記事ID136846のサムネイル画像

【実は安全で使いやすい】おすすめ丸ノコの人気ランキング10選

ノコギリを使って手で木材を切ることもできますが、長い直線を切る時には時間がかかる上に大変な作業です。そんな時も丸ノコを使えば、アッと言う間にカットすることが可能です。今回は、そんな丸ノコの選び方やおすすめアイテムをランキング形式でご紹介します。

丸ノコを使えばまっすぐ快適に切断できる

DIYなどで難しいとされる木材をカットする作業。短い木材の断面をカットするくらいであれば、ノコギリを使って手で切ることも可能です。しかし、板などの長い直線を手でカットするのは、時間がかかる上にまっすぐ進まず、かなり大変な作業になります。

そんな時にも丸ノコを使ってカットすれば、時間をかけずまっすぐにアッと言う間にカットすることができてしまします。さらに専用のガイドや定規を活用することで快適にまっすぐ切ることが可能です。

今回は、そんな便利な丸ノコの選び方や、安心して使えるおすすめアイテムをランキング形式でご紹介します。丸ノコの購入を検討している方や迷っている方は是非参考にして、自分に合った丸ノコを探してしてください。

丸ノコの選び方

丸ノコはカットする材料や素材に適した種類のものを選ぶ必要があります。選ぶ時にチェックしておきたいポイントについてご紹介しましょう。

形状の違いで選ぶ

丸ノコには形状の違いによっていくつかに分類されます。それぞれの特徴などを紹介します。

手持ち式のものを選ぶ

一般的に「丸ノコ」と呼ばれているものは、この手持ち式のものになります。価格帯も比較的リーズナブルなものが多く展開されています。持ち運んで自由な場所で作業を行うことができます。

真直ぐにカットできるようになるまでは何回か練習が必要ですが、専用のガイドや定規を取り付ければ比較的簡単にカットすることができます。

卓上丸ノコを選ぶ

手持ち式以外のタイプの中でもアーム部分に固定された丸ノコを下げて使うものは、卓上丸ノコと呼ばれています。この卓上丸ノコであれば、定規を使用しなくても真直ぐに正確にカットすることが可能です。

角度のあるカットや、傾斜をつけてカットしたい場合に用いられることの多いタイプです。

防塵丸ノコを選ぶ

手持ち式以外のタイプの中でも特に粉塵が発生しやすい石膏ボードなどに使われている丸ノコは、防塵丸ノコと呼ばれています。この防塵丸ノコは、粉塵を吹き飛ばしながらカットすることができるのでカットする手元を確認しながらカットすることができます。

また、サイディングをカットする際にも多く用いられているタイプの丸ノコです。

金工カッターを選ぶ

持ち式以外のタイプの中でも鉄筋や鉄板を切断することができる丸ノコは、金工カッターと呼ばれています。金工カッターを使えば、金属のパイプや鉄板もカットすることができます。

チップソーのサイズで選ぶ

一般的な丸ノコは、チップソーの直径のサイズによってサイズが分かれています。深切タイプであれば、ワンサイズ上のサイズの通常タイプと同等の厚さまで切断することができます。

125ミリを選ぶ

丸ノコのチップソーの直径のサイズが125ミリのものを使用した場合の切断可能な木材の厚みは、通常のタイプの場合は約37ミリです。

また、深切タイプのものであれば、約46ミリまで切断することができるため、147ミリの通常タイプのものと同じくらいの厚みの木材を切断することが可能です。

147ミリを選ぶ

丸ノコのチップソーの直径のサイズが147ミリのものを使用した場合の切断可能な木材の厚みは、通常のタイプの場合は約47ミリです。

また、深切タイプのものであれば、約57ミリまで切断することができますので、165ミリの通常タイプのものと同じくらいの厚みの木材を切断することが可能です。

165ミリを選ぶ

丸ノコのチップソーの直径のサイズが165ミリのものを使用した場合の切断可能な木材の厚みは、通常のタイプの場合は約47ミリです。

また、深切タイプのものであれば、約66ミリまで切断することができますので、190ミリの通常タイプのものと同じくらいの厚みの木材を切断することが可能です。

電源の違いで選ぶ

丸ノコの電源タイプには大きく分けてAC電源式のものと充電式のものと2タイプがあります。それぞれの特徴についてご紹介します。

AC電源式のものを選ぶ

AC電源式の丸ノコは、充電式のものに比べるとコードがある分、動きに制限があります。もちろんAC電源コンセントがある場所でなければ使用することはできませんが、比較的リーズナブルな価格のものが多いのが魅力です。

また、充電式のように充電が切れる心配もなく、パワフルに使い続けることができるメリットもあります。アイテムの種類が豊富なのもおすすめのポイントです。

充電式のものを選ぶ

充電式の丸ノコは、以前は、AC電源式のものに比べるとパワーが物足りないということも言われていました。しかし近年、充電方式の進化によって、長時間パワフルに使い続けることができるタイプが多く開発されています。

充電式の魅力は何と言ってもコードがない分、取り回しやすく使いやすいことが最大の魅力です。AC電源コンセントを探すことなく、自由な場所で使うことができるので便利です。ただ、AC電源式のものに比べ価格が高めのものが多く展開されています。

ベースの素材の違いで選ぶ

丸ノコのベース部分に使われている素材によって特徴も異なります。それぞれの特徴をご紹介します。

鉄ベースのものを選ぶ

丸ノコのベースに鉄素材が使われているタイプのものがあります。鉄のベースになっている丸ノコは、価格がリーズナブルなのが魅力です。ただ、鉄のベースの場合、素材が柔らかいため、長期間使い続けていると歪んでくる場合があるので注意が必要です。

また、滑りも悪いので事故につながる危険もあります。鉄の素材であってもフッ素樹脂加工が施されているものもあります。フッ素樹脂加工の丸ノコであれば、滑りやすく快適に安全に使用することができるのでおすすめです。

アルミベースのものを選ぶ

丸ノコのベースにアルミ素材が使われているタイプのものがあります。アルミのベースになっている丸ノコは、軽量で使いやすいのが魅力です。アルミ素材のベースの丸ノコは、鉄素材のものに比べて軽量でサビに強く、耐久性があるのが特徴です。

使いやすく人気がありますが、鉄製のものに比べ価格がやや高めになっているものが多く展開されています。鉄製の丸ノコをアルミ製に買い替えるという方も多く見られるので、初めから少々高くてもアルミ製のものを選ぶのもおすすめです。

補助アイテムで選ぶ

丸ノコを使う際に、さまざまな補助具があります。補助アイテムを使用すれば便利でさらに使いやすくなりますのでおすすめです。

丸ノコ定規を選ぶ

丸ノコを使う際に、専用の定規をセットすることができるものがあります。丸ノコ専用の定規を使うことで、正確に真直ぐカットすることが可能です。丸ノコ専用定規には、カットする目的に合わせて、平行定規やTスライドガイドなどがあります。

平行定規やTスライドガイドは、主に、木材の側面を長く平行にカットすることができるガイドです。固定しておくことで同じ幅で何度もカットすることも可能です。

エルアングルを選ぶ

エルアングルは、L字型になったタイプの定規のことを言います。一般的に90度に固定することができます。近年は、90度の角度だけでなく、角度調整が可能なタイプも展開されています。

木材に接する部分がゴム製になっているものであれば、作業途中にズレにくく、おすすめです。サイズは長いものでは短いものから、1メートルくらいのものまで揃っています。

三角定規を選ぶ

三角定規は、カットする木材と重ねて使います。90度と45度に切断する時に使用します。45度でカットする作業は最も頻度が高いと言えます。三角定規があれば角の部分を合わせやすく切断するときに便利で使いやすいのでおすすめです。

フリーアングルを選ぶ

フリーアングルは、90度や45度だけでなく、さまざまな角度に調整してカットする時に使います。三角定規は90度と45度のみの角度であるのに対し、フリーアングルは、自由な角度のカットをする時に使います。

また、三角定規では手で固定しながら使うのに対し、フリーアングルは、手で押さえなくても木材に固定できるタイプのものが多く使いやすいのが特徴です。

丸ノコの人気ランキング10選

第10位

SK11(エスケー11)

充電マルノコ SCS-108V-15RL

価格:6,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽くてコンパクトなのが使いやすい

SK11の充電式丸ノコです。軽くてコンパクトなボディですので片手で簡単に操作できるのが魅力です。ベニヤなどを傾斜にカットするのにも最適で、直角のカットもしやすいおすすめの丸ノコです。

人間工学に基づいた設計がされているので、握りやすく操作しやすいのも特徴です。また、ブレーキ機能付きですのでスイッチを離せば回転が止まるため、誤作動や事故の心配もなく安全に使うことができるのもおすすめのポイントです。

刃外径85mm回転数2,400min-1
最大切込み深さ24mm重量1.75kg
電源10.8V充電式ベース
第9位

マックス(MAX)

充電式防じん兼用丸のこ PJ-CS53CDP

価格:28,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1つで2通り使えて便利

マックスの充電式防塵兼用丸ノコです。通常の丸ノコとして使える以外にも、専用のダストボックスを取り付けることで防塵丸ノコとして使用することができます。1台で2通り使えるので別々に購入する必要がないのでコスパに優れた便利でおすすめの丸ノコです。

また、マックスならではの独自の技術を採用しているため、ダストボックスを装着した状態で際のカットを行うことができるのも魅力です。2通り使えて便利なおすすめの丸ノコです。

刃外径125mm回転数5,300min-1
最大切込み深さ47mm重量3.25kg
電源充電式ベースアルミ
第8位

HiKOKI (ハイコーキ)

コードレス丸のこ C3605DA

価格:22,450円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

充電式ながらもパワフルなシリーズ

HiKOKIならではの独自開発のマルチボルトバッテリーを搭載しているので、従来のものに比べて切断スピードの最速化を実現しています。力強いパワーが長時間持続するので安心して使用し続けることが可能です。

また、サイレントモードが採用されているため、騒音を抑制したい室内などの作業にも最適です。モーターに負荷がかかり過ぎると自動的に通常モードに切り替わり、また負荷が少なくなればサイレントモードに切り替わるので最適な状態で作業を行うことができます。

さらにキックバックを抑制する機能を採用しているため安全に作業を行えるのも魅力です。また、別売りの専用フッ素加工プレートを使えばスムーズに切断でき作業効率をアップすることができます。

刃外径125mm回転数5,000min-1・2,600min-1
最大切込み深さ47mm重量2.7kg
電源充電式ベースアルミ
第7位

ボッシュ(BOSCH)

丸のこGKS18V-57H

価格:17,130円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ボッシュならではの安全機能で安心

ボッシュのバッテリー丸ノコは、充電式ならではの取りまわしやすさと扱いやすさが特徴です。ボッシュ独自に開発されたECP機能が採用されているため、負荷のかかり過ぎやオーバーヒート、過放電などからバッテリーを保護することができます。

また、EMP機能を採用しているため、万が一過放電の際にも自動的に電源が落ちる仕組みになっているので安心です。ボッシュならではの安全性に優れたおすすめの丸ノコです。

刃外径165mm回転数3,400min-1
最大切込み深さ57mm重量4.0kg
電源充電式ベースアルミ
第6位

マキタ(Makita)

充電式マルノコHS631DZSB

価格:25,064円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独自の鮫肌チップソー採用で作業効率が大幅アップ

 

マキタの充電式丸ノコです。マキタならではのパワフルな大型ブラシレスモーターが搭載されているため、5000回転以上の切断速度を実現しています。AC電源式にも劣らないハイパワーなのが特徴です。

さらに「鮫肌チップソー」を採用しているため、1回の充電で作業量が従来のものに比べ50%アップしています。また、負荷の量に適した速度に自動的に変換されるため、効率よく最適な作業を行うことができます。

また、深切りタイプですので、165ミリのサイズであっても66ミリの厚さの切断が可能なのもおすすめポイントです。

刃外径165mm回転数5,000min-1
最大切込み深さ66mm重量3.0kg
電源充電式ベースアルミ
第5位

HiKOKI (ハイコーキ)

コードレス丸のこC18DBL(NN)

価格:21,762円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量でコンパクト設計の抜群の操作性が自慢

HiKOKIのコードレス丸ノコです。アルミベースの軽量でコンパクトなボディで使いやすいのが特徴です。重心とハンドルの長さが短いので操作しやすく、長時間の作業でも疲れにくい設計がされています。

また、サイレントモードを搭載しているので、騒音を抑えたい室内での作業にも最適です。モーターに負荷がかかり過ぎた場合には通常モードに自動的に切り替わるため、状況に適した作業ができるので作業効率が向上します。

さらに、キックバック抑制機能が搭載されているため、安全に作業を行うことができるおすすめの丸ノコです。

刃外径125mm回転数5,000min-1・ 3,000min-1
最大切込み深さ47mm重量2.5kg
電源充電式ベースアルミ
第4位

HiKOKI (ハイコーキ)

コードレス丸のこ C14DBL

価格:20,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サイレントモード搭載で室内作業でも安心

HiKOKIの充電式丸ノコの14.4Vタイプです。18Vのタイプと同様、持ち手と重心の位置までの距離が短く設計されているので操作性に優れているのが特徴です。ボディもコンパクトで軽量で使いやすく、長時間の作業を行っても疲れにくく作業効率を大幅に向上させることができます。

さらにサイレントモード機能が搭載されているため、騒音が気になる室内などでの作業でも安心して行うことができます。モーターにかかる負荷が大きくなり過ぎた場合にも自動的に通常のモードに切り替わります。

状況に応じた最適なモードで作業を続けることができるのも魅力です。また、キックバック軽減機能が採用されているため安全に作業を行うことができるおすすめの丸ノコです。

刃外径125mm回転数5,000min-1
最大切込み深さ47mm重量2.4kg
電源充電式ベースアルミ
第3位

マキタ(Makita)

充電式マルノコHS470DZ

価格:32,451円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

切断材料に合わせてパワーを自動調整

マキタの充電式丸ノコの中で14.4Vのタイプになります。マキタが独自の「鮫肌プレミアムホワイトチップソー」を採用しているため、従来のものと比べ1回の充電あたりの作業効率が大幅にアップしています。

さらに従来のものに比べて耐久性が約2倍に向上しています。また、独自の技術により切断する木材などの種類や、作業を行う人の押さえる力などを自動で感知するシステムを採用しているため、最適なモーターの回転を自動調節することが可能です。

切断する材料に合わせて薄い板の場合は「高速切断」、硬い木材の場合には「パワフ切断」など自動的にパワーが切り替わるため、快適に安全に作業を行うことができるおすすめの丸ノコです。

刃外径125mm回転数5,000min-1
最大切込み深さ47mm重量2.4kg
電源充電式ベースアルミ
第2位

マキタ(Makita)

電気マルノコ M565

価格:11,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フラットな底面でチップソーの交換が簡単

マキタの電気丸ノコは、パワフルでシャープな切れ味が特徴です。ブロワが取り付けられているため、作業中に発生する粉塵を吹き飛ばしながら作業を行えます。粉塵で作業する手元が隠れることなく作業を行えるので安全です。

付属のセーフティカバーにある目盛とベースの底面合わせるだけで切りこむ深さを簡単に調整することが可能です。また本体のモータ部分の底がフラットになっているため、本体を立てたままチップソーの交換が簡単に行えるのもおすすめのポイントです。

刃外径165mm回転数5,500min-1
最大切込み深さ57mm重量3.0kg
電源AC100V電源式ベースアルミ
第1位

リョービ(Ryobi)

丸ノコ MW-46A 610509A

価格:6,150円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者にも安心の扱いやすさ

リョービの丸ノコは、初心者にも扱いやすい人気の丸ノコです。切断する材料は薄い板から角材まで幅広く対応することが可能です。最大の切り込みの深さは約46ミリまで対応することができます。

扱いやすい重さ約2.1キロと軽量でコンパクトなのも魅力です。また、45度までの傾斜の切断に対応できるので便利です。また、別売りの集じんホースと集じんノズルを集じん機に接続することが可能です。

DIYなどさまざまなシーンで幅広く活躍するおすすめの丸ノコです。

刃外径147mm回転数3,700min-1
最大切込み深さ46mm重量2.1kg
電源AC100V電源式ベース

丸ノコのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4996354の画像

    リョービ(Ryobi)

  • 2
    アイテムID:4996340の画像

    マキタ(Makita)

  • 3
    アイテムID:4996325の画像

    マキタ(Makita)

  • 4
    アイテムID:4996314の画像

    HiKOKI (ハイコーキ)

  • 5
    アイテムID:4996306の画像

    HiKOKI (ハイコーキ)

  • 6
    アイテムID:4996304の画像

    マキタ(Makita)

  • 7
    アイテムID:4996297の画像

    ボッシュ(BOSCH)

  • 8
    アイテムID:4996289の画像

    HiKOKI (ハイコーキ)

  • 9
    アイテムID:4996262の画像

    マックス(MAX)

  • 10
    アイテムID:4996226の画像

    SK11(エスケー11)

  • 商品名
  • 丸ノコ MW-46A 610509A
  • 電気マルノコ M565
  • 充電式マルノコHS470DZ
  • コードレス丸のこ C14DBL
  • コードレス丸のこC18DBL(NN)
  • 充電式マルノコHS631DZSB
  • 丸のこGKS18V-57H
  • コードレス丸のこ C3605DA
  • 充電式防じん兼用丸のこ PJ-CS53CDP
  • 充電マルノコ SCS-108V-15RL
  • 特徴
  • 初心者にも安心の扱いやすさ
  • フラットな底面でチップソーの交換が簡単
  • 切断材料に合わせてパワーを自動調整
  • サイレントモード搭載で室内作業でも安心
  • 軽量でコンパクト設計の抜群の操作性が自慢
  • 独自の鮫肌チップソー採用で作業効率が大幅アップ
  • ボッシュならではの安全機能で安心
  • 充電式ながらもパワフルなシリーズ
  • 1つで2通り使えて便利
  • 軽くてコンパクトなのが使いやすい
  • 価格
  • 6150円(税込)
  • 11300円(税込)
  • 32451円(税込)
  • 20990円(税込)
  • 21762円(税込)
  • 25064円(税込)
  • 17130円(税込)
  • 22450円(税込)
  • 28600円(税込)
  • 6780円(税込)
  • 刃外径
  • 147mm
  • 165mm
  • 125mm
  • 125mm
  • 125mm
  • 165mm
  • 165mm
  • 125mm
  • 125mm
  • 85mm
  • 回転数
  • 3,700min-1
  • 5,500min-1
  • 5,000min-1
  • 5,000min-1
  • 5,000min-1・ 3,000min-1
  • 5,000min-1
  • 3,400min-1
  • 5,000min-1・2,600min-1
  • 5,300min-1
  • 2,400min-1
  • 最大切込み深さ
  • 46mm
  • 57mm
  • 47mm
  • 47mm
  • 47mm
  • 66mm
  • 57mm
  • 47mm
  • 47mm
  • 24mm
  • 重量
  • 2.1kg
  • 3.0kg
  • 2.4kg
  • 2.4kg
  • 2.5kg
  • 3.0kg
  • 4.0kg
  • 2.7kg
  • 3.25kg
  • 1.75kg
  • 電源
  • AC100V電源式
  • AC100V電源式
  • 充電式
  • 充電式
  • 充電式
  • 充電式
  • 充電式
  • 充電式
  • 充電式
  • 10.8V充電式
  • ベース
  • アルミ
  • アルミ
  • アルミ
  • アルミ
  • アルミ
  • アルミ
  • アルミ
  • アルミ

まとめ

丸ノコの選び方やおすすめ商品をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。自分が使う目的に合わせて最適な丸ノコを見つけて快適に作業を行いましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ