記事ID136977のサムネイル画像

【初心者向け】一眼レフカメラのおすすめ人気ランキング10選

一眼レフといえば綺麗で本格的な写真が撮れるデジカメよりも大きなレンズをつけたカメラです。この記事ではカメラに詳しくなくても初心者が手軽に始められる一眼レフをご紹介します。ぜひ一眼レフの世界へ最初の一歩を踏み出しましょう。

一眼レフとミラーレス一眼の違い

一眼レフミラーレス一眼は、どちらもレンズを付け替えて使うコンパクトデジタルカメラよりも大きなボディのカメラです。しかし、カメラの仕組みが違うので使い勝手や同じシーンでも写真の仕上がりが異なります。

 

一眼レフカメラの中には鏡(ミラー)があり、レンズから取り込んだ光をファインダーへ届ける役割をしています。自分でこの光の加減を変えたり、細かな設定を調節して自分好みの写真へ仕上げる事ができます。

 

一方ミラーレス一眼は、その名の通りミラー(鏡)がありません。イメージセンサーが光を感じ取り、その画像を液晶モニターに映し出しています。一眼レフよりも小型のボディーで、カメラの機能に頼って手軽に美しい写真を撮る事ができます。

一眼レフカメラの選び方

一眼レフもミラーレス一眼も、同じグレード同士であれば画質に差はありません。一眼レフの方が設定する作業がミラーレスに比べて多く、言い換えればこだわりの写真を仕上げる事ができるのが特徴といえます。ですから自分と相性の良い一眼レフカメラを選びましょう。

メインで使うシーンを想定する

一眼レフを使って撮影するシーンを想定しましょう。撮影対象がペットや動物、子供等動きのある被写体なのか、景色等のワイドに捉えたい構図なのか。また運動会や登山等明るい時間に使うのか、夜景や星空等夜間に使うのか等、目的を決めた方が選びやすくなります。

メーカーを検討する

初めての一眼レフを購入する場合、一番気になるのは一眼レフの機能性ではないでしょうか。しかし、一眼レフを使い始めるとわかるのですが、最初に選んだメーカーから他メーカーに変えるのはかなりコストがかかる為、メーカー選びが大切といえます。

 

というのも、一眼レフカメラは原則カメラ本体に取り付けるレンズは同じメーカーに限られます。そして初心者が気になる機能性というのはそのレンズによって暗所が得意だったり広く撮るのが得意だったりするのです。

 

つまり、最初にキヤノンを選べば今後のレンズの買い足しもキヤノンのラインナップから、ニコンを選べばニコンからとなるので、最初に選ぶメーカーは慎重に決断するべきと言えます。その為には後述する人気機種の特徴をよく読んで下さい。

自分の目で見た風景を残すならニコン

一眼レフカメラの国内シェア率はニコンとキヤノンがほとんどを占めます。ニコンは計器メーカーの光学部やガラス、レンズ製造等のプロフェッショナルな技術者が集まり、設立した会社でした。

 

そういった経緯から、ファインダーを通して撮影するユーザーの使い勝手を考えた操作性が良いボディをしています。機能面でも有効画素数やISO感度、拡張ISO感度、測距点、測光範囲等多くの面でキヤノンを上回る高機能を備えています。

 

見たままを忠実に表現するのが得意なニコンの一眼レフカメラは、特に深みのある黒色が素晴らしいと評判で、夜景や星空を撮影するなら最有力候補といえます。初心者であってもこれから長く本格的に始めるのであればおすすめです。

人物撮影が得意なキヤノン

キヤノンは人の目から見て綺麗な色合いに仕上げられる為、子供の成長記録や記念写真等に最適な一眼レフカメラです。写真スタジオや結婚式場のカメラマンからの支持も厚く、より美しく感動的な写真を撮る事ができます。

 

また、エントリーモデルのラインナップが幅広く豊富なので、最も初心者向けの一眼レフカメラメーカーです。初心者に人気の単焦点レンズは現行レンズの中では最安です。さらにユーザーが多いので周りにキヤノンユーザーがいればレンズの貸し借りもしやすく便利です。

 

ニコンが黒色を得意としている事は先述しましたが、キヤノンは対照的に白色が得意で、しかも素早い被写体を撮る際に重要なオートフォーカス速度が速いので、運動会から部活動、スポーツ観戦、鉄道撮影等でも大活躍する事でしょう。

機能面をチェックする

長年お付き合いするメーカーの目処を立てると共に、一眼レフその物の機能性に注目します。ここでは知っておくべき一眼レフカメラの機能についてご紹介します。優先順位をつけて、自分は何を求めて何を妥協できるのかを一眼レフカメラ選びの材料にしましょう。

重要な価格

一眼レフカメラの価格帯にはおおまかに、上級者向けモデルのハイクラス、中級者向けのミドルクラス、初心者向けのエントリークラスに分かれます。初心者はエントリークラスか、上達を見込んでミドルクラスから選ぶのがおすすめです。

 

また、少し型落ちしたモデルも候補に入れれば、予算内で手が届く一眼レフカメラの選択肢が広がります。発売から数年経過すると、一眼レフカメラは価格が安くなりますが初心者には十分満足のできる性能ですのでご安心下さい。

 

一眼レフカメラはカメラ本体だけでなく、装着するレンズの価格帯も重要です。レンズ1本で数万円から数十万円かかる上に用途に合わせてレンズを買い足す事も考えると、各メーカーのレンズの価格帯をボディ購入前に検討しておくべきです。

イメージセンサーの種類

イメージセンサーはデジタル一眼レフカメラの心臓部です。このイメージセンサーが、レンズから取り入れた光をデジタル信号に変化させているので、イメージセンサーの種類が画質に大きく関わっています。

 

イメージセンサーには小さい順に、【フォーサーズ】【APS-C】【フルサイズ】の3種類が存在します。現行モデルの主流はAPS-Cまたはフルサイズですが、最も人気なのは一番大きいフルサイズです。

 

なぜならイメージセンサーの面積が大きい程ボケやすく、明暗差の大きいシーンや暗所に強い為です。しかし、大きなイメージセンサーが搭載されるとボディやレンズの大きさも大きくなり、重量も重くなります。価格も小さい物に比べて高額になります。

ISO感度に注目

せっかく一眼レフカメラを購入するなら、より良い写真を撮りたいと思うものです。ISO感度というと専門用語のようですが、具体例としては、ISO感度を上げれば夜間にフラッシュを使わずに人物と背景を綺麗に撮影する事ができます。

 

フラッシュを使わずISO感度を上げる理由はずばり、暗闇で明るくはっきり撮る為です。フラッシュは光が届く範囲が明るくなりますが、ISO感度を上げて撮れば全体が明るく仕上がります。しかもシャッタースピードが上がるので手ブレや被写体ブレを防ぐ事ができます。

 

しかし、ISO感度は上げれば上げる程良い訳ではありません。ISO感度をあげると、ノイズが増え画質のざらつきが目につきやすくなります。ですから、できるだけざらつきを目立たせずにISO感度をを上げる、さじ加減が一眼レフカメラの楽しみともいえるのです。

手ブレ補正

一眼レフカメラ初心者の強い味方、手ブレ補正機能は3種類あります。【ボディ内補正】【レンズ内補正】【ハイブリッド補正】といいます。それぞれの手ブレ補正機能は、苦手分野があるので自分が撮影したい被写体に最適な手ブレ補正を選びましょう。

 

まず、花や昆虫等の接写(間近での撮影)をする場合はレンズ内補正では対応できません。ボディ内補正はあらゆる手ブレに対応できますが望遠に弱く、運動会やスポーツ観戦には不向きです。ハイブリット補正は先の2つの短所を解消した手ブレ補正ですが高額です。

 

初心者にとって写真撮影でよくある失敗が手ブレです。大切な瞬間を残す為に一眼レフを購入する訳ですから、手ブレ機能は良い物を選んだ方が写真撮影自体も楽しめ、仕上がりを見ても楽しめるのでおすすめです。

今選ばれてる人気の一眼レフ10選

第10位

キヤノン

EOS 9000D レンズキット EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM 付属

価格:100,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あなたの写真を本気にするEOS

2017年4月に発売されたキヤノンのエントリーモデルは、映像エンジンDIGIC7を搭載。DIGIC6と比較すると、高画質な映像の処理が飛躍的に速くなっています。CMOSセンサーで処理しきれなかったノイズを取り除きながら膨大なデータを処理します。

 

Bluetoothを搭載し、一度ペアリングを行えば次からはカメラの電源をONにすると常にスマホと接続する事が出来ます。さらに液晶画面が横に開くバリアングル式で、下からも上からも画面をしっかり確認しながら撮影が可能です。

 

フルハイビジョン60pに対応し、動画サーボAFも被写体の追従性が向上しているので、動きの速い被写体も逃さずに捉え続けます。発売から少し経って価格が落ちてきているので10万円の予算で探している方におすすめの一眼レフカメラといえるでしょう。

 

 

有効画素数2420万画素撮像素子APS-C
WiFI手ブレ補正
第9位

ニコン

D5200 レンズキット AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR付属

価格:60,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

上位機種と同等の基本性能なのに軽量ボディ

ニコンの上位機種「D4」や「D800/D800E」等と同等の高性能画像処理エンジンEXPEED 3や、D7000に匹敵する基本性能を搭載した本格的仕様ながら、503gという女性にも気軽に扱いやすい重さで自然にユーザーの日常生活に溶け込みます。

 

人気の横開きバリアングル式で、ファインダー撮影では難しい構図も楽に確認しながら撮影できます。液晶モニターを自分へ向ければ、自分撮りも画面を確認しながらできます。手に馴染みやすい重さと大きさなのでブレの軽減も期待できます。

 

花火や星空等、ユーザーのテクニックが必要なシーンでも期待に応えてくれると、ミドルクラスユーザーも満足のD5200は、これから長くカメラと付き合いたい人向けといえます。本格的スペックを低価格で楽しめるモデルです。

 

 

 

有効画素数2410万画素撮像素子APS-C
WiFI手ブレ補正
第8位

キヤノン

EOS Kiss X8i ダブルズームキット EF-S18-55mm/EF-S55-250mm 付属

価格:67,468円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初めての一眼レフにおすすめ

わかりやすい操作と機能は一眼レフカメラが初めてのユーザーから好評で、一眼レフを使いこなせるか不安という方におすすめのモデルです。オート機能でも十分に美しい写真が撮れ、慣れれば「絞り優先」や「シャッタースピード優先」等を使うとより楽しめます。

 

この価格帯で望遠ズームレンズEF-S55-250mm F4-5.6 IS STMが付属されるので、子供の運動会や音楽会等、遠方からの撮影では大活躍するでしょう。しかも自動で優先的に人物にピントを合わせてくれる為、子供に焦点を合わせて撮りやすいのが便利です。

 

WiFi機能が搭載されており、撮った写真や動画はその場でスマートフォンやタブレットへ転送できます。タッチパネルが採用されており、スマートフォンのような使い勝手で視覚的な操作が一眼レフをもっと身近にさせてくれます。

有効画素数2420万画素撮像素子APS-C
WiFI手ブレ補正
第7位

ニコン

D3400 AF-P 18-55 VR レンズキット

価格:42,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

395gの超軽量ボディ

このエントリークラスモデルのD3400は、同等クラスの中でも抜群に軽い395gを実現。軽量ながら省エネ化を達成し1,200枚の撮影が可能。長持ちバッテリーで旅行など長時間持ち歩きながら撮影する方におすすめのモデルです。

 

最高感度はISO25600で夜景や暗所にも対応できます。フルハイビジョン60pの動画撮影も可能でオートホワイトバランス精度も上がり、全体的にバランスの良い仕上がりです。ガイドモードはカメラが撮影の仕方を教えてくれるので、初めての方は重宝するでしょう。

 

SnapBridge対応で、一度スマートフォンやタブレットと接続すればその後は撮影した写真を自動で転送できます。オートフォーカスの速度が非常に高く瞬時にピントがあるとユーザーから大好評。価格も4万円台前半とコストパフォーマンスの高さが魅力です。

有効画素数2416万画素撮像素子APS-C
WiFI手ブレ補正
第6位

ペンタックス

K-70 DA18-135mmWRレンズキット

価格:82,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

撮影フィールドを広げる、全天候型一眼レフ

防塵・防滴構造にマイナス10℃までの動作を保証する耐寒性能を装備、悪天候や厳しい自然環境にも対応できる仕様となっています。山岳写真や積雪の中での撮影等、幅広いシーンで活躍できるペンタックスのK-70はアウトドア派におすすめの一眼レフカメラです。

 

レンズの豊富さ等はキヤノンやニコンには劣る一方、最高ISO感度102400の超高感度撮影を実現した上、シャッタースピード換算4.5段分に相当するボディ内手ブレ補正にハイブリッドAFを搭載した過酷な環境に相当強いモデルは貴重な存在です。

 

画像処理エンジンPRIME MIIと、それに連携した高度なノイズ低減処理で高感度域でもざらつきを抑え、大自然を雄大に収めます。もちろんWiFiも搭載し、初心者からミドルクラスまで総評して評判が良いモデルです。

有効画素数2424万画素撮像素子APS-C
WiFI手ブレ補正
第5位

キヤノン

EOS Kiss X7 ダブルズームキット EF-S18-55mm/EF-S55-250mm付属

価格:79,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

どんな場面も高画質に、ボケ味も美しく

大型CMOSセンサーを搭載し光の情報を豊富に取り込め、肌の質感や明暗のニュアンス、微妙な色彩の感覚までその雰囲気のままを映し出す事ができる、長年ユーザーから選ばれ続けている一眼レフカメラです。

 

一眼レフながら各パーツが小型化され、ボディはわずか370gと驚愕の軽さ。首からストラップで提げても疲れにくく、気軽に持ち運びができます。ダブルズームキットなら望遠レンズも付属されますが、他の豊富なキヤノンのレンズも装着でき将来性もあります。

 

一眼らしくボケ感を楽しみながら、かんたん撮影ゾーンで楽に美しい写真の撮影が可能で一眼レフカメラがより楽しめます。初めての1台には最適ですが、従来の重いカメラが負担になってきた中級者にもおすすめです。

有効画素数1800万画素撮像素子APS-C
WiFI手ブレ補正
第4位

ニコン

D5300 AF-P ダブルズームキット

価格:60,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

長年に渡り愛されている1台

D5300は後継機が出ているのにも関わらず、根強い人気でカメラマン達から支持されている名機です。有効画素数2416万画素、ニコンDXフォーマットCMOSセンサー内臓し、光学ローパスフィルターを用いない仕様で、引き伸ばしやトリミングにも耐性が高くなりました。

 

新画像処理エンジンEXPEED4がCMOSセンサーに取り込まれた光の情報を高速に処理します。これは後継機と同じエンジンであり、価格を考えるとかなりお買い得といえます。ISO感度は100~12800でアマチュアレベルであれば十分です。

 

また、ニコンらしく夜景撮影でも夜空をしっかりと深みのある黒で再現し、見たままの景色をシャープに映し出します。最新機種ではなくとも低価格で標準スペックを楽しみたい方におすすめモデルです。

有効画素数2416万画素撮像素子APS-C
WiFI手ブレ補正
第3位

キヤノン

EOS Kiss X9i ダブルズームキット EF-S18-55mm/EF-S55-250mm 付属

価格:80,486円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

機能充実の万能エントリークラスモデル

中級機にも使われているオールクロス45点AFセンサーを搭載、子供やペットの一瞬の動きにも反応しピントを合わせます。光学ファインダーを採用しているので撮りたい瞬間を遅れる事なく捉える事ができます。

 

約2420万画素の大型CMOSセンサーならではの背景を大きくぼかした撮影も簡単に叶います。もちろん、暗いシーンでも最大限に明るく美しく撮れるので、夜のテーマパーク等のロマンチックな写真にも向いています。

 

DIGIC7の採用でフルハイビジョン60pでの動画撮影も可能。なめらかで色鮮やかなキヤノンの特徴を活かした映像が撮れます。5軸手ブレ補正のおかげで撮影のハードルがぐっと下がりました。総合して万能一眼レフを求める初心者へおすすめです。

有効画素数2420万画素撮像素子APS-C
WiFI手ブレ補正
第2位

ニコン

D5600 ダブルズームキット

価格:70,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

夜景もこの上なく美しく撮影

D5600の小型軽量ボディは500gを切っています。一眼レフカメラはどうしても重くなりがちですが、持ち運びや三脚を使用せずの撮影を思うと軽いボディは有難いものです。こちらは4位のD5300の後継機でマイナーチェンジされたモデルとなります。

 

D5300から改良された点はISO感度。最大感度12800から25600へアップグレードされました。これにより夜景撮影等へより強く、黒が得意なニコンらしさを最大限楽しめます。また、シーン認識システムでカメラが様々なシーンを的確に判断します。

 

ピクチャーコントロールを使えばビビッドやポートレート等、自分好みの色やトーンの出来映えを楽しめます。味のあるモノクローム写真から色鮮やかな写真まで思い通りにでき、SNS等で見る人を惹きつける写真に仕上げたい人におすすめです。

有効画素数2416万画素撮像素子APS-C
WiFI手ブレ補正
第1位

キヤノン

EOS Kiss X9 ダブルズームキット

価格:65,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多くのユーザーに支持されているモデル

3色のカラーバリエーションで男女共持ちやすい見た目に、世界最軽量クラスの重量と横開きのバリアングル式液晶で使い勝手は抜群。画質の綺麗さに驚くユーザーが続出しています。しかも価格が手頃で手に入るのも選ばれている要因の一つです。

 

色彩の微妙なグラデーションまで繊細に再現できる大型CMOSセンサー搭載。EOSシーン解析システムが人物や夕景、動く被写体まで高精度なピント合わせを発揮、明るさやホワイトバランスの適切な設定に貢献します。

 

初心者でも直感で操作できるタッチパネル仕様の上、撮影モードガイドや機能ガイドも備わっているのでスマートフォンカメラより綺麗な写真を撮りたい初心者へおすすめです。ハイエンドモデルにも引けをとらない美しい画質に感動する事でしょう。

 

 

有効画素数2420万画素撮像素子APS-C
WiFI手ブレ補正

一眼レフのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4999650の画像

    キヤノン

  • 2
    アイテムID:4999654の画像

    ニコン

  • 3
    アイテムID:4999659の画像

    キヤノン

  • 4
    アイテムID:4999662の画像

    ニコン

  • 5
    アイテムID:4999665の画像

    キヤノン

  • 6
    アイテムID:4999670の画像

    ペンタックス

  • 7
    アイテムID:4999678の画像

    ニコン

  • 8
    アイテムID:4999687の画像

    キヤノン

  • 9
    アイテムID:4999688の画像

    ニコン

  • 10
    アイテムID:4999691の画像

    キヤノン

  • 商品名
  • EOS Kiss X9 ダブルズームキット
  • D5600 ダブルズームキット
  • EOS Kiss X9i ダブルズームキット EF-S18-55mm/EF-S55-250mm 付属
  • D5300 AF-P ダブルズームキット
  • EOS Kiss X7 ダブルズームキット EF-S18-55mm/EF-S55-250mm付属
  • K-70 DA18-135mmWRレンズキット
  • D3400 AF-P 18-55 VR レンズキット
  • EOS Kiss X8i ダブルズームキット EF-S18-55mm/EF-S55-250mm 付属
  • D5200 レンズキット AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR付属
  • EOS 9000D レンズキット EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM 付属
  • 特徴
  • 多くのユーザーに支持されているモデル
  • 夜景もこの上なく美しく撮影
  • 機能充実の万能エントリークラスモデル
  • 長年に渡り愛されている1台
  • どんな場面も高画質に、ボケ味も美しく
  • 撮影フィールドを広げる、全天候型一眼レフ
  • 395gの超軽量ボディ
  • 初めての一眼レフにおすすめ
  • 上位機種と同等の基本性能なのに軽量ボディ
  • あなたの写真を本気にするEOS
  • 価格
  • 65800円(税込)
  • 70800円(税込)
  • 80486円(税込)
  • 60500円(税込)
  • 79800円(税込)
  • 82200円(税込)
  • 42800円(税込)
  • 67468円(税込)
  • 60000円(税込)
  • 100980円(税込)
  • 有効画素数
  • 2420万画素
  • 2416万画素
  • 2420万画素
  • 2416万画素
  • 1800万画素
  • 2424万画素
  • 2416万画素
  • 2420万画素
  • 2410万画素
  • 2420万画素
  • 撮像素子
  • APS-C
  • APS-C
  • APS-C
  • APS-C
  • APS-C
  • APS-C
  • APS-C
  • APS-C
  • APS-C
  • APS-C
  • WiFI
  • 手ブレ補正

まとめ

おすすめの人気一眼レフカメラ10選はいかがでしたか。今はスマートフォンのカメラの性能も良くなりましたが、一眼レフは大きなカメラならではの自分好みの写真が撮影できます。お付き合いしていくメーカーを決めたら是非、一眼レフの世界へ飛び込んでみて下さいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ