記事ID137112のサムネイル画像

【ジムで汗をかこう】人気のジム用バッグおすすめランキング10選

ジムで運動して汗を流すのはとても気持ちいいですよね。そんなジムにいくためのバッグに、どのようなこだわりがあるでしょうか。ジム用のウェアなど入れるべきものはたくさんありますよね。今回はそんなジムに行くときに使えるバッグをご紹介していきます。

ジムで気持ちのいい汗をかこう

ジムに行って運動をしたことはありますか。様々な機器がそろうジムは、自分がどのように体を鍛えたいかという希望に合わせた運動を行うことができますよね。トレーナーについてもらって指導することもできますし、自分のペースで行うこともできるのが魅力です。

 

ジムに行くには、様々なものが必要になってきます。ジム用のウェアやタオル、飲み物など、意外とジムで運動するときに必要なものはたくさんあります。そんなときにどのようなバッグに入れて持って行ってますか。

 

今回は、ジムに持っていくのにおすすめのバッグをご紹介していきます。ぜひチェックしてみて、快適にジムで運動をしてくださいね。

ジム用バッグの選び方

ジムに使うバッグはどのように選んだらいいのでしょうか。いくつかのポイントをご紹介していきます。自分がどのようなスタイルでどのような運動をするかで異なってきますので自分に合ったジム用バッグを選んでくださいね。

バッグのタイプで選ぶ

ジムで使うバックは、主にリュックタイプかボストンバックタイプか、トートバッグタイプかに分かれます。分かれます。どちらも様々なブランドがより使いやすいようなバッグを発売していますが、自分の好みのバックを選んで下さいね。

 

リュックタイプ

リュックタイプの良さは、やはり持ち運びのしやすさです。飲み物などをいれると意外とジム用バッグは重くなってしまいます。そんなときでも持ち運びやすいのがリュックタイプの魅力的な点です。

 

スポーツバックとしての発売もされているほか、アウトドアや登山で使う用にリュックは様々なタイプが発売されています。より大容量のものだったり、より楽に背負うことができるタイプなどそれぞれ好みのリュックを選ぶことができます。

 

ジムまで自転車で行く人には特にリュックタイプはおすすめです。ジム用バッグはサイズも大きくなってしまうので、リュックタイプは自転車でも快適に移動ができます。または歩いて行く人でも重い荷物を持っていく必要があるので、ぜひリュックタイプを試してみてください。

ボストンバッグタイプ

ジム用バッグとして多く普及しているのは、主にボストンバッグのようなバッグタイプではないでしょうか。様々なスポーツブランドから発売されているため、自分の好きなブランドのバッグを選ぶことができます。

 

ボストンバッグタイプは、開口部が広いため中の荷物を一度にしっかりと確認ができます。ジムには必要なアイテムがとても多いので、必要なものをゴソゴソ探すことなく取り出すことができるのも魅力です。

 

また、手持ちだけでなく肩かけもできるバッグは、他に仕事用のカバンを持っているときなどでも、より楽に持ち運びができます。

 

 

トートバッグタイプ

トートバッグタイプの特徴は、仕事場に持って行っても目立たないようなデザインのバッグであるということです。仕事帰りにジムに行きたいという人もいらっしゃいますよね。そういった人の中にはボストンバッグを仕事場に持っていくのに躊躇する人もいるのではないでしょうか。

 

仕事場に持っていきやすいトートバッグなら、目立つことなく仕事場に置いておけます。日常使いしやすいデザインもたくさんありますので、その中からぜひ自分の好きなデザインのバッグを選んでみてくださいね。

 

しかし、トートバッグは、ボストンバッグに比べると容量が少ないものもあるので、ジムに使うアイテムが入りきらないといったことも考えられます。ぜひトートバッグを検討するときには、荷物がすべて入りきるかということに気を付けてください。

容量で選ぶ

どういった運動をするかで、ジムに持っていくものは違います。ジムに必要なアイテムをすべてバッグに収めるためにも、容量は大切です。小さすぎては収まりませんし、大きすぎても持ち運びに不便です。自分に必要な容量のバッグを選びましょう。

~20Lの小さめのバッグ

ジムには、気軽に運動したいという人も、本格的に体を鍛えたいという人も通っています。それぞれ目的によって選ぶバッグの容量が異なってきます。気軽に運動がしたい人はぜひ20Lまでの小さめのバッグを選んでみてはいかがでしょうか。

 

大きなバッグを持ってジムに行くのは、それだけで大変ですよね。ジム通いを続けるためにもなるべく気軽に行けることは大切です。荷物が少ないという人は、小さめのバッグを使ってみてはいかがでしょうか。

 

小さめのバッグで注意が必要なのは、シューズなど場所をとるものが入れるのが難しいということです。自分の必要なジムのアイテムをしっかりと考慮して選ぶことが大切です。

20~30Lのバッグ

ジムに使用するバッグに適した容量は20Lから30Lのバッグといわれています。どのくらいの容量のバッグを買うべきか悩んでいる人は、20Lから30Lのバッグを選んでみてはいかがでしょうか。

 

この容量のバッグだと、多くのブランドからスポーツバッグは発売されています。多くの選択肢の中から選ぶことができるのも魅力的です。その中から、さらに自分にあった機能を持つバッグを選ぶことが大切です。

 

一般的にジムで必要なアイテムはほぼ収めることができるのでバッグ1つを持ってジムに通うことができます。

30L以上のバッグ

30L以上の大きなサイズのバッグを使用する人は、ジムに多くのアイテムを持っていく必要がある人です。本格的にジムで体を鍛えたい人で多くのアイテムが必要な人はぜひ大きめのバッグを選んでみてください。

 

しかし、大きめのバッグはそれだけ重くなってしまいます。持ち運びに不便なこともありますので、できる限り荷物を軽くするようにしましょう。また、ジムによっては貸ロッカーなどもありますので、そういったものを利用するようにしてはいかがでしょうか。

機能で選ぶ

ジム用バッグの中には、様々な機能、特徴があるバッグがあります。そういった機能、特徴でバッグを選ぶこともポイントの1つです。今回は特に多い機能をご紹介していきますのでぜひチェックしてみてくださいね。

防水機能

特にジムでプールを利用する人は、防水加工がされたバッグを選ぶことをおすすめします。プールでは、濡れたものを扱うことも多いですし、体も濡れてしまいます。ふとしたときにバッグが濡れてバッグの中身も一緒に濡れてしまうことを防ぐためです。

 

防水加工がされているバッグは、濡れてもすぐに乾かすことができるのもポイントです。いつまでも濡れたままだと、持ち運びにも不便ですし、匂いの原因となってしまいます。タオルなどでサッとふくことができるのも魅力的です。

 

ジムで運動をした後は、濡れたタオルやウェア、水着などを入れて持ち帰りますよね。帰った時にタオルなどと同じようにサッと洗って干しておけば、常に清潔にバッグを保つこともできます。

 

シューズ専用の収納スペースがある

ジムでランニングやトレーニングをする際には、多くの人がジム用のシューズを履いて行うのではないでしょうか。シューズは意外とジムで使うアイテムの中ではバッグの場所をとります。そこで、シューズ専用の収納スペースがあるバッグをおすすめします。

 

ジムには様々なアイテムを持っていくため、できるだけバッグの中は整理したいですよね。バッグの中で大幅なスペースをとるシューズがあると他のアイテムが入れることができませんし、取り出そうにもシューズが邪魔をしてしまうこともあります。

 

シューズ専用の収納スペースのあるバッグを使うとシューズをすっきりと入れることができるので、バッグの中身の整理がしやすいです。また、ジムの中でシューズを履いているときはジムまで履いてきた靴を入れておくこともできます。

おすすめのジム用バッグ10選

ここからは実際にジムで使用するのにおすすめのバッグをご紹介していきます。これまでにご紹介した通り、様々なポイントでバッグを選ぶことが大切なので、ぜひ実際のバッグを見て自分に合ったバッグがないかチェックしてみてくださいね。

第10位

Kvantym

ボストンバッグ

価格:2,700円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルなデザインと大容量が魅力

ポケットも多すぎないシンプルなデザインながら大容量が魅力のバッグは、年齢、性別を問わずジム用バッグを探している様々な人におすすめできるバッグです。

 

シューズ収納部も側面についているため、ジムでシューズを使う人でもウェアなどと別にして持ち運ぶことができます。また、プールなどを利用するためシューズを使わない人でも、小物などを別にして入れたいときに便利です。

 

サイズ290×490×295mm重量889g
容量41Lシューズ収納部
防水
第9位

adidas

OPSバックパック

価格:4,945円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使いやすくスタイリッシュなデザイン

プロアスリートからのフィードバックを元に作られたこのバッグは、使いやすさ、持ち運びやすさ、耐久性などがしっかりと考えられているバッグです。長く快適に使えるバッグなので、ジム通いを長く続けたいという人にもおすすめです。

 

開口部が上部についており、大きく開くので中身を取り出したいときにすぐに探せて取り出せるのが特徴です。外側には細かいポケットがいくつかついているため、小さなものをメインの収納部を開けることなくすぐに取り出せます。

 

ボックス型でスタイリッシュなデザインも魅力的ですので、バッグのデザインにこだわりたいという人はぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

サイズ290×520×160mm重量990g
容量26Lシューズ収納部
防水
第8位

GREGORY

マイティートート

価格:4,590円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

職場にもなじむシンプルなトートバッグ

仕事帰りにジムに行きたい人などにおすすめの、職場に持って行っても馴染むシンプルなデザインのトートバッグです。開口部にはファスナーがついているため、中身が見えたり、飛び出してしまう心配もありません。

 

底の部分の幅が広めなため、多くの荷物を入れることができます。水筒やシューズなども入れやすい形になっています。内側にポケットがついているため、細かいものを別に入れておけるため、探す手間が省けるのもうれしいポイントです。

 

日常使いしやすいバッグですので、ジムに行く前や後でジム以外の場所で持っていても、違和感なく持つことができます。

サイズ330×420×150mm重量310g
容量25Lシューズ収納部
防水
第7位

TRAGHT

スポーツバッグ

価格:2,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4種類の持ち方ができる多機能バッグ

クールなデザインが特徴のこのバッグは、手で持つこともできますし、リュックにもなったり、ショルダーストラップがついているので肩にかけることもできますし、スーツケースに固定することも可能という好みに合わせて4種類の持ち方ができるバッグです。

 

USBポートとイヤホンポートがあるため、バッグを持ちながらでも気軽にスマーフォンの充電や操作を行うことができます。TSAロックもついているため海外でも気軽に使うことのできるのも魅力的です。

 

シューズを入れることのできるスペースもあるなど、ジムに使うバッグとしてあらゆる機能がそろったバッグです。50Lと大容量なので、荷物が多い人、このバッグ1つでジムで使うアイテム以外も入れたいという人におすすめです。

サイズ290×550×220mm重量820g
容量50Lシューズ収納部
防水
第6位

ASICS

EBG443

価格:1,641円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルでお手頃価格なバッグ

とにかくシンプルを追求したバッグです。シューズ収納部や防水といった機能やポケットはなく収納部はメインの部分のみになりますが、シンプルで使いやすいバッグが欲しいという人はぜひこちらのバッグを選んでみてはいかがでしょうか。

 

シンプルなバッグの良さは、物の出し入れが簡単なのと、物を探すときにとにかくメインの収納スペースのみを探せばいいので楽に探すことができる点ですよね。バッグにとにかく必要なものを入れてすぐに持ち運びができるのも、シンプルなバッグの良い点です。

 

シンプルなので、ジム用としてだけでなく様々な用途としても使いやすいのも魅力的な点です。旅行用など様々な用途として使いたいという人にもおすすめです。お手頃な価格なのも選びやすいポイントです。

 

サイズ280×550×280mm重量230g
容量33Lシューズ収納部
防水
第5位

DESCENTE

DMANJA31

価格:1,922円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使わない時はコンパクトにできる

軽量で誰もが使いやすいトートタイプのこのバッグは、使わない時はコンパクトに畳むことができるのが特徴です。頻繁にジムに行くわけではない人におすすめのバッグです。

 

ジムに行く頻度は人によってそれぞれです。週に何度も行く人もいれば、たまにしかいかない人もいます。ジム用のバッグは容量が大きいものも多く、家の中に置いておくときに置き場所に困ることもあると思います。

 

頻繁にジムに通う人はジムに使うアイテムを入れておいてすぐに持っていけるようにすることが大切ですが、たまにしかいかない人は、家の中でコンパクトに収納できることも考えることも、バッグを選ぶポイントの1つです。

サイズ340×400×180mm重量190g
容量25Lシューズ収納部
防水
第4位

Voimakas

ボストンバッグ

価格:2,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

誰もが使いやすいバッグ

防水機能もあり、通気性もいいためジム通いやスポーツをする際にぴったりのバッグです。シンプルなデザインのため、女性でも男性でも使いやすいバッグです。

 

バッグの側面にシューズ収納部がついているため、ウェアやタオルなどとシューズを別に収納することができたり、防水性のある布で作られているため、プールなどでの使用にもおすすめです。

 

乾湿分離ポケットもついているため、濡れたものと乾いたものを別々に収納することができます。容量が25Lであり、ジムに適したサイズですので、誰もが使いやすいジム用バッグです。これからジムに通い始めるという人におすすめのバッグです

サイズ260×425×195mm重量550g
容量25Lシューズ収納部
防水
第3位

The Friendly Swede

ダッフルバッグ

価格:5,499円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐久性と防水性に優れたバッグ

高い防水性と耐久性に優れた生地を使用しているため、中の荷物を水からしっかりと守ってくれます。大きさも、今回ご紹介する30Lの他に60Lと90Lから選べるため、専門的な器具を入れて持ち運びたいときには60Lや90Lを選ぶなどと目的に合わせて選ぶことができます。

 

カラーバリエーションもシンプルな黒からはっきりとした色合いの黄色やピンクなどもありますので、自分の好みの色を選ぶことができます。大きさ、色共に選択肢の広いため、他の人と見た目が被りたくないという人はぜひおすすめのバッグです。

サイズ50×29mm重量1300g
容量30Lシューズ収納部
防水
第2位

RoLekim

ボストンバッグ

価格:1,400円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

濡れたものと乾いたものを別に入れられる

四角い形が特徴的なこのバッグは、メインの収納部を開けると中央に仕切りがあり、一方には濡れたものを、一方には乾いたものを入れることができるため、乾いたものが濡れる心配もありません。水着を入れるのにも適したバッグです。

 

また、下部にはシューズ収納部もついているため、シューズとウェア、タオルなどを別に収納することも可能です。様々なアイテムをしっかりと整理をしてバッグの中に収めたいという人におすすめのバッグです。

サイズ390×400×180mm重量400g
容量21Lシューズ収納部
防水
第1位

adidas

EPS 2.0

価格:4,430円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持ち手が3WAYで使える

耐久性の高いポリエステル生地でできたバッグのため、プールやジムで使っていても長く使えるバッグです。シューズ収納部もついています。

 

リュックタイプとしても、ショルダーバッグとしても、ダッフルバッグとしても使用可能なため、その時に応じた持ち方ができるのが特徴です。メインの収納口はコの字型にファスナーがついているため大きく開けることができ、中身が取り出しやすいのが魅力的です。

 

スポーツ有名ブランドであるアディダスのスポーツバッグなので、ブランドにこだわってバッグを選びたい人にもおすすめのバッグです。

サイズ270×540×260mm重量670g
容量35Lシューズ収納部
防水

おすすめのジム用バッグ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5007908の画像

    adidas

  • 2
    アイテムID:5007929の画像

    RoLekim

  • 3
    アイテムID:5007949の画像

    The Friendly Swede

  • 4
    アイテムID:5007898の画像

    Voimakas

  • 5
    アイテムID:5007941の画像

    DESCENTE

  • 6
    アイテムID:5007917の画像

    ASICS

  • 7
    アイテムID:5007879の画像

    TRAGHT

  • 8
    アイテムID:5007922の画像

    GREGORY

  • 9
    アイテムID:5007936の画像

    adidas

  • 10
    アイテムID:5007946の画像

    Kvantym

  • 商品名
  • EPS 2.0
  • ボストンバッグ
  • ダッフルバッグ
  • ボストンバッグ
  • DMANJA31
  • EBG443
  • スポーツバッグ
  • マイティートート
  • OPSバックパック
  • ボストンバッグ
  • 特徴
  • 持ち手が3WAYで使える
  • 濡れたものと乾いたものを別に入れられる
  • 耐久性と防水性に優れたバッグ
  • 誰もが使いやすいバッグ
  • 使わない時はコンパクトにできる
  • シンプルでお手頃価格なバッグ
  • 4種類の持ち方ができる多機能バッグ
  • 職場にもなじむシンプルなトートバッグ
  • 使いやすくスタイリッシュなデザイン
  • シンプルなデザインと大容量が魅力
  • 価格
  • 4430円(税込)
  • 1400円(税込)
  • 5499円(税込)
  • 2999円(税込)
  • 1922円(税込)
  • 1641円(税込)
  • 2999円(税込)
  • 4590円(税込)
  • 4945円(税込)
  • 2700円(税込)
  • サイズ
  • 270×540×260mm
  • 390×400×180mm
  • 50×29mm
  • 260×425×195mm
  • 340×400×180mm
  • 280×550×280mm
  • 290×550×220mm
  • 330×420×150mm
  • 290×520×160mm
  • 290×490×295mm
  • 重量
  • 670g
  • 400g
  • 1300g
  • 550g
  • 190g
  • 230g
  • 820g
  • 310g
  • 990g
  • 889g
  • 容量
  • 35L
  • 21L
  • 30L
  • 25L
  • 25L
  • 33L
  • 50L
  • 25L
  • 26L
  • 41L
  • シューズ収納部
  • 防水

まとめ

ジム用におすすめのバッグをご紹介してきました。快適にジムで運動をするためにもどういったバッグを選ぶかはとても重要です。ぜひ自分に合ったバッグを選んで、ジムで気持ちよく運動して汗をかいてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ