ボタン割り当てできるマウスの人気おすすめランキング20選【5ボタンややり方も紹介!】

記事ID137019のサムネイル画像

「このキー操作がマウスで出来たらいいな」と思うことはありませんか。ボタン割り当てできるマウスなら自由に設定可能です。そこで、リーズナブルな5ボタンタイプからキー操作をレコードできるような多機能な製品まで、おすすめ製品をランキング形式で紹介します。

ボタン割り当てできるマウスで快適に

PC作業中に頻繁に使うキーコマンドは、使用するたびにマウスから手を放すので面倒で煩わしいと感じないでしょうか。今回紹介するボタン割り当てできるマウスなら、マウスに搭載されたボタンに任意のキーコマンドを割り当てて快適に作業を進めることが出来ます

 

しかし、マウスは多くのメーカーからたくさんの種類が発売されておりどれを選べばいいか迷ってしまうかと思います。そこで今回はボタン割り当てできるマウスの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

 

記事の最後にはOSごとにマウスに対するボタンの割り当て方についてもご紹介していますので、是非最後までご覧になってください。

ボタン割り当てできるマウスの選び方

ボタン割り当てできるマウスの購入を検討している人は、マウスの操作が多い場合か、もっと多くの操作をキーボードでなくマウスでこなしたい場合などではないでしょうか。どちらにしても操作する時間が多いマウスなので、自分の手になじむものを選びたいです。

 

そのためには、ボタン割り当てできるマウスの特徴を押さえつつ、基本機能も総合的にチェックして選ぶのがおすすめです。

ボタン数で選ぶ

ボタン割り当てができるのは5ボタン以上のマウスです。人気がある製品は5ボタンか7~9ボタン程度となっています。それ以上となると、一般的な作業では必要ありませんので、ゲーム用のマウスがほとんどです。

割り当てたいキー操作が1~2個の人は「5ボタン」

側面に2つのボタンがついていて、初期設定はブラウザの「進む」と「戻る」になっているタイプです。ボタン割り当てできるマウスなら、ここによく使うキー操作を割り当てられます。

 

たとえば、「コピー(Ctrl+C)」と「貼り付け(Ctrl+V)」を割り当てれば、マウスのみでコピペが完了できます。このように割り当てたいキー操作が1~2の人には、5ボタンのボタン割り当てできるマウスがおすすめです。

 

ただし、5ボタンマウスの中でもボタン割り当てできないタイプも混在しているので要注意です。ボタン割り当てできるものがほとんどですが、よく仕様を確認しておきましょう。

自分好みにカスタムしたいなら「7~9ボタン」

7~9ボタンのボタン割り当てできるマウスとなるとさらに自分好みのキー操作をたくさん割り当てられます。

 

一般的には、ブラウザの「戻る」や「進む」は残しつつ、「コピー」や「貼り付け」、「ウィンドウを閉じる」などを割り当てていく人が多いです。そのため、どのようなキー操作をしたいのかあらかじめ数を数えておき、必要なボタン数を満たすものを探しましょう。

ゲームに利用するなら「10以上のボタン」

10個以上となると、ほとんどはゲーミングマウスと呼ばれるジャンルのマウスです。プレイするゲームによって快適で素早い操作が可能なキーを割り当てられます。

 

ただし、ゲーミングマウスをゲーム以外で便利に利用している人もいます。例えば仕事をしつつネットで情報を調べ、音楽や動画を楽しむようなマルチタスクな使い方をする方などです。

 

このような方は仕事で必要なキー操作やブラウジング、ボリュームの上下など数多くのボタンを割り当てておくと便利です。また、一連の操作を記録できるマクロ機能や、高速でボタンを押すなどの割り当ても可能なので、使い方次第では非常に便利に使えます。

割り当てるキー操作で選ぶ

ボタン割り当てできるマウスを選ぶときには、何個のボタンが必要になるか把握しておきましょう。まず紹介するのは「コピー(Ctrl+C)」「貼り付け(Ctrl+V)」です。

 

「Ctrl+クリック」はタブブラウザで現在のページを残しつつ、新しいページを開くのに便利です。タブを閉じる「Ctrl+W」もよく使う人は多いです。間違えてページを閉じてしまう事が多い人には閉じたページを開く「Ctrl+Shift+T」がおすすめです。

 

また、シンプルですが「BS(Back Space)」をどこかのボタンに割り当てる人も多くいます。1つ前のフォルダに戻れますし、IEではブラウザの「戻る」としても使えます。「ALT+TAB」はアプリケーションの切り替え時に快適です。

接続方式で選ぶ

現在のマウスは無線が主流ですが、有線ももちろん販売されています。また、ゲーミングマウスにおいては応答の速さや正確性を重視する場合には有線、その他の場合は無線と使い分けるタイプも販売されています。

リーズブルで軽い「有線」

有線の割り当てできるマウスのメリットは、電池が不要であること、マウス自体が軽量であることなどです。また、シビアな応答性が求められるゲームなどでは有線を好む人もいます。また、価格がリーズナブルなのも特徴です

 

デメリットは配線がややわずらわしいことです。デスク上がごちゃごちゃしてしまう可能性があるので必要最低限の長さのケーブルのマウスを選びましょう。

スッキリして操作しやすい「無線」

無線の場合、本体側に受信機を取り付けるUSBレシーバー式と、Bluetooth式の2つがあります。USBレシーバー式の場合、レシーバーの大きさもチェックしておきましょう。特にモバイルパソコンなどの場合、付けたままにすることが多いので邪魔になります。

 

無線のボタン割り当てできるマウスのメリットは、配線がないのですっきりとデスクなどに置けることです。デメリットは電池の交換が必要なことです。メーカーによっては3年間使用可能など電池の持ちがよいボタン割り当てできるマウスがあります。

 

また、Bluetoothの場合はタブレットと兼用で使えるものもあります。もちろんタブレット側が対応しているかにもよりますが、使い方によってはBluetoothの方が便利な場合もあります。

ゲーミングマウスに多い「有線・無線切り替え可能」

有線と無線の切り替え可能なボタン割り当てできるマウスは、主にゲーミングマウスです。ゲーマーにとっては遅延が発生しやすい無線はNGといわれていますが、一方で無線のメリットを受けたいときもあります。そのため、兼用となっているのです。

 

ゲーミングマウスをゲーム以外でも利用する場合には、こうしたボタン割り当てできるマウスがおすすめです。一般的には無線を好む人は多いので、普段は無線にしておけば問題ありません。

読み取り解像度で選ぶ

ボタン割り当て機能とは無関係ですが、マウスである以上基本性能の1つである読み取り解像度もチェックしておくことをおすすめします。特に、製図やイラストなどを作成するなど、緻密な作業を要求する場合には解像度の高いマウスは必須です。

 

読み取り解像度はdpiという単位であらわされ、100dpiであれば1インチ(2.54cm)動かしたときに100dot動いたと認識します。安いマウスの場合800dpiのものが多く、2000dpiを超える精緻な検出が可能なタイプはゲーミングマウスなどに搭載されています。

 

間には1000dpi、2000dpiなどがあります。特殊な用途でのマウスには5000dpiを超えるタイプもあるので必要に応じて選びましょう。ただし、800dpiでも特に不自由を感じない人が大半なので、特別なこだわりがなければあまり気にする必要はありません。

タイプで選ぶ

マウスの外見は同じような製品が多いですが、デスクなどに設置する裏面のセンサー部分で特徴が変わります。

リーズナブルな「光学式」

光学式のボタン割り当てできるマウスは価格がリーズナブルなのがメリットです。ただ、光沢がある材質や白色の面には反応しにくい特徴があります。読み取り精度は標準的ですが、一般用として十分です。

読み取り解像度が高い「BlueLED式」

BlueLEDは読み取り精度が高いのがメリットです。また、マウスを持ち上げたときにすぐに動きが止まるため、スペースがない場所でマウスを持ち上げながら使うような場合に便利です。光沢面や白い面などでも使えるので、マウスパッドを使わずにどんな場所でも使用できます。

デスク以外でも使用しやすい「レーザー式」

レーザー式のボタン割り当てマウスは、BlueLEDよりは精度が劣るものの、光学式よりは高い精度の読み取りが可能です。多少凹凸があっても使える特徴があり、デスク以外での使用に向いています。やや価格が高い傾向があるのがデメリットといえます。

省電力の「IR LED式」

IR LEDは省電力なのがメリットです。電池の持ちがよい物の中には、1本の乾電池で1年以上使える物も販売されています。ただし、小型のマウスの場合が多く、ボタン割り当てできるマウスでは数が少ないです。

狭い場所でも利用できる「トラックボール式」

トラックボール式とは、親指などでボールを回転させることでポインタを動かす方式です。狭い場所でも使える、手首に負担がかかりにくいというメリットがあります。一方、快適に操作できるようになるまである程度慣れが必要です。

価格で選ぶ

特別な機能や高いスペックを必要とせず、最低限の機能と性能だけでいいという方はコストパフォーマンスが高いリーズナブルな価格帯の商品から選ぶのもおすすめです。

 

基本的に光学式のマウスは一般的な相場よりも安い価格帯の商品が多いので、コストパフォーマンスを重視したい方におすすめのタイプです。

メーカーで選ぶ

ここでは、ボタン割り当てできるマウスのジャンルにおいて、特に人気のメーカーを紹介します。

Logicool(ロジクール)

Logicool(ロジクール)は、PCサプライに特化したメーカーです。性能面を重視した製品づくりに特長があり、読み取り精度が高いモデルや多機能なゲーミングマウスなどを販売しています。

 

また、トラックボールを採用したマウスが多いのも特徴です。トラックボールを好む人は、まず、ロジクールを探してみてはいかがでしょうか。

BUFFALO(バッファロー)

BUFFALO(バッファロー)は、リーズナブルな価格のボタン割り当てできるマウスを探している人におすすめのメーカーです。国産であるため、マニュアルやサポート面で安心できるというメリットもあります。

Razer(レイザー)

Razer(レイザー)はゲーマー向け製品に特化しているメーカーです。そのため、ボタン割り当てできるマウスのなかでゲーミングマウスを探している人におすすめです。

 

5000dpi以上の高解像度を持つマウスなどを販売しているため、FPSなど高い精度が求められるゲームをプレイするときに最適です。

ELECO(エレコム)

ELECOM(エレコム)は大阪市中央区に本社を置く大手コンピュータ周辺機器メーカーです。マウス以外にもスマートフォンのケースやカバー、カスタムPC、アクセサリ類などの電化製品を扱っています。

 

そんなELECOMのマウスは高性能ながらリーズナブルな価格帯の製品が多く、コストパフォーマンスに優れている商品を取り扱っています。

ボタン割り当てできるマウスの人気おすすめランキング20選

1位

Logicool(ロジクール)

G502WL

ボタン割り当てマウスの最高峰

ボタン割り当てマウスとしてトップクラスの性能を持っているのが、このロジクールのG502WLです。価格は非常に高額ですが、どのような用途でもこれ以上のものはなかなか考えられないでしょう。

 

16,000dpiの高パフォーマンスセンサーや全ボタンにプログラム設定が可能なこと、超高速スクロールと標準スクロールに切り替え可能なホイールなど、ロジクールのほぼすべての機能が搭載されています。

ボタン数 11 タイプ 光学式
接続方式 USBレシーバー 解像度 16000dpi

口コミを紹介

他のアプリケーションの作業効率もかなり上がることを期待しています。
大変快適だと思います。良い買い物をしました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Logicool(ロジクール)

G304

ワイヤレスのゲーミングマウス

ゲーミングマウスは有線が圧倒的に多いです。やはり応答性や正確性を考えると有線に勝るものはないからです。Logicool(ロジクール)のG304は、LIGHTSPEEDワイヤレステクノロジーにより、有線に迫る性能を誇っています。

 

口コミによると、さすがに負荷の大きいFPSは厳しいと感じる面があったものの、その他のゲームでは全くストレスを感じないという声もありました。

 

ゲーム用以外で、高解像度で耐久性の高いボタン割り当てできるマウスを探している人にもおすすめです。

ボタン数 6 タイプ 光学式
接続方式 USBレシーバー 解像度 12000dpi

口コミを紹介

ゲーミングマウスにかかわらず省エネモードに設定すると約9ヶ月電池が持ちます。
公式の専用ソフトでゲームするときだけ自動的に省エネモードを切る等もできます。
加えて電池なのでいろいろな選択肢を取ることが出来ます。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

エレコム

M-XT3URBK

SW-M570の競合モデル

すでに紹介したロジクールのSW-M570とよく比較されるのが、エレコムのM-XT3URBKです。どちらもトラックボール式としては非常に評価が高く、定番といえるようなおすすめ製品といえます。

 

エレコムのM-XT3URBKの良さはフィット感といえるでしょう。手の骨格・筋肉の動きなどからアプローチされたフォルムやボタン配置は非常に洗練されています。

 

ただ、ボールの動きが軽すぎるという人もいるため、できればロジクールのSW-M570などと比べながら実際に使ってみて、好みのボタン割り当てできるマウスを選ぶのがおすすめです。

ボタン数 6 タイプ 光学式
接続方式 USBレシーバー 解像度 750・1500切り替え式

口コミを紹介

親指有線でなくてはならない事情があり、15年間にロジクールST-65UPi・同TM-250×2個・サンワサプライMA-TB39BK・エレコムM-XT1URBKを使い潰してきたが、ようやく本品が名機として高く評価できるものである。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Razer(レイザー)

Lancehead Tournament Edition

右利き・左利きを選ばない

Razer(レイザー)のLancehead Tournament Editionは、右利き・左利きどちらでも使えるように考慮されたボタン割り当てできるマウスです。

 

また、フルカスタマイズ可能のボタン設定情報をオンボードとクラウド上に保存可能。いつでもどこでも使い慣れたマウス環境を持ち運べるのです。

ボタン数 9 タイプ 光学式
接続方式 有線 解像度 16000dpi

口コミを紹介

購入から1年毎日3~5時間は使用していますが、正常に動作中。
外装も全く痛みなしです。
やはりRazer製品は質がいい。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

エレコム

M-DUX30BK

レコーディング機能が魅力

エレコムのM-DUX30BKは、キーボードをレコーディングして記録させることができます。Excelでいえばキーボードマクロのような機能を搭載しています。

 

また、ゲーミングマウスの場合ボタン割り当てがやや複雑になってしまうのが欠点です。新しいゲームでボタン割り当てを模索している時には少しストレスに感じることもありますが、エレコムではグラフィカルで直観的にボタンを割り当てられます。

ボタン数 10 タイプ 光学式
接続方式 有線 解像度 2400dpi

口コミを紹介

両方ともハードウェアマクロが搭載されているのでnPro環境でも問題なく動きます。
ハードウェアマクロ搭載でこの値段は魅力的です。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

バッファロー

BSMBB500SBK

コスパが良い

バッファローのBSMBB500SBKは、リーズナブルな価格と手になじむグリップ、クリック感などが人気です。口コミを総合すると、コスパが良いボタン割り当てできるマウス、ということになるでしょう。

 

「プレミアムフィット」と名前がついているように、この価格帯では他にはないフィット感が魅力です。基本性能重視でボタン数は5つで十分という人におすすめのマウスです。

ボタン数 5 タイプ 光学式
接続方式 Bluetooth 解像度 1600dpi

口コミを紹介

各キーの位置が計算され尽くしたように使い始めから手になじんだ。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

Logicool(ロジクール)

SW-M570

デザインと携帯性に優れる

ロジクールのSW-M570は大手ネットショッピングサイトにおいて売れ筋上位にランクインする人気のボタン割り当てできるマウスです。近未来的なフォルムは人間工学的にも持ちやすさに配慮されていて、トラックボール派なら、まず検討したいマウスなのです。

 

また、携帯する場合に失くしてしまいやすいUSBレシーバーを、マウス内に格納できるのも嬉しい設計です。

ボタン数 5 タイプ トラックボール
接続方式 USBレシーバー 解像度 540dpi

口コミを紹介

デスク周りが狭くても親指でトラックボールを転がすだけなので非常に楽。
カスタマイズ性の高いソフトウェアも使い勝手が良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

エレコム

M-FBL01DBXSBK

静かなマウス

エレコムのM-FBL01DBXSBKはクリック音、ボタンを押す音が静かなのが特徴です。音が大きいとストレスが溜まる場合や、音をあまり立ててはいけない場所で使用する場合におすすめのマウスです。

 

リーズナブルな価格でありながら、検出精度の高いBlueLEDを搭載しているところもおすすめポイントです。幅広いユーザーに支持されています。

ボタン数 5 タイプ BlueLED
接続方式 Bluetooth 解像度 2000dpi

口コミを紹介

手の腹あたりがもり上がっている形状のマウスって使いやすいですね。特に、平日の昼下がりに使うので静かなマウスはお勧めですね。ブラウザを多く開く仕事の為、進む戻るボタンは重宝します。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

Razer(レイザー)

Naga Trinity

3Way可能

Razer(レイザー)のNaga Trinityは側面のパネルが3種類ついており、5・10・15ボタンの選択ができるという点が最大の特徴です。

 

プレイするゲームに合せてボタン割り当てできる数を変えても良いですし、必要なボタンの数が変わる可能性がある人にもおすすめです。16000dpiと解像度がずば抜けて高いのも特徴です。

ボタン数 5・10・15選択可能 タイプ 光学式
接続方式 有線 解像度 16000dpi

口コミを紹介

ボタンカスタマイズ(マクロ)はLogicoolに比べてわかりにくいですが、一度覚えてしまえば問題ないと思います。
G600よりも設定の内容が多く便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

Logicool(ロジクール)

M705m

電池寿命3年

ロジクールのM705mは別名「マラソンマウス」であり、その名の通り持久力を売りにしているボタン割り当てできるマウスです。3年間電池の交換が不要でとても経済的です。

 

無料でダウンロードできる「Logicool Options」を使えば、50種類を超えるアクションが簡単に設定可能です。

ボタン数 7 タイプ レーザー(アドバンス オプティカルセンサー)
接続方式 USBレシーバー 解像度 1000dpi

口コミを紹介

ロジクールは素晴らしいですね。
保証が長く、これまで壊れてもすぐ新品と交換していただけました。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

Logicool(ロジクール)

M585GP

精確で高速動作も可能なスクロールホイール

精確で高速な動作が可能なスクロールホイールを搭載したこちらのマウスは、長いリスト範囲の選択や長いページのスクロールにぴったりです。

 

手の平を十分サポートできるように設計されたデザインで、長時間の作業でも快適に使用可能です。7つのボタンのうち5つをカスタマイズしてボタンの割り当てが可能になっています。

ボタン数 7 タイプ 光学式
接続方式 Bluetooth・USBレシーバー 解像度 1000dpi

口コミを紹介

このマウスの特徴はなんと言っても、ボタンにより2台のデバイスを切り替えられることでしょう。仕事で日常的に2台のPCを使うので購入しました。”マウスの持ち替え”が要らなくなるのは想像以上に快適でした。ボタンを押すだけで瞬時に切り替えられます。

出典:https://www.amazon.co.jp

最新進化版の作業用マウス

長いリスト範囲の選択や長いページのスクロールにぴったりな精確で高速動作も可能なスクロールホイールを搭載しており、Excelなどの表計算やフォルダ&Web閲覧にも最適です。

 

Bluetooth接続で使用できるこちらのマウスは、省エネ技術を採用しており、1分の急速充電で最大3時間、2時間のフル充電で最大70日間の使用が可能です。

ボタン数 7 タイプ 光学式
接続方式 Bluetooth 解像度 1000・2000・3000切り替え式

口コミを紹介

結論、買って大正解でした!!
有線のマウスとまったく遜色ない動作で、充電式なのでマウス自体がとても軽く、ちょっとマットな素材で手のフィット感も抜群です!

出典:https://www.amazon.co.jp

大人気商品の有線モデル

こちらの商品はゲーミングマウス販売台数世界No.1のG502シリーズから、HEROdsセンサーが搭載される有線版です

 

前作のモデルから精度性能約4倍、電源効率は約10倍向上し、最大のトラッキング精度は16000dpiから25000dpiにアップグレードされている超高性能なゲーミングマウスです。

ボタン数 11 タイプ 光学式
接続方式 有線 解像度 25000dpi

口コミを紹介

購入前は必ずキーボードに手を置きながらPCを操作していましたが、それが無くなりました。文字を打つとき以外キーボードに手を置かなくて良いのでストレスがかなり減りました。ネットサーフィンの閲覧速度も2倍ほどに上がりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

Logicool G(ロジクール G)

G300Sr

フレキシブルな解像度の設定が可能

シンメトリーな構造のこちらの有線ゲーミングマウスは、左右どちらの⼿で使用しても快適な操作が行えるコンパクトなマウスです。

 

解像度に関しては、最小250dpiから最大で2500dpiまでフレキシブルに設定が可能で、2つの設定を保存でき、いつでも切り替えが可能です。

ボタン数 9 タイプ 光学式
接続方式 有線 解像度 250~2500dpi

口コミを紹介

3DCADで使用しています。
20種類以上のマウスを試用しましたが、これに定着して10年くらいになります。
CADコマンドもボタンに設定できて、仕事が捗ります。

出典:https://www.amazon.co.jp

15位

手になじみやすくしっかりとフィットするミディアムサイズ

こちらの商品は、マウス操作時に最も使用頻度の高い親指と薬指に着目し、基節骨・母指球筋・中節骨・中手骨の4つのポイントになじむ形状に設計しています。

 

一般的なボタン割り当てできるマウスよりもボタン数が多い8ボタンタイプで、無料でダウンロードできる「エレコムマウスアシスタント」を利用することで、各ボタンにお好みの機能を割り当てることができます。

ボタン数 8 タイプ ULTIMATEレーザーセンサー
接続方式 USBレシーバー 解像度 1600dpi

口コミを紹介

期待通り静音モデルはマウスのクリック音がほとんど無く,とても快適です.
また,それに伴ってボタンの押し込みに必要な力が少なくなっているように感じます.
特に左チルトが個人的には押しづらかったので,軽く押せるようになっていて好印象.

出典:https://www.amazon.co.jp

16位

Logicool(ロジクール)

M546BD

最大18ヶ月利用可能な省電力タイプ

突出部分僅か3mmのシームレスなUSBレシーバーを搭載しているこちらの商品は、コストパフォーマンスに優れている無線マウスです。

 

省エネ構造で電池の持ちもよく、購入時に付属される電池で最大18ヶ月の連続使用が可能です。さらに、無段階でスムーズに回るホイールで高速回転が出来、画面も遅れること無くリアルタイムで追従します。

ボタン数 7 タイプ 光学式
接続方式 USBレシーバー 解像度 1000

口コミを紹介

ホイールにクリック感がなく無抵抗でするする回ります。
高速回転が出来、画面も遅れること無くリアルタイムで追従します。
慣れてくると素晴らしい使い心地・・・通常機能もなめらかです。

出典:https://www.amazon.co.jp

17位

Rytaki

Gamspeed MMO高精度プロフェッショナルレーザーゲーミングマウス

超高精度光学センサーと2.4Gzデータ伝送技術

解像度は5段階で変更でき、最大で16000dpiというこちらの超高精度のゲーミングマウスは、サイドグリップに12個のプログラム可能なボタンが搭載されており、Fortnite、DOTA、LOLなどのMMO、MOBAまたはFPSゲームに非常に適しています。

 

超精密光学センサー・2.4 GHzデータ伝送技術・小型信号受信機を搭載しており、正確なパフォーマンスと安定したデータ伝送およびワイヤレス機能を提供できます。また、有線接続も可能なため使用用途によって無線か有線を選んで使用できます。

ボタン数 16 タイプ 光学式
接続方式 有線・USBレシーバー 解像度 1000・2000・4000・8000・16000切り替え式

口コミを紹介

予想通り使いやすい。重量感があり安定して動きます。
毎日使っているが長時間使っても手首が疲れなかった。
ライトモードに切り替えてLEDが点滅して色が変わるのは面白いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

18位

左右スクロールで快適に操作できるチルトホイール搭載

無料でインストールできる「エレコムマウスアシスタント」を使って、自由にボタンの機能割り当てが可能なこちらの商品は、5ボタン式でコストパフォーマンスに優れているシンプルなマウスです。

 

高精度と省電力を両立した光学式のセンサーを搭載し、ホイールには左右スクロールで快適に操作できるチルトホイールを搭載しています。

ボタン数 5 タイプ 光学式
接続方式 USBレシーバー 解像度 10000・2000切り替え式

口コミを紹介

正確に動くポンタ―、ブルーLEDやIRとは段違いで高評価です。
これまでワイヤレスマウスを多用していましたが、本マウスはUSB接続なので電池交換を気にせずに利用できるのが嬉しいポイントです。

出典:https://www.amazon.co.jp

19位

MacやiPadに特化した

こちらの商品はMXシリーズから登場したMacユーザーのための高機能ワイヤレスマウスです。USB-C充電を採用し、1分の急速充電で最大3時間、2時間のフル充電で最大70日間の使用が可能です。

 

超高速で精確、さらに静音性の高いMagSpeed電磁気スクロールホイールを搭載しています。さらにあらゆる表面に対応できるダークフィールド4000dpiセンサーを採用しており、ガラスなどの表面でも精確にトラッキングが可能です。

ボタン数 7 タイプ 光学式
接続方式 Bluetooth・USBレシーバー 解像度 4000dpi

口コミを紹介

あるときこのマウスの存在を知り、試しに使ってみることに。すると非常に使い勝手が良く、今ではmagic mouseはiPad用になっています。特にサイドホイールボタンが大活躍です。

出典:https://www.amazon.co.jp

20位

Windows・Mac対応のマウス

アルカリ電池を使用するこちらの商品は、省エネ構造で最大で140日間の使用が可能です。解像度は1000dpiと1600dpiの2段階で切り替えが可能になっています。

 

クリック音を静かにしつつ、クリック感は従来モデルと同等のクリック圧が残されているので、静音性を保ちながらしっかりとしたクリック感を実感できるという特徴があります。

ボタン数 5 タイプ 光学式
接続方式 USBレシーバー 解像度 1000・1600切り替え式

口コミを紹介

まだ使い始めですが…見た目、フィット感、使用感共に満足です!!スクロールもサクサクで、進/戻ボタンも快適、ポインターの早さも簡単に変えられて最高です!!

出典:https://www.amazon.co.jp

ボタン割り当てできるマウスの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5712868の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 2
    アイテムID:5712871の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 3
    アイテムID:5712874の画像

    エレコム

  • 4
    アイテムID:5712877の画像

    Razer(レイザー)

  • 5
    アイテムID:5712880の画像

    エレコム

  • 6
    アイテムID:5712883の画像

    バッファロー

  • 7
    アイテムID:5712886の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 8
    アイテムID:5712889の画像

    エレコム

  • 9
    アイテムID:5712892の画像

    Razer(レイザー)

  • 10
    アイテムID:5712895の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 11
    アイテムID:5712898の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 12
    アイテムID:5712901の画像

    KASOTT

  • 13
    アイテムID:5712904の画像

    ロジクール

  • 14
    アイテムID:5712907の画像

    Logicool G(ロジクール G)

  • 15
    アイテムID:5712910の画像

    エレコム

  • 16
    アイテムID:5712913の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 17
    アイテムID:5712916の画像

    Rytaki

  • 18
    アイテムID:5712919の画像

    エレコム

  • 19
    アイテムID:5712922の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 20
    アイテムID:5712925の画像

    バッファロー

  • 商品名
  • G502WL
  • G304
  • M-XT3URBK
  • Lancehead Tournament Edition
  • M-DUX30BK
  • BSMBB500SBK
  • SW-M570
  • M-FBL01DBXSBK
  • Naga Trinity
  • M705m
  • M585GP
  • 完全ワイヤレスマウス
  • G502RGBhr
  • G300Sr
  • M-XGM20DLBK
  • M546BD
  • Gamspeed MMO高精度プロフェッショナルレーザーゲーミングマウス
  • M-LS15DLBK
  • MX2200
  • BSMBW325SG
  • 特徴
  • ボタン割り当てマウスの最高峰
  • ワイヤレスのゲーミングマウス
  • SW-M570の競合モデル
  • 右利き・左利きを選ばない
  • レコーディング機能が魅力
  • コスパが良い
  • デザインと携帯性に優れる
  • 静かなマウス
  • 3Way可能
  • 電池寿命3年
  • 精確で高速動作も可能なスクロールホイール
  • 最新進化版の作業用マウス
  • 大人気商品の有線モデル
  • フレキシブルな解像度の設定が可能
  • 手になじみやすくしっかりとフィットするミディアムサイズ
  • 最大18ヶ月利用可能な省電力タイプ
  • 超高精度光学センサーと2.4Gzデータ伝送技術
  • 左右スクロールで快適に操作できるチルトホイール搭載
  • MacやiPadに特化した
  • Windows・Mac対応のマウス
  • 価格
  • 17865円(税込)
  • 4986円(税込)
  • 2569円(税込)
  • 7846円(税込)
  • 1445円(税込)
  • 1566円(税込)
  • 5436円(税込)
  • 1529円(税込)
  • 10483円(税込)
  • 4460円(税込)
  • 2860円(税込)
  • 2580円(税込)
  • 7900円(税込)
  • 2100円(税込)
  • 3392円(税込)
  • 2218円(税込)
  • 5048円(税込)
  • 2550円(税込)
  • 13500円(税込)
  • 1280円(税込)
  • ボタン数
  • 11
  • 6
  • 6
  • 9
  • 10
  • 5
  • 5
  • 5
  • 5・10・15選択可能
  • 7
  • 7
  • 7
  • 11
  • 9
  • 8
  • 7
  • 16
  • 5
  • 7
  • 5
  • タイプ
  • 光学式
  • 光学式
  • 光学式
  • 光学式
  • 光学式
  • 光学式
  • トラックボール
  • BlueLED
  • 光学式
  • レーザー(アドバンス オプティカルセンサー)
  • 光学式
  • 光学式
  • 光学式
  • 光学式
  • ULTIMATEレーザーセンサー
  • 光学式
  • 光学式
  • 光学式
  • 光学式
  • 光学式
  • 接続方式
  • USBレシーバー
  • USBレシーバー
  • USBレシーバー
  • 有線
  • 有線
  • Bluetooth
  • USBレシーバー
  • Bluetooth
  • 有線
  • USBレシーバー
  • Bluetooth・USBレシーバー
  • Bluetooth
  • 有線
  • 有線
  • USBレシーバー
  • USBレシーバー
  • 有線・USBレシーバー
  • USBレシーバー
  • Bluetooth・USBレシーバー
  • USBレシーバー
  • 解像度
  • 16000dpi
  • 12000dpi
  • 750・1500切り替え式
  • 16000dpi
  • 2400dpi
  • 1600dpi
  • 540dpi
  • 2000dpi
  • 16000dpi
  • 1000dpi
  • 1000dpi
  • 1000・2000・3000切り替え式
  • 25000dpi
  • 250~2500dpi
  • 1600dpi
  • 1000
  • 1000・2000・4000・8000・16000切り替え式
  • 10000・2000切り替え式
  • 4000dpi
  • 1000・1600切り替え式

マウスにボタンを割り当てるやり方

最後にOSごとに異なるマウスへのボタンの割り当て方法についてご紹介します。今回はWindowsとMacでの設定手順についてそれぞれ説明していきます。

windowsの場合

まず最初に「Microsoftマウスキーボードセンターソフトウェア」をインストールします。使用するWindowsのバージョンに合わせてインストールしてください。

 

インストールが完了したらMicrosoftマウスキーボードセンターソフトウェアを起動し、「基本設定」をクリックします。その後は割り当てするボタンを選択し、割り当てるキーボードコマンドを設定するだけです。設定内容はPC再起動後に更新されます。

macの場合

Macの場合は何かソフトウェアをインストールする必要はなく、デフォルトで入っている設定アプリからボタンの割り当てが可能なので簡単に行うことが出来ます。

 

まず、「環境設定」の中にある「Mission Control」をクリックます。あとは「キーボードとマウスのショートカット」という欄が表示されているので、そこで割り当てるボタンとキーコマンドを設定するだけです。

まとめ

ボタン割り当てできるマウスを使えば、仕事の効率を大幅にアップでき、趣味をもっと快適に楽しく変えてもくれます。また、ゲーマーたちから愛されるのもボタン割り当てマウスです、相棒となる逸品を探してはいかがでしょうか。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年04月23日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

 【高品質】トラックボールマウスの人気&おすすめランキング10選

【高品質】トラックボールマウスの人気&おすすめランキング10選

AV・情報家電
【ストレスフリー】Bluetoothマウスの人気おすすめランキング10選

【ストレスフリー】Bluetoothマウスの人気おすすめランキング10選

AV・情報家電
【より快適に!】おすすめのMac対応マウスの人気ランキング10選

【より快適に!】おすすめのMac対応マウスの人気ランキング10選

AV・情報家電
【2021年最新版】Mac対応マウスの人気おすすめランキング10選

【2021年最新版】Mac対応マウスの人気おすすめランキング10選

AV・情報家電
【親指・人差指】トラックボールマウスのおすすめ人気ランキング10選【手の平】

【親指・人差指】トラックボールマウスのおすすめ人気ランキング10選【手の平】

AV・情報家電
【コードからの解放】Bluetoothマウスのおすすめ人気ランキング10選

【コードからの解放】Bluetoothマウスのおすすめ人気ランキング10選

AV・情報家電