記事ID136898のサムネイル画像

【迅速に充電をしたいなら】スマホ充電器おすすめ人気ランキング10選

日々の生活に欠かせないものの中に、スマホがあります。一人一台持っていることが当たり前になっており、情報のやり取りや連絡手段として活用されています。ですが、スマホを使っているときに困るのが充電切れです。そこで、今回はスマホの充電器について紹介していきます。

充電器をしっかりと選べば日常が変わる

日常生活を送る上で、今では必須アイテムとなったものに、スマホがあります。一人一台持っていることが当然の世の中になり、これがないと生活できないという人もいるでしょう。ですが、スマホを使うには、充電をしっかりと行わなければなりません。

 

スマホの充電は、誰もが行っていることですが、人によっては適切でない充電器を使っていることもあります。これらの人は、思っていたより充電速度が遅いなどの問題を抱えていることが多いと言えます。実際、充電速度は、スマホを使う上で重要な要素となるのです。

 

今回は、スマホの充電器について、充電速度やその他の要素から、適切なものを選ぶ方法を紹介します。ポイントは、アンペア・急速充電・モバイルバッテリー・規格となります。これらを念頭に置き、自分のスマホに合った充電器を選んでみましょう。

スマホ充電器の選び方

スマホ充電器は、1つあれば一応充電が出来るようになっています。ですが、効率的に充電するなら、それぞれのスマホに合ったものを選ぶ必要があるのです。

アンペアがどうなっているか

スマホの充電には、アンペアというものが深く関係しています。どれくらいのアンペアがあるのかによって、充電状況に違いが出てくるのです。

アンペアの表示を見て選ぶ

あまり充電について気にしない人にとっては、充電器があれば充電できると考えることが多いでしょう。そして、どの充電器もそこまで変わらないと思うかもしれませんが、実は充電器毎に、その性能には差があるのです。

 

特に、充電器のアンペア数に関しては、かなり重要な意味を持っています。この数字が高いほど、より短時間で充電を完了することが出来るのです。アンペア数を気にしない人は多いですが、これを確認しておくかどうかで、充電事情がかなり変化するでしょう。

 

スマホ充電の速度は、アンペア数に依存することがほとんどです。具体的には、2A以上のものがおすすめとなります。このアンペア数を超えるかどうかで、充電速度に雲泥の差が出来ることを肝に銘じておきましょう。忙しくて充電する時間がない人は特に重要な要素なのです。

同じアンペア数でも注意して選ぶ

充電速度の向上には、高いアンペア数が必要不可欠です。ですが、実はアンペア数だけに気を取られていると、充電が思うように出来ないこともあるのです。それは、充電するときに使うポートが複数ある時です。

 

ポートは、充電ケーブルを接続する部分のことです。これが複数ある充電器は、同じアンペア数でも、電力を分割して使うものがあるのです。例えば、2Aの充電器で2つのポートから充電した場合、片方1Aずつで充電するといったようになります。つまり、電力を分散して充電するため、充電速度が遅くなるということです。

 

これが、一台だけの充電なら、2Aの力をそのまま使えるので問題はありません。中には、それぞれのポートに、2A又はそれ以上の電力を均等に配分するものもあります。それでも、確認せずに充電器を購入することで、その機能がないものを選ぶかもしれないので、よく確認しておいてください。

自分の生活環境に合わせたものを選ぶ

スマホの充電器を使うなら、なるべく早めに充電出来た方が良いと言えます。ですが、中には、そこまで充電を急がなくて良いと考える人もいるでしょう。そういった人は、アンペア数など気にせず、好きな充電器を選ぶことをおすすめします。

 

充電速度が速くて助かる人は、あくまでスマホをよく使う人が大半となります。スマホをそこまで使わないのであれば、充電速度が速いかどうかはあまり関係ないのです。むしろ、あまりにも早く充電してしまい、余計な負荷をバッテリーに与える可能性もあるでしょう。

 

充電器を選ぶときは、自分がどういった環境でスマホを使っているか考えることをおすすめします。無闇にアンペア数が多いものを選ぶだけなら簡単ですが、中にはデザインに凝った充電器も存在します。様々な充電器があるので、自分が本当に必要なものを選ぶようにしてみてください。

急速充電対応かどうかで選ぶ

スマホの充電器の中には、急速充電対応のものがあります。よくスマホを使う人にはおすすめなので、急速充電対応かどうかも見ておきましょう。

Androidスマホの場合

急速充電対応の充電器には、主に2つの種類があります。それは、USB PD・Quick Chargeとなります。この2つの急速充電規格を使うには、それぞれに対応したスマホ機種が必要であり、どれでも使えるわけではないことを覚えておきましょう。

 

現状、Androidスマホは、2つの規格に対応した機種が存在しています。ですが、これはあくまで急速充電規格が出た後の機種に限られ、それ以前のスマホには対応していません。そのため、Androidスマホで急速充電を行いたいなら、対応したスマホを購入してからにしてください。

 

とはいえ、古いAndroidスマホでも、場合によっては急速充電可能なものもあります。Quick Chargeの規格では、下位互換出来るものもあるからです。ですが、これは本来の急速充電よりは劣るものであり、あくまで補助的な機能となります。本来の急速充電を求めるなら、対応機種を購入しておく方が良いのです。

iPhoneの場合

急速充電を行えるスマホのうち、iPhoneユーザーなら、USB PDが主流となります。Androidスマホで使えるQuick Chargeは、現状ではiPhoneに対応していないため、使うことが出来ないので注意しておきましょう。今後、iPhoneでもQuick Chargeが使えるようになれば、また新たな充電器が普及する可能性はあります。

 

ですが、まだまだ発展途上の急速充電規格なので、iPhoneユーザーはUSB PDで対応せざるを得ないと言えます。それでも、Quick Chargeがなくて困ることはあまりないので、心配することはありません。むしろ、選ぶものを絞れるため、楽だと言えるでしょう。

 

iPhoneは、かなり人気のあるものであり、これからもどんどん普及していくことが考えられます。それに伴い、使用頻度も高くなってくるため、急速充電はある意味必須要素となるでしょう。快適にiPhoneを使いたい人は、急速充電を視野に入れて充電器を選んでみてください。

急速充電対応機器を揃えておく

Android・iPhoneともに、急速充電という新たな充電器が出てきています。ですが、これらはあくまでよくスマホを使う人が求めるものです。そこまでスマホを積極的に使わない人は、そこまで気にする必要はないともいえます。

 

ですが、これから先のことを考えると、急速充電対応の充電器がさらに普及していくと言えるでしょう。むしろ、急速充電が当たり前の時代になるかもしれません。そのため、出来るなら、急速充電に対応したスマホを今から持っておくことをおすすめします。

 

実際、急速充電を上手く使いこなせば、充電切れを心配することはほとんどなくなります。特に、仕事でスマホを頻繁に使用したいなら、急速充電対応機種を持っておく方が良いと言えます。これから先、スマホ事情はどんどん変化していくと考えられます。それに対応するためにも、今から準備しておくようにしましょう。

モバイルバッテリーを使う場合

スマホの充電器には、モバイルバッテリーというものもあります。外で簡単に充電が出来るものですが、どの充電器を選ぶかで、その価値が変わってくるのです。

容量と重量で選ぶ

スマホのモバイルバッテリーを選ぶ上で、注意してみる点として、容量と重量があります。モバイルバッテリーの容量は、そのまま充電回数を左右するものであり、これが多いかどうかが重要になってくるのです。外出先で、いざという時に充電できないのであれば、モバイルバッテリーの意味がないと言えるでしょう。

 

そして、容量と同じく重要なものとして、重量があります。いくら大容量でも、重量が重ければ、外で使いづらくなってしまうのです。そのため、容量と重量のバランスを考えて、モバイルバッテリーを選ぶようにしなければなりません。

 

また、スマホによって使えるバッテリーは決まっているので、その差し引きで充電回数が変動することもあります。スマホのバッテリー容量が予想以上に大きいと、充電できる回数が減ることも考えられるため、自分がどんなスマホを使っているかも考えてから、モバイルバッテリーを選ぶようにしてみてください。

2A以上で選ぶ

モバイルバッテリーを選ぶ際は、充電性能もしっかりと確認しておく必要があります。充電性能が高いものは、アンペア数が2A以上のものとなります。そのため、選ぶときはアンペア表示を良く見てから決めるようにしてみてください。

 

また、スマホによっては、2A以上でなければ充電不可能というものもあります。よって、外出先でモバイルバッテリーを確実に使うなら、2A以上のものを用意する必要があるのです。スマホに付属している充電器は、知らないうちに2A以上であることも多く、それを知らずにモバイルバッテリーを選んでしまう人もいるので注意しましょう。

 

また、ポート数が多いモバイルバッテリーを使って、複数のスマホを充電するときも注意しておいてください。複数台で充電すると、一台にかかるアンペア数が減少するものもあるため、充電が上手くできない場合もあるのです。しっかりと確認して、確実に充電できるものを選んでください。

充電回数で選ぶ

モバイルバッテリーには、それぞれ充電回数というものが存在しています。これは、本体の容量とスマホの充電に使う容量の関係から決まるものです。そのため、何を充電するかによって、回数に変動が起きることを覚えておきましょう。

 

容量の表示は、mAh(ミリアンペアアワー)となっており、この数値が多ければ多いほど、充電できる回数が増える傾向にあります。ですが、いくら容量が多くても、充電するスマホが必要とするバッテリー容量が大きければ、回数は減ってしまいます。スマホ以外のタブレットなどに使うと、モバイルバッテリーによっては、1回で空になってしまいます。

 

とはいえ、大抵のモバイルバッテリーには、目安となる充電回数が表示されています。また、自分が使うスマホのバッテリー容量を知っておけば、逆算してどれくらい充電できるかを判断することも可能なのです。これらに加えて、経年劣化による容量減少もあるため、よく考えて選んでみてください。

規格を見て選ぶ

スマホの充電器は、それぞれの製品に合わせた作りになっているものがあります。そのため、なるべく相性の良いもので充電する方が良いと言えるのです。

規格のあった充電器を使う方が良い

スマホを購入した時、その製品に合わせた充電器を貰うことがほとんどです。この充電器は、スマホを開発した会社が純正品として作ったものであり、スマホと相性が良いものとなります。充電器に限らず、電子機器には相性があり、なるべく純正品と合わせて使う方が良いのです。

 

ですが、純正品というのは、総じて価格が高いものです。そのため、純正品に似た安い製品が存在出来るのです。とはいえ、中には純正品と同じくらい相性の良いものもあるため、そういった充電器を探すのも、コスト削減に繋がるため、有効な手段だと言えます。

 

感覚としては、純正品ありきで考えておき、負担が大きいなら同じような性能を持つ製品を探すということになります。それでも、なるべく規格が合う純正品の方が、充電にしても効率が良いので、そちらを手に入れるようにしましょう。

規格が合わなければ充電できないこともある

大抵のスマホ製品は、多少規格が合わなくても充電することが出来ます。ですが、中には、規格の合う充電器以外では、充電できないこともあるのです。厳密に言うと、充電出来ても不具合が起こる可能性があるということです。

 

規格の合わない充電器により充電されたスマホの中には、機材を痛めてしまうケースもあります。その場合、スマホに不具合が生じるだけでなく、保証の対象外になる可能性もあるのです。そうなれば、新たにスマホを購入しなければならないので、かなり損をすることになるでしょう。

 

日常的に使われているスマホですが、言ってみればパソコンなどと同じものであり、ただ小型化しているだけです。精密機器であることに変わりはなく、ちょっとしたことで壊れる可能性は十分あるのです。その点を踏まえて、充電器を選ぶようにしてみてください。

スマホ充電器おすすめ人気ランキング10選

第10位

Anker

スマホ充電器

価格:1,600円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで複数充電可能

かなりコンパクトサイズであり、複数充電も可能なスマホ充電器です。ですが、そのサイズ感に似合わず、アンペア数が2.4Aあり、急速充電が可能となっています。そのため、外でも中でも、電源があれば気軽に使うことが出来るでしょう。

 

充電は、2台同時に行うこともでき、対象機器の入力が2A以下であれば急速充電が出来ます。ですが、タブレットのような機器は、2A以上の入力になるため、充電速度が低下するので気を付けておいてください。

 

実際、スマホを充電するときは、基本的に一台だけなので問題ないでしょう。また、2A以下の端末を充電するだけなら、これ1つ持っていれば、二台までなら問題ないということです。小さい形状のため、旅行のお供などにも最適であり、使い勝手もかなり良い充電器と言えます。ぜひ試してみてください。

サイズ縦約33×横約30×長さ約38mm重量約38g
入力100-240V出力5V=2.4A(各ポート最大2.4A)
急速充電あり
第9位

RAVPower

USB充電器

価格:1,199円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高出力かつ複数充電が可能

コンパクトな見た目に似合わず、かなりの高出力を出せる充電器です。ポートが2つありますが、両方同時に充電しても、2.4Aまでの出力があるため、ほとんどの端末を急速充電することが出来ます。これは、タブレットなども同じことが言えるのです。

 

ポート数が多いと、どうしても各ポートのアンペア数は落ちるのですが、この充電器の電力が高いため、あまり問題にはなりません。しかも、かなりコンパクトサイズなので、持ち運びも負担にならず、様々な場面で活用することが出来るでしょう。

 

また、日本以外の国に行く際も、ほとんどの電圧規格に対応しているため、性能を発揮できないという事態には陥りません。スマホをよく使い、なおかつ複数で活用している人は、ぜひ旅のお供に持っておくことをおすすめします。

サイズ縦約53×横約27×長さ約53mm重量約83g
入力100-240V出力5V=2.4A(各ポート)
急速充電あり
第8位

Anker

USBモバイル充電器

価格:4,886円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

任天堂公認の充電器

任天堂公式ライセンスを持っているモバイル充電器です。任天堂スイッチに合わせて作られているため、充電性能は折り紙付きです。そのため、容量がかなり高く、ゲーム以外の端末でも問題なく急速充電可能となっています。

 

任天堂スイッチで遊んでいる人にもおすすめですが、スマホなども同時充電できるため、持っておいて損はないと言えるでしょう。容量の大きさから、余程のことがない限りバッテリー切れを起こすこともありません。

 

形状は縦長ですが、厚さがあまりないので、ポケットに入れても全く問題ありません。任天堂スイッチによる副産物とも言えますが、そのおかげで、これだけの大容量かつスリムなモバイルバッテリーが誕生しました。使い勝手はかなり良いため、ぜひ外出の際に活用してみてください。

サイズ縦約62×横約22×長さ約168mm重量約360g
入力5V=3A、9V=3A、15V=2A、20V=1.5A出力5V=3A、9V=2.6A、15V=1.6A(通常出力:5V=2A)
急速充電あり
第7位

RAVPOWER

USB充電器

価格:2,159円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4台同時充電可能

4台までの急速充電が可能になっている充電器です。各ポートを同時利用しても、最大2.4Aまで出力できるため、端末を多く使っている人にはおすすめとなります。また、各端末に合わせた電圧自動調整機能があるため、過度な負担がかかることもありません。

 

この充電器は、急速充電ではありますが、Quick Chargeなどには対応していません。ですが、これだけのポート数を同時に急速充電できるだけの性能はあるため、あまり気にする必要はないと言えるでしょう。

 

日頃、スマホだけでなく、様々な端末を使っている人は多くいます。そして、それぞれの充電を1つずつ行っていると、どうしても充電忘れが出てくるでしょう。その点、この充電器なら、4台までまとめて充電できるため、余計な手間を省くことが出来るのです。端末が多い人は、ぜひ試してみてください。

サイズ縦約79×横約27×長さ約70mm重量約123g
入力100-240V出力5V=2.4A(各ポート)
急速充電あり
第6位

Anker

USB充電器

価格:3,499円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5台まで同時充電可能

5台まで同時充電可能であり、なおかつ充電性能も高い充電器となります。USB PDにも対応しており、迅速な充電を実現しているのが特徴です。また、独自技術であるPower IQにより、USB PDにも負けない充電性能を発揮することが出来ます。

 

耐久性に関しても、かなり頑丈に作られているため、誤って落としたりしても問題はありません。とにかく、多くの端末を充電することに長けているため、家族で充電器を取り合うことが多い人などにもおすすめだと言えるでしょう。

 

USB PDが付いている充電器は、まだまだ普及率が高いとは言えませんが、徐々にその数も多くなっています。やはり、充電速度という点で、頭1つ出ているため、使えるなら使ってみることをおすすめします。また、この充電器なら、万が一USB PDが使えなくても大丈夫なので、ぜひ試してみてください。

サイズ縦約78×横約28×長さ約103mm重量約213g
入力100-240V出力【PDポート】5V=3A、9V=3A、15V=2A、20V=1.5A【PowerIQポート】5V=6A(各ポート最大2.4A)
急速充電あり
第5位

Anker

USB充電器

価格:2,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

車載充電器で急速充電可能

車によく乗る人にはおすすめの急速充電器となります。車載充電器は、充電速度が遅いものも多いですが、これを使えば問題なく急速充電を行うことが出来ます。USB PDにも対応しているため、より迅速な充電を行うことが出来るでしょう。

 

仕事やプライベートでの外出が多く、スマホの充電を満足に行えない人などは、これがあるだけで問題が解決します。また、かなりコンパクトな形状をしているため、邪魔になることなく使うことも可能です。

 

さらに、スマホ以外の端末を充電することも可能であり、充電速度も自宅で充電する場合とあまり変わりません。見た目に反して、アンペア数も2A以上あるため、ストレスなく使うことが出来るでしょう。ぜひ試してみてください。

サイズ縦約350×横約350×長さ約630mm重量約60g
入力5-24V出力【Power Delivery】5V=3A、9V=3A、15V=2A、20V=1.5A【Power IQ】5V=3A、9V=2A、12V=1.5A
急速充電あり
第4位

Satechi

USB充電器

価格:6,499円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高出力USB充電器

高出力かつコンパクトな見た目の充電器です。ほとんど全ての規格をカバーしており、なおかつUSB PDとQuick Chargeも兼ね備えているため、かなり実用性が高いと言えるでしょう。さらに、75Wの高出力を備えているため、4台までなら何の問題もなく急速充電が可能となっています。

 

また、電圧カバー範囲も広く、100-240Vまで対応できるため、どんな時でも問題なく充電が可能となっています。そのため、旅行などで使いやすく、これ1つあるだけで充電事情は何も問題がなくなると言っても過言ではありません。

 

そして、これだけの高出力にも関わらず、形状はコンパクトなものとなっています。持ち運びに不便することもないため、ストレスなく使い続けることが出来ます。ほとんどの充電タイプに対応できるため、ストレスなく充電器を使いたい人はぜひどうぞ。

サイズ縦約72×横約27×長さ約103mm重量約210g
入力100-240V出力【Power Delivery】5V-20V=3A 【Quick Charge】3.6V-6V=3A、6V-9V=2A、9V-12V=1.5A【USB-A】5V=2.4A
急速充電あり
第3位

AUKEY

USB充電器

価格:3,299円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5台まで急速充電可能

 AiPower Adaptive ChargingとQuick Chargeを搭載し、なおかつ5台まで急速充電可能な充電器です。AiPower Adaptive ChargingはAUKEY社独自の技術であり、急速充電の他にも、最適な電流で充電することが可能となっています。これにより、過度な負荷をスマホにかけることなく、安心して充電が出来るでしょう。

 

また、Quick Chargeに関しても、3.0を採用しているため、かなり充電速度が速くなっています。この充電器は、これらの急速充電を5台分行うことが出来るので、充電に関する悩みはほとんど解決されると言えます。

 

形状もシンプルかつコンパクトに仕上がっており、どんな場所で使っても邪魔になることはありません。家族が多い家庭でも、5台分の充電が出来れば、充電器の取り合いになることはほとんどないので、ぜひ試してみてください。

サイズ縦約60×横約26×長さ約94mm重量約150g
入力100-240V出力【AiPower】5V=7.2A【Quick Charge】3.6-6.5V=3A、6.5-9V=2A、9-12V=1.5A
急速充電あり
第2位

RAVPOWER

ワイヤレス充電器

価格:2,399円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

置くだけの急速充電器

置くだけで急速充電が可能なワイヤレス充電器です。ケーブルを使っての充電とは一線を画すものですが、置くだけで充電が出来るのは大きいと言えるでしょう。ほとんどのスマホや端末に対応しているため、誰でも気軽に使うことが出来ます。

 

また、急速充電モードにすることで、Quick Chargeによる充電を行うことも出来るため、充電速度も問題はありません。急速充電モードにするには、Quick Charge用のケーブルを使う必要がありますが、スマホに直接使うわけではないので、置くだけ充電はそのまま使えます。

 

ケーブルにわざわざ繋げる作業が面倒くさいと感じていた人でも、これを使えば一気に問題が解決します。ワイヤレス充電器は、これからさらに技術が伸びていくと考えられるものなので、ぜひ今から試してみることをおすすめします。

サイズ縦約110×横約70mm(充電パット)重量約168g
入力5V-2A、9V-2A出力10W
急速充電あり
第1位

Poweradd

モバイルバッテリー

価格:1,999円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量かつリーズナブルな充電器

20000mAhの大容量かつ価格がとてもリーズナブルな充電器となります。この価格で、これだけの容量を持っていれば、持っておいて損はないでしょう。出力も2Aを超えているため、安定して急速充電を行うことが出来るでしょう。

 

これだけの大容量と高出力を持ったモバイルバッテリーなら、旅行先などで活用できること間違いなしです。また、電源があまりないキャンプなどでも、かなりの時間、充電の心配をすることがなくなるでしょう。

 

また、これだけの性能にも関わらず、価格はとてもリーズナブルです。形状も使いやすいものなので、持ち運びに苦労することもないでしょう。家での充電と違い、電源がない環境での充電は、かなり重要になってきます。ですが、この充電器を使えば、その問題はほとんど解決するため、ぜひ試してみてください。

サイズ縦約20×横80×長さ約150mm重量約440g
入力2-5V出力5V=3.1A
急速充電あり

スマホ充電器のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5000032の画像

    Poweradd

  • 2
    アイテムID:5000031の画像

    RAVPOWER

  • 3
    アイテムID:5000029の画像

    AUKEY

  • 4
    アイテムID:5000028の画像

    Satechi

  • 5
    アイテムID:5000027の画像

    Anker

  • 6
    アイテムID:5000026の画像

    Anker

  • 7
    アイテムID:5000025の画像

    RAVPOWER

  • 8
    アイテムID:5000024の画像

    Anker

  • 9
    アイテムID:5000022の画像

    RAVPower

  • 10
    アイテムID:5000020の画像

    Anker

  • 商品名
  • モバイルバッテリー
  • ワイヤレス充電器
  • USB充電器
  • USB充電器
  • USB充電器
  • USB充電器
  • USB充電器
  • USBモバイル充電器
  • USB充電器
  • スマホ充電器
  • 特徴
  • 大容量かつリーズナブルな充電器
  • 置くだけの急速充電器
  • 5台まで急速充電可能
  • 高出力USB充電器
  • 車載充電器で急速充電可能
  • 5台まで同時充電可能
  • 4台同時充電可能
  • 任天堂公認の充電器
  • 高出力かつ複数充電が可能
  • コンパクトで複数充電可能
  • 価格
  • 1999円(税込)
  • 2399円(税込)
  • 3299円(税込)
  • 6499円(税込)
  • 2999円(税込)
  • 3499円(税込)
  • 2159円(税込)
  • 4886円(税込)
  • 1199円(税込)
  • 1600円(税込)
  • サイズ
  • 縦約20×横80×長さ約150mm
  • 縦約110×横約70mm(充電パット)
  • 縦約60×横約26×長さ約94mm
  • 縦約72×横約27×長さ約103mm
  • 縦約350×横約350×長さ約630mm
  • 縦約78×横約28×長さ約103mm
  • 縦約79×横約27×長さ約70mm
  • 縦約62×横約22×長さ約168mm
  • 縦約53×横約27×長さ約53mm
  • 縦約33×横約30×長さ約38mm
  • 重量
  • 約440g
  • 約168g
  • 約150g
  • 約210g
  • 約60g
  • 約213g
  • 約123g
  • 約360g
  • 約83g
  • 約38g
  • 入力
  • 2-5V
  • 5V-2A、9V-2A
  • 100-240V
  • 100-240V
  • 5-24V
  • 100-240V
  • 100-240V
  • 5V=3A、9V=3A、15V=2A、20V=1.5A
  • 100-240V
  • 100-240V
  • 出力
  • 5V=3.1A
  • 10W
  • 【AiPower】5V=7.2A【Quick Charge】3.6-6.5V=3A、6.5-9V=2A、9-12V=1.5A
  • 【Power Delivery】5V-20V=3A 【Quick Charge】3.6V-6V=3A、6V-9V=2A、9V-12V=1.5A【USB-A】5V=2.4A
  • 【Power Delivery】5V=3A、9V=3A、15V=2A、20V=1.5A【Power IQ】5V=3A、9V=2A、12V=1.5A
  • 【PDポート】5V=3A、9V=3A、15V=2A、20V=1.5A【PowerIQポート】5V=6A(各ポート最大2.4A)
  • 5V=2.4A(各ポート)
  • 5V=3A、9V=2.6A、15V=1.6A(通常出力:5V=2A)
  • 5V=2.4A(各ポート)
  • 5V=2.4A(各ポート最大2.4A)
  • 急速充電
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり

まとめ

スマホ充電器の選び方とおすすめ人気ランキングを紹介しました。スマホの充電に限らず、バッテリーのある電子機器の充電は、日常生活を快適に過ごすための重要な要素となります。よって、なるべくスムーズに充電が出来るような環境を整えるため、より利便性の高い充電器を選ぶ必要があるのです。今回の内容を参考にして、ぜひ自分に合ったスマホ充電器を探してみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ