記事ID136875のサムネイル画像

【人気】Nintendo Switch用ゲーミングヘッドセットおすすめランキング10選

ゲーミングヘッドセットは装着することでゲーム中の音をより深く際立たせ、ボイスチャットを楽しむこともできるアイテム。フォートナイトなどのTPSでも真価を発揮します。今回は、Switch対応のおすすめ製品をピックアップ。選び方のコツも合わせてご紹介します。

フォートナイトでも使える!Switch用ヘッドセットの魅力

ゲームを楽しむために専門的に作られたアイテム。それが、「ゲーミングヘッドセット」です。音楽、映画向けのヘッドホンとほぼ同じ形状ですが、耳をふさぐだけではありません。ヘッドホンに付属して、マイクが一体型となっているのが特徴です。

 

近年はオンラインで仲間とつながりボイスチャットをしながらゲームを遊ぶというプレイスタイルが確立。そのため、「音がクリアに聴こえる」とともに、「会話を楽しめる」という機能が求められています。

 

ゲームにより深く没入するためには、やはりその世界を身近に感じることがなによりも重要。ゲーミングヘッドセットは音をクッキリと際立たせるアイテムです。リアルな感覚を高め、世界観を身近に感じることができます。

Switch用ゲーミングヘッドセットの選び方

種類で選ぶ

ゲーミングヘッドセットのイヤーパッドの部分には、2種類のスタイルが存在します。まず自分の好みがどちらかを見定めておくことが大切です。

密閉型

ゲーミングヘッドセットのイヤーパッド内には音を発生させるためのドライバーユニットと、その部分をカバーするハウジングと呼ばれる部品があります。この上に、さらにプラスチック、木材といった素材を使ってしっかりと覆ったものが密閉型。

 

音の出る部分をしっかりと密閉してしまうことで、音が外に漏れにくい構造を実現しています。一度装着してしまえば、外からの音が耳に入りにくくなるのも大きな特徴のひとつ。音を外に逃しにくい仕様で臨場感のある音質を楽しめます。

 

外界のノイズを遮って、しっかりとゲームの世界を感じたいという人には特におすすめしたいタイプです。ただ、近くにいる人に話しかけられても気付きにくいという側面があるので、状況に合わせて考慮するべきです。

開放型

ハウジングをしっかりと覆った密閉型に対し、こちらは覆わない構造。メッシュなどを使って、ハウジング部分をオープンにしています。この構造の特徴から、別名オープン型とも呼ばれるタイプのゲーミングヘッドセットです。

 

開放型のメリットは、なんといっても付け心地のよさ。密閉型と比較して使われているパーツが少ないため、軽量化につながります。ただし、ゲーミングヘッドセットとしては販売数が極めて少なく市場にほとんど出回っていない点は悩みましいポイントです。

 

音質については密閉型の方に軍配が上がりますが、その代わりに開放型は音のこもりが少ないというメリットがあります。重厚感のある音よりもどちらかといえば軽い音の方が好みだという場合は検討に加えてみてください。ただし、構造上外部に音が漏れやすいのでその点では考慮が必要です。

性能、機能面で選ぶ

ゲーミングヘッドセットの性能や機能には、いくつか代表的なものがあります。これだけは譲れないというものがあれば、そこから製品を絞り込むと便利です。

マイクの性能をチェック

ゲーミングヘッドセットのマイクには、ノイズキャンセリングが搭載されているものがあります。これは、室内で発生する音や呼吸音などをカットする機能。こちらの話し声がクリアに届くので、会話の音質に特にこだわりたい方におすすめです。

 

ノイズキャンセリング機能がついていない製品と比較するとやや高額になりがちなのがネック。しかし、FPSなどのゲームでは意思の疎通が重要になるシーンも多いため、メリットも大きく受けられます。

 

さらにより音質を高めたい場合は、マイクの集音性にも注目。集音性が高いとマイク近くの音を限定的に拾うようになります。雑音が気になる場合は考慮することがおすすめです。

サラウンド機能|フォートナイトなどのTPSやFPSプレイヤーに必須

ゲーム内の音を臨場感たっぷりの雰囲気で聴きたいならば、サラウンド機能が付いた製品を検討してみてください。クリアな音質にも驚かされますが、なにより前後左右360度の方向から聴こえるという体験はすばらしいものです。

 

音の方向を感じるというだけでグッと臨場感が増し、没入感を高めます。5.1ch、7.1ch、9.1chというように、サラウンド機能にはチャンネルという概念があるので押さえておいてください。左側の数字が大きいほどイヤーパッド内のスピーカーが多くなり細かい演出が可能です。

ドライバーユニットの大きさをチェック

ドライバーユニットは上記でも軽く触れたとおり、音を発生させるパーツです。ゲーミングヘッドセットのイヤーパッド内に円形の部品が埋め込まれています。この部分が大きくなるにしたがって、音質が向上

 

2019年5月現在で販売されている製品は、おおむね30mm~50mm程度の口径を持つドライバーユニットを搭載したものが多い印象です。しかし、なかには60mm、70mmといった大型のものも存在します。

 

重低音を意識したい方などにおすすめ。ですが、ドライバーユニットが大きくなるとその分本体の重さも増すので、付け心地を損なう可能性があります。首や肩の負担が心配な場合は一考してください。

無線か有線で選ぶ

ゲーミングヘッドセットには本体にケーブルが付いているタイプのものと、ケーブルなしで使用できるタイプのものがあります。それぞれを比較して、メリットの大きい方を選んでください。

無線

実は、Nintendo Switchというゲームハードは2017年までボイスチャット機能に対応していませんでした。それまではNintendoのオリジナルゲームを販売することが多く、オンラインで仲間と楽しむタイプのゲームが少なかったためです。

 

ところが、自社の開発したTPS「スプラトゥーン」のヒットやサードの流入にともない事情が変わってきました。そこで、2017年10月のアップデートでボイスチャット機能が加わったというわけ。

 

Nintendo Switchで無線環境を使うには、ドングルというレシーバーをUSBポートに刺す必要があります。ポートは、本体の拡張装備であるドックのポートを利用することが可能です。側面に2つ、背面に1つと計3つが用意されています。

有線

有線のゲーミングヘッドセットを選ぶメリットは、音の遅延がないということ。ハードに対して直に接続するため、通信の手間がなくタイムラグが発生しないためです。ボイスチャットでは、お互いの通信環境によってタイムラグが出る場合もありますが、ゲームプレイにはほぼ影響しません。

 

また、比較的安価に買える製品が多いことも大きな特徴のひとつ。初めてゲーミングヘッドセットを使う方でまずはお試しと考える場合や、価格の安い製品をお探しの方に特におすすめです。

 

Nintendo Switchには、本体上部にヘッドホンマイク用の端子が用意されています。有線のゲーミングヘッドセットには、ほかにUSBでつなぐタイプのものもあり、それぞれ特徴が異なりますので後述します。

接続ケーブルの種類を確認する

ゲーミングヘッドセットを選ぶときには、接続環境を確認することが必要です。今回はNintendo Switchをクローズアップしていますので、このハードに対応したものをご紹介します。

3.5mmステレオミニプラグ(4極)

まずは接続部をよく見てください。金属の部分に黒い線のような模様が3本入っています。この3本の黒い線が4極タイプの3.5mmステレオミニプラグである証拠。この線はプラグの音声の出力形式をあらわすものです。

 

4極のほかには、2極、3極、5極が存在していますが、Nintendo Switchにつないだときには正しい動作ができません。ゲーミングヘッドセットを選ぶときには、必ずこの模様を確認するようにしてください。

 

ちなみに、4極のものはステレオ音声に加え、マイクの音声出力を行う機能があります。ゲーミングヘッドセットはマイク機能を搭載しているもの。3.5mmステレオミニプラグ仕様の製品をNintendo Switchにつなぐ場合は、必ず先端が4極になっているものであるべきです。

USB

平たい接続部を持つUSBタイプの有線ゲーミングヘッドセットは、ドックのポートに接続できます。ケーブル自体が短いと本体から近くあまり自由に身動きが取れない印象になるので、画面から距離を取りたい方はできるだけ長めのものをつなぐのがおすすめ。

 

部屋の広さや家具の配置などにもよりますが、おおむね2m程度の長さがあれば十分です。距離感がつかみにくい場合は、メジャーなどを使って測っておいてください。距離を可視化すると、イメージしやすくなりおすすめです。

Nintendo Switch用ゲーミングヘッドセットおすすめ10選

第10位

KOTION EACH

ARKARTECH G2000          

価格:2,960円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュでハイコスパ

ARKARTECH G2000を選ぶメリットは、コストパフォーマンスのよさに尽きます。3000円以下で購入できるゲーミングヘッドフォンとしては、抜群の性能。50mmと大きなドライバーユニットを搭載しており、かすかな物音もしっかりと拾い上げます。

 

USB、3.5mmステレオミニプラグと複数の接続方式に対応しており、利便性も抜群。Nintendo Switchはもちろん、3DS、PS4、スマホ、PCなどほかのハードにも接続できるので、ひとつ持っておくと便利に使えおすすめです。

 

マイクにはノイズキャンセル機能を実装。高い集音性と合わせ、クリアな音質を感じられる出来に仕上がっています。

 

 

 

イヤーパッドの種類密閉ノイズキャンセルあり
サラウンドなし接続方式3.5mmステレオミニプラグ、USB
ドライバーユニット50mm
第9位

Beexcellent

Beexcellent B072PPGMM3

価格:2,098円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

充実した機能を追及したモデル

Beexcellentは、低価格帯でありながら多彩な機能を搭載した製品です。なんといっても特筆すべきなのは、サラウンド機能に対応しているということ。ドライバーユニットも40mmのものを搭載しているので、必要十分です。

 

マイクは110度自由に角度を変えられる仕様となっており、しっかりと自分の声を拾わせることができます。一点残念なのが、集音性は高くなく、室内の音を抑えきれないところ。ですが、ノイズキャンセル機能もあり、口に近づけて声を出せば問題を感じません。

 

リーズナブルに、できるだけ高性能なゲーミングヘッドセットがほしい方には特におすすめしたい製品です。接続方式は、USB、3.5mmステレオミニプラグと複数に対応しています。

イヤーパッドの種類密閉ノイズキャンセルあり
サラウンドあり接続方式3.5mmステレオミニプラグ、USB
ドライバーユニット40mm
第8位

ホリ

AIR STEREO for Nintendo Switch

価格:2,803円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Nintendo Switch専用ゲーミングヘッドセット

ゲーム用デバイスの第一人者、ホリ製のゲーミングヘッドセット。その名前が示すとおり、Nintendo Switch専用に作られた製品です。専用とはいえ、スマホなど他のデバイスへの接続もできます。

 

可聴音域は中高音に振ってあり、バランスのよい音質。ドライバーユニットは40mmです。マイクはフレキシブルアームを導入し、自由自在に角度調整が可能。特筆すべき機能はありませんが、リーズナブルでバランスがよい出来になっています。

 

初めてゲーミングヘッドセットを購入する方、ほぼNintendo Switchでしかゲーミングヘッドセットを使用しないという方にはおすすめしたい製品です。

イヤーパッドの種類密閉ノイズキャンセルあり
サラウンドなし接続方式3.5mmステレオミニプラグ
ドライバーユニット40mm
第7位

キングストンテクノロジー

キングストン HyperX Cloud Revolver S

価格:16,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルで使い勝手に優れたハイエンドモデル

7.1chのサラウンド機能を搭載したゲーミングヘッドセット。50mmの大型ドライバーユニットと合わせ、生き生きとした音を感じさせる仕様になっています。音の方向など、細かい演出を得意としており、遠距離で発生した物音もしっかりと認識可能。

 

FPSなど、敵の位置を正確に把握したいゲームには特に向いた製品です。ノイズキャンセル機能が実装されたマイクは取り外し可能。ワンボタンで音量を調節できるオーディオコントロールボックスもあり、使い勝手に優れています。

 

高機能なモデルだけに高額な点はややネックですが、その分クオリティが高く、あらゆるジャンルのプレイをより魅力的なものに感じさせる出来です。

イヤーパッドの種類密閉ノイズキャンセルあり
サラウンドあり接続方式3.5mmステレオミニプラグ
ドライバーユニット50mm
第6位

Audio Technica(オーディオテクニカ)

オーディオテクニカ

価格:15,102円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

数少ない開放型ゲーミングヘッドセット

選択肢の少ない、開放型のゲーミングヘッドセット。開放型でありながら低音域の音もしっかりと拾い上げる頼もしいモデルです。オーディオテクニカ独自の細かいチューニングが行われているので、かすかな物音も聴き取れます。

 

FPSやスニーキングアクションも難なくこなせる出来のよさで、満足感の高い仕上がりになっています。マイクにノイズキャンセル機能はありませんが、音質は良好。不要なときには取り外しが利くので、便利に使えます。

 

Nintendo Switchなどゲーム用に使うことはもちろん、PCやスマホにつないで音楽や動画を楽しみたい方にもおすすめの製品です。

イヤーパッドの種類開放ノイズキャンセルなし
サラウンドなし接続方式3.5mmステレオミニプラグ
ドライバーユニット40mm
第5位

Logicool(ロジクール)

Logicool G933d

価格:12,519円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デバイス同時接続可能

ワイヤレス機能搭載のゲーミングヘッドセットです。稼動領域にとらわれずにプレイしたい方なら、ぜひ検討していただきたい一品です。機能面では7.1chサラウンドが目玉。

 

立体感とハリのある、豊かな音質でゲームを楽しむことができます。また、最大3台までのデバイスを同時接続することが可能。Nintendo SwitchにつなぎながらスマホやPCとも接続しておけば、ゲームの途中で通話対応するなどもでき便利です。

 

マイクには折りたたみできるブームを採用。不要なときはスッキリと収納でき邪魔になりません。ノイズキャンセリング機能で、会話に対する音質もクリアです。また、付属品に3.5mmステレオミニプラグがあり、接続方式を複数選べます。

イヤーパッドの種類密閉ノイズキャンセルあり
サラウンドあり接続方式USB、3.5mmステレオミニプラグ
ドライバーユニット50mm
第4位

Asustek

ASUS ROG Strix Wireless

価格:10,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

迫力満点な音質を実感

今回、本記事でご紹介するなかでもとりわけ大きな、60mmの大型ドライバーユニットを搭載しているのがこの製品です。重低音から高音までしっかり感じられる音の迫力は抜群。ゲームの世界に、より深く没入する感覚を得られます。

 

7.1chサラウンド機能がありますが、残念ながら再生はPCのみ。Nintendo Switchには非対応ですが、音質に対するストレスはありません。接続はワイヤレスで行い、自由な稼動領域を実現しています。レシーバーから送られる電波は、最大15mの広範囲仕様です。

 

マイクは取り外しできるタイプ。会話音質もクリアで良好です。マイクのオンオフボタン、音量調節ボタンはイヤーパッドに付けてあり、ゲーム中でも簡単に操作可能。まさに、ゲーマーのための一品といえる製品に仕上がっています。

イヤーパッドの種類密閉ノイズキャンセルなし
サラウンドあり(PCのみ)接続方式USB
ドライバーユニット60mm
第3位

Razer(レイザー)

Razer Kraken Pro V2

価格:11,898円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使い勝手のよいバランス型

ゲームに関するデバイスを多数販売しているRazer(レイザー)が作り上げた製品。サラウンド機能やノイズキャンセル機能などを一切付けていない設計ですが、音質はクリア。50mmドライバーユニットを採用で、ゲーム中の小さな物音も漏らさず聴き取ることができます。

 

マイクは本体に格納できるスタイル。集音性が高く、自分の声をしっかりと入力できます。本体近くのケーブル部分にはインラインリモコンを用意。ゲーム中、手元で簡単に操作ができ便利な仕様です。

 

Razer KrakenProV2は極めてシンプルな作りです。しかし、頭や耳に負担をかけないデザインを取り入れるなど使い勝手にはこだわりが光ります。とにかく使い心地のよいものがほしい。という方におすすめしたい製品です。

イヤーパッドの種類密閉ノイズキャンセルなし
サラウンドなし接続方式3.5mmステレオミニプラグ
ドライバーユニット50mm
第2位

ゼンハイザー

ゼンハイザー GSP 500

価格:23,947円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

老舗メーカーが作り上げる確かな音質

ドイツの老舗メーカー、ゼンハイザーは世界に多くのファンを獲得する音響機器メーカーです。このゼンハイザーが作る開放型ゲーミングヘッドセットは、空間を感じることができるほど広がりのよい音が特徴。

 

効果音やBGMがくっきりと際立ち、ゲームの快適性を高めます。イヤーパッドの設計は耳に沿うデザインになっているため長時間遊ぶときにも負担が少ない構造です。しかし頭部はやや窮屈なので、固めの装着感に抵抗がある場合はご一考ください。

 

マイクはノイズキャンセル機能がありクリアです。開放型のもので、よい音にこだわりのある方におすすめの仕上がり。密閉型が好みの方は、別型番GSP600があります。

 

 

 

イヤーパッドの種類開放(別型番に密閉型あり)ノイズキャンセルあり
サラウンドなし接続方式3.5mmステレオミニプラグ
ドライバーユニット50mm
第1位

SteelSeries

SteelSeries Arctis 5

価格:11,125円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手ごろな価格で性能抜群

低価格帯と高価格帯のちょうど中間程度の費用でありながら、性能面はハイエンドクラスに劣らないのがSteelSeries Arctis 5 。手ごろに本格的な製品がほしいと考えるなら、ぜひ検討に加えてほしいモデルです。

 

40mmドライバーユニット、7.1chサラウンドを搭載した音質の良好さはもちろん、特に売りのひとつだといえるのがマイク。前側と後ろ側から音を拾う構造になっており、マイクの角度を変えてもクッキリと音が聞こえる仕様になっています。

 

また、密閉型でありながら通気性を備えており、長時間の仕様で耳がムレてしまう現象をうまく抑えているのも特徴です。頭部にフィットし重くないので、体に負担がかかりにくい構造になっています。コスト面と性能面、両方を追求したい方に、ぜひ試してみていただきたい製品です。

イヤーパッドの種類密閉ノイズキャンセルあり
サラウンドあり接続方式3.5mmステレオミニプラグ
ドライバーユニット‎40mm

Nintendo Switch対応ゲーミングヘッドセットのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4999782の画像

    SteelSeries

  • 2
    アイテムID:4999779の画像

    ゼンハイザー

  • 3
    アイテムID:4999727の画像

    Razer(レイザー)

  • 4
    アイテムID:4999722の画像

    Asustek

  • 5
    アイテムID:4999710の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 6
    アイテムID:4998398の画像

    Audio Technica(オーディオテクニカ)

  • 7
    アイテムID:4998282の画像

    キングストンテクノロジー

  • 8
    アイテムID:4999734の画像

    ホリ

  • 9
    アイテムID:4998176の画像

    Beexcellent

  • 10
    アイテムID:4998050の画像

    KOTION EACH

  • 商品名
  • SteelSeries Arctis 5
  • ゼンハイザー GSP 500
  • Razer Kraken Pro V2
  • ASUS ROG Strix Wireless
  • Logicool G933d
  • オーディオテクニカ
  • キングストン HyperX Cloud Revolver S
  • AIR STEREO for Nintendo Switch
  • Beexcellent B072PPGMM3
  • ARKARTECH G2000          
  • 特徴
  • 手ごろな価格で性能抜群
  • 老舗メーカーが作り上げる確かな音質
  • 使い勝手のよいバランス型
  • 迫力満点な音質を実感
  • デバイス同時接続可能
  • 数少ない開放型ゲーミングヘッドセット
  • シンプルで使い勝手に優れたハイエンドモデル
  • Nintendo Switch専用ゲーミングヘッドセット
  • 充実した機能を追及したモデル
  • スタイリッシュでハイコスパ
  • 価格
  • 11125円(税込)
  • 23947円(税込)
  • 11898円(税込)
  • 10580円(税込)
  • 12519円(税込)
  • 15102円(税込)
  • 16700円(税込)
  • 2803円(税込)
  • 2098円(税込)
  • 2960円(税込)
  • イヤーパッドの種類
  • 密閉
  • 開放(別型番に密閉型あり)
  • 密閉
  • 密閉
  • 密閉
  • 開放
  • 密閉
  • 密閉
  • 密閉
  • 密閉
  • ノイズキャンセル
  • あり
  • あり
  • なし
  • なし
  • あり
  • なし
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • サラウンド
  • あり
  • なし
  • なし
  • あり(PCのみ)
  • あり
  • なし
  • あり
  • なし
  • あり
  • なし
  • 接続方式
  • 3.5mmステレオミニプラグ
  • 3.5mmステレオミニプラグ
  • 3.5mmステレオミニプラグ
  • USB
  • USB、3.5mmステレオミニプラグ
  • 3.5mmステレオミニプラグ
  • 3.5mmステレオミニプラグ
  • 3.5mmステレオミニプラグ
  • 3.5mmステレオミニプラグ、USB
  • 3.5mmステレオミニプラグ、USB
  • ドライバーユニット
  • ‎40mm
  • 50mm
  • 50mm
  • 60mm
  • 50mm
  • 40mm
  • 50mm
  • 40mm
  • 40mm
  • 50mm

Switch用ゲーミングヘッドセットでゲームをさらに楽しむ!

本記事では、Nintendo Switch対応のゲーミングヘッドセットおすすめモデルをご紹介しました。一口にゲーミングヘッドセットといっても、重低音が生きる製品や、サラウンド機能の付いた製品など様々なものが存在しています。また、マイクにもノイズキャンセルのありなしといったポイントがあるので、選び方のコツを参考にしていただき自分好みの一品を見つけてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ