【2021年最新版】デジタルアンプの人気おすすめランキング20選

記事ID137085のサムネイル画像

近年、多種類で性能もアップしているデジタルアンプの人気が急上昇中です。高音質なものから、低価格での提供をしてくれるデジタルアンプまで登場しており、あなたの使い方次第で色々と変化させられます。これから人気が上がってくること間違いなしのデジタルアンプを紹介します。

デジタルアンプとは?

デジタルアンプとは、ギター用のアンプではなくオーディオとスピーカーをつないで、サウンドの環境をコントロールすることができる電子機器のことです。以前はノイズが入ってしまったり音が途切れるなど、アナログアンプと比較して音質は圧倒的に悪いという評価でした。

 

しかし、近年のデジタルアンプは高音質でどこにでも持っていけるサイズのアンプが続々と販売されています。そこで今回はデジタルアンプの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

 

記事の最後に自作でデジタルアンプを作る方法についてもご紹介していますので、是非最後までご覧になってください。

デジタルアンプの選び方

たくさんの種類が出ているデジタルアンプですが、その性能は1つ1つの機種で異なります。スピーカーとの組合せを変えるだけでも変化し、デザインを自室のインテリアの雰囲気に馴染ませたり音質以外の部分でも全く違ってきます。

デジタルアンプの種類で選ぶ

まず最初に紹介するのはデジタルアンプの種類です。今回は「中華デジタルアンプ」、「プリメインアンプ」の2種類についてそれぞれの特徴をご紹介します。自分の求めている機能や性能を確認して選ぶようにしましょう。

コストパフォーマンスの重視の「中華デジタルアンプ」

日本製のアンプと違ってコストパフォーマンスに優れているのが、従来のアナログアンプとは異なりデジタル方式で増幅するd級アンプと呼ばれる中華デジタルアンプです。

 

この中華デジタルアンプは数千円で買えるのに高出力が可能で、小型で軽量で省電力という特徴があります。ハイエンドなアナログアンプにも劣らない性能なのでコストパフォーマンスが抜群に良いです。

プリアンプとパワーアンプを融合させた「プリメインアンプ」

音楽に特化したスピーカーのプリメインアンプは国産のアンプです。より良い環境の中で音楽を楽しみたいという方には是非、見てもらいたいです。近年だと、ハイレゾ対応モデルも販売されたりして、ラインナップも増加しています。

 

プリメインアンプは2種類の異なる役目のアンプが合体したものなのです。その2種類というのが入力切替や音質、音量の調整を行ってくれたり、電圧増幅を行うプリアンプと、信号を受け取り増幅させて、パッシブタイプのスピーカーに送り変換するパワーアンプのことです。

 

これらが同時に導入されているのがプリメインアンプです。やCDプレーヤーなどの再生機器にスピーカーを接続して、音質調整・音量調整・入力切替まで行えるのが特徴です。また、inからoutまで一貫してデジタル処理するアンプをフルデジタルアンプといいます。

スピーカーと組み合わせて選ぶ

デジタルアンプを購入する際は、接続するスピーカーとの組み合わせでも選ぶポイントは変わってきます。ここでは広い空間で音を出す用の「大きいスピーカー」と、室内で音を出す用の「小さいスピーカー」の2種類についてそれぞれご紹介します。

広い空間で音を出したいのなら「大きいスピーカー」

広い空間では音を遠くまで響き渡るように鳴らさなければなりません。室内だけでなく、屋外でも使用したいと思っている方も、スピーカーのサイズは確認しておかないといけないポイントでしょう。

 

音を遠くへ届けたい時は、出力ワット数が大きいデジタルアンプと、大きいスピーカーの組み合わせにするのがいいでしょう。通常だと、大きいスピーカーであればあるほどワット数の許容電流量が大きいです。

 

そのためデジタルアンプの出力ワット数が大きいものの方が故障が少なく、大音量の音を出すことが可能になります。もし100ワットを出すような大出力のデジタルアンプでも、許容電流量のあるサイズの大きいスピーカーであれば心配することなく使用できます。

室内で利用するなら「小さいスピーカー」

自室で聴く際には、ほとんどの方はあまり大きい音量を必要としないので、大きいスピーカーは必要ありません。選択肢は必然的にサイズの小さいスピーカーで対応可能になります。

 

通常、小さいスピーカーは許容ワット数も低いです。デジタルアンプも出力が100ワットを超えるようなものだとオーバースペックとなってしまいます。つまり、デジタルアンプもワット数が小さいものが適しています

 

デジタルアンプが10ワット程度のものであっても、十分響き渡るような迫力あるサウンドを出してくれます。また、小さいスピーカーで許容ワット数が低いものと組み合わせすると、ワット数がかけ離れ過ぎて故障の原因になりかねないので注意が必要です。

デザインで選ぶ

デジタルアンプはインテリアの1つとして重要な役割を果たすこともあります。最近のデジタルアンプはデザイン性にも優れた製品を各メーカー続々と販売しています。

 

例えば、シックなものやレトロな雰囲気を醸し出すデザインのもの、シンプルなデザインのものなどが登場しています。使用する部屋のインテリアや内装の雰囲気で選ぶ機種も変わってくるでしょう。

 

オーディオ周りのインテリアで部屋の印象が変わるので、見た目を重視してデジタルアンプを選ぶのも1つの手段です。配置がイメージとマッチングした時にインテリアとしての満足感も高くなるはずです。

素材で選ぶ

デジタルアンプの筐体としてアクリル板やアルミ、鉄など素材は様々なもので作られています。持ち運ぶこともよくあると思いますが、手触りも大事な要素なので、素材にこだわるのもおすすめです。

 

デジタルアンプの多くに使用されているのが鉄またはアルミですが、艶消し処理や、くぼみがつけられているなど、特徴のあるものも販売されています。そういった音質以外への着眼点も重要です。

 

長い期間使用し続けるものなので、音を増幅させる装置としての要素はもちろんのこと、素材や形状にも注目して、愛着のわく商品を選んでみてはいかがでしょうか。

Bluetoothの有無で選ぶ

Bluetooth接続ができる機種も多数あります。Bluetoothが搭載されているデジタルアンプではワイヤレス接続が可能なため、ケーブル類がごちゃごちゃすることもありません。スマートにオーディオ周りを整えることができます。

 

また、タブレットやスマートフォンなどのデバイスと接続が可能なものも多く登場しています。イヤホンジャックがないスマートフォンとも接続ができるうようになり楽しむ幅が広がるのも魅力です。

 

スマートフォンやパソコンの中にある音楽ファイルを聴くのにはBluetooth対応のデジタルアンプが適しています。手軽な接続ができる上に、1度登録することができれば毎回ペアリングする必要もありません

中華デジタルアンプの人気おすすめランキング10選

製造終了の人気中華アンプLP-2020の後続機

大人気だったLP-2020の後継機として開発されたこちらの商品は、外見は変わりませんが中身が大幅に改良されました。

 

ICの変更と基盤の改良で聴きやすくなり、インダクタコイルはTDKを採用しています。またオペアンプはNE5532を搭載したことで、よりクリアな音質になっています。

サイズ 14×11.8×4.1cm Bluetooth ×

口コミを紹介

もの凄く前(3年以上?)にDACなんかと購入して使ってましたけど、今でも故障もなくちゃんと動いています。
凄く安いのに、めちゃくちゃ普通に良い音がします。

出典:https://www.amazon.co.jp

ハイエンドオーディオ製品

こちらの商品は、ユーロと日本プロアンプ、DACテクノロジの技術を引き継いで、電源回路保護インジケータを使用したハイエンドオーディオ機器です。

 

一般的なデジタルアンプに比べてかなりコンパクトなサイズになっていて、ハイグレードアルミシェルを使用しており酸化に強く、耐久性にも優れています。

サイズ 17x10x3.5cm Bluetooth ×

口コミを紹介

本体、電源アダプターとも発熱は少なく、4年ほど使用している同S.m.S.L社の32bit
DACとデザイン的に統一がとれていること、バナナプラグ対応でステレオ→モノラル
の切り替えが容易であることも期待していたとおりでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

オーディオ オブ・ザ・イヤー2018受賞モデル

こちらの商品は、家電情報誌 「家電批評」2018年12月号で発表の「オーディオ オブ・ザ・イヤー2018」のクラスDアンプ部門において、ベストバイを受賞しました。

 

TUBE-01というFX-AUDIO-ブランドの世界共通モデルから、日本専売モデルとして発売されたこちらの商品は、見掛け倒しの真空管ルックオーディオではなく、しっかりとしたオーディオ製品として高音質な仕上がりになっています。

サイズ 9.5x9.95x6cm Bluetooth ×

口コミを紹介

安い・早いという中国工場の体力に、繊細で緻密な日本人の知恵と感性が、ドッキングした成果でしょう。ハイエンドのてっぺんで一喜一憂してきたオーディオマニアの方から、ビギナーのかたまで目からウロコの製品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパ最強

こちらの商品は、7.8x7x3.8cmという片手に乗ってしまうほどのコンパクトなサイズなのに、100Wという大出力のデジタルアンプです。

 

さらにBluetooth接続も可能なのでスマートフォンやタブレットからワイヤレスで音楽を流すことが出来ます。そして何よりも、これだけの高性能で3345円というコストパフォーマンスの高さが最大の特徴です。

サイズ 7.8x7x3.8cm Bluetooth

口コミを紹介

Bluetoothも簡単に繋がったし、ちっちゃいから場所とらないし、消費電力小さいけど十分パワーがあるし。たまにノイズが入るけど3000円なら文句は言わない。アンプは重たくて、でっかいのが良いって概念が変わりました。後は耐久性だけです。

出典:https://www.amazon.co.jp

パナソニック社のAN7190オーディオアンプICを使用

日本を代表する家電メーカー、パナソニックのオーディオアンプICを使用したこちらの商品は、低音の歪みを正確に再現できます。

 

外形寸法は約14×9.8×4.1cmで、重さが約240gという小型・軽量が特徴のポータブルアンプです。携帯性に長けていて、車やバイクなどに取り付けて音楽を楽しみたいという方にもおすすめです。

サイズ 14×9.8×4.1cm Bluetooth ×

口コミを紹介

普通に音が出ます。素直な音質です。濁りもなく爽やか、わりとしっかりしてます。特に気になる癖は感じません。手頃なパワーアンプとしてはなかなかの性能かと感じます。このスペックでこのお値段は安すぎると感じる♪

出典:https://www.amazon.co.jp

リモコンで遠隔操作が可能

50Wx2の大出力アンプで臨場感のあるれる演出を楽しめます。特に映画マニアの方々にとっては最適な商品です。

 

Bluetoothに対応しているので、ワイヤレスでスマートフォンやタブレットから音楽を再生することも可能なうえ、付属のリモコンで遠隔操作も行えます。ただし、電源アダプタは別売りなので注意してください。

サイズ 16.8x12.2x6.2cm Bluetooth

口コミを紹介

50w✕2のスピーカー駆動に発揮します。フルレンジでは高低音ともかなりクリアな音が出ました。

出典:https://www.amazon.co.jp

最新の規格、Bluetooth5.0を搭載

USBメモリ・TFカードに対応しており、直接記録メディアに保存したMP3ファイルを再生できるので、音楽を気軽に楽しむことが出来ます。

 

また、レイテンシーが少なく音が途切れることも少ない最新のBluetooth5.0規格を採用しているためクリアな音質で快適な音楽環境を手に入れることが出来ます。

サイズ 20.2x17.4x5.6cm Bluetooth

口コミを紹介

翌日に届きました。この機器で中華アンプ3台目になります。コスパ最高の機器ですね。AC電源で起動するので別途にACアダプターを買う必要が無いのが良いですね。届いたら直ぐに使えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

シンプルでコンパクトなデザイン

HiFiサウンドを追求する顧客専用に設計されたこちらの商品は、シンプルでコンパクトなデザインながら実用的で強力なHi-Fi Bluetoothアンプです。

 

最新のBluetooth5.0規格を採用しており、ポップ音やノイズも少なく低レイテンシーも実現されています。接続範囲は最大33フィートと広範囲にわたって強固な接続を可能にしています。

サイズ 25.6x20.29x8cm Bluetooth

口コミを紹介

PC音源からイヤホンジャックからDENON SC M37スピーカーへの再生用に購入しました。(USB DACは未使用)大変コンパクトで机上の空きスペース利用で配置できます。
高音、低音と好みで変えられるので音質は満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

便利なリモコン付属

マイクのエコー調整機能が搭載されたこちらの商品は、本格的なカラオケを手軽に楽しむことができます。出力は50W×2のHiFiステレオサウンドで、チューニング次第で最大150Wの出力にも対応することが出来ます。

 

また、Bluetoothに接続可能で付属のリモコンを使って遠隔操作も可能です。さらにUSBメモリ、SDカードに対応しているので、記録メディアに保存したMP3ファイルを直接再生可能です。

サイズ 18×6.5×19.3cm Bluetooth

口コミを紹介

音楽は極端なエフェクト(LIVEモードなどの味付け)がついてなく、
アーティストの出したい音が忠実に出てるのがいいですね。
あとは聴く人のお好みで低高音やBASSを調節すればいいだけです。

出典:https://www.amazon.co.jp

最大20mまでワイヤレス接続可能

シンプルでコンパクトなデザインでありながら実用的でパワフルなこちらのデジタルアンプは、TI TPA3116D2チップを採用して、クリアで明瞭なサウンド・可聴ノイズ・無音時の無音状態を実現しました。

 

さらに最新のBluetooth5.0規格を採用しており、最大で20mまでのBluetooth接続が可能になっています。50W×2の高出力もおすすめポイントです。

サイズ 10.7x8.7x3cm Bluetooth

口コミを紹介

以前は、3000円程度の似たような製品に繋いで音楽を聴いていましたが、音量不足で迫力に欠け物足りなさを感じていました。本製品は、BASSとTREBLEの調整があり、重低音がよく響きパワフルで良質な音を出しており満足しています。コストパフォーマンスの優れた製品で一押しです。

出典:https://www.amazon.co.jp

中華デジタルアンプの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 サイズ Bluetooth
1
アイテムID:5718615の画像
LP-2024A + Tripath TA2024 2,300円

詳細を見る

製造終了の人気中華アンプLP-2020の後続機

14×11.8×4.1cm ×
2
アイテムID:5718618の画像
SMSL SA-98E 13,518円

詳細を見る

ハイエンドオーディオ製品

17x10x3.5cm ×
3
アイテムID:5718621の画像
FX-AUDIO- TUBE-01J 5,420円

詳細を見る

オーディオ オブ・ザ・イヤー2018受賞モデル

9.5x9.95x6cm ×
4
アイテムID:5718624の画像
デジタルアンプ 3,445円

詳細を見る

コスパ最強

7.8x7x3.8cm
5
アイテムID:5718627の画像
Hi-Fi デジタルアンプ 1,400円

詳細を見る

パナソニック社のAN7190オーディオアンプICを使用

14×9.8×4.1cm ×
6
アイテムID:5718630の画像
デジタルアンプ 3,290円

詳細を見る

リモコンで遠隔操作が可能

16.8x12.2x6.2cm
7
アイテムID:5718633の画像
デジタルアンプ 2,599円

詳細を見る

最新の規格、Bluetooth5.0を搭載

20.2x17.4x5.6cm
8
アイテムID:5718636の画像
BT20A 7,999円

詳細を見る

シンプルでコンパクトなデザイン

25.6x20.29x8cm
9
アイテムID:5718639の画像
デジタルアンプ 6,200円

詳細を見る

便利なリモコン付属

18×6.5×19.3cm
10
アイテムID:5718642の画像
BT10A 5,999円

詳細を見る

最大20mまでワイヤレス接続可能

10.7x8.7x3cm

プリメインアンプの人気おすすめランキング10選

エントリータイプのプリメインアンプ

Advanced HCシングルプッシュプル回路を搭載したこちらの商品は、オーディオアンプ設計におけるもっとも重要なテーマである「繊細さと力強さの両立」を実現するために、一般的なトランジスタの3倍のピーク電流供給能力を持つHCトランジスタを採用しています。

 

付属のリモコンでは、こちらのPMA-600NEだけでなく、DCD-600NEなどデノン製のCDプレーヤーを操作することもできます。

サイズ 12.2×43.3×30.7cm Bluetooth

口コミを紹介

DCD600NEとの組み合わせでの印象ですが、低音域から高音域までのバランスが良く、違和感のない素直さがあります。彫りが深くて、歪感が少ない、高級機を思わせる音質に、期待以上の充足感を得ています。価格からは、想像できませんが、とても気持ちが落ち着く深みのある音質です。

出典:https://www.amazon.co.jp

確かな音楽性と、飾らない美しさ

こちらの商品は、192kHz/24bit D/Aコンバーターも内蔵し、音楽信号の純度と正確なステレオイメージを守るシンメトリカル&ダイレクトの「ToP-ART」思想を基本に据えたベーシック・プリメインアンプです。

 

トーン・ラウドネス・バランスの各コントロールと後段バッファーアンプをバイパスし、全入力での音質向上を実現する「ピュアダイレクトスイッチ」を搭載しています。これにより、音の純度が高まり、音源の微妙なニュアンスまでを忠実に再現してくれます。

サイズ 38.7x43.5x15.1cm Bluetooth

口コミを紹介

昔はTORIOのフルコンポでしたが 当時のフルサイズコンポと同等のサイズで黒のデッキ こんなセンスの良い しかも性能も文句無しの品物がこんな価格で買えるなんて夢のようです。リモコンで音量を上げると本体ノブが回るのもびっくり

出典:https://www.amazon.co.jp

ワイドFMチューナーを内蔵

フォノボリュームオフセット(フォノ音量調整機能)をフォノ入力に搭載したこちらの商品は、レコードプレーヤーとCDプレーヤーなどの再生機器の音量差を調整することが可能になっています。

 

また、Bluetoothに対応しているためスマートフォンやタブレットからワイヤレス接続で音楽を再生できます。さらに、FM30局プリセットが可能なワイドFMチューナーを内蔵しているため、FMラジオを楽しむこともできます。

サイズ 28.4x43x13.3cm Bluetooth

口コミを紹介

全体的に気に入りました。FMワイドバンド搭載でPHONO入力付き。わたしの様に古いプレーヤーを今でも持っている方にはうれしいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

エントリーレベルのHi-Fiシリーズ

ケンブリッジオーディオのTopazシリーズは、より個性的なオーディオ製品を購入しようと検討している方にも、コストパフォーマンスとハイクォリティを兼ね備えたセパレートコンポを探しているオーディオファンにも理想的な製品です。

 

また、Phile-webが年に2回開催している電気製品アワード「VISUAL GRAND−PRIX」の2018 Winterメインアンプ部門にて金賞に輝きました。

サイズ 43x34.01x8cm Bluetooth ×

口コミを紹介

正直驚きました。今まで試した国産中級アンプを凌駕する音質だとおもいます。
ワイドレンジの割に柔らかい。
低音の厚みは国産アンプの比では無いかも。

出典:https://www.amazon.co.jp

多様なデジタル入力が魅力

剛性の高い小さなボディへとコンパクトに納められており、クラシックを再生するとコーラスの声が実に張り出し、迫力があります。

 

また、デジタル入力に加えてUSB-DAC機能、aptXに対応したBluetoothを搭載するなど、豊富なデジタル入力にも対応しています。アナログ入力に比べ、表現に連続性がありスムーズで、楽器が立体的に分離されて解像度の高い音楽を楽しめます。

サイズ 25.4x21.49x6.1cm Bluetooth ×

口コミを紹介

コスパ重視の観点から、素晴らしいアンプ内蔵DACです。入力系統は、RCAアナログ、DAPからUSB、光デジタル角型、デジタルコアキシャル、申し分ない拡張性です。出力系統は、内蔵アンプからスピーカー、光デジタル角型、デジタルコアキシャルと多彩です。

出典:https://www.amazon.co.jp

様々なステレオシステムに対応

こちらの商品は、多様な出入力を搭載しており、ブックシェルフ型・タワー型・壁取付型・天井取付型・屋外用など、様々な用途のスピーカーに簡単に接続してステレオ環境を構築することが出来ます。

 

Bluetoothに対応しているのでスマートフォンやタブレットからワイヤレス接続で音楽を楽しむことが出来、Alexaアプリを使ってセットアップも簡単に行えます。

サイズ 21.7x24.2x8.6cm Bluetooth

口コミを紹介

Echo+Alexaならではの「いつでも聴きたい時に聴きたい音楽を」が更に高音質になりましたしテレビでの映画試聴でも"オーディオの音"が楽しめて満足。

出典:https://www.amazon.co.jp

凜としたボーカル表現が印象的

シンプルなでコンパクトなこちらのプリメインアンプは、ダイレクトでモニターしているような音が楽しめるコストパフォーマンスが高い商品です。

 

ジャズでは、グランドピアノの低弦の厚みをしっかりと描き、よりリッチな質感を引き出し、ポップスやロックでは凜としたボーカル表現が特に印象的です。

サイズ 10.8×4.2×13.8cm Bluetooth ×

口コミを紹介

セッティングしたところ、とてもグッドでした。ローノイズのUSB-DACを組み合わせ、それなりの解像力で、ノイズを感じないのが気に入っています。価格も安く、消費電力も抑えられていて、コスパ良いですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

ハイスピードで情報量豊かなサウンドを実現するアンプ

マランツが長年に渡って磨き上げてきた高速・低歪かつ安定度の高い、フルディスクリート構成の電流帰還型増幅回路を搭載したこちらの商品は、澄み切ったクリアなサウンドを実現します。

 

プリアンプからパワーアンプ、そしてグラウンドラインに至るまで慎重に設計されたオーディオ回路は、左右チャンネルが完全に同じ長さで対称のシンメトリーなレイアウトで構成されています。これにより立体感やきめ細かなディテールの表現力が実現されています。

サイズ 44x10.5x37cm Bluetooth ×

口コミを紹介

スピーカーはオーディオヴェクターのS3だ。iTunesに入れた曲をUSBで M FのM1 DACを通してネットワーク端子に接続。素敵な音が響いてきた。申し分ない輝きのある音!
この価格でこの音に大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

新世代DDFA搭載クラスDのパワーアンプ

Advanced AL32 Processing Plusというアナログ波形再現技術を搭載したこちらの商品は、ハイレゾ音源をさらに原音に近づけることが可能になりました。

 

さらに、最大8台までのデバイスとペアリングが可能なBluetooth機能を搭載しています。低レイテンシーかつ高音質なコーデックも搭載していて、迫力ある音で音楽やゲームをお楽しみいただけます

サイズ 20x8.6x25.8cm Bluetooth

口コミを紹介

このPMA-60から発せられる音は安価な中華アンプとは別世界です。
ひとつひとつの音の粒が見えるようで、これまで何度も繰り返し聞いてきた音源に、これほどの細かな音が潜んでいたのかと、驚きの連続です。

出典:https://www.amazon.co.jp

夢の真空管ハイブリッドプリメインアンプ

YAMAHA社製の「YDA138」デジタルアンプICを搭載し、最大12W×2chのステレオ出力に真空管プリアンプ機能を搭載したこちらの商品は、真空管プリアンプとデジタルアンプのハイブリッドプリメインアンプです。

 

標準付属真空管として6K4を採用しておりますが、お好みで真空管を交換していただくことも可能です。ACアダプタは別売りなのでご注意してください。

サイズ 9.8x11.8x3.3cm Bluetooth ×

口コミを紹介

通常の音量で聴く分には丸みのある低音と伸びのある高音が出ます。とても7,000円のアンプとは思えない音です。スイッチを入れた後のウォームアップ時間を気にしないのなら買って損はないです。今はもっぱらヘッドホンアンプとして使っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

プリメインアンプの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 サイズ Bluetooth
1
アイテムID:5718647の画像
PMA-600NE 43,857円

詳細を見る

エントリータイプのプリメインアンプ

12.2×43.3×30.7cm
2
アイテムID:5718650の画像
A-S301(B) 33,800円

詳細を見る

確かな音楽性と、飾らない美しさ

38.7x43.5x15.1cm
3
アイテムID:5718653の画像
STR-DH190 19,818円

詳細を見る

ワイドFMチューナーを内蔵

28.4x43x13.3cm
4
アイテムID:5718656の画像
TOPAZ AM5 20,980円

詳細を見る

エントリーレベルのHi-Fiシリーズ

43x34.01x8cm ×
5
アイテムID:5718659の画像
AI-301DA-SP/S 34,800円

詳細を見る

多様なデジタル入力が魅力

25.4x21.49x6.1cm ×
6
アイテムID:5718662の画像
Echo Link Amp 36,980円

詳細を見る

様々なステレオシステムに対応

21.7x24.2x8.6cm
7
アイテムID:5718665の画像
AP20d 11,980円

詳細を見る

凜としたボーカル表現が印象的

10.8×4.2×13.8cm ×
8
アイテムID:5718668の画像
PM6007 53,856円

詳細を見る

ハイスピードで情報量豊かなサウンドを実現するアンプ

44x10.5x37cm ×
9
アイテムID:5718671の画像
PMA-60 50,800円

詳細を見る

新世代DDFA搭載クラスDのパワーアンプ

20x8.6x25.8cm
10
アイテムID:5718674の画像
TUBE-04J 7,580円

詳細を見る

夢の真空管ハイブリッドプリメインアンプ

9.8x11.8x3.3cm ×

デジタルアンプを自作しよう!

デジタルアンプはたくさん種類がありますが、自分好みの商品が見つからなかったら自作で作ってしまうのも手です。自分で1から作ることで愛着もわきます。

 

自作アンプと聞くとなんだか難しい作業が必要かと思われがちですが、指定の場所に素子を置くだけのアンプキットという物も販売されています。このタイプであれば特別な知識もいらないので簡単に自作アンプが作れます。

まとめ

デジタルアンプと一口に言ってもその機能やスペックは様々です。ハイレゾなどの新技術や中華デジタルアンプのようなコストパフォーマンスのいいものまで多機能のデジタルアンプが増えています。必要な機能・性能を見定めて自分に適したものを見つけましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年04月24日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】プリメインアンプのおすすめランキング20選

【2021年最新版】プリメインアンプのおすすめランキング20選

AV・情報家電
オーディオケーブルの選び方やおすすめランキング10選を紹介します!

オーディオケーブルの選び方やおすすめランキング10選を紹介します!

AV・情報家電
【音質の良さ】大人気のPCスピーカーおすすめランキング10選

【音質の良さ】大人気のPCスピーカーおすすめランキング10選

AV・情報家電
【手軽に高音質!】おすすめのヘッドホンアンプの人気ランキング10選

【手軽に高音質!】おすすめのヘッドホンアンプの人気ランキング10選

楽器
【音質の良さ】大人気のパソコンスピーカーおすすめランキング10選

【音質の良さ】大人気のパソコンスピーカーおすすめランキング10選

AV・情報家電
【高音質】おすすめのプリメインアンプの人気ランキング10選

【高音質】おすすめのプリメインアンプの人気ランキング10選

AV・情報家電