記事ID136987のサムネイル画像

【ニコチンもタールもゼロ】禁煙器具ベイプの人気おすすめ10選

路上喫煙禁止、店内禁煙などの張り紙をよく見かけるように、日本でも本格的な禁煙ブームが到来しています。そこで今回はやめられない人のために人気の爆煙タイプを含む、2019年最新の禁煙器具ベイプの選び方と人気おすすめ商品をランキング形式で紹介していきます。

ベイプの魅力に迫る

ベイプとは、欧米やアジア諸国を中心に人気を集める次世代タイプの電子タバコで、フレーバー付きの液体リキッドを電気の力を利用して熱することで水蒸気を発生させ、吸って楽しむアイテムです。

 

日本で近年人気の、アイコスやグローなどの加熱式電子タバコとは違い、ベイプの煙にはニコチンやタールが含まれていないので、イギリスなどの欧米諸国では健康的な禁煙補助具として定着し始めています

 

今回は、そんな禁煙補助器具として人気のベイプの選び方を解説し、人気でおすすめの商品をランキング形式で紹介していきます。これを機会にベイプに乗り換えてみてはいかがでしょうか。

ベイプが人気の理由

喫煙者の肩身が狭くなる世の中で、タバコをやめたいと考える方もいるのではないでしょうか。この「VAPE(ベイプ)」はそんな方の強い味方になる禁煙グッズです。

 

「アイコス」や「グロー」「プルームテック」には、紙巻きタバコと同様にニコチンが含まれています。これらは「電子タバコ」と呼ばれることもありますが、正確には「加熱式タバコ」といいます。しかし、ベイプは完全な「電子タバコ」で、ニコチンやタールが含まれていません。

 

香料を含んだリキッドを吸い込み、蒸気を発することでタバコに近い感覚を味わうことができます。豊富なリキッドの中から好みのフレーバーを選んべることも人気の理由です。禁煙中の口寂しさや、喫煙の習慣などを変えることはなく、禁煙できる商品として人気が高まっています。

 

ベイプの選び方

ベイプの選び方のポイントは、初心者か否か、自分にあった種類、機能性の3点です。以下ではそれぞれについて解説していきます。

初心者にはスターターキット

ベイプを初めて試してみるといった初心者の人には、エアフロー機能やリキッドの入れやすさ、携帯性など、自分が求める使い方に必要な機能をチェックすると良いでしょう。

味と煙を重視するならタンクとエアフロー機能をチェック

初心者の方で様々な味と煙を楽しみたいという方には、両方を楽しむことができるスターターキットを選ぶことをおすすめします。具体的なチェックポイントは、タンクとエアホールです。

 

タンクはプラスチック性だとメンソール系リキッドを使用した際にひび割れを引き起こす可能性があるため、耐熱性ガラス素材を使用したものを選ぶことをおすすめします。また、空気口の大きさを変えて蒸気量を調節することができるエアフロー機能を備えたものを選びましょう。

 

耐熱性ガラス素材のタンクと、手元で簡単に煙量を調節できるエアフロー機能を備えたスターターキットで、味と煙を楽しむことができます

利便性を重視するならリキッドの入れやすさをチェック

使い勝手を重視したいという初心者には、リキッドを入れやすいタイプのベイプがおすすめです。ベイプを使う上で不便と感じるのがリキッドを入れるときです。そこでリキッドを注入しやすいスターターキットを選ぶことで煩わしさがなくなります。

 

リキッドの注入方法はアトマイザー上部から注入するトップフィル式と、アトマイザー下部から注入するボトムフィル式の2通りがあり、トップフィル式はアトマイザーをバッテリーに接続したままリキッドを注入できるのでとても便利とされています。

持ち運びを重視するなら携帯性をチェック

外出が多いという人には携帯性に優れたスターターキットを選ぶことをおすすめします。携帯性で重視したいのがタンク容量と電池容量です。使い方にもよりますが、目安としてタンク容量は2.0ml以上、電池容量が1500mAhが最適とされています。

 

また、スターターキットには「電池内蔵型」と「電池交換型」の2種類があり、電池内蔵型は別途電池を購入する必用はありませんが、本体の買い替えが必要になります。そして電池交換型は電池を別途購入する必用がありますが、本体の買い替えは必要ありません。

種類で選ぶ

ベイプにはペンタイプ、MODタイプ、カートリッジタイプ、使い捨てタイプの4種類が展開してます。それぞれの特徴をおさえておきましょう。

初めての人にはペンタイプがおすすめ

ペンタイプのベイプは、価格が安く、コンパクトで、かつ操作が簡単な点が特徴のため、初心者におすすめの種類とされています。デザインも全体的にとてもシンプルな点も魅力です。

 

シンプルにタバコのように楽しみたいという方には十分に使えるタイプで、さらに価格がとてもリーズナブルなところが初心者にも手を出しやすい点だと言えます。初期コストに大金をはたいても、すぐにやめてしまっては意味がありません。

 

さらに軽量で持ち運びにも邪魔にならない点もメリットといえます。

爆煙を楽しみたいならMODタイプ

ベイプの楽しみの一つに煙を多く出せる、いわゆる爆煙があります。この爆煙を楽しみたいという人にはMODタイプがおすすめです。サイズ的にはペンタイプに比べて大きくなりますが、その分、煙の量や味の濃さはペンタイプよりも優れています。

 

MODとはバッテリーユニットのことで、つまりバッテリーを内蔵しているベイプということです。ある程度長くベイプを利用している方におすすめで、バッテリーをカスタマイズすることで、煙の量と味の濃さなどを自分好みに自由に調節できるタイプです。

 

ある程度の知識が必要になりますが、爆煙など、よりベイプを楽しみたいという方にはMODタイプがおすすめです。

手軽に楽しみたいならカートリッジ・使い捨てタイプ

ベイプを楽しみたいけどリキッドの注入などが面倒という方もいるかと思います。そこでおすすめなのがカートリッジタイプです。トップフィル式のように、リキッドの注入がしやすいタイプもありますが、カートリッジタイプはカートリッジ自身が吸い口になっているのでメンテナンスも不要です。

 

また、使い捨てタイプならば、面倒なメンテナンスが一切不要なためおすすめです。気になる価格は1500円から2000円ほどで販売しており、最近ではコンビニなどでも簡単に購入することができるので、その手軽さが人気を呼んでいます。

機能性で選ぶ

ベイプには様々な機能が備えられています。自分が使う目的に応じた機能が備わっているかを確認してから選ぶようにしましょう。

外出時間が長い人はバッテリー容量をチェック

1日のほとんどを外で過ごすという方には長く使えるようにバッテリーが長持ちするものを選ぶことがおすすめです。そのバッテリーの持ちを表すのがmAhです。この単位が大きければ大きいほどバッテリー容量が大きく、1回の充電で吸える回数が増えることを意味します。

 

容量は少ないものでおよそ1000mAh、多いもので3000mAhほどです。使い方にもよりますが、およそ3000mAhのバッテリーをフル充電して1日使うことができるとされています。そしてベイプの中にはバッテリーを2本挿入することができるものもあるのでチェックしてみると良いでしょう。

爆煙にこだわるならコイルの抵抗値をチェック

ベイプで爆煙を楽しみたいという方にはコイルの抵抗値をチェックすることがおすすめです。この爆煙を実現する一つの方法に、コイルの抵抗値が低いものを選ぶという方法があります。

 

コイルの抵抗値を表す単位がΩ(オーム)で、1Ωより小さい抵抗値のものをサブオーブと呼び、これが爆煙仕様のコイルとなります。これとは逆に抵抗値の高いコイルは、リキッドを無理に蒸発させないため、リキッドの味をしっかりと味わうことに役立ちます。

 

抵抗値の低いコイルを使用すると爆煙を実現することができますが、それだけリキッドをたくさん消費するというデメリットもあります。

 

 

コストパフォーマンスで選ぶ

コストパフォーマンスで選ぶなら、初期費用を抑えるか、ランニングコストを抑えるかを検討してみましょう。

初期費用を抑えたいならカートリッジ式がおすすめ

ベイプデビューを考えたときに頭に浮かぶのが、価格はどれくらいするのかという点です。そこでランニングコストは仕方ないとして、とにかく初期費用を抑えたいという方には、カートリッジ式のベイプがおすすめです。

 

カートリッジ式の場合にはタンクの問題がないので、それだけ価格は安く設定されているケースが多く、プルームテックやグローのように2000円から3000円の間で発売されています。また、液漏れの心配もないので安心感から人気も高く、軽量という特徴もあります。

 

しかしカートリッジの価格はリキッドに比べて高いので、ランニングコストを確認しておくとよいでしょう。

ランニングコストを抑えたいならリキッドタイプ

初期費用よりもランニングコストを抑えたいという方にはリキッドタイプがおすすめです。リキッドタイプのベイプの本体は安いもので5000円から数万円するものまで幅広く展開しています。

 

リキッドタイプの本体はそれなりの値段がしますが、リキッドはカートリッジよりも長持ちします。購入するペースが遅いので、ランニングコストとしてはカートリッジよりも抑えられます。しかし、爆煙を楽しみたい方の場合は、それなりにリキッドの消耗も早くなるので注意が必要です。

 

また、リキッドを使うための部品であるコイルも消耗品のため、買い替える必要があります。

種類豊富なフレーバーリキッド

ベイプは、主にリキッドを購入して使用する商品が多く販売されています。自分にあったお好みのフレーバーを見つけましょう。

数百種類のフレーバー

ベイプの専門店に行けば、数百種類のリキッドから、自分好みのフレーバーの商品を購入可能です。フルーティな味わいが好きな方には、オレンジ・メロン・レモン。甘いものが好きな方には、チョコやバニラなど普通の紙巻きタバコではあまり無いようなものも多く販売されています。

 

ベイプリキッドにも、本体と同様に複数のブランドが存在しています。しかし、含まれる成分に大きな差はないので、まずは相性などは気にせずに好みの味のリキッドを選んでみましょう。専門店や実店舗では味見をできるケースもあるので、お近くにある場合は足を運んでみるのも良いでしょう。

 

インターネットで購入する場合は、内容量の少ないもので試してみましょう。一般的に10ml程度から販売しています。好みのフレーバーかどうかを確かめるために、まずは少量から試してみることをおすすめします。

「PG」と「VG」の比率

ベイプのリキッドには、「PG」と「VG」という表示があります。「PG」はプロピレン・グリコール、「VG」は植物性グリセリンを意味しています。このPGとVGを混ぜたベースリキッドに香料を入れることで、ベイプリキッドになるのです。

 

「PG」は、安全性の高いアルコールの一種です。PGが多いほど、煙の量が少なくなり、香料の味が引き立ってキレのある味になるのが特徴です。一方「VG」はヤシの実やパームを使った植物性アルコールです。煙が多くなりますが、味に甘みが混ざることがVGの特徴です。

 

PGとVGの割合で味や煙に変化があるので、意識してみると自分の好みを把握しやすくなるでしょう。

リキッド選びにも注意しましょう

ベイプの特徴は、豊富なリキッドの種類です。自分の好みにあったフレーバーのリキッドを選んで使用することができます。ただし、リキッドならどんなものでも良いというわけではありません。リキッド選びの注意点をご説明します。

日本では、ニコチン入りリキッドの販売が禁止されている

豊富な種類のリキッドの中には、ニコチンが含まれている商品も存在しています。しかし、ニコチン入りのリキッドの譲渡・販売は国内では法律により禁止されているので注意が必要です。

 

ただし、所持・使用することは禁止されていません。もし購入したい場合は、必ず海外から購入しましょう。海外から購入する場合は、120mlまでとなります。これ以上の量は、税関で止められてしまうので注意してください。

 

初心者の場合は、ニコチンの濃度にも気をつけましょう。ニコチンの濃度が高いと、喉を傷める恐れや紙巻きタバコと同様の影響を及ぼすことがあります。ニコチン入りリキッドの購入に関しては、下記のサイトをご参照ください。

初心者はフレーバー付きのリキッドがおすすめ

さまざまなフレーバーのリキッドが魅力のベイプですが、フレーバーなしのリキッドも販売されています。これは、主に自分でフレーバーを作る方向けに販売されている商品です。

 

自分の好みにあったフレーバーを作れるというのは、大きなメリットですが、初心者の方にはおすすめできません。ベースリキッドや香料、スポイトなどを用意しなくてはならないほかに、エプロンやゴーグルなども用意し、万全の状態を整える必要があります。

 

まずは、市販のリキッドを楽しんでから自分の好みを把握するようにしましょう。

ベイプの人気おすすめ10選

第10位

JUSTFOG

C601 Kit

価格:1,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クリップ付きのおしゃれなデザイン

JUSTFOGのこちらのベイプスターターキットは、クリップが付いているのでポケットなどにかけて使うことができる、おしゃれなデザインが特徴です。ベイプとして使うときにはクリップをスライドするだけで簡単に使うことが可能です。

 

素材にはドイツから直接輸入された高品質のPC素材と日本からの100%オーガニックコットンで作られた商品で、吸い口はホルダーを回すことでキャップとなる優れたデザインが特徴です。

 

ネックストラップの取り付けも可能で、ファッショナブルでスポーティーに使うことができる人気でおすすめのベイプスターターキットです。

バッテリー650mAhタンク1.7ml
第9位

E-BOSSVAPE

VAPE ONE Ⅱ

価格:2,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手軽スターターキットMOD

E-BOSSVAPEのお手軽スターターキットMODは、衛生的に持ち運びできるキャップがついた初心者に人気です。操作性、メンテナンス性がともに簡単で、VAPEを手軽に味わいたい方にもおすすめです。

 

付属されている0.3Ωコイルにより、爆煙を楽しむことはもちろん、リキッドの美味しいところをしっかりと感じることができます。ドリップチップ全体を覆うマグネット式の蓋がついており、デバイスの底面にも蓋を取り付けることができます。吸う際には蓋をつけておくことができるため、置忘れの心配がなくなります。

バッテリー1600mAhタンク2ml
第8位

Eleaf

iStick Pico+MELO3mini kit

価格:5,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最新式高性能チップを内蔵

Eleafの2016年に発売されたモデルで、重さ372gと本体サイズは小さく、非常に握りやすく持ち運びにも大変便利なベイプです。

 

本体は小さく、最新式高性能チップを内蔵しており、最大出力75Wとハイパワーで、温度管理機能、抵抗温度係数管理機能、ファームウェアのアップデート機能など、ハイエンドMOD並みの高性能ベイプです。

 

本体は小さいながらも、2100mAhの容量の大きなバッテリーを使用、安定した時間使用することが可能です。カラフルなカラー、多様なモードで、初心者から既に色々なMODを使いこなしている方まで楽しめる万能なモデルです。

バッテリー2100mAhタンク2.0ml
第7位

Uwell

Nunchaku スターターキット

価格:7,299円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気のヌンチャク

Uwell から発売しているヌンチャクスターターキットです。人間工学に基づいた重厚感のあるスタイリッシュなデザインが特徴の人気のベイプです。パワーモード、TCモード、バイパスモードの3種のモードが選択可能です。

 

一見メカニカルMODのような形状をしていますが、本体下部にモード設定ができるボタンがつき、人間工学に基づいた重厚感のあるスタイリッシュなデザインが特徴的で、縄跳びのグリップのようにも見え、グリップのフィット感が見た目からもうかがえます。

 

重さも46.5gととても軽量で、扱いやすい人気のベイプです。

バッテリー別売タンク5ml
第6位

Eleaf(イーリーフ)

iCare 140スターターキット

価格:1,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単スモールのペン型オールインワンデバイス

Eleaf iCare140スターターキットは、簡単操作のスモールなスティック型デバイスとして登場したオールインワンタイプのベイプです。液漏れし難く、コイル交換も簡単なので初心者の方にも簡単に使うことができる人気モデルです。

 

専用ドリップチップを装着することでプルームテックも楽しむことができるので、プルームテックからベイプに移行することを想定している方には特におすすめの商品です。また、中級者から上級者の方にもサブ機として使うことができます。

 

リーズナブルな価格で気軽に手に入れることができる人気でおすすめのベイプです。

バッテリー650mAhタンク2.0ml
第5位

Vethos Design

ALPHA XS スターターキット

価格:15,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者から上級者まで長く使えるスターターキット

Vethos Designの、内蔵チップ、外装をとことんこだわり、高級感のあるベイプスターターキットです。初めてのベイプデビュー、また上級者までぴったりな耐久性に優れて永く使えるベイプです。

 

極限まで漏れないアトマイザーの開発に成功し、亜鉛合金を素材に使った他には無い高級感が特徴です。MODタイプで爆煙を楽しみたいという方にもおすすめで、付属のタンクはRBAにも負けない味を出しています。

 

モノに対する強いこだわりを持ち、人とは被りずらいMODタイプを探している方には特におすすめのコンパクトタイプのベイプです。

バッテリー2500mAhタンク2ml
第4位

Eleaf

VAPE 電子タバコ Eleaf iStick Pico

価格:6,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高出力&最新性能で超コンパクトサイズ

Eleafから発売されているこちらのベイプは、重さ約96gと超コンパクトサイズで、今後のアップデート機能はパソコンに接続してバージョンアップすることができるハイテクタイプのベイプです。

 

面倒なリキッドの注入方法は、上から入れるトップファイル式のため簡単で、さらに漏れにくい内部エアフローが特徴です。出力調節は1~75Wまで自分自身で調節することができるので爆煙も可能です。

 

コイルの種類に合わせた温度係数を自分で設定することができるTCR機能を搭載した人気おすすめモデルです。

バッテリー4000mAhタンク2ml/4ml
第3位

DR.VAPE

DR.VAPEスターターキット (ホワイト)

価格:7,992円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

とことん健康にこだわった、他には無いくつろぎの一服を

レディ・ガガの「生肉衣装」を手掛けた世界的アーティストであるニコラ・フォルミケッティがデザインした人気のベイプスターターキットです。

 

風の行方のままに姿を変える煙のように、自由に気ままに楽しむことができ、健康でスタイリッシュな日常へ、これまでの常識を変えるドクター・ベイプです。国内老舗メーカーで製造された、安心安全な、国産にこだわり美味しさを追求した至高のフレーバーが人気です。

 

これからベイプに乗り換えようと考えている初心者におすすめの、おしゃれで機能性豊かなスターターキットです。

バッテリー280mAhタンクカートリッジ
第2位

NUMATE

電子タバコ NUMATE

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

驚異の3600mAh超大容量バッテリー

NUMATEから発売されているこちらのベイプは、驚異の3600mAh大容量バッテリーを搭載し、1度のフル充電で問題なく1日中使うことができます。またバッテリーのみならず、視覚化タンクも2.8MLの大容量を備えているのでリキッドを注入する面倒な作業も必要ありません。

 

これだけのパワーを備えていても、手のひらサイズのコンパクト化で、重さは349gと超軽量、さらにモダンなデザインが周囲の目を惹きます。パワーチェンジ機能を搭載しているので味わいから煙の量まで全てを自分の好みにカスタマイズできます。

 

LEDライトの色は赤・緑・青・白・ピンクの5つのカラーに変えることができ、デザインにも飽きることがない人気のベイプです。

バッテリー3600mAhタンク2.8ML
第1位

Eonfine

電子タバコ スターターキット

価格:3,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パワー調節機能付き スターターキット

Eonfineのこちらのベイプは、パワーチェンジ機能を搭載し、柔らかな味わいから濃厚な味わいや、煙の量を自分好みにコントロールして楽しむことができる人気のスターターキットです。空気の入口をより大きく作り、気流を増やし、最適の煙量を実現しています。

 

バッテリーは2600mAhの大容量で、ほぼ1日使うことが可能で、2.8MLの視覚化タンクを備えているのでリキッドを注入する面倒な作業回数を減らすことができます。

 

デザインは高級感の漂うLEDディスプレイを備え、パワーや電量、電圧などの大きさが一目でわかる便利さとおしゃれさを兼ね備えたモデルです。円弧のデザインを採用した構造に加えてより滑らかでスムーズな手触りのベイプのスターターキットです。

バッテリー2600mAhタンク2.8ML

ベイプのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5000187の画像

    Eonfine

  • 2
    アイテムID:5000214の画像

    NUMATE

  • 3
    アイテムID:5000221の画像

    DR.VAPE

  • 4
    アイテムID:5000232の画像

    Eleaf

  • 5
    アイテムID:5000241の画像

    Vethos Design

  • 6
    アイテムID:5000255の画像

    Eleaf(イーリーフ)

  • 7
    アイテムID:5000280の画像

    Uwell

  • 8
    アイテムID:5000323の画像

    Eleaf

  • 9
    アイテムID:5000344の画像

    E-BOSSVAPE

  • 10
    アイテムID:5000366の画像

    JUSTFOG

  • 商品名
  • 電子タバコ スターターキット
  • 電子タバコ NUMATE
  • DR.VAPEスターターキット (ホワイト)
  • VAPE 電子タバコ Eleaf iStick Pico
  • ALPHA XS スターターキット
  • iCare 140スターターキット
  • Nunchaku スターターキット
  • iStick Pico+MELO3mini kit
  • VAPE ONE Ⅱ
  • C601 Kit
  • 特徴
  • パワー調節機能付き スターターキット
  • 驚異の3600mAh超大容量バッテリー
  • とことん健康にこだわった、他には無いくつろぎの一服を
  • 高出力&最新性能で超コンパクトサイズ
  • 初心者から上級者まで長く使えるスターターキット
  • 簡単スモールのペン型オールインワンデバイス
  • 人気のヌンチャク
  • 最新式高性能チップを内蔵
  • お手軽スターターキットMOD
  • クリップ付きのおしゃれなデザイン
  • 価格
  • 3000円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 7992円(税込)
  • 6480円(税込)
  • 15980円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 7299円(税込)
  • 5980円(税込)
  • 2480円(税込)
  • 1980円(税込)
  • バッテリー
  • 2600mAh
  • 3600mAh
  • 280mAh
  • 4000mAh
  • 2500mAh
  • 650mAh
  • 別売
  • 2100mAh
  • 1600mAh
  • 650mAh
  • タンク
  • 2.8ML
  • 2.8ML
  • カートリッジ
  • 2ml/4ml
  • 2ml
  • 2.0ml
  • 5ml
  • 2.0ml
  • 2ml
  • 1.7ml

購入後のお手入れ方法

ベイプを長く愛用するためには、定期的なメンテナンスが必要です。メンテナンスを怠ると、味の変化や故障の原因となる場合があるので注意しましょう。

本格的なお手入れには超音波洗浄

ベイプにはいくつか洗浄方法があります。基本的には週に一回程度、アトマイザー部分を水やお湯で洗浄しましょう。しかし、部品の分解から洗浄、乾燥や組み立てまで自分でやるのは、かなりの手間がかかってしまいます。

 

そこで、おすすめなのが超音波洗浄機です。メガネや貴金属を洗浄するときに用いられる機械ですが、ベイプの洗浄にも効果があります。分解したアトマイザーを超音波洗浄機に入れて洗浄されるのを待つだけです。

 

超音波洗浄機の購入に3000円から5000円程度の費用がかかってしまいますが、超音波振動機を使用しての洗浄なら、月に一回程度おこなえば問題ありません。少しでも長く、おいしくベイプを吸うために一考の価値ありです。

お手入れの注意点

基本的に洗浄できるのはアトマイザー部分のみです。他は、水などで濡らさないように注意してください。中でもMODと呼ばれるバッテリー部分は、絶対に水やエタノールで濡らさないように注意しましょう。MOD装着時、別の部品に水が付いているケースもあるので、必ず乾燥させてから組み立てるようにしましょう。

 

パーツの締めすぎにも気をつけましょう。ネジ山を傷つけてしまうと、部品の着脱ができなくなってしまいます。ネジを締める場合は、少し遊びがあるくらいで問題ありません。

 

メンテナンスの頻度は、軽度の清掃を週に一回程度。エタノールなどを使用した本格的な洗浄を一カ月に一回程度おこなうのが目安です。ベイプをはじめ、電子タバコは精密機械です。メンテナンスのつもりが、誤って壊してしまうこのとのないように注意してください。

関連記事はこちら

まとめ

ここまでベイプの選び方と人気おすすめ10選を紹介してきましたが、気になる商品はありましたでしょうか。外出が長い方には大容量のバッテリーを備えたもの、爆煙を楽しみたいなら、MODタイプを、そしてある程度長い期間使っている方にはコイルでカスタマイズするとよいでしょう。自分にあったベイプを選んで、禁煙社会を満喫してみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ