記事ID136844のサムネイル画像

【厳選】まずはここから!DJの必需品ヘッドフォンのおすすめ10選

クラブや在宅でDJを始めるに当たって、必須アイテムといえるのがヘッドフォンです。また、プレイするのはもちろん日常使いできるようなものもあるので、一家に一台あると重宝しそうですね。そんなDJプレイ用のヘッドフォンのおすすめを紹介します。

ヘッドフォンはDJの必須アイテム

DJプレイで必須なアイテムといえるヘッドフォン。通常のヘッドフォンを選ぶのと違うのは、移動での持ち運びの回数が多かったり、長時間での使用、付け外しの機会が多くなるため「耐久性」「遮音性」などをチェックする必要があるという点です。

 

また、クラブでプレイすることはもちろん、日常使いとしても昼夜問わず使用したくなるようなデザインのヘッドフォンも発売されています。もちろん値段も、数万するハイスペックなものから数千円のお手頃なものまで様々発売されています。

 

豊富にラインナップされている性能やデザインをチェックしながら、使用頻度目的などを考えて自分のライフスタイルに合わせてDJ用のヘッドフォンを選んでみましょう。

DJ用ヘッドフォンの選び方

ひとことでDJプレイ用のヘッドフォンと言っても様々な種類のものが発売されています。値段も数千円~数万円までスペックやデザインも豊富なので、それぞれの目的や好みによって選ぶのがおすすめです。また、憧れのDJとお揃いのブランドを選んでみるのも◎

こだわりの性能をチェック

メーカーや値段によってデザインや性能が大きく違ってくるので、自分がどの程度プレイをするのかを考えて、遮音性や耐久性などをチェックしてみましょう。

クラブの大音量を遮断する遮音性

DJプレイをする際に必須アイテムといえるヘッドフォンですが、まずチェックしておきたいポイントが遮音性です。通常DJは次にかける曲をヘッドフォンから聴きとり、今かかっている曲とピッチを合わせるといった作業をしています。

 

その際、ホールでかかっている曲とは別の曲を聴いているため、外の音を聞こえなくするための遮音性はヘッドフォンを選ぶ時に大切なポイントになります。そのため、DJ用ヘッドフォンによく使用されているのは遮音性が優れているヘッドフォンです。

 

また遮音性の高いヘッドフォンは、特に初心者の方におすすめです。なぜなら遮音性の高いヘッドフォンを選ぶことで、次にかける曲を聴き取りやすくなったり、BPMがズレることなくスムーズに曲を繋ぎやすくなるからです。ぜひこの点に着目してみてください。

何度も着脱できる耐久性

DJは曲のピッチを合わせるために何度もヘッドフォンを着脱する必要があります。次に繋ぐ曲を聴く時はヘッドフォンを着け、曲をミックスする時にはヘッドフォンを外します。そのようにして曲と曲をスムーズに繋いでいきます

 

そのため、耐久性がないヘッドフォンを使っている場合、イヤーパッドが破けたりすぐに部品が壊れてしまいがちです。また、音楽に集中したりノリノリになっている時には雑に扱ってしまう時もあります。そのため、耐久性のないヘッドフォンの場合は使い捨てのように壊してしまう場合もあるので注意しましょう。

 

また、DJ用のヘッドフォンは移動の際に持ち運ぶことが多いので、耐久性のはもちろんのこと、コンパクトに折りたためることなどもヘッドフォンを選ぶ上で重要視したいポイントです。

かけたい曲のジャンルで考えてみる

ヒップホップやハウスやテクノやレゲエなど、ほとんどのDJは自分が得意で好きなジャンルを持っています。DJプレイをする際に、自分がかけたいジャンルによってヘッドフォンを使い分けしてみるのもおすすめです。

 

例えばHIP HOPをかけたいというDJは、ヒップホップ独特の低音が強調されたヘッドフォンなどを選んでみるといいかもしれません。またラッパーのDr.DREがプロデュースしているシリーズのヘッドフォンなども人気の傾向にあります。

 

HOUSEのDJ片耳ヘッドフォンを使っている方も多いので、これを機に片耳ヘッドフォンデビューしてみるのもいいかもしれませんね。このように自分がかけたいジャンルが決まっていたら、それに合わせたヘッドフォンを使用してみるのも◎決まってない場合は好きなDJが使っているものを参考にしてみるのもおすすめです。

耳が痛くならないか装着感を確認

DJのイベントや、プレイスタイルによっては、一人で何時間も曲をかけ続ける場合などもあります。そのため、何時間装着したり着脱していても耳が痛くならないヘッドフォンを選ぶのは大切なことです。

 

できれば、購入前に家電量販店などで締め付け具合自分の頭とのフィット感を実際に確かめてみるのがおすすめです。付け心地をあらかじめ確認にしておくことで買ってから頭や耳にあわずプレイに集中できない…という事態を避けることができます。

 

そのため、長時間のDJをする予定がある方や、日常生活でもヘッドフォンを着けて音楽を聴きたいという方は、ぜひあらかじめ付け心地を確認したうえで購入してみてくださいね。

ヘッドフォンの予算をチェック

DJをする頻度でコスパも変わってきますよね。自分のライフスタイルに合ったヘッドフォンの予算を設定するのがおすすめです。

ハイスペックなヘッドフォンをゲットする

スマートフォンやipodなどの普及でヘッドフォンはますます人気が出てきています。一昔前は部屋の中で聞くためのものという印象もありましたが、最近ではファッションツールのひとつとしても注目されています。

 

それにともない、製品の種類も年々増加傾向にあります。機能の面でも、持ち運びしやすいポータブルでコンパクトなタイプや、デザイナーやアーティストとコラボしたこだわりのデザインのものであったり、音質などの機能面にとことんこだわりぬいた10万円越えの高級ヘッドフォンなどが発売されています。

 

せっかく購入するのなら、とことんこだわりぬいたハイスペックなヘッドフォンを選んでみるのもありかもしれませんね。DJ用にはもちろん普段使いでも目立つこと間違いなしでしょう。

数千円のコスパ◎なヘッドフォン

DJは次にかける曲やフロアの曲を聴き比べるため、1回のプレイの最中に何度もヘッドフォンの着脱をします。また、音楽に集中しているとヘッドフォンを雑に扱ってしまうこともしばしばあります。

 

そのためどんなに頑丈で耐久性の高いヘッドフォンを選んだとしてもプレイスタイルによっては部品が壊れたり、イヤーパッドが破れたり、ケーブルが断線してしまったりすることがしばしばあります。数万円以上するハイスペックなヘッドフォンを買ったばかりだったのに壊れた…!なんてことになったらかなりショックですよね。

 

なので、最初から消耗品だと割り切って数千円のヘッドフォンを選んでみるのも◎また、興味はあるけど今後DJを続けられるかわからないという初心者の方にもコスパの良いヘッドフォンはおすすめですよ。

デザインで選ぶ

一昔前までのヘッドフォンといえば黒やシルバーでゴツいもの、というイメージがありましたが、最近ではカラフルなものや、コンパクトでスマートなもの、アーティストとコラボしたデザインのもの発売されています。

 

また、暗いクラブの中で派手な色や目立った色のヘッドフォンを着けることで、一目で自分のだと見つけやすいということや、人と被りにくいというメリットがあります。女性がつけても可愛いものもあるので、見ているだけでも楽しい気分になりそうですよね。

 

また見た目という点では憧れのDJがつけているものを選ぶというもの◎どれだけ機能がよくても身に着けるものなのでデザインが気に入らなかったらテンションあがりませんよね。かなり豊富なデザインやカラーバリエーションのヘッドフォンが発売されているので、お好みのデザインを選んでみましょう。

DJ用ならではの細かい仕様

普通のヘッドフォンとDJ用のヘッドフォンの違いは何でしょうか。DJプレイに便利な細かい仕様をチェックしてみましょう。

イヤーパッドが反転する

DJヘッドフォンと呼ばれるものはDJプレイを前提とした動作がスムーズに行えるように作られたものであり、それが通常のヘッドフォンとの違いです。細かい仕様の違いはいくつかありますが、まず必要なのはイヤーパッドのついている部分であるハウジングが「反転する」ものであるという点です。

 

DJは今流れている曲と次の曲を聴き比べる際などにヘッドフォンの片耳だけを使うことが度々あります。そのため片耳を使う動作をスムーズにするため、DJ用のヘッドフォンはイヤーパッドのついているハウジングと呼ばれる部分が反転するものである必要があります。

 

この機能がないとスムーズに着脱することも難しいので、手持ちのヘッドフォンでDJプレイをしたいという方も、まずはこの機能がついているかをチェックしてみましょう。

カールコードとL字プラグを採用

DJプレイをしていると、地味に気になる部分があります。それはヘッドフォンのケーブルです。例えば、伸縮しないストレートタイプのコードが使用されてる場合は、コードが機材のボタンに当たってしまったり、手などに絡まって邪魔になってしまう場合などがあります。

 

そのため、DJが使用しているヘッドフォンのケーブルは伸縮自在なカールコードになっている場合が多いのです。伸縮することでケーブルが余ってプレイの邪魔をすることがないため、ストレートよりはカールコードのほうがおすすめです。

 

また、ミキサーとヘッドフォンを接続するプラグの部分も真っすぐなものよりもL字型のものがおすすめです。なせなら、ミキサーを触る際に邪魔になることが少ない上、ケーブルが断線もしづらいというメリットがあるためです。

低音が聴き取りやすいもの

個人差はありますがDJは次の曲をかける際にバスドラムの音を聴きながらピッチを合わせることが多いです。そのため、スムーズなミックスのためには低音が聴き取りやすい音質のヘッドフォンを選ぶことがおすすめです。

 

また、クラブの中は大音量の音楽話し声など雑音があふれているため、ヘッドフォンから流れる次の曲が聴こえづらい場合が多々あります。そんな中でも低音を重視して聴き取りやすくすることでピッチを合わせやすくなります

 

特に初心者の方は、スムーズなミックスをするためにも低音を重視した設計のヘッドフォンを選ぶことがおすすめです。そうすることで曲のズレなどを解消できる可能性があるので、ぜひチェックしておきたい機能のひとつです。

DJ用ヘッドフォンの人気ランキング10選

第10位

BEHRINGER

HPX2000

価格:1,674円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高コスパな千円台ヘッドフォン!

クリアな高音やワイドなダイナミックレンジが魅力のヘッドフォンです。ハウジング部分が可動するのでもちろんDJ用として使用することができます。

 

中高音が強く低音は控えめな印象のため初心者DJが本番で使用するには向かないヘッドフォンかもしれません。中級者~上級者の道具なんて関係ない!という方には値段も安いしおすすめできます。

 

ただ圧倒的なコスパを誇っているため、サブのヘッドフォンや、DJは初めてなので体験のため使用したいといった方にはアリかもしれません!

重量308g構造密閉型
第9位

sony

MDR-V55

価格:8,938円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本未発売で被りにくい◎

SONYのDJ用ヘッドフォンですが日本未発売モデルとなっています。コンパクトに折りたたみできるので持ち運びに便利です。

 

こちらのコードはカールコードではなくフラットで短めなコードで見た目にも珍しさが満点です。安定のSONYブランドなので音の解像度は高めで、低音も程よく強調されています。

 

デザインも水色のラインでワンポイントが効いているのでかっこいいです。人と被りたくないという方にはおすすめかもしれません。

重量220g構造-
第8位

beats by dr.dre

Beats Studio3 Wireless

価格:30,150円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイスペックなワイヤレスヘッドフォン

幅広い層から支持され続けるbeatsのハイスペックなヘッドフォンです。ピュアアダプティブノイズキャンセリング(Pure ANC)機能で外部のノイズを自動的に遮断してくれます。また、一日中フル機能でワイヤレスでの再生が可能です。充電10分で約3時間再生できる高速充電も魅力のひとつです。

 

イヤーパッドはとても柔らかいレザーでできているので耳にフィットしやすいです。多機能なオンイヤーコントロールで、通話、音楽再生に対応している上、Siriの起動もOKです。

 

値段がお高めなので一台で何役にもなるハイスペックなヘッドフォンを探している方におすすめです。

重量260 g構造オーバーヘッド
第7位

ゼンハイザー

HD 25 PLUS

価格:23,328円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量&クラブミュージックに最適な音質!

重量240g構造密閉型
第6位

V-MODA

Crossfade M-100-U-SHADOW

価格:29,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

海外DJにも大人気!デザイン、機能性◎

ヘッドバンドやケーブルが頑丈なのでプロDJのハードな使用でもOKという耐久性を誇っています。頑丈なだけでなくシャープなデザインで見た目にも美しくV-MODAブランドを代表するヘッドフォンとなっています。

 

高音や中音が鮮明でありながら豊かな低音も楽しめます。ヘッドフォンの音質はどれかのジャンルに偏りがちですが、このヘッドフォンはどんなジャンルにも対応できる音質なので、世界中のDJに愛されています

 

有名な海外DJ陣がこぞって愛用しているので、マネしたいという方にもおすすめです。カラーバリエーションも豊富なので、お好みのものをチェックしてみてください。

重量283g構造オーバーイヤー
第5位

audio-technica

オーディオテクニカ ダイナミック密閉型ヘッドホン(ブラック)audio-technica ATH-PRO5X-BK

価格:6,548円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

これを選べは間違いなし!安定のブランド力

オーディオテクニカは多くのDJに愛されているブランドです。比較的お手頃な価格ですが、音の解像度が高くフラットで低音も強調されています。しかし全体のバランスが良いため、初心者から上級者まで幅広く使用できます。

 

また、イヤーパッドも柔らかいため装着感がよく軽いところもメリットです。大きさは少し大きめなので顔の小さい方や女性がつけると少し存在感があるかもしれません。

 

余計な装飾がなくシンプルで定番のヘッドフォンを探している方にはバッチリです。これ一台あれば安心できるヘッドフォンといえるでしょう。

重量250g構造密閉型
第4位

AIAIAI

TMA-2 MODULAR DJ Preset

価格:23,026円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

優秀デザイン&ダントツの頑丈さ!

北欧伝統のミニマルなデザインでもありますが、近代的でシンプルな雰囲気のヘッドフォンです。プロユースの激しい使いかたにも耐えることができ、群を抜いて頑丈なつくりとなっています。

 

音質はクリアで力強く低音もしっかり強調されているので初心者~プロまで使用できるヘッドフォンです。パーツ交換が自分でできるので、カスタム好きな方にもおすすめです。

 

スタイリッシュなデザインだけでなく機能や音質も素晴らしいので、多くのアーティストやデザイナーに愛されているヘッドフォンです。クラブでのだけでなくファッションの一部としても活躍してくれること間違いなしです。

重量220g構造密閉型
第3位

Pioneer DJ

Pioneer DJ DJ HEADPHONES HDJ-X5BT-K

価格:17,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バランス◎なプロユースのヘッドフォン

音質を重視した38μm厚の振動板ボイスコイルなど様々な機能を搭載することで、高音質化を実現したDJ用のヘッドフォンです。ヘッドホンプラグや本体とケーブルの接続部分の耐久性を高いので、プロにも愛用されるほどの堅牢性を実現しています。

 

音質はフラットな印象ですが低音が程よく強調されているところが◎くっきりとした音質なので、DTMのモニターに使うのもおすすめです。

 

コンパクトに折りたためたり、頑丈なケースもついているため普段使いや持ち運びにもおすすめです!別売りでイヤーパッドやケーブルの交換もできるのが嬉しいポイントです。

構造密閉型重量319 g
第2位

AKG(HIBINO PRO)

K181 DJ UE

価格:18,005円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

質実剛健!根強いファンを持つヘッドフォン

お手頃な値段ながらも機能性が高いため、根強いファンを持つAKGのヘッドフォンです。厚みのあるイヤーパッドが耳にフィットして高い遮音性を実現しています。大音量なクラブ内でもモニタリングがしやすいので、初心者の方にもおすすめです。

 

気になる音質は、大口径の50mmドライバーを搭載しているため重厚かつキレのある低音域鮮明な中高域が表現されています。また、低域ブースト・スイッチやステレオモノラルへの切り替えスイッチなどの便利な機能を装備しています。

 

キャリングポーチつきなのでもちろん持ち運びにおすすめです。音質、機能、出力など値段から考えるとかなりコスパに満足できるヘッドフォンと言えます。

重量280g構造密閉型
第1位

Audio Technica(オーディオテクニカ)

ATH-M50x

価格:19,180円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高解像度&コスパ最強!

幅広い層のDJやトラックメーカーに愛され続けるオーディオテクニカのヘッドフォンです。着脱コードを採用しているためメンテナンスが簡単なのも魅力のひとつです。また、3種類の着脱コードが付属しているので利用シーンに合わせて交換することができるのがも嬉しいポイントです。

 

音質は広帯域でフラットです。クリアな高音と厚みのある重低音が表現されていて、解像度が抜群です。モニターヘッドホンならではの高音質がDJやトラックメイカーに愛されている理由です。

 

折りたたみ式なので持ち運びしやすいのもポイントです。また長時間使用していても耳が疲れたり痛くなりづらいのでおすすめです。

重量285g構造密閉型

DJ用ヘッドフォンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4993427の画像

    Audio Technica(オーディオテクニカ)

  • 2
    アイテムID:5000310の画像

    AKG(HIBINO PRO)

  • 3
    アイテムID:4993376の画像

    Pioneer DJ

  • 4
    アイテムID:4993438の画像

    AIAIAI

  • 5
    アイテムID:4993802の画像

    audio-technica

  • 6
    アイテムID:4993385の画像

    V-MODA

  • 7
    アイテムID:4993383の画像

    ゼンハイザー

  • 8
    アイテムID:5000327の画像

    beats by dr.dre

  • 9
    アイテムID:5005266の画像

    sony

  • 10
    アイテムID:4993803の画像

    BEHRINGER

  • 商品名
  • ATH-M50x
  • K181 DJ UE
  • Pioneer DJ DJ HEADPHONES HDJ-X5BT-K
  • TMA-2 MODULAR DJ Preset
  • オーディオテクニカ ダイナミック密閉型ヘッドホン(ブラック)audio-technica ATH-PRO5X-BK
  • Crossfade M-100-U-SHADOW
  • HD 25 PLUS
  • Beats Studio3 Wireless
  • MDR-V55
  • HPX2000
  • 特徴
  • 高解像度&コスパ最強!
  • 質実剛健!根強いファンを持つヘッドフォン
  • バランス◎なプロユースのヘッドフォン
  • 優秀デザイン&ダントツの頑丈さ!
  • これを選べは間違いなし!安定のブランド力
  • 海外DJにも大人気!デザイン、機能性◎
  • 軽量&クラブミュージックに最適な音質!
  • ハイスペックなワイヤレスヘッドフォン
  • 日本未発売で被りにくい◎
  • 高コスパな千円台ヘッドフォン!
  • 価格
  • 19180円(税込)
  • 18005円(税込)
  • 17700円(税込)
  • 23026円(税込)
  • 6548円(税込)
  • 29800円(税込)
  • 23328円(税込)
  • 30150円(税込)
  • 8938円(税込)
  • 1674円(税込)
  • 重量
  • 285g
  • 280g
  • 319 g
  • 220g
  • 250g
  • 283g
  • 240g
  • 260 g
  • 220g
  • 308g
  • 構造
  • 密閉型
  • 密閉型
  • 密閉型
  • 密閉型
  • 密閉型
  • オーバーイヤー
  • 密閉型
  • オーバーヘッド
  • -
  • 密閉型

まとめ

ひとことでDJヘッドフォンと言っても、値段やデザインや性能が様々です。自身のライフスタイルや好みに合わせてお気に入りのヘッドフォンを見つけましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ