記事ID136972のサムネイル画像

【コスパ重視】安心できる人気の安いイヤホンおすすめランキング10選

外出先やご自宅で音楽を聴くために使うイヤホン。イヤホンにはさまざまな価格の商品がありますが、安いイヤホンであってもしっかり選べば長く使えることはご存知でしょうか?今回はコストパフォーマンスに優れた安いイヤホンの選び方とおすすめ商品をご紹介いたします。

現代でイヤホンは欠かせない製品

皆様は普段どんなイヤホンをお使いでしょうか。スマートフォンやタブレットなどの通信機器の発展に伴い、年々需要が上がり続けているのがイヤホンです。近年では、多種多様なイヤホンが見られ、聴くだけではなく他機能が充実しているモデルも存在しています。

しかし、イヤホンといっても本当にさまざまなモデルがあり、選ぶのに悩んでしまうかたも多いことでしょう。音質に優れたイヤホンを選ぶのか、無線タイプか有線か、コストを重視するかなど、悩んでしまうポイントは多岐にわたります。

そこで今回は、コストパフォーマンスに優れた安いイヤホンを特集いたします。イヤホンは断線や故障などで使えなくなることが多く、いつ買い替えが必要になるかわからない商品です。安いイヤホンであればコストを抑えて買い替えれますし、選びやすいでしょう。

安いイヤホンの選び方

こちらでは、コストパフォーマンスに優れた安いイヤホンの選び方のポイントをご紹介します。イヤホンに限った話ではないですが、ただ安い商品を選ぶのはおすすめいたしません。安いながらも機能や品質に優れたコストパフォーマンスの良いイヤホンを選びましょう。

安いイヤホンで注力したいポイントは多岐にわたりますが、それぞれ重要なポイントです。一つ一つ確認してみましょう。

形状で選ぶ

イヤホンの違いとして、まずわかりやすいのが形状の違いが挙げられます。見た目にもわかりやすいポイントになりますね。形状の違いだけでなく、それぞれに適した用途があるのがポイントです。

こちらではイヤホンの主な形状タイプを解説しつつ、それぞれに優れたポイント、注意すべきデメリットなどをまとめていきます。確認してみましょう。


有線タイプのイヤホンを選ぶ

コストを抑えた安いイヤホンといえば、まず挙がるモデルとしては有線タイプのイヤホンではないでしょうか。有線タイプのイヤホンは、その名の通り機器と直接接続して使用するタイプのイヤホンです。使い方もシンプルなのでわかりやすいですね。

有線イヤホンのメリットとしては、基本的に音質が優れているものが多い点が挙げられます。すべての商品が優れているというわけではないですが、有線で機器とつなぐため、後述するワイヤレスのイヤホンよりも音質が安定しやすいのが理由です。

デメリットとしては、変な話ではありますが「有線である」ことが挙げられます。有線タイプのイヤホンは、線が長くなれば長くなるほど絡まりやすく、それだけ断線のリスクが上がります。当然断線すると使えなくなり、買い替えの必要も出てくるので注意です。

ワイヤレスイヤホンを選ぶ

有線タイプのイヤホンと違い、線をなくしてBluetoothなどの通信で無線化しているタイプがワイヤレスイヤホンです。iPhoneユーザーの方は、イヤホンの差込口がないモデルが出てきたため、利用している方も多いのではないでしょうか。

ワイヤレスイヤホンのメリットは、やはりワイヤレス特有の手軽さにあります。有線タイプのイヤホンで発生してた混線や断線といった買い替えのリスクが抑えられます。また、煩わしさがなくなるので、ある意味ストレスフリーなモデルともいえますね。

デメリットとしては、機器と直接つないでいないため、音質が安定しないケースがあることです。特に電車内や都心部など、電波が混在するような場所ではそのリスクが高まります。しかし、ワイヤレスイヤホンのすべてが当てはまるわけではなく、通信が安定しているものも存在しています。

カナル型のイヤホンを選ぶ

有線やワイヤレスといった線の違い以外にも注目したいポイントがあります。それが耳に直接触れる部分の形状になります。まずは耳栓型とも呼ばれるカナル型イヤホンについて解説いたします。

カナル型は、耳栓型とも呼ばれるように、音漏れしにくい点が挙げられます。電車内など、人混みが多い箇所で音漏れしやすいイヤホンを使うことは迷惑になるので意識しましょう。また、遮音性に優れているためより音楽に熱中できる点もポイントです。

注意すべき点は、ウォーキングなどの歩きながらの使用には向いていない点が挙げられます。その遮音性の高さから、外の音が入ってこないため、何かあった際に対応が遅れるといった事が考えられます。外出時にも注意して使用するほうが良いでしょう。

インナーイヤー型のイヤホンを選ぶ

カナル型イヤホンの対比としてよく上げられるのがインナーイヤー型のイヤホンでしょう。カナル型イヤホンのように特徴的な形状ではなく、イヤホンとしてはよく見かけるタイプではないでしょうか。

インナーイヤー型のイヤホンは、まず外の音がある程度聞き取りやすいことが挙げられます。そのため、ウォーキングなどの歩きながらでの使用にも適性があります。外出時でも安全に使用できるタイプと言えるでしょう。

欠点としては、遮音性の低さです。音漏れが発生しやすいため、大音量で音楽を聴いていると外に聞こえてしまう可能性があります。人混みの多い箇所では迷惑となりますので、音量を控えるか音楽を聴くのを中断するといった対応が求められます。

聴きたい音楽にあったイヤホンを

イヤホンにはそれぞれ得意な音域というものがあります。ご自身がどんな曲を聴くかによって、適したイヤホンもその都度変わってきてしまいます。カバーする音域が広ければ広い程コストも高くなりやすいので、安いイヤホン選びの際は注意したいポイントです。

例えば、メタル系のバンドといったロックな音楽を良く楽しまれる方であれば、高音・低音に優れたイヤホンを選ばれるのが良いでしょう。逆に、クラシックなどの落ち着いた音楽をよく聴かれる方は。中音域が優れたイヤホンを選ぶのが良いでしょう。

高音・低音の音楽は俗に「ドンシャリ系サウンド」、中低音の音楽は俗に「かまぼこ形サウンド」とも呼ばれております。イヤホン探しの際はぜひ参考にしてみてください。

その他機能付きのイヤホンを選ぶ

イヤホンには聴く以外のこと関しても選ぶポイントとなるものがあります。例えば、ウォーキングやジョギング、スポーツを嗜んでいる方であれば、汗などでイヤホンが濡れてしまう場合もあるので、防水付きのイヤホンを選ばれる方が良いでしょう。

防水付きのイヤホンを見ると、IPX6といった表記がされていることがあります。このIPX6の表記を例に挙げると、Xの部分は防塵性を表していており、6の部分は防水性の高さを表しています。数字が高ければ高い程、高い耐性を持っているという意味なので参考にしてみてください。

ほかにも、マイク付きや通話機能、スマホを操作できるといった機能が搭載されたイヤホンもあります。が、機能付きであればあるほどコストが高くなりやすいので、コスパを意識するのであれば、用途に応じたスタンダードなイヤホンを選ばれるのが良いでしょう。

安いイヤホンのおすすめランキング10選

第10位

オンキヨー(Onkyo)

E200BT

価格:1,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量バッテリー搭載

オンキョーのワイヤレスイヤホン「E200BT」は、イヤホン本体とは別にバッテリー部分を搭載することによって、電池持ちを大幅に改善することに成功したイヤホンです。最大8時間連続して使えるので、外出時にも安心のイヤホンです。

ワイヤレスイヤホンといえば、本体とバッテリーが一緒に搭載されているものが多く、その分コンパクトです。こちらは別個に搭載されているのでコンパクトさには劣りますが、イヤホンの音質の改良にも繋がっています。

音域は重低音に優れ、ドンシャリ系サウンドを聴く方には特におすすめできるイヤホンです。価格も2000円前後と購入しやすいモデルなので、外出用として使うイヤホンとしてもおすすめです。

形状ワイヤレス、インナーイヤー優れた音域重低音
機能マイク
第9位

Audio Technica(オーディオテクニカ)

ATH-CK350S

価格:1,458円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持ち運びに優れた有線イヤホン

オーディオテクニカ社開発の有線イヤホン「ATH-CK350S」は、有線イヤホンでありながらコードが60cm程度と短めなのが特徴です。ストレートケーブルなことも相まって持ち運びがしやすく、断線などのリスクが抑えられるのが一押しのポイントです。

付属としてイヤーピースが四つ付いてきます。耳の大きさに適したものを使うと良いでしょう。カナル型のイヤホンは耳と接している面積が多い分、装着感はかなり重要なので、これは嬉しいポイントですね。

カナル型なので電車の中などでも使え、更にその短めのコード、バッテリーが不要といったことも合わさり、通勤通学などでも使いやすいイヤホンといえるでしょう。価格も2000円弱とリーズナブルなのも良いですね。

形状有線、カナル優れた音域低音
機能-
第8位

Anker

SoundBuds Slim AK-A3410011

価格:2,699円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高い防水機能を誇るカナル型ワイヤレスイヤホン

こちらのワイヤレスイヤホンは、かなりの防水性を誇っているのが目玉のモデルとなります。IPX7という規格のイヤホンであり、この表記は30分程度の水面下(15cm~1m)の使用テストを行ったことを表しています。

非常に高い防水耐性があるので、ジョギングやマラソン、各種スポーツなど運動を嗜んでいる方にはおすすめできるイヤホンです。汗や水分補給時などで水分に触れても故障や感電といったリスクが無く運用することが可能です。スポーツマンには安心の設計ですね。

ほかにも、最大10時間連続再生できる程のバッテリーも備えているのも特徴です。マイクがイヤホン本体に内蔵されているほか、コントローラーボタンが付いており、イヤホン側から再生している音楽の音量調節が可能なのも便利な点です。

形状ワイヤレス、カナル優れた音域-
機能マイク、防水
第7位

Kingyou

KP06

価格:1,099円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

価格が安くコストに優れたイヤホン

全身ホワイトでコーティングされたクリアなフォルムが特徴な有線イヤホンです。価格がかなり控えめで、1000~2000円程度で購入可能とコストが安いのがまずポイントです。また、購入後に一年の保証が付いているので、万一故障した場合も安心です。

人間工学を利用した設計がされており、使用時の装着感が優れています。長時間耳につけていても外れにくく、疲れにくいです。イヤホンを付けていて、耳が疲れる、痛くなるといった方にはおすすめのイヤホンです。

ほか機能としては、マイクが内蔵されているほか、リモコンが搭載しているのもポイントです。イヤホン側から簡単に音楽再生や音量調節ができるのは、普段からスマホで音楽を聴かれているかたには便利な機能といえるでしょう。

形状有線、カナル優れた音域-
機能マイク、リモコン
第6位

iHarbort

P10

価格:6,080円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

充電ケース付きで高性能なワイヤレスイヤホン

大きい充電機能付きのケースが特徴的なワイヤレスイヤホンです。価格は6000円程度と少しコストは上がりますが、スペックは非常に優れています。低音から高音まで、どの音にも優れた高音質なので、音楽を楽しまれる方にはぴったりのイヤホンです。

連続利用可能時間は5時間程度ですが、付属の充電ケースが大容量を誇り、32回もの回数を充電することが出来ます。充電時間も片耳で30分程度で完了するので、外出時にバッテリーを意識することなく使える点が大きなポイントとなります。

また、IPX7のかなり高い防水性能を誇り、スポーツマンの方にも安心安全な設計になっています。イヤホン本体には二つのボタンがついており、音楽を楽しまれる方にとっても便利な機能がついています。

形状ワイヤレス、カナル優れた音域低音、中音、高音
機能防水、マルチボタン
第5位

Obuer

ゲーミングイヤホン

価格:1,350円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゲーミングに適した有線イヤホン

アンドロイドやiPhoneといったスマホのほか、任天堂switchやPS4との接続しての利用も想定した設計がポイントの有線イヤホンです。ノイズキャンセルやハイレゾ音源に対応することにより、よりリアルで高音質な音楽を楽しめます。ゲーム音声も臨場感があるものになります。

音質に優れたイヤホンなので、ゲーミング以外の音楽再生機器としてもすぐれたイヤホンです。クオリティの高い音楽を楽しみたい方にはおすすめです。また、本体は15gとかなり軽く、手軽に持ち運べるのも嬉しいポイント。

マイク内蔵かつ、リモコンがついているため、イヤホン側の操作だけで調節できるのは便利なポイント。しかし、注意点として防水機能はついていないので、ジョギングなどのスポーツとの併用は注意が必要です。

形状有線、カナル優れた音域重低音
機能マイク、リモコン
第4位

Mpow

flame MPBH088CR

価格:2,499円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高音質で完全防水なワイヤレスイヤホン

こちらのイヤホンは、価格が2500円程度とリーズナブルにもかかわらず、かなりの高音質と評判のイヤホンで、過去に米国のAmazonでベストセラーを取得したこともあるという大変人気のワイヤレスイヤホンです。

ATP-Xという方式を採用しており、より深い低音ときれいな高音が出せるのが特徴です。特に優れているのが低音で、よりリアルで迫力のある音楽が楽しめます。

また、IPX7の防水機能を備えています。水中でも使用できる程の高い防水性能をもっているので、スポーツマンのかたにもおすすめできる万能なイヤホンです。

形状ワイヤレス優れた音域高音、低音
機能防水、コントロールボタン
第3位

iPoplor

iPoplor-0507

価格:999円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

iPhone筆頭にApple製品との併用に適したイヤホン

真っ白な色が特徴的なイヤホンですが、こちらはiPhoneやiPadといったさまざまなApple製品と互換性があるのが特徴なモデルとなります。イヤホンジャックがなくなるiPhone7以降のモデルと対応しているのは嬉しいポイント。

価格としても1000円程度と非常にリーズナブルで、壊れたとしてもリピートしやすいのは大きなメリットです。また、保証が12か月ついているので、万一短期間で壊れてしまった場合でも安心な商品です。

ほかにもマイク内蔵でリモコンもあるため、リモコン操作一つで通話に出れたり音量調節が可能です。非常にリーズナブルなイヤホンなので、Apple製品を中心にお使いの方は、呼びに一つ所有しておくといった目的での購入も考えられます。

形状有線優れた音域-
機能マイク、リモコン
第2位

Plextone

ゲーミングイヤホン

価格:1,490円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゲーミングに適したコスパ良のイヤホン

どことなくクールなデザインが特徴のPlextoneのゲーミングイヤホンです。ゲームをプレイする使用者が長時間イヤホンを付けていても疲れにくいよう、人間工学を基にしたデザインで設計されています。よりゲーミングに熱中しやすいイヤホンといえるでしょう。

片耳が5g程度とかなり軽い設計なので、長時間つけていても疲れにくく、もち運びにも便利なモデルです。また、リモコン付きなので、ゲーム機を操作せずとも音量調節ができるのでなお快適。普段使いとしてもスマホの操作を必要とせず調節できるので便利な機能です。

購入後、保証が一年ついてくるので、万が一故障した際にも安心です。。また、価格的にも1000円ちょっととリーズナブルなのもおすすめできるポイントです。ゲーム用やPCの作業用にイヤホンが欲しいといった方にはおすすめのイヤホンです。

形状有線、カナル優れた音域低音
機能マイク、リモコン
第1位

SoundPEATS(サウンドピーツ)

TrueFree+

価格:2,985円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高音性で多機能なワイヤレスイヤホン

サウンドピーツ社は、音質に優れたイヤホンを数々生み出している企業です。こちらのワイヤレスイヤホン「TrueFree+」は、音質だけでなく、そのほかの機能にも力を入れているモデルです。価格的にも3000程度で購入できるのでコストパフォーマンスに優れています。

最大で35時間もの間再生し続けることが出来る大容量バッテリーを備えているのがまずポイントです。外出時の突然の電池切れといった心配がなく使うことが出来ます。また、片耳4.7gとかなり軽い設計で、付け心地が良いのもポイントですね。

また、IPX4の防水機能を備えているのもスポーツマンにとっては注目したいポイントです。IP4は水中に沈めるといった強さの耐性ではないですが、汗や水の雫といったものであれば十分な耐性を保持しています。スポーツ時にも普段使いにもお勧めのイヤホンです。

形状ワイヤレス、カナル優れた音域低音から高音
機能防水、マイク、リモコン

安いイヤホンのおすすめ商品比較表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5003657の画像

    SoundPEATS(サウンドピーツ)

  • 2
    アイテムID:5003656の画像

    Plextone

  • 3
    アイテムID:5003653の画像

    iPoplor

  • 4
    アイテムID:5004023の画像

    Mpow

  • 5
    アイテムID:5003628の画像

    Obuer

  • 6
    アイテムID:5003627の画像

    iHarbort

  • 7
    アイテムID:5003623の画像

    Kingyou

  • 8
    アイテムID:5003620の画像

    Anker

  • 9
    アイテムID:5003616の画像

    Audio Technica(オーディオテクニカ)

  • 10
    アイテムID:4999222の画像

    オンキヨー(Onkyo)

  • 商品名
  • TrueFree+
  • ゲーミングイヤホン
  • iPoplor-0507
  • flame MPBH088CR
  • ゲーミングイヤホン
  • P10
  • KP06
  • SoundBuds Slim AK-A3410011
  • ATH-CK350S
  • E200BT
  • 特徴
  • 高音性で多機能なワイヤレスイヤホン
  • ゲーミングに適したコスパ良のイヤホン
  • iPhone筆頭にApple製品との併用に適したイヤホン
  • 高音質で完全防水なワイヤレスイヤホン
  • ゲーミングに適した有線イヤホン
  • 充電ケース付きで高性能なワイヤレスイヤホン
  • 価格が安くコストに優れたイヤホン
  • 高い防水機能を誇るカナル型ワイヤレスイヤホン
  • 持ち運びに優れた有線イヤホン
  • 大容量バッテリー搭載
  • 価格
  • 2985円(税込)
  • 1490円(税込)
  • 999円(税込)
  • 2499円(税込)
  • 1350円(税込)
  • 6080円(税込)
  • 1099円(税込)
  • 2699円(税込)
  • 1458円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 形状
  • ワイヤレス、カナル
  • 有線、カナル
  • 有線
  • ワイヤレス
  • 有線、カナル
  • ワイヤレス、カナル
  • 有線、カナル
  • ワイヤレス、カナル
  • 有線、カナル
  • ワイヤレス、インナーイヤー
  • 優れた音域
  • 低音から高音
  • 低音
  • -
  • 高音、低音
  • 重低音
  • 低音、中音、高音
  • -
  • -
  • 低音
  • 重低音
  • 機能
  • 防水、マイク、リモコン
  • マイク、リモコン
  • マイク、リモコン
  • 防水、コントロールボタン
  • マイク、リモコン
  • 防水、マルチボタン
  • マイク、リモコン
  • マイク、防水
  • -
  • マイク

まとめ

イヤホンには本当にさまざまな種類があります。その中でもご自身の用途・環境に合わせたモデルを選ぶのが大切です。選んだイヤホンと共に充実した生活が送れるよう、ご自身にマッチしたイヤホンを選んでみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ