく安心して使える大きさになっています。

 

便利な収納ケースもついており重量は1.1kgと持ち運びも簡単になっておりヨガ教室のインストラクターが使用されているケースも多いほど上級者でも気に入るヨガマットになっています。

サイズ61㎝×183㎝×10㎜重量1.1㎏
素材NBR
第1位

グロング(GronG)

ヨガマット n0325

価格:2,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

もちもちのヨガマット

サイズは60㎝×180㎝×10㎜のセルラーラバー素材のヨガマットになっています。ヨガとの併用もOKのトレーニングマットとして開発されただけあっと極厚の10㎜は体重をかけても体が痛くならないのがポイント。

 

180㎝のロングサイズのため、男性が使用しても窮屈さを感じることなく使用することができます。ご家族で、ご主人は筋力トレーニング、奥様はヨガなどと使い分けることも可能になるのはありがたいですね。

 

また10㎜であるため、筋トレ道具などで床を傷つけることもなく使用することができます。騒音・防音対策も万全で安心して使用することができます。

サイズ60㎝×180㎝×10㎜重量840g
素材NBR

おすすめヨガマット一覧

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5016315の画像

    グロング(GronG)

  • 2
    アイテムID:5016302の画像

    Soomloom

  • 3
    アイテムID:5016258の画像

    DABADA(ダバダ)

  • 4
    アイテムID:5016203の画像

    PURE RISE(ピュアライズ)

  • 5
    アイテムID:5015330の画像

    イージーエス(EGS)

  • 6
    アイテムID:5015327の画像

    ヨガワークス

  • 7
    アイテムID:5015284の画像

    スマイル(SMILE)

  • 8
    アイテムID:5015254の画像

    PURE RISE(ピュアライズ)

  • 9
    アイテムID:5015240の画像

    スリア(suria)

  • 10
    アイテムID:5014854の画像

    RealStone(リアルストーン)

  • 商品名
  • ヨガマット n0325
  • YOGA MAT
  • 厚さ10mm 収納ケース付 (オレンジ)
  • バッグ付き 厚さ10mm (パープル)
  • 超軽量 EG-3059
  • ティア
  • ぷにぷにフィットネスマット
  • 折りたたみヨガマット
  • HDエコマットプラス
  • 6mm RSG004 ミッドナイト
  • 特徴
  • もちもちのヨガマット
  • 10㎜のニトリゴムを使用
  • 厚みと軽さの両立
  • 10㎜の厚さが幅広く使える
  • 超軽量のヨガマット
  • エンボス加工で手に貼りつかない
  • 折り畳んでカバンに収納
  • 高いグリップ力が魅力
  • ヨガウェアとロゴマークを合わせておしゃれに
  • 価格
  • 2000円(税込)
  • 1790円(税込)
  • 1598円(税込)
  • 1790円(税込)
  • 599円(税込)
  • 3736円(税込)
  • 1915円(税込)
  • 1580円(税込)
  • 5724円(税込)
  • 2138円(税込)
  • サイズ
  • 60㎝×180㎝×10㎜
  • 61㎝×183㎝×10㎜
  • 61㎝×183㎝×10㎜
  • 61㎝×173㎝×10㎜
  • 60㎝×173㎝×6㎜
  • 61㎝×173㎝×6㎜
  • 60㎝×180㎝×10㎜
  • 61㎝×173㎝×4㎜
  • 61㎝×183㎝×4㎜
  • 60㎝×173㎝×6㎜
  • 重量
  • 840g
  • 1.1㎏
  • 800g
  • 1.8㎏
  • 600g
  • 1.3㎏
  • 800g
  • 800g
  • 0.9㎏
  • 1.5㎏
  • 素材
  • NBR
  • NBR
  • NBR
  • PCV
  • PVC
  • PCV
  • NBR
  • PVC
  • TPE
  • PVC

まとめ

初心者から上級者まで、おすすめのヨガマットランキング10選はいかがでしたか。お気に入りの一枚を見つけることでヨガへのモチベーションも気持ちも盛り上がります。ぜひ、お気に入りの一枚をみつけてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ