記事ID137020のサムネイル画像

【音楽を楽しもう】人気のインナーイヤーおすすめランキング10選

普段どのように音楽を聞いていますか。外出中や他の人に迷惑をかけたくない時に必要なのがイヤホンですよね。より快適に音楽やゲームなどを楽しむために欠かせないアイテムです。今回はおすすめのインナーイヤー型のイヤホンをご紹介します。

インナーイヤー型イヤホンで音楽を楽しもう

今回ご紹介するインナーイヤー型のイヤホンとは、昔からあるイヤホンのタイプで、耳に浅くかけて使用するタイプのことです。一方深く差し込むタイプのイヤホンをカナル型といい、現在はカナル型が主流となりつつあります。

 

インナーイヤー型の良さは、耳に浅くかけるタイプなので、付け外しがしやすい点と、周囲の音が聞こえやすい点です。外で音楽を聞きたい人など、周囲の安全を考慮して使用する場合はインナーイヤー型のイヤホンをおすすめします。

 

一方で、インナーイヤー型のイヤホンは聞いている音楽などが漏れやすいという弱点もあります。そのため、外でインナーイヤー型のイヤホンを使用する際には、周囲に漏れていないか気を付けることが大切です。

インナーイヤー型のイヤホンの選び方

インナーイヤー型のイヤホンにも、様々な特徴や機能を持った製品があるので、自分がどのようなスタイルで音楽を聞くなどイヤホンを使用するかで選ぶイヤホンは異なってきます。ここからは、インナーイヤー型のイヤホンの選び方についてご紹介します。

有線か無線かで選ぶ

イヤホンには、直接スマートフォンやオーディオプレーヤーにつなぐ有線タイプと、Bluetoothで無線でつなぐワイヤレスタイプがあります。イヤホンを選ぶ際には、このどちらがいいかで選ぶ製品は変わってきます。

 

有線タイプとワイヤレスタイプの両方の特徴をご紹介しますので、ぜひ自分に合ったイヤホンを選ぶ際の参考にしてくださいね。

有線タイプの特徴

スマートフォンやオーディオプレーヤーといった機器とイヤホンを直接つなぐタイプの有線タイプのイヤホンは、充電しなくてもずっと使用できる、使っているときに落とす心配がないといった良さがあります。

 

コードが長いものを選べば、カバンの中に入れたまま使用することも可能です。機器の充電のみで使用できるため、イヤホンの充電のし忘れを心配することがないのは、頻繁にイヤホンを使う人にとっても使いやすい点です。

 

しかし、有線タイプは取り外してカバンの中に入れていると絡まって次に使用するときに絡まったコードをほどく作業が必要といった弱点もあります。コードを絡まることなくカバンの中に入れられるアイテムもあるので、そういったアイテムを使うことでより使いやすくなります。

ワイヤレスタイプの特徴

ワイヤレスタイプのイヤホンは、主にBluetoothで接続をします。ワイヤレスタイプの良さはカバンやポケットと耳の間に線がないため、ジョギングなどの動きながら音楽を聞きたいときに機器の重さを感じることがなく、楽に使用できる点です。

 

カバンの中で揺れたりすることで機器にイヤホンを引っ張られることもないため、快適にイヤホンを使用することができます。コードが絡まる心配もないため、一度カバンの中にしまって次に使用するときもすぐに耳にはめることができます。

 

しかし、ワイヤレスタイプは充電が必要になるので、充電をこまめにしなくてはなりませんし、機器の充電が十分でもイヤホンの充電が足りなければ音楽などを聴くことができなくなってしまいます。ワイヤレスタイプを使用する人は、充電を忘れないようにしましょう。

スピーカーの種類で選ぶ

電子信号を音に変換し、イヤホンから音を出すドライバーの種類が主にダイナミック型と、バランスド・アーマチュア型と、ハイブリッド型の3種類があります。その種類によって選ぶのもイヤホンを選ぶポイントです。3種類の特徴についてご紹介します。

ダイナミック型

ダイナミック型とは、最も一般的にイヤホンに採用されている方式です。一般的なスピーカーと同じで、丸い発音部とコイルで動かすことで音を出します。価格が安いものから高価なものまでさまざまあるため選ぶイヤホンの選択肢が広がります。

 

音質は、広い音域をカバーしてくれるのが特徴です。また、低音もしっかりと聞くことができるため、低音を重視して迫力ある音を聞くことができるイヤホンを選びたいという人は、ダイナミック型のイヤホンを選んでみてはいかがでしょうか。

バランスド・アーマチュア型

高価格のイヤホンに採用されていることが多いバランスド・アーマチュア型は、アーマチュアという小さな鉄板に電流を流すことで振動し、音を出しています。

 

音質は、高音域や中音域の音を出すことを得意とし、音1つ1つがはっきりと聞こえることが特徴です。繊細で細かい音を出すのを得意としているタイプです。ぜひ細かな音までしっかりと聞きたいという人はバランスド・アーマチュア型のイヤホンをおすすめします。

ハイブリッド型

ハイブリッド型とは、ダイナミック型とバランスド・アーマチュア型の両方を搭載したタイプのことです。バランスド・アーマチュア型を高音域と中音域に使用し、ダイナミック型を低音域に使用していることが多いです。

 

バランスド・アーマチュア型の繊細でくっきりと音を感じ取れる特徴と、ダイナミック型の迫力ある低音までカバーする特徴を兼ね備えたタイプです。高価格のイヤホンに採用されていることが多いので、価格は高くても音質にこだわりたい人におすすめです。

機能で選ぶ

イヤホンの中にはより快適に、高音質な音楽が楽しめるように様々な機能が備わっている製品があります。どういった機能を搭載しているかでも、選ぶイヤホンは異なってきます。ここからは多くのイヤホンに搭載されている機能をご紹介していきます。

 

ノイズキャンセリング機能

電車の中など外出中にイヤホン使用したいとき、周りの声がうるさくてなかなか聞いている音楽や声に集中できないといったことはありませんか。そんな時に役に立つのがノイズキャンセリング機能なんです。

 

ノイズキャンセリング機能とは、イヤホンに内蔵されたマイクで周りの声や音を集約し、それと逆位相の音を出すことによって周りの声や音を軽減してくれる機能で、よりはっきりと快適にイヤホンの中から聞こえてくる音楽や声を聞くことができます。

 

周囲への音が気になると、イヤホンからの音を聞けるように音量をあげることもありますよね。そうすると、周囲への音漏れが気になってしまいます。ノイズキャンセリング機能があると必要以上に音量をあげなくてもいいので、音漏れの防止にもつながります。

リモコン・マイク機能

電車の中などで音楽をスマートフォンやオーディオプレーヤーなどの機器を触らずに止めたり、音量を上げ下げしたり、再生したりしたいときもありますよね。そんなときに役に立つのが、リモコン機能がついたイヤホンです。

 

リモコン機能が付いていることで、スマートフォンなどを1回1回カバンの中から出さずに操作することができます。よりスムーズに音楽の操作ができるので快適に音楽を聞いたりすることができます。

 

また、マイク機能がついたイヤホンを使っていると、イヤホンを使用したまま電話をすることが可能です。音楽を聞いたりしているときに突然電話がかかってきても慌てる必要なくすぐに電話にでることができます。

ハイレゾ音源対応

CDよりも高音質で音楽を楽しむことができるハイレゾ音源対応のイヤホンも、近年多くなっています。よりきれいな音で音楽を楽しみたいという人にぜひおすすめの機能です。

 

ハイレゾ音源対応のイヤホンがなくてもハイレゾ音源は楽しむことができます。しかし、より高音質の音楽を楽しむためにイヤホンはとても重要なので、ぜひイヤホンも、ハイレゾ音源対応の製品にすることをおすすめします。

 

ハイレゾ音源対応のイヤホンは一般社団法人日本オーディオ協会の定義を満たしたイヤホンのみにつけることが許されるロゴが付いています。選ぶ際にはそのロゴがついているかどうかチェックしてくださいね。

 

 

 

 

おすすめのインナーイヤー型のイヤホン10選

ここからは、実際のインナーイヤー型のイヤホンの製品をご紹介します。メーカーによって様々な特徴がありますので、ぜひ自分の好みやライフスタイルに合う製品がないかチェックしてみてくださいね。

第10位

POBO

PB-07

価格:1,499円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格で高音質の音楽が楽しめる

迫力のある重低音から繊細な中・高音まで幅広い音域をバランスよく聞くことができるイヤホンです。臨場感あふれるはっきりとした音を聞くことができます。

 

イヤホンには頑丈なメタル材質を使用しているため、衝撃やタッチノイズを軽減してくれることでイヤホンを使用しているときのストレスを少しでも減らしてくれます。

 

また、リモコン機能が付いていることで、再生、停止、曲送り、曲戻しが可能です。音量調節機能がついていないので注意してくださいね。リモコンだけでなくマイクもついているため、電話もイヤホンをつけたまま使用することができます。

有線/ワイヤレス有線ノイズキャンセリング
リモコン・マイクハイレゾ音源
第9位

Picun

H12

価格:2,699円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スポーツ時にも使用可能

Bluetoothのワイヤレスタイプの製品のため、より気軽に音楽を聞くことができます。最大10時間再生可能な大容量バッテリーのため、長時間使用する際にも充電を気にすることなく使用することができます。

 

小雨が降る中ジョギングをしたり、スポーツをして汗をかいても使用できる耐水型のイヤホンのため、スポーツをするときに使用したいという人におすすめの製品です。ただ、完全防水ではないので、豪雨の時や、プールでの使用は控えるようにしてくださいね。

 

耳から外しているときでも、イヤホンにマグネットが搭載されているため、イヤホン同士がくっつきます。肩にかけたまま体を動かしても、イヤホンが肩から落ちないので紛失防止になります。

有線/ワイヤレスワイヤレスノイズキャンセリング
リモコン・マイクハイレゾ音源
第8位

G.Ratio

SM818

価格:2,790円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ネックバンドで快適な装着感

このイヤホンの特徴は、コードを首に巻くタイプのワイヤレスイヤホンではなく、ネックバンドを首に装着して使用するタイプということです。ネックバンドタイプのため、より安定感のある快適な装着感を感じることができます。

 

重厚でキレのある重低音を聞くことができるため、重低音を重視した音質が好きという人におすすめのイヤホンです。マイク付きのためフリーハンドで電話ができ、パソコンをしながらや資料を読みながらの電話に最適です。

有線/ワイヤレスワイヤレスノイズキャンセリング
リモコン・マイクハイレゾ音源
第7位

LBELL DIRECTOR

GL06

価格:2,690円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2台接続でより快適に

このイヤホンの特徴は、2台のスマートフォンなどの機器とBluetoothで接続することができるということです。2台の機器と接続することで、両方からの電話を逃したりすることがなくなります。

 

また、Siriにも対応しており、iPhoneを使っている人であれば、Siriをイヤホンを通してアラーム設定などの使用が可能です。

 

ノイズキャンセリング機能も搭載しているため、電車の中などの人ごみでもはっきりと音楽を聞いたり、電話をすることができます。イヤホンを様々な用途で使いたいという人におすすめのイヤホンです。

有線/ワイヤレスワイヤレスノイズキャンセリング
リモコン・マイクハイレゾ音源
第6位

Philips(フィリップス)

SHB5250WT

価格:1,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

絡みにくいフラットケーブル

コード付きのイヤホンだとどうしてもカバンの中で絡まってしまうのが問題です。しかし、このイヤホンは、フラットケーブルを採用しているため絡まりづらく、カバンに入れて次に使用したいときに取り出してもスムーズに使うことができるのが特徴です。

 

スマートフォンと接続するとバッテリーの残量が分かるため、どのくらいで充電が切れるのかをいつでも確認できるため快適に使用できます。いつ充電が切れるか不安にならなくていいのは安心して使用できるポイントです。

有線/ワイヤレスワイヤレスノイズキャンセリング
リモコン・マイクハイレゾ音源
第5位

Diswoe

W-132

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

完全防水、防塵のイヤホン

より過酷な環境でイヤホンを使用したいという人や、完全防水で安心して使いたいという人におすすめのイヤホンです。完全防水、防塵のため、豪雨の中でも使用することが可能です。

 

ノイズキャンセリング機能搭載のため人ごみの中でも周りの音を気にすることなく電話や音楽を楽しむことができます。日常生活だけでなく、様々な場所で使えるような機能を備えたイヤホンです。そんなイヤホンが低価格で購入できるのも魅力的な点です。

 

 

有線/ワイヤレスワイヤレスノイズキャンセリング
リモコン・マイクハイレゾ音源
第4位

ソニー(SONY)

ソニー SONY イヤホン STH32 : オープンイヤー型 防水対応 リモコン・マイク付き ブラック STH32 B

価格:2,212円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防水仕様でどこでも楽しめる

日本の大手メーカーであるソニーのインナーイヤー型のイヤホンは、低価格で防水機能が付いており高音質の音楽が楽しめるため、コストパフォーマンスが高い製品であると人気の高い製品です。価格にも音質にもこだわりたい人におすすめのイヤホンです。

 

防水機能がついているため、キッチンで料理をしながら使用することもできますし、気軽にどこでも使用できるのが良い点です。日本ブランドのイヤホンをお探しの人はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

有線/ワイヤレス有線ノイズキャンセリング
リモコン・マイクハイレゾ音源
第3位

1MORE

E1008

価格:7,838円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイレゾ音源でより高音質の音を楽しむ

人間工学デザインに基づいてアジア人の耳により合うように設計されたイヤホンです。開放感がある一方で落ちやすいのが弱点のインナーイヤー型のイヤホンですが、装着感も良く、シリコンパーツを使用すればよりズレたり落ちたりしにくくなります。

 

ハイレゾ音源に対応しているため、CDよりも深みがあるハイレゾ音源ならではの音質を楽しむことができます。繊細な高音域から厚みのある低音域までクリアにしっかりと音を出してくれます。

 

耳につけやすく快適に高音質の音楽が楽しめるイヤホンです。ハイレゾ音源に対応したインナーイヤー型のイヤホンを探している人はぜひ使ってみてください。

有線/ワイヤレス有線ノイズキャンセリング
リモコン・マイクハイレゾ音源
第2位

JVCケンウッド

HA-EB7BT

価格:2,856円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

装着感のいいイヤーピース

インナーイヤー型のイヤホンは、ズレたり、落ちやすいという弱点がありますが、このイヤホンは独特の形をした独自のイヤーピースをつけることでその問題を解消しました。落ちやすいことで悩んでいた人はぜひ試してみてください。

 

ワイヤレスで機器の重みでコードが揺れるのを気にしなくていいですし、防滴加工をしてあるため、ジョギングやランニングなどの場面に適したイヤホンです。12gという軽量である点も運動時に適しています。

 

 

 

 

有線/ワイヤレスワイヤレスノイズキャンセリング
リモコン・マイクハイレゾ音源
第1位

Apple(アップル)

AirPods

価格:19,213円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

iPhoneとつないで多様な使い方が可能

iPhoneやApplewatchに接続して使用することができるイヤホンです。コードが全くない完全ワイヤレス型のため、ワイヤレス型でもコードが気になる人におすすめのイヤホンです。

 

iPhoneにつなげることで本体を使用しなくてもSiriを使用できます。音量を上げたり下げたり、電話をかけたり、道を検索したりなど使い方は多種多様にあります。ぜひApple社の製品を使っている人は試してみてくださいね、

 

複数回充電が可能な専用のケースに入れると外出先でも簡単に充電を行うことができます。使用するときだけ耳にはめ、そうでないときはケースに入れておけば1日中快適に使用できます。1回の充電で5時間の音楽再生または3時間の通話が可能です。

有線/ワイヤレスワイヤレスノイズキャンセリング
リモコン・マイクマイクのみハイレゾ音源

おすすめのインナーイヤーイヤホン商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5001975の画像

    Apple(アップル)

  • 2
    アイテムID:5001981の画像

    JVCケンウッド

  • 3
    アイテムID:5001963の画像

    1MORE

  • 4
    アイテムID:5002003の画像

    ソニー(SONY)

  • 5
    アイテムID:5001996の画像

    Diswoe

  • 6
    アイテムID:5001990の画像

    Philips(フィリップス)

  • 7
    アイテムID:5001932の画像

    LBELL DIRECTOR

  • 8
    アイテムID:5001901の画像

    G.Ratio

  • 9
    アイテムID:5001843の画像

    Picun

  • 10
    アイテムID:5001861の画像

    POBO

  • 商品名
  • AirPods
  • HA-EB7BT
  • E1008
  • ソニー SONY イヤホン STH32 : オープンイヤー型 防水対応 リモコン・マイク付き ブラック STH32 B
  • W-132
  • SHB5250WT
  • GL06
  • SM818
  • H12
  • PB-07
  • 特徴
  • iPhoneとつないで多様な使い方が可能
  • 装着感のいいイヤーピース
  • ハイレゾ音源でより高音質の音を楽しむ
  • 防水仕様でどこでも楽しめる
  • 完全防水、防塵のイヤホン
  • 絡みにくいフラットケーブル
  • 2台接続でより快適に
  • ネックバンドで快適な装着感
  • スポーツ時にも使用可能
  • 低価格で高音質の音楽が楽しめる
  • 価格
  • 19213円(税込)
  • 2856円(税込)
  • 7838円(税込)
  • 2212円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 2690円(税込)
  • 2790円(税込)
  • 2699円(税込)
  • 1499円(税込)
  • 有線/ワイヤレス
  • ワイヤレス
  • ワイヤレス
  • 有線
  • 有線
  • ワイヤレス
  • ワイヤレス
  • ワイヤレス
  • ワイヤレス
  • ワイヤレス
  • 有線
  • ノイズキャンセリング
  • リモコン・マイク
  • マイクのみ
  • ハイレゾ音源

まとめ

インナーイヤー型のイヤホンをご紹介してきました。様々な機能を搭載したインナーイヤー型のイヤホンは、スポーツや仕事、家事などあらゆる場面で快適に音楽を聞いたり電話をしたりすることができます。ぜひインナーイヤー型のイヤホンを使って快適に過ごしてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ