記事ID137073のサムネイル画像

【種類豊富で飽きない】人気チョコレートのおすすめランキング10選

コンビニやスーパーなどでお手頃価格で購入できるものから有名メーカーの高級商品まで様々な商品が販売されているチョコレート。この記事ではチョコレートの種類やカカオの原産国による特徴の違いやおすすめのチョコレートについてご紹介していきたいと思います。

様々な種類があるチョコレート

小腹が空いた時や疲れた時などにさっと口に入れることができるチョコレート。口に入れた時に広がるカカオの香りと甘さがクセになり、コンビニやスーパーなどでお手頃価格で購入できる手軽さで日常的にチョコレートを良く食べるという方も多いのではないでしょうか。

 

チョコレートは生産国やブランド、使用されているカカオの原産国などによって味に大きな差があり、ミルクチョコレートやブラックチョコレートなど様々な種類が存在します。そのため飽きることなく様々なテイストのチョコレートを楽しむことができるのが嬉しいですね。

 

お手頃価格のものから高級なものまで様々な種類があるチョコレートは贈り物としても人気があります。今回はチョコレートを選ぶ際のポイントとおすすめ商品10選を紹介していきますので、ご自身の好みや購入目的に合った商品を選ぶ際の参考にしてみてください。

チョコレートの選び方

チョコレートは様々な種類があり、価格にも大きな差があるのでご自身の好みや購入目的によって選ぶべきチョコレートが異なります。具体的にどんなポイントをチェックして購入すべきかについてまずは説明していきたいと思います。

チョコレートの種類から選ぶ

「ミルクチョコレート」や「ホワイトチョコレート」といった単語はほとんどの方が聞いたことのある言葉だと思いますが、具体的な違いなどをご存知でしょうか。まずはそれぞれの成分や特徴などについて説明していきます。

ブラックチョコレートを選ぶ

カカオ豆をローストすると出てくるカカオマスから作られているチョコレートのことをブラックチョコレートと呼びます。原材料にバターやミルクが使われておらず、砂糖の量も少ないため甘さが控えめです。そのため甘い物があまり得意ではないという方からも人気があります。

 

商品によっては少量程度バターやミルクが入っていることもありますが、高純度のカカオマスから作られているので食物繊維やポリフェノール、鉄分が多く含まれているため健康効果が高いのが嬉しいですね。商品によってはビターチョコレートと記載されている場合もあります。

ミルクチョコレートを選ぶ

カカオ豆をローストするとカカオマスだけではなく「カカオバター」と呼ばれる脂肪分も出てきます。カカオマスとカカオバターにミルクや砂糖などを加えて作られたものをミルクチョコレートと呼びます。なめらかな口どけが特徴で甘くて食べやすい王道のチョコレートと言えます。

 

ミルクが加わることでチョコレートに対するカカオの割合が低くなり、ブラックチョコレートよりも色が薄くなります。カカオだけではなく使用するミルクによっても味に差が生まれますが、ケーキやショコラなど様々なスイーツにアレンジできる汎用性の高さが嬉しいですね。

ホワイトチョコレートを選ぶ

カカオマスは使用せずカカオバターのみを使用して作ったチョコレートをホワイトチョコレートと呼びます。カカオバターにミルクと砂糖を混ぜて作られたホワイトチョコレートは他の種類のチョコレートよりも非常に甘いので、甘い物が好きな方におすすめです。

 

カカオ特有の苦みや風味、そして茶色い色味を持つカカオマスを使用していないためクリーミーで甘みが強く、真っ白な見た目になるのです。カロリーが高く、ポリフェノールといった栄養も含まれていないため、ダイエット中の方や健康目的で摂取したいという方は注意が必要です。

生チョコレートを選ぶ

様々なブランドや有名チョコレートメーカーから販売されている生チョコレートは1980年代に日本で誕生したと言われています。チョコレートに洋酒や生クリームなどを混ぜているので柔らかく、口の中に入れるとすぐに溶けてしまうなめらかさと濃厚な味わいが特徴です。

 

全重量に対するチョコレート生地が60%以上、クリームと水分はそれぞれ10%以上のものが生チョコレートであると日本チョコレート・ココア協会によって明確な基準が設けれらています。一般的なチョコレートの水分量は約3%ですので、その水分量の多さがわかるかと思います。

カカオ含有量で選ぶ

チョコレートは商品によって使用されているカカオの量が異なります。カカオ含有量の違いによる味の特徴などについて説明しますので、ご自身の好みにあったタイプのチョコレートを選んでみてください。

70%以上のハイカカオを選ぶ

一般的にカカオの含有量が70%以上のものを「高カカオチョコレート」や「ハイカカオチョコレート」と呼びます。カカオの含有量が多くなればなるほど甘みがなくなり苦みや酸味を強く感じるようになり、好みによって好き嫌いが大きく分かれる傾向にあります。

 

カカオ含有量70〜80%のチョコレートは少し甘みを感じますので、甘い物が苦手な方やカカオの風味などを感じたいという方におすすめです。80〜90%はほとんど甘みがなく、カフェオレやミルクティーなどの甘くて乳成分を含んだ飲み物やウィスキーや日本酒と相性が良いです。

 

カカオが90%以上になるとカカオの苦みと風味が強く、甘みはほとんど感じないので苦手に感じる方も多いです。そのまま食べるのではなくお菓子作りの材料として使用もおすすめです。カカオ豆の奥深い上品な味わいと香り豊かなビタースイーツを作ることができます。

60%未満は甘くて食べやすい

カカオ含有量が60%以下のものは砂糖やミルクがしっかりと使われているので甘くて食べやすく、ティータイムのおともや気分転換として摂取したい方におすすめです。特に60%前後のものは甘みのなかに程よい苦みを感じることができるなどバランスの良さが特徴です。

 

甘いのが好きな方や疲れている時に糖分を摂取したいという方、ブラックコーヒーや紅茶を飲む際などは50%以下のものがおすすめです。カカオ含有量によって甘みや苦みの強さが異なりますので、ご自身の好みを見つけるために様々なタイプのものに挑戦してみてください。

カカオの産地・製造国による違い

まずはカカオ豆の4大産地について説明し、次にチョコレート製造が盛んなヨーロッパの国ごとの特徴などについて説明します。しっかりと確認してチョコレート選びの際の参考にしてみてください。

カカオの4大産地を知る

アフリカや中南米など様々な国で生産されているカカオ豆ですが、日本に輸入されているカカオ豆の主な生産国はガーナ・コートジボワール・ベネズエラ・エクアドルです。ガーナ産のカカオ豆は生産量世界第2位ですが、日本に輸入されるカカオ豆の約70%を占めています。

 

日本人が最も慣れ親しんでいる味で、豊かな香りと酸味、苦味、渋味のバランスが良いのがガーナ産カカオ豆の特徴です。コートジボワール産カカオ豆はナッツを思わせる香ばしさとマイルドさが特徴で、生産量世界第一位のカカオ豆大国です。

 

ローストしたナッツのような香ばしさが特徴のベネズエラ産や花のような香りと適度な苦味が特徴のエクアドル産などそれぞれに違った特徴があります。ぜひカカオ豆の産地にもこだわり、自分好みのチョコレートを探してみてください。

チョコレート製造が盛んなヨーロッパ

日本メーカーのチョコレートだけではなく、ベルギー・イタリア・スイス・フランスなどヨーロッパの国々もチョコレート製造国として人気があります。チョコレートの原材料に植物性油脂を使用する日本とは違い、ヨーロッパの国は植物性油脂を使用していないことが多いです。

 

スイスやドイツなどはミルクの割合が多いため甘くて濃厚な味わいですので、しっかりとした甘さのミルクチョコレートが好きな方におすすめです。イタリアは砂糖の量が多いのでかなり甘いですが、フランスはカカオの割合が多くビターな味わいが特徴です。

 

有名チョコレートブランド「ゴディバ」の発祥の地であるベルギーのチョコレートはカカオとミルクのバランスが取れており、食べやすく日本人の口に馴染みやすい味わいです。製造国によってもチョコレートの風味や味わいが異なりますので、ぜひ参考にしてみてください。

チョコレートのおすすめランキング10選

第10位

リンツ

エクセレンス・99%カカオ

価格:648円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイカカオ好きにはたまらない

スイスの有名人気チョコレートメーカーから販売されているカカオ含有率が99%の上級者向けのブラックチョコレートです。厳選した最高級カカオ豆のみを使用しており、ねっとりとした舌触りとカカオ豆の重力感のある風味をダイレクトに感じることができます。

 

原材料に砂糖が含まれているのですが甘さはほとんどなく苦味が強いので、口の中でゆっくりとチョコレートを溶かしてカカオの風味を楽しみながら食べるのがおすすめです。高品質でハイカカオチョコレートファンから圧倒的な人気を集めている人気の商品です。

種類ブラックチョコレート生産国スイス
カカオ含有率99%カカオ原産国記載なし
第9位

Galler

ミニバーギフトボックス

価格:4,290円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ベルギー王室御用達の高級チョコレート

厳正な審査や厳しい条件をクリアし、ベルギー王室が公式に認定している8つのチョコレートブランドのうちの一つであるガレーのチョコレートです。原材料にはピュアカカオバターが使用されており、口に入れた瞬間に豊かなカカオの香りと風味が広がっていきます。

 

オレンジやピスタチオなど全部で11種類の味を楽しむことができ、カラフルで見た目にも可愛らしいので贈り物や自分へのご褒美としての購入もおすすめです。ミニサイズなので食べやすく、お子さんやお年寄りの方でも喜んでくれること間違いなしです。

 

人口香味料や着色料は一切使用しておらず、チョコレートの香りや旨味を最大限に引き出すガレー独自の絶妙な配合で全ての材料が混ぜ合わさっています。紅茶やコーヒーとの相性はもちろん、お酒との相性も抜群な高級チョコレートです。

種類ミルクチョコレート生産国ベルギー
カカオ含有率記載なしカカオ原産国記載なし
第8位

明治

ホワイトチョコレート

価格:921円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

濃厚なミルク感がたまらない

チョコレートだけではなくアイスクリームやヨーグルト、クッキーなど様々なお菓子などを数多く販売する有名人気メーカー、明治のホワイトチョコレートです。北海道産のミルクを100%使用しているのでコク深く濃厚なミルクの美味しさを感じることができます。

 

しっかりとした甘さがありますが後味がすっきりとしているのでしつこさはほとんどなく、甘いのがあまり好きではないという方にもおすすめです。コンビニなどどこでも手軽に購入でき、1枚あたり約120円とコストパフォーマンスも抜群なのも嬉しいですね。

種類ミルクチョコレート生産国日本
カカオ含有率記載なしカカオ原産国記載なし
第7位

伊藤久右衛門

宇治抹茶生チョコレート

価格:1,790円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

チョコレートと抹茶のバランスが絶妙

天保三年創業の京都の老舗茶屋である伊藤久右衛門が作る抹茶テイストの生チョコレートです。口に入れた瞬間に石臼挽きの宇治抹茶の豊かな香りとほろ苦さが広がり、甘さを控えめにしたホワイトチョコレートが宇治抹茶の風味や旨味を一層引き立ててくれます。

 

抹茶とチョコレートのバランスが良いので抹茶の濃厚さと旨味をしっかりと感じることができます。抹茶が好きな方はもちろん、抹茶があまり得意ではないという方にもおすすめです。プレゼントやギフトとしても喜ばれること間違いなしの人気チョコレートです。

種類生チョコレート生産国日本
カカオ含有率記載なしカカオ原産国記載なし
第6位

明治

チョコレート効果カカオ86%

価格:1,026円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

健康・美容効果抜群のハイカカオチョコレート

カカオ含有率が86%なのでカカオ由来のポリフェノールが豊富に含まれているのがこのチョコレートの特徴の一つです。そのため動脈硬化の予防や血圧を下げる働きがあるので健康効果が高く、美容効果も期待できるのが嬉しいですね。

 

カカオ豆の苦味と酸味のバランスが整えられているので、口に入れた瞬間にほんのりとした甘さと上質なカカオの風味を感じることができます。しかしカカオ分が高いので苦味なども強く残るため、甘いチョコレートが好きな方にはおすすめできません。

 

カカオ含有率86%で一箱あたりの値段が約240円ですので、他のハイカカオチョコレートよりもお手頃価格で購入できるのが嬉しいですね。ダイエット中の方や質の良いお菓子を探していた方におすすめのチョコレートです。

種類ブラックチョコレート生産国日本
カカオ含有率86%カカオ原産国記載なし
第5位

フェレロ

ロシェ T-30

価格:1,317円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヨーロッパ最大の製菓メーカーであるイタリアのフェレロのチョコレートです。甘めのミルクチョコレートの内側には砕いたヘーゼルナッツとさくさくした食感のウェハースが入っており、そのバランスの良さと絶妙な食感でつい何個も口にしたくなる美味しさです。

 

ヘーゼルナッツの香ばしい香りと上品な味わい、そして1つ1つ丁寧に梱包された高級感溢れる見た目ですので贈り物として渡せば大人も子供も喜んでくれること間違いなしです。特別な日のおやつや自分へのご褒美などにもぴったりのおすすめのチョコレートです。

種類ミルクチョコレート生産国イタリア
カカオ含有率記載なしカカオ原産国記載なし
第4位

リンツ

リンドール ミルク

価格:993円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

可愛らしい見た目と濃厚な味わいで大人気

こちらのチョコレートは世界的に有名なチョコレートメーカーであるリンツのチョコレートの中でも特に人気のある商品です。やや大きめのラウンド型のミルクチョコレートの中にはトロッとした濃厚な口当たりが特徴的なフィリングがたっぷりと入っています。

 

しっかりとしたミルクの甘みが口の中いっぱいに広がっていき、高級感のある上品な甘さを感じることができます。食べ応え抜群なので小腹が空いた時や、紅茶やコーヒーとの相性がとっても良いのでティータイムなどにおすすめです。

 

キャンディのように一つ一つ丁寧に梱包されているので贈り物や差し入れなどとしての購入もおすすめです。可愛らしい赤の包装紙とリボンなので、小さなお子さんから大人の方まで喜んでくれること間違いなしのおすすめチョコレートです。

種類ミルクチョコレート生産国スイス
カカオ含有率記載なしカカオ原産国記載なし
第3位

ヴィヴァーニ

オーガニックエキストラダークチョコレート92%

価格:702円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オーガニックで自然な甘みを感じられるハイカカオチョコレート

ヨーロッパやアメリカなどで人気を誇るドイツの人気メーカー「ヴィヴァーニ」のハイカカオチョコレートです。原材料は全てオーガニック素材で、有機カカオマスと有機カカオバター、有機ココナッツシュガーの3種類のみが使用されています。

 

砂糖ではなく低GI食品であるココナッツシュガーが使用されており、他のチョコレートよりも低カロリーなのでダイエット中の方にもおすすめのチョコレートです。砂糖の質や原材料などにこだわりのある方でも安心して取り入れることができます。

 

カカオの含有率が92%ですので苦みが強く食べにくそうなイメージを持ってしまいますが、口に入れるとカカオやココナッツシュガーの自然の甘みが感じられ、比較的食べやすい味になっています。香り豊かなパナマ産カカオ使用の高品質チョコレートです。

種類ブラックチョコレート生産国ドイツ
カカオ含有率92%カカオ原産国パナマ
第2位

ピープルツリー

フェアトレードミルクチョコレート

価格:780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フェアトレードとオーガニックにこだわった人気商品

こちらのチョコレートを販売しているピープルツリーはフェアトレードでチョコレートを生産することでカカオ豆原産地の貧困や児童労働に苦しむ方へのサポートや問題の解決に取り組んでいます。植物油脂や乳化剤、着色料を一切使用していないのも嬉しいですね。

 

オーガニックココアバターとネグロス島オーガニック黒糖を最大で72時間じっくりと混ぜ合わせることでまろやかな口当たりになり、まるで手作りのような繊細な味わいとカカオの香りをしっかりと感じることができます。

 

手書きのようなどこか温かみの感じかれるパッケージが可愛らしく、ちょっとした贈り物としても喜ばれること間違いなしです。作り手や生産者のことまで考え、フェアトレードで持続可能な社会を目指して作られているおすすめの商品です。

種類ミルクチョコレート生産国スイス
カカオ含有率記載なしカカオ原産国ボリビア・ペルーなど
第1位

明治

ザ・チョコレート コンフォートビター

価格:2,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

どこでも買える手軽さと美味しさで大人気

高温で深煎りローストされたカカオ豆を使用したこちらのチョコレートは原材料がカカオマス、砂糖、ココア、乳化剤のみと非常にシンプルですが、2017年の発売以降多くの人気を集めています。コンビニなどでも購入できる手軽さが嬉しいですね。

 

カカオ含有率が70%なのでハイカカオチョコレートを食べ慣れていない方や初めて食べるとい方にもおすすめの商品です。ナッツのような香ばしい香りと風味、クリーミーで滑らかな口どけでとにかく美味しいと評判の高いチョコレートです。

 

1枚のチョコレートでも様々な味が楽しめるよう一般的な板チョコとは異なる独自の形状をしており、1枚ずつ小分けの袋に入っているので保存しやすいのも嬉しいポイントです。一見チョコレートには見えないおしゃれなパッケージが可愛らしいですね。

種類ブラックチョコレート生産国日本
カカオ含有率70%カカオ原産国ベネズエラ

チョコレートののおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5009774の画像

    明治

  • 2
    アイテムID:5013909の画像

    ピープルツリー

  • 3
    アイテムID:5013787の画像

    ヴィヴァーニ

  • 4
    アイテムID:5013860の画像

    リンツ

  • 5
    アイテムID:5009926の画像

    フェレロ

  • 6
    アイテムID:5013991の画像

    明治

  • 7
    アイテムID:5009759の画像

    伊藤久右衛門

  • 8
    アイテムID:5013831の画像

    明治

  • 9
    アイテムID:5013979の画像

    Galler

  • 10
    アイテムID:5009887の画像

    リンツ

  • 商品名
  • ザ・チョコレート コンフォートビター
  • フェアトレードミルクチョコレート
  • オーガニックエキストラダークチョコレート92%
  • リンドール ミルク
  • ロシェ T-30
  • チョコレート効果カカオ86%
  • 宇治抹茶生チョコレート
  • ホワイトチョコレート
  • ミニバーギフトボックス
  • エクセレンス・99%カカオ
  • 特徴
  • どこでも買える手軽さと美味しさで大人気
  • フェアトレードとオーガニックにこだわった人気商品
  • オーガニックで自然な甘みを感じられるハイカカオチョコレート
  • 可愛らしい見た目と濃厚な味わいで大人気
  • 健康・美容効果抜群のハイカカオチョコレート
  • チョコレートと抹茶のバランスが絶妙
  • 濃厚なミルク感がたまらない
  • ベルギー王室御用達の高級チョコレート
  • ハイカカオ好きにはたまらない
  • 価格
  • 2100円(税込)
  • 780円(税込)
  • 702円(税込)
  • 993円(税込)
  • 1317円(税込)
  • 1026円(税込)
  • 1790円(税込)
  • 921円(税込)
  • 4290円(税込)
  • 648円(税込)
  • 種類
  • ブラックチョコレート
  • ミルクチョコレート
  • ブラックチョコレート
  • ミルクチョコレート
  • ミルクチョコレート
  • ブラックチョコレート
  • 生チョコレート
  • ミルクチョコレート
  • ミルクチョコレート
  • ブラックチョコレート
  • 生産国
  • 日本
  • スイス
  • ドイツ
  • スイス
  • イタリア
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • ベルギー
  • スイス
  • カカオ含有率
  • 70%
  • 記載なし
  • 92%
  • 記載なし
  • 記載なし
  • 86%
  • 記載なし
  • 記載なし
  • 記載なし
  • 99%
  • カカオ原産国
  • ベネズエラ
  • ボリビア・ペルーなど
  • パナマ
  • 記載なし
  • 記載なし
  • 記載なし
  • 記載なし
  • 記載なし
  • 記載なし
  • 記載なし

まとめ

ここまでチョコレートの選び方とおすすめ商品10選をご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか。チョコレートは生産国やカカオの原産国などによって味に大きな違いがあり、値段も商品によって差があります。ぜひこの記事を参考にチョコレートを選び、ぜひご自身の好みにあったチョコレートを探してみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ