記事ID136831のサムネイル画像

【2020】Bluetoothインナーイヤー型イヤホンおすすめランキング10選

Bluetoothインナーイヤー型イヤホンは数多くの種類が販売されています。機能性・デザイン性・値段などさまざまな場面で自分に合ったBluetoothインナーイヤー型イヤホンを探してみましょう。ここでは選び方や、おすすめの商品を紹介していきます。

もっと手軽にスタイリッシュに音楽を

スマートフォンとBluetoothを接続することで、音楽や動画の音声をワイヤレスで楽しむことができるBluetoothインナーイヤー型イヤホン。邪魔なケーブルがなく操作も簡単で、通勤・通学はもちろんのことランニングなどのスポーツをするときにも使用できます。

 

最近のスマートフォンはイヤホンジャックがないものもあり、ここ数年で一気にBluetoothタイプのイヤホンは増えました。低価格なモデルから多機能・高性能なモデルまで選択肢はかなり広がっています。

 

ここからは、Bluetoothインナーイヤー型イヤホンを選ぶ際のポイントや、おすすめBluetoothインナーイヤー型イヤホンのランキングを紹介していくので、ぜひ参考にして下さい。

↓2020年最新情報はこちらから↓

Bluetoothインナーイヤー型イヤホンの選び方

現在、数多くのBluetoothインナーイヤー型イヤホンが販売されています。価格も性能もさまざまな種類があってどれを選んでいいか悩んでしまいますよね。選び方を知ることで自分にぴったりの商品を選択することができます。

製品の形状で選ぶ

Bluetoothインナーイヤー型イヤホンは、製品の形状によって「左右一体型」「ネックバンド型」「左右独立型」「ボックス型」「片耳型」の大きく5つのタイプに分類されます。形状によってメリット・デメリットがあり使い勝手も大きく変わってきます。

左右一体型|初めてのBluetoothイヤホンにおすすめ

Bluetoothインナーイヤー型イヤホンでもっともポピュラーなタイプです。左右のイヤホン本体をケーブルでつないだシンプルな形状で、エントリーモデルからハイエンドモデルまでさまざまなBluetoothインナーイヤー型イヤホンで採用されています。

 

メリットとしては、ケーブルが短く絡みにくいこと。本体が軽く、コンパクトにまとめて持ち運べるのも魅力のひとつです。

 

デメリットとしてはコンパクトな反面、製品によっては内蔵バッテリーの容量が少なくバッテリーの駆動時間が短いものが多いのが特徴でしょう。短時間の通勤や通学であれば問題なく使用できるので、まずははじめて購入を考えている人にもおすすめのタイプです。

ネックバンド型|稼働時間が長く、安定した装着感が魅力

ネックバンド型は、左右のイヤホン本体をつなぐケーブル部に形状記憶素材などを採用し、首の後ろにかけて使用するタイプ。左右一体型と比べてバンド部分がしっかりと作られており装着感が高いのが特徴です。

 

メリットとしては、ネックバンドでしっかりと固定するため装着感が高いこと。またバンド部分に大型バッテリーを内蔵しやすく、バッテリー駆動時間が比較的に長いことも魅力のひとつといえます。

 

デメリットは、左右一体型モデルと比べると本体重量が少し重くなってしまう点でしょう。またネックバンドの素材や形状によってはコンパクトに折りたたむことができないモデルもあるので注意が必要です。

左右独立型|人気の完全ワイヤレスイヤホン

左右のBluetoothインナーイヤー型イヤホンをつなぐケーブルがまったくないタイプです。「完全ワイヤレス」「トゥルーワイヤレス」などとも呼ばれています。ケーブルがまったくないため、スポーツをするときには最適です。

 

ケーブルがないため、動きを気にせずに使用できることがメリットのひとつ。本体が非常に小さくなり重量も軽いため、使用していない際の持ち運びが非常にコンパクトな点も魅力です。

 

デメリットとしては、コンパクトな分やはり内蔵バッテリーが小さくなってしまい駆動時間が短くなってしまうこと。他のタイプのBluetoothインナーイヤーに比べると価格が比較的高めになってしまいます。

ボックス型|好みのイヤホンに付け替え可能

Bluetoothレシーバーとインナーイヤー型イヤホンを組み合わせたタイプ。Bluetoothレシーバーとイヤホンが一体型になっているタイプと、イヤホン部分を取り外して好みのインナーイヤーに交換できるセパレートタイプの製品があります。

 

メリットは、セパレートタイプであれば好みのイヤホンにつけかえることができること。使用用途によって変更したり、その日の気分で好みのインナーイヤーにつけかえることができるのが魅力のひとつです。

 

デメリットとしては、やはりBluetoothレシーバーがあるため重量が重くなることやつけるインナーイヤー型イヤホンよってはケーブルが邪魔になってしまうこともあるでしょう。

片耳型|通話をメインに使用する方におすすめ

片耳に装着して使用するBluetoothインナーイヤー型イヤホンです。ドライバーのハンズフリー通話用の製品として多く採用されています。音声がモノラル再生のため、音楽鑑賞にはあまり向いていません。

 

片耳で利用できるので運転中の通話や、周囲の音も聞きながら通話したいという方にはぴったり。デメリットとしては、やはり音楽鑑賞にはむいておらず使用用途が通話だけになりやすいことが挙げられます。

利用シーンにあった機能性で選ぶ

Bluetoothインナーイヤー型のイヤホンを使用する際に注意したいのが使用用途です。通勤・通学のように電車の中でじっとしているときに使用するのか、スポーツなど動きのあるシーンで使用するなど使用用途に合わせたものを選んでいきましょう。

ノイズキャンセリング機能|騒音の多い場所でも音楽を楽しめる

Bluetoothインナーイヤー型イヤホンを使うシーンとして、電車やバスの中など騒音のある場所で音楽を楽しみたいという人が多いですよね。そこで役に立つのがノイズキャンセリング機能です。

 

ノイズキャンセリング機能とは周囲の騒音をマイクで拾い、それと逆位相の音を発生させることで騒音を打ち消す機能のことをいいます。音楽再生時に効果があるものを「アクティブノイズキャンセリング(ANCと表記)」といいます。

 

Bluetoothインナーイヤー型イヤホンを選択するときに、音楽をより楽しみたい場合はANCと表記のあるものを選択するようにしましょう。

防塵・防水機能|屋外での使用や運動をする方におすすめ

屋外でランニングなどをしながら音楽を聴きたい場合など、天気が悪かったり汗をかいたりしたときも安心して使いたいのであれば防水・防塵機能のついたBluetoothインナーイヤー型イヤホンを選択しましょう。

 

製品のスペックにある「IP64」といった表記で示しているのが防塵・防水の等級です。「IP64」の場合は防塵等級が6、防水等級が4ということ。防塵テストが未実施で防水等級だけがついている場合は「IPX4」と未実施のものは「X」で表されます。

バッテリー持続時間

Bluetoothインナーイヤー型イヤホンは、内蔵されたバッテリーから電源をとることで使用できます。バッテリーの持続時間は製品によって異なりますが、2時間の充電で5~8時間程度は連続再生できるものが平均です。

 

バッテリーの量によってはもっと短いものもあるので注意して選択するべきでしょう。また、ノイズキャンセリングなどの機能を使用すると消費電力が増える場合もあります。充電がこまめにできるのか1日に1回なのかでも大きく変動するので確認しましょう。

 

通勤電車の中でのみ使用するのか、長時間のランニングやサイクリングで使用するのか、そしてその時間はどれ位なのかといったシーンと時間を想定して製品を選ぶと後悔することなく安心して使うことができるでしょう。

Bluetoothインナーイヤー型イヤホンの人気ランキング10選

第10位

happy plugs

WIRELESS 2

価格:4,427円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パワフルなバッテリーと一新された使用感

約6時間以上の連続再生と約220時間の連続待機時間を備えたWIRELESS2は、1日を通して音楽を楽しむことができます。人間工学に基づき、耳の形にフィットしズレや外れなどを軽減した快適な使用感を実現。

 

使用していないときは、首の周りを軽く固定するためのクリップでネックレスとしても着用可能なファッショナブルなデザイン。リモートボタンによりSiriやGoogleアシスタントの起動はもちろん通話、再生停止、曲送り、音量調整が可能です。

 

ギフトにもお勧めの豊富なカラーバリエーションも魅力になっています。同色のiPhoneケースやケーブルなどの展開もあり、女性へのギフトとしもかなり魅力的な商品です

重量15g再生時間約6時間
充電時間約2時間
第9位

AUSEINS

マグネット搭載ワイヤレススポーツイヤホン

価格:2,380円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

CVC6.0ノイズキャンセリング技術搭載

EarPodsのような形状のBluetoothインナーイヤー型イヤホンです。しなやかで滑らかな質感で、また空気感も感じ取れるような臨場感の大きさと、音場空間の広さとのメリットをたのしむことができます。

 

マグネットを内蔵し、イヤホンを使わない時はそのまま首にかけてヘッド部をくっつけることができるためケーブルが絡まることも少ないのも魅力。軽量かつソフトな肌触りの素材で、長時間使用でも疲れなく快適に音楽をきくことが可能。

 

CVC6.0ノイズキャンセリング機能を搭載。耳元のリモコンで音楽、通話の操作と音量も調整も簡単にできて通勤・通学にも便利です。重低音の高性能14㎜スピーカーを搭載しているため音楽もしっかり楽しめます。

重量17g再生時間約2時間
充電時間約6時間
第8位

JBL

TUNE205BT

価格:2,244円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超コンパクト&豊富なカラーバリエーション

バッテリーバックをケーブルに配置し、耳元にすっきり収まるコンパクトなハウジングデザインを採用。バッテリーパックも小型かつシンプルなデザインのため、ファッションやシーンに問わず使用することができます。

 

ケーブルには、絡まりにくいフラットケーブルを採用。耐久性にも優れており断線の心配をすることなく長く使用できるモデルになっています。約2時間の充電で最大6時間のワイヤレス再生が可能。

 

ケーブルには、マイク付き3ボタンリモコンを搭載。音量調整・曲の操作・ハンズフリー通話応対が可能です。移動中や作業中でもカバンからスマートフォンを取り出すこともなく、首元のリモコンのみで操作できるのは便利です。

重量16.2g再生時間約6時間
充電時間約2時間
第7位

iHarbort

Bluetooth イヤホン

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低音重視の8.5時間連続再生

最新のCVC6.0 、ACC‐HiFi、CSRChipsなどの技術が採用された綺麗な音質が売りの製品です。最先端の部品を搭載し、魅力な低音と美しい低音出します。10m範囲内で接続可能で拾い範囲で使うことが可能。

 

CVC6.0を利用したノイズキャンセリングは雑音を除去し、綺麗な音声を出します。また、マイクのノイズも抑え通話も快適に行うことが可能。音漏れ、音飛び防止は通勤・通学の混雑した中でも快適に音楽を楽しむことができるでしょう。

 

充電は約1.5時間~2時間で8.5時間の音楽再生と通話が可能になります。斬新なネックレス型設計で耳にぴったりフィットしスポーツのさいでも快適に使うことがが可能になっています。

重量18g再生時間8.5時間
充電時間1.5~2時間
第6位

okcsc

Bluetoothインナーイヤー型イヤホン

価格:5,980円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

完全ワイヤレスイヤホン

左右分離型のBluetoothインナーイヤー型イヤホンになります。ケーブルがないストレスフリーな環境で、高音質な音楽を楽しむことができます。BluetoothのVer5.0と安定した接続で、より音飛びや途切れが起きにくくなりました。

 

ボタンを2回押してイヤホンの音量を調節することができるワンボタン仕様。ワンボタンですべての操作が可能になっています。IPX5防水機能に対応しており、雨の日の着用や汗をかくスポーツの際でも気にせず使用できるのも嬉しい魅力です。

 

またケーブルがない為、両耳はもちろん片耳単体としても使えます。外出先などでお友達と2人で片耳ずつ装着して同じ動画や音楽を2人で楽しむというような、変わった使い方をすることも可能になっています。

重量10g再生時間6時間(ケース充電込み30時間)
充電時間2時間
第5位

Senzer

Q20 Pro

価格:5,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラフルな世界にひとつだけのイヤホン

カラフルな色合いでファッションを重視するユーザーに向けデザインされた製品になります。水転写技術で作り上げられた色とりどりの本体は、ひとつひとつが異なり完全に同じものはなく1つだけのオリジナルになります。

 

インナーイヤー型のイヤホンで最高の付け心地を実現しています。耳をふさがないため周りの音や声も聞き取れ鼓膜への負担が少なく長時間使用していても疲れないのが特徴になります。また重さ5gと非常に軽く付けていることを忘れてしまうほどのフィット感です。

 

1回の充電で6~8時間再生可能になっていますが。充電ケースが付属しておりイヤホンをそこに収納することで最大32時間の再生が可能になっています。出張や旅行の際にも使用でき長時間つかうかたにはぴったりのイヤホンになっています。

重量5g再生時間6時間(ケース収納32時間)
充電時間2時間
第4位

Philips(フィリップス)

SHB5250

価格:1,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スマートフォンでバッテリー残量を表示

スマートフォンにバッテリー残量が表示でき、バッテリー残量のおおよその状態のチェックが可能という機能が特徴になります。14.2㎜大型ドライバーを採用することによりパワフルなサウンド再生が実現。

 

ケーブルの断線を防ぐフレックスグリップケーブルリリーフを採用し、持ち運びに快適で絡みにくい形状となっています。約2時間の充電で4.5時間の再生が可能

重量15g再生時間約4.5時間
充電時間約2時間
第3位

Xingdaoer

Bluetoothインナーイヤー型イヤホン

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

夢中になる音質

CSR qc3003 Chipsが搭載されQC3003、Bluetooth5.0、CVC6.0、HiFi音質などの技術を採用することにより接続性を安定させ12mほど離れていても音が聞こえます。低音・高音の伸びもよく高品質のワイヤレス通話・音楽が楽しめます。

 

IPX5と防水機能もついているため、突然の雨や激しい運動中に汗をかいてもスポーツやトレーニングに集中することができるのも魅力のひとつ。ネックレス型設計で耳にしっかりフィットするのもスポーツに向いています。

 

110mAhリチウム電池搭載、1回1.5~2時間の充電で約9時間の連続使用ができるのも特徴のひとつで待機時の消費電力を抑えることで220時間もの待機時間を実現しています。またスマホにバッテリー残量が表示されるため、充電忘れも防止できます。

重量15g再生時間約9時間
充電時間約1.5~2時間
第2位

JVCケンウッド

HA-F15BT-RB

価格:3,289円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ビギナーズモデルの定番

リーズナブルな価格で購入できるBluetoothインナーイヤー型イヤホン。Bluetooth5.0を搭載しており、安定した接続が期待できます。最大通信距離は約10mなので、装着中に動き回ることも可能になっています。

 

サウンドは、音の広がりが感じられるのが特徴。各音域がバランスよく出力され、耳触りのよいサウンドが楽しめます。3ボタン式リモコンをケーブルに装着していることで、音楽の操作だけではなくペアリングやハンズフリー通話も簡単に行えます。

 

バッテリーの最大再生時間は約6.5時間。汗や雨に強い防滴仕様なので、季節を問わず通勤・通学時にも使用可能です。値段もリーズナブルな為、はじめてのビギナーズモデルとなっています。

重量11g再生時間約6.5時間
充電時間約2時間
第1位

Apple(アップル)

Air Pods

価格:19,213円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

appleの完全ワイヤレスイヤホン

ワイヤレス充電対応ケースが付属したBluetoothインナーイヤー型イヤホン。Qi対応の充電マットにケースを置くだけで素早く充電が可能です。一度本体をフル充電しておけば約5時間充電の必要がありません。

 

バッテリーが切れればケースに約15分収納することで、再び約3時間の音楽再生が可能です。初期設定で自動耳検出機能をONにしておけば、装着するだけで音楽再生がスタートするというところも特徴といえます。

 

 

重量4g再生時間約5時間
充電時間約2時間

Bluetoothインナーイヤー型イヤホンおすすめ一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4997432の画像

    Apple(アップル)

  • 2
    アイテムID:4997407の画像

    JVCケンウッド

  • 3
    アイテムID:4997356の画像

    Xingdaoer

  • 4
    アイテムID:4997329の画像

    Philips(フィリップス)

  • 5
    アイテムID:4997289の画像

    Senzer

  • 6
    アイテムID:4997265の画像

    okcsc

  • 7
    アイテムID:4997145の画像

    iHarbort

  • 8
    アイテムID:4997117の画像

    JBL

  • 9
    アイテムID:4995227の画像

    AUSEINS

  • 10
    アイテムID:4995191の画像

    happy plugs

  • 商品名
  • Air Pods
  • HA-F15BT-RB
  • Bluetoothインナーイヤー型イヤホン
  • SHB5250
  • Q20 Pro
  • Bluetoothインナーイヤー型イヤホン
  • Bluetooth イヤホン
  • TUNE205BT
  • マグネット搭載ワイヤレススポーツイヤホン
  • WIRELESS 2
  • 特徴
  • appleの完全ワイヤレスイヤホン
  • ビギナーズモデルの定番
  • 夢中になる音質
  • スマートフォンでバッテリー残量を表示
  • カラフルな世界にひとつだけのイヤホン
  • 完全ワイヤレスイヤホン
  • 低音重視の8.5時間連続再生
  • 超コンパクト&豊富なカラーバリエーション
  • CVC6.0ノイズキャンセリング技術搭載
  • パワフルなバッテリーと一新された使用感
  • 価格
  • 19213円(税込)
  • 3289円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 5980円(税込)
  • 5980円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 2244円(税込)
  • 2380円(税込)
  • 4427円(税込)
  • 重量
  • 4g
  • 11g
  • 15g
  • 15g
  • 5g
  • 10g
  • 18g
  • 16.2g
  • 17g
  • 15g
  • 再生時間
  • 約5時間
  • 約6.5時間
  • 約9時間
  • 約4.5時間
  • 6時間(ケース収納32時間)
  • 6時間(ケース充電込み30時間)
  • 8.5時間
  • 約6時間
  • 約2時間
  • 約6時間
  • 充電時間
  • 約2時間
  • 約2時間
  • 約1.5~2時間
  • 約2時間
  • 2時間
  • 2時間
  • 1.5~2時間
  • 約2時間
  • 約6時間
  • 約2時間

おすすめのBluetoothイヤホンでストレスフリーに!

ここまで、おすすめのBluetoothインナーイヤー型イヤホンを紹介してきました。自分のライフスタイルにぴったりのBluetoothインナーイヤー型イヤホンを探して、是非快適な音楽再生や通話を楽しみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ