記事ID136943のサムネイル画像

【災害時に絶対必要】命をまもる防災グッズおすすめランキング10選

ここ数年日本全国で台風・水害・地震による災害が急激に増加していることについて知らない人はいません。しかし自分の住んでいる地域で災害が起こるなど誰しもが想像すらつきません。今回はしっかりと災害の準備できるようにおすすめの防災グッズをランキング形式でご紹介します。

いつ起こるかわからない災害に備えましょう

災害はいつ起こるかわからないから、とても恐ろしいとお考えの方は多いと思います。災害が起こる前に家族や自分の身の安全を確保するために防災グッズを準備してはいかがでしょうか。

 

防災グッズにはラジオや非常用トイレ、非常食、ヘルメットなど種類はさまざまです。どれを選べばいいのかわからないという方のために、わかりやすい選び方とおすすめの防災グッズをランキング形式でご紹介します。

 

いざというときに周りの人を助けることができるように防災グッズの知識を深めておきましょう。

防災グッズの正しい選び方

優先順位でえらぶ

防災グッズをえらぶ場合、一番最初に考えるべきなのはいのちを守るために必要な防災グッズの順番です。避難時間が長くなるほど食材や水は必要になります。近くに救助隊が来ているのに気づかれないということがないようにラジオも準備しておきましょう。

 

もし怪我をしてしまった場合に備えて医療品を準備しておくことも重要です。消毒ができない状態で長い時間放置するのはとても危険です。歯ブラシや水のいらないシャンプーなども一緒に入れておけば安心できます。

 

重要度がいまいちわからないという方は、必要なものをまとめた防災グッズセットがあります。値段もそこそこしますが防災グッズセットを購入して、一度すべて床に広げてみて他に必要なものはないか確認することをおすすめします。

防災グッズの種類で選ぶ

防災グッズには用途別にさまざまな種類のラインナップが存在します。各種類の機能や使い方を確認して災害に応じた防災グッズを選びましょう。

非常食・飲料水をえらぶ

災害を予想できる水害や台風の場合、コンビニやスーパーの混雑が考えられます。多くの非常食を必要とする場合は予め用意しておく必要があります。災害用の飲料水や非常食は消費期限が長いため、コンビニではなくインターネットで購入しましょう。

 

家族で避難する可能性がある方は、あらかじめ人数にあった量の非常食と飲料水を用意する必要があります。バッグの中にまとまった非常食を用意しておき、各自のポケットなどに一時的な空腹をしのげる手のひらサイズのお菓子などを用意しましょう。

情報収集方法でえらぶ

周りの人とはぐれて孤立してしまった場合は、情報が頼りになります。防災ラジオは防水の物が多く、雨に打たれても壊れる心配がありません。携帯電話で情報を取得する場合はモバイルバッテリーを持ち歩く必要があります。

 

電気が止まるほどの災害ではモバイルバッテリーを充電できるものが必要になるため、大きな災害を想定するのであれば、懐中電灯と一体型になったラジオをおすすめします。昼はソーラーパネルで充電できるものもあるので日中は充電の心配がいりません。

 

梅雨時期など晴れた日がない場合も手回しで充電ができるタイプを選ぶといいでしょう。ラジオから携帯電話に充電できるものもありますので、情報収集は防水で多機能のラジオをおすすめします。

医療品をえらぶ

医療品をえらぶ際は、救急セットを選びましょう。包帯や消毒液、人を呼ぶためのホイッスルなどまとめて入ったモノがいいでしょう。包帯や消毒液を単品で持ち歩くと、応急処置に時間がかかってしまいます。

 

家族に持病をかかえた人がいる場合は、防災バッグのなかに薬を準備しておくことをおすすめします。薬を飲む祭に必要な水も一緒に入れておきましょう。紙コップなどが入るスペースがあれば、その中に薬をいれておくと便利です。

 

小さな怪我でも長い間治療せずに放置すると傷が可能して大変なことになります。小さなものでも構いませんので、防災バッグの中に救急セットをいれておきましょう。

衛生面からえらぶ

災害時は大気が汚染されている可能性があります。体に害のあるものを吸い込まないようにマスクを準備しておきましょう。水に流すことができるティッシュは小さなお子様がいらっしゃる家庭には必要ですので確認しておきましょう。

 

避難時にトイレがない場合は、非常用のトイレがあります。命に直接関わる防災グッズではありませんが、人通りがある場合などは周りの人に迷惑をかけないように、非常用のトイレを持ち歩き各自で処分することをおすすめします。

 

女性の方は非常用トイレを用意しておくと安心できます。水が流れなくても水洗トイレなどに非常用トイレを広げて用を足すことができ、防臭に優れているから周りを気にする必要がありません。

防寒用品でえらぶ

気温が低い時期に災害が起こってしまったら必要になるのが防寒用品です。せっかく避難しても防寒用品がないと寒くてたまりません。コンパクトで持ち運びに苦労しないサバイバルシートを準備しましょう。

 

防災グッズの中にホッカイロなどを入れておけばサバイバルシートで寒さを防ぎ、ホッカイロで一時的に寒さを凌ぐことができます。サバイバルシートは安価で手に入り、手のひらサイズで場所を選ばないため、家族の分も購入しておきましょう。

 

サバイバルシートを何枚か用意しておくと、寝るときにとても安心です。雨に濡れることがあるかもしれませんので寒さ対策を施しましょう。

年齢別で選ぶ

高齢者向けでえらぶ

日本では少子高齢化が進んでいるため、各家庭に高齢者がいる割合が多くなっていきます。高齢者用の防災グッズを用意しておく必要がある方は専用の防災バックを用意してはいかがでしょうか。

 

介護手帳などの貴重品をなくしてしまったら大変ですので、災害が起こったときに余裕があれば防災バッグの中に入れておきましょう。耳が聞こえにくい高齢者がいる場合は、補聴器の予備があれば用意をしましょう。

 

高齢者の場合は若い人と比べて体力がありませんので、いち早く防災バッグをからってあげて避難誘導をしましょう。

幼児向けで選ぶ

生まれて日が浅い乳児がいる家庭ではあらかじめ子供のための防災グッズを用意しておく必要があります。粉ミルクや離乳食、哺乳瓶や紙おむつなど乳児に必要なものを準備しておきましょう。

 

避難する際すぐに持ち出せるように、いつも使っているモノとは別に予備を用意しておくと安心です。水が出ないことを考慮して哺乳瓶は複数個用意しておきましょう。

 

子供はすぐに大きくなってしまいますので乳児用の防災バッグは1年もすれば必要がなくなります。非常用の防災グッズを用意して、子供が生まれた友人などにそのままお下がりとして渡すと相手もよろこんでくれるでしょう。

持ち運びしやすさでえらぶ

災害時の避難場所は各地で違います。災害レベルが高い場合は避難所が倒壊していて遠くまで移動する必要があるかもしれません。避難するときは多くの荷物を持ちすぎると移動が困難になり、体力をつかいすぎてクタクタになる可能性があります。

 

持ち運びには必ず防災バッグを用意して、その中に必要なものを入れておきましょう。防災バッグは疲れにくく軽いものを選び、重くなりすぎないように心がけることが肝心です。単純に逃げるスピードが遅くなると怪我をする可能性が増えてきます。

 

できるだけコンパクトで多機能の防災グッズを選んで移動のときにすぐ動けるようにすることをおすすめします。

消費期限でえらぶ

必ず用意しておきたいのが災害時に食べる非常食。5年以上保存が可能な食材がありますが、気にかけることを忘れてしまうと消費期限が切れていた。なんてこともあるかもしれません。

 

自分がどの程度の頻度で食材を入れ替えるのか考えて、その期間にあった消費期限の非常食を選びましょう。まずサンプルとして少量の非常食を購入してもいいですね。一度食べてみて口に合わなかったら別のものを試してみましょう。

 

水を必要とする非常食もありますので、水の消費期限も計算して購入することをおすすめします。

災害時に役立つおすすめの防災グッズ10選

第10位

Vantozon

LEDランタン 高輝度

価格:2,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

360度を照らす防水LEDランタン

ランタンと懐中電灯2つのパターンで使用できます。最新のCOBライト技術を採用していて360度を明るいLEDで照らすことができます。モードボタンでSOS信号が赤く点滅するので急な停電や地震に備えることができます。

 

強力なマグネットが3つ付いているから、下を照らしたいときに車のボンネットにガチっとつけると便利です。明るい昼間に3時間充電しておくと、夜は12時間使用することができるので夜が安心です。

 

夜は懐中電灯やスマートフォンの明かりだけでは薄暗くとても不安になりますので、暗いところが苦手な方におすすめの防災グッズです。

サイズ13.5×8.5cm重さ230g
用途明かり、SOS緊急信号
第9位

PolySky

ホイッスル

価格:899円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

よく響くから周りに見つかりやすい

とても吹きやすくて遠くまで音が響き渡るホイッスル。ストラップがついているので首からかけて使用できます。吹出口のフィンが空気の流れを整えて太くて切れのある音を出すことができます。

 

災害時に周りに誰もいない場合自分がいる場所を知らせる必要があります。災害レベルが高くなるとスマートフォンの通信もできなくなる可能性があるため、物理的な音で自分の居場所を周りの人に知らせる必要があります。

 

自分の居場所を知らせたり、避難誘導をする場合、大声で叫ぶと体力を使い果たしてしまう可能性があります。このホイッスルは最大120dBという車のクラクションより大きな音を出すことができるおすすめの防災グッズです。

サイズ5.5×1.5×0.8cm重さ-
用途自己防衛、誘導
第8位

スターライト

防災用ヘルメット HS-100AJ

価格:1,933円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

確実に頭をまもってくれる

国家検定品のヘルメットだからとても安心して着用できます。取り外し可能な防災たれがついているので夏場の熱中症対策にも効果的です。頭の大きさによって大きさを調整でき、アゴ紐でギュッと締めるとヘルメットがグラグラすることはありません。

 

災害時では倒壊した建物やビルの看板など、いつ何が落ちてくるのかわかりません。自分の身は自分で守る必要があるため、防災用のヘルメットをあらかじめ用意することが大事です。

 

思っている以上にヘルメットの耐久性は高く、有るのと無いのでは雲泥の差です。まだ用意されていない方におすすめの防災グッズです。

サイズ270×250×150mm重さ340g
用途自己防衛
第7位

KOFUN

防災晒ひなた

価格:3,240円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

30通りの使い道がある

堺市の消防局が監修した10mの手ぬぐいが11枚分入っています。30通りの活用法をDVDに収録してあり、知識のない一般の方でもすぐに使えるノウハウがあります。緊急時にも使い方を確認できるように購入者様用解説ページが用意されています。

 

ねじってロープのように使ったり、布巾として汚れたところを拭ったり、包帯として救護のために使ったりと使い道が多く紹介されていて、とても参考になります。布に目盛りが印刷されているのでひと目で何cmあるのかわかるため、布を切るときに安心です。

 

災害時に必要な人命救助のノウハウを吸収できるだけでも価値があり、生存率を上昇させることができます。人命救助の知識がないという方におすすめの防災グッズです。

サイズ-重さ431g(発送重量)
用途人命救助、その他
第6位

東京都葛飾福祉工場

食品衛生法適合 非常用給水袋 4L

価格:1,058円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持っているだけで安心の非常用給水袋

災害時は常に水が近くにあることでとても安心できます。水がないとアルファ米などの食材があっても食べることができませんし、喉が乾いて不安になります。頭や体を洗うこともできないので、給水袋を用意していつでも水をくめる準備をしましょう。

 

この非常用給水袋はエクシールという特許を取得し開口部に特殊なチャックを施してあるため、水がこぼれる心配がありません。注ぎ口がキャップ式なのでペットボトルから水を注ぐような安定感があり、水を出しすぎたというミスが減ります。

 

給水する必要がない場合はスマートフォンなどを入れておく簡易バッグにできる多様性もあります。災害時の水分確保はとても重要なポイントですので、この防災グッズはおすすめです。

サイズ30.7×24.1×4.6cm重さ81.6g(発送重量)
用途水分補給
第5位

BOS-SHOP

非常用 トイレ セット

価格:1,944円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

驚異の防臭非常用トイレセット

高機能な袋を販売しているメーカーから開発された非常用トイレです。驚異的な防臭力を有する高機能素材で作られていて、用をたしたあとの気になるニオイも安心できます。携帯できるため、いざというときに頼もしい限りです。

 

水分を固めてくれる凝固剤15枚、菌を漏らさない汚物袋16枚、匂いを抑える防臭袋15枚セットだからとても安心。汚物袋を防臭袋に入れることができるので、おむつの処理にも効果を発揮できます。

 

電気が止まり水がでなくても使用できる優れものです。混雑が予想される避難所のトイレに行く必要も、列に並んで我慢する必要もありません。コンパクトで持ちやすく収納しやすいのでぜひおすすめしたい防災グッズです。

サイズ24.5×13.8×5cm(梱包サイズ)重さ730g
用途非常用トイレ
第4位

XTXM-JP

モバイルバッテリー 大容量 26800mAh

価格:3,299円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

26800mAh大容量モバイルバッテリー

満タンにしておけば2週間も使える大容量モバイルバッテリー。type-c、Micre、iPhoneなどの各種モバイルに対応しています。災害時に通信ができなくても、メモやライトを使うことができるので、とても頼りになります。

 

コンパクトでシンプルなデザインに加え、2台同時に充電できる優れものです。残り1%までLEDスクリーンに表示されるのであとどれくらい充電できるのか一目瞭然。iPhone6sより小さなサイズで手にすっぽり収まるので持ち運びが簡単です。

サイズ15.2×10.2×3.4cm(梱包サイズ)重さ358g(発送重量)
用途充電
第3位

AOKEOU-01

防災ラジオ 大容量2000mA

価格:3,499円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多機能防災ラジオ

災害発生時に必要になるのは食べ物だけではありません。災害の発生状況や避難場所、救助が来ているのか知るための情報をいち早く手にいれることで安全を確保することができます。

 

懐中電灯、SOSアラート機能、携帯電話の充電、ハンド充電、ソーラー充電、3バンドラジオという機能に防水仕様ですので雨の日も安心です。充電がなくなっても手回しで充電できるため、暗い夜の移動に役立てることができます。

 

非常時に携帯電話を充電することができ、マイクロUSBケーブルが付属しているのでとても安心です。緊急時に懐中電灯とラジオを持ち歩くのは不便ですので一体型のラジオをおすすめします。

サイズ160×78×46mm重さ381g(発送重量)
用途情報収集・ライト・充電
第2位

尾西食品

アルファ米12種類全部セット

価格:3,230円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「日本災害食認証」を取得したアルファ米

緊急時のために前もって購入しておく非常食。購入して3年経っていたら、本当に食べれるのか心配になります。このアルファ米12種類全部セットは日本災害食認証を取得したアルファ米で、宇宙日本食にも採用されてとても安心です。

 

アルファ米はお水を入れるだけで食べることができる非常食です。ふっくら炊きたてのご飯をおいしさそのままで急速乾燥することにより、非常時でも飽きない味わいを楽しめます。水の量を調整することで、ご飯とおかゆの選択ができるので小さいお子様にも安心です。

 

ガスやフライパンを準備しておけば温かいご飯を食べることもできます。災害時に備えてまだ非常食セットを準備していないという方におすすめです。

サイズ25×15×20×cm(梱包サイズ)重さ1.4kg(発送重量)
用途栄養補給
第1位

株式会社サイボウ

5年保存の非常食

価格:14,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

栄養士と防災士が監修した1週間安心セット

栄養士と防災士が監修した非常食セット。38種類50品とボリューミで7日間は食事の心配がいりません。すべての食材が5年保存できるため、購入して非常事態に備えてバッグの中にいれておけばとても安心できます。

 

14種類のアルファ米はどれをみても美味しそうでとても非常食には見えません。パンの缶詰は5種類7食、おかず類は常温でも美味しく食べれる缶詰が用意されています。間食用に栄養補給用のおやつもあるので常時ポケットに持ち歩けます。

 

すぐに食べる事ができるレトルトスープや500mlの水も7本あり、節約して食べれば7日以上もちそうなボリュームです。お腹がすくと不安な気持ちが膨らみますし、食材が手元にあるだけで安心します。この防災グッズはすべての人へおすすめします。

サイズ36×26.5×28.5(梱包サイズ)重さ10.7kg(発送重量)
用途栄養補給

防災グッズのおすすめ商品比較一覧

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4997575の画像

    株式会社サイボウ

  • 2
    アイテムID:4997570の画像

    尾西食品

  • 3
    アイテムID:4997601の画像

    AOKEOU-01

  • 4
    アイテムID:4997591の画像

    XTXM-JP

  • 5
    アイテムID:4997592の画像

    BOS-SHOP

  • 6
    アイテムID:4998749の画像

    東京都葛飾福祉工場

  • 7
    アイテムID:4998754の画像

    KOFUN

  • 8
    アイテムID:4998762の画像

    スターライト

  • 9
    アイテムID:4998772の画像

    PolySky

  • 10
    アイテムID:4998807の画像

    Vantozon

  • 商品名
  • 5年保存の非常食
  • アルファ米12種類全部セット
  • 防災ラジオ 大容量2000mA
  • モバイルバッテリー 大容量 26800mAh
  • 非常用 トイレ セット
  • 食品衛生法適合 非常用給水袋 4L
  • 防災晒ひなた
  • 防災用ヘルメット HS-100AJ
  • ホイッスル
  • LEDランタン 高輝度
  • 特徴
  • 栄養士と防災士が監修した1週間安心セット
  • 「日本災害食認証」を取得したアルファ米
  • 多機能防災ラジオ
  • 26800mAh大容量モバイルバッテリー
  • 驚異の防臭非常用トイレセット
  • 持っているだけで安心の非常用給水袋
  • 30通りの使い道がある
  • 確実に頭をまもってくれる
  • よく響くから周りに見つかりやすい
  • 360度を照らす防水LEDランタン
  • 価格
  • 14800円(税込)
  • 3230円(税込)
  • 3499円(税込)
  • 3299円(税込)
  • 1944円(税込)
  • 1058円(税込)
  • 3240円(税込)
  • 1933円(税込)
  • 899円(税込)
  • 2000円(税込)
  • サイズ
  • 36×26.5×28.5(梱包サイズ)
  • 25×15×20×cm(梱包サイズ)
  • 160×78×46mm
  • 15.2×10.2×3.4cm(梱包サイズ)
  • 24.5×13.8×5cm(梱包サイズ)
  • 30.7×24.1×4.6cm
  • -
  • 270×250×150mm
  • 5.5×1.5×0.8cm
  • 13.5×8.5cm
  • 重さ
  • 10.7kg(発送重量)
  • 1.4kg(発送重量)
  • 381g(発送重量)
  • 358g(発送重量)
  • 730g
  • 81.6g(発送重量)
  • 431g(発送重量)
  • 340g
  • -
  • 230g
  • 用途
  • 栄養補給
  • 栄養補給
  • 情報収集・ライト・充電
  • 充電
  • 非常用トイレ
  • 水分補給
  • 人命救助、その他
  • 自己防衛
  • 自己防衛、誘導
  • 明かり、SOS緊急信号

まとめ

防災グッズは自分や大事な家族を守ってくれるとても重要なアイテムです。近年では未曾有の災害が多発しているので各家庭や個人で防災グッズを準備することをおすすめします。災害が起こらないことが一番ですが、もしものために備えましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ