記事ID136919のサムネイル画像

【まだまだ人気健在】紙パック式掃除機のおすすめランキング10選

近年サイクロン式の掃除機が注目を集める中、依然として紙パック式の掃除機も根強い人気があります。紙パック式の掃除機はゴミ捨ての時に手を汚すことなく簡単なのが魅力です。今回は紙パック式の掃除機の選び方や人気商品をランキング形式でご紹介していきます。

高い吸引力で根強い人気の紙パック式掃除機

サイクロン掃除機に注目が集まる傾向にある昨今、紙パック式掃除機は依然として根強い人気を誇っています。その最大の魅力は集めたゴミの処理が手早く簡単にできることが挙げられます。サイクロン掃除機の場合、ダストケースを洗うなど手入れが必要となります。

サイクロン掃除機と比べて紙パック式のものでれば、紙パックのまま交換するだけで手を汚すことなくゴミの処理を簡単に衛生的に行うことが可能です。また、紙パック式の掃除機は比較的安価なタイプが展開されています。

また、リーズナブルであっても高い吸引力があるのも魅力です。今回はそんな紙パック式掃除機の選び方や人気商品をランキング形式でご紹介していきます。自分にぴったりなタイプを見つけて購入を検討してみてはいかがでしょうか。

紙パック式掃除機の選び方

どのような紙パック式掃除機を選べばいいか迷っている方も多いと思います。チェックしておくべきポイントや選び方についてご紹介しましょう。

形状で選ぶ

大きく分けて紙パック式掃除機には2つの形状があります。それぞれの特徴についてご紹介していきましょう。

キャニスター型を選ぶ

キャニスター型と言われる形状のものは、最も一般的な形で、本体とヘッドがホースで繋がれているタイプです。本体の大きさや重さなどさまざまなタイプのものがありますが、近年では転倒しにくく軽量化されているものが主流となっています。

掃除機として最も多く使われていて、広い場所や部屋の掃除などに適しています。

スティック型を選ぶ

紙パック式掃除機の中でもスティック型と言われる形状のものは、一般的なキャニスター型の掃除機のホース部分が無く、本体と吸引するヘッドの部分が長いノズルで繋がれている形状になっています。

軽量なタイプのものが多く、狭い場所や階段などの掃除に適しているタイプの掃除機です。ただキャニスター型の掃除機に比べると吸引力が弱いものが多いので吸引力を確かめておくことをおすすめします。

充電形式の違いで選ぶ

紙パック式掃除機には充電方式の違いによって2つのタイプがあります。それぞれの特徴につてご紹介しましょう。

コードレス式を選ぶ

紙パック式掃除機の中でコードレス式のものがあります。コードレス式の掃除機は、コードがない分、自由に移動して掃除ができるというのが最大の特徴です。軽量タイプのものが多く、コンセントの無い場所やなどの掃除でも自由に持ち運んで使用できるので最適です。

コードレス式のものは、充電式になっているものが多く、コード式の掃除機に比べると吸引力が低いものが多く見られますので、吸引力を重視したい方は吸引力をチェックしておくと安心です。

コード式を選ぶ

紙パック式掃除の中で最も多く展開されているのがコード式のものです。コード式の掃除機は、コードレス式のもの比べて吸引力が高いのが最大の特徴です。

ただ、コンセントのある場所でしか使用することができず、コードの長さに制限がありますので使用する前に確認しておきましょう。広い部屋を続けて掃除する場合は、延長コードに接続して使用すれば途中でコンセントを差し替える手間がかからないのでおすすめです。

価格で選ぶ

紙パック式掃除にはさまざまな価格帯のものが展開されています。価格の基準についてご紹介しましょう。

安いものを選ぶ

紙パック式掃除機の中で比較的安価なものも多く展開されています。価格が安いものを見つけても吸引力が低過ぎることも考えられますので、価格だけで判断しないように注意が必要です。

せっかく安い紙パック式掃除機を購入しても十分に使えない場合や買い替えることになることも考えられます。具体的には10,000円以下の紙パック式掃除機を選ぶ場合には、吸引力などのスペックも十分確認してから選ぶことをおすすめします。

高いものを選ぶ

紙パック掃除機の中で比較的高めの価格のものもあります。さまざまな機能が搭載されているタイプなどは価格が高く設定されているものが多く見られます。具体的には15,000円以上のものであれば、十分な吸引力が得られるものが多く展開されています。

ただ、必要のない機能が付いているために価格が高いタイプのものもありますので、自分が使う場合に必要な機能かどうかを見極めてから選ぶことをおすすめします。

スペックで選ぶ

紙パック式掃除機にはさまざまなスペックがあります。主なものをご紹介しましょう。

付属品で選ぶ

紙パック式掃除機には付属品が付いているものも多く見られます。延長ノズルが付属されているものであれば照明器具や家具の上など高い場所の掃除に便利です。

また、布団専用ヘッド付きのものでは布団が吸いつくことなくダニやホコリを吸い取ることができます。他にも狭いすき間の掃除に便利な細口ノズルやブラシヘッド付きのものも便利でおすすめです。

機能で選ぶ

紙パック式掃除機には各メーカーによってさまざまな機能が開発されています。自動的にゴミを探知することができるセンサー機能が搭載されているタイプであれば、目に見えない場所のゴミも探知して吸い込むことができます。

また、ヘッド部分に別モーターが搭載されている自走タイプのヘッドの掃除機であれば、広い場所の掃除もラクに掃除をすることができるのでおすすめです。ただあまり使わない機能付きのものもありますので必要な機能かをチェックしてから選ぶことをおすすめします。

軽量のものを選ぶ

紙パック式の掃除機では、軽量化されているタイプも多く展開されています。本体部分が重たいタイプの掃除機は長時間使用すると疲れやすいので、軽量化されているものを選ぶことをおすすめします。

軽量な掃除機でさらに転倒しにくい設計がされているものであれば、広い場所の掃除でもストレスなく快適に行うことができるのでおすすめです。

メーカーで選ぶ

紙パック式掃除機はさまざまなメーカーで製造されています。おすすめのメーカーをご紹介します。

パナソニック(Panasonic)で選ぶ

言わずと知れた日本の家電メーカーパナソニック。パナソニックは紙パック式の掃除機においても数多くの商品を展開しています。

独自の機能としては、目に見えないゴミやホコリを探知する「ハウスダスト発見センサー」や、ヘッド部分を回転させるだけでノズルの切替えができる「くるっとパワーノズル」などアイディア満載の便利機能が搭載されているのが特徴です。

三菱電機(MITSUBISHI)で選ぶ

三菱電機の紙パック式掃除機は、さまざまなタイプのものが展開されています。比較的リーズナブルな価格帯で展開されているのが特徴です。

独自の機能としては人間工学に基づいて設計されたグリップが採用されているため、長時間使用し続けても疲れにくい嬉しい仕様になっています。コストパフォーマンスに優れた紙パック式掃除機をお探しの方にはおすすめのメーカーです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)で選ぶ

次々と話題の新製品を展開し続けているメーカーアイリスオーヤマ。アイリスオーヤマの紙パック式掃除機は、比較的リーズナブルなものが展開されているのが特徴です。独自の機能「ホコリ感知センサー」は、微細なホコリを感知することができます。

高機能なものでも10,000円前後とリーズナブルなのが魅力です。できるだけ安くて優秀な紙パック掃除機が欲しいという方はぜひチェックしてみましょう。

マキタ(MAKITA)で選ぶ

電動工具でおなじみのマキタでも紙パック式掃除機を多く展開しています。スティック型の紙パック掃除機が多く、工具の開発で培われた独自の充電技術を搭載したコードレスタイプが人気です。

シンプルで実用的な紙パック式掃除機のをお探しの方には特におすすめのメーカーです。価格は比較的リーズナブルでありながらも強力な吸引力があるのもマキタならではの魅力です。

紙パック式掃除機の人気ランキング10選

第10位

パナソニック(Panasonic)

スティッククリーナー MC-PBU510J-T

価格:36,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

嬉しい機能が満載のスティック型クリーナー

パナソニックのスティック型の紙パック式掃除機です。パナソニック独自で開発された「ハウスダスト発見センサー」という機能が採用されています。目に見えない微細なホコリやゴミを感知した時、自動で強力な吸引パワーに切り替わるという便利な機能です。

また、ヘッド部分を回転させるだけで隙間用ノズルに切り替えることができるので、ヘッドを交換する手間がかからないのも魅力です。ヘッドの底面にローラーが付いているため、軽い力で操作することができます。

また、長いノズル部分を取り外せばハンディクリーナーとしても使用することが可能です。コンパクトなボディですが、集じん容量が330mlもありますので途中で吸引力が落ちる心配もなく安心して使うことができます。

タイプスティック型重量1.7kg
電源充電式集じん容量500mL
第9位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

スティッククリーナー IC-SLDCP6

価格:17,140円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本体が自立するので収納しやすい

アイリスオーヤマのスティック型の紙パック式掃除機です。アイリスオーヤマならではの「超パワーヘッド」が搭載されているのが特徴です。回転式のヘッド部分により、絨毯などのすき間に入り込んだゴミもかき出しながらパワフルに吸い込むことが可能です。

ホコリやゴミを感知する機能「ほこり感知センサー」が内蔵されているので、微細なホコリやゴミも残すことなく強力に吸い込みます。また、吸い込むゴミの量も感知し、状況に応じたパワーに自動的に切り替わるため、最適な状態で使用でき、省エネにも役立ちます。

1.6kgと超軽量タイプですので、扱いやすく高い場所や階段の掃除もラクに行うことができるのも魅力です。ハンディクリーナーとしても使用することができるのも魅力です。本体だけで自立するため、倒れることなく収納しやすいのもおすすめのポイントです。

タイプスティック型重量1.6kg
電源充電式集じん容量300mL
第8位

パナソニック(Panasonic)

紙パック式掃除機 MC-PK20G-N

価格:16,893円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自走式ヘッド採用でストレスなく進む

コンパクトなボディで2.7kgと軽量ですので扱いやすく使いやすいのが特徴です。コンパクトながらも強力な吸引力ですのでゴミをグングン素早く吸い取ります。モーターが搭載された自走式のヘッドを採用しているので軽い力で作業を行うことができます。

また、独自の機能「エアダストキャッチャー」が採用されていますので微細なホコリもしっかりキャッチして吸い込みます。またヘッド部分にあるペダルを踏むことで大小のノズルが簡単に離れるので、狭い場所や隙間の掃除も手早く切り替えることが可能です。

独自の「球ブラシ」を採用しているため、カーペットの中のゴミもかき出しながら吸い取ります。また、水洗い可能なヘッドのブラシは長めになっているので壁の縁まで届きやすく、隅々まで掃除ができます。ヘッドの部分から発生するマイナスイオンで静電気を抑えます。

 

タイプキャニスター型重量2.7kg
電源コード式集じん容量1300ml
第7位

パナソニック(Panasonic)

紙パック式掃除機 MC-PB6A-A

価格:10,075円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトなボディながらも強力な吸引力

コンパクトなボディながらも強力な吸引力があるのが特徴です。独自の機能「エアダストキャッチャー」が採用されているため、空気中に舞う微細なホコリも残らずキャッチすることができます。水洗い可能なノズルになっているため、いつも清潔に使うことができます。

また、独自のエアロノズルを採用しているので、フローリングの隅に残りがちなホコリにも届くので一度で綺麗に吸い込むことができるのも魅力です。コンパクトサイズで動かしやすく、狭い部屋の家具の間もラクに移動することができます。

握りやすく操作しやすく設計されたハンドルで長時間の掃除でも疲れにくく快適に掃除を続けることができます。パイプ部分はスライド式で長さを調節できるので、身長に合わせて使いやすい長さに調節が可能です。コンパクトですので、収納しやすいのも魅力です。

タイプキャニスター型重量3.0kg
電源コード式集じん容量1300ml
第6位

三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)

紙パック式クリーナー TC-FXF7P-T

価格:16,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブラシの切替えで拭き掃除もできる

重さがかかりやすいハンドルやパイプ、ヘッド部分がとにかく軽量で使いやすいのが特徴です。ボディもコンパクトな設計になっているため、移動しやすく家具の間もラクに動かすことができます。

ヘッド部分には独自の「軽量パワーブラシ」が搭載されているため、カーペットの中のゴミもかき出しながら吸い取ります。また、「拭きブラシ」に切り替えて拭き掃除も行うことができます。水洗いが可能なブラシで、いつも清潔に使うことができるのも魅力です。

独自の「壁ぎわスッキリバンパー」を採用することで、壁の隅に残りがちな微細なホコリもスッキリと吸い取ることができます。紙パックの集じん容量は1500mlありますので、途中で吸引力が落ちる心配もなく取り替え回数も少なくて済むのもおすすめのポイントです。

タイプキャニスター型重量2.4kg
電源コード式集じん容量1500ml
第5位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

極細軽量スティッククリーナー 静電モップ付き IC-SLDCP5

価格:19,262円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

嬉しい静電モップ付きで便利

重さわずか1.4lgと超軽量なのが特徴です。進みやすく設計されたヘッド部分により、疲れにくく軽い力で掃除を行うことができます。充電式でコードが無いので、コンセントの無い場所や階段など、場所を選ばず手軽にサッと取り出して使うことができます。

独自の「サイクロンパワーヘッド」を搭載しており、溜まりがちな壁の隅のホコリもしっかりと吸い取ります。また、ワンタッチで切り替えてハンディクリーナーとしても使用することができ、車の中の掃除や狭いすき間の掃除にも使えるので便利です。

さらに付属の「静電モップ」を使用することで照明器具や家具の上に溜まったホコリを取りながら掃除することができるので便利です。独自の「ホコリ感知センサー」で、ホコリやゴミの量に応じて自動的にパワーが切り替わりますので最適な吸引力で掃除が続けられます。

タイプスティック型重量1.4kg
電源充電式集じん容量330mL
第4位

日立(HITACHI)

紙パック式掃除機 CV-VP5 W

価格:8,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルな価格でも高い吸引力が持続

何と言ってもリーズナブルな価格が特徴です。コンパクトサイズですので、お年寄りの方や女性でも軽々と取りまわしやすく家具などの間の移動もラクに行えます。空気の力を使ってブラシを回転させてカーペットの中にあるゴミやホコリをかき出しながら吸い取ります。

また、左右からも同時に吸引できる仕組みのヘッドですので、壁の隅に残りがちなホコリもしっかりと吸い込みます。さらにヘッドを回転するだけで隙間用のノズルに切り替わるので、狭い場所の掃除も手早く行うことができます。

さらに、独自の機能で本体には空気が通りやすく自動的にゴミを圧縮される仕組みになっています。吸引力が落ちる心配もなく、紙パックの取り替え回数を減らすことができるのもおすすめのポイントです。

タイプキャニスター型重量3.3kg
電源コード式集じん容量1500ml
第3位

マキタ(MAKITA)

充電式クリーナーCL182FDRFW

価格:25,060円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マキタならではの充電の持ちが魅力

電動工具メーカーならではのハイパワーな吸引力が特徴です。一般家庭用だけでなく、建築現場やプロの大工さんからも多く愛用されています。1.5kgと超軽量タイプですので、取りまわしやすくサッと気軽に取り出しやすいのも魅力です。

広い場所などにも使いやすいT型のヘッドですが、ノズルを付け替えれば狭い場所など隙間の掃除も簡単に行うことができます。マキタならではの優れた充電技術により、長時間稼働することができるのもおすすめのポイントです。

通常モードで使用した場合、約40分間パワーが衰えることなく使用し続けることが可能です。さらに約20分で充電が完了するので、時間がない時でも安心です。また、繰り返し使用できる紙パックが付属されているのでエコで安心なのもおすすめのポイントです。

タイプスティック型重量1.5kg
電源充電式集じん容量330mL
第2位

東芝(TOSHIBA)

紙パック式掃除機 VC-PC6A(L)

価格:7,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽くてコンパクト女性やお年寄りでもラクに進む

東芝のキャニスター型の紙パック式掃除機です。軽量で軽い力で進むことができる設計になっているので、力の無い女性やお年寄りの方にも使いやすいのが特徴です。重さ約4.3kgと軽量でコンパクトなボディですので、移動しやすく収納の場所も取らないのも魅力です。

独自の「ちょいとスタンド」は、掃除の途中でもホース部分を立てておけるので意外と便利で使いやすいと好評です。ノズルの先端部分をワンタッチで切り替えることができる「そのまますき間ノズル」は、掃除の途中でも手早く隙間掃除ができるので便利です。

タイプキャニスター型重量4.3kg
電源コード式集じん容量1600ml
第1位

マキタ(Makita)

充電式クリーナ CL107FDSHW

価格:14,040円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

片手でもラクラク操作できる

バッテリーを装着した場合でも重さ約1.1kgで超軽量なのが特徴です。掃除機とは思えない軽さで片手だけでもラクラク使えます。スリムなボディで本体が自立できる設計になっているため、収納時にも倒れず場所も取りません。

また、10.8Vのスライド式バッテリーを採用しているため、コンパクトながらもパワフルな吸引力があるのも魅力です。パワーは3段階に切り替えることができます。通常モードの場合、連続稼働時間は約25分間ありますので安心して使えるのもおすすめのポイントです。

ワンタッチの開閉式のダストボックスで紙パックの交換も簡単に行えることも魅力です。ヘッドの先端部部分にLEDライトが付いているため、暗い場所でも確認しながら掃除ができます。バッテリーの残量が少なくなると点滅ライトで知らせてくれるのも魅力です。

タイプスティック型重量1.1kg
電源充電式集じん容量330ml

紙パック式掃除機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4998763の画像

    マキタ(Makita)

  • 2
    アイテムID:4998750の画像

    東芝(TOSHIBA)

  • 3
    アイテムID:4998747の画像

    マキタ(MAKITA)

  • 4
    アイテムID:4998745の画像

    日立(HITACHI)

  • 5
    アイテムID:4998742の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 6
    アイテムID:4998729の画像

    三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)

  • 7
    アイテムID:4998698の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 8
    アイテムID:4998683の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 9
    アイテムID:4998662の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 10
    アイテムID:4998640の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 商品名
  • 充電式クリーナ CL107FDSHW
  • 紙パック式掃除機 VC-PC6A(L)
  • 充電式クリーナーCL182FDRFW
  • 紙パック式掃除機 CV-VP5 W
  • 極細軽量スティッククリーナー 静電モップ付き IC-SLDCP5
  • 紙パック式クリーナー TC-FXF7P-T
  • 紙パック式掃除機 MC-PB6A-A
  • 紙パック式掃除機 MC-PK20G-N
  • スティッククリーナー IC-SLDCP6
  • スティッククリーナー MC-PBU510J-T
  • 特徴
  • 片手でもラクラク操作できる
  • 軽くてコンパクト女性やお年寄りでもラクに進む
  • マキタならではの充電の持ちが魅力
  • リーズナブルな価格でも高い吸引力が持続
  • 嬉しい静電モップ付きで便利
  • ブラシの切替えで拭き掃除もできる
  • コンパクトなボディながらも強力な吸引力
  • 自走式ヘッド採用でストレスなく進む
  • 本体が自立するので収納しやすい
  • 嬉しい機能が満載のスティック型クリーナー
  • 価格
  • 14040円(税込)
  • 7980円(税込)
  • 25060円(税込)
  • 8980円(税込)
  • 19262円(税込)
  • 16780円(税込)
  • 10075円(税込)
  • 16893円(税込)
  • 17140円(税込)
  • 36800円(税込)
  • タイプ
  • スティック型
  • キャニスター型
  • スティック型
  • キャニスター型
  • スティック型
  • キャニスター型
  • キャニスター型
  • キャニスター型
  • スティック型
  • スティック型
  • 重量
  • 1.1kg
  • 4.3kg
  • 1.5kg
  • 3.3kg
  • 1.4kg
  • 2.4kg
  • 3.0kg
  • 2.7kg
  • 1.6kg
  • 1.7kg
  • 電源
  • 充電式
  • コード式
  • 充電式
  • コード式
  • 充電式
  • コード式
  • コード式
  • コード式
  • 充電式
  • 充電式
  • 集じん容量
  • 330ml
  • 1600ml
  • 330mL
  • 1500ml
  • 330mL
  • 1500ml
  • 1300ml
  • 1300ml
  • 300mL
  • 500mL

まとめ

紙パック式掃除機の選び方やおすすめ商品をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。ぜひ紙パック式掃除機を選ぶ時に参考にして購入を検討してみはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ