記事ID136963のサムネイル画像

【カクテルのベースに】ウォッカの人気おすすめランキング10選

ウォッカはロシアやポーランドなど、非常に寒い地域で古くから愛されているお酒です。日本ではカクテルのベースとしてもなら知っている人も多いでしょう。世界四大スピリッツの一つであるウォッカの選び方からおすすめ商品まで紹介します。

様々種類から好みのウォッカを見つけよう

ウォッカと聞いて、カクテルベースとして使われているお酒だ、と思いつく人も多いでしょう。日本ではウォッカをそのまま飲む人は少数派で、ウォッカをベースに様々なカクテルを楽しんでいる人の方が一般的でしょう。

 

しかしながら、ウォッカの本場であるロシアやポーランドでは、アルコール度数の高いウォッカをそのまま飲む方がメジャーです。日本でも本場のウォッカは販売されていて、そのまま飲んでも十分に美味しく飲むことができ、本場の味を楽しむことができます。

 

今回はそんなウォッカを楽しむために、様々な種類があるウォッカから自分好みのウォッカを選ぶ方法とおすすめのウォッカをお伝えします。

ウォッカの選び方

原料・製法

ウォッカを選ぶ上で重要なのが、原料と製法です。原料は味わいや口当たりに影響します。また、製法とはウォッカの場合は蒸留の回数濾過の方法を指します。それぞれ詳しくみていきましょう。

原料は味わいに影響する

ウォッカの原料として一般的なのは、大麦やライ麦、小麦などの穀物です。ウォッカの産地によって原料が異なっているのが一般的ですが、中にはじゃがいもやフルーツを使ったウォッカを作っている国もあり、様々な種類のウォッカがあります。

 

ウォッカの本場であるロシアでは小麦が原料のウォッカが一般的で、同じくウォッカがよく飲まれているポーランドではライ麦を原料にしたウォッカが有名です。また、大麦を使ったウォッカはフィンランドでよく作られています。

 

また、ポーランドではじゃがいもや、すもも、ぶどうを原料に使ったウォッカも作られています。ウォッカは蒸留を繰り返して作るので、原料の特徴がでにくいものですが、穀物が原料の方がべたつきが少なくすっきりした味わいになっています。

蒸留の回数は口当たりに影響する

ウォッカは蒸留を繰り返して作り、この蒸留の回数が口当たりに影響します。一般的に蒸留の回数が多くなれば多くなるほど、アルコール度数が高くなり、すっきりした味と香りが感じられるようになります。

 

例えば、ウォッカの中でももっともアルコール度数が高い「スピリタス」という品種のウォッカは蒸留回数が70回を超えていることでも有名です。ちなみに「スピリタス」のアルコール度数は驚異の96%であり、これは蒸留によって得られるアルコール度数の限界値です。

 

カクテルベースとしてウォッカを使う場合や、滑らかな口当たりの飲みやすいウォッカを探している場合には蒸留を重ねているものを選ぶのがいいでしょう。

濾過の方法は銘柄の味の違いに直結する

蒸留の回数と同じくらいウォッカの味に影響するのが、濾過の方法です。ウォッカは蒸留を行ったあとで、白樺の木炭で濾過をするという独特の工程を経て作られています。この工程には各メーカーの工夫がなされており、銘柄の味の違いに直結します。

 

例えば、新品の木炭を使うのか、なんども回収した木炭を使うのか、またはその2つを混ぜて使うのかなど、それぞれのメーカーが理想とする味わいを出すために、様々な工夫がされています。また、濾材に白樺の木炭以外を使う場合もあります。

 

濾過の回数が多くなると、蒸留の回数と同じように増えれば増えるほど、口当たりのなめらかなお酒になる傾向があります。選ぶときに重要なポイントと言えるでしょう。

度数

ウォッカを選ぶ際には、アルコールの度数も重要です。今回は40%前後のもの、それ以上のもの、の2種類で紹介します。特に高いアルコール度数のものは、蒸留の限界レベルまで蒸留しているものもあります。詳しく見ていきましょう。

メジャーな度数は40度前後

ウォッカといえばアルコール度数は40%前後が一般的です。他のお酒て比べてみても、ビールが5%前後、日本酒が15%前後、ワインが15%~20%前後、同じ蒸留酒である焼酎が25%、ウイスキーが40%前後ですので、アルコール度数は高くなっています。

 

ウォッカをカクテルベースに使うのではなく、そのまま飲むという場合には40%前後のウォッカを選ぶのがおすすめです。甘みやフレーバーなどが感じられるウォッカはこの程度のアルコール度数になっていますので、そのまま飲みたい人におすすめの度数です。

 

各ウォッカメーカーが工夫をして飲みやすく、美味しいウォッカを作っています。いろいろと試してみて、自分好みのウォッカを探してみましょう。

カクテルベースには度数が高いウォッカがおすすめ

カクテルベースとしてウォッカを使う場合には、アルコール度数の高いウォッカがおすすめです。特に70%〜96%とアルコール度数の非常に高いウォッカは癖も香りも少ないものが多く、すっきりしているので、ベースにするのに向いています。

 

また、果実酒のベースとしても大変人気になっています。一般的に果実酒はホワイトリカーを使いますが、ホワイトリカーよりもアルコール度数の高いウォッカを使うことで、短期で果実酒を作ることができます。

 

ただし、アルコール度数が55度前後のウォッカの中には、そのまま飲んでも美味しく飲めるウォッカもあります。ウォッカは銘柄によって、味わいが大きく異なりますので、自分の好みのウォッカを見つけましょう。

飲み方

ウォッカを選ぶときに、どうやって飲むか、というのも重要なポイントです。今回はストレートやロックで飲む場合、カクテルベースにする場合の2つに分けて紹介します。

ストレートで飲むなら香り豊かなものを

ウォッカをストレートで飲むのであれば、甘みや香りを感じられるウォッカがおすすめです。特にアルコール度数が40%前後のものが多いですが、55%前後のものでもストレートで美味しく飲むことができるウォッカもあります。

 

ウォッカは蒸留して得たエチルアルコールに水を加えて作りますが、それに蜂蜜や果糖を加えて作るのが一般的です。この加えるものにもメーカー特有の工夫があり、銘柄の特徴になってくるところです。

 

また、濾過の方法や蒸留の回数も味わいに大きく関わってくるところですので、選ぶ際にはチェックしてみるといいでしょう。色々なポイントを押さえて、自分好みのウォッカを見つけましょう。

カクテルベースにするなら香りのないものがおすすめ

カクテルベースにウォッカを使う場合には、カクテルの味わいを邪魔しないように、香りや甘みの少ない、もしくはまったくないようなウォッカを選ぶのがおすすめです。アルコール度数が高いものほど、カクテルベースに向いているものが多くなっています。

 

カクテルベースとして使うウォッカとしては、原料が大麦やライ麦、小麦などの穀物を使ったウォッカがおすすめです。じゃがいもや他の原料を使ったウォッカでは、味わいがカクテル自体の味の邪魔をしてしまうので、あまりおすすめできません。

 

また、カクテルベースに使えるようなウォッカは比較的安い価格で購入できるものも多くあります。いろいろと試してみて、自分好みのカクテルのベースとして、自分の好みのウォッカを選んでみるといいでしょう。

【ストレートからカクテルベースまで】人気のウォッカおすすめランキング10選

第10位

アサヒビール

ウィルキンソン ウオッカ

価格:730円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

炭酸水で有名なウィルキンソンのウォッカ

このウォッカは炭酸水で有名なウィルキンソンブランドのウォッカです。ニッカウヰスキーが長い年月をかけて培ってきたスピリッツの製法を受け継いで作られており、純国産のウォッカの中でも非常に人気のあるおすすめの商品です。

 

白樺の炭を使って丁寧にじっくりと時間をかけて、濾過することにより、軽やかな味わいを実現しています。ほのかに甘い口当たりに、なめらかな飲み心地とすっきりとした後味が特長です。そのまま飲んでも美味しく飲むことができます。

 

また、カクテルベースとしても優秀なウォッカとなっています。価格も1,000円以下と購入しやすい価格になっています。これまでウォッカを飲んだことがなかった、初心者の人にもおすすめの商品となっています。

生産国日本度数40度
第9位

キリンビール

スミノフ ウォッカ

価格:998円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ロシア皇帝御用達のプレミアムウォッカ

生産国は韓国ですが、ウォッカの本場であるロシアで生まれたプレミアムウォッカです。19世紀には、ロシア皇帝御用達の栄誉を得たこともあるウォッカで、そのほかにも様々な受賞歴を持つ、世界中で飲まれているウォッカです。

 

3回の蒸留のあと、白樺活性炭を用いた10回の濾過を経て作られており、雑味・濁りを徹底的に除去して作られているウォッカとなっています。無色透明でクリアな味わいが特徴で、カクテルベースとして、どんなものとも合う素晴らしいウォッカです。

 

ウォッカをベースにしたカクテルとして有名なモスコミュールやスクリュードライバーなども、このスミノフをベースにして作られたのが始まりです。カクテルベースとして非常におすすめの商品となっています。

生産国韓国度数40度
第8位

ペルノリカール

アブソルート ウオッカ

価格:1,107円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スウェーデンのプレミアムウォッカ

こちらの商品は、スウェーデン産のプレミアムウォッカです。南スウェーデンの蒸留所で原料の厳選、醸造から濾過まで全て行う”ONE SOURSE(ワンソース)”というシステムで作られており、製造者のこだわりが感じられるウォッカです。

 

このウォッカはスウェーデン産の冬小麦を原料として作られています。冬小麦はウォッカに最適なでんぷん質を多く含んでおり、プレミアムウォッカにふさわしい味わいと香りを生み出しています。

 

ニューヨークで発売されたことをきっかけに全米、そして世界中に広まったこのウォッカはカクテルベースとしても優秀ですが、そのまま飲んでも美味しいウォッカとなっています。価格も1,000円台と買いやすい価格でおすすめの商品です。

生産国スウェーデン度数40度
第7位

ミリオン商事

スピリタス

価格:1,524円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界最高度数のウォッカ

スピリタスは世界でもっともアルコール度数の高いお酒として有名です。そのアルコール度数は96%と、蒸留で得ることのできるアルコール度数の限界値とされている度数となっています。そのまま飲むのは内臓によくないので、カクテルベースとして使われます。

 

蒸留の回数は70回以上と、極限までアルコール度数を高めるための工夫がなされています。カクテルベースとして使う他、果実酒のベースとして使うと、高いアルコール度数のおかげで漬け込む時間を短くすることができます。

 

また、お菓子のアクセントとして使われることもあります。タバコの火などが燃え移ることがあるので扱いには注意が必要です。最近ではYoutuberが動画にしていることで、知っている人もいるでしょう。興味のある人は、一度買ってみるのもいいでしょう。

生産国ポーランド度数96度
第6位

キリンビール

ギルビーウォッカ

価格:798円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イギリスの伝統メーカーのウォッカ

この商品は、150年以上の伝統を守り続ける、W&Aギルビー社がこだわりを持って作っているウオッカです。ギルビーは、古くから受け継がれてきた伝統的なスピリッツ製造法を使って、質の高い蒸留器でアルコールを蒸留し、品質に磨きをかけています。

元々はジンを作っていた会社ですが、高い技術を使い美味しいウォッカを作っています。この商品の特徴は、白樺活性炭で丹念に濾過することによって作り出される、クリアでスムースな味わいです。まろやかな口当たりでそのまま飲んでも美味しく飲めるウォッカです。

 

もちろんカクテルベースとしても使うことができ、カクテルの味を邪魔せず、美味しいカクテルを作ることができます。価格も抑えられていて、購入しやすいおすすめの商品となっています。

生産国イギリス度数37.5度
第5位

ドーバー

ドーバー ウォッカ

価格:2,820円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本産の高アルコール度数のウォッカ

こちらのウォッカはアルコール度数88度と非常に高いアルコール度数が特徴のウォッカです。ドーバー、とついていますが、このウォッカは日本産のウォッカとなっています。世界でも5本の指に入るアルコール度数のウォッカでカクテルベースとして人気です。

 

そのまま飲んでも美味しいということで、ロックで飲むのもおすすめです。口当たりとしては甘く感じる部分があり、飲みやすいウォッカとなっています。ただし、アルコール度数は88度とかなり高いので、飲み過ぎには注意が必要です。

 

アルコール度数が高いため、価格も高めになっていますが、カクテルベースとして使用する場合には、量を使わなくていいため、コストパフォーマンス自体は高くなるかもしれません。高いアルコール度数のウォッカに興味がある人におすすめの商品です。

生産国日本度数88度
第4位

キリンビール

シロック

価格:3,007円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ぶどうで作られた珍しいウォッカ

フランスで作られているこのウォッカは、ぶどうが原料の珍しいウォッカです。フランスと言えばワインのイメージが強いものですが、このウォッカはフランス産の厳選されたぶどうを使った、スーパープレミアムウォッカとなっています。

 

高級ワインの製造の際に用いられる、熱を加えない低温抽出を採用しています。一般的な高級ワインよりもさらに低い温度で抽出を行うことで高品質な原酒を生産しています。コニャック地方にある歴史的なシュヴァンソー蒸留所での5回の蒸留を行っています。

 

フランス産の厳選されたぶどうだけを使っている他、独特の製造方法により、価格が他のウォッカより高くなっていますが、珍しいウォッカを飲んでみたい人という人は一度購入してみるのもいいでしょう。贈り物としてもおすすめの商品となっています。

生産国フランス度数40度
第3位

岐阜 高木酒造

奥飛騨 ウオッカ

価格:2,551円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

米が原料の珍しいウォッカ

世界でも珍しい米を原料にしたウォッカです。米が原料のお酒といえば日本酒ですが、ウォッカも作られています。米と米麹という組み合わせはまさに日本酒ですが、美味しいウォッカになっていて、ウォッカ好きにも人気の商品です。

 

味わいとしては甘みがあり、まろやかな口当たりです。日本の造り酒屋が作っているウォッカで、蒸留後、岐阜県の飛騨地区の「しらかば」を使って濾過をし、貯留・熟成させている珍しいウォッカとなっています。

 

そのまま飲んでも美味しく飲め、カクテルベースとしても使うことができます。ウォッカ好きの人へのプレゼントとしても最適で、おすすめの商品となっています。

生産国日本度数55度
第2位

アサヒビール

フィンランディア ウォッカ

価格:1,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最上級六条大麦で作られたウォッカ

このウォッカは、白夜の国フィンランドの高純度の天然氷河水と、穏やかな日光を浴びた最上級の六条大麦で製造されているウォッカです。油分が抑えられた麦由来を使うことで、味や香りが邪魔されず、クリアで切れのよいプレミウアムウオッカとなっています。

 

フィンランドの湧き水は、10,000年前の氷河期から存在する氷堆石で濾過されており、その水は人の手を加える必要がないほどクリアです。これに最上級の六条大麦を使うことで、ウォッカ好きに支持されるプレミアムウォッカを作り出しています。

 

ストレートで飲んでも美味しく飲むことができますが、雑味のないクリアな味わいを活かしてカクテルベースとしても十分に使うことができます。価格も1,000円台と購入しやすい価格になっており、おすすめの商品です。

生産国フィンランド度数40度
第1位

リードオフジャパン

ズブロッカ バイソングラス

価格:1,003円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

500年以上の歴史を誇るウォッカ

バイソングラス(ズブロッカ草)のエキスを加えた、500年以上の歴史と伝統を誇るフレーバード・ウオッカです。バイソングラスを使ったウォッカの製造はズブロッカだけに許可された製造法で、珍しいウォッカとなっています。

 

バイソングラスとは、野生のバイソンが好んで食べる草で、太陽光がまばらな森林に自生します。世界遺産「ビアウォヴィエジャの森」に自生し、力を与える神聖な草とも言われていて、アーモンドやバニラを思わせる芳香はとても珍重されています。

 

バイソングラスから抽出される淡いオリーブ色と、柔らかな香りがズブロッカの大きな魅力のひとつとなっています。ロックで飲むのがおすすめですが、香りを活かしたカクテルにも使うことができ、おすすめの商品です。

生産国ポーランド度数40度

ウォッカのおすすめ商品比較一覧

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5000699の画像

    リードオフジャパン

  • 2
    アイテムID:5000701の画像

    アサヒビール

  • 3
    アイテムID:5000694の画像

    岐阜 高木酒造

  • 4
    アイテムID:5000697の画像

    キリンビール

  • 5
    アイテムID:5000692の画像

    ドーバー

  • 6
    アイテムID:5000412の画像

    キリンビール

  • 7
    アイテムID:5000239の画像

    ミリオン商事

  • 8
    アイテムID:5000237の画像

    ペルノリカール

  • 9
    アイテムID:5000225の画像

    キリンビール

  • 10
    アイテムID:5000150の画像

    アサヒビール

  • 商品名
  • ズブロッカ バイソングラス
  • フィンランディア ウォッカ
  • 奥飛騨 ウオッカ
  • シロック
  • ドーバー ウォッカ
  • ギルビーウォッカ
  • スピリタス
  • アブソルート ウオッカ
  • スミノフ ウォッカ
  • ウィルキンソン ウオッカ
  • 特徴
  • 500年以上の歴史を誇るウォッカ
  • 最上級六条大麦で作られたウォッカ
  • 米が原料の珍しいウォッカ
  • ぶどうで作られた珍しいウォッカ
  • 日本産の高アルコール度数のウォッカ
  • イギリスの伝統メーカーのウォッカ
  • 世界最高度数のウォッカ
  • スウェーデンのプレミアムウォッカ
  • ロシア皇帝御用達のプレミアムウォッカ
  • 炭酸水で有名なウィルキンソンのウォッカ
  • 価格
  • 1003円(税込)
  • 1380円(税込)
  • 2551円(税込)
  • 3007円(税込)
  • 2820円(税込)
  • 798円(税込)
  • 1524円(税込)
  • 1107円(税込)
  • 998円(税込)
  • 730円(税込)
  • 生産国
  • ポーランド
  • フィンランド
  • 日本
  • フランス
  • 日本
  • イギリス
  • ポーランド
  • スウェーデン
  • 韓国
  • 日本
  • 度数
  • 40度
  • 40度
  • 55度
  • 40度
  • 88度
  • 37.5度
  • 96度
  • 40度
  • 40度
  • 40度

まとめ

ここまでウォッカについて紹介してきました。ウォッカには様々な種類がありますが、価格が抑えられているものが多いので、いろいろと試してみて、自分好みのものを選んでみるのもいいでしょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ