記事ID136994のサムネイル画像

【デジタル一眼レフカメラ】ニコンのおすすめ人気ランキング10選

大手カメラメーカーのニコンはデジタル一眼レフカメラの性能が高く、カメラユーザーからの人気があります。インスタグラムにより、近年はインスタ映えスポットをキレイに写すカメラの注目度がより一層高まっています。そこで今回はニコンのおすすめカメラを紹介していきます。

ニコンのデジタル一眼レフカメラで素敵な思い出づくり

ニコンのデジタル一眼レフカメラは、キヤノンに比べると自然の色合いを引き出しているので、風景写真を撮るのに適しています。キヤノンは目で見る色合いよりももっと鮮やかな色合いに仕上がりますが、ニコンは自然な見たままの深みがある色合いに仕上がります。

 

広範囲で明るい部分・暗い部分を認識して撮影するので、明暗差がはっきりとしています。そのため自然光によって生まれる影や光をキレイに映し出し、アウトドアでの撮影に適しているのです。

 

もともとは軍用機メーカーであったニコンのカメラは耐久度もあるので、NASAの公式カメラとして採用されました。レンズは種類が多く取り替えが可能なので、撮影したい場面や自分のカメラ慣れに合わせたレンズを選べます。

ニコンカメラの選び方

ランキングに入る前に、まずはニコンのデジタル一眼レフカメラの選び方をいくつかのポイントに分けて紹介していきます。

初心者が重視したい選び方

まずはSNSで見るような写真を撮りたい!という気持ちでカメラに興味を持ち始めた初心者の方が重視するべき選び方について紹介します。

重量

初心者にとってカメラというのは持ち慣れていないものです。そのためカメラを持ち始めた頃は首から提げたり手に持ちながらあちこちキレイな景色を探しまわるのですが、だんだん時間が経つとカメラが重くて疲れてしまいますよね。

 

そのため初めにカメラを選ぶのであればまず気をつけたいのが、カメラの重量です。特に一眼レフカメラはレンズが大きくレンズ自体の重量もあるので、なるべくカメラボディ自体の重量は軽いものにしておきたいです。

モニターの種類

モニターとはカメラレンズと反対側にある液晶画面の部分です。液晶モニターで撮影範囲や角度を確認しながら撮影ができるので、モニターの種類にはこだわりが必要です。モニターはカメラに固定されたタイプとモニターが動く可動式タイプに分けられます。

 

可動式タイプのモニターで「チルト式」と呼ばれるものは、上下のハイ・ローアングルにモニターを傾けられます。たとえば、群衆の中から被写体を撮るために手を上に伸ばすときはローアングルに傾けて撮影範囲と角度を楽に確認できます。

 

一方、同じ可動式タイプの「バリアングル式」と呼ばれるものは、上下だけでなく左右にも傾けられるのが特徴です。たとえばカメラを縦にして撮影したいときにも、ハイ・ローアングルの楽な撮影が可能になります。ビデオカメラのように自在にモニターを動かせます。

 

 

FXフォーマット・DXフォーマット

FXフォーマットは約36×24mmで35mmフィルム相当の範囲が撮影できるフルサイズ機カメラのことを指します。写真のざらつきと呼ばれるノイズが少なく、解像度がとても高いです。そのため広大でキレイな風景や夜景の撮影に適しています。

 

DXフォーマットは約24×14mmサイズで動きのあるものを撮影するのに適したカメラのことを指します。遠くにある動いたものを撮る性能が高いため、スポーツの際などにキレイな写真が撮影できます。また、FXに比べ重量も軽く持ち運びやすいのが特徴です。

 

性能で言うと高感度でキレイな画質であるFXフォーマットが優れていますが、その分DXフォーマットに比べ価格が高く、カメラ・レンズの重量もあります。どちらが自分にとって使いやすいか、撮りたい仕様かを確認しておきましょう。

仕様を重視した選び方

続いてはカメラの仕様を重視した選び方を紹介します。仕様によって映る写真の仕上がりが変わります。

有効画素数

有効画素数とは撮りたいポイントにある画素のうち、撮影時に使用される画素数のことを指します。有効画素数が増えると画像の解像度が上がり、風景などを撮る際に被写体の細かな部分まで繊細に映し出してくれます。

 

有効画素数が増えるデメリットとしては、暗所での撮影時にノイズが増える・写真1枚のデータ量が大きいといったものがあります。データ量が大きいと、連写速度が落ちたりメモリーカードの保存可能枚数が減ることがあります。

 

ニコンのカメラは基本的に有効画素数が2000万画素を超えるため、有効画素数が小さくて風景を撮るのに適していないということはありません。しかし、「誰よりも美しい風景写真を撮る!」というこだわりがある方は、有効画素数が比較的高めのカメラをおすすめします。

ISO感度

ISO感度が高くなるほど写真に取り込まれる光の量が変わります。すると暗い室内でも明るい撮影ができたり、動いている被写体を高速シャッターで正確に捉えることが可能になります。ただし、感度が高い分画質にノイズが現れやすくなるので風景画には向いていません。

 

こちらもご自身が撮影したいシーンに合わせて数値を選んだほうがいいです。風景や夜景といった動きのないものを捉える撮影の場合は、ISO感度が〜6000程度までのものを選びましょう。

機能を重視した選び方

最後に、より快適なカメラ活動ができるような少し便利な機能について紹介していきます。

ワイヤレス機能

ワイヤレス機能とは、USBケーブルなどでパソコンと接続しなくても、その場で撮影した写真をスマートフォンやタブレットに転送できる機能のことを指します。撮影したものを確認してすぐにSNSで写真を投稿できます。

 

機能にはWi-Fi接続Bluetooth接続のタイプがあります。Bluetooth接続は一度ペアリングを行うことで、カメラの電源を入れるだけで自動的にスマートフォンと接続されるためおすすめです。

 

また、専用アプリ「SnapBridge」がある場合はスマートフォン上でカメラのフィルター設定の変更やシャッター操作が可能になるので、風景と一緒に自分も被写体になって撮影できます。

ニコンカメラの人気おすすめランキング10選

第10位

ニコン

Nikon D810A ボディ

価格:323,386円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

天体撮影に特化した専用カメラ

キレイな満天の星空やオーロラに遭遇した際に、目に焼き付けるだけでなく写真に収めたくなりますよね。しかしスマホで撮影した夜空は星がキレイには写しだされません。こちらの「Nikon D810A」は、なんと天体撮影専用のカメラなんです。

 

なんといってもニコンデジタル一眼レフカメラの中でも有効画素数が3635万画素と大きいです。天体撮影時にはこの最高位の解像度が活かされます。また、ISO感度を高感度に設定したときに懸念されるノイズに関しても、ノイズ低減処理がされるため心配ありません。

 

低消費電力設計のため、天体撮影時の長時間のコマ撮影にも安心してお使いいただけます。天体専用カメラのため、通常のカメラより赤みがかった色合いの画質になります。そのため天体以外の被写体を撮影する際は試し撮りで画質の確認ををおすすめします。

重量約980gモニター固定タイプ
フォーマットFX有効画素数3635万画素
ISO感度200-12800ワイヤレス機能なし
第9位

ニコン

Nikon D750 ボディ

価格:130,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小型軽量ボディーで動きやすい撮影シーンに

Nikon D750」には、従来の構造では必要不可欠であった骨格部分を大きく取り除いたモノコック構造が採用されています。外装がそのまま骨格部分を成すので、もちろん高い強度や耐久度はそのままに小型化・軽量化したカメラを実現させています。

 

また、持ちて部分は深いグリップであるため手が大きな人でも片手でカメラをホールドできます。歩きながら被写体を探し回る時や、瞬間のシャッターチャンスを見逃せないという時にカメラをホールドしながらアクティブに動けます。

 

もちろんカメラボディの機動性の良さだけでなく、性能もばっちりです。特に暗所での撮影に適していて、極端に暗い場所でもすぐに被写体のピント合わせが可能なので撮影時のストレスもありません。

重量約840gモニターチルト式
フォーマットFX有効画素数2432万画素
ISO感度100-12800ワイヤレス機能Wi-Fiあり
第8位

ニコン

Nikon D7200 ボディ

価格:79,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Nikon D7200」はモニターにカラーカスタマイズ機能がついています。液晶モニターの色味を好みのものやスマホの写り具合と同じものに調整することで、自分が映したい色合いを実現させることができます。

 

また被写体を正確に捉える性能が高く、暗い室内から動きの多いスポーツシーンにおいても繊細に描写された写真を撮影することが可能です。

重量約765gモニター固定タイプ
フォーマットDX有効画素数2416万画素
ISO感度100-25600ワイヤレス機能Wi-Fiあり
第7位

ニコン

Nikon D5500 ボディー

価格:72,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タッチパネルでカメラを簡単操作

Nikon D5500」はバリアングル式の可動モニターを採用しているので、上下左右にモニターを動かして無理な角度からの撮影もサポートしてくれます。更にモニターはタッチパネルなのでモニター上をタッチして撮った写真を簡単に確認できます。

 

たとえば、モニターでピントを合わせたい範囲をタッチして指を離すとシャッターが切れる「タッチシャッター」機能や、撮影した写真をつまんで拡大・縮小する機能があります。スマホと同じ使い方で写真をすぐに確認できるのは便利ですよね。

 

ボディは124mm×97mm×70mmで約470gとちょっとした場面でも気軽に持ち出せるサイズです。カメラの中ではとても小さく重量が軽いので、これまで一眼レフカメラの大きさに抵抗があったという方もこちらから試してみることをおすすめします。

重量約470gモニターバリアングル式
フォーマットDX有効画素数2416万画素
ISO感度100-25600ワイヤレス機能Wi-Fiあり
第6位

ニコン

Nikon D3400 ボディー

価格:43,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レンズをつけてバッグに収められるすっきりサイズ

Nikon D3400」にはガイドモードが搭載されています。ガイドモードでは、撮る場面・撮りたいテクニック技法に分けてご自身の希望の撮り方を選択することで、自動でカメラの設定を変更してくれるのです。

 

たとえば場面では「夜景をバックに人を撮りたい」「花や小物をアップで撮りたい」といった選択、テクニックでは「背景をぼかして撮る」「夕日を赤く撮る」「乗り物の動きを止めて撮る」といった選択があります。幅広い選択肢から希望の撮影方法が選べます。

 

また、特に使用頻度の高い6つのシーン(こどもスナップ・ポートレート・クローズアップ・夜景ポートレート・風景・スポーツ)をダイヤルで選ぶだけですぐに撮影設定を変更してくれます。ボディもバッグに入る小ささなので、女性におすすめのカメラです。

重量約445gモニター固定タイプ
フォーマットDX有効画素数2416万画素
ISO感度100-25600ワイヤレス機能Bluetoothあり
第5位

ニコン

Nikon D850 ボディ

価格:307,570円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高い有効画素数とISO感度を両立した最高画質

Nikon D850」は有効画素数が4575万画素・ISO感度が64-25600と高画素ながら高感度に被写体を捉え鮮鋭感を保ちます。また、画像処理エンジンが搭載されているため25600の高感度でも効果的にノイズを抑制します。

 

サイレント撮影モード」では撮影時の機構ブレやシャッター音がないため、美術館など静かな場所での撮影や天体撮影といったブレたくない場面に適しています。サイレントモードにはディティールを余すことなく写すモード1と連写に強いモード2があります。

 

また明暗の描写がとても細かく、自然光下のホワイトバランス調整やハイライトの白とび防止、照明下での露出のばらつきを抑えるなど光飛びに注意を図っています。自然に見たままの光と影のバランスを写真でも実現してくれます。

重量約1005gモニターチルト式
フォーマットFX有効画素数4575万画素
ISO感度64-25600ワイヤレス機能Wi-Fi・Bluetoothあり
第4位

ニコン

Nikon D5600 ボディー

価格:60,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1台のカメラで多彩な表現力を実現

Nikon D5600」には多彩な表現力を実現してくれる機能があります。1つ目は多彩なエフェクトで写真をアートな1枚にするスペシャルエフェクト機能です。ライブビューとしてエフェクトがかかったまま撮影が出来るため仕上がりが事前に分かります。

 

2つ目は夜景や紅葉など16種類のシーンに合わせて自動設定を行う機能です。シーンによって一番最適な撮影モードを選択することで、キレイな1枚を思い出に残せます。更にモードの1つにあるおまかせモードでは、カメラがシーンを認識し自動で設定選択をします。

 

更に、モニターに搭載されたタッチパネルで撮影後の写真を自在に編集できる画像編集機能もあります。トリミングや赤目補正など多くの編集機能があります。また、無償でダウンロードできる画像・動画編集ソフトで更に細かな修正を行うことも可能です。

重量約465gモニターバリアングル
フォーマットDX有効画素数2416万画素
ISO感度100-25600ワイヤレス機能Wi-Fi・Bluetoothあり
第3位

ニコン

Nikon D3500 ボディ

価格:38,513円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ガイドモードで初心者の方にも使いやすいカメラ

Nikon D3500」は子どもの成長を記録に残したいママさんにおすすめのカメラです。初心者でも手に持ちやすいカメラサイズと重量で、バッグに入れることもできます。モニターでリアルタイムに表情を確認しながら撮影できるので、スマホ撮影のように簡単です。

 

初心者にとっては難しいシーン別の設定やテクニック技法も、選択することでカメラが自動で設定してくれます。また被写体へのピントの合わせ方も4パターンあるので、何気ない表情の一つや貴重な一瞬を切り取ったシーンの撮影でもピンボケの心配はありません

 

撮影した写真はBluetoothですぐにスマホにシェアできます。また、専用アプリ「SnapBridge」を用いることでスマートフォンでカメラのシャッターを切ることも可能です。家族の集合写真を撮りたいときなどに最適です。

重量約415gモニター固定タイプ
フォーマットDX有効画素数2416万画素
ISO感度100-25600ワイヤレス機能Bluetoothあり
第2位

ニコン

Nikon D5300 ボディ

価格:92,361円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルでありながらしっかりと備わった機能

Nikon D5300」には備わってほしいカメラ機能が全てあります。有効画素数・ISO感度ともに画質向上に貢献する数値を持ち、ワイヤレス機能や上下左右にモニターが可動する機能もあります。更に530gとホールド感もあり使いやすさが抜群です。

 

D5300は写真撮影だけでなく動画撮影にも優れています。フルHDに対応した「Dムービー」を筆頭に、内蔵ステレオマイクで動画撮影の音声もクリアに、更には写真・動画にモノクロやシルエット効果といったスペシャルエフェクトが備わっています。

 

その他にもシーンに合わせたカメラ設定を自動選択できる機能や、明暗差に重要なホワイトバランスやハイライトの調整、画像編集機能などこれまでのカメラシリーズに備わっていた機能を全て搭載しながらも、530gというコンパクトさには驚きです。

重量約530gモニターバリアングル式
フォーマットDX有効画素数2416万画素
ISO感度100-12800ワイヤレス機能Wi-Fiあり
第1位

ニコン

Nikon D7500 ボディ

価格:90,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

細部まで高画質で、すべてを捉える高速連写機能

Nikon D7500」にはニコンDXフォーマット史上最高レベルの高画質を実現する画像処理エンジンが搭載されています。更にISO感度の最高感度は驚きの51200です。再高感度でもしっかりと解像度を保つノイズ低減が実現されています。

 

動画撮影には4K UHDが採用されているので、動画の一コマずつ が細部まで繊細に映し出されています。動画・写真撮影ともにカメラが自動で最適の設定を選択する機能やハイライトの白とび防止など最大限の機能で使いやすく高画質な映像・写真を映し出します。

 

最高8コマ/秒の高速連写機能がありDXフォーマットのメリットであるスポーツシーンなどに適した撮影も可能ですが、FXフォーマット並の高画質・高感度であるため風景の撮影にも抜群の仕様となっています。高レベルの写真・動画を撮影したい方におすすめです。

重量約720gモニターチルト式
フォーマットDX有効画素数2088万画素
ISO感度100-51200ワイヤレス機能Wi-Fi・Bluetoothあり

ニコンカメラのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5000638の画像

    ニコン

  • 2
    アイテムID:5000627の画像

    ニコン

  • 3
    アイテムID:5000618の画像

    ニコン

  • 4
    アイテムID:5000607の画像

    ニコン

  • 5
    アイテムID:5000603の画像

    ニコン

  • 6
    アイテムID:5000599の画像

    ニコン

  • 7
    アイテムID:5000597の画像

    ニコン

  • 8
    アイテムID:5000591の画像

    ニコン

  • 9
    アイテムID:5000586の画像

    ニコン

  • 10
    アイテムID:5000581の画像

    ニコン

  • 商品名
  • Nikon D7500 ボディ
  • Nikon D5300 ボディ
  • Nikon D3500 ボディ
  • Nikon D5600 ボディー
  • Nikon D850 ボディ
  • Nikon D3400 ボディー
  • Nikon D5500 ボディー
  • Nikon D7200 ボディ
  • Nikon D750 ボディ
  • Nikon D810A ボディ
  • 特徴
  • 細部まで高画質で、すべてを捉える高速連写機能
  • シンプルでありながらしっかりと備わった機能
  • ガイドモードで初心者の方にも使いやすいカメラ
  • 1台のカメラで多彩な表現力を実現
  • 高い有効画素数とISO感度を両立した最高画質
  • レンズをつけてバッグに収められるすっきりサイズ
  • タッチパネルでカメラを簡単操作
  • 小型軽量ボディーで動きやすい撮影シーンに
  • 天体撮影に特化した専用カメラ
  • 価格
  • 90980円(税込)
  • 92361円(税込)
  • 38513円(税込)
  • 60000円(税込)
  • 307570円(税込)
  • 43500円(税込)
  • 72800円(税込)
  • 79800円(税込)
  • 130200円(税込)
  • 323386円(税込)
  • 重量
  • 約720g
  • 約530g
  • 約415g
  • 約465g
  • 約1005g
  • 約445g
  • 約470g
  • 約765g
  • 約840g
  • 約980g
  • モニター
  • チルト式
  • バリアングル式
  • 固定タイプ
  • バリアングル
  • チルト式
  • 固定タイプ
  • バリアングル式
  • 固定タイプ
  • チルト式
  • 固定タイプ
  • フォーマット
  • DX
  • DX
  • DX
  • DX
  • FX
  • DX
  • DX
  • DX
  • FX
  • FX
  • 有効画素数
  • 2088万画素
  • 2416万画素
  • 2416万画素
  • 2416万画素
  • 4575万画素
  • 2416万画素
  • 2416万画素
  • 2416万画素
  • 2432万画素
  • 3635万画素
  • ISO感度
  • 100-51200
  • 100-12800
  • 100-25600
  • 100-25600
  • 64-25600
  • 100-25600
  • 100-25600
  • 100-25600
  • 100-12800
  • 200-12800
  • ワイヤレス機能
  • Wi-Fi・Bluetoothあり
  • Wi-Fiあり
  • Bluetoothあり
  • Wi-Fi・Bluetoothあり
  • Wi-Fi・Bluetoothあり
  • Bluetoothあり
  • Wi-Fiあり
  • Wi-Fiあり
  • Wi-Fiあり
  • なし

まとめ

ここまでニコンのデジタル一眼レフカメラについて、その選び方と人気おすすめランキング10選を紹介してきました。カメラはその仕様によって価格も使いやすさも変わります。ご自身が使いたいカメラシーンに合わせて、好みのニコンカメラを探してみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ